...

神戸製鋼グループプロファイル

by user

on
Category: Documents
23

views

Report

Comments

Transcript

神戸製鋼グループプロファイル
神戸製鋼グループプロファイル Iron & Steel Business
Welding Business
Aluminum & Copper Business
Machinery Business
Natural Resources & Engineering Business
Kobelco Eco-Solutions
Kobelco Construction Machinery
Kobelco Cranes
このカタログは、大豆油インクと古紙100%再生紙を利用しています。
120820000 PR-EK
The Kobe Steel Group’s
Corporate Philosophy
グループ企業理念
1
信頼される技術、製品、
サービスを提供します。
神戸製鋼グループは、
ものをつくる力や文化も含めた、
わたくしたちグループの存在そのものが信頼されて初めて、
製品やサービスに対する信頼が獲得できると考えています。
2
社員一人ひとりを活かし、
グループの和を尊びます。
神戸製鋼グループがひとつの組織体としての力を発揮していくためには、
様々なタイプの人が集まっていることが重要です。
この様々なタイプの人が、
一人ひとりの意識として刺激し合い、
力を高め合い、互いに尊重して
同じゴールに向かって一丸となった動き方ができる企業集団となることを目指しています。
3
たゆまぬ変革により、新たな価値を創造します。
神戸製鋼グループの
「オンリーワン製品」
は、様々な分野のお客さまに評価を得ています。
従って常にビジネス環境の変化を意識して永遠にチャレンジしていく気構えが必要であり、
このことが積極的に新たな価値を創造する、
という神戸製鋼グループの前向きな決意です。
グループブランド
神戸製鋼グループは、
グループブランド
「KOBELCO」
の活用範囲を拡大しています。
グループ各社
が
「KOBELCO」
を価値あるブランドに育てるべく一致団結していくことにより、
グループとしての強
固な一体感の醸成と社会からの信頼性向上が実現できると考えています。
01
CONTENTS
3
5
11
13
17
19
21
23
25
27
29
31
Vision of Group
社長メッセージ
KOBELCO VISION “G”
特集
Technical Development
技術開発
KOBELCO “Only one” Products & Technology
オンリーワン製品・技術
33
35
36
Kobelco Cranes
08 コベルコクレーン
Other Businesses
09 その他
Corporate Social Responsibility
CSRへの取り組み
37 CSR推進体制他
39 環境関連
41 社員が働きやすい職場環境
44 スポーツ支援
Promoting CSR
Environmental Management
Outline of Group
KOBELCOの事業領域
Iron & Steel Business
01 鉄鋼事業部門
Welding Business
02 溶接事業部門
Aluminum & Copper Business
03 アルミ・銅事業部門
Machinery Business
04 機械事業部門
Natural Resources & Engineering Business
05 資源・エンジニアリング事業部門
Kobelco Eco-Solutions
06 神鋼環境ソリューション
Kobelco Construction Machinery
07 コベルコ建機
Working Environment
Support for Sports
45
47
49
51
52
Major Manufacturing Locations
国内主要拠点
Overseas Network
海外主要拠点
History of Kobe Steel Group
グループの軌跡
Kobe Steel Group Profile
グループ概要
Kobe Steel Directory
事業所一覧
※ 鉄鋼事業部門、溶接事業部門、
アルミ・銅事業部門、機械事業部門、
資源・エンジニアリング事業部門は株式会社神戸製鋼所の事業です。
また、神鋼環境ソリューション、
コベルコ建機、
コベルコクレーン、
その他
は神戸製鋼グループ会社の事業です。
02
Vision of Group
Vision of Group
[神戸製鋼グループ]のビジョン
ご挨拶
“技術の多様性”
をDNAにグループの総合力を発揮し、
中長期経営ビジョン
「KOBELCO VISION“G”」に基づく
グローバルな事業展開を加速します。
神戸製鋼グループは、
1世紀以上にわたり
「ものづくり」
を通じて
産業と社会を支えています。
神戸製鋼グループは、鉄鋼・溶接・アルミ・銅などの素材系
機械系の事業が一定の利益を確保するなど、複合経営の強み
が発揮されています。
厳しい経営環境はしばらくの間、続くものと予想されますが、
いまは将来に備えて力を蓄える時と認識しています。
それぞれ
グループの総合力を活かした
“バリアフリー”型の
プロジェクトを創出します。
の事業基盤を強化することで、
グループとしての新たな成長の
「KOBELCO VISION“G”」
を実現するためには、
グループ
ための基盤をつくっていきます。
の総合力を強化し、幅広い事業が持つ強みを融合していくこと
事業、建設機械・産業機械・エンジニアリング・環境ソリューショ
が欠かせません。組織や事業間の壁を乗り越えて、多様な技術
ンなどの機械系事業を中心に、電力卸供給、不動産、電子材
や知識のシナジー効果を発揮することで、会社や社員は成長し
料など幅広い事業を展開しています。
ます。私たちはこのような取り組みを
“バリアフリー”
と呼んでい
当社グループには、1905年の創立以来受け継がれてきたキ
ーワードとして、
“技術の多様性”
があります。
その時々の社会や
お客様の要請に応じて、新しい技術を貪欲に取り込んでいく。
そのような企業DNAが、多岐に亘る事業を生み、
グループの総
合力を育くんできました。
こうした強みを活かした複合経営を、
当
ます。
中長期経営ビジョン
「KOBELCO VISION“G”」に基づき、 “バリアフリー”を進め、グループの総合力をさらに発揮するた
めに、2010年から、本社内に
「ものづくり推進部」
を設置してい
世界各地で
ます。先進的な取り組み事例の情報やノウハウの共有化、製造
新たな事業展開に挑みます。
拠点間の交流促進など、
グループの技と知恵の融合をうなが
社グループは今後も推進していきます。
新たな成長へと向かう指針として、2010年4月、新しい価値の
私たちは、多様な技術や事業の中から生まれる特長を最大
創 造とグローバ ルな 成 長を目指 す 中 長 期 経 営ビジョン
限に発揮して創りだす製品を、
「オンリーワン製品」
と呼んでい
「 K O B E L C O V I S I O N “ G ”」を策 定しました。
“ G ”には、
ます。独自の付加価値が、
お客様から高く評価されている製品
「Global(グローバル)」
「Group(グループ)」
「Growth(成長)」
す活動を積極的に進めています。
などの意味を込めています。
コンプライアンスを原点に、
一層の社会貢献を進めていきます。
「KOBELCO VISION“G”」
では、5年後から10年後に目指
私たちは、企業としての社会的責任(CSR)
を果たすための
すグループ像として、
「グローバル市場において存在感のある企
あらゆる活動の根底に、
コンプライアンスの概念が必要である
業グループ」
「安定収益体質と強固な財務基盤を備え持つ企業
と考えています。事業に関わる法令の遵守はもちろんのこと、社
グループ」
「株主・取引先・従業員・社会と共栄する企業グルー
会の常識や良識も重視した
「コンプライアンスに対する感度」
厳しい経営環境の中、
鉄鋼事業の収益改善を柱に
新たな成長の
基盤づくりに取り組みます。
プ」の3つを掲げ、
「オンリーワンの徹底的な追求」
「『ものづくり
が高い組織文化を、
グループ全体で醸成していきます。
力』
の更なる強化」
など5つの基本方針に沿って事業を運営して
東日本大震災の被災地への支援活動も続けていきます。阪
います。
神・淡路大震災を経験した私たちは、支援活動の継続が、被災
「KOBELCO VISION“G”」
に基づく事業展開は、
すでに世
地の復興に欠かせないと感じています。今後も、被災地への支
界各地で始まっています。
たとえば米国では、
自動車の軽量化に
援はもとより、独自の製品や技術の提供を通じて、少しでも復
2011年度の当社グループは、連結経常利益が前年度に比
役立つ冷延ハイテン
(高張力鋼板)の製造・供給が決定し、独
興のお役に立ちたいと考えております。
べ6割減益の337億円にとどまりました。主な要因は、全社の約
の商業機第
自の新製鉄法「ITmk3®(アイティー・マークスリー)」
当社グループは、今後ともさまざまな事業を通じて、社会に貢
4割の売上を占める鉄鋼事業部門が、主原料の価格高騰など
1号プラントが稼動を開始しました。中国では高級ばね用鋼線の
献していきます。皆様におかれましては、引き続き、
ご理解、
ご支
により通期で146億円の経常赤字となったことです。鉄鋼事業
製造販売会社を設立したほか、冷延ハイテンの合弁事業の検
援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
は厳しい環境に置かれていますが、設備投資や製品構成の高
討も進めています。
アルミも含めた自動車の軽量化への対応は
度化、
コスト削減などにより、
早期の収益改善を目指します。
今後の事業の柱の一つであり、
グローバル供給体制を整備して
鉄鋼以外の事業は、円高など逆風が続く中でも、着実な業
いきます。
です。当社グループは、
“ 技術の多様性”
が生み出す総合力と
「オンリーワン製品」
をさらに強化し、
「ものづくり」
を通じて産業
と社会に貢献していきます。
2012年8月
株式会社神戸製鋼所 代表取締役社長
績を上げることができました。中でも建設機械や産業機械など
03
04
G
“
神戸製鋼グループ中長期経営ビジョン
KOBELCO VISION
”
KOBELCOのグローバル展開
グローバル
>>
2
●安定収益体質と強固な財務基盤を備え持つ企業グループ
●株主・取引先・従業員・社会と共栄する企業グループ
神戸製鋼グループならではの多様性を武器に、積極的なグローバル展開を推進します。
神戸製鋼グループは、2010年4月より中長期経営ビジョン
「KOBELCO
VISION“G”」
をスタートしました。従来の数値計画を中心とした中期経営
計画とは異なり、概ね5年から10年後の将来を見据えた当社グループの方
向性、
すなわち中長期ビジョンを中心に策定しています。
策定にあたっては、中長期的な世界経済ならびに事業環境などを見通
した上で、
当社グループが目指すべきグループ像を掲げました。
このグルー
プ像の実現に向けて、5つの基本方針のもと、連結売上高3兆円程度、経
グロース
Asia
KOBELCOのグローバル展開
●グローバル市場において存在感のある企業グループ
5 ∼10年後のグループ像
グループ
「KOBELCO VISION“G”」
の
“G”
は、
「Global」
「Group」
「Growth」
などの意味が込められています。世界に広
がるマーケットでグループ一体となって、新しい価値の創造とグローバルな成長を目指します。
ここでは、2010年から
2012年の期間で、特に新興国を中心とする成長地域での神戸製鋼グループの事業展開を紹介します。
2010-2012
常利益2,000億円超、
デッド・エクイティ・レシオ1.0倍の達成を目指します。
また、積極的なグローバル展開の推進により、海外売上比率を50%程度
まで引き上げることを想定しています。
私たち神戸製鋼グループは、持続的成長を実現する中長期経営ビジョ
ン
「KOBELCO VISION“G”」
の達成に向けて、
日々、着実に進化してい
ます。
1
4
1 KOBELCO ECOSOLUTIONS VIETNAM CO.,
LTD.
3
3 KOBELCO WELDING ASIA
PACIFIC PTE. LTD.
シンガポールに
アセアン地域の統括機能を設置
ベトナム現地法人を設立
●少子高齢化、製造業の国外移転などを背景に国内需要は総じて減少
中長期的な環境認識
アセアン地域の更なる成長が見込
旺盛な水処理需要に対応するため
●新興国を中心に海外の需要が伸長
まれる中、地域最適な事業運営を推
にベトナム事務所を現地法人化しま
●低炭素社会に向けて需要構造が急速に変化(国内での操業制約、
自動車のHV/EV化など)
した。アフターサービスを含めたき
進するため、シンガポールに地域の
め細かい営業活動を推進し、受注拡
「KOBELCO VISION“G”
」5つの基本方針
1
3
オンリーワンの徹底的な追求
●多様な知識や技術を融合して、当社グループならではの新たなオン
リーワンを創出
●変化する顧客ニーズを常に発掘・捕そくし、
より良い製品・技術として
反映することで顧客満足度を向上
●既存ビジネスの川下や川上の領域にも事業展開することで、付加価
値を飛躍的に向上
成長市場への進出深化
●新興国を中心とする成長地域での事業
展開を強化
●環境・資源・エネルギーなど国内外の成
長分野への取り組みを加速
4
2
ものづくり力の更なる強化
●「ものづくり力」
とは、
「“永続的に”信頼される技術、製品、サービスを
提供する力」
であり、成長のための
「エンジン」
●この当社グループの競争力の源泉であるものづくり力の強化に、
グ
ループ全体で取り組む
グループ総合力の発揮
●技術・人材・情報・アイデア・知恵などを、
価値観や組織の枠を超えて有機的に結
合し、
新たな価値を創造する
●事業基盤の強化・変革を担うことのできる
グループ人材、
グローバルな事業展開に
も対応可能な人材を計画的に育成
5
Nov.
Apr.
Apr.
May.
2010
2011
2012
社会への貢献
●コンプライアンスに対する
「感度」の高い
企業風土を醸成するとともに、地域社会
や環境問題への貢献を中心として、積極
的に社会的責任を果たす
2 KOBELCO WELDING
MARKETING OF KOREA
韓国における溶接材料の
販売会社の設立
溶接材料・施工法・装置などの組み
a 連結売上高のイメージ
3兆円
合わせによる溶接ソリューションの
展開で更なる販売量の確保を目指
50%
し、新興国におけるエネルギー工事
1兆8,585億円
案件受注に向けた積極的な海外展
35.8%
海外
統括機能を設置しました。
大を図っていきます。
64.2%
開を進めます。
50%
景気悪化時でも
1,000億円超
4 ベトナムにグラスライニング
製造工場を建設
ベトナムは旺盛な需要を背景に、今
後の産業の裾野の広がりが期待さ
れています。現地生産をすることに
より、グラスライニング製品機器の
需要増加に対応していきます。
国内
経常利益
D/Eレシオ
05
10年度
5∼10年後の想定
890億円
2,000億円
1.4倍
1.0倍
1.0倍を目指す
06
KOBELCO VISION “G”
China
KOBELCOのグローバル展開
>>
2
1
5
3
4
6
8
自動車用冷延鋼板事業の検討開始
2010-2012
7
鞍山鋼鉄集団公司と自動車用冷延ハイテ
ン
(AHSS)の製造および販売を目的とす
る合弁会社の設立に関して共同検討を開
始することで合意しました。
アルミ板事業をALCHA社と
共同で事業展開
合弁会社設立予定地の内モンゴル
自 治 区 包 頭 市 は 、豊 富 な エ ネ ル
3 神鋼投資有限公司
1 上海神鋼溶接器材有限公司
溶接材料および溶接システムの
販売会社が営業開始
無錫圧縮機の新体制スタート
中国国内での投資、資金管理の一
無錫圧縮機の新体制スタートによ
元化、グループガバナンス強化、グ
高付加価値溶接材料の販売、溶接
事業のグローバル展開を推進し、
拡大する中国事業に対応していき
鋼溶接器材有限公司」が営業を開
2015年度で1,100億円の売上規
ます。
始しました。
Apr.
2010
生産拠点を目指していきます。
生産体制が確立しました。積極的な
横串活動の推進等を担い、
ますます
ンテナンス・サービスを行う
「上海神
ギー資源や労働力に恵まれており、
設備と立地を活かした競争力ある
り、非汎用・汎用とも日米中の三極
ループ会社のサポート、
グループ内
システムとパーツの販売ならびにメ
Feb.
5 無錫圧縮機股份有限公司
中国統括会社
「神鋼投資有限公司」設立
模を目指していきます。
Jan.
Jul.
Sep.
Oct.
Nov.
Dec.
2011
Jan.
Mar.
