...

pdf [2049KB pdfファイル]

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

pdf [2049KB pdfファイル]
尾 士郎没 周 年記念企画展
尾﨑士郎記念館名品展
50
もろ肌脱いで執筆する尾﨑士郎
昭和10年ごろ
酒を飲みながら原稿用紙に向かうのが常で、『人生劇場』連載中の30代のころは、体が
ほてってくると上半身裸になって執筆をすすめたという。
はじめに
士郎は明治31年幡豆郡横須賀町(西尾市吉良町)の裕福な商
たつ み
や
家「辰巳屋」の三男として生まれ、愛知県立第二中学校(岡崎
高校)を経て、早稲田大学に進学しました。社会主義運動に身
を投じた後、文学を志し、35歳で執筆した『人生劇場』のヒッ
トにより人気作家となりました。昭和13年に中国、16年にフィ
リピンに陸軍報道班員として従軍しています。
昭和22年に約30年ぶりに吉良への帰郷を果たし、これを機に
ひょうざんかい
地元名士や同級生らが士郎の後援会「瓢山会」を結成し、以後
度々吉良を訪れ旧交を温めました。そして、昭和39年2月19日、
大腸がんのため惜しまれながら66年の生涯を閉じました。
平成26年2月に没50周年を迎えるにあたり、今回の企画展で
は当館の所蔵資料の中から、士郎が生涯にわたって愛好した酒
と相撲に関わる品を中心に、担当学芸員の目にとまった資料を
取り上げました。展示をとおして、多くの人を惹きつけた士郎
の人間的な魅力の一端を感じていただけましたら幸いです。
1
士郎と酒
士郎は大の酒好きとして知られ、下積みの文士や、若い編集者が自宅を訪
れても、気さくに部屋にとおし酒を勧めた。酔いがまわっても謙虚でひかえ
めで、相手の地位や名声にこだわらず、作家仲間や出版関係者のほか、実業
家、画家、力士、政治家、また故郷吉良の同級生たちなど、幅広い分野の人々
と酒を酌み交わした。宴会では、酔い心地になると、得意の浪曲を披露し、
裸になってひいきの力士の土俵入りを実演することもしばしばであったとい
う。
執筆にも酒は欠かせなかったようで、本人いわく「飲むにつれて次第に理
論が整然として」筆が進んだという。
士郎は広島の酒どころ西条(東広島市)の「賀茂鶴」を好んで飲んだ。賀
茂鶴酒造は明治時代から日本酒の海外輸出を手がけ、昭和33年には、初めて
大吟醸酒を発売した老舗の酒蔵で、社長の石井武志氏は早稲田の同窓で士郎
と親しい間柄であった。
「賀茂鶴 特別大吟醸 双鶴」
ラベルに士郎の書が印刷されている。
「芸国(安芸国)名酒多し。
我なかんずく賀茂鶴を最愛す。
正に天下第一の酒なり。士郎」
我 賀茂鶴を愛す
尾 士郎
賀茂鶴に親しんで
早くも三十余年が過ぎた。
今にして思へば人
生の滋味はことごとく
この酒に凝集して る
がごとくである。美酒
は天下に多い。私がひ
とり賀茂鶴を愛する
所以は芳醇に馴れや
すきが故ではない。衆
と和するもよく、ひとり
酌むもよく、しづかに
腸に沁みとほる味の
豊さは絶妙というも
遠く及ばず、枯淡
にして素朴、清雅に
して豪宕、浩々として
魂をゆすぶりう
ごかすところにある。
正に天下第一の酒である。
昭和二十九新春題
清酒「賀茂鶴」リーフレット
昭和29年春 士郎筆
2
士郎直筆原稿「私のさかな」(110-9)
雑誌『酒』昭和38年1月号掲載
好きな肴として、八丁味噌や三河湾のモズクなどをあげている。
雑誌
『酒』
昭和38年1月号扉
『酒』は、当初株式新聞社が発行する雑誌であったが、昭和31年に編集記者であった佐々木久子氏が経営を引き継ぎ、平
