...

題名 植物標本を作る

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

題名 植物標本を作る
①
分類 自然体験(生き物・みどり)
題名
(4)台紙に貼ります。
できた標本は8ッ切り画用紙に収まる大きさになっていますから、そのまま画用紙の上
植物標本を作る
にバランスよく置きます。上質紙を3ミリほどの太さに細長く切り、その両端にのりをつ
1.学習のねらい
けて標本を固定していきます。しっかり固定することは大事ですが、あまり貼りすぎない
(1)植物をくわしく観察して、自然に親しみます。また、植物の体のつくりを知ります。
ようにしましょう。
(2)研究資料としての標本は、世界にたった一つしかない貴重なもので、最も説得力のあるこ
とを知ります。
(5)ラベルを貼ります。(下図参照)
標本は、データがなければほとんど価値がありません。名前はいつでも調べられますが、
(3)身の回りにはたくさんの植物が生えていて、それぞれに名前がついていることを知ります。
他のデータを忘れてしまったら、どうしようもありません。名前が気になるのなら、採っ
た日に調べたり、新聞をかえている作業の合間に調べたりすればよいのですが、他の重要
2.実施について
なデータは、必ず採った日に記録しておきましょう。必要なデータをラベルに記入し、台
(1)実施時期:1年を通して可能ですが、多くの花が咲く春から秋が適当です。
(2)実施場所:校庭や近くの空き地、公園、道ばたなど
(3)指導時間:採集は2時間程度、標本作りは夏場でも10日ほどかかります。
(4)指導対象:中学年以上
紙のあいたところに貼付すれば植物標本の完成です。
(6)保存します。
完成した標本は、できるだけ密封できる容器に入れ、市販の防虫剤を入れておきます。
乾燥剤も入れておくと、カビの発生を防ぐのに効果的です。管理がよければ、半永久的に
保存できます。
3.準備するもの
(1)標本にする植物 (2)古新聞
5.指導上の工夫・留意点
(3)古新聞の4ッ折りと同じくらいの大きさの木の板
正しい標準和名を指導することを心がけてください。
(4)10㎏程度のおもり
例えば、アキノエノコログサをねこじゃらしとか、オオオナモミをひっつきむしなどと記入し
(5)台紙にする8ッ切り画用紙 (6)上質紙、のり、はさみなど
ないようにしましょう。
慣れないうちは、図鑑とにらめっこしてもわかりません。ゲストティーチャーに来ていただく
4.学習の進め方
のがいちばんよいでしょう。
(1)植物を採集します。
はじめは、とくに目的もなく採集すればよいのですが、学習が深まれば、地域を限定し
たり、二つの場所を比べたり、科にこだわったり、いろいろな発展が考えられます。
植物は花や葉、茎、根など、その植物の特徴がより多く現れているように採ります。よ
く、葉だけ花だけなど、ごく一部だけを採りがちですから、とくに指導が必要です。
採った植物は、少なければそのまま持ち帰ってもよいのですが、多くなったり、採集地
が学校から遠い場合は、ポリ袋などに入れたり、新聞にはさんで持ち帰りましょう。
(2)植物を古新聞にはさみ、おもりで押さえます。
採った植物は、できるだけ早く標本にします。古新聞は、一枚一枚はずして、それをま
た4ッ折りにして使います。一枚に一種を基本とし、はさんで重ねていきます。植物が大
きくて新聞紙からはみ出すような場合は、植物を折り曲げて新聞紙に収まるようにします。
その時は、植物もまだ、しっかりしていますから形はあまり気にせず、どんどんはさんで
いけばよいでしょう。何枚か重ねたら、その上に板を置き、上におもりを載せます。
(3)新聞紙を替えます。
新聞紙は、一日で植物の水分を吸収してしっとりします。はじめの2、3日は毎日、新
聞紙を取り替えます。植物がしおれてきてくる頃なので、形を整えやすくなっています。
葉の重なりや、茎のねじれなどを丁寧に整えていきましょう。それが済んだら、またおも
りを載せます。その後は隔日、3日に一度、1週間に一度と間隔をあけて新聞を交換し、
完全に乾燥したらできあがりです。かなり根気のいる作業です。