2012
2 青島神鋼溶接材料有限公司
8 成都神鋼起重机有限公司
軟鋼用フラックス入りワイヤ
能力増強
クローラクレーン新工場が完工、
操業を開始
主に造船分野で使用される軟鋼フ
ラックス入りワイヤを製造・販売す
る「青島神鋼溶接材料有限公司」で
増産投資を実施しました。
クローラクレーンでは初めての日
4 神鋼圧縮機製造
(上海)有限公司
6 神鋼特殊鋼線
(平湖)有限公司
圧縮機事業の新工場の稼働
基盤を強固なものへと発展させ、世
界トップクラスの総合圧縮機メー
カーを目指していきます。
ニーズにマッチした商品を投入し、
線材二次加工拠点の能力増強
生産能力増強工事が完工し、本格
操業を開始しました。圧縮機事業の
中合弁製造工場となります。市場
CHワイヤーの供給能力の拡大と
ともに軸受鋼ワイヤーにも対応す
2015年には年間80台の生産を
目標としています。
る設備投資より、さまざまなニーズ
に対応できる体制の確立を目指し
ます。
7 神鋼新 弾簧鋼線
(佛山)有限公司
高級ばね用鋼線の製造販売会社を設立
高級ばね用鋼線の需要獲得を目指し、高級
ばね用鋼線の製造販売会社を設立しました。
品質・競争力・柔軟な市場対応力を兼ね備え
た鋼線の現地供給体制を構築していきます。
07
08
KOBELCO VISION “G”
7
1
5
India
KOBELCOのグローバル展開
>>
2
3
4
4 KOBELCO
CONSTRUCTION
EQUIPMENT INDIA PVT. LTD.
2010-2012
6
油圧ショベルの新生産拠点で
稼働開始
インド南東部のアンドラ・プラデッ
シュ州に油圧ショベルの新工場を建
6 KOBELCO CRANES
INDIA PVT. LTD.
設しました。年間1,200台の生産
を予定しています。
インド現地生産モデル
「CKL1000i」をインドにて
販売開始
1 印SAIL社との包括的MOU締結
需要拡大が期待されるインド市場
国営製鉄会社SAIL社と、鉄鋼業および鉄鋼関連
においてコベルコクレーンが得意
事業において、相互に便益を享受できる関係を
とする100トンを越えるクローラク
構築すべく、協力・協業できる技術・プロジェクト
レーンを中心に、現地生産のメリッ
などを共同で検討することに合意しました。
トを生かし、市場ニーズをとらえた
販売を目指します。
Nov.
Nov.
Mar.
2010
Jun.
Nov.
Dec.
2011
3 KOBELCO CRANES INDIA
PVT. LTD.
2 L&T KOBELCO MACHINERY
PRIVATE LIMITED
タイヤ・ゴム機械事業において
合弁会社設立
インドの建設エンジニアリング最大
トゥブロ社と
手のラーセン・アンド・
合弁で、タイヤ・ゴムの製造工程で
使用されるゴム混練機およびゴム
二軸押出機の製造販売会社を設立
しました。これにより当社グループ
のタイヤ・ゴム機械事業は、日米印
中の四極体制が確立しました。
09
Apr.
クローラクレーン事業で
新会社設立
アンドラ・プラデッシュ州でクローラ
クレーン新工場の起工式を実施し
ました。2011年11月より生産を
開始しました。
2012
5 KOBELCO WELDING
INDIA PVT. LTD.
溶接事業の販売会社設立
溶接材料の販売、溶接システムの販
売支援・メンテナンス業務の支援な
どを行う新会社を設立しました。
7 印SAIL社とのITmk3®合弁
事業の事業化調査会社を設立
SAIL社と共同で進めてきた本プロ
ジェクトの事業化に一定の目途が
立ったため、より詳細な事業化調査
を行うための合弁会社設立するこ
とで合意しました。本プロジェクトを
通じて、インド鉄鋼市場、インド国の
発展への貢献を目指します。
10
KOBELCO “Only one” Products & Technology
技術開発
「オンリー・ワン」の技術開発
Technical Development
神戸製鋼グループでは、技術開発本部の基礎的・先端的技術を、顧客や生産現場に密着した各事業部
門の豊富な技術と融合させ、材料、機械、環境、
エネルギー、電子技術等の各事業分野における
「オンリーワン
製品」
の創出と
「ものづくり力」
の強化を効率的に推進しています。
技術開発本部はグループの研究開発拠点として、各研究所の専門技術を効果的に組み合わせながら、事
業収益力強化に向けた研究開発に取り組むとともに、将来に向けた新商品・新技術の先導的な研究も行っ
ています。
研究開発活動
材料研究所
精錬凝固・材質制御・加工技術・表面制御の4つの技術分野
を基盤とし、素材系事業分野では、材質・表面の設計・制御によ
る高性能な新製品の開発、製造プロセスの最適化など、
また機
械系事業分野では、材料技術による差別化商品の創出に注力し
ています。
さらに高付加価値製品による新規ビジネスの開拓も目
指しています。
機械研究所
構造・強度、振動・音響、流動・伝熱、燃焼、化学分野の高度・
先端的なシミュレーション技術や実験・計測・分析技術を核に、機
械、素材、環境、
エネルギー、鋼構造分野などの製品開発力を強
化するための高性能化・プロセス改善、設計合理化および新製
品・新技術の開発に注力しています。
生産システム研究所
先進高度な計測/検査技術、制御技術、生産計画技術、情報
システム技術、信号処理技術をベースに、
当社グループのものづ
くり力強化に向けて生産技術の革新を進めています。
さらに、
そこ
で培った強みある技術をコアとして当社製品の新たな付加価値
の創出に取り組んでいます。
最近の技術開発成果
新製品・新技術創出を支える原子レベルの材料構造解析技術
当社は、鉄やアルミニウム、
銅など金属の性能を決める微細構
造を原子レベルで解析する
「3次元アトムプローブ法」
の技術確
立を行い、
自動車用のアルミニウム合金の表面品質改善に活用
しています。
5000系合金と呼ばれるMg含有アルミニウム合金は、高い成
形性を特長とし、
自動車の車体軽量化において部品設計の自由
度の拡大、難成形部位への適用拡大が期待できる材料ですが、
原 子レ ベ ル の 組 織 状 態 に 起 因 するS - S マーク
(Stretcher-Strain mark)
と呼ばれる表面模様の抑制が長年の
課題でした。
この課題解決に際し、原子の立方体分布が調べら
れる最新鋭の「3次元アトムプローブ」装置を活用して、試料調
製、測定および解析方法の技術確立を行い、金属元素の3次元
分布を明らかにしました。
そして、微小なクラスター
(原子の集合
体)
を形成させることで、S-Sマークの抑制を実現することができ
ました。
今後、
自動車メーカーへの材料提案を展開するとともに、鉄鋼
材料などの性能向上にも本解析技術を活用していきます。
地熱にとどまらず、バイオマスボイラ温水、工場から出る温排
水や蒸気で発電することもできます。
「マイクロバイナリー」
の開発にあたり、
当社では世界最高のス
クリュ圧縮機技術を活かし、世界で初めてバイナリー発電システ
ムに半密閉型スクリュタービンを採用しました。
これにより、熱源
変動に強い高効率な発電が可能で、作動媒体の漏れがなく、安
定的に最大60kWの発電ができます。
これは一般家庭約100∼
150世帯分に相当する電力です。
「マイクロバイナリー」
は、大分県・湯布院の温泉旅館「ゆふい
ん庄屋の館」
に今秋導入されます。
「ゆふいん庄屋の館」
は、地下
約700mから吹き上げる温泉蒸気、熱水の源泉を保有しており、
豊富な温泉エネルギーを有効活用して発電を行います。
発電した電力は全量、再生可能エネルギー固定価格買取制
度を利用して売電する予定です。
神戸製鋼では、バイナリー発電の更なる小型化や発電能力の
向上を図り、
日本全国の温泉や工場に広げていく計画です。
さら
に、災害時にも電力を確保できる、
自治体などの防災拠点の発
電システムとしての活用も期待されます。
未利用のエネルギー源・蒸気を有効活用するもう一つの技術
が当社グループが開発したスクリュ式小型蒸気発電機「スチー
ムスター®」
です。中小規模の製造施設で使われている小型ボイ
ラでは、製造プロセスの中で蒸気の減圧エネルギーなどを完全
に利用できていませんでした。
「スチームスター®」
はこうした未利
用の蒸気エネルギーを活用し、高効率の発電が可能です。
日本
国内には、小型ボイラが約25万台あり、
その5%が「スチームス
ター®」
を導入すれば、節電に加え年間500万トンものCO2排出
を抑えられる試算です。
電子技術研究所
薄膜材料や微細加工技術、超電導技術をコア技術として、主
としてナノテク、環境、
エネルギーなどの成長分野で、神戸製鋼グ
ループの事業競争力の強化に貢献しています。
また、電磁気設計
や電子制御技術をベースとして、パワーエレクトロニクス分野に
おける新製品開発と、
新規事業の開拓を進めています。
石炭エネルギー技術開発部
低品位石炭の改質(脱水、脱灰)
や液化、重質原油の軽質化
など、
エネルギー転換技術の開発を通じて、世界の未利用資源
の活用推進と日本におけるエネルギー源の多様化・安定化を目
指しています。
研究開発関連会社
•(株)
コベルコ科研
• 神鋼リサーチ
(株)
11
3次元アトムプローブ装置外観
MgとZnのクラスターマッピング
1 給気蒸気仕切弁
給気
2 ドレン分離器
排気
1
5
11
3 緊急遮断機能付
容量制御弁
4 スクリュ式膨張機
5 排気蒸気仕切弁
2
6 発電機
7 コンバーター
6
4
3
7
8
8 インバーター
9 制御盤
9
10
10 動力ケーブル
11 ユニットカバー
(屋外設置可)
「スチームスター®」概略機器構成
知的財産活動
外国での知的財産権確保とリスクヘッジ
当社グループは、知的財産の取得と活用を通じて研究開発や
事業の自由度を確保し、
あわせて、
当社グループの企業価値を高
めるべく、知的財産活動に取り組んでいます。特に、
当社グループ
の中長期方針である
「KOBELCO VISION“G”」
で掲げた海外
事業展開の自由度を確保すべく、海外への事業進出や提携案
件について、
当該国における特許権取得はもちろん、他社特許侵
害や技術漏洩などのリスクのヘッジおよび適正な事業収益を上
げるための技術契約対応に重点的に取り組んでいます。
2011年度の総括
未利用エネルギー源を活用する技術開発
国内で問題となっている電力事情に対して、従来は使われて
いない未利用エネルギーの利用技術について紹介します。
火山国・日本の各地に存在する再生可能エネルギー・地熱。
そ
こから生まれる温泉や蒸気を活用して発電する小型バイナリー
発電システム
「マイクロバイナリー」
を当社は開発しました。バイ
ナリー発電とは、70∼95℃程度の温水で沸点の低い作動媒体
を加熱・気化させ、
その蒸気でタービンを回して発電するシステ
ムです。
「庄屋の館」のマイクロバイナリーの設置イメージ
(2012年12月稼働予定)
2011年度は、
「オンリーワン製品」
の保護を中心として、新たに
約660件の国内特許権を取得し、2011年度終了時点での特許
保有件数は約5,200件となっています。外国での特許権取得に
ついては、
当社ビジネスのグローバル化に伴い、
アジア諸国を中
心に強化しており、国内に出願した発明の約30%について外国
への出願を行っています。
また、中国を中心にアジア諸国での知
的財産活動を強化しており、特許出願の増強、模倣・侵害事件
対策としてKOBELCOブランドの保護活動に向けての取り組み
を行っています。
12
KOBELCO “Only one” Products & Technology
溶接事業部門
価 値 ある製 品・技 術 の 創 出
オンリーワン製品・技術
素材から完成加工まで一貫生産!
コストダウンと高品質化に貢献します!
コストダウンに大きく寄与!
TM
独自の材料と技術!
■半導体・液晶製造装置用
アルミチャンバー
■フラックス入りワイヤ
■REGARC 搭載省スペース型
鉄骨コア・仕口兼用溶接システム
施工能率の高い溶接を実現する材料です。
REGARCTM搭載省スペース型鉄骨コア・仕
量産車種でのアルミ使用が定着しつつあり
優れた加工性などによって、
これまでのステ
造船、橋梁、産業機械など広い産業分野で
口兼用溶接システムは、デジタル制御溶接
ます。神戸製鋼は、
これにいち早く着目し、
ンレス製をはるかに上回る「軽量化」、「コス
■自動車アルミパネル材
適用されています。溶接工数を大幅に削減
機と施工プロセス技術により、溶接ワイヤの
材料から設計、組み立てまでの総合技術力
ト・ダウン」、「真空性能の向上」を実現してい
し、溶接能率を大幅にアップさせ、美しい溶
最適供給を実現したシステムです。炭酸ガ
を活かし、自動車のアルミ化のニーズに対
ます。
接ビード外観が実現できます。
ス溶接における飛散スパッタ量を従来比10
応しています。
分の1まで低減可能にしました。
鉄鋼事業部門
鉄製比40%以上の軽量化を実現!
世界の車の2台に1台!
世界最強強度!
環境に対する負荷を低減!
材料特性高度化に応えて!
世界60%の磁気ディスク用基板供給!
■自動車用弁ばね用鋼
■高張力(ハイテン)鋼板
■銅めっきなしソリッドワイヤ(SEワイヤシリーズ)
■低合金用溶材
■アルミディスク材
■自動車サスペンション用
アルミ鍛造部品
製造・加工・商品開発のバランスのとれた統
高強度で、車体の軽量化と衝突安全性を両
新開発のワイヤ表面処理化技術で、「画期
近年の石油精製リアクタや火力発電ボイラ
世 界 の 磁 気 ディスク用 ア ルミ基 板 の 約
高度な鍛造技術と最新の解析技術、さらに
合力により、弁ばね、懸架ばねなどのばね用
立させた、業界初、世界初の薄板「ハイテン」
的なワイヤ送給性」と、「抜群のアーク安定
の使用条件の高温・高圧化による使用鋼材
60%を供給。生産拠点を国内とマレーシア
高強度合金を採用することにより、従来の鉄
を続々と製品化。世界最高強度の試作にも
性」を実現した銅めっきなしソリッド・ワイ
の材料特性高度化に応えて神戸製鋼が開
に置き、高度情報社会に貢献しています。
製比で40%以上の軽量化を実現するとと
成功しています。
ヤ。製造工程で銅めっき処理を廃止して、地
発した、各種高強度低合金耐熱用の溶接材
球環境に対する負荷を低減しています。
料です。
線材、軸受用鋼、歯車用鋼、冷間圧造用線材
(ボルト・ナット用)などでは国内外で高い
シェアを獲得しています。
もに、運転性能や乗り心地が向上。2005年
6月から北米現地生産も開始、2012年か
ら中国でも現地生産開始しました。
アルミ・銅事業部門
一体成形で軽量化ニーズに対応!
世界のシェア40%!
発電規模日本一!
ロボット適用率のアップにつながります!
!
ボトル缶国内シェア70%!
高い合金開発力で世界をリード!
■クランクシャフト(組立型クランク軸)
■電力卸供給事業(IPP)
■ARCMANTM-GS
■アルミボトル缶材
■電子材料用銅板条
■鉄道車両用
アルミ長尺大型形材
回転軸「ジャーナル」
と、
ピストンにつながる
神鋼神戸発電所は、発電規模140万kw、国
鉄骨、建設機械など中厚板溶接分野で数多
現在、国内の飲料缶の約50%を占めるア
IC用リードフレーム材や自動車用端子・コネ
一体成形により溶接を省略できることから、
部分「スロー」を分けて作り、後で組み合わ
内最大規模の電力卸供給事業で、国内最高
く使用されている溶接ロボットARCMANTM
ルミ缶。当社ではその素材の30%以上を
クタ材などの銅合金板条製品を生産。半導
軽量化ニーズの高い高速車両の新幹線や
せる組立型クランク軸は、厳しい品質管理
水準の環境保全を実現している都市型発電
シリーズに、
トーチやケーブルの内蔵化を図
供給しています。特にボトル缶については、
体 用リードフレ ー ム 材 で は ア ジ ア で 約
地下鉄車両に採用されています。
のもとで製造される精度の高さや、正確な
所です。
り、狭あい部へのロボット適用率の向上を目
約70%のシェアを有しています。
30%、自動車用端子コネクタ材としては国
納期とともに、
他の追随を許しません。
指し、
また、
タンデム溶接での適用も可能と
内の約30%のシェアを有しています。
しました。
13
14
KOBELCO “Only one” Products & Technology
オンリーワン製品・技術
コベルコ建機
その他のオンリーワン製品・技術
■鉄鋼事業部門
線材・棒鋼:●懸架ばね用鋼
●自動車向け冷間圧造(CHQ)用線材
●スチールコード用線材
●自動車用棒鋼
●軸受線材・鋼線
■下水道バイオガス
都市ガス導管注入設備
薄板:●自動車用590Mpa以上ハイテン
(冷延鋼板・溶融亜鉛めっき鋼板)
●クロメートフリー電気亜鉛めっき鋼板
自治体とガス会社と共同で、
下水汚泥から発
国内トップ・クラスのロス削減!
