...

彼女の前に裸

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

彼女の前に裸
歴代誌第一28章 9 節 「父から子への言葉」
1A 「神を知りなさい」
1B 「神について知る」こととの違い
2B 行いに現れる神の知識
3B ご自身を啓示される方
2A 「神に仕えなさい」
1B 奉仕の前の知識
2B 心と思い
1C 全き心
2C 喜んで行う思い
3C 心を探り、思いを読み取られる方
3A 「神を求めなさい」
本文
歴代誌第一 28 章を開いてください。私たちの通読の学びはついに、歴代誌第一の最後になりまし
た。午後は 27 章から 29 章までを読みます。今朝は 28 章 9 節に注目したいと思います。
わが子ソロモンよ。今あなたはあなたの父の神を知りなさい。全き心と喜ばしい心持ちをもって神に
仕えなさい。主はすべての心を探り、すべての思いの向かうところを読み取られるからである。もし、
あなたが神を求めるなら、神はあなたにご自分を現わされる。もし、あなたが神を離れるなら、神は
あなたをとこしえまでも退けられる。
ダビデは、神殿建設のために、いろいろな準備をしました。神殿のための資材を集め、そしてイスラ
エルの国が神殿礼拝を中心にして統治されるべく、その統治機構を確立しました。そして自分が死
ぬ時に、その前に、力をふりしぼってイスラエル人のかしらたちの前に立って、最後の言葉を残した
のです。そして、今、息子ソロモンに対して語りかけました。父が子に残す言葉は何か?その大切な
命令は何なのか?その受け継がれる言葉に注目したいと思います。
1A 「神を知りなさい」
1B 「神について知る」こととの違い
ダビデがソロモンに残した初めの言葉は、「今あなたはあなたの父の神を知りなさい。」です。「知り
なさい」という命令です。この「知りなさい」というヘブル語は、親密に知る、個人的、人格的に知るこ
とを意味します。アダムがエバを「知った」という時の「知る」と同じ言葉が使われています。
「あなたの父の神を知る」と言っていることに注目してください。ソロモンは、神がダビデと共におら
1
れたことを目撃しました。ソロモンは神を信じ、神を愛するダビデの指導の中で生きていました。この
神をあなた自身が知りなさい、という意味です。父任せの信仰ではなく、あなた自身が直接、知って
いくのだと言っています。
ユダの王の中でヨアシュという人がいましたが、「ヨアシュは、祭司エホヤダが彼を教えた間はいつ
も、主の目にかなうことを行なった。(2列王 12:2)」祭司エホヤダが教えていた間は、主の目にかな
うことを行ないましたが、エホヤダが死んだ後、彼は主の目に悪を行いました。エホヤダに言いつけ
られていたことは行っていたのですが、自分自身が神を知らなかったので、彼が死んだ後、神に背を
向けたのです。ですから、いかに教えられていることが自分自身のものになっているのかどうか、自
分の信仰を確かめなければいけません。
使徒信条という、初代教会から受け継がれている信仰の告白文があるのですが、そこには、「我は
信ず」という言葉が続いています。「我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。我はその独り子、
我らの主、イエス・キリストを信ず。・・・」とあるのですが、他の人々のことは知らないが、私は父なる
神を信じて、子なるキリストを信じるのだ、という告白です。自分自身がこの方を信じて、この方に従
うのだ、という決意であり、告白です。父なる神はあくまでも父であり、祖父にはなりえないのです。誰
かを介して父なる神を信じることはできず、唯一、イエス・キリストという仲介を通してのみ、直接、神
を知らなければいけません。
パウロは、「私は、キリストとその復活の力を知り、またキリストの苦しみにあずかることも知って、
キリストの死と同じ状態になり・・ (ピリピ 3:10)」と言いました。キリストとその復活の力を彼は知りま
した。私たちは、キリストとその復活の力を知ったでしょうか?イエスご自身が、わたしの名によって
祈ればそれは聞かれると言われた、私たちの集いの只中におられるのですが、私たちはこの方とそ
の復活の力を知っているでしょうか?
