...

取 扱 説 明 書

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

取 扱 説 明 書
高粘度ハンディオイル電動ポンプ
EV シリーズ(標準型・100V
シリーズ(標準型・100V)
100V)
(EV(EV-100 汎用タイプ・EVD
汎用タイプ・EVDEVD-100 ドラム缶用タイプ・EVH
ドラム缶用タイプ・EVHEVH-100 ホース接続タイプ)
ホース接続タイプ)
取
扱
説
明
書
このたびは弊社ポンプをお買い上げいただきまして誠にありがとうございます。
ご使用にあたりましては本説明書に記載の注意事項および操作方法をよくお読みの上、
遵守をお願い申し上げます。(誤った使用方法は事故・怪我の原因となります。)
また取扱説明書は大切の保存し、いつでも見られるように保存してください。
目
次
安全上の注意
1
梱包部品の確認
3
1.ポンプ及び付属品と各部の名称
3
2.ポンプ仕様
3
3.使用場所及び配管取付方法
5
4.運転方法
5
5.保守
6
6.故障の原因と対策
6
保証・アフターサービス
10
■ 製品購入後 1 年以内の故障・クレームは・・・・・・
07490749-2323-9123
技術担当までお電話ください!
(年末・年始・土日・祝日を除く毎日午前 9 時~午後 5 時)
■ 製品についてのご不満・ご要望は・・・・・・
07490749-2323-9123
技術担当までお電話ください!
(年末・年始・土日・祝日を除く毎日午前 9 時~午後 5 時)
■ 製品の修理および部品のご購入につきましては、お買い上げの販売店に
ご相談ください。
安全上の注意
※ご使用前に、この「安全上の注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。
※お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防止するため、必ずお守りい
ただくことを次のように説明しています。また、安全にご使用いただくために、シンボル
マークや標語を次のような内容で使い分けてあります。
! 危険
この表示は注意事項を守らないと「死亡または重傷を負う危険性が高い」内容です。
! 警告
この表示は注意事項を守らないと「死亡または重傷を負う危険性が高い」内容です。
! 注意
この表示は注意事項を守らないと「けがを負う可能性、または物的損害の恐れのある」内容です。
! 危険
● 本製品は防爆モーターを使用しておりません。
● ガソリン等、第一石油類・溶剤・薬品等には使用できません。(爆発・火災の危険があります)
● 爆発性のある雰囲気での使用はできません。
● 運転時は火気厳禁。引火、火災の危険があります。
● 適正範囲を超える粘度(2500cst以上)の油でのご使用はモーターの過熱による火災事故等
の危険があります。
! 警告
● ご使用の際には、安全のために必要な防護服・防護メガネ・防護手袋の着用をしてください。
● ポンプ運転中は、ポンプから離れないでください。
● 本説明書を理解してない人は、ポンプを操作しないでください。
● ポンプに幼児・子供が触れないようにして、安全な場所で運転してください。
● 修理技術者以外の人は、絶対に分解したり修理・改造は行わないでください。異常動作して
けがをする恐れがあります。
● 運転前に必ずアース(接地)をとってください。
1
! 注意
● このポンプの使用できる最高粘度は 2,500cstです。適用可能粘度範囲表を参照のうえ、適
正な粘度範囲でご使用ください。(2500cst以上の粘度の油で使用されますとモーターの過熱
による事故になる場合や故障の原因になりますので絶対に使用しないでください)
※ オイルの粘度については各オイルメーカーにお問い合わせください。
※ 二トリルゴムを侵す溶剤が含まれているオイル等は使用できません。
● 電源コードを傷つけたり、破損したり、加工したり、無理に曲げたり、引っ張ったり、ねじったり
しないでください。また、重いものを載せたり、挟みこんだり、加工したりすると、電源コードが
破損し、火災・感電の原因となります。
