...

国体レポート

by user

on
Category: Documents
10

views

Report

Comments

Transcript

国体レポート
冴
汲 秒 α%E?物 容 す″ α%F夕 冴夕匂 すグθ%光 )物 物 夕
拘
467D夕
び夕物 み夕た ,θ θθ
ヽl J /
/f l \
男安総合成積で雷山県優勝
安子 は静岡県 が健問 して トップ
静同の女子総合得点37点 、総合 成績 2位 は奈良 (総 合得点89点 )
20世 紀最後の国体。富 山国体の馬術競技場の会場 にな ったの は、立 山連 峰を望 む常願寺
川の河川敷 に広がる馬術競技場。長 細 い会 場 で、廟舎 と競技場が離れ ている という不 便 は
あ つたが 、河原の 土手 でのク ロス 見物 はの どか で風情 があ つた 。 国体 の フ ィナ ー レを飾 る
最終競技、 五 段飛越のバーが久々 に 180crllを 超え、 1 83crllに チ ャ レンジ、盛 り上が った 。
優勝 は苅谷幸生 (岡 山 )。 オ リン ピック 直後 という不利 な時期の 開催 に しては成功 だ った 。
地元喜山が総合成績で優勝 し、メンツを保 つた。
(レ ポー ト/大 久保登喜子)
͡
K
│1日 雅美選手 ▲ 男女総合優勝の富山県
・牧野裕子監督
▲女子総合優勝の静岡県・サ
≪男女総合成績≫
奈 良 に追 い上 げ られ、 は らは ら と見 守 る 中、地 元富 山
県 が101点 を獲 得 して優勝 した。 昨年 の 熊 本 が 112、 25で
圧 勝 したの に比 べ れ ば 、少 しもの足 りな いが 、富 山県監
督 で もあ る牧 野裕 子選 手 が銀 メ グル 、夫 の孝 喜選 手 が金 、
銀 メ グル と頑 張 って点数 を得 た。地元 の観 客 の ア ツ い声
援 を受 けて成年男 子 ダー ビー準優 勝 の 吉 田博泰 、少年 で
は庄 司幸 寛 が S&Hで 優勝 、稲 垣 佳代 子 が 標 準 障害 で 2
位 、澤 田麻衣 子 が ア ジア大 会 記念 ,弓 場 で 2位 な どジ ュニ
ア層 の 活躍 が 目立 った。
2位 は昨年 に引 き続 き奈 良県 。 チ ル ドレンNo l選 手権
も制覇 した国産 の 名 1吊 、パ ラチナJに 騎 乗 した大 谷 直生 が
標 準 障 害優勝 、 S&Hで 準優勝 、 国体 常勝 の 山 口千 恵子
が カス タ ー ニ ャに騎 乗 して 2段 階で優勝 、 イ ンデ ィア ン
サ マ ー IIで 標 準 障害 で 2位 な ど相 変 わ らず強 い。
≪女子総合成 績 ≫
女 子 の 総 合 成績 トップ は静 岡県 で37点 を獲 得。川 口雅
美 が トップ ス コアで優 勝 、桜 井亜 須歌 力ヽ馬場 で 2、 3位
に付 け るな ど手堅 くポイ ン トを獲 得 した。女 子総 合 成績
2位 は奈 良県。
(記 事中、障害競技の技術的コメン トは自井民平氏による)
2
馬 術 情 報 一 N0467
二重ま された。
▲常陸宮 ご夫妻 が最終競技の三安毛蓮 をま 二〔
●
C
19'。 N― 準劉,叫 営
(L!,E98Z-8,1軋 村一 nY∠ (殺 )/客 望首圭科耳
勢
°
士吾部 ヤ凹 ?f半 ■ 4卜 /D3
°
OY半 ンと ン 4ユ 脅平率∩覇群 1耳 玉 C零 `
あ 確率ギ1軍