イエスについて知っているけれども、イエスご自身、またその力を知らないということが起こりえます。
長血を患う女のことを思い出してください。イエス様のところに、大勢の群集が押し寄せていました。
この方が歩こうにも、押し合い、圧し合いで、なかなか前に進むことがおできになりません。ところが
イエス様は、「誰がわたしの服に触ったのですか?」と尋ねられたのです。こんなに多くの人が物理
的にイエスを触っているのに、「わたしの服を触った」とイエス様は言われるのです。ご自身から、そ
の力が出ていったことを知ったからです。
その触れた手は、自分が汚れているとされている長血を患っていた女の手でありました。モーセの
律法では生理による出血があれば不浄であるとされていて、不正出血が続くのであれば、その間は
ずっと汚れているとみなされていました。医者に十二年間通っていたのに、かえって状況は悪くなっ
ているという悲惨な状態でした。その状態のままで、イエスに近づいたのです。そして、彼女には大き
なリスク、危険がありました。自分が汚れた者なのに、人込みの中に入るという危険です。彼女は、
2
自分の癒された後に、「イエスに真実を余すところなく打ち明けた。(マルコ 5:33)」とあります。
イエスを知る、そしてその生きた力を知るには、自分の負い目を含め、ありのままの姿で出ていか
なければいけないのです。自分の苦しみ、その恥、そして罪、こうしたものを全て持っていって、初め
てイエスを知ることができます。他の群集は、イエスについて知っていましたが、イエスは知りません
でした。私たちも、ともすると教会という群集になってしまっていることがあります。イエスについての
知識は与えられたけれども、イエスは知らないということが起こりえます。だからダビデはソロモンに、
「神について知りなさい」とは命じませんでした。「神を知りなさい」と命じたのです。長血を患う女のよ
うな、恥も何もかも主の前に持っていく信仰が必要です。
2B 行いに現れる神の知識
そして、神を知っているかどうかは、その人の行いに現れます。私たちは、神についてはいろいろ
なことを語ることができます。けれども、神を知っているかどうかは、神のことを語る以上に、行動にし
っかりと現れます。ある人々は、「私はキリストを愛しているが、教会は嫌いだ。」と言います。その人
は嘘をついています。その人は、神を知らないし、キリストも愛していません。使徒ヨハネがこう言い
ました。「神を愛すると言いながら兄弟を憎んでいるなら、その人は偽り者です。目に見える兄弟を愛
していない者に、目に見えない神を愛することはできません。(1ヨハネ 4:20)」
そしてイエス様は、「『主よ、主よ。』と言う者がみな天の御国にはいるのではない。」と言われました。
そのように叫ぶ者たちは、イエスの名によって悪霊を追い出し、預言を行い、他のあらゆる奇蹟を行
ったではないかと叫びますが、イエス様はこう答えられます。「わたしはあなたがたを全然知らない。
不法をなす者ども。わたしから離れて行け。(マタイ 7:23)」どんなにイエスの名前を口から発してい
ても、イエスは彼らを全然知らないと言われたのです。それは、彼らの行いに現れており、その不法
が、彼らがイエスを知らなかったことを現していました。
一人一人が、どれだけ主に捧げているのか、その愛の献身にも神の罪の赦しを受け取っているか
どうかがはっきりします。パリサイ人シモンの家にイエスが招かれた時に、不道徳な女、おそらく遊女
だったのでしょうが、その女がイエス様の足を涙で濡らし、髪の毛で拭い、足に口づけして、香油を塗
りました。この女の行動についてイエス様はこう言われたのです。「この女の多くの罪は赦されていま
す。というのは、彼女はよけい愛したからです。しかし少ししか赦されない者は、少ししか愛しません。
(ルカ 7:47)」彼女がよけい愛したから、多くの罪が赦されていると主は言われます。彼女が神からの
罪の赦しを多く知っていたからこそ、それがイエス様を愛するという行為に現れていたのです。
もちろん私たちは、神に愛されるために、良い行いをするのではありません。そうではなく、神を知
っている人、神を愛している人は、自ずとその行いに神の知識が現れるのです。
3
