...

岡山大学と地理学教室をめぐる最近の話題

by user

on
Category: Documents
1468

views

Report

Comments

Transcript

岡山大学と地理学教室をめぐる最近の話題
岡山大学と地理学教室をめぐる最近の話題
内田 和子
卒業生の皆様お元気でお過ごしでしょうか。
今年も「教室便り」をお送りする時期となりま
した。大学はセンター試験(1 月 17 日・18 日)、
卒論・修論の締め切り(2 月 2 日)、定期試験な
ど、忙しい季節となりましたが、教員・学生一
同がんばっています。
今年の成人式は平成生まれの人たちが加わ
り、大学生も平成生まれが多くなっています。
わが地理学教室にも新たな 2 年生・7名が加わ
って、久しぶりに賑やかになりました。その中
に、かつてこの地理学教室で学んだ卒業生の息
子さんを発見して、大変嬉しい驚きでした。小
さなお子さんをもつ卒業生から、「この子も岡
大に入れるといいのですが」と言ってくださる
場合も多くあり、思わずニコニコとしながら、
とてもその頃まで在職していない自分の年齢に
愕然としてもいます。
話は変わって、昨年 10 月の「週刊・東洋経済」
に「本当に強い大学-激化する大学間競争-」
という記事がありました。強まる東京志向とか
定員割れの私立大学が4割超とか18才人口の減
少が続くとかの一般的傾向の他に、大学ランキ
ングトップ 100 の記事がありました。既に、こ
の記事をご覧になった方はご存じと思います
が、岡大はランキング 71 位でした。岡大関係者
の感触では、ランキングからいうとだいたい 30
位前後くらいというのが常識的な見方でしたか
ら、かなりショックな数字でした。ちなみに、
一昨年のランキングでは 33 位でした。科学研究
費の獲得額でほぼ同じ千葉大学(18 位)と比べ
て、大きく異なるのは GP 等の採択数(千葉大は
岡大の 3 倍数)、経常利益率([経常利益÷経
常収益]×100)と自己資本比率([資本合計÷
資産合計]×100)の 3 項目でした。経常利益率
では千葉大が 2.1 に対して、岡大が 1.2、自己資
本比率ではそれぞれ 79.0 と 58.3 でした。要する
に、岡大の方が経営状態が良くないということ
なのでしょうか?毎年、国からの運営費交付金
が1%ずつ減らされていますので、今後は国立
大学といえども上手な経営をしなさいとの示唆
かと感じています。もちろん、「海外先進教育
実践支援」とか「現代的教育ニーズ取組支援」
などの GP に採択されるよう、教員も学生も努
力しなくてはいけません。
また、ランキングの上位には豊田工業大学、
金沢工業大学など、経営がしっかりしていて、
特色ある教育を行い、就職率も高い大学が入っ
ています。こうした大学の姿を見るにつけても、
岡大生は地元で成績優秀な学生というだけでな
く、岡大を卒業したからには○○の力がついて
いるとか、○○が身についているとかの、大学
での教育成果が評価されるようになりたいと感
じます。それと学生自身も入学時に目標をもち、
それが卒業時にどこまで達成され、達成に大学
はどの程度関与できたかを評価することも重要
と思います。
世間では、地理は相変わらず冷遇されていま
す。それは本当の地理学の姿を知らないためで
あることが多いようです。そうした中で、地理
を学ぶことによって卒業生達は地域を分析する
力が備わり、それぞれの就職した地域でうまく
生きていけるのではないかと、いささか我田引
水ながら思っています。
どこかで地理の学生やまだ若い卒業生をお
見かけした際には、どうかお声をかけて叱咤激
励して下さるよう、お願いいたします。
1
教室動静(2007 年 1 月~2008 年 1 月)
●大学院修了生・学部卒業生と進路
2008 年3月に,大学院生1名が修了し,学部
生7名が卒業いたしました。
【修了】
・原田 貴己(はらだ たかみ)
【卒業】
・青木 努(あおき つとむ)
・伊藤 裕実(いとう ひろみ)
・平岡 由佳梨(ひらおか ゆかり)