I °各 H々 ヤ 々T7士 課翠早1田 助¥耶 ポ,② 学 C割 ?製 (A
°
°
ユー字一 E終
晏可 フマユ智Y② ―尋u平 ∩確率、
Cワ 酔
°
ワ官 ?畢 斥勘│` 6、 γざ,平 ∩寄
密蓮
動E↑ 平 日里 学∩寺
密壇
3)a
神 El烈 遥 回 Z一 字一 E盗 平各 ″ n々 白辛 ?士 吾
/ヽ
=朝
°
9款
?半 罰 里
23報
P色
〉宰
打外
¥ユ
° =
`て
2?写
暫 コイ
E② 各 ク /、 Я て
向辛 ?=朝 当 く
“
`
°
当 ② 印凹 留斗 目││マ ②璃鋼 ふ
字平 CPマ ツキ町 WEl一
°
字_E終
フ 宰ュ 猿陸 脅ふ
字tf7∩ 脅ギ1脅 ポ│° フイユ 々rヱ 々
キ洋 ユ ② ワ乎 ?単 型 単 00772■ 聴 ¥` ぶ
字フ♀ ?単 母 里 ②
`
°
Y00そ ギ,一 字一 E終 ■ 甲 ?y控 や ∩軍 遥ユ 盟マ御 9妥
°
呈割 率ツ 脅│1母 マ 単 2Q即 ご,ヨ 箸読 2(1)。 掌 ?g∩
41と (A∩ 脅サ 国ギ1科 率 ユ Eフ ェ アヽ1
普 tf7ら 日々 E4″
11r杉 出セ
8ら 12 0フ 8
智 コ
を
Z″ 89 0gと
粋 率
8フ ″
雪9 099
19 029
96″
88″
と9
098
曽 聖
日 印
Z2″ 99 098
雪 錠
99″ 89 066
首 彰
0011 印 凹
8ん と
9
(幸 は
l‐ ‐ 田 ‐ ‐ ‐
闘 醸口 ‐ ■ ■ ‐ ■ ■
7抱 報 ¥8
々ムー ン 車干k 早守 と
一 ′ム4rュ
4ヨ ンー 白考 一筆
II々 辞 Ytt T報
G
聖軍
9
1lr野
=朝
ヽ
〃て
n々 白辛
母□
首
田部
―招
Hr卒 々 E
r十 ■とトィ
胃ヨ
一■44ヤ ユ ン半 寧弁
D軍 単 江 EYr盗
当
,
C
Z
!
対 去 首考神
`
°
γ首 ∩ 々r_EI H々 E?智 〉▼ギ1士 審 田平 平 C♀ ?Y
`
ロマ /6ポ
ユ
1掌
立辞 研暑 マ・
ン
軍差
平 ¥〉
傘士審
=ぐ `
° ひ
平 学卒辞 ン Elマ ンイ② 盟 ② シ a讐
尋 Y辛 単 ②尋
8
?Y々 4ふ /2n?ヽ γ 式一 E不 ギ,を 単帯 7士 吾 士戦普
Af/° を 去r一 イ ン 字 記士吾 干 里 田幸 `
々 辛n々 去子 。と
言 r終 ② 単寺幸 ギ1紹 部 `
平 平 。辞 ンー E2甲 ② 率 の γ首
° 'YZIFl②
rY9z
酔 7寮 ご↑
畳
刷穏 そ革 判 一 nH々 r辞 畳
■
?士
審
単
幸 Lコ の
°
印昌 ¥耶 ・
平 平 マ普
1
2● 降 (1冒 F,を ■一 白
lTヨ
字評 γ訂 ポ,引
キ8` さ
/、
9雪
08 ラ
E12C‐ 亜 理
0
恥
夏
s
=
111彰 申セ
印
穫
晋
塩
首
8
,
塩報
g
帥 1lr
9
翌雪
Lヨ
十一 白卒 臣幸
と
― ン=ン と 尋Y
平単 8
蝉弾 を助 W、「′ Z
y
本T一
/Yγ
干里
田幸 !
軍馴秘を常
)
軍晋り
弊 :D鞘 単烈 雑暑到刷 科
`
ヽ
︺
t
(台
°
(1∩
I々 許 卒 掌
乙H4r多 特v
II々 翠 Ytt T副
印 昌
0
Z8 0
と
8〃 18
吾 鼎 財 田部 ?学
(ウ
°
平干暫 ?率 耳
`
▼需士署キヤ中 と審
土印
白ム卒 陛干【 田準
凹 聖
2Z フ
〃
20〃
89〃 6Z O
00〃 8Z O
9Z O
?