3B ご自身を啓示される方
では、どうすれば神を知ることができるでしょうか?この方を知るために、イエス様の父なる神への
賛美を取り上げてみたいと思います。マタイ 11 章 25‐27 節を読みます。「天地の主であられる父よ。
あなたをほめたたえます。これらのことを、賢い者や知恵のある者には隠して、幼子たちに現わしてく
ださいました。そうです、父よ。これがみこころにかなったことでした。すべてのものが、わたしの父か
ら、わたしに渡されています。それで、父のほかには、子を知る者がなく、子と、子が父を知らせよう
と心に定めた人のほかは、だれも父を知る者がありません。」イエス様がこの発言をされる前に、イ
エス様の宣教の本拠地であったカペナウムや、コラジン、ベツサイダに対して、呪いを宣言されまし
た。イエスについては、数多くの言葉を聞き、そして数多くの御業を目撃しました。それにも関わらず、
彼らは神を知ることがありませんでした。
けれども弟子たちは知ることができた。なぜか?イエス様は、「父なる神がご自分を現してくださる」
と言われています。子なるキリストが父なる神を知らせると定めた人にのみ与えられるのです。これ
を難しい言葉で「啓示」と言います。自分の知的努力で悟ろうとしても不可能であり、むしろ、主がご
自身を皆さんに現してくださるのです。
では、自分は何もしなくてよいのか?いいえ、イエス様はこう言われました。「賢い者や知恵のある
者には隠して、幼子たちに現してくださいました。」幼子のようにイエスの言葉を受け入れる者に、イ
エス様はご自身を現してくださいます。主ご自身を知っていると証言してくださった人々、ここで私は
主に会ったと言われる人々の全てが、何らかの形で幼子のようにイエス様の語りかけを受け入れて
います。これまでの経験や知識を捨てて、ただ自分が幼子のように神に信頼し、そして服従するに神
がご自身を現してくださいます。人は本来、神によって造られ、神に自分の命の全てがかかっている
のに、まるで自分で生きてきたかのように思い込んでいるのです。けれども、その誇りを捨ててへりく
だって神の言葉を受け入れる時に、神は喜んでご自身を現してくださいます。
そしてイエス様は続けて、マタイ 11 章 9 節で、「わたしから学びなさい。」と命じておられます。イエ
ス様のところに来た後で、「私には、これだけの知恵と能力があるのだから、それを生かして主に仕
えるのだ。」と間違って考える人が多いです。そうではありません、幼子のように受け入れたのですか
ら、幼子のように、あるいは学徒のようにしてイエス様の教えと指導の中にとどまるのです。そして神
が由とする時に、自分を神が用いてくださり、主の働きをすることができています。
2A 「神に仕えなさい」
そこでダビデのソロモンに対する二つ目の命令です。「全き心と喜ばしい心持ちをもって神に仕え
なさい。」神に仕えなさい、という命令です。
1B 奉仕の前の知識
仕える、あるいは奉仕する、働く、と言っても良いでしょう。神に仕えることについて、大事なのは、
4
神を知りなさいという命令に従った者のみが神に仕えることができる、ということです。これは先週学
びました、イエス・キリストを知るという土台があって始めて、自分が神の神殿として主の働きという
建物を建てることができる、ということです。主なる神との親密な関係があってこそ、そこから出てくる
神の力に拠り頼んで、それで力ある働きをすることができます。私たちの奉仕の力は、関係の中にあ
るのです。
2B 心と思い
1C 全き心
ダビデはまず、「全き心をもって」仕えることを教えています。つまり、一つ心になることです。二心
にならないことです。「真心」と言ってもよいでしょう。
多くの人が、全き心ではなく、半分の心、つまり中途半端に主に仕えています。イエス様の名を信じ
て、イエス様によって救われました。けれども、自分が前々から行いたいと思っていたこと、やりたか
ったことがあります。それもやりながら、そして主に仕えていこうと考えます。使徒パウロは、キリスト
者の倫理基準をこう教えました。「すべてのことが私には許されたことです。しかし、すべてが益にな
るわけではありません。私にはすべてのことが許されています。しかし、私はどんなことにも支配され