● 電源コードや電源プラグが傷ついたり、電源との接続に、ガタやゆるみがある場合には使用し
ないでください。感電・ショート・発火の原因になります。
● 定格電圧以外では使用しないでください。火災やけがの原因になります。
● 運転中は本体に衝撃を与えないでください。感電や漏電、ショートによる火災の恐れがありま
す。
● 動かなくなったり、異常がある場合は事故防止のため、直ちに電源コードを電源からはずし、
お買い求めの販売店か弊社まで点検修理をご依頼ください。
● 空運転(液体のない状態での運転)はしないでください。ポンプの破損の原因になります。
● ポンプの使用温度は 5℃以上60℃以下の範囲でご使用ください。
● 廃油等の金属片が混入しているオイル等は使用できません。
● このポンプは油専用ですので水は使用しないでください。
※ 本取扱説明書で示す重要な安全指示事項は起こりうるすべての状態を表しているもの
ではありません。ポンプの安全性には十分注意しておりますが、運転や保守に当たりま
しては十分な注意と配慮をお願いします。
2
梱包部品の確認
ポンプがお手元に届きましたら、まず下記の点をお調べください。
EV-100 の場合
①ポンプ本体のみの 1 個口です。(①EV-100 ポンプ本体在中)
EVD-100 の場合
① このポンプは 1 個口になっております。
② 梱包を解き、ポンプ及び付属品の内容と数量を確認してください。(①②③在中)
EVH-100 の場合
① このポンプは 1 個口になっております。
② 梱包を解き、ポンプ及び付属品の内容と数量を確認してください。(①③④在中)
以上の点で不具合が見つかりましたら、弊社または販売店までお知らせください。
1.ポンプ及び付属品と各部の名称
1.ポンプ及び付属品と各部の名称
スイッチ
エア抜コック
吐出口カップリング
レバーカップリング
ドラム缶用
アダプタ
② EVDEVD-100 用
吸入パイプ
吸入パイプ
吸入口カップリング
リリーフ弁プラグ
ストレーナ
① EVEV-100 ポンプ
(吐出・吸入口のカップリングは EVD-100,EVH-100 にのみ付属します)
ボールバルブ
③ EVDEVD-100・
100・EVHEVH-100 共用
④ EVHEVH-100 用吸入ホース
吐出ホース
ストレーナ
レバーカップリング
レバーカップリング
3
ノズル
2.ポンプ仕様
2.ポンプ仕様
EVEV
-100
作動圧力
0.45Mpa(4.5Kg)
リリーフ弁圧力
0.45Mpa(4.5Kg)
吐出量(ISO32 作動油)
15L/分
10L/分
(2500cP オイル)
最大吐出高さ
30m
ポンプ重量
10.5Kg
電動機仕様
電圧・電流
AC100 10.5A / AC115V 9.2A
コード長さ
5.5m(0.5m+5m)
防滴 30 分定格
但し、連続運転は 1 時間あたり 30 分以内に制限してください
EVDEVD-100 ドラム缶用タイプ付属品
(ノズル付)
③ 吐出ホースセット
口径 20mm×2.4m
2.0Kg
2.3 Kg
② ドラム缶用吸入パイプセット
EVHEVH-100 ホース接続タイプ付属品
③ 吐出ホースセット
(ノズル付)
口径 20mm×2.4m
2.0Kg
④ 吸入ホースセット
(ストレーナ付)
口径 25mm×2.0m
2.5 Kg
性能曲線
吐出圧-流量
吐出圧 流量
吐出量
15
ISO32 オイル
10
(L/分)
分)
ISO460 オイル
5
0
0.1
0.2
0.3
吐出圧(Mpa
吐出圧(Mpa)
Mpa)
使用液の粘度(cP
使用液の粘度(cP)
吐出量(L/min)
吐出量(L/min)
100
15
1500
12
2500
10
4
0.4
適用可能粘度範囲表(表中の単位はcst
適用可能粘度範囲表(表中の単位はcst です) ※1cst=
1cst=1cP/比重
1cP/比重(油の場合約 0.9)
種類 ℃ 60スピンドル油
90冷凍機油
150冷凍機油
90タービン油
150スピンドル油
SAE-10W
ISO 32作動油
120マシン油
300冷凍機油
140タービン油
SAE-20
160マシン油
ISO 68潤滑油