=▼
==存
6?辞 ワ官マ学∩とレγ平酢彰 ∩存ユ新彰率刷」
盟 罰干暫 ?率 耳t♀ 々r字 さr riじ を 一
今晋 0(1● 宰串辞士百甲距
rt、 ミ ンと 、
凹サウぱ 1鋼 ヨ
=翠 `
° 0子
平
7々 ry/② 性平∩脅平 傘引首叩昌 母訊 ?々 rr
/曽 2a¥蛾 1各 4H女 卒 ″々とマ士審士財塩聯 2酔 業
?晶 瑚 ②部印昌ユ 中の一 本4/ヽ れた ?親 購 ②γ 研 °一
式々r辞 智Y81ポ ,引 科雑 I掌 レギ郭 脅平井割 60日 rr2
∩車差 ②秘 4rtt E不 半
② 固訂彰期 螢r箭 豊r` 平
フイ 傘進 ② ?「 普 甲平
ri
・
0平
%8雪
辛
妥 %90・
09さ 字士 審 雅 彰
亜 羊勲 OD8` %6丁 09
辛 白洋 々
単
首 杉
9雪
□ 弾
9
%6Z° と
%6889
°9009
°
″一
7(ぱ │?
事亜
ンとと
¥
8
9
YHふ /々 rふ ィ 羊 甲 平 軍
ar々 rム
靭尋
1-rt/▲
4H々 卒 〃れユ
¥ ¥
土 W,
Z
塩玲
C
准彰 軍半稗
と財
一 nHさ ンと
叩:0翠 唖
」
モ凹
1華 と と
マエヽ
S
V/ 単 中
を■
8H女 ユ 魚 nと
田 雅
郵
/。
(物
HYヤ
粋 軍
・
印 昌
%6109‐
▲ ?%28も 9`
士課塩聯 ②尋 そ
ヽ︺
° Cギ
°
紹暫,章 暫
平
∩ ユa
`
1/び
〉糸 卒4r一 日 村イ E° を 外=一 存と
さ
字
?干 革 日V` <辛 Я <外 と 。と =r恋 ▼
“
土 望 I El目 母
学 0マ 妥 ■,錠 率ギ│マ ン
`
″ ∩ 平 ヽ字 ヽ一 E不
82″
騨 ② ツ ヤ 争 購 ②勲 ¥
幡〃
28
目馴 秘 Z Fln々 E②
?を 一々rY E々 /▲ ?士
0そ
62〃
?A蛯 ② ¥耶 ユ 科 雑
`
凹2W固 半 導 サ ↓B
°
平 ∩割
罰 El宗 勘│)3_Hf彰
(士
°
n¥` ―l② 2■
平 ∩狸菫
=│ヽ °
〕 款 ?H<ナ 半②艦 革革 を 一 向Hさ ナ
と 平 ∩率 躍ユマ 目 ?士 忍 と 百 甲部
Cf?宰 2 lコ ?移 螢
%9雪 鉛
一 ▼々 ンギIY8DT」
%フ 6屯 雪
。マ里 ギ,々 r津 々②尋 T
%28屯 9
(盲 際暑ネ物印)「・
平
マギ ー 4T洋 イ ンユ寺
を 百 甲部
= !