はしません。(1コリント 6:12)」自分の行うその特定のことが必ずしも罪ではありません。けれども、
パウロがここで「すべてが益になるわけではない」と言っているのは、ちょうど短距離競走の選手のこ
とを思い出せば良いです。登山靴を履いて出場してもよいのです。けれども、目的から大きくずれる
のです。キリストという目標に向かって走っている時に、他に自分の行いたい夢や願望も持ちながら
走っていこうとするなら、その夢が足かせとなっていきます。
全き心とは、「私は、イエス・キリストのものになりました。だから、私はすべての権利、願望、何もか
もあなたの前に置きます。」とすることです。主が命じられることだけを行う、という決意です。そのよ
うに僕の姿を取った者に対して主は、「あなたは、ここに留まっていなさい。このことを行ないなさい。」
と命じられます。これを召しと呼びます。召しがあれば、自分が行うことは神の御心を行うことで、魂
に満足と安らぎが与えられるのです。
その時に初めて、信じる前に既に与えられていた神の恵みと賜物が生かされるかもしれません。使
徒パウロが、すでにギリシヤ語とギリシヤ文化を持ちながら、ユダヤ人として生き、律法を厳格に学
んでいったからこそ、また生まれながらローマ市民であったからこそ、彼は他の使徒には成し遂げら
れなかった異邦人宣教を行うことができました。けれども彼自身は、こうした誇るべきものは、「私の
主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。
(ピリピ 3:8)」と言っているのです。自分の能力を生かそうなんて言うことは一切、考えていませんで
した。むしろ足かせになる、損になることを知っていました。けれども、このように一切を捨てて主に従
う決心をしたからこそ、主は、彼が生まれ育ちの時にすでに神に与えておられたものを用いるように
することができたのです。ですから、全き心で主に仕えます。
5
2C 喜んで行う思い
それから、「喜ばしい心持ちをもって」とあります。口語訳では「喜び勇んで」、新共同訳では「喜び
の魂をもって」と訳されています。英訳では、”willing mind”すなわち、「自ら進んで行う思いをもって」
ということです。
喜びというのは、聖書では単なる感情ではありません。むしろ、もっと意志の含まれたことです。も
っとはっきりと定義するなら、「誰からも強いられてでもなく、自分が主に仕えると決める」ということで
す。イエス様は、「ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、
神の御座の右に着座されました。(ヘブル 12:2)」とあります。十字架の辱めを、喜びのゆえに忍んで
おられたのです。イエス様は、強いられてでもなく自らの意志で命を捨てられました。「だれも、わたし
からいのちを取った者はいません。わたしが自分からいのちを捨てるのです。(ヨハネ 10:18)」父な
る神から命じられたことでありますが、それを強いられてではなく、自ら御父の命令に従うというと決
めておられたからこそ、そこに喜びがありました。
私たちには、はっきりと神から命じられているものがあります。例えば次の章 29 章には、ダビデが
自ら進んで、神殿のために金銀を捧げる者はいないか?と呼びかけ、イスラエルのかしらたちの多く
が応答して、自ら進んで、喜んで捧げました。主に自分の財産を捧げることは命令ですが、その命令
を強いられてではなく、むしろ自分が捧げますと意志を働かせて応答する時に、捧げる喜びを味わう
ことができます。神の命令は強制ではありません。神の命令には全くの自由があります。けれども命
令なのです。だから、やってもよい、やらなくてもよい、という趣向ではなく、自らの意志をすべて落と
して、「私は、あなたの命令に従います。」という動機の服従、自由意志を強く働かせるのです。
3C 心を探り、思いを読み取られる方
そしてダビデが、「全き心をもって、喜ばしい心持ちをもって主に仕えなさい」と命じたのには、理由
があって、「主はすべての心を探り、すべての思いの向かうところを読み取られるからである。」とあり
