...

知識や経験を取り込み応用するために必要な能力の測定

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

知識や経験を取り込み応用するために必要な能力の測定
知識や経験を取り込み応用するために必要な能力の測定
~「構造的把握力検査」の開発と検証~
藤田彩子
園田友樹
舛田博之
(株式会社リクルート
【研究の背景と目的】
測定技術研究所)
能力検査を選考手段として用いる企業も多い。
グローバル化の進展という言葉を持ち出すまで
多くの知的能力検査が測定している知的能力
もなく,現代は,企業や企業で働く従業員にとっ
の中心部分は,概して 7~8 の領域(図表 1 参照)
て,様々な新しい状況に対して機敏に適応してい
で,ホーン・キャッテルの Gf-Gc 理論が対応して
かなくてはならない時代となっている。インター
いるとみることができる(平井 2000)。こうした検
ネットや ICT 技術の普及・発達などにより,情報
査は,与えられた情報を正確に理解し,決まった
の入手自体は以前に比べて格段に容易になり,
手続きで情報を処理し,効率よく正解を導く能力
様々な知識・情報を単に取り込むだけでは成果を
を測定していると考えられる。仕事をする上では,
あげることはできなくなった。絶えず情報や知識
今後もこうした能力は必要であろう。一方で,変
を取り込んで応用し,業務改善や新たな価値創造
化が速く,知識や経験もどんどん陳腐化してゆく
にいかにつなげていくかが求められるようにな
中,知識が与えられ経験があってもそれをそのま
っている。この状況は,一部の特殊な人々だけで
ま目の前の課題や問題に適用できないケースも
はなく,単純な仕事がコンピューターにとって代
増えている。目の前の新しい問題状況に対し,既
わられ,またはアウトソースされる中,多くのい
存の知識や過去の経験を応用・編集し,問題を創
わゆるホワイト・カラーの従業員に,職種を問わ
造的に解決したり,新たな知識を生成したりする
ず当てはまるようになったといえよう。
ことの重要性が増している。2006 年,経済産業
従来から,職務遂行能力を予測するには一般知
省は,社会で求められる『社会人基礎力』として
的能力を測定する尺度の妥当性が高いという研
「学んだ知識を実践に活用するために必要な力」
究もあり(Ree,M.J., Earles,J.A. &Teachout, M.S.
を提唱し,この中の「考え抜く力」として,課題
1994,二村 1998),実際に採用選考時に一般知的
発見力(現状を分析し目的や課題を明らかにする
図表 1 知的能力検査が測定する領域
力),計画力(課題の解決に向けたプロセスを明ら
これらをふまえて,本研究では,「事柄の構造
かにし準備する力),創造力(新しい価値を生み出
化・意味づけを行い本質的部分を把握する能力」
す力)の 3 つを提示している。知識や経験を必要に
を「構造的把握力」と定義し,知識や経験の血肉
応じて再編成して新しい知識を創造しつつ,実際
化や新しい状況への適切な応用のために必要な
に課題解決に用いていく能力が求められるよう
能力と位置付けた。
になっているといえるだろう。
○構造的把握力検査の開発
このような問題意識から,「知識・経験の本質
本研究では,構造的把握力を測定するにあたり,
を理解し,汎用化して応用する際に必要な能力」
検査として十分な測定精度を持たせつつ,狙った
の測定ができないか試行錯誤を重ね,検査として
概念を測定するために,いくつかの記述を構造的
十分な精度を備えた尺度の開発を試みた。本研究
な類似度によって分類させる方法を採用した。被
の目的は,この能力を測定する尺度を開発し,そ
検者に物事の構造を直接言語化・記述させること
の妥当性について明らかにすることである。
はしばしば困難であるし,言語化できたとしても
構造化の切り口や本質的事柄は一つでない場合
【構造的把握力検査の開発】
もあり,評価・採点の困難が予想されたからであ
○構造的把握力の定義
る。そこで,提示された複数の記述を相互に比較
認知心理学的には,人間の知識獲得は,関連す
しながら,それらの構造的・本質的部分の類似