成9年まで約40年間にわたって刊行された。酒之友社の経営は厳しく、士郎をはじめ、火野葦平、丹羽文雄、壇一雄、江戸
川乱歩など、酒を愛する作家たちの寄稿によって支えられていた。
雑誌『酒』掲載「文壇酒徒番附」
雑誌『酒』昭和36年1月号
雑誌『酒』の人気企画。毎年1月号に番附表が付き、雑誌本編には番附会議の模様が掲載された。士郎は昭和31年の初番附で大関となり、昭和34~36年
までの3年間東の張出横綱をつとめた。
3
士郎と相撲
士郎の相撲好きは子どものころからで、大正末期から
は国技館に足繁く通っていた。自らも「大森相撲協会」
かがり び
や、伊東在住時代には「篝火相撲協会」を立ち上げ、仲
間たちと取り組みを楽しんだ。
相撲に関する著作は、昭和初期から「都新聞」などに
相撲観戦記事を執筆し、小説『雷電』、『相撲随筆』『相
横綱審議会設置₁₀周年記念額 昭和35年5月23日
撲を見る眼』などの随筆のほか、戦後は雑誌『大相撲』
『相撲』に連載をかかえていた。
昭和25年に横綱審議委員会が発足すると、初代委員に
作家の舟橋聖一とともに任命され、昭和39年に亡くなる
まで委員を務めた。
横綱審議委員会委員として取り組みを見守る士郎
昭和3₇年(『書簡筆滴』
より)
右は同じく委員の石井鶴三(画家)。石井は士郎著『高
杉晋作』
『小説国技館』などの雑誌連載で挿絵を描いた。
「大森相撲協会」の力士による土俵入り
昭和7年(『書簡筆滴』
より)
「馬込文士村」に集った若い作家仲間らにより結成。左より今井達夫(若鮎)、尾崎士郎(夕凪)、中村武羅夫(北の海)、山本周五郎(馬
錦)、鈴木彦次郎(飛龍山)。※( )は四股名
4
横綱前田山引退披露大相撲
(断髪式)
アルバム
昭和25年5月30日開催
第39代横綱の前田山(高砂親方)は、大の野球好きで、高見
山の師匠としても知られる。
写真は断髪式。士郎(上)、舟橋聖一(下)
『小説国技館』箱
絵 石井鶴三
昭和35年 雪花社
『昭和時代の大相撲』箱
昭和16年 国民体力協会
士郎20歳の時、父嘉三郎から郵便局長を引き継いだ長兄の重郎が公金を使い込んだ末に自殺。生家は破産し屋敷も処分さ
れたため、約30年間故郷を訪ねることができなかった。昭和22年、知人の仲介によって帰郷を果たし、村民より大歓迎を受
ける。横須賀村の有力者や同級生らによって士郎の宿舎として瓢山荘が整備され、雑誌も発刊された。
飄山会主催「慰霊大相撲と野球」チラシ
(複写)
昭和25年9月5日開催
士郎の仲介により実現した士郎後援会「瓢山会」主催の高砂部屋力士による大相撲。相撲は横須賀中学校(現横須賀公園)校庭で、高砂部屋力士と地元
チームとの野球大会が横須賀小学校で行われた。夜には士郎の講演会も開催された。
5
映画「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」
『人生劇場 望郷篇』は、青春・愛欲・残侠・風雲・
映画「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」
離愁・夢幻に続く『人生劇場』の7作目として、『オー
東映 昭和₂₉年9月封切
ル読物』に昭和26年12月から翌3月まで連載され、昭
原作 尾﨑士郎
監督 萩原 遼
和27年に文芸春秋新社より単行本が発刊された。
あおなりひょうきち
物語は、主人公青成瓢吉の故郷三州吉良港で起こっ
にんきょう
た任侠と新興の暴力団との抗争を中心に展開する。士
青成瓢吉 :宇野重吉
宮川 健 :佐野周二