180タービン油
200タービン油
SEA-80ギヤ油
SAE-30
ISO 100
SAE-40
ISO 150
SAE-90ギヤ油
SAE-50
ISO 220
SAE-60
ISO 320
SAE-140ギヤ油
ISO 460
ISO 680
ISO 1000
ISO 1500
-15
380
430
900
1100
2000
1150
1800
3000
3300
3500
3500
4300
5000
5000
6500
7000
9000
11000
-10
220
270
550
700
1000
700
1000
1600
1800
2000
2000
2500
2800
3000
3800
4000
5000
5500
8000
18000 10000
-5
130
180
330
440
600
460
600
1000
1000
1200
1200
1400
1700
1800
2200
2400
3000
3200
4500
5500
7000
8000
10000
0
87
122
240
290
360
300
400
620
700
750
800
900
1100
1050
1300
1400
1800
2000
2700
3200
4200
5000
5500
9000
17000 9500
10000
14000
5
60
90
160
200
230
220
260
400
420
500
530
600
650
700
800
900
1150
1200
1600
2000
2500
3000
3200
5500
5500
6000
8000
14000
10
40
65
110
140
150
150
180
265
280
320
370
400
440
460
550
600
750
800
1050
1250
1800
1800
2200
3400
3300
3800
4800
8000
14000
15
30
48
80
100
100
110
125
180
190
240
260
285
300
320
360
400
500
500
720
800
1000
1200
1300
2000
2100
2300
3000
5000
8000
14000
20
22
36
60
75
75
85
90
130
130
170
190
190
210
220
260
280
340
350
500
550
700
800
900
1350
1400
1400
1900
3000
5000
8000
25
30
35
40
17
13
28
23
46
36
63
40
55
46
65
36
使
70
53
用
95
75
可
95
75
120
95
能
140 105
範
140 105
囲
150 130
160 120
180 135
200 150
240 180
250 180
340 250
380 280
480 340
530 380
600 420
900 650
900 650
1000 700
1100 900 620 460
2100 1400 950 680
3100 2100 1500 1000
5000 3100 2200 1500
※この表の数値はあくまで本製品の使用可能範囲を示す目安の数値であり、個別のオイルの粘度を保証するものではありません
外形図
5
3.使用場所および配管取付方法
使用場所
このポンプは屋内仕様です。ポンプおよびモーターに適した環境、雰囲気は風通しのよい、ほこり
や湿気の少ない場所をお選びください。
雰囲気
温度
0~40℃
湿度80%以下
配管取付方法
① ドラム缶にドラム缶アダプタをねじ込み、吸入パイプを差し込んでください。パイプの下端がド
ラムの底についたのを確認後アダプタの止めネジを右回しに締め吸入パイプを固定してくださ
い。
② ポンプ本体をドラム缶の天板上に置き、ポンプ側のレバーカップリングの高さに、吸入パイプ
の先端のカップリング高さを合わせ連結します。
③ 吸入パイプ側上部のエア抜きバルブは、閉じてください。
④ 吐出側ホースも同様にしてレバーカップリングにて連結してください。
⑤ ホース先端のバルブが閉になっていることを確認してください。