・佐々木 優太(ささき ゆうた)
・矢口 俊治(やぐち としはる)
・豊倉 ちさと(とよくら ちさと)
・山下 理恵(やました りえ)
●2008 年地理学談話会
2008 年度の地理学談話会は平成 20 年9月20 日
(土)13 時 30 分より,岡山大学文学部 文法
経1号館3F 文学部会議室にて行いました。
卒業生は,公務員や金融,書店,運輸,衣服
メーカー,教育産業など,多様な業種に就職致
しました。地元に戻るものや地元に帰らず岡山
に就職したもの,広島や大阪へ出て行ったもの
など,新しい生活を送っているようです。ここ
数年,就職状況はかなり良いようです。
当日は,由比濱省吾先生に「津田永忠の事跡と
世界遺産指定運動」と題してご講演いただきま
した。多くの資料をご呈示頂き,充実した談話
会となりました。
●新たな構成メンバー
2008 年4月に大学院生が1名加わり,大学院
生(博士課程前期および後期)は3名となりま
した。また,2008 年 10 月に7名の2回生が教
室の構成メンバーとして加わり,学部生は15
名を数えています。皆,元気いっぱいにあちら
こちらへ出かけているようです。2~4回生合
同の授業は,科目名は変わりましたが,相変わ
らず「諸問題」として全員参加の授業を地理学
実験室にて行っております。最近は発表方法も
変わり,紙媒体ではなく,パワーポイントを使
用した発表が多くなりました。
その後,学部生による「尾道市の現状と課題」
についての報告がございました。ここでは,卒
業生の皆様方から多くのご意見を頂き,学部生
も大変勉強になったようです。
2
来年度の談話会も秋頃の開催を予定しており
ます。是非とも多数の卒業生の皆様方にお越し
頂くよう心よりお待ち申し上げます。なお,日
程が近づきましたら,別途,ご案内申し上げま
す,また,教室ホームページにも掲載致します
のでごらん頂ければ幸いです。
●行動科学実験調査演習(旧 地理学野外実習)
授業科目に「地理学」を付した授業科目が少
なくなりつつありますが,フィールドワークを
基礎とした実験・演習科目は継続しております。
2008 年は,岡山市岡南地区を対象地域として実
習を行っており,現在,聞き取り調査などを進
めております。次回の談話会の際には報告書と
してお渡しできるものと思います。その節はご
笑覧頂ければ幸いです。また,夏期休暇中には
熊本県へ巡検にまいりました。
この度の談話会は由比濱先生門下の卒業生の皆
様方に多数お集まり頂くことができ,大変にぎ
やかな談話会となりました。
教室構成メンバー
氏名(よみ・出身地・出身校)
●教授
内田 和子(うちだ かずこ)
●博士課程後期 D3
高野 宏(たかの ひろし・東広島市・岡山大学
大学院)
好きなものはとことんまで食べるたちです。
今年は牡蠣にはまってしまい,12 月下旬から軽
自動車で日生や虫明に通いつめました。殻付き
牡蠣を買い込んで,蒸し牡蠣にして食べるので
すが,今シーズンは一人で 300 個は食べたでし
ょう!!しばらくは牡蠣を見たくも,触りたく
も,嗅ぎたくもありません……。さて,次は何
●准教授
北川 博史(きたがわ ひろふみ)
2008 年は,メルボルンへ調査に参りました。
初めて滞在致しましたが,リバブルシティとし
て知られているだけあって大変居心地の良い街
でした。ただ,メルボルン大の中国人留学生の
多さに大変驚きました。
3
を食べよっかなあ。
でタイ王国に行ってきました。初めての海外・
飛行機搭乗ということもあり、旅をする前夜は
かなり緊張していましたが、いざ現地ではなか
なか良い思い出ができました。印象に残ってい
るのは、首都の歩道を僕の背丈(170cm)ほども
ある子ゾウが普通に歩いていた事です。土地・
国の違いを肌で感じるというのはこの上なく興
味深いものだと思いました。
最近は卒業が間近となり、この地理学教室か
ら離れる事を考えるとかなり寂しいです。この
教室で学んだ事を社会で生かせれるよう、4 月
からは仕事を頑張りたいと思います。
●博士課程後期 D1
曽我 とも子(そが ともこ・西宮市・兵庫教