脚本 岡本功司
足助治三郎:宇佐美諄
おとよ
:久慈あさみ
郎の創作による部分が大半とみられるが、昔気質の任
侠足助一家の足助親分のモデルは、挙母(豊田市)で
瀬戸一家を率いて、当時劇場経営を行っていた川島五
郎とされ、士郎は挙母を取材のために訪問したとのこ
とである(
『新三河タイムズ』2012年11月1日特集記
事)
。実家の没落の後、30年ぶりに昭和22年に故郷吉
良への帰郷を果たし、以後しばしば吉良を訪れるよう
になったことが「望郷篇」執筆の契機になった。
『人生劇場』の映画は、計14作品が制作されてい
るが、本作が吉良でロケが行われた唯一の作品で、町
民の多くがエキストラとして出演した。
映画『人生劇場 望郷篇 三州吉良港』シナリオ
映画『人生劇場 望郷篇 三州吉良港』士郎撮影現場来訪
名鉄西尾線上横須賀駅前で瓢吉役の宇野重吉と握手する士郎。
6
映画『人生劇場 望郷篇 三州吉良港』
名鉄西尾線上横須賀駅にてロケ
映画『人生劇場 望郷篇 三州吉良港』宮崎海岸にてロケ
撮影のため「三州吉良港」駅の看板が掲げられた。久慈あさみと佐野周二。
映画『人生劇場 望郷篇 三州吉良港』チラシ(横映劇場)
映画『人生劇場 望郷篇 三州吉良港』チラシ
(一色朝日座)
上横須賀所在した。本明座より改名。
映画『人生劇場 望郷篇 三州吉良港』チラシ(西尾劇場)
西尾劇場は名鉄西尾駅前に当時の建物のまま現存。
7
文芸懇話会賞推讃状
士郎の『人生劇場』が川端康成の『雪国』とともに第3回文芸懇話会
賞を受賞した。
『人生劇場 青春篇』表紙
『人生劇場 愛欲篇』表紙
昭和10年 竹村書房
昭和10年 竹村書房
士郎の代表作『人生劇場(青春篇)』は、昭和8年に洋画家の中川一政の挿絵とともに「都新聞」
に165回にわたって連載された。その後、
『続人生劇場愛欲篇』(168回)、
『続々人生劇場残侠篇』
(228回)と連載が続けられた。昭和10年に単行本が竹村書房から発刊され、川端康成の「読売新聞」
に掲載された書評によって一躍人気小説となった。その後、舞台や映画で取り上げられ、戦後は
ラジオ、テレビドラマでも繰り返し放映された。書籍も各出版社から文庫を含め複数の版が出版
され、まさに国民的長編作品として親しまれている。
日本刀 銘「濃州赤坂住兼元」
柄の銘文部分拡大
尾
柄裏面に銘「永正九(1512)年二月日」。「兼元」は関(岐阜県)
鍛冶で有名な「関孫六」の初代で、その出自は赤坂(大垣市)
といわれる。初代兼元の晩年の作とみられ、片手で使用する実
戦用の刀である。
長男俵士さん誕生を記念して、ある印刷会社社長から贈られた
もので、刀剣愛好家の知人宛手紙に「五月の節句伜誕生の日に
之を飾り一盞傾けたく存候」(『書簡筆滴』)とこの刀のことが
触れられている。
長さ62.6㎝ 反り1.2㎝ 鎬造 庵棟 地:板目 刃:互の目
拵え:薩摩拵え(江戸時代)
士郎記念館
入 館 料
休 館 日
開館時間
大人300円 中学生以下無料 団体(20名以上)250円
※隣接する旧糟谷邸(江戸時代の豪農屋敷)
と共通券
月曜日
(ただし祝日の場合は開館し、火・水曜日休み)
祝日の翌平日、年末年始(12月29日から1月3日)
午前9時~午後5時
尾
士郎没50周年記念企画展
尾﨑士郎記念館名品展
展示解説
平成25年9月26日 発 行
発 行 尾
士郎記念館
(西尾市教育委員会文化振興課)
愛知県西尾市吉良町荻原大道通18
電話(0563)32-4646 FAX(0563)32-3700
印 刷 共和印刷株式会社
シローシロー
8
Fly UP