...

Q - ソニー

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Q - ソニー
はじめにお読みください
本機の主な仕様については、別紙「主な仕様」をご確認ください。
このマニュアルでは、Windows 7 64ビット版での操作を説明しています。32ビット版がイン
ストールされている場合、実際にお使いの操作とマニュアルの記載とが異なる場合があります。
VAIO オーナーメードモデルをご購入のお客様へ
お客様が選択された商品によって仕様が異なります。
お客様が選択された仕様を記載した印刷物をあわせてご覧ください。
このマニュアルで使われているイラストについて
このマニュアルで使われているイラストや写真、画面は実際のものと異なる場合があります。お
客様の選択された商品や仕様によって、本体のデザインが異なる場合があります。
画面のデザインについて
「Aero」や「ベーシック」などがあります。お客様の選択された商
Windows 7の画面テーマには、
品や、Windows上での設定変更により画面のデザインが異なることがあります。
ソフトウェアについて
お客様が選択された商品や仕様によって、インストールされているソフトウェアが異なります。
このマニュアルで説明されているソフトウェアが、お使いのモデルにインストールされていない
場合があります。
「Windows Media Center」は、Windows 7 Home Premium搭載モデル、Windows 7
Professional搭載モデル、およびWindows 7 Ultimate搭載モデルにインストールされています。
このマニュアルで表記されている名称について
 搭載モデル
このマニュアルでは、特定のモデルにのみ搭載されている機能について説明するとき、
「搭載モ
デル」と表記しています。例えば「地上デジタルチューナー搭載モデル」と書かれているときは、
地上デジタルチューナーが搭載されているモデルをお使いの方のみご覧ください。
 付属モデル
このマニュアルでは、特定のモデルにのみ付属している付属品について説明するとき、
「付属モ
デル」と表記しています。例えば「リモコン付属モデル」と書かれているときは、リモコンが付
属しているモデルをお使いの方のみご覧ください。
 プリインストールモデル
各項目で説明しているソフトウェアがプリインストールされているモデルです。

SSD
Solid State Drive(内蔵フラッシュメモリー)のことをさします。
以下の項目については、付属の取扱説明書をご覧ください。
 付属品を確かめる
 接続する(バッテリーの取り付け、インターネット接続用機器と電源コードの接続)
 電源を入れる
 Windowsを準備する
目次
はじめにお読みください ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2
コンピューター本体の使いかた
電源/バッテリー
バッテリーの充電/表示の見かた ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6
バッテリーを上手に使うには・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7
スリープモード/休止状態にする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8
電源オプションを変更する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10
画面/ディスプレイ
デスクトップ画面の各部名称・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 13
画面の解像度を変更する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16
画面の明るさを変更する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19
表示するディスプレイを選ぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20
HDMI入力端子付きテレビに接続する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22
外部ディスプレイに接続する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 23
音声
音量を調節する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 24
スピーカー/ヘッドホン/マイクを接続する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 26
音声の出力先を変更する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 28
キーボード/タッチパッド
Windowsキー/ Fnキーを使う ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 29
タッチパッドの基本操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 32
ハードディスク/ SSD
パーティションサイズの変更について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 35
パーティションを作成する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 36
ハードディスク/ SSDのデータを完全に消去する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 38
CD / DVD
DVDドライブなどを取り付ける ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 39
“メモリースティック”
“メモリースティック”
とは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 40
“メモリースティック”
を入れる/取り出す ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 41
“メモリースティック”
にデータを保存する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 43
メモリーカード
メモリーカードを入れる/取り出す ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 46
LAN /無線LAN
ネットワーク(LAN)に接続する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 47
無線LANでできること ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 48
無線LANでインターネットに接続するまでの流れ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49
無線LANで通信する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 51
BLUETOOTH(R)機能
BLUETOOTH機能でできること ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 57
BLUETOOTH機能で通信する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 60
セキュリティー
コンピューターウイルス対策用ソフトウェアを更新する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 63
パスワードを設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 64
新しいユーザーアカウントを作成する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 70
その他
起動デバイスを変更する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 71
インターネットのセキュリティーについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 72
使用済みコンピューターの回収について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 75
ソフトウェア使用許諾契約について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 82
青少年がおられるご家庭の皆様へ ∼ 重要なお知らせとお願い ∼・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 85
ソフトウェアの使いかたとお問い合わせ先
付属ソフトウェアのお問い合わせ先 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 87
ソフトウェアをお使いになる前のご注意 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 91
ソフトウェアの基本的な使いかた ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 92
増設/バックアップ/リカバリー
増設する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 95
本機の調子が悪くなったときは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 99
バックアップ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 103
リカバリー(再セットアップ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 113
困ったときは/サービス・サポート
よくあるトラブルと解決方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 120
VAIO本体 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 120
電源/起動/パスワード ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 121
画面/ディスプレイ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 129
音声 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 136
文字入力/キーボード/タッチパッド ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 142
ハードディスク/ SSD ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 146
LAN /無線LAN ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 148
BLUETOOTH機能 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 154
ソフトウェア一般 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 157
USB /プリンター/フロッピーディスク ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 158
“メモリースティック”・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 162
その他のメモリーカード ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 163
インターネット接続 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 163
ホームページ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 165
「製品登録」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 166
VAIO内の情報を調べる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 167
製品を登録する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 168
VAIOサポートページで調べる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 171
電話で問い合わせる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 176
メールで問い合わせる/ FAXで取り寄せる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 181
修理を依頼されるときは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 182
保証書とアフターサービス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 187
その他のサービスとサポート・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 188
各部名称/注意事項
各部の名称・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 191
注意事項 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 193
ソニーが提供する情報一覧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 204
コンピューター本体の使いかた 電源/バッテリー
バッテリーの充電/
表示の見かた
バッテリーを充電するには
本機をAC電源につないでいれば、本機を使っていてもバッテリーは充電されます。充電中は、
(充電)ランプが点灯します。
バッテリーが設定されている容量近くまで充電されると、
(充電)ランプは消灯します。
使用する条件によって、充電時間にばらつきがある場合があります。
ヒント
ご購入後はじめてのバッテリーの使用時から、普通にバッテリーを充電してご使用になれます。
バッテリー残量を確認するには
デスクトップ画面右下の通知領域にある
(電源接続なし)や
(電源接続あり)などの「バッ
テリー表示」アイコンをクリックすると、本機に取り付けたバッテリーの状態を確認することが
できます。
充電ランプの表示について
以下の場合に充電ランプが点灯または点滅します。
(その他の場合は、消灯しています。)
点灯

(パワー)ランプと同時に点滅
すばやく点滅
バッテリー充電中(充電が終了すると消灯)
バッテリー残量が少ない状態
バッテリーエラー時(バッテリー故障、バッテリーが
ロックされていない、
など)
バッテリーを上手に使う
には
バッテリーは消耗品です。充電回数や使用期間などにより少しずつ充電能力が低下していきます。
このため、十分に充電を行っていてもバッテリーの駆動時間(使用可能時間)が短くなったり、寿
命で使えなくなったりすることがあります。
また、バッテリーは上手に使うことによって駆動時間を長くすることができます。
ここでは、その方法についてご紹介します。
ヒント
バッテリーの残量を確認する方法について詳しくは、
「バッテリーの充電/表示の見かた」
(6ページ)をご覧く
ださい。
バッテリーの駆動時間を長くするには
以下のようなことに気をつけると、バッテリーの駆動時間を長くすることができます。
 省電力の機能を使う(8ページ)
本機を使用していないときの消費電力を節約するモードとして、
「スリープモード」と「休止状
態」の2つが用意されています。
スリープモードにするには
(スタート)ボタン−
(矢印)ボタン−[スリープ]をクリッ
クし、休止状態にするにはキーボードのFnキーを押しながらF12キーを押します。
こまめにスリープモードにし、しばらく使わないときは休止状態、さらに長い間使わないとき
は電源オフにします。
また、休止状態は電源オフからの起動よりも早く、スリープモードは休止状態よりもさらに早
く作業中の状態に復帰できます。
 液晶ディスプレイの明るさを暗くする(19ページ)
 スピーカーやヘッドホンの音量を小さくする(24ページ)
 使用していない周辺機器を取りはずす
スリープモード/休止状態
にする
本機を使用していないときの消費電力を節約するモードとして、
「スリープモード」と「休止状態」
の2つが用意されています。それぞれに特長がありますので、使用状況にあわせて使い分けてく
ださい。
お買い上げ時の設定では、通常動作モード時にバッテリーの残量がわずかになると自動的に休止
状態に入ります。
スリープモード(
(パワー)ランプ:オレンジ色にゆっ
くり点滅)
現在作業中の状態をメモリーに保持したまま(お買い上げ時の設定)、最低限度必要なデバイス以
外の電源を切るため、消費電力を節約できます。席をはずすなどして、しばらく作業を中断する
ときに便利です。
バッテリーでご使用中は、スリープモードに入ってから一定時間が経つと、休止状態に移行しま
す。
(お買い上げ時の設定)
スリープモードにするには

(スタート)ボタン−
(矢印)ボタン−[スリープ]をクリックする。
スリープモードから通常の動作モードに戻すには
 
(パワー)ボタンを押す。
 キーボードのいずれかのキーを押す。
! ご注意
(パワー)ボタンを4秒以上押し続けると、電源が切れて、作業内容や保存していないデータが失われます。
本機を電源に接続していない状態で長時間ご使用にならない場合は、
休止状態にするか電源を切ってくだ
さい。
休止状態(
(パワー)ランプ:消灯)
現在作業中の状態をハードディスクまたはSSDに保存して、
本機の電源を切ります。しばらく本
機を使わないようなときに便利です。
(充電)ランプが
(パワー)ランプと同時に点滅するか、
バッテリー残量が低下している
メッセージが表示されたら、休止状態にすることをおすすめします。
休止状態にするには


Fnキーを押しながらF12キーを押す。
(スタート)ボタン−
(矢印)ボタン−[休止状態]をクリックする。
休止状態から通常の動作モードに戻すには

(パワー)ボタンを押します。
! ご注意
本機は、通常動作モード時にバッテリーの残量が少なくなると、自動的に休止状態になるようお買い上げ時
に設定されていますが、使用中のソフトウェアや接続中の周辺機器によっては、Windowsからの指示で作
業を一時中断できないため、この機能が正しく働かないことがあります。
長時間席をはずすときなどに、バッテリーが消耗した際、自動的に休止状態にならないと、本機の電源が切
れ、作業中のデータが失われてしまうおそれがあります。
バッテリーでご使用のときは、こまめにデータを保存したり、手動で休止状態にしてください。
ハードディスク動作中の衝撃・振動を防ぐために、必ず本機の
(パワー)ランプが完全に消灯したことを確
認してから移動してください。
復帰時間と消費電力について
スリープモードは一番復帰時間が短いですが、消費電力が大きくなります。電源を切ると復帰時
間は長いですが、消費電力は一番節約できます。
電源オプションを変更
する
使用状況にあわせて消費電力の節約を行うことができ、バッテリーの使用時間をのばすことがで
きます。
電源プランを設定するには
「電源オプション」を使って電源プランの設定を変更できます。
1
2
3
4
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[VAIO の設定]をク
リックする。
「VAIO の設定」画面が表示されます。
[電源・バッテリー]−[電源オプション]をクリックする。
「電源オプション」画面が表示されます。
[詳細設定]をクリックする。
「電源プランの選択」画面が表示されます。
電源プランを選ぶ。
ヒント
画面左側の[電源プランの作成]をクリックすると、プランを作成することもできます。
10
電源プランの設定を変更するには
1
2
「電源プランの選択」画面で、各プランの[プラン設定の変更]をクリッ
クする。
スリープ状態とディスプレイについての設定ができます。
さらに詳しい設定をする場合は、
[詳細な電源設定の変更]をクリック
する。
「詳細設定」タブの設定項目について詳しくは、Windowsの「ヘルプとサポート」をご覧
ください。
スリープモードと休止状態の設定を変更するには
液晶ディスプレイを閉じたときや
(パワー)ボタンを押したときなどに移行する省電力動作
モードを設定します。
1
2
3
4
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[VAIO の設定]をク
リックする。
「VAIO の設定」
画面が表示されます。
[電源・バッテリー]−[電源オプション]をクリックする。
「電源オプション」画面が表示されます。
[詳細設定]をクリックする。
「電源プランの選択」画面が表示されます。
画面左側の[電源ボタンの動作の選択]をクリックする。
「システム設定」画面が表示されます。
11
5
設定を変更する。
カバーを閉じたときの動作:
本機の液晶ディスプレイを閉じたときの設定。
電源ボタンを押したときの動作:
本機の
(パワー)ボタンを押したときの設定。
! ご注意
「カバーを閉じたときの動作」の設定を「何もしない」にした場合、液晶ディスプレイを閉じたままでも動作
は継続しています。
ディスプレイパネルの表面が熱くなることがありますので、液晶ディスプレイを閉じたままで長い時間、動
作を継続中にさせないでください。
ハードディスク動作中の衝撃・振動を防ぐために、必ず本機の(パワー)ランプが完全に消灯したことを確
認してから移動してください。
12
コンピューター本体の使いかた 画面/ディスプレイ
デスクトップ画面の
各部名称
本機の電源を入れたあと、ディスプレイ画面全体に表示されるのが「デスクトップ画面」です。
「デスクトップ画面」は、本機のさまざまな機能を使うときの出発点です。
ヒント
このマニュアルで使われているイラストや画面は実際のものと異なる場合があります。

ごみ箱
いらなくなった文書や画像などのファイルやフォルダーを捨てる場所です。ごみ箱に捨て
たファイルやフォルダーなどは、ごみ箱を空にするまでごみ箱の中に残っています。

(スタート)ボタン
ここをクリックすると、本機に付属のソフトウェアを起動したり、本機のさまざまな機能を
使うためのメニューが表示されます。まずはここをクリックして操作を始めてください。
 起動中ウィンドウのアイコン表示
起動中のソフトウェアや文書などがここにアイコンで表示されます。デスクトップ画面上
にソフトウェアや文書などが表示されていなくても、このアイコンをクリックすると画面に
そのソフトウェアや文書などが表示されます。
 タスクバー
ソフトウェアやコンピューターの設定を確認したり、操作したりするための機能をまとめた
場所です。 (スタート)ボタン、起動中のソフトウェアや文書などを表示しておく機能を
もつ領域、Windowsに関連する機能を表示しておく通知領域に分かれます。
 通知領域
起動したときに自動的に使えるようになるWindowsの機能がここに表示されます。アイコ
ンが表示されていないときは
(矢印)をクリックすると表示されます。
13
スタートメニュー
(スタート)ボタンをクリックするとスタートメニューが表示されます。
スタートメニューの左側には最近使用したソフトウェアのアイコンが表示されます。
 すべてのプログラム
本機に付属しているさまざまなソフトウェアを起動するときに使います。
 プログラムとファイルの検索
キーワードを入力して、プログラムやファイル、ブラウザーの履歴に保存されたWebサイト
を検索することができます。
 個人用フォルダー(ログイン名)
Windowsにログオンしているユーザーの個人用フォルダーが開きます。個人用フォルダー
には、ドキュメントフォルダーやミュージックフォルダーなど、そのユーザー専用のフォル
ダーが含まれています。
 ドキュメント
テキストファイルなどを保管しておくフォルダーが開きます。
 ピクチャ
デジタル写真、イメージ、グラフィックなどのファイルを保管しておくフォルダーが開きます。
 ミュージック
ミュージックファイルやオーディオファイルを保管しておくフォルダーが開きます。
 ゲーム
本機にインストールされているゲームが保管されているフォルダーが開きます。
14
 コンピューター
ハードディスクまたはSSDやカメラ、プリンターなど、コンピューターに接続されている
ハードウェアを表示します。
 コントロールパネル
ハードウェアやソフトウェアの設定のための機能が入っています。デスクトップやウィン
ドウの外観や設定を変更できます。
 デバイスとプリンター
搭載されているデバイスと利用できるプリンターなどが表示されます。
 既定のプログラム
ファイルをダブルクリックしたときに起動するソフトウェアを設定できます。
 ヘルプとサポート
Windowsの操作や、Windowsのサポートについての情報を検索できます。
 シャットダウンボタン
本機をシャットダウンします。
右クリックして[プロパティ]を選択すると、ボタンの操作設定を変更することができます。

(矢印)ボタン
休止状態にするとき、再起動するときなどに使います。
! ご注意
デスクトップ画面上のショートカットアイコンを削除しても、ソフトウェア自体は削除されません。
15
画面の解像度を変更する
画面の解像度を変更する場合は、あらかじめ「画面の解像度について」
(194ページ)をご覧ください。
Windowsのヘルプもあわせてご覧ください。
「画面の解像度」画面で設定するには
解像度を変更する
1
2
3
デスクトップ画面上で右クリックし、表示されるメニューから[画面
の解像度]を選択する。
「画面の解像度」
画面が表示されます。
「解像度」の設定値をクリックして、表示されるスライダーで解像度を設
定する。
[OK]をクリックする。
「ディスプレイ設定」画面が表示された場合は、
[変更を維持する]をクリックしてくだ
さい。
変更した設定が有効になります。
16
HDMI解像度設定を使って変更するには
(HDMI接続している場合)
「768」、
「1080」から選んで切り替えることができます。
HDMI解像度設定を使うと、解像度を「720」、
1
HDMIケーブルを使って、本機にHDMI入力端子付きテレビを接続する。
デスクトップ画面右下の通知領域に
(HDMI解像度設定のアイコン)が表示されます。
アイコンが表示されない場合は、通知領域の
(矢印)をクリックしてください。
! ご注意
テレビの電源が入っていないとアイコンが表示されない場合があります。
2
3
(HDMI解像度設定のアイコン)をダブルクリックする。
設定画面が表示されます。
「解像度選択」タブで設定したい解像度を選択し、
[OK]をクリックする。
数秒後に解像度が切り替わります。
解像度を微調整するには
1
2
通知領域の
(HDMI解像度設定のアイコン)をダブルクリックする。
設定画面が表示されます。
「解像度調整」タブで[オーバースキャン]または[アンダースキャン]
を選択し、
[OK]をクリックする。
 画像がテレビ画面より大きく、表示されない部分がある場合は「オーバースキャン」
を選択してください。
 画像がテレビ画面より小さく、テレビ画面に何も映っていない部分がある場合は「ア
ンダースキャン」を選択してください。
!ご注意
お使いの機種やHDMI接続している画面によっては、
「720」、
「768」、
「1080」のいずれかを選択できない場合
があります。
選択した解像度によっては、
「解像度調整」機能が無効になる場合があります。
17
オーバースキャンを調整するには
画像がテレビ画面より大きく表示されない部分がある場合や、画像がテレビ画面より小さくテレ
ビ画面に黒く何も映っていない部分がある場合、オーバースキャンの値を調整することにより、
画像の大きさをあわせることができます。
1
2
3
4
18
デスクトップ画面上で右クリックし、表示されるメニューから
[Catalyst Control Center]をクリックする。
「Catalyst Control Center」画面が表示されます。
[デスクトップとディスプレイ]−[マイ デジタルフラットパネル]−
[スケーリングオプション(デジタルフラットパネル)]をクリックする。
「スケーリング オプション」のスライダーバーを調整する。
スライダーバーの位置を変更すると、実際の画面の大きさが変わります。お好みにあ
わせて位置を設定してください。
[適用]をクリックする。
画面の明るさを変更する
Fnキーで明るさを調節するには
FnキーとF5キーやF6キーを組み合わせて、液晶ディスプレイの明るさを調節できます。
Fnキーを押しながらF5キーを長押しすると、画面が暗くなります。
また、Fnキーを押しながらF6キーを長押しすると、画面が明るくなります。
このコマンドを実行すると、数秒間だけ明るさ表示が表示されます。
ヒント
電源を切って再度起動しても、変更した画面の明るさは維持されます。
「電源オプション」画面で調節するには
1
2
3
4
5
6
(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
[ハードウェアとサウンド]をクリックする。
「ハードウェアとサウンド」画面が表示されます。
[電源オプション]をクリックする。
「電源オプション」画面が表示されます。
「電源オプション」画面で、選択しているプランの[プラン設定の変更]
をクリックする。
「プラン設定の編集」画面が表示されます。
「プランの明るさを調整」のスライダーで、画面の明るさを設定する。
ヒント
「バッテリ駆動」時と「電源に接続」時の設定ができます。
[変更の保存]をクリックする。
変更した設定が有効になります。
19
表示するディスプレイを
選ぶ
! ご注意
動画を再生中に画面の設定(解像度や色数の変更、表示するディスプレイの切り替えなど)を行うと、変更で
きなかったり、まれに本機の動作が不安定になる場合があります。画面の設定変更は、動画再生ソフトウェ
アを終了してから行ってください。
外部ディスプレイやプロジェクターなどの種類によっては、表示が切り替えられない場合があります。
外部ディスプレイやプロジェクターなどの種類によっては、本機の液晶ディスプレイと同時表示できない
場合があります。
本機の液晶ディスプレイとHDMI出力端子に接続したテレビや外部ディスプレイを同時に表示すると、著作
権保護された映像を再生できない場合があります。
Fnキーを使って切り替えるには
FnキーとF7キーを組み合わせて、本機に接続した外部ディスプレイなどと、本機の液晶ディスプ
レイの表示を切り替えることができます。
Fnキーを押しながらF7キーを繰り返し押して出力したい画面を選択し、Enterキーを押します。
「画面の解像度」画面で設定するには
1
2
20
デスクトップ画面上で右クリックし、表示されるメニューから[画面
の解像度]を選択する。
「画面の解像度」
画面が表示されます。
「ディスプレイ」で表示するディスプレイを選択する。
3
「複数のディスプレイ」で表示するモードを選択する。
ヒント
「複数のディスプレイ」は、外部ディスプレイが接続されている場合にのみ表示されます。また、設
定の内容は接続する外部ディスプレイの数によって変わります。
「複数のディスプレイ」の設定
表示される機器
複製する
本機の液晶ディスプレイと、本機の外部ディスプレイ
拡張する
端子につないだ外部ディスプレイなどの同時表示
本機の液晶ディスプレイと、外部ディスプレイなどに
1のみに表示する
分割して表示
本機の液晶ディスプレイまたは本機の外部ディスプレ
イ端子につないだ外部ディスプレイのうち、1と識別さ
2のみに表示する
れたディスプレイのみに表示
本機の液晶ディスプレイまたは本機の外部ディスプレ
イ端子につないだ外部ディスプレイのうち、2と識別さ
このディスプレイを切断する
4
れたディスプレイのみに表示
選択したディスプレイとの接続を切断する
[適用]をクリックする。
「ディスプレイ設定」画面が表示された場合は[変更を維持する]をクリックします。
21
HDMI入力端子付きテレビ
に接続する
HDMIケーブルを使って、本機にHDMI入力端子付きテレビを接続します。
テレビの設定や使いかたについては、テレビに付属の取扱説明書をご覧ください。
1
2
HDMIケーブルを本体左側面のHDMI出力端子に接続する。
テレビの入力切替を「外部入力」にあわせる。
画像が自動的にテレビに表示されます。
ヒント
次のいずれかの操作で、本機のディスプレイと接続したテレビとの表示を切り替えられます。
「画面の解像度」画面で設定する。
(20ページ)
 Fnキーを操作する。
(30ページ)
! ご注意
プラズマテレビを接続した場合、画面の焼きつきが起こる可能性があります。
映像や音声に関わるデバイスドライバーをアップデートする場合、ソニーが提供するデバイスドライバー
以外を使用すると、映像が表示されなくなったり、音声が出なくなったりします。アップデートには必ずソ
ニーが提供するデバイスドライバーを使用してください。
 HDMI出力端子にテレビをつないだときに音声が出ない場合は、
「音声の出力先を変更する」
(28ページ)を
ご覧ください。

HDMIに対応したテレビを接続したときに選択できるサンプリング周波数などは、接続しているテレビに
よって異なります。
設定方法は、
「音声の出力先を変更する」
(28ページ)をご覧ください。
 本機のHDMI出力端子と
(モニター)端子を同時に使用することはできません。
ヒント
本機のHDMI出力端子は、HDCP
(High-bandwidth Digital Content Protection)規格に対応しており、著作
権保護を目的にデジタル映像信号の伝送路を暗号化することが可能です。これにより著作権保護を必要とす
22
るコンテンツを再生・出力することが可能となり、幅広いコンテンツを高画質のまま楽しむことができます。
外部ディスプレイに
接続する
外部ディスプレイやプロジェクターに表示するには
大きな画面で内容を確認したいときなどは、本機の
(モニター)端子に外部ディスプレイやプ
ロジェクターを接続します。
外部ディスプレイやプロジェクターの設定および使いかたについては、外部ディスプレイやプロ
ジェクターに付属の取扱説明書をご覧ください。
! ご注意
外部ディスプレイやプロジェクターの種類によっては、本機の液晶ディスプレイと同時表示できない場合があ
ります。
1
本体左側面の(モニター)端子に接続する。
ヒント
音声入力端子のある外部ディスプレイやプロジェクターを接続する場合は、音声ケーブルを本体右
側面の(ヘッドホン)端子に接続します。
2
Fnキーまたは「画面の解像度」画面を使って、本機のディスプレイと外
部ディスプレイやプロジェクタ−との表示を切り替える。
(0ページ)
! ご注意
 本機の
(モニター)端子とHDMI出力端子を同時に使用することはできません。
 外部ディスプレイやプロジェクターの種類によっては、本機で設定できる解像度の中でも表示で
きない場合があります。表示されない場合は、本機の解像度を下げてください。
(16ページ)
23
コンピューター本体の使いかた 音声
音量を調節する
Fnキーで調節するには
キーボードのFnキーを使うと、スピーカーやヘッドホンなどの音量を調節できます。
Fnキーを押しながらF3キーを長押しすると、小さくなります。Fnキーを押しながらF4キーを長
押しすると、大きくなります。
また、Fnキーを押しながらF2キーを押すと、スピーカーやヘッドホンなどの音を消すことができ
ます。もう一度Fnキーを押しながらF2キーを押すと、元の音量に戻ります。
ヒント
消音状態でFnキーを押しながらF4キーを押しても消音状態が解除できます。
Windowsのコントロールパネルで調節するには
次の手順で音量を調節してください。
1
2
3
4
(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
[ハードウェアとサウンド]をクリックする。
「サウンド」の
[システム音量の調整]をクリックする。
「音量ミキサー」
画面が表示されます。
「デバイス」に表示されているスライダーを上下に動かして好みの音
量に調節する。
消音(
)になっている場合は、 (ミュート 解除)をクリックして消音解除(
にしてください。音量が最小になっている場合は音量を上げてください。
ヒント
ソフトウェアごとに音量を調節することができます。
24
)
マイクなどで録音時の音量を調節するには
次の手順で音量設定を変更してください。
1
2
3
4
5
6
7
(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
[ハードウェアとサウンド]をクリックする。
[サウンド]をクリックする。
「サウンド」画面が表示されます。
[録音]タブをクリックする。
[マイク]など、選択したい録音デバイスをクリックして、
[プロパ
ティ]をクリックする。
「マイクのプロパティ」など、録音デバイスのプロパティー画面が表示されます。
[レベル]タブをクリックする。
スライダーを左右に動かして好みの音量に調節する。
ヒント
「マイク」の場合、スライダーを最大にしても録音音量が足りないときは「マイク ブースト」のスラ
イダーを上げて調節することができます。
8
[OK]をクリックする。
25
スピーカー/ヘッドホン/
マイクを接続する
外部スピーカー/ヘッドホンをつなぐには
スピーカーやヘッドホンの取扱説明書もあわせてご覧ください。
本体右側面の(ヘッドホン)端子に接続します。
! ご注意
電源を入れるときは、外部スピーカーの音量を最小にしてください。
外部スピーカーの上にフロッピーディスクなどを置かないでください。スピーカーの磁気によりディスク
に記録されているデータが破壊されることがあります。
26
マイクをつなぐには
プラグインパワー方式に対応したマイクをご使用ください。
マイクの取扱説明書もあわせてご覧ください。
本体右側面の(マイク)
端子に接続します。
! ご注意
録音ソフトウェアを使用中にマイクの抜き差しをすると録音ができなくなり、ソフトウェアが終了する場合が
あります。マイクの接続と録音デバイスの選択は、ソフトウェアを起動する前に実行してください。
ヒント
ハウリングを起こす場合は、
スピーカーとマイクの距離を離してください。
27
音声の出力先を変更する
1
2
3
4
5
(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
[ハードウェアとサウンド]をクリックする。
[サウンド]をクリックする。
「サウンド」画面が表示されます。
[再生]タブをクリックする。
音声を出力したいデバイスのアイコンの右下にチェックがついてい
るか確認する。
チェックがついていない場合には、出力したいデバイスのアイコンを選択して[既定値
に設定]をクリックしてください。
6
[OK]をクリックする。
ヒント
HDMIに対応した機器(テレビやAVアンプなど)がサポートしているサンプリング周波数などは、接続している
機器によって異なります。次の手順で操作してください。
(HDMI出力端子搭載モデル)







28

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
[ハードウェアとサウンド]をクリックする。
[サウンド]をクリックする。
「サウンド」画面が表示されます。
[再生]タブをクリックする。
接続したHDMI機器を選択し、
[プロパティ]をクリックする。
[詳細]タブをクリックする。
接続した機器がサポートしているサンプリング周波数にあわせて、
「既定の形式」で[16ビット、48000 Hz
(DVD の音質)]などを選択する。
[OK]をクリックする。
コンピューター本体の使いかた キーボード/タッチパッド
Windowsキー/ Fnキー
を使う
Windowsキーと組み合わせたショートカットキー一覧
キー操作の表記
例: (Windows)+F → Windowsキーを押しながらFキーを押す。
組み合わせ
機能
(Windows)+F1
Windowsのヘルプを表示します。
(Windows)+Tab
表示されているすべての画面を三次元に並べて表示します。
(Windows Aero
選択時のみ)
! ご注意
Windows 7のバージョンや、お使いの機種の仕様によってはWindows Aero
(Windows)+D
に対応していない場合があります。
デスクトップを表示します。
(Windows)+E
「コンピューター」画面を表示します。
(Windows)+F
「検索結果」画面を表示します。
(Windows)+M
(Windows)+Shift+M
(Windows)+P
表示されているすべての画面を最小化します。
(Windows)+Mで最小化したすべての画面を元のサイズに戻します。
画面の出力先を外部ディスプレイに切り替えます。
(Windows)キーを押
しながらPキーを繰り返し押して、出力したい画面を選択します。
コンピューターのみ:
本機の液晶ディスプレイのみに表示します。
複製:
本機の液晶ディスプレイと外部ディスプレイに同じ画面を表示します。
拡張:
本機の液晶ディスプレイと外部ディスプレイを使って、1つの大きなデスク
トップを構築します。
(マルチモニター)
プロジェクターのみ:
外部ディスプレイのみに表示します。
! ご注意
外部ディスプレイのみに表示中にディスプレイケーブルをはずすと、本機の
液晶ディスプレイが非表示状態のため、操作が困難になります。
(Windows)キーを押しながらPキーを2回押すと、本機の液晶ディスプレ
(Windows)+R
イに画面が表示されます。
「ファイル名を指定して実行」画面を表示します。
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−[ファイル名
を指定して実行]をクリックしたときと同じです。
詳しくは、Windowsのヘルプをご覧ください。
29
Fnキーと組み合わせたショートカットキー一覧
キー操作の表記
例:Fn+ 
(F2)→Fnキーを押しながらF2キーを押す。
組み合わせ
Fn + (F2)
Fn + (
- F3)
機能
スピーカーやヘッドホンの音声を入/切します。
スピーカーやヘッドホンの音量を下げます。Fnキーを押しながらF3キー
を長押しすると、小さくなります。
このコマンドを実行すると、数秒間だけ音量表示が表示されます。このと
Fn +  +(F4)
きに↓または←キーを押しても小さくなります。
スピーカーやヘッドホンの音量を上げます。Fnキーを押しながらF4キー
を長押しすると、大きくなります。
このコマンドを実行すると、数秒間だけ音量表示が表示されます。このと
Fn +  -(F5)
きに↑または→キーを押しても大きくなります。
液晶ディスプレイを暗くします。Fnキーを押しながらF5キーを長押しす
ると、液晶ディスプレイは暗くなります。
このコマンドを実行すると、数秒間だけ明るさ表示が表示されます。この
Fn+  +(F6)
ときに↓または←キーを押しても画面が暗くなります。
液晶ディスプレイを明るくします。Fnキーを押しながらF6キーを長押し
すると、液晶ディスプレイは明るくなります。
このコマンドを実行すると、数秒間だけ明るさ表示が表示されます。この
Fn +
/ (F7)
ときに↑または→キーを押しても画面が明るくなります。
画面の出力先を外部ディスプレイに切り替えます。Fnキーを押しながら
F7キーを繰り返し押して出力したい画面を選択し、Enterキーを押します。
 コンピューターのみ:
本機の液晶ディスプレイのみに表示します。
 複製:
本機の液晶ディスプレイと外部ディスプレイに同じ画面を表示します。
 拡張:
本機の液晶ディスプレイと外部ディスプレイを使って、1つの大きなデ
スクトップを構築します。
(マルチモニター)
 プロジェクターのみ:
外部ディスプレイのみに表示します。
! ご注意
 動画を再生中にディスプレイの切り替えをしようとした場合、変更でき
なかったり、まれに本機の動作が不安定になることがあります。
動画再生ソフトウェアを終了させてから行ってください。
 外部ディスプレイのみに表示中にディスプレイケーブルをはずすと、本
機の液晶ディスプレイが非表示状態のため、操作が困難になります。
Fnキーを押しながらF7キーを2回押し、Enterキーを押すと、本機の液晶
Fn +
(F12)
ディスプレイに画面が表示されます。
本機の液晶ディスプレイやCPUだけでなく、ほとんどの電源供給を停止し
ます(休止状態)。使用環境はハードディスクまたはSSDに書き込まれる
ので復帰後もそのまま作業ができ、電源オフからの起動よりも早く本機を
使用できます。
Fn + Scr Lk(スクロールロック) 使用するソフトウェアによって働きが異なります。詳しくは、各ソフト
30
ウェアのヘルプをご覧ください。
Fn + Pause(ポーズ)
組み合わせ
機能
使用するソフトウェアによって働きが異なります。詳しくは、各ソフト
Fn + Break(ブレイク)
ウェアのヘルプをご覧ください。
使用するソフトウェアによって働きが異なります。詳しくは、各ソフト
Fn + Pg Up(ページアップ)
Fn + End(エンド)
Fn + Pg Dn(ページダウン)
Fn + Home(ホーム)
ウェアのヘルプをご覧ください。
現在表示している画面の前のページを表示します。
行またはページの最後にカーソルを移動します。
現在表示している画面の次のページを表示します。
行またはページの先頭にカーソルを移動します。
! ご注意
Windows起動後でないと作動しないものがあります。
31
タッチパッドの基本操作
タッチパッドに触れて指を動かすと、画面上のポインターも同じ方向に移動します。
ポインターを目的の位置まで動かして左または右のボタンを押すだけで、メニューを選んだり、
さまざまな命令をコンピューターに伝えることができます。
クリックするには
ポインターを希望の位置にあわせて、タッチパッドの手前にある左ボタンを1回押します。
[OK]
や[キャンセル]などのボタンを押したり、メニューを選ぶときなどに使います。
また、タッチパッドを指で1回軽くたたいても同じ働きをします。
ダブルクリックするには
ポインターを希望の位置にあわせて、左ボタンを2回続けて押します。
ワードプロセッサーや表計算などのソフトウェアを実行したり、作成した文書などのファイルを
開くときなどに使います。
また、タッチパッドを2回続けて軽くたたいても同じ働きをします。
右クリックするには
ポインターを希望の位置にあわせて、右ボタンを1回押します。
32
押したときのポインターの位置によって、さまざまな内容のポップアップメニューが表示されます。
ドラッグするには
ポインターを希望の位置にあわせて、左ボタンを押したまま、タッチパッド上で指を動かします。
ファイルを移動したり、ウィンドウの大きさを変更するときなどに使います。
また、タッチパッドを2回続けて軽くたたき、そのままタッチパッド上で指を動かしても同じ働
きをします。
ドラッグアンドドロップするには
ファイルなどのアイコンをドラッグし、他のフォルダーやウィンドウ、ソフトウェアのアイコン
などの上で左ボタンを離します。ファイルを移動したり、コピーするときなどに使います。
また、タッチパッドを2回続けて軽くたたき、そのままタッチパッド上で指を動かしてアイコン
などの上で指を離しても同じ働きをします。
スクロールするには
指をタッチパッド上の右端にあわせて、上下に動かします。選択されているウィンドウ上の垂直
方向のスクロールバーを移動できます。
また、指をタッチパッドの下端にあわせて、左右に動かします。選択されているウィンドウ上の
水平方向のスクロールバーを移動できます。
! ご注意
ソフトウェアによっては、タッチパッドのスクロール機能が使えないことがあります。
タッチパッドを有効/無効にするには
マウスの使用にあわせて本機のタッチパッドを有効または無効にすることができます。
なお、この操作を行うには、
「コンピューターの管理者」など、管理者権限を持つユーザーとしてロ
グオンする必要があります。
タッチパッドを有効にするには
1
2
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[VAIO の設定]をク
リックする。
「VAIO の設定」
画面が表示されます。
[キーボード・マウス]−[内蔵ポインティングデバイス]をクリック
する。
設定画面が表示されます。
33
3
4
[有効にする]のチェックボックスをクリックして、チェックする。
[OK]をクリックする。
変更した設定が有効になります。
タッチパッドを無効にするには
! ご注意
マウスを接続していない状態で本機のタッチパッドを無効にすると、キーボードでの操作しかできなくなりま
す。あらかじめマウスを接続した状態で無効の設定を行ってください。
1
2
3
4
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[VAIO の設定]をク
リックする。
「VAIO の設定」画面が表示されます。
[キーボード・マウス]−[内蔵ポインティングデバイス]をクリック
する。
設定画面が表示されます。
[有効にする]のチェックボックスをクリックして、チェックをはずす。
[OK]をクリックする。
変更した設定が有効になります。
タッチパッドの使いかたについて詳しくは、タッチパッドのヘルプをご覧ください。
34
コンピューター本体の使いかた ハードディスク/ SSD
パーティションサイズの
変更について
パーティションとは、ハードディスクまたは
SSD内の分割された領域のことです。1台の
ハードディスクまたはSSDの領域を複数に分
割することで、ファイルやソフトウェアの格
納場所を分けるといったような使い分けがで
きます。
本機はお買い上げ時の設定では、1つのパーティ
ション(C:ドライブ)のみになっています。*
別のパーティション(D:ドライブなど)にデー
タを保存したい場合は、パーティションサイ
ズを変更して新しく別のパーティションを作
成してください。
本機はリカバリーを行わずに、Windows上か
らの操作で新しくパーティションを作成する
ことができます。
パーティションの作成方法について詳しくは、
「パーティションを作成する」をご覧ください。
* 機種によっては、お買い上げ時にD:ドライブなど
が設定されている場合があります。
35
パーティションを作成する
パーティションの作成方法には、
以下の2種類
があります。
Windows上の操作で作成する
[ボ
C:ドライブを右クリックして、
リュームの縮小]
をクリックする。
リカバリー時に作成する
! ご注意
 リカバリー時にパーティションを作成する場合は、
ハードディスクまたはSSD上にあったファイルは
すべて消えてしまいますのでご注意ください。