彗目遅 雪肇 去挙多神
G拍 石
成年男子 ダービー競技
)
1 中井 正人 フラッシュII
愛
知
2吉 田
博泰
富
山
3 同村
実
4河 原 田
享
5 山 口 昌彦
8鈴 木
子
し明
7 北垣 和宏
8田 日
バ ウンテ ィー
0114″ 35
55122″ 11
575127″ 72
インディアンサマーII奈 良
レッ ドマ ン
京 都 6.75127″ 86
9120〃 15
宮 城
アイデ ンテ ィコ
ラ・ ネー ジュ
チ ョモランマ
ックチャッ ト
和久 バ ヽ
岩
手 -10.25129″ 22
鳥
取
12136″ 56
秋
田
135122″ 11
河)│1敷 の ダー ビー コー スで 障害 は あ ま り高 くな か った
が 、 ア ップ ダウ ンが あ るので難 しい コー ス にな り、 ほ と
ん ど減 点 0が 出な か った。 優 勝候 補筆 頭 の 山梨 県 の 鳳凰
号 と前 島仁 選 手 の コ ンビは第 1障 害 の あ と、 い きな り人
馬 転 行」し、失 権 。予 定 した金 峰 は 20歳 。 国体 の 連 勝 記
録 に も陰 りが出て きたのだろ うか。 25人 馬 が エ ン トリー
して失権 は12人 J馬 。約半数 が生 き残 った。そんな 中で唯
一のノー ミス走行が愛知 の 中井 正人選手 とフラ ッシュII
こ
>ア ップ ダ ウ ン
の あ る難 しい コ
ー ス を唯一 減 点
0で 走 行 した愛
知 の 中井正 人選
手 とフ ラ ッシ ュ
II号 。
ロ
号。 昨年 の 覇者 、奈 良県 の 同村 実選 手 とイ ンデ ィア ン
サ マ ー IIは 1拒 止 で優 勝 か ら外 れ、 イ ンデ ィア ンサ マ ー
の ダー ビー 3違 覇 は果 たせ な か った。 さ らに タイ ム減 点
が加 わ って 3位 。2位 は富 山県 の 吉 田博 泰選 手 とバ ウ ン
e
テ ィー 号。地 元 の 応援 団 の熱 気 に応 えた。
少年 団体障害飛越競技 8:金 田
)
1岐 阜
2宮 城
3千 葉
4宮 崎
5滋 賀
6富 山
7北 海道
8愛 媛
戸本
一 真、 中村
麻希
山田
康 弘、土坂
拓郎
鳥井
丈司、 岡部
彰宏
和国
将 人、小 田
直明
安井
博 一 、 田所
宏之
小森
レ戸本 一 真選
手 とナチ ュル
ゴ号。
星 、稲 垣 住代 子
橋本
英 之、三浦
大輔
佐藤
昇 、佐藤
明
この競技 は 2名 対抗で 1頭 は自″
馬、 もう 1頭 は貸与 J吊
とい う方式 で、相 互 に乗 り換 えて行 う トーナ メ ン ト。 10
月15日 に 1回 戦 と順 々決勝、 18日 に準決勝 と決勝 とい う
ように、2日 間 に分 けて行われた。 12道 府県 が出場 し、
準決勝 に勝 ち残 ったのは、宮城、宮崎、岐阜、千葉 の 4
▲中村麻 希選手 とアイデ ンテ ィコ
県 となった。昨年 の 1位 神奈川、2位 静同、3位 奈良 か
らは出場がなか った。千葉県 の鳥井丈司選手、同部彰宏
選手 と岐阜 の 中村麻希選手、戸本一 真選手の決戦 とな り、
同部選手 の 第 8障 害 での落J馬 がたた り、岐阜が優勝。
│フ
成年男子 セン トジ ョージ賞典
馬場馬術競技 け:安 同
)
1 木 曽 敬彦 デ ィ ミ トリー
東
京
2牧 野 孝喜
3人 見 尚樹
4瀬 理町芳隆
5川 俣 幹宏
夢
マ ノ リー ト
富
山
静
岡
バ ルバ ドス
奈
良
熊
本
6 山下 敦夫
レギ リオ
エ リオ ッ トII
大
阪
7吉 田 二郎
ターボ
徳
島
8藤 原
ダ ンシング ドリーム 秋
田
健
6237%
6084%
6084%
5893%
5884%
5688%
5656%
5549%
昨年 の 成年男 子 セ ン トジ ョー ジ賞典 は音楽付 き自由演
技 だ ったが 、今 年 は成 年女 子 が 自由演技 とな り、男子 は