ます。有名な詩篇 139 篇の一部を読みます。「主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。あな
たこそは私のすわるのも、立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み取られます。あなたは私
の歩みと私の伏すのを見守り、私の道をことごとく知っておられます。ことばが私の舌にのぼる前に、
なんと主よ、あなたはそれをことごとく知っておられます。あなたは前からうしろから私を取り囲み、御
手を私の上に置かれました。そのような知識は私にとってあまりにも不思議、あまりにも高くて、及び
もつきません。(1-6 節)」
ですから主は全て知っておられます。まず、「心」を知っておられます。もし、同じ奉仕を行っていて
も、その動機が自分の充足感を満たすために行うのであれば、それは肉です。また他人の評価を気
にしながら行っているのであれば、同じく肉の行いです。人にかまってもらうことを願っている、あるい
は人の世話をすることで自分のやりがいを見出しているのなら、それは、表向きは「愛」に見えるかも
しれませんが、実は肉であります。そのよう栄光は主ではなく、自分に向かっています。こうした心の
6
動きをすべて、主は知っておられます。
そして、思いの向かうところを読み取られる、と言われます。自ら進んで行っているのではなく、人
に言われているからという理由で行っていることも、主はすべて読み取られています。そうではなく、
そうしたことも主が与えてくださった奉仕だと思って、喜んで行っているその思いも読み取られていま
す。強いられて行っている時、表向きは他の人に知られておらず他の人を騙すことはできても、神は
騙すことはできません。私たちは主の前に、裸なのです。全てが知られています。その神に対して私
たちは仕えていますから、全き心で、また自ら進んで行う思いをもって主に仕えます。
3A 「神を求めなさい」
そして 9 節の最後に「もし、あなたが神を求めるなら、神はあなたにご自分を現わされる。」とありま
す。神を知りなさいという命令、神に仕えなさいという命令をダビデはソロモンに行い、そして「神を求
めなさい」という命令を行っています。
「求める」というのは、探究すると言い換えても良いでしょう。自分の時間を、ある事柄を知るために
心を定めている状態です。自分が今、どのようなことに時間を費やしているでしょうか?それが、何
かの趣味であったなら、その趣味を求めているのです。何か友達とグルメに興じていたら、あるいは
ファッションを楽しんでいたら、それが自分の求めている対象です。
それを「神」にしなさい、というのがここでの命令です。神についての事柄であれば、私たちは情熱
を注ぎやすいです。神の祝福、神の癒し、神の力であれば、「祝福」「癒し」「力」に焦点を合わせて求
めることができます。そして、愛、平和であっても、愛を求める、平安や平和を求めることは簡単です。
しかし、それらのすべての源であられる神ご自身を求めるには、鍛錬が必要です。自分を捨てなけ
ればいけません。自分が神の前でひれ伏さないといけません。
そうすれば、約束があり、「神はあなたにご自分を現される」とあります。主が、イスラエルにこう約
束されました。「あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに聞
こう。もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。わたしはあ
なたがたに見つけられる。(エレミヤ 29:12-14)」次回学ぶ、歴代誌第二1章において、ソロモンに神
が現れてくださいました。それは彼が、青銅の祭壇に全焼のいけにえを捧げたその夜のことでした
(6‐7 節)。神を求めている人に対して、神は必ずご自身を現されます。そして、ソロモンはその時に
必要だった知恵と判断力が与えられました。そこで神の御心をさらに行っていくことが可能だったの
です。
いかがでしょうか、私たちも同じように、信仰を受け継いでいきたいですね。神を知りなさい、神に仕
えなさい、そして神を求めなさいという命令をもって伝えていきたいです。それぞれが神の前に出て、
神に与えられた責務を果たしていきましょう。
7
Fly UP