C:ドライブのパーティションサイズを変更して小
さくすると、ドライブの空き容量が足りず、リカ
バリーメディアの作成やリカバリーなどの操作
が正常に行われない場合があります。
Windows上の操作で作成する
1
(スタート)
ボタン−
[コント
ロール パネル]
−
[システムとセ
キュリティ]
−
「管理ツール」
の
[ハード ディスク パーティション
の作成とフォーマット]
をクリッ
「C: の縮小」
画面が表示されます。
C:
縮小する領域のサイズを設定する。
ドライブのパーティションを縮小すること
で得られる空き領域を、新しく作成するパー
ティションに割り当てます。
クする。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
ヒント
管理者権限を持つユーザーとしてログオンしていな
い場合は、管理者権限のユーザー名とパスワードを
要求されることがあります。
「ディスクの管理」画面が表示されます。
縮小前の合計サイズ:
現在のC:ドライブのサイズです。
縮小可能な領域のサイズ:
C:ドライブのサイズのうち、縮小して新し
いパーティションに割り当てることのでき
る最大サイズです。
縮小する領域のサイズ:
新しく作成するパーティションのサイズを
入力してください。ただし、
「縮小可能な領
域のサイズ」を超えることはできません。
縮小後の合計サイズ:
縮小後のC:ドライブのサイズです。
ヒント
36
本機をある程度の期間ご使用の場合は、ハードディ
スクまたはSSD上のデータが分散しているため縮小
可能な領域が小さくなります。
ただし、縮小可能な領域の最大サイズはシステムで
決められているため、表示されているサイズよりC:
ドライブをさらに小さく縮小することはできません。
4
[縮小]
をクリックする。
「ディスクの管理」画面で、
「ディスク」に「未割
リカバリー時にパーティション
を作成する
り当て」が追加されます。
「未割り当て」
を右クリックし、
[新
しいシンプル ボリューム]
をク
リックする。
1
本機の電源が切れている状態で
「VAIO
ASSISTボタンを押し、
Care レスキュー」を起動する。
[ツール]−[高度なリカバリーウィ
ザードを開始]をクリックする。
リカバリーの種類を選択する画面が表示され
「新しいシンプル ボリューム ウィザード」画
るまで、画面の指示に従って操作してください。
面が表示されます。
画面に従ってサイズやドライブ名
の設定を行い、
ウィザードを完了さ
せる。
ウィザードを完了させるとフォーマットが始
まり、新しくパーティションが作成されます。
4
[カスタムリカバリー
(C ドライブ
のサイズ変更とD ドライブ追加)
]
をクリックする。
C:ドライブのサイズを設定して、
[次へ]
をクリックする。
以降、表示された画面の指示に従って操作し
てください。
37
ハードディスク/ SSDの
データを完全に消去する
本機では「VAIO データ消去ツール」を使って
ハードディスクまたはSSDのデータを完全に
消去することができます。
ディスクドライブ非搭載モデルをお使いの場
本機の電源が入っている状態で、
ドライブまたは
(USB)
端子にリ
カバリーメディアを挿入する。
合は、別売りの外付けDVDドライブなどを本
機に接続してください。外付けドライブは、
ACアダプターで電源に接続してご使用くだ
さい。
! ご注意
「VAIO データ消去ツール」はハードディスクまた
はSSD上のすべてのデータを消去します。本機を
廃棄あるいは第三者に譲渡する場合のみお使い
ください。
「VAIO データ消去ツール」を使うには、リカバ
リーメディアの作成が必要です。
リカバリーメディアを作成していない場合は、リ
カバリーメディアを作成してください。
「VAIO データ消去ツール」を使用中に71時間が経
本機の電源を切ってから、
再び電
源を入れる。
外付けドライブまたはUSBメモリーを使用す
る場合は、再び本機の電源を入れたあと、
VAIOのロゴマークが消えるまでF11キーを繰
り返し押してください。
「Windows ブートマネージャー」画面が表示
されます。
「Windows ブートマネージャー」画面が表示
されない場合は、本機を再起動してもう一度
やりなおしてください。
過すると自動的にコンピューターが再起動しま
す。データの消去中に71時間が経過した場合は、
自動的に作業が中断され本機が再起動します。本
機が再起動したあとに、再びツールを起動すれば
中断されたところから作業が再開できます。
「VAIO データ消去ツール」を使用する場合は、必
ず電源に接続して使用してください。
1
必要なファイルをバックアップする。
ヒント
 Windowsが起動する場合は、Windowsの「バッ
クアップと復元」を使ってバックアップしてくだ
4
矢印キーで「VAIO Care レス
キュー」を選択し、Enterキーを押す。
しばらくすると「VAIO Care レスキュー」画面
が表示されます。
[ツール]
−
[VAIO データ消去ツー
ル]
をクリックする。
「VAIO データ消去ツール」
の説明画面が表示さ
れます。
さい。
 Windowsが起動しない場合は、手順4でリカバ
リーメディアから「VAIO Care レスキュー」を起
動し、バックアップしてください。バックアップ
完了後に[データレスキュー(バックアップ)を終
了する]をクリックして、手順5へ進んでください。
38
内容をよく読んでから、
[次へ]
を
クリックする。
以降、画面の指示に従って操作してください。
コンピューター本体の使いかた CD / DVD
DVDドライブなどを
取り付ける
本機には、別売りのUSB DVDスーパーマルチドライブなどをつなぐことができます。
! ご注意
 本機で音楽CDやDVDビデオを再生するには、外付けドライブが必要です。
 外付けドライブには本機で使用できないものもあります。詳しくは、VAIOカスタマーリンクまたは販売店
にご確認ください。
 外付けドライブにACアダプターが付属されている場合は、必ず電源に接続してお使いください。
ヒント

CDやDVDから起動するときは、本機の電源を入れたあと、VAIOのロゴマークが消えるまでF11キーを繰り
返し押してください。
起動が始まらない場合は、本機を再起動してもう一度やりなおしてください。
 外付けドライブによっては、ソフトウェアのインストールが必要なものもあります。詳しくはお使いにな
る外付けドライブに付属の取扱説明書をご覧ください。
 接続のしかたや使いかたは、お使いになる外付けドライブによって異なります。詳しくは、外付けドライブ
に付属の取扱説明書をご覧ください。
39
コンピューター本体の使いかた “メモリースティック”
“メモリースティック”とは
“メモリースティック”は、小さくて大容量のIC記録メディアです。
“メモリースティック”対応機
器間でのデータをやりとりするのにお使いいただけるだけでなく、着脱可能な外部記録メディア
の1つとして、データを保存するときにもお使いいただけます。
“メモリースティック”についての最新情報は、http://www.sony.jp/products/ms/をご参照く
ださい。
“メモリースティック”のサイズ
“メモリースティック”には、標準サイズのものとその小型サイズのものがあります。
使用可能な“メモリースティック”
本機では、以下の“メモリースティック”をご使用になれます。

“メモリースティック デュオ”

“メモリースティック PRO デュオ”

“メモリースティック PRO-HG デュオ”*

“メモリースティック マイクロ”
* 本機は8 ビットパラレルデータ転送には対応していません。
! ご注意
本機では、標準サイズの“メモリースティック”はご使用になれません。
“メモリースティック マイクロ”を本機でお使いの場合は、必ず“メモリースティック マイクロ”を“メモ
リースティック マイクロ”デュオサイズ アダプターに入れてから本機に挿入してください。
著作権保護技術(マジックゲート)には対応していません。
本機では、2010年5月時点で一般の販売店で購入できる32 Gバイトまでのソニー製の“メモリースティッ
ク”でのみ動作確認を行っています。
ただし、すべての“メモリースティック”での動作を保証するものではありません。
! ご注意
静電気や電気的ノイズの影響を受ける場所で使用した場合、記録したデータが消えたり壊れたりすることがあ
ります。
40
“メモリースティック”
を
入れる/取り出す
“メモリースティック”を入れるには
“メモリースティック デュオ”を“メモリースティック デュオ”スロットに奥までしっかりと差
し込みます。正しく挿入すると「カチッ」と音がしてスロット内の端子に接続されます。
“メモリースティック デュオ”を挿入すると、
「Memory Stick(*:)」画面が表示されます。表示さ
れない場合は、 (スタート)ボタン−[コンピューター]をクリックして、
「Memory Stick(*:)」
と表示されていることを確認してください。
[Memory Stick(*:)]をダブルクリックすると、
“メ
モリースティック デュオ”の内容が表示されます。
* ここに表示される“メモリースティック デュオ”のドライブ文字は、本機の使用環境に応じて変わる場合が
あります。
ヒント
“メモリースティック デュオ”をはじめて使用する場合は、ドライバーのインストール画面が表示されること
があります。その場合は、画面の指示に従ってインストールを完了させてください。
! ご注意
本機では、標準サイズの“メモリースティック”はご使用になれません。
“メモリースティック デュオ”を挿入していないときは、
「コンピューター」画面に“メモリースティック
デュオ”スロットのドライブが表示されません。
差し込む際は、
“メモリースティック デュオ”の向きにご注意ください。無理に逆向きに入れようとすると、
本機の“メモリースティック デュオ”スロットや“メモリースティック デュオ”本体が破損するおそれがあ
ります。
“メモリースティック マイクロ”を本機でお使いの場合は、必ず“メモリースティック マイクロ”を“メモ
リースティック マイクロ”デュオサイズ アダプターに入れてから本機に挿入してください。
41
“メモリースティック”を取り出すには
使用中の“メモリースティック デュオ”のファイルを閉じ、メモリーカードアクセスランプが点
灯していないことを確認してから“メモリースティック デュオ”を奥まで押し込みます。いった
ん手を離し、
“メモリースティック デュオ”を引き抜いてください。
“メモリースティック デュ
オ”が取り出せないときは、もう1度奥まで押し込んでいったん離し、
“メモリースティック デュ
オ”を取り出してください。
! ご注意
メモリーカードアクセスランプが点灯しているときに“メモリースティック デュオ”を取り出さないでくだ
さい。データが失われるおそれがあります。画像ファイルなどの大容量データの読み出しに時間がかかる
場合がありますので、
“メモリースティック デュオ”を取り出す際はご注意ください。
本機の“メモリースティック デュオ”スロットから“メモリースティック デュオ”を取り出すときに、
“メモ
リースティック デュオ”を押して指を離すと、
“メモリースティック デュオ”が勢いよく飛び出る場合があ
ります。最後まで指を添えて取り出すようにしてください。
42
“メモリースティック”
に
データを保存する
1
2
3
4
“メモリースティック デュオ”を“メモリースティック デュオ”ス
ロットに入れる。
(スタート)ボタン−[コンピューター]をクリックする。
「コンピューター」画面が表示されます。
[Memory Stick(*:)]をダブルクリックする。
「Memory Stick(*:)」画面が表示されます。
“メモリースティック デュオ”に保存したいデータのアイコンを、
「Memory Stick(*:)」画面にドラッグアンドドロップする。
データが“メモリースティック デュオ”に保存されます。
! ご注意
誤消去防止スイッチ付きの“メモリースティック デュオ”の場合、
“メモリースティック デュオ”の誤消去防
止スイッチを「LOCK」にすると、記録や消去ができなくなります。
“メモリースティック デュオ”の誤消去防止スイッチを動かすときは、先の細いもので動かしてください。
“メモリースティック デュオ”の種類によっては、誤消去防止スイッチがないものもあります。
43
“メモリースティック”を初期化するには(フォーマット)
“メモリースティック デュオ”は、標準フォーマットとして専用のFATフォーマットで出荷されて
おり、すぐにお使いになれます。
フォーマット(初期化)が必要な場合は、必ず“メモリースティック デュオ”に対応した専用機器
で行ってください。
本機で“メモリースティック デュオ”を再フォーマットするときは、下記の手順に従ってフォー
マットを行ってください。
! ご注意
すでにデータが書き込まれている“メモリースティック デュオ”をフォーマットすると、そのデータは消去
されてしまいます。誤って大切なデータを消すことがないようにご注意ください。
フォーマット中は絶対に“メモリースティック デュオ”を“メモリースティック デュオ”スロットから取り
出さないでください。故障の原因となります。
1
2
3
4
フォーマットしたい“メモリースティック デュオ”を“メモリース
ティック デュオ”スロットに入れる。
(スタート)ボタン−[コンピューター]をクリックする。
“メモリースティック デュオ”が挿入されているドライブ名を右ク
リックし、
[フォーマット]をクリックする。
「フォーマット」
画面が表示されます。
[デバイスの既定値を復元する]をクリックする。
「ファイル システム」や「アロケーション ユニット サイズ」の値が既定値に変更されます。
ヒント
「フォーマット オプション」で[クイック フォーマット]のチェックボックスをクリックしてチェッ
クすると、フォーマットが早く完了します。
! ご注意
「ファイル システム」の[NTFS]は選択しないでください。
44
5
[開始]をクリックする。
フォーマットの確認画面が表示されます。
6
[OK]をクリックする。
“メモリースティック デュオ”がフォーマットされます。
! ご注意
“メモリースティック デュオ”によっては、フォーマットに時間がかかる場合があります。
7
8
フォーマットが完了したら、
[OK]をクリックする。
「フォーマット」画面の[閉じる]をクリックする。
45
コンピューター本体の使いかた メモリーカード
メモリーカードを入れる/
取り出す
メモリーカードを使って、記憶媒体としてデータを保存したり、デジタルスチルカメラと画像を
やりとりしたりすることができます。
SDメモリーカードを入れるには
SDメモリーカードをSDメモリーカードスロットに奥までしっかりと差し込みます。正しく挿
入すると「カチッ」と音がしてスロット内の端子に接続されます。
! ご注意
SDメモリーカードの向きにご注意ください。無理に逆向きに入れようとするとスロットを破損するおそれが
あります。詳しくは、SDメモリーカードの各メーカーの取扱説明書をご覧ください。
SDメモリーカードの中のデータを使うときは
SDメモリーカードを挿入すると表示される「自動再生」画面で[フォルダーを開いてファイルを
表示]をクリックします。
SDメモリーカードの中のデータが表示されたら、目的に応じて操作してください。
ヒント
SDメモリーカードをはじめて使用する場合は、ドライバーのインストール画面が表示されることがあります。
その場合は、画面の指示に従ってインストールを完了させてください。
! ご注意
「コンピューター」画面にSDメモリーカードスロットのドライブ
SDメモリーカードを挿入していないときは、
が表示されません。
SDメモリーカードを取り出すには
SDメモリーカードへのデータの書き込みやデータの読み出しを行っていないことを確認してか
らSDメモリーカードをいったん奥まで押し込みます。いったん指を離してから、SDメモリー
カードを引き抜いてください。
ヒント
SDメモリーカードへデータの書き込みやデータの読み出しを行っているときは、メモリーカードアクセスラ
46
ンプが点灯します。
コンピューター本体の使いかた LAN /無線LAN
ネットワーク
(LAN)
に
接続する
本機のLAN端子(191ページ)に、ADSLモデム、家庭や職場などのネットワーク(LAN)を直接接
続することができます。
インターネットに接続したり、ネットワーク内の他の機器とデータをやりとりできます。
ネットワークに接続するために必要な周辺機器については、お使いになるADSLモデムの取扱説
明書をご覧になるか、ご加入のプロバイダーなどのネットワークのシステム管理担当者にご相談
ください。
また、ネットワークに接続するための設定については、ご加入のプロバイダーの設定方法や、お使
いになるADSLモデムや接続している周辺機器の取扱説明書を参照して設定を行ってください。
職場などでは、職場のネットワーク管理担当者にご相談ください。
! ご注意
LAN端子に次のネットワークや回線を接続すると、端子に必要以上の電流が流れ、故障の原因になります。特に、
ホームテレホンやビジネスホンなどの回線には、絶対に接続しないでください。

1000BASE-T、100BASE-TXまたは10BASE-Tタイプ以外のネットワーク
一般電話回線
 ISDN
(デジタル)対応公衆電話のデジタル側のジャック
 PBX
(デジタル式構内交換機)回線
ホームテレホンやビジネスホンの回線
上記以外の電話回線など
47
無線LANでできること
無線LANは、ケーブル接続のわずらわしさを一切なくし、無線でLAN
(ローカルエリアネット
ワーク)環境を構築できます。
無線LANには以下の規格があります。本機が対応している無線LAN規格については、VAIOのホー
ムページ(http://www.vaio.sony.co.jp/)でご確認ください。
無線LAN規格
使用周波数帯
IEEE 802.11a 5 GHz帯
最大通信速度
(理論値)
約54 Mbps
備考
IEEE 802.11a/b/g/n搭載モデルで
のみ使用できます。
2005年5月および2007年1月の電
波法改正により、使用周波数(チャ
ンネル)が変更/追加になりました。
約11 Mbps
IEEE 802.11b 2.4 GHz帯
約54 Mbps
IEEE 802.11g 2.4 GHz帯
IEEE 802.11n 2.4 GHz帯/ 約150/300/450 Mbps* IEEE 802.11b/g/n搭載モデルでは2.4
5 GHz帯
GHz帯のみ使用できます。
* IEEE 802.11nに対応している場合、その最大通信速度についてはVAIOのホームページ
(http://www.vaio.sony.co.jp/)でご確認ください。
! ご注意
最大通信速度は理論値で、実際の数値は本機や無線LANアクセスポイントの仕様や、使用環境などにより異
なります。
画面に表示される通信速度と実際の接続速度は異なる場合があります。
外出先で無線LAN通信を行う際は、無線LAN接続サービスを提供する会社との契約が必要となる場合があ
ります。
 5 GHz無線LAN機能と2.4 GHz無線LAN機能とでは、使用している周波数帯域が異なるため、互いに接続す
ることはできません。
本機で2.4 GHz無線LAN機能とBLUETOOTH機能を同時に使用すると、お互いの電波が影響し合い、通信速
度などに影響を及ぼす場合があります。
48
無線LANでインターネットに
接続するまでの流れ
手順1
接続する回線の種類を決める
「インターネット接続サービスの種類」を参考にして、接続する回線を決めます(50ページ)。
手順
プロバイダーと契約する
手順1で決めた回線のサービスを提供しているプロバイダーを選び、契約します。契約が完
了すると、プロバイダーからインターネット接続に使用するマニュアルや資料、回線装置な
どが郵送されてきます。
手順
回線装置などを接続・設定する
プロバイダーから送られてきたマニュアルに従って、回線装置などを接続し、必要な設定を
します。
! ご注意
接続方法や設定方法、使用する機器は接続サービスによって異なります。必ずプロバイダーから送られ
てきたマニュアルをお読みになり、指示に従って設定を行ってください。
手順4
本機を設定する
「無線LANで通信する」をご覧になり、無線LANに必要な設定をします(51ページ)。
49
! ご注意
 はじめてインターネットに接続するときは、第三者からコンピューターを守るためのセキュリティー対策
を必ず行ってください。
 契約時にクレジットカードが必要になるプロバイダーもあります。
 接続料金はプロバイダーにより異なります。
インターネット接続サービスの種類
インターネットへの接続手段は複数あり、利用形態に応じて選ぶことができます。一般的には、
通信速度や料金などで選択します。各種接続サービスについて詳しくは、プロバイダーにお問い
合わせください。
FTTH(光)
光ファイバーケーブルの回線を使ってインターネットに接続します。
ビデオ配信サービスなど、高い通信速度を求められるサービスを利用する場合に適しています。
CATVインターネット
ケーブルテレビの回線を使ってインターネットに接続します。通信速度は事業者によって異なり、
ADSLあるいはFTTH(光)と同程度で接続ができます。
すでにケーブルテレビを利用している場合や、利用を検討している場合に適しています。
ADSL
一般の電話回線で高速通信・常時接続が可能な接続方法です。
FTTH(光)ほどの通信速度はありませんが、料金は比較的安いため、コストと通信速度のバラン
スが取れた接続方法といえます。
その他の接続サービス
 一般電話回線
一般の電話回線を使ってインターネットに接続します。通信速度は低いため、電子メールしか
使わないような場合に適しています。

ISDN
NTTのデジタル回線を使ってインターネットに接続します。
一般電話回線よりも高速ですが、一般電話回線からISDN回線への切り替えが必要です。
インターネット接続に関するお問い合わせ
お問い合わせ先は、知りたい内容によって異なります。
知りたい内容
プロバイダー接続情報
50
プロバイダー
お問い合わせ先
(アカウント名、パスワード、DNSサーバーなど)
メール設定情報
プロバイダー
(メールアドレス、メールアカウントなど)
コンピューター側の設定
VAIOカスタマーリンク
無線LANで通信する
無線LANを使用する前に、
「無線LANでインターネットに接続するまでの流れ」
(49ページ)の手
順3までを完了してください。
次に、本機と無線LANアクセスポイント(別売り)をつなぎます。詳しくはWindowsのヘルプを
ご覧ください。
無線LANの使用は、アクセスポイントの電源が入っていて動作している状態で行ってください。
また、はじめて自宅で無線LANを使用してインターネットに接続するときや、公共の無線ネット
ワーク(ホットスポット)
に接続するときは、
「VAIO Easy Connect」を使うと手軽に無線LANに
接続することができます。
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[VAIO Easy Connect]をクリックし、
「かんた
んインターネットセットアップ」画面の指示に従って操作してください。
1
2
WIRELESSスイッチを「ON」にあわせる。
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[VAIO Smart
Network]をクリック、またはデスクトップ画面右下の通知領域にあ
る (VAIO Smart Networkアイコン)をクリックする。
「VAIO Smart Network」画面が表示されます。
51
3
「無線 LAN」の切り替えスイッチが「On」になっていることを確認する。
「Off」になっている場合は、クリックして「On」にします。
! ご注意
お使いの機種により、表示される画面は異なります。
ヒント
本体のWIRELESSランプが点灯しているか確認してください。
4
5
デスクトップ画面右下の通知領域にあるネットワーク(
)アイコンをクリックする。
または
「現在の接続先」
画面が表示されます。
画面のリストから接続先の無線LANアクセスポイントを選択し、
[接
続]をクリックする。
接続されると、選択した無線LANアクセスポイントの欄に「接続」と表示されます。
リストに接続先の無線LANアクセスポイントが見つからない場合は、 (更新)をク
リックしてください。
セキュリティー キーを入力する画面が表示されたときは、必要に応じてセキュリ
ティー キーを入力し、
[OK]をクリックしてください。
入力時はアルファベットの大文字と小文字が区別されますのでご注意ください。
ヒント
セキュリティー キーを入力していったん接続すると、その無線LANアクセスポイントが登録され、
次回以降接続するときはセキュリティー キーを入力せずに接続できます。
! ご注意
52
無線LANのモードで、2.4 GHz無線LANを無効にしている場合はアクセスポイントに接続できません。
また、本機は5 GHz無線LANの無線LANアクセスポイントには接続できません。
無線LANで通信をする際、接続先の無線LANアクセスポイントの認識と接続にしばらく時間がかかること
があります。
無線LANアクセスポイントとの接続状況を確認するには
通知領域にあるネットワーク(
または
)アイコンにポインターをあわせると、無線LANア
クセスポイントとの接続状況などを確認することができます。
無線LANアクセスポイントの個別情報を確認するには
1
2
3
4
5
(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
[ネットワークとインターネット]をクリックする。
[ネットワークと共有センター]をクリックする。
画面左側の[ワイヤレス ネットワークの管理]をクリックする。
「ワイヤレス ネットワークの管理」画面が表示されます。
「表示、修正、並べ替えが可能なネットワーク」のリストから確認した
いものを選んで右クリックし、
[プロパティ]をクリックする。
プロパティー画面が表示され、無線LANアクセスポイントの詳細情報を確認できます。
53
接続先を新規に作る/切り替えるには
接続先を新規に作ったり、無線LANで接続中に他の無線LANアクセスポイントに接続を切り替
えることができます。
詳しくはWindowsのヘルプをご覧ください。
1
2
3
4
5
6
54
(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
[ネットワークとインターネット]をクリックする。
[ネットワークと共有センター]をクリックする。
画面左側の[ワイヤレス ネットワークの管理]をクリックする。
「ワイヤレス ネットワークの管理」画面が表示されます。
[追加]をクリックする。
「ワイヤレス ネットワークに手動で接続します」画面が表示されます。
[ネットワーク プロファイルを手動で作成します]をクリックする。
7
お使いになるアクセスポイントにあわせて各項目を設定し、
[次へ]を
クリックする。
接続先が追加されます。
切り替え先の無線LANアクセスポイントに接続すると、接続されたメッセージが通知
領域に表示されます。
! ご注意
お使いのアクセスポイントによっては、IEEE 802.11nで通信するときに、
「セキュリティの種類」で
「WEP」を選択した場合、または「暗号化の種類」で「TKIP」を選択した場合にはアクセスポイントと
の伝送速度が最大54 Mbpsに制限されます。
ヒント
セキュリティー キーについては「セキュリティー キーについて」
(56ページ)をご覧ください。
アクセスポイントを認識したときに自動で接続したいときは、
[この接続を自動的に開始します]
をクリックしてチェックしてください。
アクセスポイントのネットワーク名(SSID)について、ステルスモードまたはクローズドシステ
ムをお使いの場合は、
[ネットワークがブロードキャストを行っていない場合でも接続する]をク
リックしてチェックしてください。
接続可能な無線LANアクセスポイントの優先度を設定するには
1
2
3
4
5
(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
[ネットワークとインターネット]をクリックする。
[ネットワークと共有センター]をクリックする。
画面左側の[ワイヤレス ネットワークの管理]をクリックする。
「ワイヤレス ネットワークの管理」画面が表示されます。
「表示、修正、並べ替えが可能なネットワーク」のリストから順位を変
更したいものを選び、
[上へ]または[下へ]をクリックする。
55
セキュリティー キーについて
ワイヤレス(無線)LANの通信を暗号化するために用いられるキー情報のことです。
「暗号キー」、
「Encryptionキー」、
「WEPキー」などとも言います。
同じキー情報を使用する無線LANアクセスポイントやコンピューター間でのみ無線LAN通信を
行うことができます。
セキュリティー キーはあらかじめ各アクセスポイントに設定されています(不正な使用を防ぐ
ためにも、セキュリティー キーがお買い上げ時の設定から変更されていることをご確認くださ
い)。セキュリティー キーが分からない場合は、アクセスポイントに付属の取扱説明書をご覧い
ただくか、アクセスポイントの管理者にご確認ください。
無線LANの通信を終了するには
「VAIO Smart Network」
画面で、
「無線 LAN」の切り替えスイッチをクリックして「Off」にします。
無線LAN機能がオフになります。
ヒント
「VAIO Smart Network」画面で他のワイヤレス機能を選択している場合は、本体のWIRELESSランプは点灯し
たままです。
56
コンピューター本体の使いかた BLUETOOTH
(R)機能
BLUETOOTH機能で
できること
BLUETOOTH機能は、ケーブル接続のわずらわしさを一切なくし、近距離間の無線通信を実現す
る技術です。
本機とBLUETOOTH対応のコンピューターや携帯電話、モデム、PDA、デジタルスチルカメラ、
ヘッドセット、マウスなどをケーブルでつなぐことなく、手軽に無線通信をすることができます。
BLUETOOTH機能は、パーソナルネットワーク市場に革命をもたらす画期的なワイヤレス通信技
術です。小規模で低コストなワイヤレス通信技術の世界標準規格として、ノートブックコン
ピューターや携帯電話、その他のモバイル機器を結び、さらにインターネットへの接続も可能に
します。
電気通信、コンピューター、ネットワーク分野の世界主要メーカーで構成するBluetooth SIG
(Special Interest Group)によって技術の標準化が行われ、参加企業により技術開発と製品化が
進められています。Bluetooth SIGには、現在ソニーを含む2,000社以上のノートブックコン
ピューター、携帯電話、家電機器のメーカーなどが全世界から参加しています。
! ご注意

BLUETOOTH対応機器は、ご使用の機器やソフトウェアのバージョンなどによって、正しく動
作しない場合があります。BLUETOOTH対応機器をご購入の際は、あらかじめ動作環境をご確
認ください。
VAIOのBLUETOOTH対応機器に関する情報は、VAIOサポートページなどでご確認ください。
機器によっては、認証されていない機器間の接続を拒否するように設定されています。接続す
るには、接続する機器との認証が必要になります。

BLUETOOTH規格の制約上、電波状況などにより、大容量のファイルの送信を続けると、まれに
転送したファイルに不具合が生じる場合がありますのでご注意ください。
57
接続形態
BLUETOOTH機能を使うと、1台の機器が同時に最大7台の機器と無線ネットワークで接続し、
データをやりとりすることができます。
接続したい機器が周辺にあるBLUETOOTH対応機器に呼びかけ、呼びかけに応えたBLUETOOTH
対応機器に接続することができます。
コンピューターのような機器は、周辺にあるBLUETOOTH対応機器に呼びかけることができ、ま
た、周辺のBLUETOOTH対応機器からの呼びかけに応えることもできます。
速度
BLUETOOTH機能は、最大2.1 Mbps(通信相手機器のバージョンによっては最大721 kbps)の
データ転送に対応していますが、実際の転送速度は、BLUETOOTH対応機器のバージョン、通信機
器間の距離や障害物、機器構成、電波状況、使用するソフトウェアなどにより変化します。
通信距離と電力
BLUETOOTH対応機器には、見通し距離最長100 ∼ 10 m* で通信できるPower Class 1の機器と、
見通し距離最長10 m* で通信できるPower Class 2, 3の機器があります。
* 通信機器間の距離は、実際の通信機器間の障害物や電波状況、壁の有無・素材など周囲の環境、使用するソ
フトウェアなどにより変化します。
58
BLUETOOTH標準規格とは
各社のBLUETOOTH対応機器がBLUETOOTH機能を使ってスムーズに通信ができるように、
Bluetooth SIGがBLUETOOTH標準規格として、無線通信の方式、セキュリティーの方式、用途別
のデータ通信方式などを定めています。
すべてのBLUETOOTH対応機器は、Bluetooth SIGが定めている方法でBLUETOOTH標準規格に
適合していることを確認し、認証を受けることが義務付けられています。
ただし、BLUETOOTH標準規格に適合していても、接続する機器の特性や仕様によって操作方法
が異なったり、接続してもデータのやりとりができない場合があります。
59
BLUETOOTH機能で
通信する
BLUETOOTH機能で通信するには
本機からBLUETOOTH対応機器に接続します。
通信先のBLUETOOTH対応機器の取扱説明書もあわせてご覧ください。
「BLUETOOTH機能でできること」をご覧くだ
BLUETOOTH機能を使って行える通信については、
さい。
(57ページ)
! ご注意
接続するBLUETOOTH対応機器によっては、下記の手順と異なる場合があります。接続するBLUETOOTH対応
機器の取扱説明書もあわせてご覧ください。
1
2
WIRELESSスイッチを「ON」にあわせる。
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[VAIO Smart
Network]をクリック、またはデスクトップ画面右下の通知領域にあ
る (VAIO Smart Networkアイコン)をクリックする。
「VAIO Smart Network」画面が表示されます。
60
3
「BLUETOOTH」の切り替えスイッチが「On」になっていることを確
認する。
「Off」になっている場合は、クリックして「On」にします。
! ご注意
お使いの機種により、表示される画面は異なります。
ヒント
本体のWIRELESSランプが点灯しているか確認してください。
4
5
(スタート)ボタン−[デバイスとプリンター]をクリックする。
「デバイスとプリンター」画面が表示されます。
[デバイスの追加]をクリックする。
以降、画面の指示に従いデバイスを登録してください。
ヒント
操作について詳しくは、 (スタート)ボタン−[ヘルプとサポート]をクリックして表示される
「Windows ヘルプとサポート」でBLUETOOTHの項目を検索してください。
! ご注意
本機でBLUETOOTH機能と2.4 GHz無線LAN機能を同時に使用すると、お互いの電波が影響し合い、
通信速度などに影響を及ぼす場合があります。
61
パスキーの入力を促す画面が表示されたら
他のBLUETOOTH対応機器から接続の認証要求を受けています。
通信するには、本機と相手先の機器との間で相互に認証を行う必要があります。
パスキーの入力を促す画面が表示されたら、画面の指示に従ってパスキーの交換を行ってください。
接続しない場合は、パスキーの入力を促す画面で[キャンセル]をクリックしてください。
パスキーとは
2台のBLUETOOTH対応機器がお互いに接続を許可するために、ユーザーが入力する暗証番号で
す。同一の英数字(大文字、小文字の区別あり)を双方の機器で入力すると、接続が許可されます。
お互いに同じ英数字列を入力しさえすれば、毎回異なったパスキーを用いてもかまいません。使
用するパスキーは、BLUETOOTH対応機器の取扱説明書をご覧ください。一定時間以上
BLUETOOTHパスキーの入力が行われない場合、セキュリティーのために接続処理は中止されま
す。操作をもう1度やり直してください。
BLUETOOTH通信を終了するには
次の手順でBLUETOOTH通信を終了します。
1
2
接続中のBLUETOOTH対応機器のBLUETOOTH機能をオフにする。
「VAIO Smart Network」画面で、
「BLUETOOTH」の切り替えスイッ
チをクリックして「Off」にする。
BLUETOOTH機能がオフになります。
ヒント
「VAIO Smart Network」画面で他のワイヤレス機能を選択している場合は、本体のWIRELESSラン
プは点灯したままです。
62
コンピューター本体の使いかた セキュリティー
コンピューターウイルス対策用
ソフトウェアを更新する
コンピューターウイルスやネットワークを通じた不正な接続による被害からコンピューターを
守るために、コンピューターウイルス対策用のソフトウェアを最新の状態にする必要があります。
コンピューターウイルス対策用ソフトウェアとして、本機にあらかじめ搭載されている「ウイル
スバスター」を、最新のアップデートプログラムに更新してください。
! ご注意
アップデートプログラムの更新には、インターネット接続が必要です。
1
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[ウイルスバスター
011クラウド(TM)]−[ウイルスバスター 011クラウド(TM)を起
動]をクリックする。
「ウイルスバスター」のメイン画面が表示されます。
2
画面右上の[?]をクリックし、表示されたメニューから[バージョン情
報]をクリックする。
バージョン情報画面が表示され、更新が実行されます。
ヒント
アップデートプログラムの更新については、
「ウイルスバスター」のヘルプをご覧ください。
63
パスワードを設定する
Windowsパスワードを
4
Windowsログオン時のパスワードを設定し
設定する
ます。
パスワードを設定すると、電源を入れたり、ス
リープモードまたは休止状態から復帰したり
[アカウントのパスワードの作成]
をクリックする。
「新しいパスワード」
と
「新しいパ
スワードの確認」
に設定したいパ
スワードを入力する。
するときにパスワードの入力が必要になり、
他の人に本機を使用されることを防ぐことが
できます。
! ご注意
Windowsパスワードは必ずメモを取るなどして、忘
れないようにしてください。
ヒント
 ドメインユーザーとしてパスワードを設定する
場合は、職場などのシステム管理者にご相談くだ
さい。