生するバイオガスを家庭用
(都市)
ガスと同等
■汎用圧縮機「コベライアン」
の品質に精製するための都市ガス化設備を
徹底的なエネルギー・ロスの削減によって、ランニング・コストを大幅に削減することができま
す。その優れた技術が評価され、
「日本機械学会賞」をはじめ、
数々の賞を受賞しています。
「コーベグリーンコートGXシリーズ」
●放熱性鋼板「コーベホーネツ」
厚板:●LNGタンク用9%Ni鋼
開発し、
平成22年10月より都市ガス導管へ
●LPGタンク用TMCP型500Mpa鋼
の注入事業を開始しました。
I規格500Mpa鋼
●海構用AP
●超大型コンテナ船用大入熱溶接型鋼板
バイオガスは、
下水汚泥や食品残渣などのバ
●造船用残留応力制御型鋼板「ヒズミレス」
イオマスをメタン発酵する際に発生する可燃
機械事業部門
●造船用耐食鋼
性ガスで、
カーボンニュートラルなエネルギー
●橋梁用塗装用耐候性鋼「エコビュー」
であることから、
化石燃料の使用量削減に向
●橋梁用無塗装用Ni系耐候性鋼
●建築用高HAZ靭性鋼「コーベスーパータフネス」
けて、
その利用が大きく期待されています。
鋳鍛鋼:●組立型クランクシャフト
■環境リサイクル製品
世界初の建物解体機・自動車解体機を作っ
たパイオニアとして、建設・金属・資源・林業リ
サイクルを4本柱とした独創的な環境関連
製品を幅広く提供しています。作業高さ21
●一体型クランクシャフト
●圧延用ロール
チタン:●純チタン
●合金チタン
(航空機部品用、熱交換器用、
ゴルフクラブ用、
I
T関連用、バイクマフラー用、腕時計用)
鉄粉:●磁性用鉄粉
階建てビルに相当する65mを誇る超大型
●環境用鉄粉
スクリュ式は世界トップ・クラス!
世界最大級の圧力容器!
テスト用から世界最大級の生産用まで!
ビル解体専用機「SK3500D」は「世界一
●プレアロイ
■非汎用圧縮機
■石油精製用高圧反応器
■バッチ混練機「BBミキサー」
ノッポなビル解体機」としてギネスブックに
●セグレス・プレミックス
(単肉高圧圧力容器)
世界最高レベルの圧縮能力を誇る高圧スク
リュ圧縮機や、地球温暖化問題に対応する
天然ガス回収・再利用スクリュ圧縮機など、
高性能の非汎用圧縮機を世界のユーザー
に提供しています。
独自開発の改良鋼を採用して高性能化を図
る一方で、最近の圧力容器の大型化のニー
ズに対応し、
世界最大級の1基2,000トンク
ラスまで製造可能な設備をそろえています。
2翼、4翼、6翼、噛合といったロータをライ
■流動床式ガス化溶融炉
ンアップし、多種多様なコンパウンドに対応
ごみの持つエネルギーを利用して焼却から
できる混練機。サイズも、テスト用から世界
灰溶融(減容・スラグ化)
まで行うことで、
最大級の生産用まで、さまざまなニーズに
最終処分場の負荷を低減すると共にCO2削
応えることができます。
減等にも寄与する人と環境に優しい処理シ
認定されました。
■アルミ・銅事業部門
アルミ板:●自動車用熱交換器材
アルミ押出:●自動車用バンパー材
コベルコクレーン
●感光体ドラム用管材
アルミ鋳鍛品:●航空機用アルミ鋳造品
銅板:●自動車端子・コネクタ用銅板条
ステムです。
●自動車・民生端子用低挿入力めっき
神鋼環境ソリューション
資源・エンジニアリング事業部門
■機械事業部門
機械:●ゴム混練機
●タイヤ試験機
●樹脂混練造粒装置
●ハードコーティング用 PVD受託・装置
●ギアードターボ圧縮機
●小型蒸気発電装置
●LNG関連機器
■資源・エンジニアリング事業部門
●MIDREX®プロセス
■水処理設備
■PCB無害化処理設備
■クローラクレーン
水処理の先進メーカーとして培ってきた信
金属ナトリウム分散体法「SPプロセス」、容
長大橋や風力・火力・原子力発電などの大型
●格子形鋼製砂防えん堤
ほとんど商品価値のなかった低品位の石炭
頼と実績をベースに、上下水処理設備、用
器溶媒抽出分解法「SEDプロセス」、多種多
構造物の建設に活躍する大型から、強靭さ
●フレア護岸
前後で製造することができる第三世代の新
(褐灰など)
を改質・高品質化し、石炭火力発
水・排水処理設備、汚泥処理設備、純水・超純
様なPCB汚染物を一括して処理できる「プ
と先進制御で汎用性の高い中小型までの幅
製鉄法として注目される「ITmk3®(アイ
電などに有効利用します。インドネシアに建
水製造設備など、水処理に関するフルライ
ラズマ溶融分解法」が各地のPCB廃棄物処
広いラインナップ。クレーンづくりの長い経
ティ・マークスリー)」は、商業1号プラントが
設した大型プラントで実証運転を行いまし
ンナップを用意しています。また、純水・超純
理施設に採用されています。
験と実積に先進の設計、生産技術を加えて、
●高効率二段燃焼炉
アメリカ・ミネソタ州で稼働しています。
た。
水などを販売する
「水供給」
ビジネスも展開
競争力ある商品開発に取り組み、
グローバ
●DTモジュール
中です。
ルなお客様のニーズに応えています。
第三世代の新製鉄法!
未利用資源の有効活用!
■ITmk3®
■改質褐灰(UBC)
プロセス
低品位粉鉱と一般炭から良質な鉄を10分
●FASTMET®プロセス
●ゴムタイヤ式新交通システム
■神鋼環境ソリューション
●ツインスター反応機
●水電解式高純度水素発生装置
15
16
Outline of Group
Business Activities of KOBELCO
KOBELCOの事業領域
鉄鋼、溶接、
アルミ・銅、産業機械、建設機械、資源・エン
ジニアリング、環境ソリューション、電力卸供給、不動産、
電子材料など、KOBELCOの事業領域は多岐にわたり、
さまざまな分野で社会に貢献しています。
※ 鉄鋼事業部門、溶接事業部門、
アルミ・銅事業部門、機械事業
部門、資源・エンジニアリング事業部門は株式会社神戸製鋼所
の事業です。
また、神鋼環境ソリューション、
コベルコ建機、
コベルコクレーン、
その他は神戸製鋼グループ会社の事業です。
01
■高機能材
●神鋼アクテック
(株)
Iron & Steel Business
鉄鋼事業部門
鉄鋼事業部門
■線材・棒鋼
■厚板・薄板
■鋳鍛鋼
■チタン
■鉄粉
■電力卸供給
Iron & Steel
Business
Welding
Business
Aluminum
& Copper
Business
●Kobe Welding (Malaysia) Sdn. Bhd.
(マレ−シア)
●Kobe MIG Wire (Thailand) Co., Ltd.
(タイ)
●神鋼ボルト
(株)
●Thai-Kobe Welding Co., Ltd.
(タイ)
●
(株)
テザックワイヤロープ
●Kobe Welding of Korea Co., Ltd.
(韓国)
●日本高周波鋼業
(株)
●Kobelco Welding
Other
Businesses
■不動産
■電子材料
■その他
17
●青島神鋼溶接材料有限公司
(中国)
●江陰法爾勝杉田弾簧製線有限公司
(中国)
●上海神鋼溶接器材有限公司
(中国)
●三和鐵鋼
(株)
アルミ・銅事業部門
■アルミ板
■アルミ押出品・加工品
■アルミ・マグネシウム鋳鍛造品
■銅板条
■銅管
機械事業部門
■産業機械
■圧縮機
■機器
●神鋼建材工業
(株)
●神鋼鋼板加工
(株)
●PRO-TEC Coating Company
(アメリカ)
●Kobelco Construction Equipment
●Kobelco Machinery Europe GmbH
(ドイツ)
Aluminum &
Copper Business
India Pvt. Ltd.
(インド)
dd
l
e East Fze.(UAE)
●Kobelco Machinery Mi
●Kobelco-CNH Australia Pty.Ltd.
(オーストラリア)
●Kobelco Machinery Asia Pte. Ltd.
(シンガポール)
●Daya Kobelco Construction Machinery
●Kobelco Machinery India Pvt. Ltd.
(インド)
●L&T Kobelco Machinery Pvt. Ltd.
(インド)
●益陽益神橡膠機械有限公司
(中国)
(中国)
●無錫圧縮機服份有限公司
05
Natural Resources &
Engineering Business
Indonesia
(インドネシア)
●Kobelco Construction Machinery
Malaysia Sdn.Bhd.
(マレーシア)
●Kobelco Construction Machinery
Vietnam Co.,Ltd.
(ベトナム)
08
Kobelco Cranes
コベルコクレーン
■エンジニアリング
■クレーン
●
(株)
インダストリアルサービス・インターナショナル
●コベルコクレーン
(株)
●神戸熱供給
(株)
●KCサービス
(株)
アルミ・銅事業部門
(プラント事業部)
●(株)神鋼エンジニアリング&メンテナンス
●KCテクノサービス
(株)
●トランスニュークリア
(株)
(株)
●コベルコクレーントレーディング
■アルミ板
●ATSC
(株)
●Kobelco Cranes North America Inc.
(アメリカ)
●Kobelco Cranes Europe Ltd.(イギリス)
●サン・アルミニウム工業
(株)
●
(株)
大阪チタニウムテクノロジーズ
●豊通非鉄センター
(株)
■新鉄源ビジネス
●Kobelco Cranes Middle East Fze.(UAE)
(マレーシア)
●Kobe Precision Technology Sdn. Bhd.
●Midrex Technologies, Inc.
(アメリカ)
●Kobelco Cranes
■鉄粉・その他
●関西熱化学
(株)
■アルミ押出品・加工品
●
(株)
神鋼エンジニアリング&メンテナンス
●神鋼アルミ線材
(株)
●神鋼スラグ製品
(株)
●神鋼ノース
(株)
●神鋼特殊鋼管
(株)
資源・エンジニアリング
事業部門
●
(株)
セラテクノ
●神鋼汽車鋁部件
(蘇州)
有限公司
(中国)
(シンガポール/香港)
●Kobe Steel Asia Pte. Ltd.
●Kobe Aluminum Automotive Products, LLC(アメリカ)
■製鉄プラント
■原子力プラント・機器
■エネルギー・化学プラント
■砂防・防災製品
■新交通システム
■電力卸供給
■銅板条
●神鋼神戸発電
(株)
●神鋼リードミック
(株)
02
●蘇州神鋼電子材料有限公司
(中国)
■溶接材料
●
(株)
コベルコ マテリアル銅管
●神鋼メタルプロダクツ
(株)
●Kobelco & Materials
(マレーシア)
Copper Tube(Malaysia)Sdn. Bhd.
●Kobelco & Materials
(タイ)
Copper Tube(Thailand)Co., Ltd.
●エヌアイウエル
(株)
コベルコ建機
●
(株)
JKW
■油圧ショベル、
ミニショベル
■ホイールローダ、
ミニホイールローダ
■環境リサイクル機械
●
(株)
タセト
●阪神溶接機材
(株)
■溶接システム
■試験・検査他
●神鋼溶接サービス
(株)
04
神鋼環境ソリューション
●神鋼環境メンテナンス
(株)
●成都神鋼起重机有限公司
(中国)
09
Other Businesses
その他
●
(株)
イー・アール・シー高城
(株)
●豊田環境サービス
■不動産
●
(株)
加古川環境サービス
●神鋼不動産
(株)
●
(株)
生駒環境サービス
■銅管
溶接事業部門
●神鋼起重机
(上海)
有限公司
(中国)
Kobelco
Eco-Solutions
●
(株)
神鋼環境ソリューション
●Kobe Electronics Material(Thailand)Co., Ltd.(タイ)
Welding Business
06
South East Asia Pte. Ltd.
(シンガポール)
●Kobelco Cranes India Pv
t. Ltd.
(インド)
■環境ソリューション
●Singapore Kobe Pte. Ltd.
(シンガポール)
(株)
●コベルコロボットサービス
■クローラクレーン
■ホイールクレーン
■土木・基礎機械
■作業船
03
■アルミ・マグネシウム鋳鍛造品
■水処理
■冷却塔
■廃棄物処理・リサイクル
■化学・食品機械
■環境分析
●Thai Kobelco Construction Machinery Ltd.
(タイ)
●Kobelco Compressors America, Inc.
(アメリカ)
資源・エンジニアリング事業部門
●神鋼物流
(株)
神鋼環境ソリューション
●Kobelco International(S)Co.,Pte.Ltd.
(シンガポール)
●Kobelco Stewart Bolling, Inc.
(アメリカ)
■チタン
●
(株)
コベルコ溶接ソリューション
コベルコクレーン
その他
●唐山神鋼溶接材料有限公司
(中国)
有限公司
(中国)
●神鋼線材加工
(佛山)
●堺鋼板工業
(株)
Kobelco
EcoSolutions
Kobelco
Cranes
●Mahajak Kyodo Co., Ltd.
(タイ)
●KSサミットスチール
(株)
Natural
Resources &
Engineering
Business
Kobelco
Construction
Machinery
Marketing of Korea Co., Ltd.
(韓国)
●Kobelco Welding India Pvt. Ltd.
(インド)
■厚板・薄板
●神鋼建機精密機械
(杭州)
有限公司
(中国)
●神鋼圧縮機製造
(上海)
有限公司
(中国)
●Kobe CH Wire (Thailand) Co., Ltd.
(タイ)
确弾簧鋼線(佛山)有限公司
(中国)
●神鋼新确
Machinery
Business
KOBELCO
●Kobelco Welding of Europe B.V.
(オランダ)
●神鋼特殊鋼線
(平湖)
有限公司
(中国)
溶接事業部門
■溶接材料
■溶接システム
■試験・検査他
■高機能材
■海外事業展開
●Kobelco Welding of America Inc.
(アメリカ)
●神鋼鋼線工業
(株)
●Grand Blanc Processing, L.L.C.
(アメリカ)
●杭州神鋼建設機械有限公司
(中国)
●Kobelco Compressors Manufacturing
Indiana, Inc.
(アメリカ)
■海外事業展開
●Kobe Welding Asia Pacific Pte. Ltd.
(シンガポール)
■線材棒鋼
●Kobelco Advanced Coating (America), Inc.(アメリカ)
●KOBELCO ECO-SOLUTIONS
VIETNAM CO.,LTD
07
Kobelco
Construction Machinery
コベルコ建機
■電子材料
●
(株)
コベルコ科研
●ジャパンスーパーコンダクタテクノロジー
(株)
■その他
●神戸ウイングスタジアム
(株)
●
(株)
国際健康開発センタービル
●コベルコシステム
(株)
●
(株)
コベルコパーソネル
●コベルコビジネスサポート
(株)
●コベルコフィナンシャルセンター
(株)
■ショベル
●神鋼機器工業
(株)
●コベルコ建機
(株)
●神鋼ケアライフ
(株)
●コベルコ建機インターナショナルトレーディング
(株)
●神鋼商事
(株)
(株)
●コベルコ建機エンジニアリング
●
(株)
神鋼ヒューマン・クリエイト
●コベルコ教習所
(株)
●神鋼リース
(株)
■機械
●西日本コベルコ建機
(株)
●神鋼リサーチ
(株)
●コベルコ・コンプレッサ
(株)
●東日本コベルコ建機
(株)
●
(株)
ツインフーズ
●コベルコ産機サービス
(株)
●New Holland Kobelco Construction Machinery
Machinery Business
機械事業部門
(株)
●神鋼エア・ウォーター・クライオプラント
●神鋼エアーテック
(株)
●神鋼検査サービス
(株)
S.p.A.