21
22
︵
生自
き然
物
・体
み
ど験
り
︶
①
分類 自然体験(生き物・みどり)
題名
(4)台紙に貼ります。
できた標本は8ッ切り画用紙に収まる大きさになっていますから、そのまま画用紙の上
植物標本を作る
にバランスよく置きます。上質紙を3ミリほどの太さに細長く切り、その両端にのりをつ
1.学習のねらい
けて標本を固定していきます。しっかり固定することは大事ですが、あまり貼りすぎない
(1)植物をくわしく観察して、自然に親しみます。また、植物の体のつくりを知ります。
ようにしましょう。
(2)研究資料としての標本は、世界にたった一つしかない貴重なもので、最も説得力のあるこ
とを知ります。
(5)ラベルを貼ります。(下図参照)
標本は、データがなければほとんど価値がありません。名前はいつでも調べられますが、
(3)身の回りにはたくさんの植物が生えていて、それぞれに名前がついていることを知ります。
他のデータを忘れてしまったら、どうしようもありません。名前が気になるのなら、採っ
た日に調べたり、新聞をかえている作業の合間に調べたりすればよいのですが、他の重要
2.実施について
なデータは、必ず採った日に記録しておきましょう。必要なデータをラベルに記入し、台
(1)実施時期:1年を通して可能ですが、多くの花が咲く春から秋が適当です。
(2)実施場所:校庭や近くの空き地、公園、道ばたなど
(3)指導時間:採集は2時間程度、標本作りは夏場でも10日ほどかかります。
(4)指導対象:中学年以上
紙のあいたところに貼付すれば植物標本の完成です。
(6)保存します。
完成した標本は、できるだけ密封できる容器に入れ、市販の防虫剤を入れておきます。
乾燥剤も入れておくと、カビの発生を防ぐのに効果的です。管理がよければ、半永久的に
保存できます。
3.準備するもの
(1)標本にする植物 (2)古新聞
5.指導上の工夫・留意点
(3)古新聞の4ッ折りと同じくらいの大きさの木の板
正しい標準和名を指導することを心がけてください。
(4)10㎏程度のおもり
例えば、アキノエノコログサをねこじゃらしとか、オオオナモミをひっつきむしなどと記入し
(5)台紙にする8ッ切り画用紙 (6)上質紙、のり、はさみなど
ないようにしましょう。
慣れないうちは、図鑑とにらめっこしてもわかりません。ゲストティーチャーに来ていただく
4.学習の進め方
のがいちばんよいでしょう。
(1)植物を採集します。
はじめは、とくに目的もなく採集すればよいのですが、学習が深まれば、地域を限定し
たり、二つの場所を比べたり、科にこだわったり、いろいろな発展が考えられます。
植物は花や葉、茎、根など、その植物の特徴がより多く現れているように採ります。よ
く、葉だけ花だけなど、ごく一部だけを採りがちですから、とくに指導が必要です。
採った植物は、少なければそのまま持ち帰ってもよいのですが、多くなったり、採集地
が学校から遠い場合は、ポリ袋などに入れたり、新聞にはさんで持ち帰りましょう。
(2)植物を古新聞にはさみ、おもりで押さえます。
採った植物は、できるだけ早く標本にします。古新聞は、一枚一枚はずして、それをま
た4ッ折りにして使います。一枚に一種を基本とし、はさんで重ねていきます。植物が大
きくて新聞紙からはみ出すような場合は、植物を折り曲げて新聞紙に収まるようにします。
その時は、植物もまだ、しっかりしていますから形はあまり気にせず、どんどんはさんで
いけばよいでしょう。何枚か重ねたら、その上に板を置き、上におもりを載せます。
(3)新聞紙を替えます。
新聞紙は、一日で植物の水分を吸収してしっとりします。はじめの2、3日は毎日、新
聞紙を取り替えます。植物がしおれてきてくる頃なので、形を整えやすくなっています。
葉の重なりや、茎のねじれなどを丁寧に整えていきましょう。それが済んだら、またおも
りを載せます。その後は隔日、3日に一度、1週間に一度と間隔をあけて新聞を交換し、
完全に乾燥したらできあがりです。かなり根気のいる作業です。
21
22
︵
生自
き然
物
・体
み
ど験
り
︶
Fly UP