育大学大学院)
岡山大学に来て,1 年が過ぎようとしていま
す。同じ国立大学でも,それぞれ大学によって
特徴があるなと思いました。初めて岡大の研究
室を見た時,
「古い…。
」と思いました。都心の
国立大学の近代的な建物を見た後では,
「地方へ
の国の予算が回らないのかな…」と,思わず思
ってしまいました。暑い夏には,抵抗するエア
コンとの格闘があります。そんな岡大の建物も
周りを見渡すと少しずつ新築されています。
「わ
ずかな間でもいいので,せめて在籍中に文学部
の建物が新築されれば…」というのが密かな願
いです。でも,岡大の地理学研究室にとって,
何よりも頼りになることは,先生方の部屋が目
と鼻の先にあるということです。
「疑問→相談→
即回答」建物よりも何よりも学生にとっては,
それが一番ですね。
野々田 泰章(ののだ やすあき・岡山市・福
山誠之館高)
岡山大学の院に進学します。
(合格していれ
ば)なので是非岡山に遊びに来てください。
●博士課程前期 M2
塚本 僚平(つかもと りょうへい・香川県琴
平町・岡山大学文学部)
昨年の年末から今年はじめにかけて、インフ
ルエンザにかかってしまいました。久しぶりに
39℃も熱が出てびっくりすると同時に、正月の
華やかさが縁遠いものに感じられました。熱が
ある時に自分でご飯をつくったり、洗濯したり
するのは何だか虚しい感じになってきますし…。
来年は元気に正月を迎えて、実家で“白味噌&
餡餅”の雑煮を食べたいと思います。
●4回生
伊藤 さつき(いとう さつき・兵庫県高砂市・
姫路西高)
藤原 潤(ふじはら じゅん・松江市・松江東
高)
最近は卒業が近づいていることもあって大学
生活でやり残したことについてよく考えます。
まず卒論。これは修正して後輩に見せても恥ず
かしくないものに仕上げたいです。聞き取り先
にも送らなければいけないのに・・・・語彙力
のなさを恨んでいます。次に読書ですね。学生
のくせにほとんど本を読まずに卒業を迎えよう
としています。残り2ヶ月、できるだけ多くの
本を読んでみたいと思います。語彙力もつきま
すしね!
山田 純平(やまだ じゅんぺい・兵庫県佐用
町・佐用高)
●3回生
猪原 和也(いのはら かずや・富山県砺波市・
福野高)
ただいま、9月の熊本巡検の報告書の作成中
です。締め切りは 12 月中だったのですが、やる
日にはかなり時間をかけてガッツリして、やら
野津 雄治(のつ ゆうじ・松江市・松江東高)
夏の話になるのですが、卒業旅行という名目
4
ない日は全くやらないという状態なので、なか
なか終わりません…。こんな性格に嫌気がさし
ますが、口よりも手を動かして、この地理学教
室だよりが出来る頃にはとっくに完成している、
という状態にしたいです。
また、現在就職活動中です。経済危機だの派遣
切りだの、社会情勢は厳しくなってきているよ
うですが、このご時世だからこそ前向きに希望
を持って頑張っていきたいです。
田畑 祐介(たはた ゆうすけ・島根県浜田市・
浜田高)
現在就職活動真っ只中、徐々に精神的に病ん
できている今日この頃。終わりの見えないレー
スの辛さというものを実感しつつ、なんとか元
気でやっています。昨今の報道等でご存知の方
も多いと思いますが今年から就職状況が厳しく
なっているとの事なので「何で自分たちの代か
らなんだよ、ツイてねーなー」と思いつつも、
泣き言言っても仕方ないので精一杯がんばりた
いと思います。どこかの良い企業さんといいご
縁がありますように…。
友人とスノボに行く日の朝のこと。なんと電
車に乗りそびれてしまいました。バスのツアー
だったので慌てたのですが、友人の知人が
集合場所まで送ってくれるとのことで一安心。
ところがギリギリで断られ、急遽タクシーで高
速に乗り、バスを先回りしてインターで
待つことに。どんどん上がっていくメーター、
高鳴る鼓動…凄い値段が飛び出すぞと二人して
覚悟を決めたその時!おじさんの手が
メーターへと伸び、メーターが真っ暗に!結
局ほぼ半額で乗せて頂きました。人の温かさを
感じ感動した 2009 年の始まりでした。