(イタリア)
●Kobelco Construction Machinery
America LLC.
(アメリカ)
(株)
●日本メディカルマテリアル
l
d
i
ngsI
nc(アメ
. リカ)
●KobeS
t
ee
lUSA Ho
●KobeS
t
ee
lUSAI
nc(アメ
. リカ)
nc(アメ
. リカ)
●KobeS
t
ee
lI
n
t
e
r
na
t
i
ona
l
(USA)
I
●神鋼造機
(株)
有限公司
(中国)
●成都神鋼工程機械
(集団)
●神鋼投資有限公司
(中国)
●神鋼テクノ
(株)
●成都神鋼建設機械有限公司
(中国)
●神商精密機材
(蘇州)
有限公司
(中国)
●神和木材工業
(株)
●成都神鋼建機融資租賃有限公司
(中国)
(中国)
●蘇州神商金属有限公司
18
グループ事業 Profile
Iron & Steel
Business
鉄鋼
冷間圧造部品
線材・棒鋼製品
自動車のエンジンや足廻りに使用されるばね用線材、
ボトル、
ナ
ットなどに使用される冷間圧造用線材などを提供しています。
造船
(厚板)
厚板製品
事 業 部 門
一般構造用、溶接構造用、
ボイラ・圧力容器および低温用、耐鋼・
用線材、
ボ
耐食性用、造船用、建築構造用などの鋼板は、その優れた品質
特性で好評を得ています。
製品の高度化・
高付加価値化に向けた
「ものづくり力」の基盤強化を追及。
鋼材、鋳鍛鋼、
チタン、鉄粉、電力卸供給の事
薄板製品
自動車・家電業界の高付加価値化ニーズに応えた高張力鋼板、
表面処理鋼板、
プレコート鋼板、環境に優しい「グリーンコート」
などを生産しています。
鋳鍛鋼製品
業ユニットからなる鉄鋼事業は、生産性の向
上・コスト競争力向上を見据えた「ものづくり
長い経験と豊富な技術力をベースに、厳しい品質保証体制
力」の強化を徹底するとともに、
オンリーワン製
(ISO9002)
や、環境に配慮した生産体制
(ISO14001)
のも
品・技術のグローバル展開や成長需要分野へ
とで、
国際レベルの高品質鋳鍛鋼品を数多く生産しています。
のシフトを進めています。
また、
( 株)神鋼神戸
チタン
発電所では、
最大出力140万キロワットの電力
シートフレーム
(薄板ハイテン)
チタンの溶解から最終製品まで手がけるわが国唯一のチタン
卸供給体制を整え、
安定供給に努めています。
総合一貫メーカーであり、世界に誇るチタン専用設備と鉄鋼製
造設備を高いレベルで組み合わせ、 最高品質のチタン製品を
生産し続けています。
鉄粉製品
長年蓄積したノウハウを駆使し、
より良い品質の鉄粉を安定供
給するため、1992年にニューアトメルプラントを完成させ、優
れた生産技術と、
徹底した最新の品質管理体制のもとで、 常に
鋼材
〈線材・棒鋼〉
普通線材
特殊線材
特殊鋼線材
普通鋼棒鋼
特殊鋼棒鋼
〈厚板〉
〈薄板〉
熱延鋼板
冷延鋼板
電気亜鉛めっき鋼板
溶融亜鉛めっき鋼板
塗装鋼板
〈銑鉄〉
19
鋳鍛鋼
〈舶用部品〉
クランクシャフト
機関部品
軸系
船体部品 他
〈産業機械部品〉
型用鋼
ロール
橋梁部品
圧力容器 他
鉄粉
一体型クランクシャフト
(鋳鍛鋼)
最良の鉄粉をお届けしています。
粉末冶金用鉄粉
カイロ用鉄粉
脱酸素材用鉄粉
汚染土壌・地下水浄化用鉄粉
磁性材用鉄粉
金属射出成形用微粉末
電力卸供給
チタン製バイク用マフラー
チタン
航空機部品用素材
熱交換器用素材
建材
ゴルフドライバー用素材
バイクマフラー用素材
腕時計用素材
IT関連用素材
神鋼神戸発電所
アトマイズ鉄粉
(アトメル)
15
20
グループ事業 Profile
Welding
Business
溶接
溶接材料
溶接材料
建設、造船、石油備蓄設備、パイプライン整備などに欠かせな
い溶接材料、高水準の技術で作られる神戸製鋼の溶接材料は、
被覆アーク溶接棒から自動・半自動溶接用ワイヤ、フラックス
に至る迄約800銘柄におよび、さまざまな溶接条件に適応し
事 業 部 門
た技術製品として、内外の産業界から高い信頼を得ています。
溶接システム
「溶接ソリューション」で
世界で最も信頼される
溶接総合企業に。
造船
溶接施工のノウハウとコンピュータ技術を融合。
鉄骨溶接において、夜間を含めた長時間無人運転を可能にしま
した。必要に応じてトーチ先端やワイヤ先端を自動的にリフレッ
シュしたり、軽微なトラブルはロボット自らが解決します。これら
の優れた無人化機能により、
稼働率を大幅に高めています。
溶接材料、溶接システム、電源、装置、施工法
などを組み合わせ、溶接トータルのソリューショ
試験・検査他
ンを実現することにより、溶接技術を通じた世
溶接トップメーカーとして、長年に亘って培われてきた技術ノ
界の産業への貢献を果たしてまいります。
日
ウハウや豊富な経験に基づき、各種試験(引張、衝撃、硬さな
本、
アセアン地域での№1の地位を堅持しつ
ど)、化学分析、環境測定、溶接エンジニアリング、溶接研修、溶
つ、
海外展開を加速させ、
グローバルトップメー
接技術指導などを行っております。
カーを目指します。
建設機械ロボットシステム
開発
溶接材料、溶接システム、電源、装置、施工法などのあらゆる溶
接のプロセスに関わる要素を組み合わせ、世界で最も信頼さ
れる溶接技術を発信し続ける商品開発を行っております。
海外事業展開
世界のそれぞれの需要地のニーズを私たちのもつ技術、開
溶接システム
唐山神鋼研修センター
発、商品、そして技術サービスなど溶接トータルのソリューショ
ン提供で応え、世界の産業の発展に貢献することが使命です。
現在、技術提携先も含み13ヶ所に生産販売拠点を設けてい
ますが、中国、アセアン、欧米を軸とした現地密着型の事業展
開でグローバリゼーションのさらなる推進を図っていきます。
溶接材料
試験・検査他
被覆アーク溶接棒
半自動溶接用フラックス入りワイヤおよびソリッドワイヤ
サブマージアーク溶接用ソリッドワイヤおよびフラックス
ティグ溶接棒
溶接用裏当材
試験・分析・検査・受託研究
教育指導
コンサルティング業務
産業ロボット・電源・機器の保守点検
溶接システム
鉄骨溶接ロボットシステム
橋梁溶接ロボットシステム
建設機械ロボットシステム
その他溶接ロボットシステム
オフラインティーチングシステム
溶接ロボット、溶接電源
21
試験・分析・測定・受託調査
展示会
(アメリカ)
高機能材
脱臭・除湿・オゾン分解・有毒ガス除去
油煙除去等用高機能フィルター
脱臭装置
海外事業展開
青島神鋼溶接材料外観
唐山神鋼溶接材料外観
溶接電源
15
22
グループ事業 Profile
Aluminum
& Copper
Business
アルミ
・銅
事 業 部 門
アルミコイル
アルミ板
神戸製鋼が永年に亘り培ってきた高度な圧延技術から生み出
されるアルミ板は、
飲料用アルミ缶材、
コンピュータディスク材、
製造装置向厚板など多方面の用途に幅広く使われています。
アルミ押出品・加工品
めている品質を生み出す技術があります。
自動車およびIT関連産業向けを重点分野と
神戸製鋼では、航空機部品製造により培われてきた「高精度・
位置付けて、
当社特有の価値を持つ「オンリー
高品質」の鋳鍛造技術を継承。多彩な製造方法により、さまざ
ワン製品」の強化と拡充を図っています。国内
まなアルミニウム鋳造、鍛造品のニーズに対応しています。
わたり培ってきた技術と信頼をもとに、海外展
開を強化しています。
エアコン熱交換機用
アルミフィン及び鋼管
世界のトップクラスの技術力を誇る神戸製鋼のアルミ押出材。
自動車分野、
IT関連分野などに注力し、
国内トップ・クラスを堅持。
トップクラスのアルミ
・銅メーカーとして、長年に
ディスク材
エアコン用表面処理フィン材、自動車用パネル材、半導体・液晶
そこには長年育んできた豊富な経験と絶えず新しい時代が求
アルミ箔
アルミ・マグネシウム鋳鍛造品
アルミ電磁成形ステイ付
バンパーシステム
銅板条
銅板条分野では、パワーデバイス及びICの高集積化に対応し
た高強度・高伝導率性リードフレーム材、耐熱性に優れた端子・
感光体ドラム
制振形材「ダンシェープ®」
コネクタ用新合金など電子材料用高付加価値製品を生産して
います。また、自動車・民生用端子向け低挿入力めっきなど、新
たなニーズにも対応しています。
銅管
(コベルコ マテリアル銅管)
アルミ板
缶材
自動車パネル材
ディスク材
アルミ箔
一般材
銅管分野では、海外に展開するエアコンメーカーのニーズに
早くから対応しています。2004年4月には三菱マテリアル
(株)
との事業統合により
(株)
コベルコ マテリアル銅管として、
日本および東南アジアでの供給体制を強化しています。
アルミ押出形材
アルミ押出品・加工品
押出品(形材、管、棒)
加工品
航空機用ギアボックス
アルミ・マグネシウム鋳鍛造品
鋳造品
鍛造品
加工品
新幹線用ベアリングサポート
銅板条
リードフレーム材
端子・コネクタ材
銅管
エアコン用銅管
建築・給湯用銅管
23
電子材料用銅板条
熱交換機用異形伝熱管
15
24
グループ事業 Profile
オープンラック式LNG気化器「ORV」
空気分離装置
機械
4条スリット圧延設備
Machinery
Business
ターボ圧縮機
事 業 部 門
世界を舞台に
高収益事業体をめざし、
成長戦略を推進。
産業機械
産業機械分野では、タイヤ、ゴム業界向けに各種混練機、タイ
ヤ加硫機、タイヤユニフォーミティ測定装置、またプラスチッ
ク業界に対しては、各種混練押出機から技術革新の速い光フ
機械事業部門は、産業機械や圧縮機、
エネル
様々な業界・分野に独自の技術を活かした製品を提供し、好評
ギー・原子力関連機器など幅広い製品メニュ
を得ています。
ーを揃えています。環境・エネルギー・自動車分
野など成長市場におけるグローバル需要を取
り込むべく、独自性のある製品・技術の創出に
取り組むとともに、
生産技術力の強化と最適生
産体制の構築を図っています。
スクリュ圧縮機
ァイバー関連製造装置といった各種プラスチック加工機械と、
圧縮機
非汎用分野では、
スクリュ、
ターボ、
レシプロの3種類の方式す
べてを提供する他に例のない総合圧縮機メーカーとして信頼
を得ています。中でもスクリュ圧縮機は高効率、
コンパクト性、
長期連続運転性などで高く評価され、世界シェアの約40%を
占め、業界トップの地位を築いています。また、汎用分野では、
圧力容器「石油精製用リアクタ」
省エネニーズを徹底追求した画期的な超高効率コンプレッサを
開発し、
世界のマーケットに大きなインパクトを与えています。
機器
エネルギー、石油精製および化学分野において、高度な技術
と豊富な実績に裏打ちされた圧力容器(リアクタ)や熱交換
産業機械
〈タイヤ・ゴム機械〉
バッチ式ミキサ
ゴム二軸押出機
タイヤ加硫機
タイヤ試験機
タイヤ・ゴムプラント
光ファイバー関連製造装置
電線被覆装置
〈樹脂機械〉
大型混練造粒装置
連続混練押出機
二軸混練押出機
成形機
〈高機能商品〉
真空成膜・表面改質装置(AIP/UBMS)
検査・分析評価装置
〈金属加工機械〉
鉄鋼・非鉄圧延機
自動形状制御装置
連続鋳造装置
等方圧加圧装置(HIP/CIP)
25
圧縮機
〈非汎用圧縮機〉
スクリュ圧縮機
遠心圧縮機
往復圧縮機
スクリュ冷凍機
ヒートポンプ
無停電電源装置
器、LNG気化器の製造を手掛けています。また、原子力分野
では使用済燃料輸送・貯蔵容器(キャスク)のトップメーカーと
樹脂混練造粒システム「LCMシリーズ」
して高い評価を得ています。更に、1934年に初の国産化に
成功した空気分離装置はマーケットニーズに沿った最適な装
置を提供し続けています。
〈汎用圧縮機〉
汎用圧縮機
蒸気発電機
タービン内蔵ターボ圧縮機「エコセントリ」
機器
〈化学・エネルギー機器〉
圧力容器(リアクタ)
アルミ熱交換器「ALEX」
LNG気化器(ORV/SMV/中間媒体式/空湿式/温水式)
空気分離装置
〈原子力機器〉
使用済燃料輸送・貯蔵容器(キャスク)
燃料チャンネル
A
I
P装置
スクリュ式小型蒸気圧縮機
「スチームスター」
汎用圧縮機
「コベライアン」
15
26
ペレットプラント
グループ事業 Profile
Natural
Resources &
Engineering
Business
資源・
エンジニアリング
事 業 部 門
原子力関連施設
低品位炭改質
ほとんど商品価値のなかった低品質の石炭(褐炭など)を改
質・高品質化し、石炭火力発電などに有効利用します。
還元鉄製造
<MIDREX®プロセス>
神戸製鋼の100%子会社ミドレックスが独自開発した、焼結炉・
コークス不要の還元鉄製造プロセスです。還元剤として天然ガ
スを使うため、天然ガス産出地(北米・中南米・中東・旧ソ連地域
除染処理
など)
が主要マーケットです。
<FASTMET®/FASTMELT®プロセス>
FASTMET®は神戸製鋼とミドレックスが共同開発した、回転炉
床炉を用いる還元鉄製造プロセスです。原料には粉鉱や製鉄ダ
先進技術との融合による
高付加価値化で、
さらなる価格競争力を追求。
FASTMELT®はFASTMET®に溶解炉
(メルター)
を組み合わ
当事業部門は、製鉄、エネルギー分野を中心
神戸製鋼の独自開発による次世代製鉄プロセスです。低品位
に各種のプラントエンジニアリングを手がけ、豊
鉱や粉鉱と一般炭を造粒機で粒状に固め、回転炉床炉内で10
富な実績を有しています。
また、高炉を必要と
分程度加熱するだけで、高炉銑に匹敵する高品位(鉄分96∼
しない直接還元鉄プロセスや次世代製鉄法
97%)
のアイアンナゲットが製造できます。
ストを使用し、
還元剤として一般炭を利用できるのが特長です。
せることで、
還元鉄を溶解して溶鉄を製造できるプロセスです。
<I
Tmk3®プロセス>
の開発に先駆的に取り組み、
この分野で業界
鋼製砂防えん堤
原子力
をリードしています。世界を舞台に積極的な事
各種廃棄物の処理・貯蔵施設の納入実績があり、マテリアルハ
業展開を図り、
収益拡大を目指します。
ンドリングシステムに強みを持っています。今後は処理・貯蔵の
他、
拡大が見込まれる処分やリサイクル分野にも取り組みます。
遺棄化学兵器処理
当社独自の制御爆破技術DAVINCH®は、あらゆる種類・形状
の遺棄化学兵器の処理が可能です。探査や分析技術、運転ノ
フレア護岸
ウハウを組み合わせた総合力で、国際社会に貢献しています。
鉄構・砂防
近年ますます多様化する砂防事業のニーズに適応するため、
27
低品位炭改質
遺棄化学兵器処理
改質褐炭(UBC)
プロセス
遺棄化学兵器処理に関するコンサルティング・探査・分析・安全モニタリング・処理設備の建設・運転
還元鉄製造
鉄構・砂防
MIDREX®プロセス
FASTMET®プロセス
FASTMELT®プロセス
ITmk3®プロセス
鋼製砂防構造物(えん堤/流木補足工など)
フレア護岸、防音システム
裏面吸音板
ケーブル製作架設工事
原子力
都市システム
放射性廃棄物処理設備
原子力機器(使用済み燃料輸送機器・燃料チャネル)
新交通システム(ゴムタイヤ式中量軌道システム/スカイレール/ガイドウェイバス)
プラットホームドアシステム
建設総合エンジニアリング
鉄の強さ・柔軟性・粘りを活かした格子形砂防えん堤をはじめ、
流木補足工・床固め工・牛枠水制・雪崩対策工など自然環境と
共生しやすい製品を提供しています。
都市システム
ゴムタイヤ式中量軌道システムや、短距離交通システム、市街
新交通システム
地の交通混雑を緩和するガイドウェイバスシステムなどを提
供しています。
MIDREX® DRプラント
28
グループ事業 Profile