BIOSの機能を使ってパスワードを設定すること
もできます。
(66ページ)
Windowsパスワードを登録する
1
(スタート)
ボタン−
[コント
ロール パネル]
をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
[ユーザー アカウントと家族のた
めの安全設定]
または
[ユーザー ア
カウント]
をクリックする。
[ユーザー アカウント]
をクリック
する。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
64
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
ヒント
パスワードを忘れてしまったときのために、パス
ワードを思い出すためのヒントを入力することがで
きます。
ヒントを入力する場合は、
「パスワードのヒントの入
力」に入力してください。
[パスワードの作成]をクリックする。
ヒント
パスワードを忘れてしまったときのために、パス
ワードリセットディスクを作成することができます。
詳しくは、Windowsのヘルプをご覧ください。
パスワードで使用できる文字に
ついて
パスワードには、以下の文字を使うことがで
きます。
文字(アルファベットの大文字)
A, B, C, D, E ...
文字(アルファベットの小文字)
a, b, c, d, e ...
数字
0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9
記号(文字または数字として定義されな
いもの)
`[email protected]#$%^&*()_-+={}[]¥|:;"'<
>,.?/
Windowsパスワードを変更する
Windowsパスワードを削除する
1
1
(スタート)
ボタン−
[コント
ロール パネル]
をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
[ユーザー アカウントと家族のた
めの安全設定]
または
[ユーザー ア
カウント]
をクリックする。
[ユーザー アカウント]
をクリック
する。
(スタート)
ボタン−
[コント
ロール パネル]
をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
[ユーザー アカウントと家族のた
めの安全設定]
または
[ユーザー ア
カウント]
をクリックする。
[ユーザー アカウント]
をクリック
する。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
4
[個人用パスワードの変更]
をク
リックする。
4
[個人用パスワードの削除]
をク
リックする。
「現在のパスワード」
に現在設定さ
れているパスワードを入力する。
「現在のパスワード」
に現在設定さ
れているパスワードを入力する。
[パスワードの削除]をクリックする。
「新しいパスワード」
と
「新しいパ
スワードの確認」
に設定したいパ
スワードを入力する。
ヒント
パスワードを忘れてしまったときのために、パス
ワードを思い出すためのヒントを入力することがで
きます。
ヒントを入力する場合は、
「パスワードのヒントの入
力」に入力してください。
[パスワードの変更]をクリックする。
65
パスワードのヒントを
変更する/削除するには
パスワードを登録する
BIOSの機能でパスワードを設定します。
本機の起動時に設定したパスワードを入力す
1
ることにより、パスワードを知っているユー
(スタート)
ボタン−
[コント
ロール パネル]
をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
ザーだけが本機を使えるようにできます。
パスワードには、以下の2種類があります。
マシンパスワード(管理者用)
「コンピューターの管理者」など、本機の管
理者用パスワードです。
[ユーザー アカウントと家族のた
めの安全設定]
または
[ユーザー ア
カウント]
をクリックする。
マシンパスワードを入力することで本機の
起動やBIOSセットアップ画面でのすべて
の設定が可能になります。
ユーザーパスワード(管理者以外のユー
ザー用)
[ユーザー アカウント]
をクリック
する。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
4
本機の管理者以外のユーザー用パスワード
です。
ユーザーパスワードを入力することで本機
の起動やBIOSセットアップ画面での一部
の設定が可能になります。
マシンパスワードが設定されていないと、
ユーザーパスワードを設定することはでき
[個人用パスワードの変更]
をク
リックする。
ません。
! ご注意
パスワードは必ずメモを取るなどして、忘れない
ようにしてください。
「現在のパスワード」
と
「新しいパ
スワード」
「
、新しいパスワードの
確認」
にパスワードを入力する。
パスワードを忘れると、本機を起動することがで
きなくなります。
 ユーザーパスワードを忘れた場合
マシンパスワードを入力することでBIOSセッ
トアップ画面からユーザーパスワードを再設
66
定することができます。
「パスワードのヒントの入力」に新
しいヒントを入力するか、ヒントを
削除する場合は空欄のままにする。
[パスワードの変更]をクリックする。
 マシンパスワードを忘れた場合
パスワード設定を解除することはできません。
修理(有償)が必要となります。
VAIOカスタマーリンクにご連絡ください。
マシンパスワード
ユーザーパスワード
1
1
本機の電源を入れ、
VAIOのロゴ
マークが消えるまでFキーを繰り
返し押す。
本機の電源を入れ、
VAIOのロゴ
マークが消えるまでFキーを繰り
返し押す。
BIOSセットアップ画面が表示されます。
BIOSセットアップ画面が表示されない場合
パスワード入力画面が表示されます。
は、本機を再起動してもう一度やりなおして
本機を再起動してもう一度やりなおしてくだ
ください。
さい。
←または→キーで
[Security]
を選
択し、
表示された画面で
[Set
Machine Password]を選択して
Enterキーを押す。
パスワード入力画面が表示されない場合は、
「Enter Password」
または
「Enter
BIOS Password」に登録済みのマ
シンパスワードを入力する。
BIOSセットアップ画面が表示されます。
パスワード入力画面が表示されます。
パスワードを度入力し、
Enter
キーを押す。
ヒント
パスワードは半角英数字とスペース32文字以内で
←または→キーで
[Security]
を選
択し、
表示された画面で
[Set User
Password]を選択してEnterキー
を押す。
パスワード入力画面が表示されます。
入力します。
アルファベットの大文字と小文字は区別されるので、
入力する際はご注意ください。
4
「Security」
項目の
[Password
when Power On]を選択する。
Enterキーを押して[Enabled]を選択します。
4
パスワードを度入力し、
Enter
キーを押す。
ヒント
パスワードは半角英数字とスペース32文字以内で
入力します。
アルファベットの大文字と小文字は区別されるので、
入力する際はご注意ください。
←または→キーで
[Exit]
を選択し、
[Exit Setup]
を選択してEnter
キーを押す。
確認画面が表示されるので、再度Enterキーを
押します。
←または→キーで
[Exit]
を選択し、
[Exit Setup]
を選択してEnter
キーを押す。
確認画面が表示されるので、再度Enterキーを
押します。
67
パスワードを変更する/
削除する
マシンパスワード
1
本機の電源を入れ、
VAIOのロゴ
マークが消えるまでFキーを繰り
返し押す。
パスワード入力画面が表示されます。
パスワード入力画面が表示されない場合は、
本機を再起動してもう一度やりなおしてくだ
さい。
「Enter Password」
または
「Enter
BIOS Password」に登録済みのマ
シンパスワードを入力する。
BIOSセットアップ画面が表示されます。
←または→キーで
[Security]
を選
択し、
表示された画面で
[Set
Machine Password]を選択して
Enterキーを押す。
パスワード入力画面が表示されます。
4
現在のパスワードを1度、
新しいパ
スワードを度入力し、
Enterキー
を押す。
[Enter Current Password]に現在のパス
ワードを、
[Enter New Password]と
[Confirm New Password]に新しいパス
ワードを入力します。
ヒント
パスワードを削除するときは、
[Enter New
Password]と[Confirm New Password]には何も
入力せずにEnterキーを押してください。
68
←または→キーで
[Exit]
を選択し、
[Exit Setup]
を選択してEnter
キーを押す。
確認画面が表示されるので、再度Enterキーを
押します。
ユーザーパスワード
1
本機の電源を入れ、
VAIOのロゴ
マークが消えるまでFキーを繰り
返し押す。
パスワード入力画面が表示されます。
パスワード入力画面が表示されない場合は、
本機を再起動してもう一度やりなおしてくだ
さい。
「Enter Password」
または
「Enter
BIOS Password」に登録済みのパ
スワードを入力する。
BIOSセットアップ画面が表示されます。
←または→キーで
[Security]
を選
択し、
表示された画面で
[Set User
Password]を選択してEnterキー
を押す。
パスワード入力画面が表示されます。
4
現在のパスワードを1度、
新しいパ
スワードを度入力し、
Enterキー
を押す。
[Enter Current Password]に現在のパス
ワードを、
[Enter New Password]と
[Confirm New Password]に新しいパス
ワードを入力します。
ヒント
パスワードを削除するときは、
[Enter New
Password]と[Confirm New Password]には何も
入力せずにEnterキーを押してください。
←または→キーで
[Exit]
を選択し、
[Exit Setup]
を選択してEnter
キーを押す。
確認画面が表示されるので、再度Enterキーを
押します。
パスワードを忘れてし
まったときは
パスワードを忘れると、本機を起動すること
ができなくなります。
ユーザーパスワードの場合
マシンパスワードを入力することで、BIOS
セットアップ画面からユーザーパスワードを
再設定することができます。
マシンパスワードの場合
パスワード設定を解除することはできません。
修理(有償)が必要となります。
VAIOカスタマーリンクにご連絡ください。
69
新しいユーザーアカウント
を作成する
ユーザーアカウントを追加すると、複数の
ユーザーがコンピューターを使う場合に便利
です。
ユーザーごとにファイルなどにアクセス制限
をかけたり、デスクトップなどの設定を使い分
けたりすることができます。
1
(スタート)
ボタン−
[コント
ロール パネル]
をクリックする。
ユーザーアカウントの
種類と権限について
ユーザーアカウントには下記の3種類があり
ます。アカウントの種類により、ファイルやプ
ログラムにアクセスできる権限が異なります。
 コンピューターの管理者(Administrator)
アカウント
コンピューターの管理者アカウントは、コ
ンピューター上のすべてのファイルにアク
「コントロール パネル」画面が表示されます。
「ユーザー アカウントと家族のた
めの安全設定」または「ユーザー ア
カウント」の[ユーザー アカウント
の追加または削除]をクリックする。
セスでき、すべての機能を実行できます。
 標準アカウント
標準アカウントは、コンピューターのほと
んどの機能を実行できる一般的なアカウン
トです。
管理者アカウントと比較すると、他ユー
ザーの設定変更や各種パスワード、コン
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
ピューター設定の変更など、一部の管理機
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
! ご注意
管理者アカウントのパスワード入力画面が表示され
た場合は、パスワードを入力するか、管理者アカウン
トを持つユーザーでログオンしてから操作してくだ
さい。
4
Guest アカウント
コンピューター上にユーザーアカウントを
持っていないユーザーのために用意された
簡易アカウントです。
パスワードが設定されていないため、すば
[新しいアカウントの作成]
をク
リックする。
やくログオンしてメールの確認やインター
ネットの閲覧が行えます。パスワードで保
護されたファイルやフォルダーへのアクセ
ス、および設定はできません。
アカウントの名前を入力し、
アカ
ウントの種類
(
「標準ユーザー」
ま
たは
「管理者」
)
を選んで
[アカウン
トの作成]
をクリックする。
アカウントが作成されます。
アカウントの種類によって権限が異なります。
詳しくは、右記の「ユーザーアカウントの種類
と権限について」をご覧ください。
70
能が制限されています。

コンピューター本体の使いかた その他
起動デバイスを変更する
BIOSの機能で、起動デバイスの優先順位を変
更できます。
1
本機の電源を入れ、
VAIOのロゴ
マークが消えるまでFキーを繰り
返し押す。
BIOSセットアップ画面が表示されます。
BIOSセットアップ画面が表示されない場合
は、本機を再起動してもう一度やりなおして
ください。
←または→キーで
[Boot]
を選択
する。
外付けCD / DVDドライブや
外付けUSBフロッピーディスク
ドライブから起動する場合
1
本機に外付けドライブを接続した
状態で、
本機の電源を入れる。
VAIOのロゴマークが消えるまで
F11キーを繰り返し押す。
その後、つないだドライブからの起動が始ま
ります。
ドライブからの起動が始まらない場合は、本機
を再起動してもう一度やりなおしてください。
↑または↓キーで変更したい起動
の優先順位
(Boot Priority)
を選択
する。
! ご注意
上記のドライブ以外の装置ははずしてください。
ドライブによっては、起動が正常にできなかった
り、本機で使用できない場合があります。
外付けドライブにACアダプターが付属されてい
4
る場合は、必ず電源に接続してお使いください。
FキーまたはFキーで、起動の優
先順位を変更する。
←または→キーで
[Exit]
を選択し、
表示された画面で
[Exit Setup]
を
選択してEnterキーを押す。
確認画面が表示されるので、再度Enterキーを
押します。
71
インター
ネットの
セキュリティーについて
コンピューターを安心してご使用になるために、大切なデータを失わないための対策や、第三者
からコンピューターを守るためのセキュリティーについてご紹介いたします。
コンピューターウイルスとは
コンピューターウイルスとは、コンピューターに被害を与えるソフトウェアの総称です。何らか
の原因でコンピューターウイルスが実行される(これを感染と呼びます。)と、ファイルが勝手に
消去されたり内容が改変されたり、保存していた個人情報がインターネットを通じて勝手に送信
されるなど、さまざまな被害にあってしまいます。
コンピューターウイルスへの対策方法
以下の対策をきちんと行うことで、コンピューターウイルスに感染することはほとんどなくなり
ます。
コンピューターウイルス対策用のソフトウェアを使用する
コンピューターウイルス対策用ソフトウェアは、コンピューター内にコンピューターウイルスが
存在していないか検査して問題があれば処理したり、開こうとしているファイルが安全かどうか
を検査して危険な場合は開くのを阻止したりするソフトウェアです。
本機には、コンピューターウイルス対策用ソフトウェアとして、
「ウイルスバスター」があらかじ
め搭載されています。
「ウイルスバスター」を設定して、定期的にウイルス定義ファイルを更新し
てください。
また、お使いの機種によってはスパイウェア対策を行う「Spy Sweeper」も用意されています。
! ご注意
複数のコンピューターウイルス対策用ソフトウェアを同時に使用すると、正常に動作しない場合があります。
「ウイルスバスター」以外のコンピューターウイルス対策用ソフトウェアを使用する場合は、
「ウイルスバス
ター」をコントロールパネルからアンインストール(削除)してください。削除方法について詳しくは、
Windowsのヘルプとサポートをご覧ください。コンピューターウイルス対策用ソフトウェアについて詳しく
は、それぞれのソフトウェアメーカーにお問い合わせください。
なお、
「ウイルスバスター」を削除後の本機の動作保証はいたしません。
72
Windows Updateを使ってWindowsを更新する
Windows Updateでは、新たに発見された欠陥を修正するためのソフトウェアが配布されてい
ます。Windowsの欠陥を悪用するコンピューターウイルスは、コンピューターウイルス対策ソ
フトウェアを使っても対処できないことがあるため、Windows Updateで最新の状態を保つよ
うにしてください。
Windowsのセットアップでコンピューターの保護の設定を有効にしていると、自動更新機能が
有効になります。この状態でインターネットに接続していると、Windows Updateにて提供さ
れるプログラムの更新を定期的に確認し、自動的にインストールすることができます。
! ご注意
Windows Updateにて提供されるドライバーの更新はおすすめしません。ドライバーの更新をすることによ
り、本機のプリインストール状態の動作に不具合が生じる場合があります。ドライバーを更新する場合は、
VAIOサポートページ上で提供されるドライバーを適用してください。
本機のWindows Updateに関する情報は、次のVAIOサポートページをご覧ください。
Windows Update関連情報
http://vcl.vaio.sony.co.jp/windows/update/
ファイアウォール機能について
ファイアウォール機能は、インターネットに接続しているときに第三者が不正な方法でお使いの
コンピューターに接続することを阻止する機能です。本機は、Windowsに搭載されているファ
イアウォール機能に加え、
「ウイルスバスター」のファイアウォール機能を搭載しています。
! ご注意
 ファイアウォール機能の設定についてはお使いのソフトウェアのヘルプをご覧ください。
 ファイアウォール機能を有効にすると、ソフトウェアの一部の機能が使えなくなる場合があります。詳し
くは、お使いのソフトウェアのヘルプをご覧ください。
73
その他セキュリティーに
ついて
セキュリティーやコンピューターウイルスに
関する最新情報および修正プログラムを入手
することにより、より安全な環境でご使用い
ただけます。
ソニーでは、セキュリティーやウイルスに関
する最新情報やよくある質問を下記のホーム
ページにて提供しております。定期的に最新
情報をご確認ください。
VAIOサポートページ ウイルス・セキュリ
セキュリティーソフト
ウェアのお問い合わせ先
について
ウイルスバスター 011クラウド
ウイルスバスターサービスセンター
電話番号(購入に関して) 03-5334-1584
電話番号(製品に関して) 0570-064-719
購入に関して<営業時間:9:00∼18:00>
年末年始を除く
ティー情報
製品に関して<営業時間:9:30∼17:30>
http://vcl.vaio.sony.co.jp/notices/security.
html
VAIOカスタマーリンクモバイル(お知らせ)
http://vcl.vaio.sony.co.jp/mobile/
Spy Sweeper
365日
ウェブルート•ソフトウェア カスタマーサ
ポートセンター
電話番号:(0570)055250
受付時間:月曜∼日曜:10時∼ 12時、
また、セキュリティーに関するご質問・ご相
談につきましては、下記の窓口までお問い合
わせください。
VAIOカスタマーリンク セキュリティー専用
窓口
電話番号:0120-70-8103
(フリーダイヤル)
※携帯電話、PHS、一部のIP電話、海外などか
らのご利用は、
(0466)30-3016
(通話料お客様負担)
受付時間
平日:9時∼ 18時
土曜、日曜、祝日:9時∼ 17時
年末年始は、土曜、日曜、祝日の受付時間とな
る場合があります。
74
13時∼ 19時(年末年始を除く)
電子メール:[email protected]
ホームページ:http://www.webroot.co.jp/
使用済みコンピューター
の回収について
このマークが表示されているソニー製品は、新たな料金負担無しでソニーが回収し、再資源化い
たします。
詳細はソニーのホームページ
http://vcl.vaio.sony.co.jp/pcrecycle/
をご参照ください。
個人・ご家庭のお客様へ
個人・ご家庭でご使用になりましたVAIOを廃棄する場合は、下記の「使用済家庭用パーソナルコ
ンピュータ回収委託規約」をご覧ください。
事業者のお客様へ
事業で(あるいは、事業者が)ご使用になりましたVAIOを廃棄する場合は、
http://vcl.vaio.sony.co.jp/pcrecycle/
より、事業者向けのページをご覧ください。
使用済家庭用パーソナルコンピュータ回収委託規約
ソニー株式会社(以下、
「当社」と言います。)は、お客様がご家庭で使用済みとなったパーソナルコ
ンピュータを再資源化するために回収させていただくサービスを、本使用済家庭用パーソナルコ
ンピュータ回収委託規約(以下、
「本規約」と言います。)に基づいて実施いたしております。
本規約にご同意いただける場合には、所定の手続きに従ってお申込みの上、ご家庭で使用済みと
なったパーソナルコンピュータを当社にお引渡しください。
第1条(目的)
「資源の有効な利用の促進に関する法律(以下、
「資源有効利用促進法」と言いま
1.本規約は、
す。)に基づき、個人のお客様がご家庭から排出されるパーソナルコンピュータに関し、資源の
有効な利用の確保を図ることを目的として規定されたものです。
2.お客様は、本規約に従って、当社に対して排出パソコンの回収再資源化を委託し、当社はこ
れを受託するものといたします(以下、
「回収委託業務」と言います。)。なお、当社は、本規約に
基づく回収委託業務の全部または一部を当社の選任した第三者(以下、
「協力会社」と言いま
す。)に行わせることがあります。
75
第条(定義)
1.本規約にいう「排出パソコン」とは、当社が製造・販売したパーソナルコンピュータのシス
テム装置本体部分、ディスプレイ装置、及びこれらの販売にあたって同梱されていた付属品(当
社が本体を出荷する際に一緒に梱包したマウス・キーボード等のいわゆるハードウェア)
(以下、
「パソコン」と言います。)であって、個人のお客様がご家庭で使用され、ご家庭から排出したも
のを意味します。
2.本規約にいう「回収」とは、当社が、本規約第7条によりお客様から排出パソコンの引渡しを
受けることを意味します。
第条(回収の対象)
1.排出パソコンは全て回収の対象となります。ご家庭で使用され、ご家庭から排出したもの
であれば、ディスプレイ装置単体も排出パソコンとして回収の対象となります。なお、第2条
第1項で定める通り、当社が回収する排出パソコンは当社が製造・販売したものに限り、他社
製品は回収の対象とはなりません。
2.以下の各号に定める物は回収の対象となりません。ご注意ください。
(1)フロッピーディスク、CD-ROM、DVD-ROM等の記憶媒体
(2)販売にあたって同梱されていない周辺装置等
(3)ワードプロセッサ、
携帯情報端末(PDA)、ゲーム機器及びプリンター
(4)説明書、案内書、カタログ、はがき等の添付品
第4条(排出パソコン回収の申込み方法)
1.排出パソコンの回収委託業務の委託に際しては、必ず事前に当社に申込みを行ってくださ
い。事前の申込みがない場合には、排出パソコンのお引取りはできません。お申込み無しに排
出パソコンを当社宛に送付されても、お客様の費用負担により返還させていただくことになり
ます。
2.排出パソコンの回収は、当社ホームページ http://vcl.vaio.sony.co.jp/pcrecycle/に定め
る方法によってお申込みを行ってください。
3.前項の申込みについては、お客様の申込みの意思表示が当社に到達したときになされたも
のといたします。申込みを行ったにも拘らず、当社または当社の委託を受けた回収業者から、
なんら連絡が無い場合には、当社のソニーパソコンリサイクル受付センター(連絡先電話
0570-000-369)にご確認ください。携帯電話またはPHS等移動体電話からの場合は別の番
号となります。当社ホームページ http://vcl.vaio.sony.co.jp/pcrecycle/をご覧ください。
4.未成年のお客様は、必ず保護者の同意を得てからお申し込みください。
第条(回収再資源化料金)
1.排出パソコンに、PCリサイクルマークが付いている場合、新たな料金負担無しで、当社が当
該排出パソコンを回収再資源化いたします。
2.PCリサイクルマークが付いていない排出パソコンのうち、お客様が2003年10月1日以降
に購入されたものは、新たな料金負担無しで、当社が当該排出パソコンを回収再資源化いたし
ます。但し、2003年10月1日以降に事業者が新規に購入したパソコンが、その後個人のお客様
に転売され、ご家庭での使用に供され、排出パソコンとなったものは、以下第3項に定める場合
と同様の取り扱いとなります。
76
3.PCリサイクルマークが付いていない排出パソコンのうち、お客様が2003年9月30日以前
に購入されたものは、回収前に、当社所定の回収再資源化料金をお支払いいだきます。回収再
資源化料金には、本規約に基づく回収に要する費用、排出パソコンの再資源化に要する費用及
び消費税が含まれています。
回収再資源化料金の支払方法は以下の通りです。
(1)郵便振替
(2)コンビニエンスストア振込
(3)クレジットカード決済(当社ホームページ http://vcl.vaio.sony.co.jp/pcrecycle/を通じ
て直接申込みをされた場合のみ)
(1)または(2)の場合は、振込用紙をお送りいたします。振替または振込に要する手数料等は
当社で負担いたします。
4.当社は、お客様による回収再資源化料金の支払方法で郵便振替及びコンビニエンスストア
振込の場合はお支払いの後に、クレジットカード決済の場合は当社ホームページ http://vcl.
vaio.sony.co.jp/pcrecycle/を通じた直接の申込みの受付完了の後に、排出パソコンの回収を
行うものといたします。
当社は、回収再資源化料金の郵便振替及びコンビニエンスストア振込のお支払完了、並びにク
レジットカード決済による当社ホームページ http://vcl.vaio.sony.co.jp/pcrecycle/を通じ
た直接の申込みの受付完了が確認できない場合には回収を行いません。
5.本条第3項第(1)号及び第(2)号の方法による回収再資源化料金の支払いを選択された場合、
合理的理由が無いにも拘らず、回収委託業務の申込み日の翌営業日から30日以内に回収再資
源化料金の支払いが確認できなかった場合には、かかる申込みはお客様により撤回されたもの
といたします。
(この場合、お客様が回収を希望するのであれば、再度申込みを行ってください。)
6.本規約第12条に基づく解除がなされた場合を除き、回収再資源化料金の返還はできません
ので、ご了承ください。
7.お客様の故意・過失により、過分の費用を要した場合には、本条第1項乃至第3項の規定に
拘らず、超過分の費用をお支払いいただきます。
8.以下の各号いづれかが満たされることをもって申込みにかかる排出パソコンに関する回
収委託業務のお客様から当社への委託にかかる契約(以下「回収委託契約」と言います。)が成立
するものとします。
(1)排出パソコンにPCリサイクルマークが付いている場合、及び、PCリサイクルマークが付い
ていない場合で2003年10月1日以降にお客様が購入した時(第5条第2項但書の場合を除く)に
は、前条第3項に定めるお客様の申込みの意思表示が当社に到達したとき。
(2)排出パソコンにPCリサイクルマークが付いていない場合で2003年9月30日以前にお客様
が購入された時(第5条第2項但書の場合を含む)には、お客様による回収再資源化料金の郵便
振替及びコンビニエンスストア振込のお支払い、またはクレジットカード決済による当社ホー
ムページhttp://vcl.vaio.sony.co.jp/pcrecycle/を通じた直接の申込みの受付が完了したとき。
77
第条(回収方法)
1.回収の申込み及びPCリサイクルマークの付いていない排出パソコンでお客様が2003年9
月30日以前に購入の場合(第5条第2項但書の場合を含む)について所定の回収再資源化料金の
お支払いがなされると、
「エコゆうパック伝票」をお送りいたします。回収の際には排出パソコ
ンを必ず梱包し、梱包上に「エコゆうパック伝票」を貼付してください。
2.排出パソコンの回収方法については、下記の二つの方法を選択することができます。
(1)持込回収:全国の郵便局(簡易郵便局を除く。)に排出パソコンを持込んでいただく方法。
(販売店等、郵便局以外の場所にご持参いただいてもお引取りすることはできません。以下、
「持
込回収」と言います。)
(2)戸口回収:郵便局の集荷員がお客様の戸口まで伺った上で、排出パソコンの引渡しを受け
る方法。
(戸口回収を希望される場合には、お送りする「エコゆうパック伝票」に記載されている集配郵
便局に直接電話で申込みいただき、回収日時をご相談ください。以下「戸口回収」と言います。)
第条(排出パソコンの引渡し)
1.排出パソコンは、郵便局でお客様の排出パソコンを受領した時(持込回収の場合)、または
郵便局の集荷員がお客様の排出パソコンを受領した時(戸口回収の場合)に、当社に対して引き
渡されたものといたします。
2.お客様が「エコゆうパック伝票」以外のゆうパック伝票を用いて、当社宛に排出パソコンを
送付されまたは郵便局に持ち込まれても、引渡しを受けることはできません。また、郵便局以
外の宅配会社を通じて、お客様から直接、当社または郵便局宛に排出パソコンを送付されても、
引渡しを受けることはできません。
第条(回収後の排出パソコンのデータの取扱い等)
1.前条の引渡しが行われた場合、お客様は、排出パソコン自体及び同パソコンのハードディ
スクやメモリ等に記録されたデータに対する一切の権利(所有権を含むがこれに限らない)を
放棄したものといたします。
2.当社は、排出パソコンの引渡し後は、お客様や第三者に対する排出パソコンの返還や、ハー
ドディスク・メモリ等に記録されたプログラム・データ等の復元・返還等については応じら
れません。
また、これによりお客様または第三者に何らかの損害が発生しても当社は一切の責任を負いま
せん。
3.排出パソコンの引渡しに際し、当該パソコンに、本規約第3条で規定する排出パソコン以外
の媒体・部品・ユニット・付加物・変更物等が残存している場合、お客様はこれらのものに対
する一切の権利を放棄したものとさせていただき、当社において自由に処分等をなしうるもの
といたします。なお、当該媒体・部品・ユニット・付加物・変更物等については、前項の規定
を準用するものといたします。
4.お客様は、排出パソコンの引渡しまでに、お客様の責任において、プログラム・データ等を
全て消去してください。
お客様が排出パソコンに含まれるプログラム・データ等の消去・削除等を行わないまま、当社
に引渡しを行なった場合には、当社は、それらの破壊・漏洩等について、一切の責任を負いませ
ん。
78
第条(お客様の個人情報の取扱い)
「お
1.排出パソコンの回収に伴い、当社に登録されたお客様の氏名、住所等の個人情報(以下、
客様の個人情報」と言います。)は、排出パソコンの回収に必要な範囲でのみ利用させていただ
きます。法令により例外として認められた場合を除き、あらかじめお客様のご同意を得ること
なく、本項に定める目的以外の利用はいたしません。
2.当社は、お預かりしたお客様の個人情報を、第1項に記載の利用目的の範囲内で正確、最新
の内容に保つように努め、不正なアクセス、改ざん、漏えいなどから守るべく、現時点での技術
水準に合わせた必要かつ適切な安全管理措置を講じます。なお、当社は利用目的の達成により
保管の必要が無くなったと判断した場合には、お客様の個人情報を速やかに消去いたします。
3.当社は、下記の場合を除き、あらかじめお客様のご同意なくお客様の個人情報を第三者に
提供いたしません。
(1)第1項に記載の利用目的の実行のために必要な業務を、
当社が他社に委託した場合で、当該
委託先に対して、お客様の個人情報の提供が必要な場合。
(なお、当社は、当該委託先を、十分な
個人情報のセキュリティ水準にあることを確認のうえ選定し、契約等を通じて、必要かつ適切
な監督を行います。)
(2)司法機関または行政機関から法令に基づく要請を受け、
要請理由が妥当と判断した場合。
(3)人の生命、身体、財産を保護するために提供する必要がある場合であって、本人の同意を得
ることが困難である場合。
(4)合併、会社分割、営業譲渡その他の事業承継の場合。
4.お客様が、お客様の個人情報を照会する場合は、第4条に記載するソニーパソコンリサイク
ル受付センターにご連絡ください。
5.お客様が、お客様の個人情報のすべてまたは一部の利用の中止を希望される場合には、第4
条に記載するソニーパソコンリサイクル受付センターにご連絡ください。可能な限り、対処さ
せていただきます。
第10条(回収後の排出パソコンの取扱い)
引渡し後の排出パソコンにつきましては、資源有効利用促進法等の法律に従って、当社の定め
る方法により再資源化・再利用等いたしますが、再資源化・再利用等の手段・方法について、
お客様に対して責任を負うものではありません。
第11条(お引取りできない場合)
以下の場合には、お客様から回収申込みがあっても、当社として回収委託業務を受託できず、排
出パソコンのお引取りをお断りさせていただく場合があります。
(1)回収申込みのあったパーソナルコンピュータが、当社の製造・販売した製品ではなかった
場合。
(2)本規約第3条第2項により、回収の対象とならないものであった場合。
(3)排出パソコンに改造が加えられ、または正当な理由無く部品やユニットが抜き取られ、当
社が製造販売したシステム装置等と同一性が認められないと当社が判断した場合。
(なお、回収
にあたっては、お客様が排出パソコンに独自に付加・変更された媒体・部品・ユニット・付加
物・変更物等について、取外し等をお願いする場合もあります。)
(4)回収申込みのあったパーソナルコンピュータが、個人が家庭用に使用したものではなかっ
たことが判明した場合。
79
(5)お客様が排出パソコンの正当な所有権者・処分権者であることに疑いがあると当社が判
断した場合。
(6)回収申込みをされたお客様が回収再資源化料金の支払いを行えないことが明らかな場合。
(7)排出パソコンが破損していて輸送時の安全が確保できない場合。
(8)その他、前各項に定める事由に類する事由がある場合。
第1条(解除)
1.お客様は、本規約第7条規定の引渡し前であれば、いつでも本規約に基づく回収委託契約の
申込みを撤回し、または回収委託契約を解除することができます。解除を希望されるお客様は
当社のソニーパソコンリサイクル受付センターに通知していただき、当社所定の手続きに従い
解除の意思表示をしてください。
2.当社は、以下の事由に該当するときには、排出パソコンの引渡しの前後を問わず、本規約に
基づく回収委託契約を解除することができます。
(1)排出パソコンが、以下に定めるいずれかに該当するとき。
 回収申込みのあったパーソナルコンピュータが当社の製造・販売した製品ではない場
合。
 本規約第3条第2項により、回収の対象とならないものであった場合。
 排出パソコンが改造され、または、正当な理由無く部品やユニットが抜き取られており、
当社が製造販売したパソコンと同一性が認められないと当社が判断した場合。
 お客様が回収を申し込まれた排出パソコンの品名・型名・数量と引渡しにかかる排出
パソコンの品名・型名・数量とが異なる場合。
 回収申込みのあったパーソナルコンピュータが、個人が家庭用に使用したものではな
かったことが判明した場合。
 排出パソコンの回収申込者が、当該パソコンの正当な所有者・処分権者ではないと当
社が判断した場合。
(2)お客様が第5条第2項但書及び第5条第3項に基づき回収再資源化料金支払義務を負うにも
拘らず、その支払いがなされず、または支払われた回収再資源化料金が所定の金額に満たない
とき。 (3)当社がお客様の指定した住所に発行した「エコゆうパック伝票」を送付した後、合理的な理
由が無いにも拘らず、当社による「エコゆうパック伝票」発行後60日間が経過したにも拘らず
排出パソコンの引渡しがなされなかった場合。
(4)その他前各項に定める事由に類する事由がある場合。
3.本条に基づく回収委託契約の解除により、当社に損害が生じたときは、当社はお客様に対
し損害賠償の請求等を行うことができるものといたします。
第1条(解除後の処理)
1.前条第1項に基づきお客様から解除の意思表示のあった場合、それまでに発生した費用を
ご負担いただくことがあります。
2.前条第1項または第2項に基づいて本規約に基づく回収委託契約の解除がなされた場合の
処理については以下のようになります。
(1)お客様が第5条第2項但書及び第5条第3項に基づき既に回収再資源化料金を支払い済みで
ありかつ、当社がまだ排出パソコンの引渡しを受けていない場合
当社は、お客様に対し、回収再資源化料金を返還いたします。この場合、返還までに要した費用・
80
損害等は、お客様にご負担いただきます。
(2)当社が既に排出パソコンの引渡しを受けている場合
お客様が回収委託契約を解除したとき、当社は、受領済みの排出パソコンを返還いたしません
が、当社が回収委託契約を解除したとき、当社は、お客様に対し、受領済みの排出パソコンを返
還することができるものといたします。この場合、排出パソコンを返還するまでに要した費用
はお客様にご負担いただきます。なお、返還するパソコンの動作や概観等について、当社は一
切の責任を負いません。
但し、既に再資源化処理がなされてしまった場合等、排出パソコンの返還が不可能となってい
る場合には返還いたしません。
3.解除により、お客様または第三者に損害が生じた場合であっても、当社はお客様または第
三者に対し一切の責任を負いません。
第14条(責任の範囲)
1.回収委託業務により、お客様に対して当社の責に基づく損害が発生し、当社が損害賠償責
任等を負う場合、賠償責任の範囲は、排出パソコンの回収再資源化料金相当額を限度とする金
銭賠償に限られるものといたします。
2.本規約は、強行法規に基づくお客様の権利を制限するものではありません。
3.本規約に基づくお客様の権利義務は、第三者に譲渡することはできないものといたします。
第1条(定めのない事項等)
本規約に定めのない事項または本規約の解釈に疑義が生じた場合には、お客様と当社において
誠実に協議を行うことといたします。
第1条(管轄裁判所)
前条の協議によってもなお本規約に関わる紛争が解決できない場合には、東京地方裁判所を第
一審の専属的合意管轄裁判所といたします。
第1条(適用法令)
本規約は日本国内でのみ有効とし、本規約に定めのない事項については、民法その他関係諸法
令を適用するものといたします。
第1条(規約の改定)
本規約は当社によって改定される場合があります。本規約は末尾に示す制定日または改定日
時点のものであり、お客様が第4条に従い排出パソコン回収の申込みをされる時点では改定さ
れている可能性があります。この場合、お客様が第4条に従い排出パソコン回収の申込みをし
た時点の本規約が、当該排出パソコン回収に関して適用されるものといたします。最新版の本
規約は当社のホームページ http://vcl.vaio.sony.co.jp/pcrecycle/にてご確認ください。
以上
(2003年10月1日制定)
(2003年12月1日改定)
(2004年4月1日改定)
(2005年6月1日改定)
(2006年1月16日改定)
81
ソフトウェア使用許諾契約
について
! ご注意
この度は弊社パーソナルコンピューター製品(以下
本製品とします)をお買い上げいただきありがとう
ございます。本製品にはソフトウェア製品が同梱又
はプリインストールされていますが、当該ソフト
ウェアをご使用いただく前に、必ず各々のソフト
ウェア使用許諾契約書をあらかじめお読み下さい。
第2条(使用権)
1.ソニーは、許諾ソフトウェアの非独占的
な使用権をお客様に許諾します。
2.本契約によって生ずる許諾ソフトウェ
アの使用権とは、許諾ソフトウェアが同梱
又はプリインストールされる本製品におい
ソフトウェア製品の中には、各製品の権利者が定
てのみ、お客様が許諾ソフトウェア1部を使
めるソフトウェア使用許諾契約書を伴うものと、
用する権利をいいます。
そのような個別のソフトウェア使用許諾契約を伴わ
3.お客様は、許諾ソフトウェアの全部又は
ないものがあります。個別のソフトウェア使用許諾
契約書を伴わない各々のソフトウェア(以下許諾ソ
フトウェアとし、コンピューターソフトウェア、媒体、
マニュアルなどの関連書類及び電子文書を含みま
す)に関しては、下記のソフトウェア使用許諾契約書
一部を複製、複写したり、これに対する修正、
追加等の改変をすることができません。本
製品に同梱されているシステムリカバリー
メディア、アプリケーションリカバリーメ
をお読み下さい。お客様による許諾ソフトウェアの
ディア又は、お客様が作成したシステムリ
使用開始をもって、下記のソフトウェア使用許諾契
カバリーメディア(以下併せてリカバリー
約書にご同意いただいたものとします。なお、許諾
メディアとします)は、本製品に同梱されお
ソフトウェア以外のソフトウェアのご使用は、各ソ
フトウェアの権利者の定める使用許諾条件に従って
いただくものとします。
ソフトウェア使用許諾契約書
本契約は、お客様(以下お客様とします)とソ
ニー株式会社(以下ソニーとします)との間で
の許諾ソフトウェアの使用権の許諾に関する
条件を定めるものです。
第1条(総則)
許諾ソフトウェアは、日本国内外の著作権
法並びに著作者の権利及びこれに隣接する
権利に関する諸条約その他知的財産権に関
する法令によって保護されています。許諾
ソフトウェアは、本契約の条件に従いソ
ニーからお客様に対して使用許諾されるも
ので、許諾ソフトウェアの著作権等の知的
財産権はお客様に移転いたしません。
客様がインストールした、又は本製品にプ
リインストールされていた許諾ソフトウェ
アが何らかの理由で使用不能となった場合
に、本製品から当該許諾ソフトウェアを削
除の上、許諾ソフトウェアを本製品に再イ
ンストールするためにのみ使用することが
できるものとします。
第3条(権利の制限)
1.お客様は、許諾ソフトウェアを再使用許
諾、貸与又はリースその他の方法で第三者
に使用させてはならないものとします。
2.各許諾ソフトウェアはそれぞれ1つの製
品として、本製品における使用を条件に許
諾されています。お客様は別途ソニーが付
属ドキュメント等で定める場合を除き許諾
ソフトウェアの一部又はその構成部分を許
諾ソフトウェアから分離して使用しないも
のとします。
3.許諾ソフトウェアを用いて、ソニー又は
第三者の著作権等の権利を侵害する行為を
行ってはならないものとします。
82
4.お客様は、許諾ソフトウェアに関しリ
本項に定めるソフトウェア及びバージョン
バースエンジニアリング、逆アセンブル、逆
アップの提供方法はソニーまたは原権利者
コンパイル等のソースコード解析作業を
がその裁量により定めるものとします。ま
行ってはならないものとします。
た、ソニー及び原権利者は、許諾ソフトウェ
5.お客様は、本契約に基づいて、本製品と
アが第三者の知的財産権を侵害していない
一体としてのみお客様の許諾ソフトウェア
ことを保証いたしません。
に関する権利の全てを譲渡することができ
2.許諾ソフトウェアの稼動が依存する、許
ます。但しその場合、お客様は許諾ソフト
諾ソフトウェア以外の製品、ソフトウェア
ウェアの複製物を保有することはできず、
又はネットワークサービス(当該製品、ソフ
許諾ソフトウェアの一切(全ての構成部分、
トウェア又はサービスは第三者が提供する
媒体、マニュアルなどの関連書類、電子文書、
場合に限られず、ソニー又は原権利者が提
リカバリーメディア及び本契約書を含みま
供する場合も含みます)は、当該ソフトウェ
す)を譲渡し、かつ譲受人が本契約の条項に
ア又はネットワークサービスの提供者の判
同意することを条件とします。
断で中止又は中断する場合があります。ソ
6.許諾ソフトウェアの使用に伴い、許諾ソ
ニー及び原権利者は、許諾ソフトウェアの
フトウェアが自動的に許諾ソフトウェアで
稼動が依存するこれらの製品、ソフトウェ
用いるためのデータファイルを作成する場
ア又はネットワークサービスが中断なく正
合があります。この場合、当該データファ
常に作動すること及び将来に亘って正常に
イルは許諾ソフトウェアと看做されるもの
稼動することを保証いたしません。
とします。
3.許諾ソフトウェアにはソニー又はソニー
第4条(許諾ソフトウェアの権利)
の指定する第三者のサーバーに本製品を接
許諾ソフトウェアに関する著作権等一切の
続した際に許諾ソフトウェアが自動的に
権利は、ソニー又はソニーが本契約に基づ
アップデートされる機能を有するものがあ
きお客様に対して使用許諾を行うための権
ります。お客様が、この自動アップデート
利をソニーに認めた原権利者(以下原権利
の機能を用いない旨設定した場合、又は、
者とします)に帰属するものとし、お客様は
アップデートをするか否かを問い合わせる
許諾ソフトウェアに関して本契約に基づき
設定にした場合で且つお客様がアップデー
許諾された使用権以外の権利を有しないも
トの実行を拒否した場合、お客様による許
のとします。
諾ソフトウェアの使用に関してソニーは何
第5条(責任の範囲)
等の責任を負わないものとします。
1.ソニー及び原権利者は、許諾ソフトウェ
4.お客様に対するソニー及び原権利者の
アにエラー、バグ等の不具合がないこと、若
損害賠償責任は、当該損害がソニー又は原
しくは許諾ソフトウェアが中断なく稼動す
権利者の故意又は重過失による場合を除き
ること又は許諾ソフトウェアの使用がお客
いかなる場合にも、お客様に直接且つ現実
様及び第三者に損害を与えないことを保証
に生じた通常の損害に限定され且つお客様
しません。但し、ソニー及び原権利者は、当
が証明する本製品の購入代金を上限としま
該エラー、バグ等の不具合に対応するため、
す。
許諾ソフトウェアの一部を書き換えるソフ
トウェア若しくはバージョンアップの提供
による許諾ソフトウェアの修補、許諾ソフ
トウェアの郵送による交換又は許諾ソフト
ウェア中の他社製ソフトウェアについての
問い合わせ先の通知を行うことがあります。
83
第6条(著作権保護及び自動アップデート)
1.お客様は、許諾ソフトウェアの使用に際
1.本契約は、日本国法に準拠するものとし
し、日本国内外の著作権法並びに著作者の
ます。
権利及びこれに隣接する権利に関する諸条
2.お客様は、許諾ソフトウェアを日本国外
約その他知的財産権に関する法令に従うも
に持ち出して使用する場合、適用ある輸出
のとします。又、許諾ソフトウェアのうち、
管理規制、法律、命令に従うものとします。
著作物の複製、保存及び復元等を伴う機能
3.本契約は、消費者契約法を含む消費者保
の使用に際して、ソニーが必要と判断した
護法規によるお客様の権利を不利益に変更
場合、ソニーが、当該著作物の著作権保護の
するものではありません。
ため、かかる許諾ソフトウェアによる複製、
4.本契約の一部条項が法令によって無効
保存、復元等の頻度の記録をとり、状態を監
となった場合でも、当該条項は法令で有効
視し、さらに複製、保存及び復元の拒否、本
と認められる範囲で依然として有効に存続
契約の解約を含む、あらゆる措置をとる権
するものとします。
利を留保することに同意するものとします。
5.本契約に定めなき事項又は本契約の解
2.お客様は、お客様がソニー又はソニーの
釈に疑義を生じた場合は、お客様及びソ
指定する第三者のサーバーに本製品を接続
ニーは誠意をもって協議し、解決するもの
した際、(A)許諾ソフトウェアのセキュリ
とします。
ティー機能の向上、エラーの修正、アップ
デート機能の向上等の目的で許諾ソフト
ウェアが適宜自動的にアップデートされる
こと、(B)当該許諾ソフトウェアのアップ
デートに伴い、許諾ソフトウェアの機能が
追加、変更又は削除されることがあること、
及び(C)アップデートされた許諾ソフト
ウェアについても本ソフトウェア使用許諾
契約書の各条項が適用されることに同意す
るものとします。
第7条(契約の解約)
1.ソニーは、お客様が本契約に定める条項
に違反した場合、直ちに本契約を解約する
ことができるものとします。
2.前項の規定により本契約が終了した場合、
お客様は契約の終了した日から2週間以内
に許諾ソフトウェアの全てを廃棄するか、
ソニーに対して返還するものとします。お
客様が許諾ソフトウェアを廃棄した場合、
直ちにその旨を証明する文書をソニーに差
し入れるものとします。
3.本条1項の規定により本契約が終了した
場合といえども、第4条、
第5条、第7条第2項
及び第3項並びに第8条第1項及び第3項乃
至第5項の規定は有効に存続するものとし
84
第8条(その他)
ます。
青少年がおられる
ご家庭の皆様へ
∼ 重要なお知らせとお願い ∼
インターネットの発展によって、世界中の人と容易にメールのやりとりをしたり、個人や企業が
開設しているインターネット上のサイトを活用したりすることによって、必要なときに必要と
する情報を瞬時に検索することが可能となっています。しかしながら、インターネットには違
法情報や有害情報という負の側面もあります。
特に青少年にとって、下記のようなインターネット上のサイトは、情報入手の容易化や機会遭遇
の増大などによって、青少年の健全な発育を阻害し、犯罪や財産権侵害、人権侵害など社会問題
の発生を助長していると見られています。
 アダルトサイト(ポルノ画像や風俗情報)
 出会い系サイト
 暴力残虐画像を集めたサイト
 他人の悪口や誹謗中傷を載せたサイト
 犯罪を助長するようなサイト
 毒物や麻薬情報を載せたサイト
アダルトサイトが青少年にとっていかに有害であっても、他人のサイトの公開を止めさせるこ
とはできません。情報を発信する人の表現の自由を奪うことになるからです。また、日本では
非合法であっても、海外に存在しその国では合法のサイトもあり、それらの公開を止めさせるこ
とはできません。
有害なインターネット上のサイトを青少年に見せないようにするための技術が、
「フィルタリン
グ」といわれるものです。フィルタリングは、情報発信者の表現の自由を尊重しつつ、情報受信
者の側で閲覧の制御を行う技術的手段で、100%万全ではありませんが、多くの有害な情報への
アクセスを自動的に制限することができる有効な手段です。
特に青少年がおられるご家庭では、ご自宅のパソコンにフィルタリング機能を設定されること
をおすすめいたします。
VAIOではWebブラウザーを使ってインターネットを利用するときの「フィルタリング」機能を
持つソフトウェアとして、
「ウイルスバスター」や「i-フィルター」などを用意しています。
「フィルタリング」機能の設定方法については、それぞれのソフトウェアの説明書またはヘルプ、
ブラウザーのブックマークからのリンクなどをご確認ください。
お使いの機種やブラウザーによってプリインストールされているソフトウェアや設定方法が異
なります。
85
「フィルタリング」機能を持つソフトウェアがプリインストールされていない機種を選択された
場合は、
「フィルタリング」機能を持つソフトウェアを購入しインストールするか、インターネッ
ト事業者のフィルタリング・サービスの利用をご検討されることをおすすめいたします。
「フィルタリング」は、ソフトウェアあるいはサービス事業者によって、
「有害サイトブロック」
「Webフィルタ」
「インターネット利用管理」などと表現される場合もあり、それぞれ、機能、利用
条件が異なっています。
ソフトウェア提供会社あるいは、お客様が契約されているインターネット事業者に、事前にご確
認されることをおすすめいたします。
なお、フィルタリングに関する詳しい情報は、社団法人 電子情報技術産業協会のユーザー向け
啓発資料「パソコン・サポートとつきあう方法」からも入手いただけます。
http://it.jeita.or.jp/perinfo/report/pcsupport/index.html
86
ソフトウェアの使いかたとお問い合わせ先
付属ソフトウェアの
お問い合わせ先
本機に付属のソフトウェアは、それぞれお問い合わせ先が異なります。
各ソフトウェアの連絡先へお問い合わせください。
OS
ソフトウェア
Windows(R)7 Home Premium with
Service Pack 1 正規版
お問い合わせ先
VAIOカスタマーリンク
AVエンターテインメント
ソフトウェア
お問い合わせ先
Media Gallery(92ページ)
VAIOカスタマーリンク
Windows(R)Media Center
VAIOカスタマーリンク
Windows Media(R)Player
VAIOカスタマーリンク
(92ページ)
写真・ビデオ編集
ソフトウェア
PMB VAIO Edition(93ページ)
お問い合わせ先
VAIOカスタマーリンク
ホームネットワーク
ソフトウェア
VAIO ホームネットワークビデオ
お問い合わせ先
VAIOカスタマーリンク
プレーヤー
87
コミュニケーション
ソフトウェア
お問い合わせ先
WebCam Companion(HD)
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/software.html
Magic-i(TM)Visual Effects(HD)
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/software.html
Skype
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/software.html
インターネット・メール
ソフトウェア
Windows Live(R)メール
お問い合わせ先
VAIOカスタマーリンク
Windows(R)Internet Explorer(R) VAIOカスタマーリンク
Chrome ブラウザ
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/software.html
Googleツールバー
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/software.html
セキュリティー
ソフトウェア
お問い合わせ先
ウイルスバスター 2011 クラウド(TM) ウイルスバスターサービスセンター
電話番号:
購入に関して:(03)5334-1584
製品に関して:(0570)064-719
受付時間:
購入に関して:9時∼ 18時(年末年始を除く)
製品に関して:9時30分∼ 17時30分(365日)
Spy Sweeper(90日期間限定版)
ウェブルート・ソフトウェア カスタマーサポートセンター
電話番号:(0570)055250
受付時間:月曜∼日曜:10時∼ 12時、13時∼ 19時
(年末年始を除く)
電子メール:[email protected]
ホームページ:http://www.webroot.co.jp/
88
ワープロ・表計算
Microsoft(R)Office Home and
Business 2010(94ページ)
お電話をおかけいただく前に、住所、氏名、電話番号、郵
便番号、プロダクトIDをご用意ください。
その他のサポートに関する詳しい情報、およびプロダ
クトIDの確認方法については、付属の「Office お使い
になる前に」をご確認ください。
「Office 2010」関連のお問い合わせは、VAIOカスタ
マーリンクではお受けしておりません。
基本操作に関するお問い合わせ:
本件について詳しくは、付属の「Office お使いになる前
に」をご確認ください。
メールでの受付
以下のWebサイトにアクセスし、ご質問または問題に
関連する製品を選択してください。
http://support.microsoft.com/oas/
24時間いつでも受け付けています。
電話での受付
(0120)54-2244
受付時間:
月曜日∼金曜日:9時30分∼ 12時、13時∼ 19時
土曜日:10時∼ 17時
(祝日、マイクロソフト社指定休業日を除きます。マイ
クロソフト社指定休業日以外で日曜日が祝日である場
合には、日曜日は上記どおり受付を行い、翌日の振替休
日が休業となります)
セットアップ、インストール中のトラブルに関するお問い合わせ:
こちらのお問い合わせに限り、日曜日も10時∼ 17時
までサポートいたします。
有効期間
お客様が初めてお問い合わせいただいた日から起算し
て90日間 *
* サポート ライフサイクル期間内
89
実用ツール
ソフトウェア
お問い合わせ先
Adobe(R)Reader(R)X
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/software.html
ATOK 2011 for Windows
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/software.html
(30日期間限定版)
設定・ユーティリティー
ソフトウェア
お問い合わせ先
VAIO の設定
VAIOカスタマーリンク
VAIO Gate
VAIOカスタマーリンク
VAIO Smart Network
VAIOカスタマーリンク
サポート・ヘルプ
ソフトウェア
お問い合わせ先
VAIO Care
VAIOカスタマーリンク
VAIO お引越サポート
VAIOカスタマーリンク
ノートン(TM)オンラインバックアップ
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/software.html
(60日期間限定版)
その他
ソフトウェア
VAIO オンラインカスタマー登録
90
お問い合わせ先
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/software.html
ソフトウェアをお使いに
なる前のご注意
本機に付属のソフトウェアはそれぞれお問い合わせ先が異なります。各ソフトウェアごとに記
載された先へお問い合わせください。
ヒント
本機に付属のソフトウェアは、選択したモデルにより異なります。
付属のソフトウェアを確認するには、 (スタート)ボタン−[すべてのプログラム]にポインターをあわせて
表示されたメニューをご確認ください。
! ご注意