る既有知識を使って情報を理解し,理解した内容
点・相違点を見極め記述を分類させるような課題
を既有知識に統合し,それによって知識を増幅・
を作成し,被検者が各記述の構造を把握している
変化させていくことである(邑本 2005)。もし,新
かを測定することとした。
しい情報がそのまま既有知識に適合しない場合
以下に例題を示す。例題を見ると,アは売れた
は,既有知識に修正を加えたり,新しい知識を構
個数 25 個を求め,全体から引いて在庫数を求め
成したりして,情報の理解を試みる(既有知識の調
る(または在庫が全体の 3/4 であることから在庫
整) (邑本 2005)。このとき,既有知識が物事の表
数を求める),イは単位あたりの値段に数量を掛け
面的な知識・理解にとどまり,核心的・本質的な
て全体の金額を求める,ウは全体から単位当たり
理解を伴っていなければ,既有知識を上手にアレ
の値段を求める,エは時速(単位当たりの距離)に
ンジして新しい情報と適切に統合させることは
数量(ここでは時間)をかけて全体の距離を求める,
難しいと考えられる。
という問題である。イとエが「単位当たり量に数
つまり,自分の知識や経験を,新しい状況に応
じて再編成して用いていくためには,それらをや
量をかけて全体を求める」構造が似ているため,
答えは E となる。
みくもに記憶するのではなく,構造化したり観点
ここではア~エのそれぞれの”問題”に対して答
を変えたりすることを通して,知識・経験の核心
えを出すことは要求されない。また,表面的には
的・本質的部分をつかむことが重要であると考え
金額を扱っているイとウを結びつけることもで
られる。
きるが,構造の違いではないので誤りである。与
【例題】つぎのア~エのうち,問題の構造が似ているものの組み合わせを A~F の中から 1 つ選びなさい。
ア 全部で 100 個ある商品の 1/4 を売った。在庫は何個か。
イ 1t あたり 30000 円の穀物を 500t 輸入した。支払金額はいくらか。
ウ 貸会議室を 6 時間借りて 36000 円支払った。1 時間あたりの値段はいくらか。
エ 平均時速 30km で進む貨物運搬船が 5 日で目的地に着く。目的地までの距離は何 km か。
A アとイ
B アとウ C アとエ D イとウ E イとエ F ウとエ
えられた条件や要求されている答え,解法など, 【妥当性の検証】
問題を構成する要素間の関連を認識し,他の”問
○検証デザイン
題”に類似の構造があることを認識できるかどう
複数の企業の 30 歳までの若手社員に構造的把
かを問うている。つまり,問題を解く際の自分の
握力検査を受検してもらい,基準変数として,直
思考をメタ認知的に認識することが求められる。 属上司による若手社員に関する評価項目への評
ゲシュタルト心理学の知見によれば,問題解決
定を入手し,検査の得点と評価項目の得点の相関
にとって重要なのは問題場面の全体的構造の洞
を確認することで検証を行うこととした。評価項
察や理解といった認知過程である(森 2005)。「あ
目は,図表 3 のとおりである。評価項目 A と B
る一つの問題の解決」であるこれまでの知的能力
はこの検査が狙っている測定領域に関する項目,
検査の課題と異なり,構造的把握力検査では「(解
C と D は人事評価としての総合評価,つまり構造
決すべき)複数の問題の比較」が求められ,結果的
的把握力検査の人事テストとしての妥当性に関
に問題の全体的構造の理解が主要課題となって
する項目である。
いるところに特徴がある。比較するといっても, ○調査期間・得られたデータ
問題項目によって,主要な構造が大きく異なるも
2011~2012 年に,複数の業種にわたる 10 社 424
の,主要な構造は共通だがより小さな構造に違い
名のデータを得ることができた。業種と人数の内
が見出せるものなど,類似度に様々なバリエーシ
訳は,図表 4 のとおりである。
ョンがある中で,問題項目ごとに相対的に似た
○結果と考察
”問題”を発見していくことが求められる。
今回得られた 424 名のデータについて,構造的把
この例題のように”問題”の構造を扱うもの以外
握力検査の平均点・標準偏差を図表 5,評価項目