Kobelco
EcoSolutions
神鋼環境
ソリューション
時代の要請に応える
環境ソリューション企業
下水道バイオガス都市ガス導管注入設備
水処理
水処理の先進メーカーとして培ってきた信頼と実績をベース
に、上下水処理設備、用水・排水処理設備、汚泥処理設備、純
水・超純水製造設備など、水処理に関するフルラインナップを
用意しています。また、純水・超純水などを販売する「水供給」
ビジネスも展開中です。
冷却塔
省スペース型冷却塔、白煙対策型冷却塔、超低騒音型冷却塔
など周辺環境に配慮した冷却塔をはじめ、工業用のみならず
(株)神鋼環境ソリューションは、
「時代の要請
高効率二段燃焼炉
地域冷暖房用冷却塔まであらゆるニーズに応えられる製品開
に応える環境ソリューション企業」
として、地球
発を行い、最新の冷却システムを提供しています。
環境保全や生活環境改善に役立つ技術の提
供を通じて、
社会に貢献していきます。
廃棄物処理・リサイクル
CO2排出量削減や埋立処分場の負荷低減等のニーズに応え
る「流動床式ガス化溶融炉」については、日本一の納入実績を
保有しています。また、多様なPCB廃棄物に対応する豊富な
処理メニューを取り揃え、都市ごみからPCB廃棄物までの幅
広い廃棄物処理ニーズに応えています。
水処理
化学・食品機械
工業用水および上・下水道の設備および装置
超純水・純水・工業用水および廃水および廃水の処理装置
下水汚泥・食品等有機廃棄物の資源化設備
グラスライニング製機器
重合機・反応機
分離精製装置
粉体機器
高純度水素発生装置
冷却塔
工業用冷却塔
地域冷暖房用冷却塔
超低騒音冷却塔
廃棄物処理・リサイクル
化学・食品機械
白煙対策型冷却塔
ファインケミカル、医薬品、石油化学、食品等の幅広い分野で、
製造プロセスの心臓部となるグラスライニング製機器や蒸発
機、乾燥機、醸造用機器等の機器・装置を取り揃えています。ま
た、次世代エネルギーの分野として高純度水素発生装置も取
り扱っています。
環境分析
上下水道に関する水質検査
工場・研究所等の水質検査
産業廃棄物に関する検定(PCB、金属、有機物等)
都市ごみの焼却・溶融施設
(流動床式ガス化溶解炉、ストーカ式焼却炉、
流動床式焼却炉、プラズマ溶解炉)
粗大ごみ・各種リサイクル施設
PCB廃棄物処理施設
水電解式高純度水素発生装置
29
15
30
グループ事業 Profile
Kobelco
Construction
Machinery
コベルコ建機
グローバルエンジニアセンター及び五日市工場
油圧ショベル、
ミニショベル
用途と現場を徹底的に調査・分析して開発した油圧ショベル
群。後方超小旋回機に搭載されたiNDr機構は、業界No.1の
低騒音を達成し、現場環境を改善しました。徹底した油圧ロス
削減で生まれたアセラジオスペックは高い作業能力と経済性
コベルコ建機(株)
は、
油圧ショベルの専業メー
を実現しました。
カーとして、
「低燃費」
「低騒音」を核とした独
創的な商品開発に取り組み、多様化するお客
様のニーズにお応えしています。
ミニショベル
CNH Global N.V.とのグローバルアライアンス
をもとに、
成長著しい中国、
東南アジア、
インドに
環境リサイクル機械
経営資源を集中し、世界の中での存在感をさ
世界初の建設解体機・自動車解体機を作ったパイオニアとして、
らに高めています。
建設・金属・資源・林業リサイクルを4本柱とした独創的な環境関
連製品を幅広く提供しています。
ホイールローダ、
ミニホイールローダ
乗用車感覚で運転できるミニクラスをはじめとし、さまざまな
現場で土砂積み込み作業を効率化するホイールローダ。寒冷
金属リサイクル機械
地でのニーズに対応した除雪機。ともに充実したラインナップ
を誇ります。
土木・建設機械
油圧ショベル
ミニショベル
ホイールローダ
ミニホイールローダ
後方超小旋回ショベル
環境リサイクル機械
〈建設リサイクル分野〉
建物解体機
破砕処理機など
〈金属リサイクル分野〉
自動車解体機
ハンドリング機など
〈資源リサイクル機〉
資源セパレータなど
〈林業分野〉
プロセッサ仕様機など
31
8トン級ハイブリッドに続く第二弾
20トン級ハイブリット油圧ショベル
『SK200H』
(2012年10月発売予定)
通常型油圧ショベル
15
32
グループ事業 Profile
Kobelco
Cranes
コベルコクレーン
大久保事業所
クローラクレーン
長大橋や風力・火力・原子力プラントなどの大型構造物の建設
に活躍する大型から、 さらに強靱さと先進制御で真にオール
マイティな中小型までの、幅広いラインナップ。
そして土木・基礎工事用のベースマシンBMシリーズ。信頼の
コベルコクレーン
(株)
は、
クレーン事業に特化
マシン群が、あらゆる舞台で力を発揮しています。
した建設機械メーカーとして、
魅力ある商品づ
くりと経営のグローバル化に向けた事業基盤
の強化に努めています。
これまでに培った技
術・ブランド力をベースに、世界を舞台にさらに
ホイールクレーン
活躍できる企業を目指した取り組みを推進して
荒れ地(ラフテレーン)
ではなく、都市で活躍することを意識し
いきます。
て開発したコベルコのシティコンシャスクレーン。
つり作業を行うクレーンとしての作業能力の維持はもちろんの
こと、独自のスラントブームやエンジンアッパーレイアウトによ
クローラクレーン
るコンパクト化を実現しています。グッドデザイン賞を受賞した
都市に溶け込むデザインも好評です。
土木・基礎機械
大きなパワーとスピードを誇るパイルドライバをはじめ、さま
ざまな基礎工事機械を扱っています。
オールテレーンクレーン
作業船
海上という特殊かつ過酷な作業環境に独創の技術で打ち勝っ
たクレーン・グラブ兼用船の他、浚渫船も取り扱っています。
クローラクレーン
汎用クローラクレーン
大型クローラクレーン
テレスコピッククローラクレーン
ホイールクレーン
ラフテレーンクレーン
ミニラフテレーンクレーン
ラチスブームホイールクレーン
オールテレーンクレーン
土木・基礎機械
作業船
33
ラフテレーンクレーン
大型クローラクレーン
34
Promoting CSR
Corporate Social Responsibility
グループ事業 Profile
企業としての社会的責任を果たす心が、
神戸製鋼グループの全ての活動の原点です。
その他
CSR活動の
基本的な考え方
※代表的な2社を取り上げています
神鋼不動産
神戸製鋼グループは、企業としての社会的責任(CSR)
を果たすことをグ
ループ経営の重要な施策と位置付け、具体的な行動指針として
「企業倫
理綱領」
を制定しています。特に、
ものづくりを担うメーカーとして、環境に
配慮した生産活動や製品開発を重視し、環境と社会に貢献しながら持続
的に発展する企業グループを目指します。
コベルコ科研
持続可能な社会へ
不動産事業の安定的な展開と
プロパティマネジメント事業の拡大
神鋼不動産(株)
は、
神戸製鋼グループの総合
生活関連の中核企業として、不動産開発、建
企業の専門家から頼りにされる
高度専門技術集団として
あらゆる産業の研究開発や
生産技術を支える
設、分譲、賃貸、仲介、
リフォーム、
ビルマネジメ
(株)
コベルコ科研は、
材料・化学・機械・電子等
ント、
マンション管理、
保険サービス、
ゴルフ場運
の多様な高度専門技術を有しており、
ソリュー
営などの事業を営み、信頼性と安定性のある
ション提案型の総合試験研究会社として、材
商品・サービスを提供することにより、
お客様の
料・構造物などの分析、試験、物理解析を行っ
住まいづくり安心づくりに貢献しています。
ています。
また、
ターゲット材料や半導体・FPD・
企業活動
社会
活動
環境
活動
地球環境・
社会への貢献
企業行動基準
「企業倫理綱領」は、法令・社会的規
範などを遵守し、
より良い会社になるため
太陽光発電分野等の検査装置の製造・販売、
の理念と行動指針を示しており、
「企業
特殊材料の製品開発など社内シナジーを最
倫理規範」
「企業行動基準」、およびその
大活用した「ものづくり」
も展開しています。
「実施要領」
によって構成されます。
「企業倫理規範」
は、神戸製鋼がさまざ
まな企業活動を行う上で、会社および役
員・社員が遵守すべき7つの規範を示して
優れた製品・サービスの提供
不動産開発
建設
分譲
仲介・リフォーム
賃貸
ビルマネジメント
マンション管理
保険代理店
材料分析・試験
構造物評価
ターゲット材の製造・販売
半導体・
FPD・太陽光発電分野の検査装置の製造・販売
環境への貢献
安全性や個人情報・顧客情報の
保護に十分に配慮し、
優れた製品・サービスの提供を
通じて社会に貢献する。
ステークホルダーとの
関係強化
地球環境の保全と
豊かで住みやすい
社会づくりに貢献する。
社員の尊重
社員の人格・個性を尊重し、
ゆとりのある
豊かな職場環境を実現する。
企業
倫理規範
海外の現地社会への貢献
海外においては、
その文化や慣習を尊重し、
現地の発展に寄与する。
ステークホルダーの
立場を尊重する。
顧客、取引先、社員、株主等を含む
幅広い社会との
健全で良好な関係維持に努める。
コンプライアンスの
強化・徹底
法令その他の
社会的規範を遵守し、
公正で健全な企業活動を行う。
地域社会との共生
地域社会に貢献する
良き
「企業市民」
たることを目指す。
35
います。
「コンプライアンスの強化・徹底」
を基本に、環境への貢献と、顧客、取引
先、従業員、地域社会など多様なステー
クホルダーとの関わりを通じて、企業とし
ての社会的責任を果たす基盤となるもの
です。
「企業倫理規範」を日々の業務の
中で実践するために、
とりわけ重要な行
動の基準について定めたものが「企業行
動基準」です。
「企業行動基準」の各項
目については、
その内容をさらに詳しく解
説した運用マニュアルを作成し、従業員
一人ひとりが実践に努めています。
神戸製鋼グループは、全ての企業活
動を「企業倫理規範」
「企業行動基準」
に則って行うことで、
より良い環境や社会
に貢献していきます。
36
Promoting CSR
Corporate Social Responsibility
諮問
●コンプライアンス体制
●CSR推進体制
を行っています。
CSR委員会は、
これらのCSRに関する活動を取りまとめ、
「環境・社会報告書」
として発行しています。
神戸製鋼グループのCSRに関する基本方針の決定およ
びその活動を集約する機関として、2006年より
「CSR委員
会」
を設置しています。
また、取締役会の諮問機関として
「コンプライアンス委員
会」
を設置しており、重要事項に関する審議・提言・進捗確認
《 推進体制図 》
神戸製鋼は、取締役会の諮問機関として
「コンプライアンス委員会」
を
設置しています。社内委員2名に対し、公正中立な立場の社外委員が5名
と過半数を占める同委員会では、推進計画の立案、進捗状況の確認、
「内
部通報システム」
への通報事案に関する審議などを行っています。
また、
「コンプライアンス総括代表取締役」
「コンプライアンス担当役
員」、専門部署としての「法務部コンプライアンス統括室」
を設置し、事業
部門の企画管理担当部署や各部署に設置する
「コンプライアンス責任
者」
と連携しながら取り組みを行っています。
コンプライアンス委員会
コンプライアンス担当役員
経営審議会
コンプライアンス
委員会
CSR委員会
環境経営委員会
(事務局:経営企画部)
(事務局:環境防災部)
(事務局:法務部)
事業部門企画管理
コンプライアンス責任者
全従業員
社会貢献
株主・投資家関連
顧客・取引先関連
事業活動
財務報告の
信頼性確保
リスクマネジメント
●コンプライアンス教育
神戸製鋼は、役員およびグループ企業の経営幹部を対象とした
「コンプ
ライアンス トップセミナー」
をはじめ、各階層別研修にコンプライアンスに
関する内容を織り込み、社員がキャリアの節目ごとに幅広く研修を受ける
機会を設けています。特にコンプライアンス責任者に対しては、毎年研修
を受講することを要請しています。
また、法令教育e‐ラーニングを毎年実
施し、全社員がコンプライアンスへの理解度を確認する機会としています。
環境経営推進
従業員関連
内部通報システム
法務部コンプライアンス統括室
取締役会
代表取締役社長
取締役会
勧告
コンプライアンス
●コンプライアンス・マニュアルの整備
内部統制に関する活動
各種詳細マニュアル
● 独占禁止法遵守マニュアル
●コーポレートガバナンスの強化と充実
神戸製鋼は執行役員制度を採用していますが、経営の意
思決定と日常業務の執行は密接不可分と認識しています。
し
たがって、業務執行の中核は株主および取引先などの関係
者に対し法的責任を負う取締役が担うべきであると考え、主
要な事業部門は取締役が業務執行を統括しています。
現行の取締役会は、経営トップ、本社部門の重要な役割を
担う者、経営に重要な影響を与える事業部門の長、
および経
営の透明性・公平性を確保し業務執行の監督機能を強化す
る観点から招聘した社外取締役2名を含む10名で構成してい
ます。執行役員は、取締役会から選任され、取締役から委嘱さ
れた業務を執行する重要な役職であると位置付けています。
このような経営体制のもと、監査役制度を採用し、会社法
上義務付けられている監査役設置人数(3名 うち社外監査
役は半数以上)
を超える、
5名(うち 社外監査役3名)の監
査役を置くことで、経営監査機能を一層強化し、企業統治の
実効性を高めています。
株主総会
選任
選任
諮問
監査役会
監査役5名
取締役会
監査
( うち社外監査役
(
3名
取締役10名
コンプライアンス
委員会
担当役員、
代表取締役社長
内部通報システム
経営審議会
社外弁護士
● 安全保障貿易管理ホームページ
● 企業対象暴力対策マニュアル
● 公務員との付き合い方マニュアル
● セクシュアルハラスメント防止マニュアル
●内部通報システム
連絡
受付窓口
コンプライアンス
総括代表取締役
(社外弁護士)
法令・倫理などのコンプライアンス違反によるリスクの顕在化・拡大を
未然に防止し、
また早期に問題を把握し、対策を講じるためのしくみとし
て、
「内部通報システム」
を設置しています。
これは、社内において法令に
違反するような不正行為を発見した場合、中立的な立場にある弁護士会
推薦の弁護士(社外弁護士)
を受付窓口として通報できるようにしたもの
です。通報内容はコンプライアンス委員会で審議され、適切な対応につな
げるしくみとしています。
また、
グループ各社にも展開しています。
上程
上程
報告
調査・対応指示
調査・対応
コンプライアンス委員会
通報
コンプライアンス担当役員
法務部
審 議
フィードバック
通報者
連携
対応
社内関係部門
事業部門
取締役、執行役員
経営システム
(意思決定・情報共有)
コーポレートガバナンス
●リスク管理活動
神戸製鋼グループは、
自らの部署のリスクを、
自らが点検し、改善につな
げていくという
「リスク管理活動」
に取り組んでいます。
この活動は、本社スタッフ部門が、法令や社会の変化を踏まえた上で発
信した全社の「共通リスク」
に基づいて、各部署が独自の「事業リスク」
も
加えて、
「リスク管理計画」
を策定し、事業の中で実行していくというもので
す。
また、年度末には、一年間の活動結果を経営トップも含めた事業部
門、部署の責任者が点検・確認して、次年度以降の取り組みにつなげて
います。
すなわち、各事業部門の中で、
コンプライアンスも含めたリスク管理の