岡本 亜美(おかもと あみ・倉敷市・倉敷南
高)
寒いのが苦手です。岡山でさえ冬はコート、
マフラー、手袋、耳あてが手放せません。きっ
と私は雪が降る地域では暮らしていけません。
しかし 12 月に手袋の片方を、そしてこないだ耳
あてをなくしてしまいました。寒い。またセー
ルで買おうかと検討しています。春が待ち遠し
い。
今年の春休みには近場を観光しよう、と思っ
てます。友人に青春 18 切符旅行に誘われている
ので、ぶらり広島 or 鳥取食い倒れツアーをする
予定です。愛するトルコは卒業旅行にでもとっ
ておこうかな。
原 史子(はら ふみこ・島根県出雲市・出雲
高)
先日、久々に岡大近くの洋食店へ行きました。
お店のメニューは 680 円の定食ひとつ。店員さ
んが1人なので料理はスープから一品ずつ出て
きて、全て食べ終わるのに平均 2 時間かかりま
す。味は抜群ですが、量が相当あるので私は滅
多に完食できません。お客さんは常連さんが主
で、お一人様も多いです。人とゆっくり話した
いとき、マンガを沢山読みたいとき、胃に余裕
があるときにはおススメです。因みに、食べ切
れない時は残りをテイクアウトできることもあ
るのでマスターに聞いてみて下さい。
加地 健(かじ たけし・岡山市・操山高)
沙村広明さんの漫画『無限の住人』を集めて
います。
『バガボンド』だけがネオ時代劇ではあ
りません。
『バガボンド』の陰に隠れているせい
なのか分かりませんが、意外と知名度は低いで
す。でも『バガボンド』と唯一対抗できる時代
劇漫画が『無限の住人』であることは間違いな
いでしょう。ただ、ものすごくドギツイ描写が
あったりするので心臓の弱い人は読まない方が
いいです。僕は二回、心臓が止まりそうになり
ました。誰だ、
「ホントに止まれば良かったのに」
と思ってるやつは。
●2回生
井野川 真希(いのかわ まき・岡山市・芳泉
高)
5
金原 佑輔(きんぱら ゆうすけ・静岡県浜松
市・浜松日体高)
こんにちは。最近、眼鏡を踏んで壊してしま
ったため買い替えました。新しい眼鏡は前に比
べ少し度が上がったので、より clear な視界を
手にいれることができました。新しい眼鏡で外
に出ると、何もかも clear に見え新鮮です。新
鮮に感じることはとても気持ちのいいことです
よね。そこで私は今年のテーマを新鮮にしたい
と思います。何事にも新鮮な気持ちで物事に取
り組みます。まず、新鮮な気持ちで課題に取り
かかろうと思います。よろしくお願いします。
村本 早希(むらもと さき・大阪府吹田市・
千里高)
近頃、無性にハワイへ行きたいです。本格的
に寒くなってきたから、本能が暑い所を求めて
るんですね。とはいえ、行きたいと思っても行
けるだけのお金があるはずもなく、でもあきら
めきれなくて、先日マスカでまっぷるが出版し
ている観光本を買ってしまいました。この本で
改めて「ハワイは魅力的な場所だ!(☆O☆)」と
確認し、さらに行きたくなりました。行きもし
ないのに観光本を買ったので、友達からはお金
の無駄遣いだとすごく批判をされますが、いい
んです。心はワイキキビーチで海水浴してるか
ら(妄)
高木 洋(たかぎ よう・福井県上中町・若狭
高)
こんにちは。高木洋と申します。でも最近、
兄の意向で苗字が変はりましたので、本当は村
崎洋です。
誰しもそうかと思ひますが、近頃不安が後を
絶ちません。何もしていなひのに疲れたり、疲
れているのに眠れなかったり、心安まる時があ
りません。いっそこのまま家に閉じ篭り、一人
きり何の悩みも持たずに本でも読んで暮らせた
らどんなに良いかと思ひます。
テスト期間中にノートを紛失しました。パソ
コンが壊れました。家の前で事故がありました。
けたたましくサイレン鳴らして来たはいいけど
救急車、現場に居着いて帰りません。きっと病
院に搬送するまでもなかったのでせう。
部屋の電球が切れかかっています。
森田 忠宏(もりた ただひろ・滋賀県高月町・
虎姫高)
本年度より地理学教室でお世話になっていま
す 2 回生の森田忠宏と言います。よろしくお願