Windows 7は、使用者がOS上で作業を行うには一定のユーザー権利とアクセス許可が必要です。
本機に付属のソフトウェアの中でも同様に、一定のユーザー権利とアクセス許可が必要なものがあります。
インストールができない、機能の一部が使用できない、またはソフトウェアが起動できない場合などは、ロ
グインしているユーザーに必要なユーザー権利とアクセス許可が与えられていない可能性があります。
その場合は、システムの管理が可能なユーザー名で再度ログインするか、お使いのユーザー名に「コン
ピューターの管理者」の権利を与える設定にして作業をやり直してください。
なお、ソフトウェアによっては、ユーザーの簡易切り替えに対応していないものがあります。詳しくは、各
ソフトウェアのヘルプをご覧になるか、各ソフトウェアの「お問い合わせ先」にお問い合わせください。
 付属ソフトウェアの一部においては、アプリケーション単独でアンインストールやインストールが行える
ものもあります。
ただし、このような操作を行った場合の動作確認は行っておりません。
91
ソフトウェアの基本的な
使いかた
Media Gallery
おすすめで楽しめる発見体験
VAIOに取り込んだ写真やビデオ、音楽を解析して、好みや日付、時間帯などにあわせて、あなたに
あったコンテンツをおすすめしてくれる、メディアプレーヤーです。
イベント単位で写真やビデオを楽しむ
写真とビデオは、イベントの表示単位にまとめて表示。時系列で整理されたビューで、月表示や
年表示に切り替えながら、すぐに探したいイベントを見つけられます。
また、イベントから、3ステップでムービー作品にして楽しめます。
気分にあった音楽を自動で選曲・再生
気分にあわせてお好きな音楽が手軽に楽しめます。
おまかせチャンネルを使うと、
「おはようタイム」を選べば元気でさわやかな目覚めにぴったりの
曲、
「ダンスフロア」を選べば思わず踊りだしたくなるリズミカルな曲を楽しめます。
起動するには
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[Media Gallery]をクリックしてください。
「Media Gallery」の使いかたについて詳しくは、ソフトウェアのヘルプをご覧ください。
Windows Media Player
音楽・動画再生ソフトウェアです。
音楽CDを手軽に再生するときなどに便利です。
また、インターネットを利用してストリーミング動画配信サービスを楽しむことにも適しています。
起動するには
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[Windows Media Player]をクリックしてくだ
さい。
「Windows Media Player」
の使いかたについて詳しくは、
ソフトウェアのヘルプをご覧ください。
92
PMB VAIO Edition
手軽に写真やビデオを取りこみ、管理、活用
写真やビデオが簡単に取り込めて、手軽に素早く閲覧できます。
写真を補整してきれいにしたり、ショートムービーやオリジナルディスクを作成したりして、い
ろいろな方法で楽しく活用できます。
日付で手軽に閲覧
撮影した日付がわかるカレンダー表示で、手軽に閲覧できます。
サムネイルで素早く閲覧
動画の見たいシーンが一目でみつけられるサムネイル表示で、素早く閲覧できます。
活用して楽しむ
「VAIO クリエーション」で画像をきれいにすることや、ショートムービーやディスクの作成がか
んたんにできます。
■ 写真をきれいに
うまく撮れなかった写真を補整してきれいにできます。
■ ムービー作成
本格的なムービー作品をかんたんに作れます。
■ ディスク作成*
素敵なデザインのオリジナルディスクを作成できます。
* お使いのモデルによっては、ディスク作成ができない場合があります。
起動するには
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[PMB]をクリックしてください。
「PMB VAIO Edition」の使いかたについて詳しくは、ソフトウェアのヘルプをご覧ください。
93
VAIO Update
「VAIO Update」は、VAIOを常に最新の状態にしておくためにサーバーと通信を行い、
「重要なお
知らせ」や「アップデートプログラム」などの更新情報をお知らせするサービスです。
VAIOの機能改善などに必要なアップデートプログラムをインターネット経由で自動的に判別し、
不足しているプログラムを手軽にダウンロード/インストールすることができます。
定期的に更新情報を取得して、最新情報をバルーンでお知らせすることもできます。
また、
「VAIO Update」が更新された場合は、自動でアップデートを実行します。
! ご注意
 「VAIO Update」のバージョンが古くなると、
「VAIO Update」のサービスをご利用できません。最新のバー
ジョンにアップデートしてください。
 「VAIO Update」をご利用いただくには、インターネットに接続する必要があります。
 ノート型のVAIOをお使いの場合は、更新中の電源遮断を防ぐため、ACアダプターを接続してください。AC
アダプターを接続していないと、アップデートを実行できません。
 コンピューターの管理者(Administrator)権限のユーザーアカウントでWindowsにログオンしてください。
 アップデートは、VAIOにプリインストールされているオリジナルプログラムのみが対象です。
Windowsの更新には、Microsoft社が提供するWindows Updateをご利用ください。
起動するには
デスクトップ画面右下の通知領域にある
(VAIO Updateアイコン)をダブルクリックしてく
ださい。
「VAIO Update」の使いかたについて詳しくは、ソフトウェアのヘルプをご覧ください。
Microsoft Office(Word / Excel)
Wordを起動するには
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[Microsoft Office]−[Microsoft Word 2010]
をクリックしてください。
Excelを起動するには
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[Microsoft Office]−[Microsoft Excel 2010]
をクリックしてください。
「Microsoft Office」の使いかたについて詳しくは、各ソフトウェアのヘルプをご覧ください。
94
増設/バックアップ/リカバリー
増設する
メモリーを増設する
メモリーを増設すると、データの処理速度や
複数のソフトウェアを同時に起動したときの
処理速度が向上します。
お使いの機種のメモリーについては、別紙「主
な仕様」をご覧ください。
メモリーを増設するときのご注意
メモリーの増設は注意深く行う必要があり
ます。取り付けかたや取りはずしかたを誤
ると、本機の故障の原因になります。電気
的な専門知識が必要な作業ですので、販売
店などに取り付けを依頼されることをおす
すめします。
ご自分でメモリーの増設を行った場合には、
内部端子の接続不備や破損、メモリーの接
続が不十分なことにより故障や事故を起こ
すことがあります。この場合の修理はすべ
て有償となります。
メモリー増設の際は、本機の電源を切り、約
1時間ほどおいてから作業を行ってくださ
い。電源を切ったすぐあとは、本機の内部
が熱くなっており、やけどをするおそれが
あります。
メモリー増設の際は、
本機内部の部品や基板
などの角で手や指をけがしないように注意
深く作業してください。
メモリー増設の際は、本機内部のケーブル
に指などを引っかけてはずさないように注
意してください。
メモリー増設の際に水などの液体や異物(ネ
ジなどの金属物など)が本機内部に混入した
ままの状態で電源を入れると、発煙のおそれ
があります。必ず異物を取り除いてふたを
取り付けてから電源を入れてください。
本機の内部基板の電子部品には、手を触れな
いでください。外部からの力や静電気に大
変弱いものがあり、故障の原因となります。
市販のメモリーモジュールについてのサ
ポートは弊社では行っておりません。ご不
明の点はメモリーモジュールの販売元にご
相談ください。
メモリーを取り付けるには
! ご注意
メモリーモジュールの取り付けは、必ず本機と周
辺機器の電源を切り、電源コードやバッテリー、
およびすべての接続ケーブルを取りはずした状
態で行ってください。電源コードやバッテリーを
取り付けた状態でメモリーモジュールを取り付
けると、メモリーモジュールや本機、周辺機器が
破損することがあります。
静電気でメモリーモジュールを破壊しないよう
に、メモリーモジュールを取り扱うときは、次の
ことをお守りください。
 静電気の起こりやすい場所(じゅうたんの上な
ど)では作業しないようにしてください。
 静電気を体から逃すため、本体の金属部に触れ
てから作業を始めてください。ただし、本機内
部の金属部には触らないようご注意ください。
 メモリーモジュールは静電気防止袋に入って
います。取り付け直前まで袋から出さないで
ください。
メモリーモジュールを持つときは半導体や端子
に触れないようにしてください。
メモリーモジュールには、向きがあります。メモ
リーモジュールのエッジ端子の切り欠き部分と
スロットの端子(溝の内側)部分の突起の位置を
正しくあわせてください。無理に逆向きにメモ
リーモジュールをスロットに押し込むと、メモ
リーモジュールやスロットの破損や基板からの
発煙の原因となりますので特にご注意ください。
95
1
本機と周辺機器の電源を切り、
電
源コードやバッテリー、
およびす
べての接続ケーブルを取りはずす。
本機を裏返し、底面のふたを開ける。
 メモリーモジュールのエッジ端子部分を
下にむけ、切り欠き部分をスロットの溝に
あわせて、奥までしっかりと差し込む。
「カチッ」と音がするまで、矢印の方向にゆっ
くりとメモリーモジュールを倒す。
メモリーモジュールの両端が固定されます。
このとき、メモリーモジュールの黒いICの
部分を触らないでください。
底面のネジをプラスドライバーで取りはずし
ます。
! ご注意
 ドライバーはネジのサイズにあったもの(精密ド
ライバーなど)をお使いください。
 指定以外のネジをはずしたり、
ゆるめたりしない
でください。本機の故障の原因となるおそれがあ
ります。
 底面のふたからネジがはずれない機種があります。
本機の金属部などに触れて体の静
電気を逃がしてから、
メモリーモ
ジュールを静電気防止袋から取り
出す。
ただし、本機内部の金属部には触らないよう
ご注意ください。
4
メモリーモジュールを取り付ける。
空きスロットがない場合は、取り付けられて
いるメモリーモジュールをはずしてください。
! ご注意
 メモリーモジュール以外の部品や基板などには
触れないようにご注意ください。
 取り付けが不十分な場合は、起動できなかったり、
起動後の動作が不安定になることがあります。
96
ふたを元に戻し、
ネジをしっかり
締める。
メモリー容量を確認するには
メモリーモジュールを取り付けた際は、以下
の手順に従ってメモリー容量を確認してくだ
さい。
手順1で取りはずした電源コード
やバッテリーなどを取り付けて、
本機の電源を入れる。
1
(スタート)ボタン−[すべてのプ
ログラム]−[VAIO の設定]をク
リックする。
「VAIO の設定」画面が表示されます。
[システム情報]
−
[システム情報]
をクリックする。
「システム情報」画面が表示されます。
「システムメモリー」
の項目が増設
後のメモリー容量になっているこ
とを確認する。
メモリーの容量が正しければ、メモリーの増
設は完了しました。
メモリーの容量が増えていないときは、本機
の電源を切っていったんメモリーモジュール
を取りはずし、もう一度正しく増設の手順を
繰り返してください。
97
メモリーを取りはずすには
! ご注意
1
 メモリーモジュールを取りはずす前に、本機の電
源を切り、約1時間ほどおいてから作業を行ってく
ださい。電源を切ったすぐあとは、本機の内部が
熱くなっており、やけどをするおそれがあります。
 本機内部の部品や基板などの角で手や指をけが
しないよう注意深く作業してください。
本機と周辺機器の電源を切り、
電
源コードやバッテリー、
およびす
べての接続ケーブルを取りはずす。
「メモリーを取り付けるには」
の手
順を行う。
 本機内部のケーブルに指などを引っかけてはず
さないよう注意してください。
メモリーモジュールの取り扱いについて
静電気でメモリーモジュールを破壊しない
ように、メモリーモジュールを取り扱うと
きは、次のことをお守りください。
メモリーモジュールを取りはずすときは、
静電気の起こりやすい場所(カーペット
の上など)では作業しないでください。
静電気を体から逃がすため、本機の金属
部に触れてから作業を始めてください。
ただし、本機内部の金属部には触らない
本機の金属部に触れて体の静電気
を逃がしてから、
メモリーモ
ジュールを取りはずす。
ただし、本機内部の金属部には触らないよう
ご注意ください。
 メモリーモジュールを固定しているタブ
を、注意しながら同時に押し広げる。
 メモリーモジュールを矢印の方向に引き
抜く。
ようご注意ください。
メモリーモジュールを保管するときは、静
電気防止袋またはアルミホイルで覆ってく
ださい。
98
4
ふたを元に戻し、
ネジをしっかり
締める。
手順1で取りはずした電源コード
やバッテリーなどを取り付ける。
本機の調子が悪くなったときは
本機の動作が不安定になったり、反応が遅くなったりした場合は、以下のような原因が考えられ
ます。
コンピューターウイルスに感染した
Windowsの設定を変更した
本機で動作の保証がされていないソフトウェアやドライバーをインストールした
このような場合には、次の流れに従って本機の復旧を試みてください。
Windowsが起動する場合
(101ページ)
Windowsが起動しない場合は「Windowsが起動しない場合」をご覧ください。
手順1
リカバリーメディアを作成していない場合は、作成する。
(114ページ)
手順
必要なファイルのバックアップをとる。
(104ページ)
手順
以下のいずれかを実行してみる。

「VAIO Care」を起動して、
「ワンクリックケア」を実行する。
システムの復元をする。
(109ページ)
本機の調子が悪くなる前の最新の復元ポイントを使って、システムの復元をしてください。
ソフトウェアやドライバーをインストール後に本機の調子が悪くなった場合は、インス
トールしたソフトウェアやドライバーをアンインストールする。
本機にプリインストールされているソフトウェアやドライバーが正常に働かなくなった
場合は、それらを再インストールする。
(112ページ)
以前にシステム イメージをバックアップしていた場合は、システム イメージを復元する。
(108ページ)
99
手順4
それでも本機の調子が悪い場合は、
「リカバリーする」
(11ページ)の手順に従ってリカバ
リーする。
! ご注意
リカバリーすると、ハードディスクまたはSSD上にあったファイルはすべて消えてしまいますのでご注意く
ださい。
ディスクドライブ非搭載モデルをお使いの場合、CDやDVDを使用するには別売りの外付けドライブが必要
となります。接続のしかたや使いかたについて詳しくは、外付けドライブに付属の取扱説明書をご覧くだ
さい。
100
Windowsが起動しない場合
Windowsが起動しないときは、次の流れに従って操作します。
手順1
以下のどちらかを実行してみる。
システムの復元をする。
(109ページ)
本機の調子が悪くなる前の最新の復元ポイントを使ってシステムの復元をしてください。
以前にシステム イメージをバックアップしていた場合は、システム イメージを復元する。
(108ページ)
システム イメージをバックアップした後に変更されたファイルは復元されません。
最後にシステム イメージをバックアップした後に変更または作成されたファイルについ
ては、
「VAIO Care レスキュー」でバックアップしてください。
(107ページ)
それでもWindowsが起動しない場合は、さらに次の流れに従ってリカバリーする必要があります。
手順
データをバックアップしていなかった場合は、
「VAIO Care レスキュー」で必要なファイルを
バックアップする。
(10ページ)
本機の調子が悪くなる前に、Windowsの「バックアップと復元」を使ってバックアップをし
ていて、その後に変更または作成されたファイルで必要なファイルがある場合は、
「VAIO
Care レスキュー」でバックアップしてください。
手順
「VAIO ハードウェア診断ツール」でハードウェアを検査する。
リカバリーを行う前にハードウェア(CPU、メモリー、ハードディスクまたはSSD)の検査を
行い、交換が必要かどうかを確認することができます。
「VAIO ハードウェア診断ツール」は、
「VAIO Care レスキュー」で[ツール]−[VAIO ハード
ウェア診断ツール]をクリックして起動します。
101
手順4
「リカバリーする」
(11ページ)の手順に従って、リカバリーする。
! ご注意
リカバリーすると、ハードディスクまたはSSD上にあったファイルはすべて消えてしまいますのでご注意く
ださい。
ディスクドライブ非搭載モデルをお使いの場合、CDやDVDを使用するには別売りの外付けドライブが必要
となります。接続のしかたや使いかたについて詳しくは、外付けドライブに付属の取扱説明書をご覧くだ
さい。
102
バックアップ
バックアップとは
バックアップとは、コンピューターに保存さ
れたデータをDVDなどのメディアや外付け
ハードディスクなどにコピーし、元のデータ
とは別の場所に保存することです。
バックアップの必要性
本機を使用しているうちに、作成した文書
ファイルやデジタルスチルカメラで撮った写
真など様々なデータが保存されていきますが、
予想外のトラブルやコンピューターウイルス
の感染などによって保存されたデータが壊れ
てしまう可能性があります。
このような場合に、大切なデータを元に戻す
ことができるよう、日常的にデータをバック
アップすることをおすすめします。
バックアップの種類
データのバックアップは、Windowsの「バッ
クアップと復元」で行います。
(104ページ)
バックアップには用途に応じて以下の種類が
あります。
ファイルのバックアップ
本機に保存したメールや写真などファイル
の種類ごとにデータをDVDなどのメディア
や外付けハードディスクなどにバックアッ
プすることができます。
ファイルのバックアップの操作方法につい
て詳しくは、
「ファイルやシステム イメー
ジをバックアップする」
(104ページ)をご
覧ください。
システム イメージのバックアップ
コンピューター全体のバックアップをする
システム イメージをバックアップするに
は、NTFSでフォーマットされた別売りの外
付けハードディスクドライブが必要です。
BDやDVDなどのメディア上にシステム イ
メージのバックアップを作成することもで
きます。
システム イメージのバックアップの操作
方法について詳しくは、
「ファイルやシステ
ム イメージをバックアップする」
(104ペー
ジ)をご覧ください。
復元ポイント
新しいソフトウェアをインストールしたり、
Windowsの設定を変更したりすると、本機
の調子が悪くなる(反応が遅くなる、ソフト
ウェアが起動しなくなる)場合があります。
そのような作業をする前に復元ポイントを
設定しておくと、本機の調子が悪くなった
場合に元に戻すことができます。復元ポイ
ントについて詳しくは、
「システムの復元ポ
イントを作成する」
(105ページ)をご覧く
ださい。
ヒント
ディスクドライブ非搭載モデルをお使いの場合、
バックアップする際に外付けハードディスクドライ
ブやDVDドライブなどを用意するか、またはC:ドラ
イブのパーティションサイズを変更して新しく別の
パーティションを作成する必要があります。
(36
ページ)
! ご注意
本機の不具合など、何らかの原因でデータが消去、
破損した場合、いかなる場合においても記録内容
の補修や補償についてはいたしかねますのでご
了承ください。
お買い上げ後はすぐにリカバリーメディアを作
成してください。本機に不具合が生じ、Windows
上の操作でデータをバックアップできない場合
ことができます。ハードディスクまたは
に、リカバリーメディアにあるバックアップツー
SSDや本機の調子が悪くなった場合に、
ルを使ってバックアップすることができます。
バックアップ時の状態に復元することがで
きます。
リカバリーメディアの作成方法については、
「リ
カバリーメディアを作成する」
(114ページ)をご
覧ください。
103
バックアップと復元を行う
1
バックアップするには
(Windowsが起動する場合)
(スタート)
ボタン−
[コント
ロール パネル]
−
[システムとセ
キュリティ]
−
[バックアップと復
元]
をクリックする。
Windowsの「バックアップと復元」を使って、 「バックアップと復元」画面が表示されます。
ファイルやシステム イメージをバックアッ
プすることができます。
また、システムの復元ポイントを作成するこ
とができます。
バックアップの種類について詳しくは、
「バッ
クアップの種類」をご覧ください。
(103ページ)
ファイルやシステム イメージをバック
アップする
はじめてファイルやシステム イメージを
バックアップする場合は、右記の手順でバッ
クアップデータの保存先や作成する対象、ス
ケジュールの設定などを行います。
ヒント
システム イメージをバックアップすると、コン
ピューター全体のバックアップをすることがで
きます。
ハードディスクまたはSSDや本機の調子が悪く
なった場合に、バックアップ時の状態に復元する
ことができます。
 システム イメージをバックアップするには、
NTFSでフォーマットされた別売りの外付け
ハードディスクドライブが必要です。外付け
ハードディスクをNTFSでフォーマットするに
は、エクスプローラー上で外付けハードディス
クを右クリックして[フォーマット]を選択し
ます。フォーマットすると、外付けハードディ
スク上のデータはすべて消去されます。
 BDやDVDなどのメディア上にシステム イ
メージのバックアップを作成することもでき
ます。BDやDVDなどのメディア上にシステム
イメージをバックアップする場合は、
「バック
アップと復元」画面左側の
[システム イメージ
の作成]をクリックし、画面の指示に従ってく
ださい。
右記の手順で、ファイルとシステム イメージの
バックアップを同時に行うこともできます。
[バックアップの設定]
をクリック
する。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
「バックアップの設定」画面が表示されます。
ヒント
管理者権限を持つユーザーとしてログオンしていな
い場合は、管理者権限のユーザー名とパスワードを
要求されることがあります。
バックアップデータの保存先を選
択し、
[次へ]
をクリックする。
ヒント
バックアップデータの保存先は、以下の4種類から選
択します。
 外付けハードディスクドライブ(推奨)
 CDまたはDVD
 C:ドライブ以外のドライブ*
 ネットワーク上
* お買い上げ時の設定が1つのパーティション(C:ド
ライブ)のみの場合は、C:ドライブのパーティショ
ンサイズを変更して新しく別のパーティションを
作成してください。
(36ページ)
ただし、万一ハードディスクまたはSSDが故障し
た場合はデータが失われるので注意してください。
104
4
バックアップの対象画面で
[自分
で選択する]
を選択し、
[次へ]
をク
リックする。
[自動選択]を選択した場合は、手順6に進んで
ください。
! ご注意
本機に搭載されている一部のソフトウェアで管
理している曲や画像・情報などのデータは、
「バッ
クアップと復元」ではバックアップできない場合
があります。ソフトウェアに専用のバックアップ
ツールが用意されている場合は、ヘルプを参照し
てご使用ください。
データを暗号化している場合は、解除してから
バックアップしたいファイルの種
類、
またはバックアップ対象のド
ライブやフォルダーにチェックを
付け、
[次へ]
をクリックする。
システム イメージをバックアップする場合
は、
[次のドライブのシステム イメージを含
める]チェックボックスにチェックを付けて
ください。
バックアップしてください。
システムの復元ポイントを作成する
システムの復元とは
新しいソフトウェアをインストールしたり、
Windowsの設定を変更したりすると、本機の
調子が悪くなる(反応が遅くなる、ソフトウェ
アが起動しなくなる)場合があります。
そのような作業をする前に復元ポイントを設
定しておくと、本機の調子が悪くなった場合
に元に戻すことができます。
バックアップのスケジュールを設
定しない場合は、
[設定の保存と
バックアップの実行]
をクリック
する。
バックアップが開始されます。
ヒント
復元ポイントは、ソフトウェアのインストール時な
どに自動的に作成されますが、手動で作成すること
もできます。
ソフトウェアやドライバーをインストールするとき
は、念のためインストールする前に手動で復元ポイ
ントを作成することをおすすめします。
バックアップが完了したら、
「バッ
クアップと復元」
画面左側の
[スケ
ジュールを無効にする]
をクリッ
クする。
これで自動バックアップの機能が無効になり
ます。バックアップの保存先と対象の設定は
そのまま保持されています。
以降、
「バックアップと復元」画面で[今すぐ
バックアップ]をクリックするだけでバック
アップすることができます。
ヒント
スケジュールを設定すると設定した日時で自動的に
ファイルをバックアップすることができます。必要
に応じてスケジュールを設定してください。
105
システムの復元ポイントを手動で作
成する
1
バックアップするには
(Windowsが起動しない場合)
「VAIO Care
Windowsが起動しない場合は、
(スタート)
ボタン−
[コント
ロール パネル]
−
[システムとセ
キュリティ]
をクリックする。
レスキュー」を使ってデータをバックアップ
することができます。
「VAIO Care レスキュー」使用時のご注意
バックアップデータの保管・管理には十分
[システム]
をクリックし、
画面左
側の
[システムの保護]
をクリック
する。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
「システムのプロパティ」画面が表示されます。
注意してください。
ハードディスクまたはSSDの暗号化機能を
使用している場合は、暗号化機能を解除し
て使用してください。
ただし、暗号化されていないデータは、リカ
バリーメディアや「VAIO Care レスキュー」
を使って第三者から読み取られる可能性が
あります。
また、リカバリーメディアは安全な場所に
保管してください。

「VAIO Care レスキュー」は、ハードディスク
またはSSD上のすべてのデータのバック
アップを保障するものではありません。デー
タの損失について弊社は一切の責任を負い
かねますのであらかじめご了承ください。
外付けハードディスクドライブやDVD /
BDドライブでデータをバックアップする
場合は、
「VAIO Care レスキュー」を起動す
る前にドライブを接続してください。
バックアップデータをDVDやBDに保存す
る場合は、あらかじめフォーマットされて
[作成]
をクリックする。
復元ポイントの作成画面が表示されます。
4
106
復元ポイントを識別するための説
明を入力し、
[作成]をクリックする。
「復元ポイントは正常に作成され
ました。
」
と表示されたら、
[閉じ
る]
をクリックする。
いるディスクを使用してください。

「VAIO Care レスキュー」を使用する場合は、
必ず電源に接続して使用してください。
「VAIO Care レスキュー」を使ってデー
タをバックアップする
1
バックアップデータを復元する
バックアップデータを復元します。バック
アップデータの種類によって、復元方法が異
本機の電源が切れている状態で
「VAIO
ASSISTボタンを押し、
Care レスキュー」を起動する。
なります。
復元には以下の種類があります。
ファイルを復元する
システム イメージを復元する
システムの復元ポイントから復元する
[ツール]
−
[VAIO データレス
キューツール]
をクリックする。
以降、画面の指示に従って操作してください。
ヒント

