...

アレキサンダ―ソルジェニ-ツイン記念亡命ロシア人会館(略称

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

アレキサンダ―ソルジェニ-ツイン記念亡命ロシア人会館(略称
アレキサンダ―ソルジェニ-ツイン記念亡命ロシア人会館(略称.ソルジェニ-ツイン記念会館)での講演
ソルジェニ-ツイン記念会館WEB予告広報
ソルジェニ-ツイン記念会館ポスタ―
文学によるスタ-リン体制告発の世界的先駆者
勝野金政没後30年記念展
-インタ-ナショナル・ヒュ-マニズムを求めて「ソ連のラ-ゲルから生還し死後名誉回復までの不屈な道のり」
講演
基調講演
4月29日 17時開演
「日本のソルジェニ-ツイン・勝野金政」
―モスクワで粛清された日本人―
講師 加藤哲郎 早稲田大学客員教授 一橋大学名誉教授
講演
「スタ-リン体制告発の世界的先駆者・勝野金政」
―スタ-リン運河をめぐる<ソルジェニ-ツイン><ゴルキ-><カツノ>―
講師 藤井一行 富山大学名誉教授
報告
「死後知ったソ連・ロシア政府の名誉回復」
―ソ連国籍、カナ-ル・アルメ(運河軍兵士)だった父の不屈な生涯―
報告 稲田明子
勝野金政・長女
уманизм интернационала - живи вечно!
インタ-ヒュ-マニズムよ永遠なれ
В поисках интернационального уманизма.
インタ-ナショナル・ヒュ-マニズムを求めて
死後知ったソ連・ロシア政府の名誉回復
ソ連国籍のあった父の不屈な生涯
1924..8榛名丸にて横浜港より渡仏
Перевод
Екатерины Комковой
父の遺言Завещание. Перевод:
Гуманизм Льва Толстого и
интернациональный гуманизм
Жана Жореса – объединив их в
одно, я, Кацуно, жил до сих
пор. Благодаря поддержке
многих людей сегодня я
смотрю в лицо смерти с
удовлетворением и в
наилучших условиях.
Интернациональный гуманизм
и впредь останется идеалом
человека, его наследуют
достойные люди. Гуманизм
интернационала – живи вечно!
25 декабря 1983г.
Кинмаса Кацуно
ソ連崩壊
歴史の死角からよみがえった父
1994.2加藤哲郎教授の問い合わせからはじまった!
モスクワ国家公文書館 国崎ファイル
Tройка
トロイカ作戦
国際政治の謎を解く加藤哲郎教授→日露史研究者の藤井一行教授
→モスクワ担当 ミハエル・スド-教授 (粛清犠牲者スドウ ミノル1937年銃殺遺児)
ロシア検事総長へ名誉回復申請書
1998.6モスクワ 勝野 スド- 藤井 加藤
文豪・島崎藤村一族の感化
中仙道妻籠宿・本陣島崎家より馬籠本陣
島崎家に嫁いだ縫(ヌイ)を母とする広助・藤村兄弟の薫陶のもとに成長。
広助は妻籠島崎家の当主となり木曽の山林、水利権をめぐる住民運動に
貢献。弟藤村は故郷をテ-マに作家活動を続け文豪に。勝野は島崎家と親
炙。勝野世代たちの国際社会に向けてのそれぞれの生き様は20世紀(明
治、大正、昭和)の挑戦者・証言者達である。
島崎広助
島崎こま
島崎藤村
田中文一郎
島崎ひさ
島崎翁助
朝日新聞
1992.826.27放送NHK国際放送 ロシア語
アジア大陸・欧州向け「東京だより」脚本
パリ大学留学
ПАРИЖСКИЙ УНИВЕРСИТЕТ И ГЕРМАНИЯ