いします。岡山からはだいぶ遠く離れた滋賀県
の北部、湖北という地域からやってきました。
小学校から野球をしていて、大学でも硬式野
球部に所属しています。正直大学に入学してか
らここまでの 2 年間はほぼ野球しかしていない
気がします。このままでは野球のみの大学生活
になりそうなのですが 4 年までしっかり野球を
続けていこうと思います。でもこれからは、野
球だけでなく地理のほうもしっかり勉強してい
きたいと思います。
2007 年度修士・卒業論文一覧
●修士論文
・原田 貴己
社会人大学院生の生活活動パターン―岡山大
学大学院社会文化科学研究科を事例として―
●卒業論文
・青木 努
長野県における山葵産地の生産と流通の構造
―安曇野市を事例として―
6
・伊藤 裕実
島根県八束町大根島におけるボタン栽培の実
態と近年の変化
・櫛橋 紀子
地方小規模花卉栽培地域の産地構造―岐阜県
恵那地域のシクラメン生産を事例として―
・佐々木 優太
更新世末期以降の岡山平野における地形発達
・豊倉 ちさと
観葉植物産地の拡大過程における栽培形態の
分化―鹿児島県指宿市を事例として―
・平岡 由佳梨
土佐打ち刃物産業の現状―土佐山田地区を事
例に
・矢口 俊治
代替バス運行が地域に与える影響―石川県・
のと鉄道の廃止を事例として―
・山下 理恵
1970 年代以降の干拓地農業の変化―藤田地
区を事例として―
熊本巡検-2008 年度「地理学実験調査演習」-
室長 猪原 和也
2008 年 9 月 11 日から 13 日にかけて、3 年生
3 人、4 年生 4 人、院生 2 人と北川先生の合計
10 人で、熊本巡検に行って来ました。13:00 に
熊本駅 am.pm 前に現地集合だったので、前日ま
で先輩方に連絡が行き渡っていないという失態
を犯しつつも、
何とかスタートしました。初日、
3 年生は原さんがこの日は聞き取り調査中で夜
に合流し、田畑君も途中で熊本市役所に聞き取
り調査で途中抜け・合流するなどあわただしく
メンバーが入れ替わる中、まずは路面電車に乗
って水前寺公園へ。平日ということで人はまば
らでしたが、中国人の方を比較的多く見た気が
します。国際色豊かです。
田畑君と合流し、熊本城へ。城郭はかなり大
きく、天守閣までかなり段差を上った気がしま
す。天守閣も大きく立派なもので、岡山城とは
大違いでした。さらに、築城 400 周年イベント
に向けて城内は活気づいておりました。
お城見学を終え、歩いてホテルへ。その後、
原さんが合流し藤原さんが予約していた郷土料
理のお店へ行きました。やや高いお店だったの
ですが、当初設定していた一人あたりの金額の
ボーダーをあっさりと撤廃し、馬刺や辛子蓮根
などの郷土料理をお腹いっぱい堪能しました。
少々お金をかけてもその土地の名産を食べられ
たことに満足し、1日目は終わりました。
翌朝、JA菊池と阿蘇山へ向けてレンタカー
を借り、野々田さんと北川先生の運転でホテル
を出発。JA菊池では、オリジナルブランドの
開発や直営店の運営などについてのお話を聞き、
熊本の農業は元気だなという印象を受けました。
農業というと失礼ながら衰退気味というイメー
ジが強かったのですが、このあたりの農家の人
はガッツリ農業で生計をたてているようです。
その後、少し離れたところにある家畜のフン
の再利用をする、大型の施設を見学しました。
そこでは集められた大量の家畜のフンに圧倒さ
7
れたり、またそこから出来た肥料や無臭のペレ
ットを実際に触ってみたりと、巡検ならではの
生の体験が盛り沢山でした。
阿蘇山を見終わり熊本市内へ戻ってきて、最
後に藤崎宮というやや大きな神社へ立ち寄りま
した。みんなでお祈りをし、
「奥さんと別れてく
れますように」などと書かれた絵馬に衝撃を受
けつつも、この日も無事ホテルに帰りました。
3 日目は、3 回生の各自の調査もあり、朝で各
自解散となりました。3 回生は聞き取りや図書
館へ資料探しなど、最後の調査を行うと同時に、
先生や先輩達はそれぞれ自由に行動したそうで
す(宮本武蔵が晩年にこもった洞窟へ行った先