「VAIO Care レスキュー」を使ってバック
アップしたデータを復元する
ファイルを復元する
バックアップデータを外付けハードディスク
ドライブに保存している場合は、ドライブを
バックアップ方法で、
[高度なレスキュー]を選択し
本機に接続してから以下の手順を行ってくだ
た場合は、データの保存先として外付けハードディ
さい。
スクを選択することをおすすめします。
! ご注意
外付けハードディスクドライブやDVD / BDド
ライブは、データのバックアップが完了するまで
1
取りはずさないでください。
選択したデータの保存先によって、バックアップ
データのファイルが分割されたり、ファイル名が
変更されている場合があるので、
「VAIO Care レ
(スタート)
ボタン−
[コント
ロール パネル]
−
[システムとセ
キュリティ]
−
[バックアップと復
元]
をクリックする。
「バックアップと復元」画面が表示されます。
スキュー」を使ってバックアップしたデータは、
「VAIO データリストアツール」を使って復元して
ください。
(111ページ)
外付けハードディスクドライブやDVD / BDド
ライブはUSB接続のものをお使いください。
 USB接続をサポートしていない外付けハードディ
スクドライブやDVD / BDドライブをお使いの
[ファイルの復元元として別の
バックアップを選択]
をクリック
する。
「ファイルの復元」画面が表示されます。
場合は、ソフトウェアドライバーをインストール
する必要があります。
4
復元するバックアップデータが保
存されているドライブを選択し、
[次へ]
をクリックする。
[検索]
[
、ファイルの参照]
または
[フォルダーの参照]
をクリックし、
復元するバックアップデータを選
択する。
107
[次へ]
をクリックする。
バックアップデータを復元する場
所を選択し、
[復元]をクリックする。
「ファイルの復元の完了」
と表示さ
れたら、
[完了]
をクリックする。
システム イメージを復元する
4
! ご注意
システム イメージを復元する前に下記にご注意く
ださい。
外付けドライブを使用してBDやDVDなどのメ
矢印キーで
「Windows 回復環境
(Windows RE) 」を選択し、Enter
キーを押す。
キーボード レイアウトを選択し、
[次へ]
をクリックする。
[以前に作成したシステム イメー
ジを使用して、
コンピューターを
復元します。
]
を選択し、
[次へ]
を
クリックする。
「コンピューターイメージの再適用」画面が表
ディア上にシステム イメージのバックアップを
示されます。
保存している場合は、外付けドライブを接続して
外付けハードディスクドライブを接続してく
ください。
ださい。
必要なファイルがある場合はバックアップして
ください。
1
システム イメージのバックアップデータをBD
やDVDなどのメディア上に保存している場合
は、
ディスクをドライブに挿入してください。
本機の電源が入っている状態で、
ドライブまたは
(USB)
端子にリ
カバリーメディアを挿入する。
本機の電源を切ってから、
再び電
源を入れる。
外付けドライブまたはUSBメモリーを使用す
[システム イメージを選択する]
を
選択し、
[次へ]
をクリックする。
システム イメージのバックアップ
データを保存している場所を選択
し、
[次へ]
をクリックする。
る場合は、再び本機の電源を入れたあと、
VAIOのロゴマークが消えるまでF11キーを繰
り返し押してください。
「Windows ブートマネージャー」画面が表示
されます。
「Windows ブートマネージャー」画面が表示
されない場合は、本機を再起動してもう一度
やりなおしてください。
108
復元するシステム イメージのバッ
クアップデータを選択し、
[次へ]
をクリックする。
[ディスクをフォーマットして
パーティションに再分割する]
を
選択し、
[次へ]
をクリックする。
10
表示された内容を確認してから、
[完了]
をクリックする。
[システムの復元を開く]
をクリッ
クする。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
11
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
確認画面が表示されるので、
復元を実 「システムの復元」画面が表示されます。
行する場合は
[はい]
をクリックする。
ヒント
復元が完了すると自動的に再起動し、手順2の
画面上に[推奨される復元]と[別の復元ポイントを
画面に戻ります。
選択する]の選択項目が表示された場合は、
[別の復
システムの復元ポイントから復元する
元ポイントを選択する]を選択し、
[次へ]をクリック
します。
! ご注意
著作権保護されている音楽データをお持ちの場合、
大切なデータの消失を防ぐために、システムの復元
を行う前にあらかじめ音楽データのバックアップを
行ってください。
システムの復元をすると、曲のデータベースの管理
情報に不整合が生じ、それまでに録音あるいは取り
込んだ音楽データのすべてが再生できなくなる場合
があります。
これらのデータを取り込んだ時に使用したソフト
ウェアの専用バックアップツールが用意されている
場合、必ず専用のバックアップツールを使って音楽
データをバックアップしてください。
4
[次へ]
をクリックする。
復元させたい日時の復元ポイント
を選択して、
[次へ]をクリックする。
復元ポイントの確認画面が表示されます。
表示された内容を確認して、
[完
了]
をクリックする。
確認画面が表示されるので、
[は
い]
をクリックする。
Windowsが起動する場合は
1
(スタート)
ボタン−
[コント
ロール パネル]
−
[システムとセ
キュリティ]
−
[バックアップと復
元]
をクリックする。
「バックアップと復元」画面が表示されます。
システムの復元が行われ、本機が再起動します。
完了画面が表示されるので、
[閉じ
る]
をクリックする。
[システム設定またはコンピュー
ターの回復]
をクリックする。
回復画面が表示されます。
109
Windowsが起動しない場合は
1
本機の電源が入っている状態で、
ドライブまたは
(USB)
端子にリ
カバリーメディアを挿入する。
本機の電源を切ってから、
再び電
源を入れる。
外付けドライブまたはUSBメモリーを使用す
る場合は、再び本機の電源を入れたあと、
VAIOのロゴマークが消えるまでF11キーを繰
り返し押してください。
「Windows ブートマネージャー」画面が表示
されます。
オペレーティング システムを選択
し、
[次へ]
をクリックする。
回復ツールの選択画面が表示されます。
[システムの復元]
をクリックする。
[次へ]
をクリックする。
「システムの復元」画面が表示されます。
復元させたい日時の復元ポイント
を選択して、
[次へ]をクリックする。
復元ポイントの確認画面が表示されます。
「Windows ブートマネージャー」画面が表示
されない場合は、本機を再起動してもう一度
やりなおしてください。
表示された内容を確認して、
[完
了]
をクリックする。
10
確認画面が表示されるので、
[は
い]
をクリックする。
ヒント
リカバリーメディアを使わずにシステムの復元ポイ
ントから復元することもできます。
本機の電源を入れ、VAIOのロゴマークが表示された
らF8キーを繰り返し押してください。
「詳細ブート オプション」画面が表示されたら、一番
上の「コンピューターの修復」が選択されていること
を確認して、Enterキーを押し、手順4に進んでくだ
さい。
4
矢印キーで
「Windows 回復環境
(Windows RE) 」を選択し、Enter
キーを押す。
キーボード レイアウトを選択し、
[次へ]
をクリックする。
ヒント
F8キーから起動した場合は、管理者権限のユーザー
名とパスワードを入力し、手順6へ進んでください。
110
システムの復元が行われ、本機が再起動します。
11
完了画面が表示されるので、
[閉じ
る]
をクリックする。
「VAIO Care レスキュー」を使ってバッ
クアップしたデータを復元する
本機の状態が回復したら、ファイルのバック
アップデータを復元します。
復元方法について詳しくは、
「VAIO データリ
ストアツール」のヘルプをご覧ください。
内容を確認したら、
[次へ]
をク
リックする。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
ヒント
管理者権限を持つユーザーとしてログオンしていな
1
(スタート)
ボタン−
[すべての
プログラム]
−
[VAIO データリス
トアツール]
をクリックする。
「VAIO データリストアツール」画面が表示さ
れます。
い場合は、管理者権限のユーザー名とパスワードを
要求されることがあります。
以降、画面の指示に従って操作してください。
! ご注意
音楽再生ソフトウェアで管理している音楽データや、
ワンセグデータ、デジタル放送のデータなど、著作権
保護されているデータを復元するには、そのデータ
を取り込んだときに使用したソフトウェアの専用
バックアップツールをお使いください。専用バック
アップツールをお使いにならない場合は、著作権保
護されているデータの動作保証はいたしません。
ヒント
復元したデータは、必要に応じて復元先フォルダー
から移動してお使いください。
111
ソフトウェアやドライバーを
復元する
1
本機にプリインストールされているソフト
ウェアやドライバーが正常に動かなくなった
場合に、正常な状態に戻すことができます。
! ご注意
ソフトウェアやドライバーによっては、復元でき
ないものもあります。
お使いの環境によっては「ソフトウェアの再イン
ストール」を行っても、正常に動作しない場合が
あります。また、再インストールする前に作成し
(スタート)
ボタン−
[すべての
プログラム]
−
[VAIO Care]
−
[VAIO Care]
をクリックする。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
「VAIO Care」画面が表示されます。
ヒント
管理者権限を持つユーザーとしてログオンしていな
い場合は、管理者権限のユーザー名とパスワードを
要求されることがあります。
たデータが削除されてしまう可能性があります。
復元する前にあらかじめプログラムのアンイン
ストールを行ってください。ソフトウェアやドラ
イバーを正常に復元できない場合があります。
(
(スタート)ボタン−[コントロール パネル]
をクリックし、
「プログラム」の[プログラムのア
ンインストール]をクリックして表示された画面
でアンインストールしてください。)
4
画面左側の
[リカバリーと復元]
−
[リカバリー]
をクリックし、
右側
の画面に表示された
[ソフトウェ
アの再インストール]
をクリック
する。
内容をよく読み、
[次へ]
をクリッ
クする。
復元したいソフトウェアまたはド
ライバーのチェックボックスをク
リックしてチェックし、
[開始]
を
クリックする。
以降、画面の指示に従って操作してください。
112
リカバリー(再セットアップ)
リカバリーとは
本機のハードディスクまたはSSDの内容をお
買い上げ時の状態に戻すことを「リカバリー」
といいます。
次のようなことが原因で本機の動作が不安定
になったときにリカバリーを行います。
コンピューターウイルスに感染し、本機が
起動できなくなった
誤ってC:ドライブを初期化してしまった
リカバリーには、リカバリー領域からリカバ
リーする方法とリカバリーメディアを使って
リカバリーする方法の2種類があります。
! ご注意
リカバリーメディアは本機に付属していないため、
本機をお買い上げ後、必ずリカバリーメディアを作
成してください。
リカバリー領域とは
リカバリー領域とは、リカバリーを行うため
に必要なデータがおさめられているハード
ディスクまたはSSD内の領域のことです。
通常のご使用ではリカバリー領域のデータが
失われることはありません。しかし、ハード
ディスクまたはSSDの領域を操作するような
特殊な市販のソフトウェアをご使用になり、
リカバリー領域のパーティション情報を変更
されますと、ハードディスクまたはSSDのリ
カバリー領域からリカバリーできなくなる場
合があります。
ヒント
本機は、リカバリー用のデータを削除して、リカバ
リー領域を最小化することができます。
リカバリーメディアの必要性
リカバリーメディアは、本機のハードディス
クまたはSSDの内容をお買い上げ時の状態に
戻すときに使用します。
本機は、リカバリーメディアを使用しなくて
も、ハードディスクまたはSSDのリカバリー
領域からリカバリーすることができますが、
下記のような操作を行った場合にリカバリー
領域の情報を書き替えてしまい、リカバリー
領域からリカバリーできなくなることがあり
ます。
パーティションを操作するソフトウェアを
使用する
お買い上げ時以外のOSをインストールする

「VAIO Care レスキュー」を使用しないで
ハードディスクまたはSSDをフォーマット
する
このような場合はリカバリーメディアによる
リカバリーが必要となりますが、リカバリー
メディアを作成していないと、リカバリーメ
ディアを購入したり、有償による修理が必要
となりますので、必ず事前にリカバリーメ
ディアを作成してください。
(114ページ)
リカバリーやリカバリーメディア
の作成に使用するソフトウェア
リカバリーやリカバリーメディアの作成は、
下記のソフトウェアを使って行います。

「VAIO Care」
リカバリーメディアを作成したり、
「VAIO
ハードウェア診断ツール」でハードウェア
を検査したりすることができます。

「VAIO Care レスキュー」
本機をリカバリーしたり、Windowsが起動
しない状態でデータをバックアップしたり
することができます。
また、ハードディスクまたはSSDのデータ
を完全に消去する場合に使用します。
ヒント
使いかたについて詳しくは、
「VAIO Care」および
「VAIO Care レスキュー」のヘルプをご覧ください。
113
リカバリーメディアを作成
する
リカバリーメディアを作成する
には
ヒント
 リカバリーメディアとしてDVDやUSBメモリー
を使用できますが、データの上書きを防ぐため、
DVD-Rの使用をおすすめします。お使いのディ
スクドライブが対応している場合は、DVD+R DL
/ DVD-R DL / DVD+R / DVD+RW / DVDRWも使用できます。
使用できるメディアの種類、必要なディスクの枚
数やUSBメモリーの容量は、リカバリーメディア
1
(スタート)
ボタン−
[すべての
プログラム]
−
[VAIO Care]
をク
リックする。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
「VAIO Care」画面が表示されます。
ヒント
管理者権限を持つユーザーとしてログオンしていな
い場合は、管理者権限のユーザー名とパスワードを
要求されることがあります。
作成手順の中で画面上に表示されます。
リカバリーメディアを作成する前に、VAIO
Updateを実行して本機をアップデートすること
画面左側の
[リカバリーと復元]
−
[リカバリー]
をクリックし、
右側の
画面に表示された
[リカバリーメ
ディアの作成]
をクリックする。
をおすすめします。
「VAIO Update」
VAIO Updateについて詳しくは、
(94ページ)をご覧ください。
VAIO Updateが搭載されていないモデルをお使
いの場合は、VAIOサポートページ(http://vcl.
vaio.sony.co.jp/)からお客様が選択されたモデル
に該当するアップデートプログラムをダウン
ロードし、インストールしてください。
また、本機をリカバリーした際には再びVAIO
Updateを実行してください。
ディスクドライブ非搭載モデルをお使いの場合
は、別売りの外付けDVDドライブなどを本機に接
続してください。外付けドライブは、ACアダプ
ターで電源に接続してご使用ください。
内容をよく読み、
[次へ]
をクリッ
クする。
以降、画面の指示に従って操作してください。
! ご注意
 リカバリーメディアの作成状況は、更新されるま
でしばらく時間がかかる場合があります。
 リカバリーメディア作成の失敗の原因になる場
合がありますので、作成中はリカバリーメディア
を取り出さないでください。
 作成したリカバリーメディアは、なくさないよう
大切に保管してください。
 お使いのUSBメモリーによっては、リカバリーメ
ディアとして正しく動作しない場合があります。
詳しくは、
「VAIO Care」のヘルプをご覧ください。
114
リカバリーメディアについての
ご注意
リカバリーメディアのご提供に
ついて(有償)
本機で作成したリカバリーメディアは本機
VAIOカスタマーリンクでは、リカバリーメ
でのみ使用できます。
下記のような操作を行うと、リカバリー領
ディアを有償にてご提供するサービスを行っ
ています。
域からリカバリーできなくなり、リカバ
詳しくは下記のホームページをご覧ください。
リーメディアを使ったリカバリーが必要に
http://vcl.vaio.sony.co.jp/service/
recoverydisc/
なる場合があります。リカバリーメディア
を作成していないと、リカバリーメディア
の購入や有償による修理が必要となります
* ホームページからお申し込みいただくには、製品
の登録が必要です。
(168ページ)
ので、必ず事前にリカバリーメディアを作
成してください。
 ハードディスクまたはSSDの領域を操作
するソフトウェアを使って、リカバリー
領域のパーティション情報を変更する
 お買い上げ時以外のOSをインストール
する
「VAIO Care レスキュー」を使用しないで
ハードディスクまたはSSDをフォーマッ
トする
ディスクの記録面に触れたり、汚したりし
ないようにしてください。書き込みや読み
取りエラーの原因になります。
本機で作成したリカバリーメディアを使う
と、暗号化していないハードディスクまた
はSSD上のデータを自由に操作することが
できます。
ハードディスクまたはSSDのデータを保護
したい場合は、パスワードを登録したり、
ハードディスクまたはSSDの暗号化機能を
使うなどして保護してください。
お使いの機種によっては、お買い上げ直後
の状態でも空き容量が足りないため、
DVD+R DLおよびDVD-R DLでリカバリー
メディアを作成できない場合があります。
115
リカバリーする
本機をリカバリーするには、以下の2種類の方
法があります。
リカバリー領域からリカバリーする
ハードディスクまたはSSDのリカバリー領
域からリカバリーするため、リカバリーメ
ディアを使うよりも速くリカバリーするこ
とができます。
リカバリーメディアを使ってリカバリーする
リカバリー領域のデータを破損または削除
してしまっている場合に、リカバリーメ
ディアを使ってリカバリーすることができ
ます。ただし、リカバリー領域からリカバ
リーするよりも時間がかかります。
リカバリー領域からリカバリー
するには
ディスクドライブ非搭載モデルをお使いの場
合で、
「Microsoft Office」を付属のディスク
からインストールする場合は、以下の手順を
行う前にあらかじめ別売りの外付けドライブ
を接続しておいてください。
ヒント
外付けドライブをご用意できない場合は、
「Microsoft Office」のインストールイメージを以下
のホームページからダウンロードしてインストール
することもできます。
(お買い上げ時の状態と、一部
異なる状態でインストールされる場合があります。)
詳しくは、付属の「Office お使いになる前に」をご覧
ください。
http://www.office.com/downloadoffice/
リカバリーするときは、あらかじめ「リカバ
リーについてのご注意」
(119ページ)をご覧
ください。
1
本機の電源が切れている状態で
「VAIO
ASSISTボタンを押し、
Care レスキュー」を起動する。
ヒント
ASSISTボタンを使わずに「VAIO Care レスキュー」
を起動することもできます。
本機の電源を入れたら、VAIOのロゴマークが消える
までF10キーを繰り返し押してください。
ブートオプション(Boot Options)を編集する画面
が表示された場合は、Enterキーを押してください。
[リカバリーウィザード開始]
をク
リックする。
「リカバリーを開始しますか?」画面が表示さ
れるまで、画面の指示に従って操作してくだ
さい。
[はい、
開始します]
チェックボッ
クスにチェックを付け、
[リカバ
リー開始]
をクリックする。
以降、表示された画面の指示に従って操作し
116
てください。
ヒント
ヒント
 すべてのパーティションがお買い上げ時の状態
ホームページからダウンロードしてインストールす
に戻ります。C:ドライブのみをリカバリーする場
合などは、
[ツール]−[高度なリカバリーウィ
ザードを開始]をクリックしてください。
[ツール]−[VAIO ハードウェア診断ツール]をク
る場合は、
[キャンセル]をクリックし、
[次回起動時、
「ソフトウェアのインストール」を表示しない]に
チェックを付けた上で、
「ソフトウェアのインストー
ル」を終了してください。
リックすると、リカバリーを行う前にハードウェ
リカバリー完了後、セキュリティーソフトウェアや
ア(CPU、メモリー、ハードディスクまたはSSD)
インターネット接続の設定、アップデートを行った
の検査を行うことができます。
上で、ホームページと付属の「Office お使いになる
 リカバリー用のデータを削除していない場合は、
前に」の指示に従ってインストールしてください。
複数のリカバリーメディアのうち、一部を使用せ
ずにリカバリーが完了することがあります。
Windowsのリカバリーが完了すると、本機が
数回再起動した後、
「Windowsのセットアッ
プ」画面が表示されます。
! ご注意
「Windowsのセットアップ」画面が表示されるまで
にしばらく時間がかかります。そのままお待ちくだ
さい。途中で電源を切るなどの操作を行うと、本機
の故障の原因となります。
4
画面の指示に従って、
Windowsの
セットアップを行う。
これでシステムのリカバリーが完了しました。
「Office Personal 2010」
「
、Office Home and
Business 2010」または「Office Professional
2010」プリインストールモデルをお使いの場合
は、
引き続き次の画面が表示されます。
[インス
トールの開始]
をクリックし、
右記の手順で
「Microsoft Office」
をインストールしてください。
「Office Personal 2010」、
「Office Home
and Business 2010」または「Office
Professional 2010」のディスクをドライ
ブに入れる。
 表示される「自動再生」の画面で[SETUP.
EXE の実行]をクリックする。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示され
た場合は、
[はい]をクリックしてください。
 画面の指示に従って進み、
「インストール
の種類を選択してください」画面が表示さ
れたら、
[今すぐインストール]をクリック
する。
インストールが開始されます。
 インストールが完了したら、
[閉じる]をク
リックする。
リカバリーが完了したら、バックアップデー
タの復元をしてください。
「VAIO Care レスキュー」でバックアップした
ファイルの復元について詳しくは、
「「VAIO
Care レスキュー」を使ってバックアップした
データを復元する」をご覧ください。
(111
ページ)
117
リカバリーメディアを使って
リカバリーするには
ディスクドライブ非搭載モデルをお使いの場
合は、別売りの外付けDVDドライブなどを本
機に接続してください。外付けドライブは、
ACアダプターで電源に接続してご使用くだ
さい。
1
本機の電源が入っている状態で、
ドライブまたは
(USB)
端子にリ
カバリーメディアを挿入する。
矢印キーで「VAIO Care レス
キュー」を選択し、Enterキーを押す。
以降、
「リカバリー領域からリカバリーするに
は」の手順2からの操作と同様です。
ヒント
USBメモリーからのリカバリーに失敗する場合は、
別の
(USB)端子に挿入してもう一度リカバリーを
行ってください。
リカバリーが完了したら、バックアップデー
タの復元をしてください。
「VAIO Care レスキュー」でバックアップした
本機の電源を切ってから、
再び電
源を入れる。
外付けドライブまたはUSBメモリーを使用す
る場合は、再び本機の電源を入れたあと、
VAIOのロゴマークが消えるまでF11キーを繰
り返し押してください。
「Windows ブートマネージャー」画面が表示
されます。
「Windows ブートマネージャー」画面が表示
されない場合は、本機を再起動してもう一度
やりなおしてください。
118
ファイルの復元について詳しくは、
「「VAIO
Care レスキュー」を使ってバックアップした
データを復元する」をご覧ください。
(111
ページ)
リカバリーについての
ご注意
リカバリー時のご注意
本機をリカバリーした場合、それ以前に
ハードディスクまたはSSD上にあったファ
イルはすべて消えてしまいます。また、ご
自分で変更された設定は、すべてお買い上
げ時の設定に戻ります。
リカバリーする前に、大切なデータは必ず
バックアップをとってください。
リカバリーするときは、必ず本機を電源に
接続した状態で行ってください。
電源以外のすべての周辺機器をはずしてか
ら、作業を行ってください。リカバリーに
外付けドライブが必要な場合は、ドライブ
を接続してください。
周辺機器は、リカバリーが終わったあとに
再び接続してください。
リカバリーするときは、必ず最後までリカ
バリーを行ってください。リカバリーが完
了していない状態で本機を使用した場合、
本機の動作が不安定になる場合があります。
ソフトウェアに関するご注意
リカバリーで復元できるのは、本機に標準で
付属されているソフトウェアのみです(一部
のソフトウェアを除く)。ご自分でインス
トールしたソフトウェアや作成したデータ
を復元することはできません。また、
Windowsだけを復元することもできません。
付属ソフトウェアの一部においては、アプ
リケーション単独でアンインストールやイ
ンストールが行えるものもあります。ただ
し、このような操作を行った場合の動作確
認は行っておりません。
パーティションを操作する一部のプログラ
ムをインストールすると、
ハードディスクま
たはSSDのリカバリー領域からのリカバ
リーや、
リカバリーメディアの作成が行えな
いことがあります。
そのような場合に備えて、本機を使用する
準備ができたらすぐにリカバリーメディア
を作成してください。
(114ページ)
著作権保護されている音楽デー
タなどをバックアップする際の
ご注意
ディスクドライブ非搭載モデルをお使いの
著作権保護されているデータ(音楽再生ソフ
場合で、
「Microsoft Office」を付属のディ
トウェアで管理している音楽データ)をバッ
スクからインストールする場合や、リカバ
クアップするために、これらのデータを取り
リーメディア(DVD)からリカバリーするに
込んだ時に使用したソフトウェアの専用バッ
は、別売りの外付けドライブなどが必要と
クアップツールが用意されている場合があり
なります。
ます。
本機をリカバリーする場合、これらのデータ
はあらかじめ専用バックアップツールを使っ
てバックアップしてください。
専用バックアップツールをお使いにならずに、
本機をリカバリーし、データを復元しても、著
作権保護されているデータは復元できない場
合がありますのでご注意ください。
119
困ったときは/サービス・サポート
よくあるトラブルと解決
方法
該当する問題がない場合は、
「VAIOサポートページ」で本機についての最新Q&Aをご確認ください。
Q&A検索 http://vcl.vaio.sony.co.jp/rd/vaiomanual/cb.html
VAIO本体
Q 「コンピューターの基本的な情報の表示」でCPUのクロック周波数が正
しく表示されない。
「コンピューターの基本的な情報の表示」にはCPUの情報が正確に反映されない場合があり
ますが、表示上の問題であり、本機のご使用に関して問題はありません。
Q
本機の型名がわからない。
 型名は、保証書または本体底面のIDラベルに記載されています。
120
電源/起動/パスワード
Q
電源が入らない。
(
(パワー)ランプ(グリーン)が点灯しないとき)
次の点を確認した上で、
それぞれの操作をしてください。
 バッテリーが正しく装着されているか確認してください。
 本機とACアダプター、ACアダプターと電源コード、電源コードとコンセントがそれぞれ
しっかりつながっているか確認してください。
 バッテリーの残量がまったく無い可能性があります。
バッテリーの充電については6ページをご覧ください。
 通常の操作で電源を切らなかった場合、プログラムの異常で、電源を制御するコントロー
ラーが停止している可能性があります。
ACアダプターとバッテリーをはずして1分ほど待ってから取り付け直し、再度電源を入れて
ください。
 寒い戸外から暖かい屋内に持ち込んだり、湿度の高い場所で使用した場合は、本機内部に結
露が生じている可能性があります。
その場合は、1時間ほど待ってから電源を入れ直してください。
湿度の高い場所(80 %以上)でのご使用は、本機の故障の原因となりますのでおやめください。
 上記の操作を行っても本機が起動しない場合は、VAIOカスタマーリンクにご相談ください。
Q
電源を入れると、
「VAIO Care レスキュー」が起動した。
 
(パワー)ボタンではなくASSISTボタンを押した可能性があります。
「VAIO Care レスキュー」を終了し、
(パワー)ボタンの位置を確認してください。
Q
電源が入らない、または
(パワー)ボタンが効かない。
(充電ランプがす
ばやく点滅している)
 バッテリーが正しく装着されていない可能性があります。
いったんバッテリーを取りはずしてから、再度正しく装着し直してください。
 上記の操作を行っても電源が入らない、または
(パワー)ボタンが効かない場合は、装着さ
れているバッテリーは本機では使用できません。
バッテリーを取りはずしてください。
121
Q
電源を入れると、
(パワー)ランプ(グリーン)は点灯するが、画面に何も
表示されない。
 外部ディスプレイに表示が切り替えられている可能性があります。
Fnキーを押しながらF7キーを繰り返し押して出力したい画面を選択し、Enterキーを押して
表示を切り替えてください。
(30ページ)
 メモリーモジュールの増設が正しく行われていない場合は、起動できないことがあります。
サポート対象外のメモリーモジュールを取り付けた場合や取り付けが不十分な場合は、起動
できなかったり、起動後の動作が不安定になることがあります。メモリーモジュールの取り
付け直しを行ってください。
ソニー製の対応メモリーモジュール以外のメモリーモジュールをお使いになる場合は、販売
店またはメモリーモジュール製造メーカーにお問い合わせください。
 しばらく様子を見ても画面に何も表示されないときは、
次の手順で操作してください。
 本機の
(パワー)ボタンを4秒以上押したままにし、

(パワー)ランプが消灯するのを
確認してから、再度電源を入れ直す。
 上記の操作を行っても何も表示されない場合は、本機の
(パワー)
ボタンを4秒以上押
したままにし、
(パワー)ランプが消灯するのを確認したあと、ACアダプターとバッテ
リーをはずして1分ほど待ってから取り付け直し、再度電源を入れ直す。
 寒い戸外から暖かい屋内に持ち込んだり、湿度の高い場所で使用した場合は、本機内部に結
露が生じている可能性があります。
その場合は、1時間ほど待ってから電源を入れ直してください。
湿度の高い場所(80 %以上)でのご使用は、本機の故障の原因となりますのでおやめください。

122
USB機器などの周辺機器が接続されているときは、取りはずしてください。
Q
電源が切れない。
電源が切れないときの状況によって対処方法が異なります。次の点を確認した上で、それぞれの
操作をしてください。
 使用中のソフトウェアは、次のいずれかの手順ですべて終了してください。
 ソフトウェア画面上の[×]
(閉じるボタン)をクリックする。
 Altキーを押しながらF4キーを押し、起動中のソフトウェアを終了させる。
データが未保存の場合は、
「保存しますか?」というメッセージが表示されるので、
[保存す
る]などをクリックしてデータを保存してください。
「Windows のシャットダウン」画面が表示されるまでAltキーを押しながらF4キーを押し、
画面上のリストから[シャットダウン]を選択して[OK]をクリックしてください。
ヒント
 新しくインストールしたプログラムやデータ、その操作なども確認してください。

Windows 7は、周辺機器を使用している場合やネットワーク通信を行っている間は、電源が切れ
ない仕組みになっています。また、周辺機器のデバイスドライバーによっては、OSの強制的なプ
ログラムの終了に対応していないものもあります。

USB機器などの周辺機器が接続されているときは、取りはずしてください。
 「設定を保存しています」または
「シャットダウンしています」などと表示されたまま動かな
い場合は、次の手順で操作をしてください。

Enterキーを押す。
確認のためしばらくお待ちください。
 それでも電源が切れない場合は、CtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押す。
確認のためしばらくお待ちください。
 「電源が切れない。」項目内のすべての操作を行っても電源が切れない場合には、以下の操作
を行ってください。
ただし、以下の操作を行うと、作業中のデータが破壊されるおそれがあります。
また、ネットワークを使用している場合には、それらを使用していない状態にしてから以下
の操作を行うようにしてください。
 CtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押し、画面右下の
タンをクリックする。
(シャットダウン)ボ
 本機の
(パワー)ボタンを4秒以上押したままにする。
 ACアダプターとバッテリーをはずす。
Q
電源が勝手に切れた。
 バッテリーで本機を使用中にバッテリーの残量がわずかになると、自動的に休止状態になり、
電源が自動的に切れます。
(6ページ)
ACアダプターで使用するか、バッテリーを充電してください。
123
Q
電源が勝手に入る。
 決められた時間に「Windows Media Center」がアップデートされるように設定されています。
この場合、設定した時間になると省電力状態から自動的に復帰します。
以下の手順で設定を変更してください。

(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−[システム ツール]
−
[タスク スケジューラ]をクリックする。
「タスク スケジューラ」画面が表示されます。
 画面左側の[タスク スケジューラ ライブラリ]
−[Microsoft]−
[Windows]をダブルク
リックし、
[Media Center]をクリックする。
 画面中央の一覧から[mcupdate_scheduled]をクリックし、画面右側の「選択した項
目」にある[プロパティ]をクリックする。
「mcupdate_scheduled のプロパティ」
画面が表示されます。
 [トリガー]タブをクリックして一覧からトリガーを選択し、
[編集]をクリックする。
「トリガーの編集」画面が表示されます。
 「タスクの開始」の▼(矢印)をクリックして[ログオン時]を選択し、
[OK]をクリックする。
「mcupdate_scheduled のプロパティ」
画面に戻ります。
 [条件]タブをクリックし、
「電源」にある[タスクを実行するためにスリープを解除する]
のチェックをはずす。
 [OK]をクリックし、
「mcupdate_scheduled のプロパティ」画面を閉じる。

(閉じる)
をクリックし、
「タスク スケジューラ」画面を閉じる。
Q 「このリチャージャブルバッテリーパックは使用できないか、正しく装着
されていない可能性があります。」というメッセージが表示され、休止状
態に移行してしまう。
 バッテリーが正しく装着されていない可能性があります。
本機の電源が切れたあと、いったんバッテリーを取りはずしてから、再度正しく装着し直し
てください。
 上記の操作を行っても同様のメッセージが表示される場合は、装着されているバッテリーは
本機では使用できません。
システムに異常があります。本機の電源が切れたあと、バッテリーを取りはずし、純正の新
しいバッテリーと交換してください。
124
Q
電源を入れるとメッセージが表示され、Windowsが起動できない。

Windowsの準備をしようとすると「予期しないエラーが発生しました」というメッセージが
表示される場合、
「Windowsのセットアップ」画面が表示される前に電源を切ってしまった
可能性があります。
「リカバリーする」
(116ページ)の手順に従って、リカバリーを行ってください。
 「Remove
disks or other media. Press any key to restart.」というメッセージが表示され
る場合、フロッピーディスクがUSBフロッピーディスクドライブに入っていないか確認して
ください。
フロッピーディスクが入っているときは、イジェクトボタンを押してディスクを取り出し、
キーボードのいずれかのキーを押してください。
 「Operating System Not Found」
と表示される場合は、USB機器の接続状態について確認し
てください。
 USB接続のフロッピーディスクドライブやCD / DVDドライブに、起動ディスク以外の
ディスクが入っている場合は、イジェクトボタンを押してディスクを取り出してから、
CtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押して本機を再起動してください。
ハードディスクドライブまたはフラッシュメモリーなどの起動可能なUSB機器が接続さ
れている場合は、いったんUSB機器を取りはずしてから、CtrlキーとAltキーを押しながら
Deleteキーを押して本機を再起動してください。
再起動してもこのメッセージが表示され、
Windowsが起動しない場合は、指定された方法以
外のやりかたでパーティションサイズを変更している可能性があります。ハードディスク
またはSSD内のリカバリー機能や自作のリカバリーメディアを使って、パーティションサイ
ズを変更し、本機をリカバリーしてください。
 パスワードを3回間違えて入力すると、
「Enter
Onetime Password」と表示されWindowsが
起動しません。
本機の
(パワー)ボタンを4秒以上押したままにして、
(パワー)ランプが消灯するか確認
してください。
その後、再度本機の電源を入れ、正しいパスワードを入力してください。
なお、パスワードの大文字と小文字は区別されます。確認してから入力してください。
 「Checking file system on C:」と表示される場合、起動するまでしばらくお待ちください。
 「Windows
「Start Windows Normally」が選択されて
Error Recovery」と表示される場合、
いることを確認し、Enterキーを押してください。
125
Q
電源を入れてもWindowsが起動しない。
 通常の操作で電源を切らなかった場合、次回電源を入れた際に
「Windows
Error Recovery」
(黒い画面)が表示されます。
その場合は、
「Start
Windows Normally」が選択された状態でEnterキーを押してWindows
を起動させてください。
「Windowsが起動しない場合」
(101ページ)
の手順に従って操作してください。
Q
Windowsの起動が遅い(起動してから操作できるようになるまで時間
がかかる)。
 ソフトウェアを追加すると、
起動が遅くなる場合があります。
お客様ご自身で追加したソフトウェアがある場合は、そのソフトウェアをアンインストール
して、問題が解決したか確認してください。
ソフトウェアの詳細については、
ソフトウェアのお問い合わせ先へご連絡ください。
 接続した周辺機器のドライバーを追加すると、
起動が遅くなる場合があります。
お客様ご自身で追加したドライバーがある場合は、
そのドライバーを削除してください。
接続した周辺機器・ドライバーについては、
周辺機器のお問い合わせ先へご連絡ください。

USBハブなどを接続していると、起動が遅くなる場合があります。
接続している場合は、
そのUSBハブなどをはずしてください。
 バッテリーで起動していると、
起動が遅くなる場合があります。
ACアダプターで使用してください。


USB接続のドライブやプリンターなどを接続していると、起動が遅くなる場合があります。
Windowsが起動したあとで、USB機器を接続するかUSB機器の電源を入れてください。
CDやDVDなどのディスクがドライブに入っていると、起動が遅くなる場合があります。
ドライブにディスクが入っている場合は、
ディスクを取り出してください。
 ネットワーク(LAN)に接続していると、起動が遅くなる場合があります。
ネットワーク(LAN)に接続していない状態で起動してください。
 それでも問題が解決しない場合は、
「 リカバリーする」
(116ページ)の手順に従ってリカバ
リーを行ってください。
リカバリーを行ってハードディスクまたはSSDを初期化(フォーマット)することで、問題が
解決したか確認してください。
126
Q
ハードディスクまたはSSDから起動できない。

USB機器の接続状態について確認してください。
 USB接続のフロッピーディスクドライブやCD / DVDドライブに、起動ディスク以外の
ディスクが入っている場合は、イジェクトボタンを押してディスクを取り出してから、
キーボードのいずれかのキーを押してください。
ハードディスクドライブまたはフラッシュメモリーなどの起動可能なUSB機器が接続さ
れている場合は、いったんUSB機器を取りはずしてから、キーボードのいずれかのキーを
押してください。
Q
Windowsパスワードを設定、変更したい。または削除して、起動時にパ
スワードを入力しないようにしたい。
 詳しくは「Windowsパスワードを設定する」
(64ページ)をご覧ください。
Q
Windowsパスワードを忘れてしまった。
 パスワードの大文字と小文字は区別されます。確認してから入力し直してください。
 パスワードを忘れてしまったユーザー以外に、
「コンピューターの管理者」アカウントなど、
管理者権限を持つユーザー
(Administratorsに属するユーザー)が作成されている場合、別の
「コンピューターの管理者」アカウントからパスワードの変更を行ってください。
 パスワードを忘れてしまったユーザー以外に、
「コンピューターの管理者」アカウントなど、
管理者権限を持つユーザー
(Administratorsに属するユーザー)が作成されていない場合、パ
スワード設定を解除することはできません。
「リカバリーする」
(116ページ)の手順に従って、
リカバリーを行ってください。
Q
BIOSセットアップ画面で設定した起動時のパスワードを忘れてしまった。
 パスワードを忘れると、起動することができなくなります。
 ユーザーパスワードの場合
マシンパスワードを入力することで、BIOSセットアップ画面からユーザーパスワードを
再設定することができます。
 マシンパスワードの場合
パスワード設定を解除することはできません。修理(有償)が必要となります。
VAIOカスタマーリンクにご連絡ください。
127
Q
休止状態に移行できない。
 プリンターユーティリティーなどが使用中の場合は、終了するか一時的に使用不可にしてく
ださい。
それでも休止状態に移行できない場合は、
次の手順で操作してください。
 (スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[VAIO の設定]をクリックする。
「VAIO の設定」
画面が表示されます。
 [電源・バッテリー]−[電源オプション]をクリックする。
「電源オプション」画面が表示されます。
 [詳細設定]をクリックする。
「電源プランの選択」画面が表示されます。
 選択されている電源プランの[プラン設定の変更]をクリックする。
「プラン設定の編集」画面が表示されます。
 [詳細な電源設定の変更]をクリックする。
 「スリープ」の「ハイブリッド スリープを許可する」が「オフ」になっているか確認する。
「オン」になっている場合は、
「オフ」に変更して[OK]をクリックしてください。
Q
バッテリー残量がわずかなのに、休止状態にならない。
 使用中のソフトウェアや接続している周辺機器によっては、Windowsからの指示で作業を
一時中断することができないため、
この機能が正しく働かないことがあります。
Q
スリープモードに移行できない。
 プリンターユーティリティーなどが使用中の場合は、終了するか一時的に使用不可にしてく
ださい。
 スクリーンセーバーの種類によっては、表示中はスリープモードに移行できないことがあり
ます。
「3D テキスト」など、
Windows標準のスクリーンセーバーに変更してください。
Q
バッテリーで長時間使いたい。
 本機をバッテリーで使用しているときに、バッテリーを長持ちさせる方法については、
「バッ
テリーを上手に使うには」
(7ページ)
をご覧ください。
Q
充電ランプの表示について知りたい。
 バッテリーの動作状態により、
充電ランプの表示が異なります。
(6ページ)
128
画面/ディスプレイ
Q
画面に何も表示されない。
 本機の電源が入っているか確認してください。
 ディスプレイの電源が切れている場合があります。
タッチパッドに触れるか、キーボードのいずれかのキーを押してください。
 外部ディスプレイに表示が切り替えられている可能性があります。
Fnキーを押しながらF7キーを繰り返し押して出力したい画面を選択し、Enterキーを押して
表示を切り替えてください。
(30ページ)
 本機は、お買い上げ時の設定では、AC電源で使用中に約30分操作をしないと、自動的に省電
力動作モードへ移行します(スリープモード)。
キーボードのいずれかのキーを押すか、(パワー)ボタンを一瞬押すと、元の状態に戻ります。
また、バッテリーで使用中は、スリープモードへ移行後しばらくすると、自動的に本機の電源
を切ります(休止状態)。元の状態に復帰させるには、(パワー)ボタンを一瞬押してください。
使用中に省電力動作モードへ移行しないように設定することもできます。
(10ページ)
 しばらく様子を見ても画面に何も表示されないときは、次の手順で操作してください。
 本機の(パワー)
ボタンを4秒以上押したままにし、(パワー)ランプが消灯するのを
確認してから、再度電源を入れ直す。
 上記の操作を行っても何も表示されない場合は、本機の(パワー)ボタンを4秒以上押
したままにし、
(パワー)ランプが消灯するのを確認したあと、ACアダプターとバッテ
リーをはずして1分ほど待ってから取り付け直し、再度電源を入れ直す。
Q
動画が表示できない。

Fnキーを押しながらF7キーを押して表示を選び、Enterキーを押して外部ディスプレイに切
り替えたままの状態で外部ディスプレイの接続をはずすと、本機の画面で動画が表示できな
くなる場合があります。
動画再生を停止してください。もう一度、Fnキーを押しながらF7キーを押して液晶ディスプ
レイの表示を選び、Enterキーを押して液晶ディスプレイに切り替えてから動画再生してく
ださい。
Q
動画が再生できない。
 画面の解像度を下げてください。
本機に搭載されているビデオメモリーの容量によっては、高解像度で動画を再生できない場
合があります。
129
Q
動画がスムーズに再生されない。
 AC電源に接続してください。
 本体液晶ディスプレイと外部ディスプレイの両方に表示している場合はどちらか片方のみ
に表示するようにしてください。
 Windows Aeroに設定している場合は、
テーマを変更してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 「デスクトップのカスタマイズ」の[テーマの変更]をクリックする。
 「ベーシック テーマとハイ コントラスト テーマ」の[Windows 7 ベーシック]をクリッ
クする。
 再生する動画の種類やビットレートによっては本機でスムーズに再生されない場合があり
ます。
 プロセッサーの電源管理の設定を確認してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [システムとセキュリティ]−[電源オプション]をクリックする。
「電源オプション」画面が表示されます。
 選択している電源プランの[プラン設定の変更]をクリックする。
 [詳細な電源設定の変更]をクリックする。
 [詳細設定]タブの「プロセッサの電源管理」で「最大のプロセッサの状態」が100%になっ
ているか確認する。
100%になっていない場合は、100%に変更してください。
 動画再生中のウィンドウの上に別のウィンドウが重なると、フレーム落ちが発生し、動画が
スムーズに再生できない場合があります。
ウィンドウが重ならないように、動画再生中のウィンドウの位置を移動するか、全画面表示
にしてください。
Q
画面の色がきれいに表示されない。
 いったん電源を切り、
再び本機を起動してください。
(スタート)ボタン−
[シャットダウン]をクリックして電源を切り、本機の
(パワー)ボ
タンを押して起動し直してください。
130
Q
画面が固まって、ポインターやウィンドウなどすべてのものが動かない。
 次の手順で本機を再起動させてください。

[タスク マネージャーの起動]をク
CtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押し、
リックする。
「Windows タスク マネージャー」画面が表示されます。
「Windows タスク マネージャー」画面に、
「応答なし」と表示されているソフトウェアが
あれば、そのソフトウェアを選択し、
[タスクの終了]をクリックしてソフトウェアを終
了させてください。

CtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押し、画面右下の
ボタンをクリックする。
(シャットダウン)
本機の電源が切れたあと、約30秒後に本機の
(パワー)ボタンを押して、再び電源を入
れてください。
上記の操作を行っても本機を再起動できない場合は、本機の(パワー)ボタンを4秒以上押
して電源を切ってください。電源が切れると
(パワー)ランプが消灯します。
(パワー)
ランプ(グリーン)が点灯した場合は、いったん手を離し、再び
(パワー)ボタンを4秒以上押
して電源を切ってください。
! ご注意
上記の操作を行うと、作成中のファイルや編集中のファイルが使えなくなることがあります。
Q
画面の輝度(明るさ)を調節したい。

Fnキーを押しながらF5キーまたはF6キーを押すと、液晶ディスプレイの明るさを調節でき
ます。
(30ページ)
Q
画像が乱れる。
 ラジオなど、近くに磁気を発生するものや磁気を帯びているものがある場合は、本機から離
してください。
Q
画面上にウィンドウやアイコンの軌跡が残る。

(Windows)キーを押しながらDキーを2回押してください。
131
Q
画面にドット欠損(輝点・滅点)がある。
 液晶ディスプレイの構造によるもので、
故障ではありません。
液晶画面は非常に精密度の高い技術で作られていますが、画面の一部にごくわずかの画素欠
けや常時点灯する画素がある場合があります(液晶ディスプレイ画面の表示しうる全画素数
のうち、点灯しない画素や常時点灯している画素数は、0.0006
%未満です)。また見る角度
によって、すじ状の色むらや明るさのむらが見える場合があります。これらは、液晶ディス
プレイの構造によるもので、故障ではありません。交換・返品はお受けいたしかねますので、
あらかじめご了承ください。
Q
Windowsの文字サイズを大きくしたい。

Windowsのフォントサイズの設定を変更することで、ディスプレイに表示される文字サイ
ズを大きくすることができます。
次の手順で操作してください。
ただし、一部のソフトウェアや画面が正しく表示されない場合があります。

(スタート)ボタン−
[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [デスクトップのカスタマイズ]−[ディスプレイ]または[デザイン]−[ディスプレイ]
をクリックする。
 表示されるオプションからお好みの設定を選択し、
[適用]をクリックする。
 ログオフを促す画面が表示されたら、
[今すぐログオフ]をクリックする。
再度ログオンすると、Windowsのフォントサイズが変更されます。
また、
「ディスプレイ」画面左側の[カスタム テキスト サイズの設定(DPI)]をクリックす
ると、さらに詳しく文字サイズを設定することができます。
Q
一部の項目が画面に収まらず、表示されない文字や情報がある。
 Windowsのフォントサイズの設定を変更してください。
フォントサイズの設定が100%でない場合、ソフトウェアによってはメニューなどが正しく
表示されないことがあります。表示が正しくない場合は、フォントサイズの設定を100%に
変更してください。
次の手順で操作してください。
 (スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
[デスクトップのカスタマイズ]−[ディスプレイ]または[デザイン]−[ディスプレイ]
をクリックする。
 表示されるオプションから100%の設定を選択し、
[適用]
をクリックする。
 ログオフを促す画面が表示されたら、
[今すぐログオフ]をクリックする。
再度ログオンすると、Windowsのフォントサイズが変更されます。
132
Q
外部ディスプレイのつなぎかたがわからない。
 外部ディスプレイのつなぎかたについては、
「外部ディスプレイやプロジェクターに表示す
るには」
(23ページ)をご覧ください。
Q
外部ディスプレイまたはテレビに何も表示されない。

Fnキーを押しながらF7キーを繰り返し押して出力したい画面を選択し、Enterキーを押して
表示を切り替えてください。
詳しくは、
「表示するディスプレイを選ぶ」
(20ページ)をご覧ください。
Q
外部ディスプレイの表示サイズ、表示位置がおかしい。
 外部ディスプレイ側で調整してください。
詳しくは、外部ディスプレイの取扱説明書をご覧ください。
 外部ディスプレイやプロジェクターと本機の画面に同時に表示する場合は、画面表示の設定
を変更してお使いください。
(16ページ)
Q
本機の画面と外部ディスプレイに動画やDVDなどを同時に表示できない。
 使用中のソフトウェアによっては、本機の画面と外部ディスプレイに動画やDVDなどを同時
に表示することができない場合があります。
Q
プロジェクターのつなぎかたがわからない。
 プロジェクターのつなぎかたについては、
「外部ディスプレイやプロジェクターに表示する
には」
(23ページ)をご覧ください。
Q
プロジェクターに何も表示されない。
 本機の解像度を下げてください。
(16ページ)
133
Q
HDMI出力端子にテレビまたは外部ディスプレイを接続したときに画像
が表示されない。

HDMIケーブルを接続し直してください。
 著作権保護された映像は、
HDCP規格非対応の外部ディスプレイでは表示できません。
HDCP規格に対応した外部ディスプレイを接続してください。
Q
画像が画面よりも大きく、画像の上下左右の一部が表示されない。
 「画面の解像度の調整」で低い解像度に変更してください。

(17ページ)
HDMI解像度設定を使って、解像度を微調整してください。
 オーバースキャンの調整をしてください。
Q
画像が画面よりも小さく、画面の上下左右に黒く何も表示されない部分
がある。
 「画面の解像度の調整」で高い解像度に変更してください。

(17ページ)
HDMI解像度設定を使って、解像度を微調整してください。
 オーバースキャンの調整をしてください。
Q
Windows Aeroで表示されない。
 テーマを変更してください。
次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 「デスクトップのカスタマイズ」の[テーマの変更]をクリックする。
 「Aero テーマ」からテーマを選択する。
! ご注意
お使いの機種の仕様によっては、Windows Aeroに対応していない場合があります。
134
Q
画面が一瞬黒くなる。
 次のような場合に、画面が一瞬黒くなることがあります。
 ACアダプターの取り付け/取りはずしを行った直後
バッテリーのみを使用して起動した直後
画面が一瞬黒くならないようにするためには、次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]をクリックする。
 「電源オプション」の[コンピューターをスリープ状態にする時間の変更]をクリックする。
 [詳細な電源設定の変更]をクリックする。
 「詳細設定」タブのリストから[ATI グラフィックスの電源設定]をダブルクリックする。
 [ATI POWERPLAY(tm) 設定]をダブルクリックする。
 「バッテリ駆動」を[最適なパフォーマンス]にする。
 [適用]をクリックする。
135
音声
Q
スピーカーやヘッドホンなどから音が出ない。
 音量設定が最小になっていないか確認してください。
(30ページ)
Fnキーを押しながらF4キーを長押しして、音量を上げる。

Windowsの音量が消音または最小になっていないか確認してください。

(スタート)ボタン−
[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]をクリックする。
 「サウンド」の[システム音量の調整]をクリックする。
「音量ミキサー」画面が表示されます。
 「デバイス」に表示されている設定が消音(ミュート)または最小になっていないか確認
する。
消音(
)になっている場合は
(ミュート 解除)をクリックして消音解除(
してください。音量が最小になっている場合は音量を上げてください。
)に
 外部スピーカーやヘッドホンなどを接続している場合は、次の点を確認してください。
外部スピーカーやヘッドホンなどが本機と正しく接続されているか確認する。
(26ページ)
外部スピーカーなどの電源ケーブルが電源コンセントにしっかり接続されているか確認
する。
外部スピーカーなどの電源が入っているか確認する。
外部スピーカーなどの音量設定が最小になっていないか確認する。
 本機の内蔵スピーカーから音を出す場合に
(ヘッドホン)端子にケーブルをつないでいると
きは、ケーブルをはずしてください。
 出力先を確認してください。

(スタート)ボタン−
[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]をクリックする。
 [サウンド]をクリックする。
「サウンド」画面が表示されます。
 [再生]タブをクリックする。
 音声を出力したいデバイスのアイコンの右下にチェックがついているか確認する。
チェックがついていない場合には、出力したいデバイスのアイコンを選択して[既定値
に設定]をクリックしてください。
デバイスのアイコンが表示されていない場合は、本機とデバイスが正しく接続されてい
るかもう一度ご確認ください。
 [OK]をクリックする。
 使用するソフトウェアの再生音量を確認してください。
136
Q
マルチチャンネル対応のHDMI機器からマルチチャンネルの音声が再生
されない。
(HDMI出力端子搭載モデル)
 出力の設定を確認してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]
をクリックする。
 [サウンド]をクリックする。
「サウンド」画面が表示されます。
 [再生]タブをクリックする。
 接続したHDMI機器を選択し、
[構成]をクリックする。
「スピーカーのセットアップ」
画面が表示されます。
 「オーディオ チャネル」で出力したい設定を選択し、
[次へ]をクリックする。
 存在するスピーカーのチェックボックスにチェックを付け、
[次へ]をクリックする。
 全帯域スピーカーのチェックボックスにチェックを付け、
[次へ]をクリックする。
 [完了]をクリックする。
Q
映像や音声の再生時に音とびがする。
 コンピューターへの負荷が高くなっていると、再生音が途切れることがあります。
この場合は、コンピューターにかかる負荷が低くなるよう、その他のアプリケーションを終
了するか、同時に使用するオーディオエフェクトの数を減らしてください。
 ソフトウェアによっては、出力音声のバッファーサイズを設定できることがあります。
このようなソフトウェアでは、出力音声のバッファーサイズを大きくすることで、この問題
を解決できることがあります。
137
Q
HDMI出力端子につないだ機器から音が出ない。
(HDMI出力端子搭載モデル)
 本機のHDMI出力端子に接続したテレビや外部ディスプレイから音声を出力させたい場合は、
その機器から音声が出力されるように音声の出力先を変更する必要があります。
次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]をクリックする。
 [サウンド]をクリックする。
「サウンド」画面が表示されます。
 [再生]タブをクリックする。
 接続したHDMI機器の右下にチェックがついているか確認する。
チェックがついていない場合には、接続したHDMI機器を選択して[既定値に設定]をク
リックしてください。
 [OK]をクリックする。
 上記の操作を行っても音が出ない場合は、接続した機器がサポートしているサンプリング周
波数などにあわせた設定を行ってください。
次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]をクリックする。
 [サウンド]をクリックする。
「サウンド」画面が表示されます。
 [再生]タブをクリックする。
 接続したHDMI機器を選択し、
[プロパティ]をクリックする。
 [詳細]タブをクリックする。
 接続した機器がサポートしているサンプリング周波数にあわせて、
「既定の形式」で[16
ビット、48000 Hz(DVD の音質)
]などを選択する。
 [OK]をクリックする。
138
Q
マイクが使えない。
 録音デバイスとしてマイクが有効になっているか確認してください。
次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]
をクリックする。
 [サウンド]をクリックする。
「サウンド」画面が表示されます。
 [録音]タブをクリックする。
 使用したいマイクのアイコンの右下にチェックがついているか確認する。
チェックがついていない場合には、使用したいマイクのアイコンを選択して[既定値に
設定]をクリックしてください。
マイクのアイコンが表示されていない場合は、本機とマイクが正しく接続されているか
もう一度ご確認ください。
 [OK]をクリックする。
 外付けマイクから録音する場合には、プラグインパワー方式に対応したマイクをご使用くだ
さい。
Q
マイクの音が大きい、または、小さい。
 次の手順で音量を調節してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]
をクリックする。
 [サウンド]をクリックする。
「サウンド」画面が表示されます。
 [録音]タブをクリックする。
 マイクのアイコンをダブルクリックする。
「マイクのプロパティ」
画面が表示されます。
 [レベル]タブをクリックする。
 「マイク」のスライダーを左右に動かして好みの音量に調節する。
スライダーを最大にしても音量が足りないときは、
「マイク ブースト」のスライダーを左
右に動かして音量を調節することができます。
 [OK]をクリックする。
139
Q
マイクを使用しているときに、スピーカーなどの出力に雑音が入る。
 スピーカーなどから出力された音声がマイクに入力されることによって起きるハウリング
による雑音の可能性があります。
スピーカーなど音声の出力元とマイクの距離を離してください。
スピーカーの音量を下げてください。
(24ページ)
マイクの音量を下げてください。
(25ページ)
Q
モノラルマイクで録音すると片方のチャネルしか音声が録音されない。
 次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]をクリックする。
 [サウンド]をクリックする。
「サウンド」画面が表示されます。
 [録音]タブをクリックする。
 マイクのアイコンをダブルクリックする。
「マイクのプロパティ」画面が表示されます。
 [音の明瞭化]タブ、
[効果]タブ、または[拡張]タブをクリックする。
ヒント
お使いの機種により表示されるタブ名が異なります。
 モノ マイク(Mono Microphone)のチェックボックスをクリックしてチェックする。
 [OK]をクリックする。
! ご注意
この機能は、マイク録音時のみ有効です。
140
Q
ステレオマイクを使用してもステレオ録音ができない。
 次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]
をクリックする。
 [サウンド]をクリックする。
「サウンド」画面が表示されます。
 [録音]タブをクリックする。
 マイクのアイコンをダブルクリックする。
「マイクのプロパティ」
画面が表示されます。
 [音の明瞭化]
タブ、
[効果]タブ、
または[拡張]
タブをクリックする。
ヒント
お使いの機種により表示されるタブ名が異なります。
 モノ マイク(Mono Microphone)のチェックボックスをクリックしてチェックをはずす。
 [OK]をクリックする。
Q
Windowsの起動音を消したい。
 次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]
をクリックする。
 [サウンド]をクリックする。
「サウンド」画面が表示されます。
 [サウンド]タブをクリックする。
 [Windows スタートアップのサウンドを再生する]のチェックボックスをクリックして、
チェックをはずす。
 [OK]をクリックする。
141
文字入力/キーボード/タッチパッド
Q
入力できない記号や文字がある。
 読みで入力してください。
読みが登録されている記号もあります。
<例>
→ : やじるし
∼ : から
〒 : ゆうびん
○ : まる
★ : ほし
 「IME パッド」を使用して入力してください。
MS-IMEには、記号や文字を入力するための「IME パッド」があります。
言語バーの
(IME パッド)をクリックして表示された画面左側から、
「文字一覧」アイコン
をクリックすると、記号を選んだり、読みかたのわからない漢字を手書きで入力したりでき
ます。
Q
キーボードを押したとおりに文字が入力できない。
 入力モードを確認してください。
日本語入力モードと英字入力モードがあります。
言語バーのアイコンが日本語入力モードのときは
「あ」に、
英字入力モードのときは
「A」になっています。
日本語入力モードと英字入力モードは、
半角/全角キーで切り替えられます。
 
(Caps Lock)ランプが点灯していないか確認してください。

(Caps Lock)ランプが点灯していると、Shiftキーを押さなくても大文字が入力されます。
Shiftキーを押しながらCaps Lockキーを押してランプを消灯させてから入力してください。
 
(Num Lock)ランプが点灯していないか確認してください。
U、I、O、J、K、L、M、@などの文字が入力できない場合は、Num Lock( ナムロック)が有効に
なっている場合があります。
点灯している場合は、
Num Lkキーを押してランプを消灯させてから入力してください。
142
Q
IMEの言語バーが表示されない。

IMEの言語バーが表示されない場合は、次の手順に従って操作し、言語バーを表示させてくだ
さい。

(スタート)ボタン−[コントロールパネル]をクリックする。
「コントロールパネル」
画面が表示されます。
 「時計、言語、および地域」の[キーボードまたは入力方法の変更]をクリックする。
「地域と言語」
画面が表示されます。
 [キーボードと言語]タブをクリックして、
[キーボードの変更]をクリックする。
「テキストサービスと入力言語」
画面が表示されます。
 [言語バー]タブをクリックする。
 [デスクトップ上でフロート表示する]を選択して、
[OK]をクリックする。
 「地域と言語」画面で[OK]をクリックして画面を閉じる。
ヒント
言語バー右上の
(最小化ボタン)をクリックすると言語バーはタスクバーに収納され、タスク
バーに常に表示させておくことができます。
Q
入力した文字が表示されない。
 文字を入力したいソフトウェアの画面を前面に出してください。
画面のどこかをクリックするか、AltキーとTabキーを押して目的のソフトウェアを前面に出
してください。
Q
文字入力中に勝手にカーソルが移動する。
 タッピング機能をオフにしてください。
次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]をクリックする。
 「デバイスとプリンター」の[マウス]をクリックする。
「マウスのプロパティ」
画面が表示されます。
 [タッピング]タブまたは[デバイス設定]タブをクリックする。
[デバイス設定]
タブをクリックした場合は、
[設定]
をクリックして表示された画面で
[タップ]をクリックしてください。
 [タッピング]または[タップ機能を使用する]をクリックしてチェックをはずす。
 [OK]をクリックする。
143
Q
Q
ショートカットキーの使いかたがわからない。

「Windowsキーと組み合わ
Windowsキーと組み合わせたショートカットキーについては、
せたショートカットキー一覧」
をご覧ください。
(29ページ)

「Fnキーと組み合わせたショート
Fnキーと組み合わせたショートカットキーについては、
カットキー一覧」をご覧ください。
(30ページ)
タッチパッドの使いかたがわからない。
 タッチパッドの使いかたについては、
「タッチパッドの基本操作」
(32ページ)をご覧ください。
Q
タッチパッドが使えない。
 タッチパッドが無効になっています。
タッチパッドの設定を変更し、
タッチパッドを有効にしてください。
(33ページ)
設定を変更してもタッチパッドが有効にならないときは、本機を再起動してください。
Q
指がタッチパッドの端まできてしまいポインターを動かせない。
 指をいったんタッチパッドから離し、
中央に戻してください。
Q
タッチパッドを無効にしたい。
 タッチパッドの設定を変更し、
タッチパッドを無効にしてください。
(34ページ)
それでもタッチパッドが無効にならないときは、
本機を再起動してください。
144
Q
タッチパッドに触れただけでクリックしてしまう。
 タッピング機能をオフにしてください。
次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ハードウェアとサウンド]をクリックする。
 「デバイスとプリンター」の[マウス]をクリックする。
「マウスのプロパティ」
画面が表示されます。
 [タッピング]タブまたは[デバイス設定]タブをクリックする。
[デバイス設定]
タブをクリックした場合は、
[設定]をクリックして表示された画面で
[タップ]をクリックしてください。
 [タッピング]または[タップ機能を使用する]をクリックしてチェックをはずす。
 [OK]をクリックする。
Q
ポインターが動かない。
 使用しているアプリケーションによっては、一時的にポインターが動きにくくなる場合があ
ります。
しばらく待ってから、もう1度ポインターを動かしてください。
それでもポインターが動かない場合は、次の手順で本機の電源を切ってください。
 CtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押し、画面右下の
ボタンをクリックする。
(シャットダウン)
それでも何も起こらないときは、本機の (パワー)
ボタンを4秒以上押して電源を切ってく
ださい。
Q
画面上のすべてのものが動かない。
 次の手順で本機を再起動してください。
 CtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押し、画面右下の (矢印)ボタン−[再起
動]をクリックする。
それでも何も起こらないときは、本機の (パワー)
ボタンを4秒以上押して電源を切ってく
ださい。
145
ハードディスク/ SSD
Q
誤ってハードディスクまたはSSDを初期化してしまった。
 ハードディスクまたはSSDにあったファイルは、
復元できません。
ハードディスクまたはSSD内のリカバリー機能や、ご自分で作成したリカバリーメディアを
使って、本機をリカバリーする必要があります。
(116ページ)
Q
ハードディスクまたはSSDの内容を誤って消してしまった。
 削除したファイルが
「ごみ箱」の中にない場合は、
ファイルを復元できません。
「ごみ箱」の中に削除したファイルが残っていないか確かめてください。
 Windowsが正常に動作しなくなった場合は、本機をリカバリーする必要があります。
Q
ハードディスクまたはSSDから起動できない。

USB機器の接続状態について確認してください。
 USB接続のフロッピーディスクドライブやCD / DVDドライブに、起動ディスク以外の
ディスクが入っている場合は、イジェクトボタンを押してディスクを取り出してから、
キーボードのいずれかのキーを押してください。
ハードディスクドライブまたはフラッシュメモリーなどの起動可能なUSB機器が接続さ
れている場合は、いったんUSB機器を取りはずしてから、キーボードのいずれかのキーを
押してください。
Q
ハードディスクまたはSSDの空き容量を知りたい。

146
(スタート)ボタン−[コンピューター]
をクリックしてください。
「コンピューター」画面が表示され、
空き容量が確認できます。
Q
ハードディスクまたはSSDの空き容量が少なくなった。
 ディスククリーンアップを行ってください。
Windowsでは、処理を速くするために一時ファイルやバックアップファイルが自動的に作
成されるため、ハードディスクまたはSSDの空き容量が減少します。ディスククリーンアッ
プを行うと、一時ファイルなどが削除され、空き容量を増やすことができます。
次の手順でディスククリーンアップを行ってください。

(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−
[システム ツール]−
[ディスク クリーンアップ]をクリックする。
「ドライブの選択」
画面が表示された場合は、
「ドライブ」でディスククリーンアップを実
行するドライブを選択し、
[OK]
をクリックしてください。
「ディスク クリーンアップ」画面が表示されます。
 ファイルの説明をよく読み、削除するファイルにチェックをつける。
 [OK]をクリックする。
「これらのファイルを完全に削除しますか?」
というメッセージが表示されます。
 [ファイルの削除]
をクリックする。
ディスクのクリーンアップが実行されます。
Q
ハードディスクから異音がする。
(ハードディスクドライブ搭載モデル)

OSの処理などにより、何も操作していない場合でもハードディスクの読み書きが行われ、動
作音がすることがあります。
これは正常な処理であり、故障ではありません。
ただし、ハードディスクの空き領域が少ないときや、ハードディスク上のデータの断片化が
激しいときは、ハードディスクに負担がかかり、ハードディスクの動作音がしばらく続くこ
とがあります。このようなときはディスクデフラグやディスククリーンアップを行ってく
ださい。
ディスクデフラグは次の手順で行ってください。

(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−
[システム ツール]−
[ディスク デフラグ ツール]
をクリックする。
「ディスク デフラグ ツール」
画面が表示されます。
 最適化するドライブを選択し、
[ディスクの最適化]
をクリックする。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、
[はい]をクリックしてください。
最適化(デフラグ)が開始されます。
 ハードディスクからまれに「カチャン」という音がする場合があります。
これはハードディスク内にあるヘッドが動作するときに発する音であり、異常ではありません。
147
Q
リカバリー領域の容量を知りたい。
 次の手順で確認してください。

(スタート)ボタンをクリックし、
[コンピューター]を右クリックして[管理]をク
リックする。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、
[はい]をクリックしてください。
「コンピューターの管理」画面が表示されます。
 画面左側の「記憶域」の[ディスクの管理]をクリックする。
「ディスク 0」に、リカバリー領域とC:ドライブの容量が表示されます。
ヒント
1 GBを10億バイトで計算した場合の数値です。Windowsのシステムでは1 GBを1,073,741,824
バイトで計算しており、Windows起動時に認識できる容量は、若干小さい数値になります。
Q
C:ドライブとは別のドライブを作成したい。
 パーティションを作成すると、
別のドライブ(D:ドライブなど)として使うことができます。
パーティションの作成方法について詳しくは、
「パーティションを作成する」をご覧ください。
(36ページ)
LAN /無線LAN
! ご注意
お使いの機種により、無線LAN機能が搭載されていない場合があります。
Q
ネットワーク(LAN)に接続できない。
 接続状態を確認してください。
(47ページ)
 設定を確認してください。
ネットワークに接続するための設定について詳しくは、
ADSLモデムや接続している周辺機
器の取扱説明書を参照してください。職場などでは、職場のネットワーク管理担当者にご確
認ください。
Q
デスクトップ画面右下の通知領域に
ン)が表示されない。
 通知領域の
148
(VAIO Smart Networkアイコ
(矢印)をクリックして、アイコンを確認してください。
Q
無線LANが使えない。

(51ページ)
WIRELESSスイッチが「ON」になっているか確認してください。
 本機に内蔵されている無線LAN機能を使うには、通信するための設定を行う必要があります。
無線LANの設定を確認してください。
(51ページ)

WLAN AutoConfigサービスが開始されているか確認してください。
次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]
をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [システムとセキュリティ]をクリックする。
 [管理ツール]をクリックする。
「管理ツール」
画面が表示されます。
 [サービス]をダブルクリックする。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、
[はい]をクリックしてください。
「サービス」画面が表示されます。
 「WLAN AutoConfig」の項目を確認する。
状態が「開始」
、スタートアップの種類が
「自動」になっている場合、WLAN AutoConfig
サービスは開始されています。
ヒント
WLAN AutoConfigサービスが開始されていない場合、次の手順でサービスを開始してください。
 「WLAN AutoConfig」を右クリックして[プロパティ]をクリックする。
「WLAN AutoConfig のプロパティ」画面が表示されます。
 スタートアップの種類を「自動」にし、
[開始]をクリックする。
 他社製の無線LAN製品に付属する接続ユーティリティーソフトウェアをインストールして
いる場合は、アンインストールしてください。
接続ユーティリティーソフトウェアをインストールしていると、Windowsの機能で無線
LANの設定が正しく行われない可能性があります。
! ご注意
アンインストールを行う前に必ずセキュリティー キーなどの情報を控えてください。
接続ユーティリティーソフトウェアを使用して設定を行っていた場合、アンインストールすること
で接続設定がすべて削除され接続できなくなる場合があるためご注意ください。
149
Q
無線LANアクセスポイントのSSIDやセキュリティー キーなどがわから
ない。
 無線LANアクセスポイントを設定した方にご確認ください。
 無線LANアクセスポイントの機種によっては、無線LAN接続設定を自動で行うものがあります。
自動接続設定を利用するには、無線LANアクセスポイントに付属のソフトウェアを本機にイ
ンストールする必要があります。
詳しくは、無線LANアクセスポイントに付属の取扱説明書をご覧ください。
 無線LANアクセスポイントの設定画面で確認してください。
詳しくは、無線LANアクセスポイントに付属の取扱説明書をご覧ください。
Q
本機と無線LANアクセスポイントの通信ができない(インターネットに
アクセスできない)。
 上記の「無線LANが使えない。」の項目を確認してください。
 無線LANアクセスポイントの電源が入っているか確認してください。
 無線LANアクセスポイントの設定を確認してください。
以下の場合はアクセスポイントに接続できなかったり、
動作が不安定になることがあります。
アクセスポイント側でANY接続拒否設定をしていて、本機側、
またはアクセスポイント側
でSSIDが「ANY」になっている場合
アクセスポイント側でステルスモードに設定している場合
設定について詳しくは、無線LANアクセスポイントに付属の取扱説明書や、契約されている
プロバイダーの設定方法のしおりなどをご覧ください。
 本機と無線LANアクセスポイントが接続されているか確認してください。
(51ページ)
 通信機器間の通信可能な距離は、実際の通信機器間の距離や障害物、機器構成、電波状況、壁
の有無・素材など周囲の環境、
使用するソフトウェアなどにより変化します。
本機の設置場所を移動するか、
通信機器間の距離を近づけてください。
 「現在の接続先」画面に無線LANアクセスポイントが表示されているか確認してください。
次の手順で操作してください。

(スタート)
ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ネットワークとインターネット]をクリックする。
 「ネットワークと共有センター」の[ネットワークに接続]をクリックする。
「現在の接続先」画面が表示されます。
 無線LANアクセスポイントが表示されているか確認する。
150
 入力したセキュリティー キーが間違っていることがあります。
セキュリティー上、1度設定したセキュリティー キーは「●」で表示され、確認することはで
きません。再度入力し直してください。
次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [ネットワークとインターネット]−[ネットワークと共有センター]をクリックする。
 画面左側の[ワイヤレス ネットワークの管理]をクリックする。
「ワイヤレス ネットワークの管理」画面が表示されます。
 「表示、修正、並べ替えが可能なネットワーク」のリストから確認したいものを選んで右
クリックし、
[プロパティ]をクリックする。
プロパティー画面が表示されます。
 [セキュリティ]タブをクリックする。
 「ネットワーク セキュリティ キー」を入力し直し、
[OK]をクリックする。
 ワイヤレス機能の設定が、使用している無線LANアクセスポイントの無線LAN機能と同じ設
定になっているか確認してください。
(51ページ)
ワイヤレス機能の設定で2.4
GHz無線LANを無効にしている場合は、アクセスポイントに接
続できません。
また、本機は5 GHz無線LANのアクセスポイントには接続できません。
 インターネットからのアクセスを制限する設定がされている場合は、通信できない場合があ
ります。
お使いのセキュリティー対策ソフトウェアやWindowsのファイアウォール機能でアクセス
制限をかけている場合、接続できないことがあります。設定を確認してください。
 ワイヤレスアダプターの設定を「最大パフォーマンス」に変更してください。
次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [システムとセキュリティ]
−[電源オプション]
をクリックする。
「電源オプション」
画面が表示されます。
 選択している電源プランの[プラン設定の変更]
をクリックする。
 [詳細な電源設定の変更]
をクリックする。
 「ワイヤレス アダプターの設定」で「省電力モード」を[最大パフォーマンス]に設定する。
151
Q
無線LAN経由で受信した映像や音声が、再生できなかったり途切れたり
する。また、通信速度が遅い。
 本機の配置を変えたり、
無線LAN製品に近づけたりして、電波の受信環境を変えてください。
無線LANの通信速度や通信状態は、実際の通信機器間の距離や障害物、機器構成、電波状況、
壁の有無・素材などの周辺の環境、
使用するソフトウェアなどにより変化します。
 無線LANアクセスポイントへのアクセスが集中している可能性があります。
時間をおいてから、
もう1度アクセスしてください。
 アクセスポイントのチャンネル設定を変更してください。帯域干渉による影響が無くなり、
通信速度が改善する場合があります。
チャンネル帯域の干渉が起こると通信速度が低下することがあります。
 他の無線LANアクセスポイントと混信している場合は、無線LANアクセスポイントで無線
チャンネルの設定をしてください。
設定について詳しくは、
無線LANアクセスポイントに付属の取扱説明書をご覧ください。
 電子レンジを近くで使用していないか確認してください。
2.4 GHz帯はさまざまな機器が共有して使用する電波帯です。無線LANでの通信中に周囲で
電子レンジを使用していると、場合によっては通信速度や通信距離が低下することや、通信
が切断することがあります。
 ワイヤレスアダプターの設定を
「最大パフォーマンス」に変更してください。
次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
 [システムとセキュリティ]−[電源オプション]をクリックする。
「電源オプション」画面が表示されます。
 選択している電源プランの[プラン設定の変更]をクリックする。
 [詳細な電源設定の変更]をクリックする。
 「ワイヤレス アダプターの設定」で「省電力モード」を[最大パフォーマンス]に設定する。
Q
ネットワーク上の他のコンピューターが表示されない。

Windowsのネットワーク設定を確認してください。
ネットワーク設定について詳しくは、
Windowsのヘルプをご覧ください。
 他のコンピューターがネットワークの中に存在しない場合は表示されません。
152
Q
内蔵無線LANの物理アドレス(MACアドレス)を確認したい。
 アクセスポイント側でMACアドレスフィルターリング設定を行っている場合、MACアドレ
スが登録されていないコンピューターは、アクセスポイントと通信できません。
次の手順でMACアドレスを確認して、アクセスポイントに登録してください。

(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−[コマンド プロンプ
ト]をクリックする。
「コマンド プロンプト」画面が表示されます。
 「ipconfig /all」と入力し、Enterキーを押す。
 「Wireless LAN adapter ワイヤレス ネットワーク接続」の「物理アドレス」欄で、物理ア
ドレス(MACアドレス)を確認する。
Q
無線LANの通信を終了したい。
 「VAIO
「無線LAN」の切り替えスイッチをクリックして「Off」にし
Smart Network」画面で、
ます。
無線LAN機能がオフになります。
ヒント
「VAIO Smart Network」画面で他のワイヤレス機能を選択している場合は、WIRELESSランプは点
灯したままです。
153
BLUETOOTH機能
Q
BLUETOOTH機能が使えない。
 本体のWIRELESSランプが点灯していることを確認してください。
WIRELESSランプが消灯している場合は、BLUETOOTH機能が使えません。
「VAIO Smart Network」画面で「BLUETOOTH」の切
WIRELESSスイッチを「ON」にあわせ、
り替えスイッチが
「On」になるようにしてください。

BLUETOOTH機能が利用できる設定になっているか確認してください。
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[VAIO
Smart Network]をクリック、また
はデスクトップ画面右下の通知領域にある
(VAIO Smart Networkアイコン)をクリッ
クすると、
「VAIO Smart Network」画面が表示されます。
「BLUETOOTH」の切り替えスイッ
チが「On」になっていることを確認してください。
「On」になっていない場合は、切り替えスイッチをクリックして「On」に切り替えます。
アイコンが表示されていないときは、
通知領域の
してください。
Q
(矢印)をクリックしてアイコンを確認
BLUETOOTH機能で通信できない。
 右記の「通信相手の機器が表示されない。」
の項目を確認してください。
 接続したい機器との認証を確認してください。
機器によっては、認証されていない機器間の接続を拒否するように設定されています。接続
するには、接続する機器との認証が必要になります。
 接続したい機器からの検出を、
本機が許可しているか確認してください。
次の手順で操作してください。
 デスクトップ画面右下の通知領域にある (矢印)をクリックする。
 表示された
を右クリックし、メニューから[設定を開く]を選択する。
BLUETOOTHの設定画面が表示されます。
 表示された画面で[オプション]タブをクリックして、
[Bluetooth デバイスによる、このコ
ンピューターの検出を許可する]チェックボックスにチェックが付いているか確認する。
154
Q
デスクトップ画面右下の通知領域にBLUETOOTHのアイコンが表示され
ない。
 「VAIO
「BLUETOOTH」の切り替えスイッチが「On」になっている
Smart Network」画面で、
ことを確認してください。
 「Bluetooth 設定」画面で設定を確認してください。
次の手順で操作してください。
 (スタート)ボタン−[デバイスとプリンター]をクリックする。
「デバイスとプリンター」
画面が表示されます。
 コンピューターのアイコンを右クリックして表示されたメニューから[Bluetooth 設
定]をクリックする。
「Bluetooth 設定」画面が表示されます。
「Bluetooth アイコンを通知領域に表示する」にチェックをつけ、
[OK]をクリックする。
Q
通信相手の機器が表示されない。
 通信機器間の距離を10 m以内に近づけてください。
本機と通信相手の機器間の距離が10 m以上ある場合は通信できません。
本機と通信相手の機器間の距離が10
m以内でも、機器間の障害物や電波状況、壁の有無・素
材など周囲の環境、使用するソフトウェアなどによって、通信できない場合があります。本
機の設置場所を移動するか、通信機器間の距離をさらに近づけてください。
 通信先のBLUETOOTH機能がオンになっているか、または通信先の機器が省電力動作モード
になっていないか確認してください。
 通信先のBLUETOOTH対応機器が、BLUETOOTH機能を使用できる状態になっているか確認
してください。
状態の確認方法について詳しくは、通信先のBLUETOOTH対応機器の取扱説明書をご覧くだ
さい。
 通信相手が他の機器と接続している場合は、通信相手として表示されなかったり、本機と通
信できない場合があります。
155
Q
データ転送速度が遅い。
 本機と通信相手の機器間の距離や障害物、機器構成、電波状況、使用するソフトウェアなどに
よって、データ転送速度は変化します。
本機の設置場所を移動するか、
通信機器間の距離を近づけてください。

1台のVAIOでBLUETOOTH機能とワイヤレス機能を同時に使用すると、通信速度などに影響
を及ぼす場合があります。
 通信相手のBLUETOOTH対応機器の仕様がBLUETOOTH
v2.0 + EDRまたはBLUETOOTH
v2.1 + EDRではない場合、最大速度は721 kbpsになります。
Q
BLUETOOTH機能を終了できない。
 「VAIO
「BLUETOOTH」の切り替えスイッチをクリックして「Off」
Smart Network」画面で、
にします。
「BLUETOOTH通信を終了するには」
(62
BLUETOOTH通信の終了方法について詳しくは、
ページ)をご覧ください。
WIRELESSランプが消えても終了できない場合は、本機の電源を切ってください。本機の電
源が切れない場合は、
本機の(パワー)ボタンを4秒以上押したままにして、電源を切ります。
Q
制限付きユーザーアカウント
(標準ユーザー)
でBLUETOOTH通信できない。
 制限付きユーザーアカウント(標準ユーザー)でBLUETOOTH通信を行うと、正常に動作しな
い場合があります。
その場合は、
「コンピューターの管理者」など、管理者権限を持つユーザーとしてログオンし
てください。
Q
ユーザーの切り替え先でBLUETOOTH デバイスが使用できない。
 ログオフせずにユーザー切り替えを行った場合は、切り替え先のユーザーアカウントで
BLUETOOTH デバイスが正常に動作しない場合があります。
その場合は、ログオフしてからユーザー切り替えを行ってください。
Q
携帯電話やPDAと名刺データのやりとりができない。
 本機は携帯電話やPDAとの間で名刺データを送受信する機能(vCard
ていません。
156
Exchange)に対応し
ソフトウェア一般
Q
ソフトウェアの使いかたがわからない。
 各ソフトウェアのヘルプをご覧ください。
Q
ソフトウェアを終了した、または電源を切ったら、データが消えた。
 ソフトウェアを終了したり、電源を切ると、保存していないデータは消えてしまいます。
万一のアクシデントに備えて、データはこまめに保存(バックアップ)しておくようにしてく
ださい。
Q
ソフトウェアやシステムの動作が遅い。
 本機に周辺機器を接続している場合は、いったんそれらの機器を取りはずしてから動作を確
認してください。
Q
ソフトウェアのインストール方法がわからない。
 本機に付属のソフトウェア以外をインストールする場合、そのインストール方法については、
ソフトウェアのメーカーにお問い合わせください。
(Excel / Outlook / Word他)が見つからない。
Q 「Microsoft Office」
 「Office
「Office Home and Business 2010」または「Office Professional
Personal 2010」、
2010」プリインストールモデルをお使いの場合は、お買い上げ時の状態では「Microsoft
Office」がすでにインストールされています。
「Microsoft Office」をお使いになる場合は、次の手順で起動してください。

(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[Microsoft Office]
をクリックする。
Excel / Outlook / Word他が表示されます。
 ご使用になるソフトウェアをクリックする。
 本機をリカバリーした場合は、付属のMicrosoft
Office プレインストールパッケージを使用
して「Microsoft Office」をインストールしてください。
インストールの手順について詳しくは、
「リカバリー領域からリカバリーするには」をご覧く
ださい。
(116ページ)
157
Q 「Microsoft Office」のライセンス認証のしかたがわからない。
 ライセンス認証の手順は、Microsoft
Office プレインストールパッケージに付属の冊子に詳
しく記載されていますので、
そちらをご覧ください。
「Microsoft
Office」をはじめて使うときや、本機のリカバリー後に「Microsoft Office」をイ
ンストールするときは、
ライセンス認証を実行する必要があります。
Q
AVCHD方式のデジタルビデオ機器によって記録されたハイビジョン画
質の素材などのファイルを再生すると、コマ落ちや音飛びが発生する。
 ハイビジョン画質の素材などのビデオファイル再生(デコード)にはCPU、GPU、システムメ
モリーなど非常に多くのハードウェア資源を要求します。このため、素材によっては、操作
および機能に制限があったり、
音がとぎれたり、コマ落ちすることがあります。
また、素材によっては、再生そのものに不具合のあるものも確認されています。
USB /プリンター/フロッピーディスク
Q
プリンターで印刷できない。
 プリンターが正しく設定されているか確認してください。
プリンターの設定について詳しくは、
プリンターに付属の取扱説明書をご覧ください。
 プリンターの電源が入っているか確認してください。
詳しくは、プリンターに付属の取扱説明書をご覧ください。
 本機とプリンター、
ACアダプターと電源コード、電源コードとコンセントがそれぞれ正しく
接続されているか確認してください。
 プリンター専用のプリンタードライバーがインストールされているか確認してください。
新しくプリンターを接続したときは、
プリンタードライバーのセットアップが必要です。
プリンタードライバーのセットアップ方法については、プリンターに付属の取扱説明書、ま
たはプリンターの製造元のホームページをご覧ください。
 使用したいプリンターが
「通常使うプリンター」に設定されているか確認してください。
次の手順で設定を変更してください。
158