(сентябрь 1924 г. – февраль 1928 г.)
政治学科と医科で学ぶ。医学を学んだことが白海運河建設
コンビナ-ト・ラ-ゲルの病院で医師の助手に採用され命が救われた。
パリでの体験著書 『20世紀の黎明』1936
パリ大学卒業写真
Фотография в день окончания Парижского университета
(Кинмаса Кацуно четвертый справа в нижнем ряду)
『二十世紀の黎明』 1936
«Нидзюсэйки-но реймей»
コミンテルン執行委員会幹部会員・片山潜とフランス共産党幹部
ピエ-ル・セマ-の保証で片山の秘書としてモスクワに留まる。
1929年片山生誕70年祝賀会のレポ-トを『戦旗』に書く。.
片山のク-シネンへの紹介状
オクチャ-ブル 父のペンネイム ハヤシ 作
日本の女性労働者からの手紙
ルビアンカ広場1926
ホテル・ルックス
コミンテルン要人宿舎
片山潜 16号室
ストラスノイ広場1926
講師とし勤めた
東方学院
Протест
OGPU参事会への抗議書
1930.12.20
ブティルスキ-獄中での闘い
我は死を恐れず、名を汚されるを怖れる。我を侮辱すべからず、
銃殺すべし。もし罪なくば即時に釈放すべし!
判決
釈放証明書
ミハエル・スド--教授の転記
白海・バルト・コンビナ-ト
監督H.ベルマン宛申請書
『収容所群島』より引用
スド―教授転記
医師助手として勤務
ロシア名 イワ-ノヴィッチ・アレクサンドル
白海運河建設記念碑
1998.6.17 撮影
遺稿原題
『赤露脱出記』『白海に怒号する』の舞台
1932年-1934.6収監
『ベル・バルト運河―カナ-ル・アルメ』 1977
----ロシアに自由な風を送ろう----
1934出版
白海運河完成記念出版
スタ-リン体制のロシアでBBカナールのプロジェクトを
ゴーリキを含め36人の有名な作家が賞賛した
カナ-ル・アルメ 運河軍兵士
無実の罪で白海・バルトコンビナ―トで運河兵として医師の
助手となり刑に服した在ソ7年間のスタ-リン体制体験記
после возвращения в Японию,
1934年帰国直後
«Побег из красной России»
«Побег из красной России»
«Сэкиро дассюцуки» издательство
«Ниппон-хёронся» 1934 г., суперобложка
カバ-
インタ-ナショナル・ヒュ-マズムを求め
亡命連鎖の記録・オ-チェルク
木曽→早稲田大学→パリ大学→ベルリン→モスクワ・コミンテルン→逮捕→
ブティルスキ-監獄→シベリア・マリンスキ-ラ-ゲリ→白海ラ-ゲリ→日本
父 の 足 跡 を 訪 る
1998.610―6.20
白海に怒号する
―カナ-ルアルメ―
国立グラ-グ歴史博物館
入館者用パンフレット 2014.4.30
展示資料
白海運河建設コンビナ-ト
ベルモルスク資料室展示物・今日の光景1934→1998
BBコンビナ-ト跡地のダ-チャの皆さん
BBコンビナ-ト建物の壁
戦後の活動–後半生
1945-1984
敗戦の復興をふるさと木曽とともに
木曽産業学校設立 1945-1948
校長・森本厚吉博士(左)
木材会社 木曽林材興芸(株)
1967年大水害で現地に移転
後半生・故郷木曽で(1945-1984)
8人の子供を育て、木材会社経営と著作活動
1973年屋敷内・史跡一里塚に集う
島崎こま子揮毫石碑 妻光子と子供・孫
1980年 上野美術館・日展
四男真言特選受賞を祝う
「今日の日本」1997年2月号 『ロシアでの日本人の運命』
スド-・ミハエル教授執筆
亡き父に捧げる
1989.ソ連邦国家最高会議幹部会令 第一条適応 1996.ロシア国家名誉回復証明書
Fly UP