PDCA(Plan, Do, Check, Action)
のサイクルが回るしくみとし、
この取り
組みを継続することで、
それぞれの事業の中に、
コンプライアンスに対する
「感度」
が高い組織文化が定着することを目指しています。
《 リスク管理活動のサイクル 》
共通リスク
リスク管理計画
(共通+事業リスク)
事業部門
役員連絡会
監査
37
● 企業秘密ガイド&管理マニュアル
本社部門
各種委員会
会計監査人
● 個人情報管理マニュアル
総括代表取締役、
社外有識者
選任
会計監査
● 知的財産情報イントラネット
勧告
( うち社外取締役
(
2名
監査部
● 下請法遵守マニュアル
フィードバック
《 コーポレートガバナンス体制 》
選任
神戸製鋼は、
「企業倫理綱領」
の
「企業行動基準」
に記載された各項目
について、
より詳しく説明した
「社員のための行動手引き」
を作成し、全社
的なコンプライアンス・マニュアルとして社員に配布しています。
このマ
ニュアルは、後述のリスク管理活動で全社が共有する
「共通リスク」の項
目と連動しており、
リスク管理活動の基本マニュアルにもなるものです。
さらに、独占禁止法、下請法、個人情報保護法、安全保障貿易管理など
の個別の法令マニュアルも整備し、社員が業務の中で疑問に思ったこと
を参照しやすい形で整理しています。
点検要請
確認報告
38
Corporate Social Responsibility
環境関連
神戸製鋼グループは、すべての生命体を育む健
グループ環境経営推進体制
全な地球環境を次世代に引き継ぐことが私たちの使
命であると認識し、環境経営基本方針と6つの実施
取締役会
事項を策定。事業活動のあらゆる面で環境に配慮
代表取締役社長
する環境経営の推進に努めています。6つの実施事
コベルコ環境創造基金
当社は、
2001年度より「21世紀コベルコ環境創造プ
ロジェクト」
を設立し、地球温暖化の防止や環境・生物多
様性の保全につながる活動に取り組んできました。
2011年度からは、
当社グループ自らの手で自然や環境
にかかわる取り組みをスタートさせました。
今後も、
従業員一
人ひとりが参画する環境活動を推進していきます。
経営審議会
項を検討・提言する機関として
「環境経営委員会」
環境経営委員会
環境経営推進懇話会
京都府
兵庫県
KOBELCOの森
三木市 ・
神戸市 ・
明石市 ・
ECOWAYの森
で
「環境先進企業グループ」
を目指します。
事務局
大阪府
を設置し、
グループの全従業員が参画する環境経営
Environmental Management
奈良県
実行委員会
<テーマ別分科会>
和歌山県
森林整備活動
コ ベ ル コ
●KOBELCOの森
環境経営基本方針
神戸製鋼グループは、環境先進企業グループとして
『グループ環境経営の実践による
更なる企業価値向上』
― グループの環境力向上 ―
① 環境に配慮した生産活動
② 製品・技術・サービスでの環境への貢献
③ 社会との共生・協調
を実践することにより、
社会的責任を果たすとともに、
環境力を高め企業価値を向上させる。
グリーンピ ア 三 木 内 の 里 山 放 置 林( 約 2 h a )を
「KOBELCOの森」
と名づけ、森林整備活動を始めました。
森林に降り注ぐ雨は、木々の命に抱かれ、川へとつながりま
す。私たちの鉄づくりに欠かせない、大切な水を育む木々
への感謝の気持ちを強く持ち続けたい…。私たちのこの思
いを実現することにしました。
この活動は、全神戸製鋼労働組合連合会が中心に取り
組み、神戸製鋼グループと手を携えて行うものです。まず
森の元気を取り戻すために、下草刈り・間伐・除伐といった
地道な作業からスタート。自然に向き合い、
自然を愛するこ
とが、人の心を育む。私たちはそう信じて、
これからも汗を流
し続けていきます。
第1回森林整備活動
(2011年11月)
※兵庫県が推進する
「新ひょうごの森づくり計画」
に基づいて実施しています。
森開き
(2011年11月)
エ コ ウ ェ イ
●ECOWAYの森
あらゆる面で環境に配慮した
ものづくりの徹底
環境関連情報の開示
6つの実施事項
製品・技術・サービス
での環境への貢献
社会との共生・協調
神戸製鋼グループを育んできた神戸を見守る六甲山系
油コブシ
(標高625.5m)周辺を
「ECOWAYの森」
と名づ
け、
このエリアで森林整備活動を始めました。六甲山系は、
一時期、
はげ山となり、
その未来を危ぶまれながらも、
いまは
多彩な植生を取り戻しています。
これからもずっと、
この山や森に見守られていたい、
この
山や森にかかわっていたい、六甲山という貴重な自然に元
気でいてほしい…。
そんな思いで、私たちは、生物多様性を
守るための活動を続けていきます。
第1回森林整備作業
(2012年4月)
※国土交通省六甲砂防事務所「六甲山系グリーンベルトの森づくり」活動の一
環として実施しています。
※ECOWAYは神戸製鋼グループのシンボルマークの名称です。
全員参加による取り組みの展開
リスク管理の徹底
森林整備活動についての詳細は下記をご参照ください。
Home http://www.kobelco.co.jp/about_kobelco/csr/forest/
Page
39
森開き
(2012年4月)
40
Working Environment
Corporate Social Responsibility
職場環境
社員が働きやすい職場環境
神戸製鋼は、社員の人格・個性を尊重し、活力溢れた魅力ある職場環境を実現していくために、
各種人事諸制度や人材育成施策を展開しています。
また、
「社員一人ひとりを活かし、
グループの和を尊ぶ」
という
神戸製鋼グループの企業理念を実現するために、
グループ各社とさまざまな形で連携を強めていきます。
4.ナショナルスタッフへのサポート体制強化
海外拠点の中核となるナショナルスタッフの育成支援に向
けた取り組みを行っています。
2011年8月にはナショナルスタッ
フ8名を日本に招致し、
「 KOBELCO GLOBAL SESSION
2011」
を開催しました。
日本の製造現場の視察や安全研修を
通じたKOBELCOの体感、
日本の役員・従業員との交流を通
じたKOBELCOの一員であることの実感、
中長期経営ビジョン
への理解を深めることでその達成に向けた海外拠点でのさら
なる活躍などを開催の目的としています。
今後も継続的に開催していきます。
人材育成
●方針
神戸製鋼は、社員が仕事への誇りと働き甲斐を持つことを人材
育成の目標としています。
そのためには、社員一人ひとりが、具体的
目標を持ち、
日々成長していくことが重要です。社員自らのたゆみな
神戸製鋼グループのあるべき人材像
『私たちは、グローバルに展開するKOBELCOの
信頼に貢献する人材でありたいと日々努力します。』
VOICE メッセージ
語学力と技術知識で、
神戸製鋼と中国企業をつなぎたい。
アルミ・銅事業部門 銅板営業部 呉
き研鑚による成長を会社は全面的に支援します。
誠実
べき人材像」
を以下のとおり定め、人材育成の取り組みを進めてい
事実を真摯に受け止め、
誠意を持って行動する人材
ます。
●キャリア形成
社員のキャリア形成のため、
自己申告制度を通じて、上司と部下
協働
変革
の間で業務目標と将来のキャリアプランについて話し合う場を設け
自分の考えを発信し
自分の考えを発信し、
し、
相手の意見を受信し、
相手の意見を受信し
し、
切磋琢磨しながら
取り組む人材
現状に満足せず、
現
常に挑戦し
変革を目指す人材
変
ています。
これをもとに、本人の希望と事業上の必要性を勘案しつ
つ、育成的見地からのジョブ・ローテーションを実施しています。
ま
た、
自律的なキャリア形成を促進するために人材公募制度を実施し
●女性の活躍推進への取り組み
近年、女性従業員の採用数が大幅に増加する中、神戸製鋼は
女性が自らの能力を十分に発揮できる環境づくりを推進していま
す。
その一環として、総合職の女性社員を対象にメンター制を導入
しました。
メンター制は、職場の上司以外の経験豊富な部長・次長職がメ
ンター
(助言者)
となり、知識・経験を共有し交流することによって、
キャリア形成や能力開発について心理的な側面も含め支援するも
のです。
「自分の目指す方向性がはっきりした」
と利用者に好評で
す。
また総合職の女性社員と交流を持つ管理職が増えることで、女
性総合職を積極的に育成する雰囲気が醸成されてきています。
●仕事と生活の両立支援
魅力ある働く環境づくりに向けて、仕事と生活の両立を図るための環境の整備に積極的に取り組んでいます。
ています。
● 次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画の策定と実行
● 年次有給休暇の取得率向上や生産性向上等、総実労働時間縮減に向けた取り組みの展開
● 育児・介護に関する法定を上回る支援の拡大
●能力開発支援
●グローバルな事業展開への対応
実務経験を重ねる中でのOJT教育を中心としながら、
これを補
中長期経営ビジョン
「KOBELCO VISION“G”」
においては、成
完するため、
ビジネスや技術・技能の特性に応じた専門能力の向
長する新興国を中心とした需要の取り込みなどグローバルな事業
〈近年の主な取り組み〉
上を狙いとしたオフライン研修を実施しています。最近では、若手・
展開を追求しています。
その中で人材の計画的な育成に取り組ん
中堅層の基礎力・課題形成力の向上を目的とした階層別教育の
でいます。
強化に取り組んでいます。
・育児休業期間の延長(子が満3才に達するまで)…2008年度より
・子の看護・家族の介護休暇の有給化…2010年度より
・育児のための就業時間等配慮期間の拡大(子が小学校を卒業するまで)…2008年度より ・育児・介護のための在宅勤務日制度の導入…2011年度より
・介護休業期間の延長(最大3年間まで)…2008年度より
・高齢者介護支援の社外サービスの提携契約…2011年度より
1. 海外勤務経験者の大幅な拡大
また、計画的な人材育成と最適配置を行うため、若手の異分野
経験の促進や専門能力向上に向けた取り組みを進めています。
慎太郎
人事・総務業務、
および米国全拠点の駐在員約50名に対する総
務面でのサポートを担当しています。英語力次第で仕事や生活の
幅が左右されてしまうので、
さらに
語学力を磨いて自分の幅を広げ
ていきたいと感じています。現在
の経験をもとに、KOBELCOの
高付加価値製品を経済成長の
著しい国々に広めていきたいと思
ニューヨークに派遣中の
います。
実務研修生(左端が羽柴)
神戸製鋼では、両親や親戚などのサポートを受けずに夫婦だけ
ず男性社員も子育てに積極的に参画できる環境整備
(各種制度の
手・中堅社員を海外拠点に積極的かつ計画的に派遣し、現地
で育児をしている世帯が全体の約25%あり、子育て世代の社員の
新設や制度運用の定着活動)
に取り組んでいます。
での実務を経験させることで、
グローバルな事業展開に対応
生活に育児が占める割合は大きくなっています。女性社員のみなら
今後、継続的に年間20名を派遣できる体制を確立していき
語学力を磨いて、
仕事や生活の幅を広げています。
KOBE STEEL USA INC. 羽柴
2011年度より海外実務研修生の派遣を開始しました。若
できる人材の計画的な育成につなげていきます。
VOICE メッセージ
41
静
インフラづくりに貢献する企業として、
中国にいた頃からKOBELCOに注目
していました。現在はお客様への製品
の提案を担当しています。仕事をまか
せてもらえるので、
やりがいを感じます
ね。将来は、語学力と技術知識を活か
して、中国での神戸製鋼製品の需要
をさらに開拓していきたいと思います。
また、社員一人ひとりが多種多様な価値観を共有し、誇りと意欲
を持って日々の仕事をやり遂げることを目指して、
「神戸製鋼のある
KOBELCO GLOBAL SESSION 2011
ます。
2.国際適応力と語学力を備えた
優秀な人材の採用と育成
日本在住の留学生や、高い語学力を備えた海外志向の強
い人材の採用を行っています。留学生を積極的に受け入れて
いる大学や、米国・中国などの海外大学と連携し、積極的に
採用・育成していきます。
3. 語学力の向上
社員全体の語学レベル向上のため、全社で1,000名が外
国人講師から英語を学べる環境を社内に整えました。
さらに中
国語など英語以外の語学研修も提供するなど研修体系を充
実させています。
VOICE メッセージ
VOICE メッセージ
学校の行事に合わせて、
半日単位で制度を利用しています。
妻の負担を軽くし、
子供と過ごす時間も増えました。
大阪支社 濱崎
技術開発本部 福谷
真由子
在宅勤務日には、午前中に自宅で業務用
データの整理などの仕事をして、午後から
学校行事に参加しています。子供の学校
行事が午後からあることが多いので、半日
単位で制度を利用することで時間を有効
に活用できます。現在は、半期に1回程度
の利用頻度ですが、地区やクラスの役員
になると小学校に行く頻度も増えそうなの
で、今後はもっと利用したいです。
和久
働く妻にかかる育児や家事の負担を
少しでも減らしたいと思い、在宅勤務
日制度を月1回程度利用しています。
就業直前に子供を保育園へ送り迎え
し、就業中は自宅で資料作成や文献
調査などを行っています。通勤時間が
省けることから、子供と過ごす時間も
増えました。
42
Corporate Social Responsibility
Working Environment
Support for Sports
職場環境 スポーツ支援
●高齢者雇用への取り組み
■停年退職者に占める再雇用者の割合推移(神戸製鋼)
90
85
80
75
70
65
制度」
を導入しています。
グループ会社などでの再雇用者を含め、
ベテラン層の有する技術・技能を引き続き活用することで、技能継
承の円滑な推進や本人の働き甲斐の実感を通じて、職場活力の
維持・向上を図っています。
また、
グループ各社でも同様の取り組みを進めています。
73.6
2007
78.7
79.7
2010
2011
(年度)
72.8
70.8
2008
2009
者雇用を積極的に推進すると共に、個々の能力を十分に発揮で
き、安心して働ける環境の整備に努めています。
神戸製鋼の2011年度の障害者雇用率は2.07%と、法定雇用率
(1.8%)
を上回っていますが、引き続き雇用率アップに向けた取り
2.4
2.24 2.24 2.17
2.12
2.07
2.2
1.98
2.0
1.84 1.81 1.91
法定雇用率 1.70
1.8
1.49
1.48
(%) 1.6
1.4
1.2
雇用率
神戸製鋼グループは、合同説明会などへの参加を通じて、障害
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
(年度)
組みを継続していきます。
神戸製鋼ラグビー部
(コベルコスティーラーズ)
の拠点
(神
戸市)
に人工芝グラウンドを整備し、隣接するテニスコートとと
人工芝グラウンドは、
ラグビー、サッカー、
アメリカンフットボ
ールのほか、
グラウンドゴルフにも利用できるよう、用具も一
式取り揃えています。現在は、小中学生を対象としたラグビー
スクールや高校生のクラブ活動、大学生や社会人チームの
練習や試合等、地元神戸はもとより、
スポーツを愛する人々
の交流の場として役立てられています。
●ハラスメント防止の取り組み
神戸製鋼グループは、人権を尊重し、
あ
「企業倫理綱領」
の