にも,文章の構造や会話の展開など,いくつかの
の平均値・標準偏差と評価項目間の相関を図表 6
課題のパタンがあるが,いずれも構造的・本質的
に示す。評価については,1~5 点に分散し,評価
な類似度を相対的に見極めるようなものとなっ
項目間の相関は全体的に 0.6 前後で,ある程度の
ている。
弁別性を持っているといえる。
○構造的把握力検査の開発過程
構造的把握力と評価項目の相関について,図表
問題項目を作成し,予備テストとして編集し, 7 に示す。構造的把握力の得点と評価項目 A「入
インターネット調査により各版 400 名前後のデー
り組んだ課題を整理し,問題の本質を構造的に把
タを得た。項目分析を行って,質のよい項目のみ
握することができる」との間に一定の相関が見ら
を残し,33 問のテスト 3 版に編集しなおした。作
れ(0.238),この尺度が「構造を理解し本質を把握
成された 3 版は,比較可能なように等化・標準化
する力」を測定していることが示唆される。また,
(平均 50,標準偏差 10)されており,問題冊子とマ
評価項目 B「ある仕事で学んだことを,他の仕事
ークシートを使って回答させる多肢選択式のテ
に 応 用 す る こ と が で き る」 と の 相 関 も 見 ら れ
スト(回答時間 40 分)である。作成された 3 版の信
(0.210),この尺度が「知識・経験を取り込み,新
頼性(クロンバックのα係数)は,それぞれ,0.859, しい仕事に応用する力」にも関連していることが
0.794,0.778 であり,心理尺度として十分な精度
考えられる。一方で,構造的把握力の得点と,評
を備えることができた(図表 2 参照)。また,因子
価項目 C「担当している仕事において十分期待に
分析により主因子解を求めたところ,第一因子の
こたえている」との相関は認められず(0.075),評
固有値と寄与率は,それぞれ,5.59(72.3 %),
価項目 D「近い将来,職場の中核メンバーとして
3.79(56.0 %),3.67(53.8 %)であり,一因子性があ
活躍していく可能性が高い」との相関が認められ
ることが確認された。
た(0.126)。実際の仕事では,知識や経験を新しい
仕事に応用していくだけでなく,対人能力や仕事
のスピードなど,そのほかの能力・スキルによっ
今後は,この検査を受検した社員の活躍の状況
て仕事の成果を上げている場面が多いのかもし
を追跡調査し,予測的妥当性を確認したい。また,
れない。しかしその場合も,本人から感じられる
従来からの一般知的能力検査との関連も確認し,
応用力が,将来の仕事での成果と結びつくと上司
構造的把握力検査が測定している内容の特徴を
から認識されており,評価項目 D との相関が相対
より明確にしていきたい。
的に高くなっているのではないかと考えられる。
【参考文献】
【今後の課題】
本研究では,物事の構造の把握という従来測定
困難であった能力を測定する尺度を開発し,構造
的把握力が知識・経験を別の仕事に生かすために
必要な能力であることや,将来の活躍との関係が
あることがデータによって一定程度示された。
図表 2 構造的把握力検査の信頼性と第一因子寄与率
Ree,M.J., Earles,J.A. & Teachout,M.S. (1994)
Predictiong job performance: Not much more than
“g” Journal of Applied Psychology, 79(4),
二村英幸 (1998) 人事アセスメントの科学 産能大学出
版部 160-166
平井洋子(2000)「知的能力の測定方法」 大沢武志,芝
祐順,二村英幸(編)『人事アセスメントハンドブック』
第9章2節P199-202
邑本俊亮(2005)「既有知識と理解」 森敏明,中條和光
編(2005) 『認知心理学キーワード』P108-109
森敏明(2005)「問題解決」 同P138-139
図表 4 データの業種別人数
図表 3 評価項目
図表 5 構造的把握力検査の平均点・標準偏差
図表 7 構造的把握力検査と評価項目の相関
図表 6 評価項目の平均・標準偏差・項目間相関
Fly UP