(スタート)ボタン−
[コントロールパネル]をクリックする。
 [ハードウェアとサウンド]をクリックする。
 [デバイスとプリンター]をクリックする。
「デバイスとプリンター」画面が表示されます。
 使用したいプリンターにチェックがついているか確認する。
チェックがついていない場合は、使用したいプリンターのアイコンを右クリックし、
[通
常使うプリンターに設定]をクリックしてください。
 プリンターのテスト印字ができるか確認してください。
プリンターには一般にテスト印字する機能があります。この機能を使ってプリンターの印
字テストを行ってください。テスト印字ができないときは、プリンターの故障が考えられま
す。プリンターの製造元にお問い合わせください。
 プリンターの製造元が推奨するプリンターケーブルを使っているか確認してください。
プリンターによっては、プリンター製造元の指定したケーブルを使わないと印刷がうまくい
かないものがあります。プリンターに付属の取扱説明書をご覧になってケーブルを確認し
てください。

Windows 7対応でないプリンタードライバーではお使いになれません。
プリンターの製造元からWindows 7に対応したドライバーを入手してお使いいただくか、
プリンターの製造元へお問い合わせください。
 プリンターがネットワーク(LAN)に接続されているか確認してください。
プリンターがネットワーク(LAN)に直接接続されている場合は、ルーターやハブなどの電源
が入っているか確認してください。
プリンターがプリンターサーバーに接続されている場合は、プリンターサーバーにエラーが
表示されていないか確認してください。
 ソフトウェアに問題がないか確認してください。
データによっては、ソフトウェアに問題があって、正しく印刷できないものがあります。
ソフトウェアやプリンターの製造元にお問い合わせください。
 印刷先のプリンターポートが正しく設定されているか確認してください。
プリンターポートの設定について詳しくは、プリンターに付属の取扱説明書をご覧いただく
か、プリンターの製造元にお問い合わせください。
 プリンターが双方向通信機能を持つ場合は、双方向通信機能をオフにすると印刷可能になる
場合があります。
次の手順で操作してください。

(スタート)ボタン−[コントロールパネル]をクリックする。
 [ハードウェアとサウンド]をクリックする。
 [デバイスとプリンター]をクリックする。
「デバイスとプリンター」
画面が表示されます。
 印刷したいプリンターを右クリックして、
[プリンターのプロパティ]を選ぶ。
 [ポート]タブをクリックする。
 [双方向サポートを有効にする]のチェックボックスをクリックし、チェックをはずす。
 [OK]をクリックする。
! ご注意
プリンターからデータ転送、ステータスモニター、リモートパネルなどの双方向通信を利用した機
能がご利用になれなくなります。
159
Q
プリンターで印刷できない。
(今までできていたのにできなくなった場合)
 プリンターが用紙切れ、
トナー切れ、インク切れになっていないか確認してください。
プリンターに付属の取扱説明書に従って用紙やトナー、
インクを補充してください。
 プリンターが印刷可能な状態
(オンライン)になっているか確認してください。
プリンターに「印刷可(オンライン)」や「準備完了」と表示されていることを確認してください。
また、プリンターに付属の取扱説明書に従って正しく設定されているか確認してください。
 ソフトウェアに問題がないか確認してください。
データによっては、
ソフトウェアに問題があって、正しく印刷できないものがあります。
ソフトウェアやプリンターの製造元にお問い合わせください。
Q
プリンターの設定方法や印刷方法がわからない。
 プリンターの設定方法や印刷方法については、プリンターに付属の取扱説明書、またはプリ
ンターの製造元のホームページをご覧ください。
Q
フロッピーディスクから起動できない。
 本機の電源を入れたあと、VAIOのロゴマークが消えるまでF11キーを繰り返し押してください。
フロッピーディスクからの起動が始まらない場合は、本機を再起動してもう一度やりなおし
てください。
Q
フロッピーディスクが取り出せない。
 使用中のフロッピーディスクのファイルを閉じ、
USBフロッピーディスクドライブのアクセ
スランプが点灯していないことを確認してから取り出します。
160
Q
フロッピーディスクを初期化しようとしたができない。
 フロッピーディスクが書き込み禁止になっている可能性があります。
タブを動かして書き込み可能にしてください。
フロッピーディスクは、穴が見える位置にタブをスライドさせると、書き込み禁止の状態に
なります。
 本機に取り付けたUSBフロッピーディスクドライブにフロッピーディスクがきちんと入っ
ているか確認してください。
フロッピーディスクは、ディスクの上下を確認してから入れてください。
 「アプリケーションが使用中です」というメッセージが出たときは、フロッピーディスクの内
容が画面に表示されています。
フロッピーディスクの内容が画面表示されているときは初期化できませんので、画面を閉じ
てください。
Q
フロッピーディスクにアクセスできない。
 お使いになるフロッピーディスクのフォーマットなどを確認してください。
Q
フロッピーディスクを認識しない。
 本機とUSBフロッピーディスクドライブが正しく接続されているか確認してください。
 フロッピーディスクを本機に取り付けたUSBフロッピーディスクドライブからいったん取
り出し、入れ直してみてください。
Q
フロッピーディスクにデータを保存できない。
 「ディスクがいっぱいです」というメッセージが表示されたときは、フロッピーディスクの容
量の空きがありません。
容量の空きが充分にある、別のフロッピーディスクを使って、保存し直してください。
 「書き込み禁止」というメッセージが表示されたときは、タブを動かして書き込み可能にして
ください。
フロッピーディスクは、穴が見える位置にタブをスライドさせると、書き込み禁止の状態に
なります。
161
“メモリースティック”
Q 「書き込み禁止」または「書き込み保護されています」というメッセージが
表示された。
 “メモリースティック”が書き込み禁止になっています。
誤消去防止スイッチを動かして書き込み可能にしてください。
Q “メモリースティック”のフォーマットをしたい。
 「“メモリースティック”
を初期化するには(フォーマット)」
(44ページ)をご覧ください。
Q “メモリースティック”の使いかたがわからない。
 使いかたについては、
「“メモリースティック”を入れる/取り出す」
(41ページ)をご覧ください。
“メモリースティック”について詳しくは、
「“メモリースティック”とは」
(40ページ)をご覧く
ださい。
Q “メモリースティック”にデータを保存したい。
 データの保存方法については、
「“メモリースティック”にデータを保存する」
(43ページ)をご
覧ください。
Q 「コンピューター」画面に“メモリースティック デュオ”スロットのドラ
イブが表示されない。
 “メモリースティック デュオ”を挿入していないときは表示されません。
162
その他のメモリーカード
Q
SDメモリーカードに書き込みができない。

SDメモリーカードのプロテクトスイッチがロックされていないか確認してください。
プロテクトスイッチがロックされていると、データの書き込みや消去ができません。
Q 「コンピューター」画面にSDメモリーカードスロットのドライブが表示
されない。

SDメモリーカードを挿入していないときは表示されません。
インターネット接続
Q
インターネットに接続できない。
 プロバイダーとの契約を確認してください。
インターネット接続するには、プロバイダーと契約する必要があります。
 機器の接続や設定を確認してください。
契約したプロバイダーにより、機器の接続や設定方法が異なります。プロバイダーから支給
されるマニュアルをよくお読みになり、機器の接続や設定を行ってください。
Q
ADSLでインターネットに接続できない。
 接続状態を確認してください。
 ケーブル類が正しく接続されているか確認する。
プロバイダーから入手した取扱説明書をご覧になり、ケーブルの種類や接続する端子の位
置を確認してください。ケーブル類は「カチッ」と音がするまで端子に差し込んでくださ
い。また、予備のケーブルがあれば、ケーブルを交換して試してください。

ADSLモデムやスプリッターが正しく動作しているか確認する。
確認方法については、各機器に添付のマニュアルをご覧ください。

ADSLモデムの電源を切り、しばらくしてから入れ直す。
それでも接続できない場合は、ADSLのリンクが切れている可能性がありますのでADSL接続
業者にお問い合わせください。

ADSLモデムの設定を確認してください。
ADSLモデムの設定については、プロバイダーから入手した説明書をご覧ください。
163
Q
ADSL接続のLAN端子の接続方法がわからない。
 本機のLAN端子にネットワーク(LAN)ケーブルを接続してください。
(47ページ)
ADSL接続サービスの申し込み方法、料金、必要な機器とその接続について詳しくは、契約す
るADSL接続サービスを提供している接続業者にお問い合わせください。
Q
携帯電話を使ってインターネットに接続できない。
 携帯電話や接続アダプターの設定を確認してください。
お使いの携帯電話や接続アダプターに付属の取扱説明書をご覧になり、設定を確認してくだ
さい。
 次の手順で、所在地情報を確認してください。
 (スタート)ボタン−[コントロール パネル]をクリックする。
「コントロール パネル」画面が表示されます。
「表示方法」のリストから[大きいアイコン]または[小さいアイコン]を選択する。
[電話とモデム]をクリックする。
「所在地情報」画面が表示されます。
「市外局番」に何も入力されていないときは、
「000」
など実在しない番号を入力する。
164
ホームページ
Q
接続するが通信速度が遅い。
 回線が込み合っている場合や回線の品質が悪い場合は、エラーが発生しないよう自動的に通
信速度を落とします。
Q
ADSL接続中に突然つながらなくなった。
 いったんADSLモデムの電源を切り、しばらくしてから電源を入れ直してください。
ADSLモデムの長時間利用などが原因で接続できなくなる場合があります。詳しくは、ADSL
モデムに付属の取扱説明書をご覧ください。
Q
ホームページを見ることができない。

Webブラウザーの設定を確認してください。
プロバイダーによっては、Webブラウザーの設定が必要な場合があります。契約したプロバ
イダーから送られてくる資料などをご覧になり、設定を確認してください。
 見たいホームページのURLを確認してください。
アドレスバーに表示されているURLが正しく入力されているか確認します。URLは半角英
数字で入力してください。
Q
ホームページが文字化けしている。
 正しい表示文字コードを選んでください。
次の手順で操作してください。
 「Internet Explorer」
を起動後、画面上部の
[ページ]をクリックする。
 表示されるメニューの[エンコード]
にポインターをあわせたあと、
[自動選択]のチェッ
クをはずす。
 再び、画面上部の
[ページ]をクリックし、
表示されるメニューの[エンコード]にポイン
ターをあわせたあと、
[日本語(自動選択)
]、
[その他]−[日本語(シフトJIS)]、
[その他]−
[日本語(EUC)]のそれぞれをクリックして試す。
! ご注意
ホームページによっては、文字化けが直らないことがあります。
165
Q
ホームページの文字サイズを大きくしたい。
 文字サイズを変更してください。
次の手順で操作してください。
 「Internet Explorer」を起動後、画面上部の[ページ]をクリックする。
 表示されるメニューの[文字のサイズ]にポインターをあわせ、
[大]または[最大]をク
リックする。

Q
Fnキーを押しながらF10キーを押して、文字を大きくしてください。
64ビット版の「Internet Explorer」を使うと、ホームページが正常に表示
されない。
 64ビット版の「Internet
Explorer」が対応していないコンテンツを含むホームページは、正
しく表示されない場合があります。
Q
ネットワークに接続すると、通知領域に「新しいネットワークに接続され
ました。プロファイルを作成しますか?」というメッセージが表示される。
 「VAIO
Smart Network」が起動していると、ネットワークへの接続に応じてメッセージが表
示されます。
プロファイル作成方法については、
「VAIO Smart Network」のヘルプをご覧ください。
「製品登録」
Q
オンラインで製品を登録できない。
 製品を登録するときは、
「コンピューターの管理者」アカウントなど、管理者権限を持つユー
ザーでログオンしてください。
 インターネットへの接続が正しく行われているかどうかご確認ください。
Q 「製品登録」をしたのに、登録されていない。
 製品の登録を行ってから登録が完了するまでに、
1時間ほど時間がかかる場合があります。
166
VAIO内の情報を調べる
「VAIO 電子マニュアル」を見る
基本的な使いかたやよくあるトラブルの解決方法などが記載されています。
「VAIO 電子マニュアル(PDF版)」は、インターネット経由でダウンロードすることができます。
「VAIO 電子マニュアル」を起動するには、 (スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[VAIO
マニュアル]をクリックします。
Windows ヘルプとサポートを見る
(スタート)ボタン−[ヘルプとサポート]をクリックすると
「Windows ヘルプとサポート」が
表示されます。
Windows ヘルプとサポートでは、Windowsに関するヘルプの参照と、各種サポートツールを実
行できます。
各ソフトウェアのヘルプを見る
本機に付属しているソフトウェアの詳しい使いかたを知りたいときは、各ソフトウェアのヘルプ
をご覧ください。
ヘルプでは、デスクトップ画面上で問題の解決方法についての情報を検索して、表示することが
できます。
VAIO Careで調べる
本機に付属の「VAIO Care」を使うと、トラブルが起きたときに適切な処置や対応策を調べること
ができます。
また、VAIOを最適な状態に保つための定期的なチェックも行えます。
VAIO Careを起動するには
電源が入っている状態で、本機のASSISTボタンを押します。
ヒント
電源が入っていない状態でASSISTボタンを押すと、
「VAIO Care レスキュー」が起動します。
「VAIO Care レス
キュー」はリカバリーを行うためのソフトウェアです(113ページ)。
167
製品を登録する
製品の登録について
ソニーでは、
「VAIO」をご所有のお客様に製品の登録をお願いしています。
ご登録いただくと、より充実したご登録者限定のサービス・サポートをご利用いただけます。
「製品登録」の特典
 セキュリティーや品質などに関する重要な情報を提供
「製品登録」されたお客様専用のサービス・サポートメニューを提供
「各種有料サービスのご案内」
(189ページ)を
* 各サービス・サポートについて詳しくは、
ご覧ください。
 使い方相談サポート(電話・メール)のご利用1年間無料
VAIOご購入日から1年間、使いかたや技術的なお問い合わせのサポート(電話・メール)
を無料でご利用いただけます。
 使い方相談窓口のフリーダイヤル

VAIOカスタマーリンク「使い方相談窓口」のフリーダイヤルをご利用いただけます。
VAIOコールバック予約サービスのご利用1年間無料
ホームページから電話サポートを予約いただくと、ご指定の日時にオペレーターからお
電話を差し上げます。

VAIOリモートサービスのご利用1年間無料
オペレーターが、インターネット経由でお客様のVAIOの画面を確認しながら操作方法
などをご案内します。
 メールサポートのご利用1年間無料
使いかたや技術的な質問をホームページで受付し、電子メールで返信します。

VAIO Hot Street(VAIOの質問掲示板)
お客様同士でVAIOに関するさまざまな情報を投稿、質問、回答できます。
 特典情報やキャンペーンなど、VAIOに関するさまざまな情報を提供
詳しくは、
「VAIOオーナーの皆さまのポータルページ「My VAIO」」
(188ページ)をご覧く
ださい。
! ご注意
「製品登録」の特典などは、2010年6月時点での情報(予定を含む)です。内容は予告なく変更・終了する場合が
あります。ご了承ください。
ヒント
 「製品登録」に関してのお問い合わせは、
「My Sony Club お客様窓口」
(170ページ)までご連絡ください。

My Sony Clubは、お客様が愛用されているソニー製品のサポート情報をはじめ、会員の皆様一人ひとりに
適したさまざまな特典やサービスを提供させていただく会員様向けのプログラムです。
168
詳しくはMy Sony Clubホームページ(http://msc.sony.jp/)をご覧ください。
製品を登録する際の個人情報取り扱いについて
ソニーでは、製品の登録時にご提供いただくお客様の個人情報について、適切な取り扱いに取り
組んでおります。個人情報の取り扱いについて詳しくは、下記をご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/privacy/
製品を登録するには
! ご注意
 ご登録いただくVAIOをインターネットに接続してから、製品の登録を行ってください。

VAIOの製品登録には「コンピューターの管理者」など、管理者権限をもつユーザーとしてログオンする必要
があります。
 製品の登録を行っていただいてから、登録が反映されるまでに1 ∼ 2時間程度お時間がかかります。
 製品の登録は、本機のリカバリーをした後などに再び行う必要はありません。
住所などの登録内容の変更手続きは、My Sony Clubホームページ(https://msc.sony.jp/)で行うことがで
きます。

VAIOの製品登録にはメールアドレスが必要です。
1
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[VAIOの製品登録
(無料)]をクリックする。
「VAIOの製品登録」画面が表示されます。
! ご注意
機種によって「VAIOの製品登録(無料)」が搭載されていない場合があります。
この場合は「My VAIO」
(http://my.vaio.sony.jp/)の「My VAIO メニュー」から「製品の登録」をク
リックして手順3に進んでください。
2
画面の内容をよく読み、
「登録手続き」の「製品を登録する」をクリック
する。
ヒント
製品の登録をしない、またはあとでするときは、画面を閉じてください。
3
以降、画面の指示に従って登録する。
! ご注意
製品を登録されたお客様専用のサービス・サポートをご利用になるには、
「My Sony Club」にご
登録のメールアドレスおよび電話番号が必要になります。
 ご登録いただいた電話番号は、VAIOカスタマーリンク「使い方相談窓口」をご利用の際に必要と
なる場合があります。
169
製品の登録に関するお問い合わせ先
My Sony Clubお客様窓口
フリーダイヤル:010--10
携帯電話・PHS・一部のIP電話:04-1-1
受付時間:平日 時∼ 1時
土曜、日曜、祝日 時∼ 1時
(年末年始は土曜、日曜、祝日の受付時間となる場合があります。)
! ご注意
VAIOの使いかたについては、VAIOカスタマーリンク「使い方相談窓口」までお問い合わせください。
詳しくは「電話で問い合わせる」
(176ページ)をご覧ください。
 VAIOの修理については、VAIOカスタマーリンク「修理相談窓口」までお問い合わせください。
詳しくは「修理を依頼されるときは」
(182ページ)をご覧ください。

170
で調
サポートページ
VAIO
べる
VAIOサポートページ
http://vcl.vaio.sony.co.jp/
トラブルの解決方法を豊富な事例から調べることができます。セキュリティーの最新情報やアッ
プデートプログラムなど、VAIOを快適に使うための情報も提供しています。
! ご注意
VAIOサポートページの構成やデザインなどの内容は、2010年6月現在のものです。内容は随時更新されます。
各項目について、詳しくは172ページ∼ 175ページをご覧ください。
VAIOサポートページを見るには
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[Internet Explorer]をクリックして
「Windows Internet Explorer」を起動し、 (お気に入りセンター)から[VAIOサポートページ]
−[1 トップページ(トラブル解決・使い方情報)]をクリックして表示します。
171
<製品別サポート情報>
お知らせやアップデートプログラムなどを掲載しているページです。お客様がお持ちのVAIOに
関する情報のみに絞り込んで閲覧することができます。
ヒント
VAIOサポートページ内の[自動ジャンプ]ボタンや[ご利用中のVAIOの情報を自動表示]ボタンを押すと、製品
別サポート情報にワンクリックでアクセスできます。
<よくある質問>
お客様からよくいただく質問を、症状やカテゴリーごとに、わかりやすくまとめています。ソフ
トウェアごとのよくある質問も、このコーナーから探すことができます。
<Q&A検索>
トラブルの解決方法やサポート情報を、キーワードで検索することができます。
ヒント
うまく検索できない場合は、入力するキーワードを別の言葉に置き換えて再度お試しください。また、検索画
面に書かれている注意点をご確認ください。
<活用ガイド>
VAIOならではの活用方法やオリジナルソフトウェアの操作方法、お役立ち情報などをご紹介し
ています。
<各種サービス>
VAIOをさらに役立てる、便利に使うためのサービスや、設置設定、点検サービスなどをご案内し
ています。有料のサービスにつきましては、詳しくは「各種有料サービスのご案内」
(189ページ)
をご覧ください。
※一部のサービスでは、
「製品登録」を行ったMy Sony IDが必要です。
172
<初心者コーナー>
初心者・初級者の方が知りたい情報をイラストを交え、わかりやすくご紹介しています。
173
VAIOカスタマーリンク モバイル(携帯電話用VAIOサポート
ページ)
最新のサポート情報を携帯電話からご覧いただけます。VAIO本体からVAIOサポートページを
閲覧できないときや、ソニーでお預かりしているVAIOの修理状況を確認したいときなどにご利
用ください。
! ご注意
 修理状況の確認は、VAIOカスタマーリンクへ直接修理を依頼された場合にのみご利用いただけます。
詳しくは、
「「修理/お預かり品状況確認」、
「修理お預かり情報」について」
(185ページ)をご覧ください。
 iモード、EZweb、Yahoo!ケータイの対応機種で、ご利用いただけます。
 メニュー
 お知らせ

 ウイルス情報

 マイクロソフト セキュリティー情報

Q&A
 よくある質問
 初心者コーナー
 電話による使い方のお問い合わせ
 アクセス方法
URLからアクセス
http://vcl.vaio.sony.co.jp/mobile/
 QRコードからアクセス

(バーコード(QRコード)
読み取り対応機種のみ)
174
 サポート系コンテンツ
 製品に関する重要なお知らせ
VAIOの修理について
VAIO Hot Streetモバイル
 FAX情報サービス
 お楽しみコンテンツ
 お楽しみリンク集
VAIO Hot Street(VAIOの質問掲示板)
VAIOをお持ちのお客様同士で、さまざまな活用情報を交換できるサイトです。
わからないことを質問しあったり、VAIOに関する意見や情報を投稿することができます。
自分は投稿せずに閲覧するだけという使いかたもできます。
! ご注意
 閲覧以外のご利用には、
「製品登録」を行っていただいた際に発行するMy Sony IDが必要です。
 投稿内容に関して、ソニーは一切保証いたしません。
ヒント
(スタート)ボタン−[すべてのプログラム]−[Internet Explorer]をクリックして「Windows Internet
Explorer」を起動し、 (お気に入りセンター)から[VAIOサポートページ]−[6 VAIO Hot Street(VAIOの質問
掲示板)]をクリックして表示することもできます。
175
電話で問い合わせる
使いかたに関するお問い合わせ
VAIOカスタマーリンク「使い方相談窓口」では、VAIOに関する技術的なお問い合わせを電話で
承っております。
「使い方相談窓口」のご利用について
「使い方相談窓口」は、VAIOをご購入された日から1年間は無料でご利用いただけます。
(「製品登
録」が必要)。
「VAIO使い方有料サポート」をご利用ください。
2年目以降のお客様によるご利用は有料です。
 無料と有料の区分
VAIOご購入日から1年間
VAIOご購入日から
2年目以降
無料
(「製品登録」が必要)
有料
(1案件:2,100円)
 お支払方法
クレジットカードでのお支払いとなります。ご利用可能なカード会社は、VISA/MasterCard/
JCB/AMERICAN EXPRESS/ダイナースです。
 VAIO使い方有料サポートについて
VAIOご購入日から2年目以降のお客様はお問い合わせ1案件につき、2,100円(税込)となります。
また、複数案件まとめてお問い合わせいただく際には、お得な料金でご利用いただけるプラン(3
案件:5,250円(税込))もご用意しております。詳しくはオペレーターにご相談ください。
また、下記のホームページも合わせてご覧ください。
VAIOサポートページ「電話で問い合わせ」
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/call/
! ご注意
「使い方相談窓口」をご利用いただく前に、VAIOサポートページ「使い方相談サポートご利用規約」をお読み
ください。
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/call/terms.html
音声ガイダンスの操作手順に従ってクレジットカード情報をご入力いただく場合があります。ただし、ご
入力いただいた時点では課金されません。
お問い合わせが有料となる場合は、課金の前にオペレーターよりご案内いたします。
176
お問い合わせの前にご確認ください
 お試しください
「VAIO 電子マニュアル」やVAIOサポートページで、VAIOの操作やトラブルの解決方法をご確認
ください。
詳しくは、
「VAIO内の情報を調べる」
(167ページ)、
「VAIOサポートページで調べる」
(171ページ)
をご覧ください。
 ソフトウェアに関するお問い合わせ
本機に付属のソフトウェアの場合、VAIOサポートページの「付属ソフトウェアに関するお問い合
わせ」をご覧のうえ、各ソフトウェアのお問い合わせ先にお問い合わせください。
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/software.html
本機に付属していないソフトウェアの場合、それぞれのソフトウェアメーカーにお問い合わせく
ださい。
「製品登録」をご確認ください
「製品登録」がお済みのお客様に、VAIOご購入日から1年間は、使いかたの相談や技術的なお問い
合わせのサポートを無料でご提供しております。また、VAIOカスタマーリンク「使い方相談窓口」
のフリーダイヤルをご利用になるには、
「製品登録」が必要です。
製品を登録する際にご登録いただいた電話番号で、発信者番号通知にてお電話をいただくと、自
動的にご登録を確認できます。
非通知設定でおかけいただく場合などは、音声ガイダンスに従って、ご登録の電話番号の入力を
お願いいたします。
製品の登録について、詳しくは取扱説明書の「製品を登録する」をご覧ください。
 以下の内容をご用意ください( ∼ は該当する場合のみ)
 本機の型名(保証書または、本機底面のIDラベルに記載されています。)
 本機に接続している周辺機器名(メーカー名と型名)
 エラーメッセージが表示された場合は、表示されたエラーメッセージ
 本機に付属していないソフトウェアを追加した場合は、そのソフトウェアの名前とバージョン
 お問い合わせやご意見、個人情報の取扱いについて
お問い合わせ内容や商品に関するご意見は、商品開発およびサービス・サポート向上の参考とさ
せていただく場合があります。
また、ご質問などに適切に対応するため、通話内容を記録させていただく場合があります。
177
お問い合わせ先
VAIOカスタマーリンク「使い方相談窓口」
電話番号:(010)0-(フリーダイヤル)
(ロクゼロ サンサンキュウキュウ)
※「製品登録」がお済みではないお客様、携帯電話、PHS、一部のIP電話、海外などからのご利用は、
(0466)
30-3000(通話料お客様負担)
受付時間 平日:時∼ 1時 土曜、日曜、祝日:時∼ 1時
年末年始は土曜、日曜、祝日の受付時間となる場合があります。
 フリーダイヤルをご利用になるには、
「製品登録」が必要です。フリーダイヤルは「製品登
録」
後、1 ∼ 時間程度でご利用が可能になります。
「製品登録」がお済みのお客様には、VAIOご購入日から1年間、
「使い方相談窓口」でのサ
ポートを無料でご利用いただけます。
! ご注意
 電話番号はお間違いのないよう、ご注意ください。電話番号や受付時間は変更になる場合があります。
 他社製品との接続、ソニーが提供していないOS・ソフトウェア、ソニーで再現できないご使用上の問
題点などについては、お答えいたしかねる場合があります。
製品の登録に関するお問い合わせ先
My Sony Clubお客様窓口
フリーダイヤル:010--10
携帯電話・PHS・一部のIP電話:04-1-1
受付時間:平日 時∼ 1時
土曜、日曜、祝日 時∼ 1時
(年末年始は土曜、日曜、祝日の受付時間となる場合があります。)
! ご注意
 VAIOの使いかたについては、VAIOカスタマーリンク「使い方相談窓口」までお問い合わせください。

178
VAIOの修理については、VAIOカスタマーリンク「修理相談窓口」までお問い合わせください。詳しくは「修
理を依頼されるときは」
(182ページ)をご覧ください。
VAIOカスタマーリンク電話受付混雑状況(使い方相談
窓口)
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/call/
電話受付の混雑状況を、VAIOサポートページで公開しています。
 かんたんアクセス(詳しい内容やサービスのご利用はこちらから)
「電話で問い合わせる」のリンクを
VAIOサポートページのトップページ(最初の画面)を表示し、
クリックする。
VAIOコールバック予約サービス
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/call/callback.html
ご希望の日時に、VAIOカスタマーリンク(コールセンター)からお客様へお電話を差し上げる
サービスです。日時の予約はインターネットで受け付けております。
予約受付:VAIOサポートページからご予約可能
 かんたんアクセス(詳しい内容やサービスのご利用はこちらから)

「電話で問い合わせる」のリンク
VAIOサポートページのトップページ(最初の画面)を表示し、
をクリックする。
 表示された画面で「コールバック予約サービス」のリンクをクリックする。
! ご注意
 本サービスのご利用には、
「製品登録」が必要です。該当のVAIOが登録されているMy Sony IDを使ってログ
インしていただきます。
VAIOご購入日から1年間、本サービスを無料でご利用いただけます。詳しくは「使いかたに関するお問い合
わせ」
(176ページ)をご覧ください。
 本サービスは、VAIO本体やVAIOアクセサリーの使いかたに関するお問い合わせにご利用いただけます。

ヒント
「VAIOサポートページ」
(171ページ)をご覧ください。
VAIOサポートページのアクセス方法について詳しくは、
179
VAIOリモートサービス
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/call/remote.html
電話でのお問い合わせの際に、オペレーター
がインターネット経由でお客様のVAIOの画
面を確認しながら、トラブルの内容を確認し
たり、使いかたなどをご案内するサービスで
す。
「電話の説明だけではわかりにくい」
「自分の
状況をうまく説明できない」というお客様に
おすすめします。
! ご注意
本サービスをご希望されるお客様は、電話でお問い合わせいただいた際にオペレーターに直接ご相談いただく
か、事前に「VAIOコールバック予約サービス」からお申し込みください。なお、お問い合わせの内容によっては、
本サービスをご利用いただけない場合があります。
 かんたんアクセス(詳しい内容やサービスのご利用はこちらから)

「電話で問い合わせる」のリンク
VAIOサポートページのトップページ(最初の画面)を表示し、
をクリックする。
 表示された画面で「VAIOリモートサービス」のリンクをクリックする。
ヒント
「VAIOサポートページ」
(171ページ)をご覧ください。
VAIOサポートページのアクセス方法について詳しくは、
180
取り寄
メールで問い合
/
で
FAX せる
わせる
VAIOサポートページ「メールで問い合わせ」
(http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/mail/)
VAIOサポートページで質問を受け付け、電子メールで回答を差し上げるサービスです(VAIOの
使いかたなど技術的な質問に限ります)。
本サービスのご利用には、
「製品登録」が必要です。
※本サポートは、VAIOご購入日から1年間は、無料でご利用いただけます。なお、当面の間、
VAIOご購入日から2年目以降のお客様にも本サポートを無料でご利用いただけます。
無料でご利用可能な期間の終了につきましては、後日、VAIOサポートページなどでお知らせ
いたします。
! ご注意
 本サービスをご利用の際、該当のVAIOが登録され
ているMy Sony IDを使ってログインしていただ
きます。

VAIOご購入日とは、VAIO本体に付属の保証書に
記載されている「お買上げ日」となります。製品を
登録する際にご入力ください。
 サポート対象製品は、VAIO本体、VAIO本体に付属
のOSおよびソニー製ソフトウェア、一部のVAIO
アクセサリーです。
かんたんアクセス(詳しい内容やサービスのご利用はこちらから)
「メールで問い合わせる」のリンク
VAIOサポートページのトップページ(最初の画面)を表示し、
をクリックする。
ヒント
「VAIOサポートページ」
(171ページ)をご覧ください。
VAIOサポートページのアクセス方法について詳しくは、
VAIOカスタマーリンク「FAX情報サービス」
FAX番号:(04)0-040
トラブルの解決方法や各種情報をFAXで入手できます。応答する音声ガイダンスに従って操作
し てください(24時間ご利用可能)。
181
修理を依頼されるときは
修理を依頼される前に
故障と思われる症状の中には、修理を必要とせず、設定の変更などで解決できるものが多くあり
ます。修理を依頼される前に、下記のご確認をお願いします。
「VAIO 電子マニュアル」や「VAIOサポートページ」などで、お使いのVAIOの症状に合うものが
ないかご確認ください。
詳しくは、
「VAIO内の情報を調べる」
(167ページ)
「
、VAIOサポートペー
ジで調べる」
(171ページ)をご覧ください。

VAIO Updateを利用して、お使いのVAIOが最新の状態かご確認ください。VAIOをアップデー
ト(最新状態に)することにより、お客様のお困りの症状を解決できることがあります。VAIO
(94ページ)をご覧ください。
Updateについて詳しくは「VAIO Update」
ヒント
(http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/repair/qa.html)でも、故
VAIOサポートページの「故障とお考えの前に」
障と間違いやすい症状や解決方法などについてご案内しています。修理を依頼する前にご確認ください。
修理の流れ
修理を申し込む前の準備
 保証書やVAIOカルテ、筆記用具をご用意ください
保証書とVAIOカルテは本機に付属しています。
「VAIOカルテ」を紛失
された場合は、VAIOサポートページ(http://vcl.vaio.sony.co.jp/
download/karte/)またはFAX情報サービス(181ページ)より入手
できます。筆記用具は、修理をお受けする際にお伝えする修理受付
番号を控えるのに必要です。
ヒント
弊社の保証以外に、販売店などの独自の保証に加入されている場合は、
そちらの保証内容も確認されることをおすすめします。
182
 ご注意ください
 修理時の代替機はご用意しておりません。
 保証期間中でも有料になる場合があります。詳しくは保証書の「無料修理規定」をご覧ください。
 ご購入後1か月以降のお申し出によるハードウェアに関する不具合の場合には、修理のみの対
応になります。
 修理料金のお支払いは、現金一括払いのほかに、カードによる分割払いがご利用いただけます。
詳しくは「VAIOカルテ」をご覧ください。
 修理のために交換した故障部品はお客様に返却しておりませんので、あらかじめご了承ください。
ヒント
VAIOサポートページで修理規約についてご説明しています。ご確認ください。
 データのバックアップをおとりください
修理に出す前に、ハードディスクなどの記録媒体のプログラムおよびデータは、お客様ご自身で
バックアップをおとりください。
弊社の修理により、万一ハードディスクなどのプログラムおよびデータが消去あるいは変更され
た場合でも、弊社は一切責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
データのバックアップをとる方法は、
「バックアップと復元を行う」
(104ページ)をご覧ください。
! ご注意
OSが起動しないなど、バックアップができない場合でも、弊社にてバックアップを行うサービスは行っており
ません。
 修理料金の目安(VAIOサポートページ)
製品別、症状や故障個所別に、修理料金の目安を確認できます。修理に出される前などにお役立
てください。
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/repair/price.html
 VAIOカスタマーリンク電話受付混雑状況(修理ご相談)
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/repair/
修理相談窓口の混雑状況をVAIOサポートページで公開しています。お電話の前にご確認ください。
 その他
不具合症状などの確認のために操作をお願いする場合があります。ご使用のVAIOをできるだけ
お手元にご用意の上、お電話ください。
 海外での修理について
お買い求めいただいたVAIOは、VAIO International Repair Service
(VAIO国際修理サービス)の
対象機種です。
VAIOのご購入日から1年間は、海外の本サービス対象国および地域においても、保証規定にのっ
とり、無償で修理を行います。サービス内容やご利用方法など詳しくは、本機に付属の冊子「VAIO
International Repair Service(VAIO国際修理サービス)のご案内」をご覧ください。
183
修理を申し込む
VAIOカスタマーリンク「修理相談窓口」
電話番号:(010)0-
(フリーダイヤル)
(ロクゼロ ゴーゴーキュウキュウ)
※ 携帯電話、PHS、一部のIP電話、海外などからのご利用は(0466)30-3030
(通話料お客
様負担)
受付時間: 平日:9時∼ 20時
土曜、日曜、祝日:9時∼ 17時
※ 年末年始は土曜、日曜、祝日の受付時間となる場合があります。
! ご注意
 電話番号はお間違いのないよう、ご注意ください。
 電話番号や受付時間は変更になる場合があります。
ヒント
通常、平日は17時まで、土曜、日曜、祝日は15時までにお電話いただければ、翌日お引取りいたします。
(一部機種・地域を除く。2010年6月現在)
法人向け修理相談窓口のご案内
「VAIOビジネスクライアントサポートデスク」 (法人のお客様専用)
電話番号:(010)0-0
(フリーダイヤル)
(サンゼロ ロクゼロロクゴー)
※ 携帯電話、PHS、一部のIP電話、海外などからのご利用は(0466)30-3035
(通話料お客様負担)
受付時間:平日:10時∼ 18時(土日祝日および弊社休業日除く)
 修理窓口に電話をかける
故障症状を確認し、修理が必要な場合、修理品のお引取り手配をいたします。
 オペレーターがお伝えする修理受付番号をお手持ちのVAIOカルテにご記入ください。
 修理品のお引取り時間を翌日以降で以下の4つの時間帯よりお選びください。

9時∼ 12時/  12時∼ 15時/  15時∼ 18時/  18時∼ 20時(は平日のみ)
! ご注意
 上記は2010年6月現在で選択可能な時間帯です。
 一部機種、一部地域では、ご利用できない時間帯があります。
 ご希望の日時、引取り場所などを調整させていただく場合があります。
184
お引取り
 お引取りまでの準備
以下をあらかじめご用意ください。
 修理品本体

VAIOカルテ
 保証書(保証期間中のみご用意ください。)
 必要な付属品類
 お引取り
ご連絡いただいた翌日以降に、ソニー指定の配送業者が修理品をお客様宅へ引き取りに伺います。
ヒント
 修理品のお引取り、梱包材の用意や梱包作業、修理後のお届けは、ソニー指定の配送業者が無料で行います。
 修理品本体は玄関にて手渡しできるよう配線をはずしてご用意ください。

VAIOカスタマーリンクへ直接修理をご依頼されたお客様には、VAIOサポートページおよび携帯電話向けサ
ポートサイトで修理状況や修理見積もりなどをご案内しています。
詳細については「修理/お預かり品状況確認」、
「修理お預かり情報」
(185ページ)をご覧ください。
お届け/お支払い(有料の場合のみ)
 お届け
修理完了後、ソニー指定の配送業者が修理品をお客様宅へお届けします。
! ご注意
修理品お届け後の本機の設置、設定は、お客様にて行ってください。
 お支払い(有料のみ)
修理料金のお支払い方法を「現金払い」で希望されたかたは、お届けした際に配送業者に修理費用
をお支払いください。
「修理/お預かり品状況確認」、
「修理お預かり情報」について
VAIOサポートページおよび携帯電話向けサポートサイトでは、VAIOカスタマーリンクへ直接修
理をご依頼されたお客様に、修理状況や修理見積もりなどをご案内しています。
! ご注意
 販売店経由で点検や修理依頼された場合は、販売店にご確認ください。
 一部の機種では提供されません。
185
VAIOサポートページで確認する
修理の進み具合に応じて、
「修理品お預かり予定日」、
「修理完了予定日」、
「修理完了日」の日程を
VAIOサポートページ「修理/お預かり品状況確認」でご案内しています。
 アクセス方法
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/repair/index_2.html
 かんたんアクセス(詳しい内容やサービスのご利用はこちらから)