「企業行動基準」
において、
セクシュアルハラスメ
らゆる差別のない健全な職場環境を確保
ントやパワーハラスメントのような不当な
「いじめ」
「嫌がらせ」
を容認しな
するために、各階層別教育における人権
い姿勢を明確にしています。
研修の実施などの人権啓発活動を行って
また、
ハラスメントに関する相談窓口の設置や
「セクシュアルハラスメ
います。
ント防止マニュアル」の作成・周知などを通じて、問題を防止し、迅速に
また、公正な採用選考を行うための採
解決するための体制を整備すると共に、社内・グループ内での人権研修
用担当者に対する研修も実施しています。
においてハラスメントを取り上げ、啓発活動を継続的に実施しています。
●ラグビー
高校ラグビー大会に特別協賛
セクシュアルハラスメント
防止マニュアル
●方針
「安全衛生は事業経営の基盤であり、全ての事業活動に優先す
る」
という理念のもと、安全で安心して働くことのできる、活気溢れ
た職場の実現に向け、
さまざまな安全衛生活動を行っています。
●安全管理
神戸製鋼は、1979年から中長期的な視点で労働災害を減らす
取り組みを始め、以降ほぼ3ヵ年の安全衛生管理計画を策定しな
がら活動を行い、今日に至っています。
その結果、労働災害は大きく
減少し、度数率も低位で推移していました。
しかし、残念ながらここ
数年は停滞または悪化傾向となっています。
神戸製鋼では、
この結果を重く受け止め、2011年度を
「安全衛
生強化年」
と位置付け、労働災害撲滅に向けた活動を展開してお
2016年夏季オリンピックから男女7人制ラグビーが正式種
目として採用され、
また、
2019年にはラグビーワールドカップの
日本開催が決定しました。
オリンピックやワールドカップの日本
安全衛生管理
開催時の中心世代となる高校生に対する継続性のある普
及、
育成・強化が一層求められています。
安全衛生管理計画で目指す姿
● 法令・社内ルールを正しく理解し、それを確実に遵守できる組織・体質をつくり上げる。
● 生産・品質・人・組織・環境などに応じた“変化”を見逃すことなく速やかに対応する。
● 自らはもとより、職場の仲間の安全を守り、健康を気遣う風土をつくる。
神戸製鋼グループは2005年度から夏に菅平高原(長野県
上田市)で男女ともに行われる
「KOBELCOカップ」
と、冬の
花園で行われる
「全国高等学校ラグビーフットボール大会」
に
特別協賛しており、男子・女子高生ラガーの育成・支援を
1 関係法令、安全衛生ルールの遵守、
安全衛生管理活動の
“徹底・定着”
へのしくみづくり
2 類似災害・繰り返し災害防止の徹底
を活性化する活動の強化
3 リスク変化を見逃さず、安全を担保し
『現場力』
4 神鋼グループ・協力会社一体となった安全衛生活動の推進強化
■休業災害度数率推移
行っています。
また、神戸製鋼コベルコスティーラーズは社員
OBも含め、
両大会に出場する高校生への指導を始め、
両大
会を盛り上げるための支援を行っています。
● 全産業 ● 製造業 ● 鉄鋼業 ● 神戸製鋼
2.0
●コベルコラグビーフェスティバル
1.5
地域との交流・ラグビー普及活動・ファンサービスを目的に
り、成果を得つつありますが、
これらの活動にゴールはなく、2012年
1.0
「コベルコラグビーフェスティバル2012」
を開催しました。
グラ
度も引き続き、従業員の生命と健康を守ることが企業の社会的責
0.5
ウンドではタックルが無く女性や子供が楽しめるタッチフット
任を果たす上で特に重要であるという認識のもと、次の項目につい
て重点的に安全管理に取り組むことにしています。
0.0
大会や、選手が練習で使用した練習着やスパイクなどを販売
1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
(年)
●衛生管理
するガレージセールを開催。
また、今年は選手が運営する屋
台や縁日コーナーを作り、
ファンの方々と一緒に楽しめる内容
となりました。
『からだ』の面では、職場環境の変化へも確実に対応して、職業
本フェスティバルの売り上げの一部は、特定非営利法人
とし、
『こころ』
と
『からだ』
の両面の管理体制を充実し、
“予防”
への
性疾病の防止に努めるのはもちろんのこと、定期健康診断の受診
「日本せきずい基金」
と、財団法人日本ラグビーフットボール
活動展開を一層強化して取り組むことにしています。
徹底とそのフォローを着実に行うことにより、生活習慣病の予防に
協会を通じて東日本大震災の被災者の方々に寄付いたしま
『こころ』の面では、産業カウンセラーや専門医師による
「なんで
努めていくことにしています。
した。
衛生面では、健康に配慮した職場環境をつくり上げることを目標
43
●灘浜スポーツゾーン
スポーツを通じた交流の場を提供
もに
「灘浜スポーツゾーン」
として一般開放しています。
■障害者雇用率推移(神戸製鋼)
●障害者雇用への取り組み
●人権尊重の取り組み
スポーツ支援活動
(%)
神戸製鋼は、停年退職後の再雇用制度として
「熟練社員再雇用
も相談室」の拡充や、全ての従業員に対するメンタルヘルス教育
また、
インフルエンザの問題に対しても、
安全・安心を確保するため
などを進めています。
の予防対策の徹底や新型インフルエンザ対策に取り組んでいます。
44
Main Operating Locations In Japan
Japan
国内主要拠点
(2012年8月現在)
(株)
神戸製鋼所
鉄鋼事業部門
溶接事業部門
アルミ・銅事業部門
機械事業部門
資源・エンジニアリング事業部門
本社・支社・支店
研究所
グループ会社
鉄鋼事業部門
溶接事業部門
北海道支店
アルミ・銅事業部門
機械事業部門
●溶接事業部門
資源・エンジニアリング事業部門
/兵庫県豊岡市
神鋼アクテック
(株)
神鋼環境ソリューション
/岡山県岡山市
阪神溶接機材
(株)
長府
コベルコ建機
コベルコクレーン
九州支店
その他
研究所
中国支店
新潟支店
西条
東北支店
●アルミ・銅事業部門
神戸本社
福知山
(株)
コベルコ マテリアル銅管/神奈川県秦野市
北陸支店
/千葉県千葉市
サン・アルミニウム工業
(株)
高砂
加古川
四国支店
真岡
播磨 神戸
茨木
/大阪府堺市
神鋼アルミ線材
(株)
大安
/茨城県かすみがうら市
神鋼ノース
(株)
名古屋支社
/福岡県北九州市
神鋼メタルプロダクツ
(株)
沖縄支店
/福岡県北九州市
神鋼リードミック
(株)
東京本社
大阪支社
/愛知県安城市
豊通非鉄センター
(株)
藤沢
●機械事業部門
鉄鋼事業部門
溶接事業部門
アルミ・銅事業部門
機械事業部門
加古川製鉄所/兵庫県加古川市
技術開発センター/兵庫県加古川市
神戸製鉄所/兵庫県神戸市
藤沢工場/神奈川県藤沢市
茨木工場/大阪府茨木市
西条工場/広島県東広島市
福知山工場/京都府福知山市
真岡製造所/栃木県真岡市
長府製造所/山口県下関市
大安工場/三重県いなべ市
播磨工場/兵庫県加古郡
/東京都品川区 ※販売拠点
コベルコ・コンプレッサ
(株)
研究所
神戸総合技術研究所/兵庫県神戸市
本社・支社・支店
名古屋支社/愛知県名古屋市
北海道支店/北海道札幌市
東北支店/宮城県仙台市
/兵庫県高砂市
神鋼検査サービス
(株)
/岐阜県大垣市
神鋼造機
(株)
/兵庫県高砂市
神鋼テクノ
(株)
グループ会社(主要生産拠点)
神戸本社/兵庫県神戸市
東京本社/東京都品川区
大阪支社/大阪府大阪市
/兵庫県神戸市
神鋼エアーテック
(株)
新潟支店/新潟県新潟市
北陸支店/富山県富山市
四国支店/香川県高松市
中国支店/広島県広島市
九州支店/福岡県福岡市
沖縄支店/沖縄県那覇市
高砂製作所/兵庫県高砂市
/兵庫県加古郡
神和木材工業
(株)
●鉄鋼事業部門
●資源・エンジニアリング事業部門
/兵庫県尼崎市
大阪チタニウムテクノロジーズ
(株)
/兵庫県神戸市
神戸熱供給
(株)
/兵庫県加古川市
関西熱化学
(株)
/千葉県市川市
KSサミットスチール
(株)
/大阪府堺市
堺鋼板工業
(株)
●神鋼環境ソリューション
(株)
神鋼環境ソリューション/兵庫県加古郡
/愛知県海部郡
三和鐵鋼
(株)
(株)
神鋼エンジニアリング&メンテンナンス/兵庫県神戸市
/兵庫県尼崎市
神鋼建材工業
(株)
●コベルコ建機
/広島県広島市、岐阜県大垣市
コベルコ建機
(株)
/兵庫県尼崎市
神鋼鋼線工業
(株)
加古川製鉄所
神戸製鉄所
藤沢工場
真岡製造所
長府製造所
高砂製作所
/千葉県市川市
神鋼鋼板加工
(株)
●コベルコクレーン
/兵庫県神戸市
神鋼神戸発電
(株)
/兵庫県明石市
コベルコクレーン
(株)
/山口県下関市
神鋼特殊鋼管
(株)
/千葉県市川市
神鋼ボルト
(株)
(株)
セラテクノ/兵庫県明石市
(株)
テザックワイヤロープ/大阪府貝塚市
日本高周波鋼業
(株)
45
阪神溶接機材
(株)
(株)
コベルコ マテリアル銅管
コベルコ建機
(株)
コベルコクレーン
(株)
神鋼機器工業
(株)
/富山県射水市
日本高周波鋼業
(株)
●その他
(株)
コベルコ科研/兵庫県高砂市
/兵庫県神戸市
ジャパンスーパーコンダクタテクノロジー
(株)
/鳥取県倉吉市
神鋼機器工業
(株)
46
Main Operating Locations Overseas
U.K.
The Netherlands
海外主要拠点
(2012年8月現在)
Italy
U.S.A
China
South Korea
(株)神戸製鋼所 海外統括会社&事務所
UAE
●Kobe Steel USA Inc.
(アメリカ/ニューヨーク、デトロイト)
●Kobe Steel Asia Pte. Ltd.
(シンガポール、香港)
●バンコク事務所
(タイ)
●北京事務所
(中国)
(中国 上海市)
●神鋼投資有限公司
India
Thailand
Vietnam
Malaysia
Singapore
Global
アジア・オセアニア
●鉄鋼事業部門
Kobe Steel Asia Pte. Ltd.
(シンガポール)
Kobe CH Wire(Thailand)Co., Ltd.
(タイ)
Mahajak Kyodo Co., Ltd.
(タイ)
神鋼線材加工
(佛山)
有限公司
(中国 広東省)
江陰法爾勝杉田弾簧製線有限公司
(中国 江蘇省)
神鋼特殊鋼線
(平湖)
有限公司
(中国 浙江省)
确弾簧鋼線
神鋼新确
(佛山)
有限公司
(中国 広東省)
唐山神鋼溶接材料有限公司
神鋼線材加工
(佛山)
有限公司
47
神鋼圧縮機製造
(上海)
有限公司
●溶接事業部門
Kobelco Welding Asia Pacific Pte. Ltd.(シンガポール)
Kobe Welding(Malaysia)Sdn.Bhd.
(マレーシア)
Kobe MIG Wire(Thailand)Co., Ltd.
(タイ)
Thai-Kobe Welding Co., Ltd.
(タイ)
Kobe Welding of Korea Co., Ltd.
(韓国)
Kobelco Welding Marketing of Korea Co., Ltd.
(韓国)
Kobelco Welding India Pvt. Ltd.
(インド)
唐山神鋼溶接材料有限公司
(中国 河北省)
青島神鋼溶接材料有限公司
(中国 山東省)
上海神鋼溶接器材有限公司
(中国 上海市)
Kobe Precision Technology
Sdn. Bhd.
Kobelco Welding of Europe B.V.
杭州神鋼建設機械有限公司
PRO-TEC Coating Company
Kobelco & Materials Copper Tube
(Thailand) Co.,Ltd.
Kobe Aluminum Automotive
Products, LLC
Australia
アジア・オセアニア
ヨーロッパ・中東
●アルミ・銅事業部門
Singapore Kobe Pte. Ltd.
(シンガポール)
Kobelco & Materials
Copper Tube
(Malaysia)
Sdn. Bhd.
(マレーシア)
Kobelco & Materials
Copper Tube
(Thailand)
Co.,Ltd.
(タイ)
Kobe Precision Technology Sdn. Bhd.
(マレーシア)
Kobe Electronics Material
(Thailand)
Co.,Ltd.
(タイ)
蘇州神鋼電子材料有限公司
(中国 江蘇省)
神鋼汽車鋁部件
(蘇州)
有限公司
(中国 江蘇省)
●溶接事業部門
Kobelco Welding of Europe B.V.
(オランダ)
●機械事業部門
益陽益神橡膠機械有限公司
(中国 湖南省)
神鋼圧縮機製造
(上海)
有限公司
(中国 上海市)
無錫圧縮機股份有限公司
(中国 江蘇省)
Kobelco Machinery Asia Pte. Ltd.(シンガポール)
Kobelco Machinery India Pvt. Ltd.
(インド)
L&T Kobelco Machinery Pvt. Ltd.
(インド)
●神鋼環境ソリューション
KOBELCO ECO-SOLUTIONS
VIETNAM CO.,LTD.
(ベトナム)
●コベルコ建機
成都神鋼工程機械
(集団)
有限公司
(中国 四川省)
成都神鋼建設機械有限公司
(中国 四川省)
成都神鋼建機融資租賃有限公司
(中国 四川省)
杭州神鋼建設機械有限公司
(中国 浙江省)
神鋼建機精密機械
(杭州)
有限公司
(中国 浙江省)
Kobelco International
(S)
Co., Pte. Ltd.
(シンガポール)
Thai Kobelco Construction Machinery, Ltd.
(タイ)
Kobelco Construction Equipment India Pvt. Ltd.
(インド)
Kobelco-CNH Australia Pty. Ltd.
(オーストラリア)
Daya Kobelco Construction Machinery Indonesia(インドネシア)
Kobelco Construction Machinery Malaysia Sdn.Bhd.(マレーシア)
Kobelco Construction Machinery Vietnam Co.,Ltd.(ベトナム)
●コベルコクレーン
Kobelco Cranes Middle East Fze.
(UAE)
Kobelco Cranes South East Asia Pte. Ltd.
(シンガポール)
Kobelco Cranes India Pvt. Ltd.
(インド)
神鋼起重机
(上海)
有限公司
(中国 上海市)
成都神鋼起重机有限公司
(中国 四川省)
●その他
有限公司
(中国 江蘇省)
神商精密機材
(蘇州)
蘇州神商金属有限公司
(中国 江蘇省)
●機械事業部門
KOBELCO MACHINERY EUROPE GmbH
(ドイツ)
KOBELCO MACHINERY MIDDLE EAST FZE
(UAE)
●コベルコ建機
New Holland Kobelco Construction Machinery
S.p.A.
(イタリア)
●コベルコクレーン
Kobelco Cranes Europe Ltd.
(イギリス、
オランダ)
北米
●鉄鋼事業部門
PRO-TEC Coating Company
(オハイオ州)
Grand Blanc Processing, L.L.C.