輩もいました)。帰りはバラバラでしたが、みな
無事に帰ってきました。
最後に感想ですが、私たち 3 回生にとっては
初めての巡検で、実際に見学したり、話を聞い
たりして、地理学教室の醍醐味を味わう大変有
意義な機会になりました。この経験を、是非今
後に活かせたらと思います。
菊池の次は、阿蘇山へ向かいました。ぐんぐ
ん山を登り、やがて木々が姿を消し、馬が放牧
されている草千里を通り過ぎ、阿蘇山ロープウ
ェイ乗り場へ。さらにロープウェイから火口の
すぐ横まで行きました。阿蘇山は活火山で火山
ガスが大量に吹き出しており、私はぜんそく持
ちで発作を起こし、山田さんと一緒にその場を
離れましたが、一行は噴火口のまわりのルート
をじっくり見学。土と岩しかない荒涼とした火
口と、火口湖の淡い水色のコントラストが美し
く、大きな地層の縞模様や絶え間なく吹き出る
水蒸気など、大自然が作り出した地形の迫力に
圧倒されました。
地理学教室からのご連絡
○地理学教室ではホームページを開設しており
ます。最近のトピックスや研究会のご案内など
を行っております。ホームページアドレスは
http://www.okayama-u.ac.jp/user/geog/01g
eo.html
です。
また,同窓会のホームページ
http://www.okayama-u.ac.jp/user/geog/08d
ou/index.html
も開設しております。同期会
の案内などにもご利用下さい。お問い合わせは
北川までお願いします。メールアドレスは
[email protected]
です。
○前回,宛先不明の卒業生の方々の情報をご提
供頂きましてありがとうございました。お陰様
で,十数名の方々に新たに「教室だより」をお
送りすることができることとなりました。
その後,2008 年度地理学談話会のご案内をお
送りしました際に,次ページの卒業生の方々に
つきましては,宛先不明にて返送されて参りま
した。ご面倒をおかけ致しますが,ご存じの方
がいらっしゃいましたら是非とも地理学教室ま
でお知らせ頂ければ幸いです。よろしくお願い
申し上げます。
8
氏名
今川 浩一
佐藤 公一
岡 尚志
葭本 鶴江
石川 史士
黒田日出国
槌本 皓矢
三宅 勝久
横井 知昭
山田 利明
守下 智昭
佐藤 節子
山本千枝子
杉浦 利之
砂本 邦彦
高橋 正雄
渡辺 秀一
安田 衛史
豊島 昌之
矢吹 正雄
衛藤 博朗
大久保 誠
馬場 雅洋
村松 明子
藤本 倫夫
横浦 勇
萩原 浩
岡本 尚之
宮川 優子
山本 圭
敬称 連名 敬称 卒業年
様
1954
様
1957
様
1960
様
1960
様
1963
様
1965
様
1968
様
1968
様
1969
様
京子 様
1973
様
1974
様
1976
様
1976
様
1977
様
1977
様
1977
様
1977
様
1978
様
1979
様
1979
様
1981
様
1981
様
1982
様
1982
様
1983
様
1983
様
1985
様
京子 様
1986
様
1986
様
1989
氏名
鶴田 英一
峯 猛
岩本 和恵
河村 信男
近江 貴治
岡本 正照
武知 知子
山本 康則
上野真由子
清水 賢作
福田 里夏
星加 建司
安本 葉子
宮地 重幸
磯田 恭介
佐藤 英之
寺崎 崇
中澤 勇治
森川 大輔
千葉 一也
清水 珠美
牧野 岳
後藤 将史
辻 陽子
濱上 光司
岡本 健裕
松本 充康
夏 茂林
川道 弘太
佐々木 優太
9
敬称 連名 敬称 卒業年
様
1990
様
1991
様
1992
様
1992
様
夏恵 様
1993
様
1993
様
1994
様
1994
様
1995
様
1995
様
1995
様
1995
様
1995
様
1996
様
1997
様
1997
様
1997
様
1997
様
1997
様
1997
様
1999
様
美里 様
1999
様
2000
様
2000
様
2003
様
2004
様
2006
様
2007
様
2007
様
2008
Fly UP