4.運転方法
使用方法
① 購入後初めてのご使用時や長期間ご使用になっていない場合には、ホース連結前に、ポンプ
吐出口より約240cc のオイルをポンプ内部に注いでおいてください。(ポンプ内部のギヤの磨
(ポンプ内部のギヤの磨
耗や破損防止のため絶対にドライ運転はしないでください)
② 吸入パイプおよび吐出ホースが確実に連結されていることを確認してください。
③ ポンプのモーター背面にあるスナップスイッチを「ON」にしてポンプを駆動させます。
④ 吐出ホース先端のバルブを開きます。
⑤ 最初の内しばらくはエアが出ます。
⑥ ポンプがオイルを吸上げてくるとまもなくホース先端よりオイルを吐出します。(3分以上運転
してもオイルがでてこない場合には、モーター背面のスナップスイッチを「OFF」にしてポンプ
を停止してください。5分間以上の締め切り運転はしないでください
5分間以上の締め切り運転はしないでください)
5分間以上の締め切り運転はしないでください
⑦ 必要量になりましたら、吐出バルブを閉じてください。
⑧ ノズルを所定の位置に保管してください。
⑨ モーター背面のスナップスイッチを「OFF」にして、ポンプを停止してください。(締め切り運転
は極力避けてください)
取り外し方法
① ポンプが完全に停止していることを確認してください。
② 吸入パイプ上端のエア抜きバルブを開いてください。
③ 吐出ホース内及びポンプ内のオイルを吐出ホース先端バルブを開いて抜きます。十分オイル
を抜き取った後、レバーカップリングを外します。
6
④ 吸入パイプのオイルも下へ落ちていることを確認の上、レバーカップリングを外します。
⑤ 吸入パイプ、ポンプ本体、吐出ホースをそれぞれ所定の場所に格納します。
5.保守
① EVD-100、EVH-100 には吸入パイプ下端または吸入ホース先端にストレーナがついております。
ごみのつまりが吐出量に影響しかつポンプにも悪影響を与えますのでご注意ください。
② ドラム缶の深さは 852~874cmに対応しております。この範囲以外の深さのドラム缶または他
のタンクでのご使用の場合にはタンク深さまたは必要パイプ長をお知らせください。製作いたし
ます。
③ コードを延長される場合には、アース付の15A以上の仕様の製品をご使用ください。
6.故障の原因と対策
故障
モーターは回っているが液が吸い
原因
リリーフバルブのOリング不良
上がってこない。
処置方法
ポンプのカバーを外し、Oリングを確認
してください。無くなっている場合や損
傷している場合には取替えてください。
軸のキーの破損
ポンプのカバーを外し、軸のキーを調べ
てください。磨耗したり、破損している
場合には取替えてください。
圧力リリーフ弁の汚れや油漏れ
圧力リリーフ弁をはずし、検査、掃除を
してください。壊れているときは新品に
とりかえてください。
ギヤの磨耗や損傷
ポンプのカバーを外し、ギヤを調べてく
ださい。磨耗したり、破損している場合
には取替えてください。
カバーよりの油漏れ
カバーのシールが磨耗や破損している場
合にはとりかえてください、
吸入パイプ下端のストレーナまた
ストレーナを掃除してください
はポンプ内部ストレーナの目詰ま
り
吸入側配管のエア吸い込み
接続部の接続を確認してください。
ポンプ内でのエアかみ
ポンプ上部よりオイルを入れ、ポンプ内
をオイルで満たしてください
7
モーターの回転が遅い
電気コードの接続を確認してください。
供給電圧が100-115V の間にある
かどうか確認してください。
モーター連結部よりの油漏れ
タンクのオイルレバルが低い
タンクにオイルを入れてください
モーター軸のシールが損傷してい
軸シールの交換修理してください。
る
長時間吐出側を締切り運転した
締切り運転は5分以上は絶対に避けてく
ださい。
モーター軸の磨耗
モーター軸のシール部に磨耗または傷が
確認されたときはモーターの交換が必要
です。
流量が少ない
吸入パイプ下端のストレーナまた
ストレーナを掃除してください
はポンプ内部ストレーナ 12 の目
詰まり
吸入側配管のエア吸い込み
接続部の接続を確認してください。
吸込みパイプまたはチューブが底