「修理のご相談」のリンクをク
VAIOサポートページのトップページ(最初の画面)を表示し、
リックする。
 表示された画面で「お預かり後の確認」のリンクをクリックする。
ヒント
「VAIOサポートページ」
(171ページ)をご覧ください。
VAIOサポートページへのアクセス方法について詳しくは、
VAIOカスタマーリンク モバイル(携帯電話向けサポートページ)で確
認する
修理品の進捗状況(7段階)および修理完了予定日のご案内、修理見積のご案内/見積内容へのご
回答受付、お客様への問い合わせ連絡、見積時/修理完了時のご案内を携帯メールにお知らせす
るサービスなどをVAIOカスタマーリンクモバイル「修理お預かり情報」でご提供しています。
! ご注意
 見積案内メール、修理完了案内メールを受信するには、事前にモバイルサイトでの携帯メールアドレスのご
登録が必要です。
なお、修理内容に応じて弊社が必要と判断した場合には、お電話にてご連絡させていただくことがあります。
あらかじめご了承ください。
 メール受信制限を設定している場合は、@sony.co.jp および @jp.sony.comからのメールが受信できるよう
に設定してください。
 アクセス方法

VAIOカスタマーリンク モバイルの「修理お預かり情報」にアクセスする。
URLからアクセス
https://vcl.e-service.vaio.sony.co.jp/
 QRコードからアクセス
(バーコード(QRコード)読み取り対応機種のみ)

「ログイン」を選択し、修理受付番号と電話番号を入力する。
ヒント
ログインでは、修理受付の際にお伝えした修理受付番号(10桁)と、お伺いした「ご連絡先電話番号」を入力します。
186
保証書とアフターサービス
保証書について
 この製品は保証書が添付されていますので、お買い上げの際、お買い上げ店からお受け取りく
ださい。
 所定事項の記入および記載内容をご確認いただき、大切に保存してください。
アフターサービスについて
保証期間中の修理は
保証書の記載内容に基づいて修理させていただきます。
ただし、保証期間内であっても、有料修理とさせていただく場合がございます。詳しくは保証書
をご覧ください。
保証期間経過後の修理は
修理によって機能が維持できる場合は、ご要望により有料で修理させていただきます。
修理について
当社ではパーソナルコンピューターの修理を引取修理によって行っています。当社指定業者が
お客様宅に修理機器をお引き取りに伺い、修理完了後にご返送いたします。詳しくは、
「修理を依
頼されるときは」
(182ページ)をご覧ください。
部品の保有期間について
当社ではパーソナルコンピューターの補修用性能部品(製品の機能を維持するために必要な部
品)を、製造打ち切り後6年間保有しています。この部品保有期間を修理可能の期間とさせてい
ただきます。
187
その他のサービスとサポート
VAIOオーナーの皆さまのポータルページ「My VAIO」
http://sony.jp/vaio/myvaio/
VAIO関連情報はもちろん、ウェブ検索、ニュース、天気予報といった毎日ご利用いただける便利
な機能も満載です。
ぜひご活用ください。
! ご注意
2011年2月現在の情報になります。
(2011年2月現在)
 便利な検索機能
Yahoo! JAPANの「ウェブ」検索をはじめ、出発駅、到着駅を入れると簡単に電車のルートが調べ
られる「路線」検索など、便利な検索機能が満載です。
 My VAIO MAGAZINE
Movie、Book、Fashionなどの記事が毎週更新される大人のためのライフスタイルマガジンです。
 オトクにネットショッピング
ログインをしてお買い物をすると、通常のお店のポイントに加え、ソニーポイントも貯まります。
188
各種有料サービスのご案内
お客様のスキルや目的、状況に合わせた各種有料サービスメニューが用意されています。
! ご注意
2010年6月現在の情報になります。
設置設定サービス(ソニーデジホームサポート)
http://www.sony.jp/support/service/Support/
スタッフがお客様のご自宅へお伺いし、設置設定のサポートを行うサービスです。各種メニュー、
お申し込みなどの詳細は、ホームページをご覧いただくか、デジホームサポートデスクまでお問
い合わせください。
ソニーデジホームサポートデスク
電話番号
(0570)073-111
(一般及び携帯電話)
(0466)38-4569
(PHS・IP電話)
受付時間
月∼金:10:00 ∼ 18:00
土日祝:10:00 ∼ 17:00
(※但し、弊社指定のメンテナンス日を除く)
セミナー(ITエンターテインメントセミナー)
http://www.sony.jp/seminar/
セミナー
VAIOの基本的な使いかたから、写真加工、ハイビジョン編集まで、少人数制でお客様の「実現した
い」を応援する講座を多数ご用意しております。
ITエンターテインメントセミナー事務局
電話番号
(0570)075-111
(一般及び携帯電話)
(0466)38-4568
(PHS・IP電話)
受付時間
月∼金:10:00 ∼ 18:00
土日祝:10:00 ∼ 17:00
(※但し、弊社指定のメンテナンス日を除く)
個人レッスン
VAIOの基本的な使いかたから、デジタル写真の加工、ビデオ編集、WordやExcelなどといったソ
フトウェアのレッスンをお客様のご自宅でマンツーマンで行います。
お申し込み、講座内容や料金等詳細については、ホームページをご覧いただくか、ソニーデジホー
ムサポートデスクまでお問い合わせください。ソニーデジホームサポートについて詳しくは、
「設
置設定サービス」
(189ページ)をご覧ください。
189
部品提供サービス
http://vcl.vaio.sony.co.jp/service/parts/
VAIOをより快適にお使いいただくために、一部の部品や付属品を有料で提供いたします。
購入可能な部品例
キーボードやマウスなど簡単に交換できる部品、取扱説明書などの付属品、商品として販売終了
したACアダプターやバッテリーなど。
ご注文方法
 ソニーサービスステーション(SS)でのご注文(SS窓口で受け取りの場合お支払いは部品代のみ。)
 ホームページより部品をご注文(対象機種のみ)
(部品代+送料・代引き手数料1,155円(税込))
! ご注意
本サービスのご利用には、
「製品登録」が必要です。該当のVAIOが登録されているMy Sony IDを使ってログイ
ンしていただきます。
VAIOカスタマイズサービス
http://vcl.vaio.sony.co.jp/service/customize/
VAIO本体をお預かりし、各種カスタマイズを行うサービスです。
1年間の保証がついたソニー純正のサービスです。
メモリーやハードディスクのアップグレード、キーボードの交換などのメニューをご用意してい
ます。
(対象機種のみ)
リカバリーメディア送付サービス
http://vcl.vaio.sony.co.jp/service/recoverydisc/
VAIOを再セットアップするときに必要なディスクを有料で送付するサービスです。
ご提供するリカバリーメディアは、VAIOにプリインストールされている「リカバリー作成ツー
ル」からお客様ご自身で作成することができるディスクと同等のものです。
! ご注意
本サービスのご利用には、
「製品登録」が必要です。該当のVAIOが登録されているMy Sony IDを使ってログイ
ンしていただきます。
点検サービス
http://vcl.vaio.sony.co.jp/service/inspection/
ご所有のVAIOをソニーでお預かりし、製品の出荷時に行う各種機能検査と同等の検査や、内部ク
リーニングを施してご返却する、有償のサービスです。
190
各部名称/注意事項
各部の名称
本機に搭載されている端子やスイッチなどについては、下記の一覧でご確認ください。
各部の名称とマーク一覧
マーク
名称
内蔵カメラ
WIRELESSスイッチ
WIRELESS
“メモリースティック デュオ”スロット(41ページ)
SD
SDメモリーカードスロット(46ページ)


(パワー)ボタン
ASSIST
ASSISTボタン


(USB)端子

LAN 端子(47ページ)

(モニタ−)端子(23ページ)
HDMI出力端子

(マイク)端子(27ページ)

(ヘッドホン)端子(26ページ)
その他の各部名称
名称
位置
内蔵マイク
内蔵カメラの左側にあります。
セキュリティースロット

(USB)端子とLAN 端子の間にあります。
端子
(モニタ−)端子の左側にあります。
191
状態表示ランプ
ランプ
(パワー)ランプ
(充電)ランプ
内蔵カメラランプ
メモリーカードアクセスランプ
機能
電源が入ると点灯(グリーン)します。スリープモード時には点滅(オ
レンジ)します。
バッテリーの充電状態をお知らせします。
(6ページ)
内蔵カメラの右側にあります。
内蔵カメラ起動中に点灯します。
“メモリースティック デュオ”スロットの右側にあります。
“メモリースティック デュオ”やSDメモリーカードにアクセスしてい
(ディスク)アクセスランプ
るときに点灯します。
ハードディスクまたはSSDにアクセスしてデータを読み込んだり、書
(Num Lock)ランプ
き込んだりするときにオレンジ色に点灯します。
Num Lkキーを押すと点灯します。
ランプが点灯しているときにテンキーを押すと、数字を入力できます。
(Caps Lock)ランプ
もう一度、Num Lkキーを押すと消灯します。
Shiftキーを押しながらCaps Lockキーを押すと点灯します。
ランプが点灯しているときに文字キーを押すと、アルファベットの大
文字を入力できます。
もう一度、Shiftキーを押しながらCaps Lockキーを押すと消灯し、アル
(Scroll Lock)ランプ
ファベットの小文字入力に戻ります。
Fnキーを押しながらScr Lkキーを押すと点灯します。
使用するソフトウェアによって働きが異なります。
WIRELESSランプ
もう一度、Fnキーを押しながらScr Lkキーを押すと消灯します。
ワイヤレス機能(無線LAN機能/ BLUETOOTH機能)が使える状態の
ときに点灯します。
192
注意事項
使用上のご注意
液晶ディスプレイについて
本機をお使いになる際の重要なお知らせです。
液晶画面は非常に精密度の高い技術で作ら
必ずお読みください。
れていますが、画面の一部にごくわずかの
画素欠けや常時点灯する画素がある場合が
本機の取り扱いについて
あります(液晶ディスプレイ画面の表示し
本機に手やひじをつくなどして力を加えな
時点灯している画素数は、0.0006 %未満で
いでください。
衝撃を加えたり、落としたりしないでくだ
さい。本機の故障の原因となります。
クリップなどの金属物を本機の中に入れな
いでください。
ディスプレイパネルを開閉する際は、液晶
ディスプレイと本機キーボード面の間に指
などを入れてはさまないようにご注意くだ
さい。
有寿命部品について
本機には有寿命部品が含まれています。有寿
命部品とは、ご使用による磨耗・劣化が進行
する可能性のある部品をさします。各有寿命
部品の寿命は、ご使用の環境やご使用頻度な
どの条件により異なります。著しい劣化・磨
耗がある場合は、機能が低下し、製品の性能維
持のため交換が必要となる場合がありますの
うる全画素数のうち、点灯しない画素や常
す)。また、見る角度によって、すじ状の色
むらや明るさのむらが見える場合がありま
す。これらは、液晶ディスプレイの構造に
よるもので、故障ではありません。交換・
返品はお受けいたしかねますので、あらか
じめご了承ください。
ディスプレイに物をのせたり、落としたり
しないでください。また、手やひじをつい
て体重をかけないでください。
ディスプレイの表示面をカッターや鋭利な
刃物で傷つけないでください。
キーボードの上にボールペンなどを置いた
まま、液晶ディスプレイを閉じないでくだ
さい。
液晶ディスプレイを閉じた状態でディスプ
レイパネル部分に力を加えないでください。
液晶ディスプレイに汚れや傷が付くことが
あります。
で、あらかじめご了承下さい。
193
画面の解像度について
高解像度で動画を再生する場合、本機に搭
載されているビデオメモリーの容量によっ
ては動画の再生ができない場合があります。
このような場合には、解像度を下げて再生
してください。
DVD再生時や、動画/画像系のソフトウェ
ア使用時は、画像の解像度や色数を変更し
ないでください。正しく再生や表示ができ
なかったり、システムが不安定になること
があります。また、DVD再生時は、スクリー
ンセーバーの設定を解除することをおすす
めします。スクリーンセーバーを設定する
と、DVDの再生中にスクリーンセーバーが
起動し、正しく再生できない場合がありま
す。スクリーンセーバーによっては、画面
の解像度や色数を変更したりするものも確
認されています。
グラフィックスメモリーについて
「画面の解像度」の「詳細設定」画面で表示され
る「利用可能な全グラフィックス メモリ」
「専
用ビデオ メモリ」
「システム ビデオ メモリ」
「共有システム メモリ」は、本機に搭載してい
るメモリー容量とは異なる場合があります。
キーボードについてのご注意
キーボードは長く使っていると、キーが汚れ
たり、キーの間にゴミやほこりがたまります。
キーの間にゴミやほこりがたまると、キーを
押しても目的の文字を入力できなくなったり、
押したキーがへこんだまま元に戻らなくなる
ことがあります。この場合は、キーボードを
掃除します。
 表面のゴミやほこりなどは、乾いた布で軽
く拭き取ってください。
 キーボード(キートップ)の隙間に落ちたゴ
ミやほこりなどは、精密機器専用のエアダ
スターなどを使って吹き飛ばしてください。
キートップは、故意にはずさないでくださ
い。また、家庭用掃除機などで吸引すると、
故障の原因となります。
194
 汚れを落とすときは、必ず乾いた柔らかい
布で軽く拭き取ってください。汚れが落ち
にくいときは、息をかけながら乾いた布で
拭き取るか、水で少し湿らせた布で軽く拭
いたあと、更に乾いた布で水気を拭き取っ
てください。
 市販のOAクリーナーやベンジン、アセトン、
アルコールやシンナーなどは、表面処理を
傷めますので使わないでください。
 化学ぞうきんをお使いになるときは、その
注意書に従ってください。
結露について
結露とは空気中の水分が金属の板などに付着
し、水滴となる現象です。
本機を寒い場所から急に暖かい場所に持ち込
んだときや、冬の朝など暖房を入れたばかり
の部屋などで、本機の表面や内部に結露が生
じることがあります。
そのままご使用になると故障の原因となります。
結露が生じたときは、水滴をよく拭き取ってく
ださい。水滴を拭き取るときは、ティッシュペー
パーをお使いになることをおすすめします。
管面または液晶面が冷えているときは、水滴を
拭き取っても、また結露が生じてしまいます。
全体が室温に温まって結露が生じなくなるま
で、電源を入れずに約1時間放置してください。
記録内容の補償に関する免責事項
本機の不具合など何らかの原因で本製品内ま
たは外部メディア・記録機器などに記憶がで
きなかった場合、不具合・修理など何らかの
原因で本製品内または外部メディア・記録機
器などの記録内容が破損・消滅した場合など、
いかなる場合においても、記録内容の補償お
よびそれに付随するあらゆる損害について、
当社は一切責任を負いかねます。また、いか
なる場合においても、当社にて記録内容の修
復、復元、複製などはいたしません。あらかじ
めご了承ください。
ハードディスクまたはSSDの取り扱い
について
“メモリースティック”
の取り扱い
について
本機には、ハードディスクまたはSSD(アプリ
小さいお子様の手の届くところに置かない
ケーションやデータなどを保存するための記
ようにしてください。誤って飲み込むおそ
憶装置)が内蔵されています。
れがあります。
何らかの原因でハードディスクまたはSSDが
故障した場合、データの修復はできませんの
で、記憶したデータを失ってしまうことのな
大切なデータはバックアップをとっておく
ことをおすすめします。
次の場合、記録したデータが消えたり壊れ
いよう、次の点に特にご注意ください。
たりすることがあります。
ハードディスクドライブ搭載モデルをお使い
メモリーカードアクセスランプが点灯中
の場合
衝撃を与えないでください。
振動する場所や不安定な場所では使用しな
いでください。
電源を入れたまま、本機を動かさないでく
に“メモリースティック”を抜いたり、本
機の電源を切った場合
静電気や電気的ノイズの影響を受ける場
所で使用した場合
端子部には手や金属で触れないでください。
ださい。
データの書き込み中や読み込み中は、電源
を切ったり再起動したりしないでください。
急激な温度変化(毎時10 ℃以上の変化)の
ある場所では使用しないでください。
テレビやスピーカー、磁石、磁気ブレスレッ
トなどの磁気を帯びたものを本機に近づけ
ないでください。
お買上げ時に搭載されているハードディス
クは取りはずさないでください。
SSD搭載モデルをお使いの場合
データの書き込み中や読み込み中は、電源
を切ったり再起動したりしないでください。
お買上げ時に搭載されているSSDは取りは
ずさないでください。
また、万一のためにも、ハードディスクまたは
SSDに保存している文書などのデータは定期的
にバックアップを取ることをおすすめします。
ハードディスクまたはSSDのバックアップ、
バックアップの内容の戻しかたについて詳し
くは、Windowsのヘルプをお読みください。
データの損失については、一切責任を負いか
ねます。
強い衝撃を与えたり、曲げたり、落としたり
しないでください。
分解したり、改造したりしないでください。
水にぬらさないでください。
次のような場所でのご使用や保存は避けて
ください。
高温になった車の中や炎天下など気温の
高い場所
直射日光のあたる場所
湿気の多い場所や腐食性のある場所
持ち運びや保管の際は、
“メモリースティッ
ク”を付属の収納ケースに入れてください。
“メモリースティック デュオ”使用上のご注意

“メモリースティック デュオ”のメモエリ
アに書き込むときは、内部を破損するおそ
れがあるため、先の尖ったペンは使用せず、
あまり強い圧力をかけないようご注意くだ
さい。
“メモリースティック デュオ”の誤消去防
止スイッチを動かすときは、先の細いもの
で動かしてください。
195
“メモリースティック マイクロ”使用上の
ご注意
メモリーカードスロットの中に異物を入れ
ないようにしてください。

“メモリースティック マイクロ”を本機でお
メモリーカードスロットは、対応するカー
使いの場合は、必ず“メモリースティック マ
ドの書き込み、読み出し以外の用途ではご
イクロ”を“メモリースティック マイクロ”
デュオサイズ アダプターに入れてから本機
に挿入してください。
“メモリースティック マイクロ”デュオサ
イズ アダプターに装着されていない状態で
挿入すると、
“メモリースティック マイク
ロ”が取り出せなくなる可能性があります。

“メモリースティック マイクロ”、
“メモ
使用になれません。
メモリーカードが取り出せないときは、も
う一度奥まで押し込んでいったん離し、メ
モリーカードを取り出してください。
メモリーカードを持ち歩く場合には、必ず専
用ケースに入れるなどして、静電気の影響を
受けることのないようご注意ください。
メモリーカードをコンピューター以外の機
リースティック マイクロ”デュオサイズ
器(デジタルスチルカメラやオーディオ機
アダプターは、小さいお子様の手の届くと
器など)で使用する場合は、データの記録を
ころに置かないようにしてください。誤っ
行う機器であらかじめメモリーカードを
て飲み込む恐れがあります。
フォーマット(初期化)してからご使用くだ
さい。
その他のメモリーカードについての
ご注意
メモリーカードをお使いになるときは、以下
の点にご注意ください。
メモリーカードを挿入するときは、正しく
スロットに入れてください。
メモリーカードの向きにご注意ください。
無理に逆向きに入れようとするとスロット
やメモリーカード本体を破損するおそれが
あります。詳しくは、メモリーカードの各
メーカーの取扱説明書をご覧ください。
データの読み込み中や書き込み中(アクセ
スランプ点灯中)にメモリーカードを取り
出さないでください。
メモリーカードにプロテクトがかかってい
る場合は、データの書き込みができません。
大切なデータはバックアップをとっておく
ことをおすすめします。
下記の場合、記録したデータが消えたり壊
れたりすることがあります。
読み込み中や書き込み中にメモリーカー
ドを抜いたり、本機の電源を切った場合
静電気や電気的ノイズの影響を受ける場
所で使用した場合
196
お使いの機器によっては、コンピューター
で標準的に使用されるフォーマットをサ
ポートしていない場合があり、フォーマッ
トを促すメッセージが表示されることがあ
ります。その場合はメモリーカード内の
データをいったん本機にコピーし、データ
の記録を行う機器でメモリーカードを
フォーマットしてからご使用ください。
フォーマットを行うとデータは消去されま
すのでご注意ください。
詳しくは、お使いの機器の取扱説明書をご
覧ください。
SDメモリーカードについてのご注意
本機では、2010年5月時点で一般の販売店
で購入できる2 GバイトまでのSDメモリー
カード、32 GバイトまでのSDHCメモリー
通信機器間の距離は、実際の通信機器間の
カードでのみ動作確認を行っています。
2.4 GHz帯の無線LAN機能と5 GHz帯の無
障害物や電波状況、壁の有無・素材など周
囲の環境、使用するソフトウェアなどによ
り変化します。
ただし、すべてのSDメモリーカード、SDHC
線LAN機能とでは、周波数帯域が異なるた
メモリーカードでの動作を保証するもので
はありません。
め接続することはできません。
IEEE 802.11gおよびIEEE 802.11n
(2.4
SDメモリーカード、SDHCメモリーカード
GHz)は、IEEE 802.11b製品との混在環境に
の著作権保護機能には対応していません。
おいて、干渉を受けることにより通信速度
また、SDHCメモリーカードのUHS(ウルト
が低下することがあります。また、自動的
ラハイスピード転送)には対応していません。
に通信速度を落としてIEEE 802.11b製品と
miniSDカードまたはmicroSDカードはそ
の互換性を保つしくみになっています。ア
のままではご使用になれません。
クセスポイントのチャンネル設定を変更す
それぞれに適したカードアダプターを装着
ることにより通信速度が改善する場合があ
してご使用ください。
UHSモード対応のSDメモリーカードなど、
ります。

お使いのものによっては、データの書き込
場合のみ、アドホックモード接続を行うこ
みや読み出しを連続して行うとSDメモリー
カードが非常に熱くなることがあります。
とができます。
緊急でワイヤレス機能を停止させる必要が
SDメモリーカードへのデータの書き込み
ある場合には、WIRELESSスイッチを「OFF」
や読み出しを連続して行った場合は、すぐ
に取り出さずしばらくたってから取り出し
IEEE 802.11b / IEEE 802.11gをお使いの
にあわせてください。

てください。
BLUETOOTH対応機器が使用する2.4 GHz
帯は、さまざまな機器が共有して使用する
電波帯です。
ワイヤレス機能の取り扱いについて
そのためBLUETOOTH対応機器は、同じ電
波帯を使用する機器からの影響を最小限に
本機のワイヤレス機能は、日本国内のみで
抑えるための技術を使用していますが、場
お使いください。海外でご使用になると罰
合によっては他の機器の影響によって通信
せられることがあります。
速度や通信距離が低下することや、通信が
ワイヤレス対応機器が使用する2.4 GHz帯
は、さまざまな機器が共有して使用する電
波帯です。
切断することがあります。

により、大容量のファイルの送信を続ける
そのためワイヤレス対応機器は、同じ電波
と、まれに転送したファイルに不具合が生
帯を使用する機器からの影響を最小限に抑
えるための技術を使用していますが、場合
によっては他の機器の影響によって通信速
じる場合がありますのでご注意ください。

度や通信距離が低下することや、通信が切
断することがあります。
通信速度は、通信機器間の距離や障害物、機
器構成、電波状況、使用するソフトウェアな
どにより変化します。また、電波環境によ
り通信が切断される場合があります。
BLUETOOTH規格の制約上、電波状況など
BLUETOOTH一般の特性として、複数の
BLUETOOTH機器を接続した場合は、帯域
の問題により、BLUETOOTH機器の性能が
落ちる場合があります。

BLUETOOTH Audio機器と接続して動画を
再生すると、BLUETOOTH機能の性質上、音声
が映像とずれて再生される場合があります。
197
ACアダプターについてのご注意
バッテリーの放電について
AC電源をつながない状態で本機の電源を
も、少量ずつ自然に放電するため、長時間放置
入れたまま、または本機がスリープモード
のときにバッテリーを取りはずすと、作業
中の状態や保存されていないデータは失わ
れます。
安全のために、本機に付属またはソニーが
指定する別売りのACアダプターをご使用
ください。
ACアダプターを海外旅行者用の「電子式変
圧器」などに接続しないでください。発熱
や故障の原因となります。
ケーブルが断線したアダプターは危険です
ので、そのまま使用しないでください。
バッテリーについてのご注意
バッテリーについて
付属のバッテリーは本機専用です。
安全のために、本機に付属またはソニーが
指定する別売りのバッテリーをご使用くだ
さい。
高温時、低温時は、安全のために充電を停止
することがあります。
AC電源につないでいるときは、バッテリー
を装着しているときでも、AC電源から電源
が供給されます。
AC電源をつながない状態で本機の電源を
入れたまま、または本機がスリープモード
のときにバッテリーを取りはずすと、作業
中の状態や保存されていないデータは失わ
れます。必ず、本機の電源を切ってから取
りはずしてください。
はじめてバッテリーをお使いになるときは
付属のバッテリーは完全には充電されていな
いため、はじめてお使いになるときからバッ
テリーが消耗している状態になっていること
があります。
198
バッテリーは充電後、使用していない場合で
した場合、バッテリー駆動時間が短くなる場
合があります。使用前には、再度、充電するこ
とをおすすめします。
バッテリーの駆動時間について
バッテリーの駆動時間は、使用状況および設
定等により変動します。
バッテリーの性能低下と交換について
バッテリーは消耗品です。充電回数や使用期
間などにより少しずつ充電能力が低下してい
きます。このため、十分に充電を行っていて
もバッテリーの駆動時間が短くなったり、寿
命で使えなくなったりすることがあります。
バッテリ−の駆動時間が短くなってきた場合
には、バッテリーの状態を確認し、ソニー指定
の新しいバッテリーと交換をしてください。
バッテリーの残量の確認方法については、
「バッテリーの充電/表示の見かた」
(6ペー
ジ)をご覧ください。
また、バッテリーは上手に使うことによって
駆動時間を長くすることができます。
なお、バッテリーの交換に関しご不明な点な
どございましたら、VAIOカスタマーリンクま
でお問い合わせください。
省電力動作モードでお使いのときは
スリープモード時にバッテリーが消耗すると、
スリープモードに移行する前の作業状態や保
存していないデータが失われてしまい、元の
状態に復帰できなくなります。スリープモー
ドに移行させる前には、必ず作業中のデータ
を保存してください。
なお休止状態では、作業状態や作業中のデー
タをハードディスクまたはSSDに保存します
ので、バッテリーが消耗してもデータがなく
なることはありません。長時間ACアダプター
を使わない場合は、休止状態へ移行させるよ
うにしてください。
バッテリーの残量が少ないときは
本機は、通常モード時にバッテリーの残量がわ
ずかになると、自動的に休止状態になるようお
買い上げ時に設定されていますが、ご使用中の
ソフトウェアや接続している周辺機器によっ
ては、Windowsからの指示で作業を一時中断
することができないため、この機能が正しく働
かないことがあります。
長時間席をはずすときなどにバッテリーが消
耗した場合、自動的に休止状態にならないと、
本機の電源が切れて作業中のデータが失われ
てしまうおそれがあります。
バッテリーでご使用のときは、こまめにデー
タを保存したり、手動で休止状態にしてくだ
さい。
録画/録音についてのご注意
著作権保護のための信号が記録されている
ソフト、放送局側で録画禁止設定が行われ
ている番組は録画できません。
録画内容の補償はできません。必ず、事前
に試し撮りをし、正常に録画・録音されて
いることを確認してください。
万が一、機器やソフトウェアなどの不具合
により録画・録音がされなかった場合、記
録内容の補償についてはご容赦ください。
ソフトウェアの不正コピー禁止について
本機に付属のソフトウェアは、ライセンスあ
るいはロイヤリティー契約のもとに供給され
ています。これらのソフトウェアを不正にコ
ピーすることは法律で禁止されています。
また、店頭で購入したソフトウェアを人に貸
したり、人からソフトウェアを借りてコピー
して使うことは禁じられています。ソフト
ウェアの使用許諾書をよくお読みのうえ、お
使いください。
ソフトウェアと周辺機器の動作について
一般的にWindows用、DOS/V用などと表記
している市販ソフトウェアや周辺機器の中に
は、本機で使用できないものがあります。ご
購入に際しては、販売店または各ソフトウェ
アおよび周辺機器の販売元にご確認ください。
市販ソフトウェアおよび周辺機器を使用され
た場合の不具合や、その結果生じた損失につ
いては、一切責任を負いかねます。また、本機
に付属のOS以外をインストールした場合の
動作保証はいたしかねます。
お手入れ
本機のお手入れ
本機の電源を切り、ACアダプターとバッテ
リーを取りはずしてからお手入れをしてく
ださい。
ゴミやほこりなどは、乾いた布で軽く拭き
取ってください。
汚れを落とすときは、必ず乾いた柔らかい
布で軽く拭き取ってください。汚れが落ち
にくいときは、息をかけながら乾いた布で
拭き取るか、水で少し湿らせた布で軽く拭
いたあと、さらに乾いた布で水気を拭き
取ってください。
市販のOAクリーナーやベンジン、アセトン、
アルコールやシンナーなどは、表面処理を
傷めますので使わないでください。
化学ぞうきんをお使いになるときは、その注
意書きに従ってください。
キーボード(キートップ)の隙間に落ちたゴ
ミやほこりなどは、精密機器専用のエアダ
スターなどを使って吹き飛ばしてください。
キートップは、故意にはずさないでくださ
い。また、家庭用掃除機などで吸引すると、
故障の原因となります。
199
液晶ディスプレイのお手入れ
これらの作業では、一見データが消去された
液晶ディスプレイは、特殊な表面処理がさ
SSD内のファイル管理情報が変更され、
WindowsなどのOSのもとで呼び出す処理が
れていますので、なるべく表面に触れない
ようにしてください。
汚れを落とすときは、必ず乾いた柔らかい
布で軽く拭き取ってください。
汚れが落ちにくいときは、息をかけながら
乾いた布で拭き取るか、水で少し湿らせた
布で軽く拭いたあと、さらに乾いた布で水
気を拭き取ってください。
化学ぞうきんや市販のOAクリーナー、ベン
ジン、アセトン、アルコールやシンナーなど
は、表面処理を傷めますので使わないでく
ださい。
内蔵カメラのお手入れ
内蔵カメラのレンズの前面や周囲の汚れは、
レンズクリーニングクロスなどの柔らかい布
で拭き取ってください。
傷がつきやすいので、強くこすらないでくだ
さい。
廃棄時などのデータ消去
について
コンピューターを廃棄などするときには、お客
様の重要なデータを消去する必要があります。
データを消去する場合、一般には次のような
作業を行います。
データを「ごみ箱」に捨てる

「削除」操作を行う

「ごみ箱を空にする」コマンドを使って消す
ソフトウェアで初期化(フォーマット)する
ハードディスクまたはSSD内のリカバリー
機能や自作のリカバリーメディアを使い、
お買い上げ時の状態に戻す
200
ように見えますが、ハードディスクまたは
できなくなっただけで、本来のデータは残っ
ています。
従って、特殊なデータ回復のためのソフト
ウェアを利用すれば、これらのデータを読み
取ることが可能な場合があります。このため、
悪意のある第三者により、重要なデータが読
み取られ、予期しない用途に利用されるおそ
れがあります。
廃棄時などにハードディスクまたはSSD上の
重要なデータが流出するトラブルを回避する
ためには、ハードディスクまたはSSD上に記
録された全データを、お客様の責任において
消去することが非常に重要となります。
データを消去するためには、以下の方法があ
ります。
本機に搭載されている「VAIO データ消去
ツール」を使って、ハードディスクまたは
SSDのデータを完全に消去する
詳しくは、
「ハードディスク/ SSDのデータ
を完全に消去する」
(38ページ)をご覧くだ
さい。
有償サービスを利用する
消去に関する詳しい情報がVAIOサポート
ページに掲載されています。
http://vcl.vaio.sony.co.jp/notices/
hddformat.htmlをご覧ください。
ハードディスクまたはSSDを破壊する
ハードディスクまたはSSD上のデータを物
理的・磁気的に破壊して、データを読み取
れないようにします。
国際エネルギースターに
ついて
以下の内容は、国際エネルギースタープログ
ラムの基準に適合した製品のみが対象となり
ます。
当社は国際エネルギースタープログラムの参
加事業者として、本製品が国際エネルギース
タープログラムの対象製品に関する基準を満
たしていることを確認しています。
国際エネルギースタープログラムは、世界7カ
国・地域で実施されているオフィス機器の国
際的省エネルギー制度です。国際エネルギー
スタープログラムの詳細は、次のWebサイト
をご覧ください。
http://www.energystar.jp/index.html
本製品はエネルギースター規格に基づいて設
計されており、AC電源に接続してご使用の場
合には次の省電力設定で出荷されています。
何も操作をしないと15分以内に自動的に液
晶ディスプレイの電源を切る。
何も操作をしないと30分以内に自動的にス
リープモードまたはスタンバイに移行する。
元の状態に戻すには、キーボードのいずれか
のキーを押してください。
201
商標について


SONYおよびSONYロゴはソニー株式会社の登
録商標です。

であり、ソニーへライセンスされています。他の
VAIOおよびVAIOロゴまたはその他のソニー製
トレードマークおよびトレード名称については、
品の商品名・サービス名はソニー株式会社または
グループ各社の商標または登録商標です。
i.LINKは、IEEE 1394-1995とIEEE
1394a-2000を示す呼称です。
 Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel
Inside ロゴ、Centrino、Centrino Inside、Intel
Viiv、Intel Viiv ロゴ、Intel vPro、Intel vPro ロ
ゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel
Atom Inside、Intel Core、Core Inside、
Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium
Inside、Viiv Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon
Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国にお
ける Intel Corporationの商標です。
 Microsoft、Windows、Windows Vista、
Windowsロゴ、Windows Media、Outlook、
PowerPoint、Officeロゴ、Encarta、Encartaロ
ゴは、米国 Microsoft Corporation の米国およ

びその他の国における登録商標または商標です。

Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、Blu-ray™
(ブルーレイ)、Blu-ray3D™
(ブルーレイ3D)及
びその関連のロゴは、ブルーレイディスクアソシ
エーションの商標です。

BLUETOOTHワードマークとロゴはBluetooth
SIG, Inc.の所有であり、ソニーはライセンスに基
づきこのマークを使用しています。他のトレード
個々の所有者に帰属するものとします。


NVIDIA、NVIDIAロゴ、GeForceは、米国および
その他の国におけるNVIDIA Corporationの商標
または登録商標です。

NVIDIA、3D Vision は、米国およびその他の国
におけるNVIDIA Corporationの商標または登録
商標です。

202
AMD、AMD Arrowロゴ、ATI、およびそれらの組
み合わせ、Radeon、AMD Phenom、AMD
Turion、AMD AthlonはAdvanced Micro
Devices, Inc.の商標です。

SDロゴは商標です。

SDHCロゴは商標です。

SDXCロゴは商標です。
HDMI、HDMIロゴ、およびHigh-Definition
Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing
LLCの商標もしくは米国およびその他の国にお
ける登録商標です。
CompactFlash(R)およびコンパクトフラッシュ
(R)は、米国SanDisk社の登録商標です。
 「PlaceEngine」は、クウジット株式会社の登録商

標です。
「PlaceEngine」は、株式会社ソニーコンピュータ
サイエンス研究所が開発し、クウジット株式会社
がライセンスを行っている技術です。
 “AVCHD”および“AVCHD”ロゴはパナソニック
株式会社とソニー株式会社の商標です。

HDVおよびHDVロゴは、ソニー株式会社と日本
ビクター株式会社の商標です。
 「Edy
(エディ)」は、ビットワレット株式会社が管
理するプリペイド型電子マネーサービスのブラ
ンドです。
 「iモード」
「おサイフケータイ」および「トルカ」は
、
株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
 「かざしてポン!」および「かざポン」はフェリカ
ネットワークス株式会社の商標です。

マークおよびトレード名称については、個々の所
有者に帰属するものとします。
ExpressCard(TM)ワードマークとロゴは、
Personal Computer Memory Card
International Association(PCMCIA)の所有
IBMおよびPC/AT、PS/2は、米国International
Business Machines Corporationの商標およ
び登録商標です。

Dolby、ドルビー、Pro Logic及びダブルD記号
はドルビーラボラトリーズの商標です。

Ethernetおよびイーサネットは、富士ゼロックス
社の登録商標です。
 「EZweb」
は、KDDI株式会社の登録商標または商
標です。
iTunes®は、米国および他の国々で登録された
Apple Inc.の商標です。
 YouTubeおよびYouTubeロゴは、Google Inc.

の登録商標です。

Adobe、Adobeロゴ、Adobe Premiere、Adobe
Photoshop Elements、Photoshop、Adobe
Reader、Lightroom、およびAdobe Acrobatは、
Adobe Systems Incorporated (アドビシステ
ムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標
または商標です。
Gracenote and CDDB are registered
trademarks of Gracenote. The Gracenote
logo and logotype, the Gracenote CDDB
logo, and the "Powered by Gracenote" logo
are trademarks of Gracenote.
 Equaliser for VAIO, Multichannel 5 Band
EQ + Filters for VAIO and Restorer for
VAIO from Sony Oxford. Copyright (C)
Sonnox Ltd.
 QRコードは、
(株)デンソーウェーブの登録商標

です。

ENERGY STAR and the ENERGY STAR
mark are registered U.S. marks.
 その他、本書で登場するシステム名、製品名、サー
ビス名は、一般に各開発メーカーの登録商標ある
いは商標です。なお、本文中では(TM)、(R)マーク
は明記していません。
ソフトウェアをお使いになる前に、必ずお買い上げ
のコンピューターに添付のソフトウェア使用許諾契
約書をご覧ください。
203
ソニーが提供する
情報一覧
インターネット
インターネットに接続すれば、VAIOを活用するために役立つ情報を閲覧するこ
とができます。
VAIOの最新サポート情報を提供
VAIOサポートページ
http://vcl.vaio.sony.co.jp/
VAIOをお使いの上で、わからないことやト
ラブルが起きたときにご覧ください。
解決方法をわかりやすく提供しています。
(詳しくは171ページをご覧ください。)
VAIOユーザーのポータルサイト
My VAIO
http://sony.jp/vaio/myvaio/
ウェブ検索やニュースなどのポータル機能と
VAIOを楽しむための情報をご利用いただけ
ます。
VAIOの製品情報が満載
VAIOホームページ
http://sony.jp/vaio/
VAIOのカタログ情報をはじめとした、
総合情報サイトです。
※画面は予告なく変更することがありますが
ご了承ください。
電話 でのお問い合わせ
電話番号はお間違いのないようご注意ください。
使いかたのお問い合わせ
VAIOカスタマーリンク「使い方相談窓口」
(010)0-
(フリーダイヤル)
※「製品登録」がお済みでは
ないお客様、携帯電話、PHS、一部の
IP電話、海外などからのご利用は、
(0466)30-3000
(通話料お客様負担)
受付時間
平日:9時∼ 18時
土曜、日曜、祝日:9時∼ 17時
年末年始は土曜、日曜、祝日の受付
時間となる場合があります。
 フリーダイヤルをご利用になるには、
「製品登録」が必要です。フリーダイヤ
ルは「製品登録」後、1 ∼ 時間程度でご利用が可能になります。
「製品登録」がお済みのお客様は、VAIOご購入日から1年間、
「使い方相談窓口」
でのサポートを無料でご利用いただけます。
 お電話の前に本機の型名をご確認ください。
(保証書または本体底面のIDラベルに記載されています。
)
お電話でのお問い合わせについて、詳しくは「電話で問い合わせる」
(176ページ)
をご覧ください。
有料サービス
■ セミナー(ITエンターテインメントセミナー)
http://www.sony.jp/seminar/
VAIOの基本的な使いかたから、写真加工、ハイビジョン編集まで、少人数制で
きめ細かく学べる各種セミナーやご自宅でじっくり学べる訪問個人レッスン
をご用意しています。
■ 設置設定サービス(ソニーデジホームサポート)
http://www.sony.jp/support/service/Support/
スタッフがお客様のご自宅へお伺いし、VAIOの設置・設定サポート(初期設
定/インターネット設置/無線LAN設定/データ移行など)を行うサービス
です。
Fly UP