(ミシガン州)
●溶接事業部門
Kobelco Welding of America Inc.
(テキサス州)
●アルミ・銅事業部門
Kobe Aluminum Automotive Products, LLC
(ケンタッキー州)
●機械事業部門
KOBELCO Advanced Coating
(America)
, Inc.
(イリノイ州)
Kobelco Compressors Manufacturing Indiana, Inc.
(インディアナ州)
Kobelco Stewart Bolling, Inc.
(オハイオ州)
Kobelco Compressors America, Inc.
(カリフォルニア州)
●資源・エンジニアリング事業部門
Midrex Technologies, Inc.
(ノースカロライナ州)
●コベルコ建機
Kobelco Construction Machinery America LLC.
(ジョージア州)
●コベルコクレーン
Kobelco Cranes North America Inc.
(テキサス州)
●その他
Kobe Steel USA Holdings Inc.
(デラウェア州)
Kobe Steel USA Inc.
(ニューヨーク州)
Kobe Steel International
(USA)Inc.
(ニューヨーク州)
48
History of Kobe Steel Group
1905
明治38年
戦時中に国内初となる高級溶接棒を生産。
「神鋼の溶接棒」は
1956年
(昭和31年)
に船舶建造量で世界一となる国内造船業
に大きく貢献しました。
1959年
(昭和34年)
には灘浜工場1号高
炉に火入れを行い、悲願の銑鋼一貫メーカーとなりました。
また、国
内初の事業として海外でのプラント建設が挙げられます。
1962
年
(昭和37年)
には東パキスタン、現在のバングラデシュに日本企
業では初の肥料プラントを完成させました。 高度経済成長が到来し、社会資本の整備に拍車がかかり、
ビル
の建築にデーコン、鉄道車両にアルミ、国土開発に建設機械など、
金属と機械の複合経営の基盤がこの頃築かれました。そして経済
成長の旺盛な需要に対処し国際競争を勝ち抜くためには、量産効
明治、大正、昭和、平成…。
激動のなかで、貫き通したもの。
1.
創立から終戦までの道のり
果のある大型高炉を有する臨海製鉄所が必要でした。
1966年
(昭和41年)、加古川製鉄所の建設に着工。大型高炉3基を有
し、最新鋭の設備を持つ製鉄所として、念願の厚板、薄板などの
鋼板分野への進出を果たしました。
1905年(明治38年)
9月、鈴木商店が神戸・脇浜にあった小
林製鋼所を買収し、神戸製鋼所として創立しました。当初は鋳鍛
3.
複合経営と国際化の推進
鋼メーカーとしてトロッコの車輪や錨を製造していました。
1961年
(昭和36年)
、溶接棒の藤沢工場や茨木工場が消費
1911
1914
1915
1926
昭和元年
1930
1933
1939
1941
1950
昭和25年
1951
1957
地に近い場所で次々に開設しました。
1967年
(昭和42年)
、
エア
コンや冷蔵庫、給水や給湯用の銅管を製造する秦野工場を建
設。エアコンの普及とともに生産量も増加していきました。
1979年
(昭和54年)
には鉄と機械の複合経営の真価を発揮
したカタール製鉄所が完成。従来のプラント建設は機械部門が中
心となって進めていましたが、
カタール製鉄所は鉄鋼部門の操業
指導も加えた、当社ならではの複合経営のメリットを生かしたプロ
ジェクトとして国際的に高い評価を受けました。
1981年
(昭和56年)
、
アルミの真岡製造所の建設に着工。自
動車用ボディ材、
アルミ缶材、ハードディスク用基板材などを生産す
1959
1960
1962
1964
1970
合名会社鈴木商店の
神戸製鋼所として創立
株式会社神戸製鋼所として発足
1987
1989
平成元年
鋳鍛鋼工場で1,200トンプレス稼働
国産第1号の高圧コンプレッサを開発
7,600馬力のディーゼルエンジンを
製作
(世界最大)
長府工場でアルミの生産開始
ピアノ線材の生産開始
(わが国初)
酸素工場を新設。
わが国初の本格的酸素製鋼を開始
1990
1991
1992
1994
1995
灘浜第一高炉火入れ、鉄鋼一貫体制なる
1996
は圧壊、神戸製鉄所は高炉を始め生産設備がストップ。加古川製
正15年)
、線材の生産から始まります。
1933年
(昭和8年)
には
鉄所でも原料荷揚げ用アンローダが3基倒壊、従業員2名が亡く
第2線材工場が完成し、当時の線材メーカーの当社と八幡製鉄の
なりました。被害総額1,
020億円。当社にとって最大の緊急事態
シェアは55%にも達しました。
となりました。その後、全社一丸となった懸命の復旧作業と鉄鋼他
一方、時代は満州事変、
日中戦争、太平洋戦争と続き、工場は
社の支援を受け、震災から約2ヶ月半後に神戸製鉄所3号高炉の
軍需工場となり、兵器の生産に追われることになりました。
1945
再火入れを行うことができました。こうした状況の中、規制緩和の
年
(昭和20年)
からの度重なる空襲は、全国の工場に大きな被害
政府方針のもと、一般企業の電力事業への参入が可能となりま
東パキスタンの肥料工場完成
(わが国最大のプラント輸出)
1998
羽田線の総アルミ製モノレールカーに
耐食アルミ合金が使用される
昭和45年
2002
49
1975
1977
1979
沖縄国際海洋博会場で、
新交通システム「海洋博KRT」の運転開始
新交通システム・ポートアイランド線の建設工事を受注
6自由度関節型溶接ロボット
「アークマン」
を開発
国際統一商標「KOBELCO」
を制定
1982
1983
世界最大級のクローラクレーン
「P&H KOBELCO 5650」
を開発
2005年
(平成17年)
9月、神戸製鋼グループは大きな荒波に
超合金粉末製造設備を完成
1949年
(昭和24年)
、戦後の混乱期にチタンの研究に取り組
もまれ、幾多の困難に直面しながらもその時代を耐え、時代を切り
拓き、創立100周年を迎えました。
2006年
(平成18年)
には
「K
53年
(昭和28年)
には高砂工場を開設、
クランクシャフトを始めと
OBELCO」
をグループの統一ブランドに制定。
「グループでグロー
する船舶用の鋳鍛鋼品、
セメントプラント、化学工業向けの空気分
バルに成長していく」
ことをキーワードに、次の100年に向けて一
離装置や圧力容器などを製作、機械部門の一大拠点となります。
歩一歩着実に前に進んで行きます。
IPP
(電力卸供給事業)
へ参入
「ダンシェープ®」
が
700系のぞみに
採用される
神鋼神戸発電所1号機が営業運転を開始
1985
2004
2005
神鋼神戸発電所2号機が営業運転を開始、
両機あわせて140万kWの電力供給体制となる
創立100周年を迎える
平成17年
2.
戦後の復興から事業基盤の確立に向けて
み、チタン工業化のパイオニアとしての地位を築いていきます。
19
阪神淡路大震災で
総額1,020億円の
被害を被る
神戸空港連絡橋とポートライナー延伸工事を
神戸市から受注
世界最大の2,000℃級熱間等方
加圧装置
(HIP)
を完成
す。
2004年(平成16年)
、国内最大規模の電力卸供給事業で
世界最高水準の超電導マグネットを開発
環境に配慮した
クロメートフリー鋼板
を開発
加古川製鉄所、新設構造研究所を新設
ある発電規模140万kWの神鋼神戸発電所が完成しました。
をもたらし、終戦を迎えました。
株式をロンドン証券取引所に上場
神戸東部新都心事業への参画
中央研究所完成
を整備しました。
神戸製鋼が鉄鋼メーカーとして足元を固めたのは1926年
(大
ケア付きマンション事業に参入
横浜工場第1期工事に着手
わが国最大のチタン溶解炉が完成、チタンの工業化に成功
戸市西神に総合技術研究所第1期工事が完成し、研究開発体制
1995年(平成7年)
1月、阪神淡路大震災が発生。神戸本社
世界最高温(3,000℃)HIP装置および世界最高圧
(10,000気圧) HIP装置各1台を受注
金属チタンの製造開始
る東洋一のアルミ圧延工場となりました。
1987年
(昭和62年)
、神
4.
震災からの復興と創立100周年
神鋼ラグビー部、
全日本社会人大会と
日本選手権で初優勝
バイオ研究を担う
筑波研究所設立
わが国初の総合的セメントプラントを完成
国産1号機の電気ショベルを完成
潜水調査船「しんかい6500」
に
チタン合金製耐圧球殻が採用される
2006
グループ「企業理念」
を制定
2008
2010
平成22年
インドネシア・南カリマンタンで改質褐炭
(UBC)
大型実証設備が竣工・稼動
アメリカ・ミネソタ州でI
Tmk3®プロセスを採用した
初の商業プラントがアイアンナゲットの生産を開始
カンパニー制から事業部門制に移行
生物研究所を新設
世界最大の直径60mm線材の製造に成功
「KOBELCO」
をグループブランドに制定
2011
平成23年
グループ中長期経営ビジョン
「KOBELCO V
I
S
ION
“G”」
を発表
中国上海市に中国統括会社「神鋼投資有限公司」
(投資性公司)
を設立
50
Kobe Steel Directory
Kobe Steel Group Profile
グループ概要
神戸製鋼所
事業所一覧
連結売上高の推移(億円)
0
△716
鉄鋼事業部門
溶接事業部門
5,000
409
2010年度
3,131
アルミ・銅事業部門
10,000
15,000
20,000
655
3,040
696
本社・支社・支店
神戸本社
642
1,545
8,403
777
〒651-8585 兵庫県神戸市中央区脇浜町2丁目10-26(神鋼ビル)
Tel.(078)261-5111
Fax.(078)261-4123
*2013年3月、右記に移転予定 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通2丁目2-4
18,585
東京本社
〒141-8688 東京都品川区北品川5丁目9-12
Tel.(03)5739-6000
Fax.(03)5739-6903
大阪支社
名古屋支社
〒541-8536 大阪府大阪市中央区備後町4丁目1-3(御堂筋三井ビル)
Tel.(06)6206-6111
Fax.(06)6206-6101
Fax.(052)584-6105
北海道支店
東北支店
新潟支店
北陸支店
四国支店
中国支店
九州支店
沖縄支店
〒060-0004 北海道札幌市中央区北四条西5丁目1-3(日本生命北門館ビル) Tel.(011)261-9331
機械事業部門
資源・エンジニアリング事業部門
神鋼環境ソリューション
△681 480
2011年度
558
3,071
コベルコ建機
691
コベルコクレーン
2,899
711
1,528
18,646
8,542
844
その他
消去
(セグメント間の内部売上高又は振替高)
連結経常利益の推移(億円)
0
250
500
750
1,000
890
2010年度
高砂製作所
337
2011年度
〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2丁目27-8(名古屋プライムセントラルタワー) Tel.(052)584-6111
Tel.(022)261-8811
〒950-0087 新潟県新潟市中央区東大通2丁目4-10(日本生命新潟ビル) Tel.(025)245-8681
Tel.(076)441-4226
〒930-0858 富山県富山市牛島町18-7
(アーバンプレイス)
〒760-0017 香川県高松市番町1丁目6-8
(高松興銀ビル)
Tel.(087)823-7222
〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀16-11
(日本生命広島第二ビル) Tel.(082)228-6111
〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1(新幹線博多ビル) Tel.(092)431-2211
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち1丁目3-31
Tel.(098)866-4923
(那覇新都心メディアビル西棟)
〒676-8670 兵庫県高砂市荒井町新浜2丁目3-1
Tel.(079)445-7111
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1丁目2-25(仙台NSビル)
Fax.(011)251-2533
Fax.(022)261-0762
Fax.(025)243-1645
Fax.(076)442-4088
Fax.(087)823-7333
Fax.(082)223-0715
Fax.(092)432-4002
Fax.(098)869-6185
Fax.(079)445-7231
研究所
神戸総合技術
研究所
鉄鋼事業部門
社
長
取締役会
Tel.(078)992-5600
Fax.(078)992-5532
〒675-0137 兵庫県加古川市金沢町1
Tel.(079)436-1111
Tel.(079)427-5000
Tel.(078)882-8030
Tel.(0466)20-3111
Tel.(072)621-2111
Tel.(082)423-3311
Tel.(0773)27-2131
Tel.(0285)82-4111
Tel.(083)246-1211
Tel.(0594)77-0330
Tel.(079)436-2101
Fax.(079)436-1400
Fax.(079)427-5070
Fax.(078)882-8290
Fax.(0466)20-3115
Fax.(072)621-2015
Fax.(082)420-0038
Fax.(0773)27-6358
Fax.(0285)84-0231
Fax.(083)246-1271
Fax.(0594)77-2249
Fax.(079)436-2199
製鉄所・工場
神戸製鋼所組織図(2012年7月1日現在)
本 社
溶接事業部門
技術開発本部
アルミ・銅事業部門
経営審議会
支 社
経営委員会
機械事業部門
支 店
加古川製鉄所
技術開発センター
神戸製鉄所
藤沢工場
茨木工場
西条工場
福知山工場
真岡製造所
長府製造所
大安工場
播磨工場
NEW YORK
DETROIT
SINGAPORE
神戸製鋼所概要
HONG KONG
■資本金
■社 長
■従業員数
〒567-0879 大阪府茨木市東宇野辺町2-19 〒739-0024 広島県東広島市西条町御薗宇6400-1
〒620-0853 京都府福知山市長田野町3丁目36
〒321-4367 栃木県真岡市鬼怒ヶ丘15 〒752-0953 山口県下関市長府港町14-1 〒511-0284 三重県いなべ市大安町梅戸1100
〒675-0155 兵庫県加古郡播磨町新島41
株式会社神戸製鋼所
Kobe Steel,Ltd.
1905年9月1日
(設立1911年6月28日)
2,333億1,324万8,065円
(2012年3月31日現在)
佐藤 士
単独:10,370人 連結:35,496人
(2012年3月31日現在)
Kobe Steel USA Inc.
Kobe Steel USA Inc.
Tel.+1-212-751-9400
Fax.+1-212-355-5564
Tel.+1-734-462-7757
Fax.+1-734-462-7758
Kobe Steel Asia Pte. Ltd.
Tel.+65-6221-6177
(シンガポール本社)
72 Anson Road, #11-01A Anson House, Singapore 079911, Republic of Singapore
Kobe Steel Asia Pte. Ltd.
(香港事務所)
Room 1604, MassMutual Tower, 38 Gloucester Road, Wanchai, Hong Kong
BANGKOK
バンコク事務所
BEIJING
北京事務所
■グループブランド
■創 立
〒251-8551 神奈川県藤沢市宮前100-1 (米国統括会社 デトロイト支社)
19575 Victor Parkway, Suite 250 Livonia, MI 48152, U.S.A.
海外事務所
■英文社名
〒657-0863 兵庫県神戸市灘区灘浜東町2
(米国統括会社 ニューヨーク本社)
535 Madison Avenue, 5th Floor, New York, NY 10022, U.S.A.
高砂製作所
■会社名
〒675-0023 兵庫県加古川市尾上町池田2222-1
海外統括会社・事務所
資源・エンジニアリング事業部門
51
〒651-2271 兵庫県神戸市西区高塚台1丁目5-5
Tel.+852-2865-0040
Tel.+66-2636-8971∼8974
10th Floor, Sathorn Thani Tower ll, 92/23 North Sathorn Road, Khwaeng Silom,
Khet Bangrak, Bangkok 10500, Kingdom of Thailand
Fax.+65-6225-6631
Fax.+852-2520-6347
Fax.+66-2636-8675
Tel. +86-10-6461-8491∼8493 Fax. +86-10-6461-8490
中華人民共和國北京市朝陽區東三環北路3號
幸福大厦A座1005室(郵政編號 100027)
SHANGHAI
神鋼投資有限公司
(中国統括会社・投資性公司)
中華人民共和國上海市淮海中路300號
香港新世界大厦3701室(郵政編號 200021)
Tel.+86-21-6415-4977
Fax.+86-21-6415-9409
52
Fly UP