吸入の隙間を空けてください
に着き過ぎている
タンク内オイルが少ないか空
タンクにオイルを入れてください
タンクに空気が入らない
空気穴を設けてください
ギヤが磨耗か損傷している
カバーを外しギヤを検査してください。
磨耗や損傷していたら取替えてください
モーターの損傷
モーターの取替修理
吸込み配管が異物で詰まっている
吸込み側配管を検査し異物を取り除いて
ください
吐出ノズルのバルブを閉めたとき
バイパスのリリーフ弁が故障して
リリーフ弁のプラグを外し、内部の球と
モーターの回転が止まる
いる
バネを調べてください。球は自由に動か
なくてはなりません。損傷している場合
には取替えてください。
供給電圧が低すぎる
100~115V の電圧でご使用くださ
い。
ギヤが損傷して噛みこんでいる
ギヤを確認してください。通常はスムー
ズに回ります。もし損傷している場合に
は取替えてください
モーターがオーバーヒートする
モーターの欠陥
モーターの取替修理
オイルの粘度が高すぎる
使用できるオイルの粘度は2500cP
以下です。
8
ギヤが噛みこんでいる
ギヤが自由に回ることと損傷のないこと
を確認ください。
吸入側ストレーナまたは配管内の
掃除してください。
目詰まり
締切り運転を長時間した
締切り運転は5分以上は絶対にしないで
ください。
長時間の連続運転
連続運転は、1時間あたり30分以内に
制限してください。
スイッチをONにしてもポンプが
供給側の電源が切れている
回らない
供給側のヒューズまたはブレーカーが
切れていないか確認してください。
供給電気の問題
供給電圧を確認ください
スイッチが損傷している
スイッチの交換修理
モーターが故障している
モーターの交換修理
上記の故障原因と対策の処置には専門的な技術が必要な場合がありますので、動かなく
上記の故障原因と対策の処置には専門的な技術が必要な場合がありますので、動かなく
なったり、異常を感じた場合には事故防止のため、直ちに電源コードを電源からはずし、
お買い求めの販売店か弊社まで点検修理をご依頼ください。
お買い求めの販売店か弊社まで点検修理をご依頼ください。
9
保証・アフターサービス
この度はアクアシステム製品をお買い上げ頂き、誠にありがとうございます。
製品管理には万全を期しておりますが、万一、本製品が故障した場合の保証範
囲は、次の通りです。
1. 修理について
補修用パーツの発注および修理などのお問い合わせは、品番・製造番号・ご購入日などをご
確認のうえ、お買い上げの販売店にお問い合わせください。
2. 下記の場合、ご購入の日から 12 か月以内であれば、無償にて修理・調整を行います。
取扱説明書に沿った保守点検を実施したにもかかわらず、保証期間内に当社の設計・
組立の不備により、故障または破損が発生した場合。
※ただし、故障または破損に起因する種々の出費およびその他の損害に関する保証はいたしかねます。
※また、無償修理時、故障原因に関係なく消耗し交換が必要と判断した部品については有償とさせていただきます。
3. なお、期間外や 5 項の免責範囲に記載の事項ついては有償扱いとなります。
また、当社純正部品以外を使用した場合のクレーム及び修理のご依頼などは、お受けできな
いばかりでなく、すべての保証の対象から外れる場合があります。(他メーカー製品に当社
部品を使用した場合も同様とします。)
4. いずれの場合でも、サービスセンターへの送料、また返送費はお客様負担となります。
5. 免責範囲(保証期間内でも次に該当する場合は有償となります)
①
誤った取扱い(取扱説明書と異なるご使用)により生じた故障。
②
弊社以外で修理・分解・改造されたことによる故障。
③
保管上の不備や手入れの不備による故障。
④
購入年月日を証明する書類がない場合(納品書・請求書等)
⑤
使用頻度が著しく多い場合の部品の消耗。
保証期間中の修理など、アフターサービスについてのご不明な場合は、下記までお問い合わせください。
《お問い合わせ先》
アクアシステム株式会社
〒522-0081 滋賀県彦根市京町 1-3-1 K1 ビル 201
【修理受付係】 Tel 0749-23-9123
10
Fly UP