FEIセ ン トジ ョー ジ賞典 J馬 場 ど
馬術 課 目1995で 実施 。
優 勝 は昨年 同様 、木 曽敏 彦選 手 とデ ィ ミ トリー 号。 2
馬の 夢 号 が入 った。地
位 に富 山県 の 牧 野孝 喜選 手 と国産 〕
元 の 国体 に向 けて の調 整 が成功 した。 国産 馬 での馬場 馬
馬術情 報 一No467
>木 曽敏彦選手
と漆黒のデ ィ ミ
トリー号。 この
馬は三好 由里子
選手 と 2人 で乗
って、東京者Fの
ポイン トを上 げ
るのに貢献。
こ子 ・
‐
‐
術 は難 しい と言 わ れ て い るが 、 よ き前例 に な るだ ろ う。
木 曽選 手 は 国 際経 験 が 豊 か で 落 ち着 い た演 技 を見 せ た 。
と9,。 N一 津 期即 営
°
告 <― ナク▲γ と ?=忍 士割単中▼
平 留¥?掴 平 各 々一
′″▲ γ と マ士署士 勧単 中
の甑 晋 平 0降 6郵 ?士 吾 田
工率牲 フマ ンF° 0
凹 ¥甲 、
rY Z `マ ■1ム
ヤ
単型 辞 畳
訂
ユ 々 井終辞 豊“
Y8° 平ツ 酔
`
`
ユ
とレ
凹
翠
傘搬 郵 郵妥 曇
`
坦 箭 Q凹 平ツ CFツ
割 Q凹
日
66〃 09 8
8
8あ 9レ
Z9
02〃
こ
と と
82〃
と8″
88″
81″
フ
89 8
99 0
Z9 0
印
恥
百
凹
図
昌
町
(立
i斗 ー \/?士 士誓誹士 の
¥° を 字 て
ミ
吾
羊
° `Yg下
ム ヤヱ 々 洋盗、
工 0単 型
l② 酔 γ課 ご↑
堂
・
字
/ヽ
本 H一 ヽ/ 姫軍
呂
Eン と 々と ンと
y II一 と■々エ ンと な ン
Y一 打一 ンとふィr
弾
裂 Jt]r
々卒と と
能 │ロ
晋
塩
ロ出
帥里
8
陣獣
幸首
日喜
吉型
浄 Tと
」
▼弊
軍 I llr薔
9
g
,
亨雪 Wヽ PC
― ンと々 4ふ イ 幸釣
々― ン〃と ン ュ
士割
田凹
単中
Or
辞 科率 n― ro去 半サ 率
°
土 盟 モOOfツ シツ シ
`
°
ギ,士 吾 学コ 尋 8 士吾 ¥戦 ]Z
¥Z章 暫 `二 脅
単黙 士レ
`
辞 幸 ひ ギIE4 y型 平 平 ∩ 6平 ∩旨 そ呈割 引靭 ワ│1率 6聖
1/(1(no弩
`
あツ
叩図ギ1鋼 割
Z
L
り :f)群 翠 ― 河 ― β 章 ●
°
rYび ふ年平 ヽハ)0手 ごに
平 0平 マ勢 ¥町 当 8)普 tW辞 堂
`
字々 E不 ムャギ1引 tW 6ふ 字
ギツ11評 ?″ Y白
ツ 脅モ1程 ふ
。
普
`
さ
T湿 遥 ツマ罹 °平 0ギ Tご ↑畳「Yモ マ ニ 酔FIサ や `
年平
rY雪 `
、
年塚辞 堂'盟 ギ│サ 劫 翻 ¥辞 畳
平 平 ∩一 ri式 々 r
ヽ
辞 亀'Y87拓酵遥 IZ景 割 81)Y一 Eフ イ ② 々 4r。 と て
と
ヤ 々r▲ 4r H白
去里 ¥喜
°
各 年/ヽ 外H一 ヽ/
?士 雲 と ¥誹 士
¥平 3と レ喜 ユ と
ヽ一 /母 ユ 乙ヤ
終一 勃 >
99″ 601 フ
享 黎
08″ 0フ I g2 8
吉 抑
081 gZ I 評盟]r
√ 々rT■ キ を尋
4-キ
66″
r<外
町1 凹
89 0
6ら
叫
フ
否
98″
ン
粥
06″
1
Zg zI
6Z″
Of
(立
田 控
′
告
泣
回
財
と首
/ヽ
8
9
翌母
'
C
ク尋
γ tt Z
本 H一 ヽイ を ¥朝 士 革 !
=神
%を 18雪
革辛挙 7を ヤ n辞 々平∩
%99屯 雪 塩 誉
%フ 9ヤ G 剖
率②善¥量 孝塩聯 fl士 吾
五
°
士yw田 謀 ②〕 そ と課 A
`
r`
マ (1)ヽ Aひ 平 年当 ② 士審 こl② 手笙ヨ 平 堂 平 ■ 、
ユ② 〔
°
■ ギ(ハ 2・ マ Tギ │イ 予 々の サ
`」 8
女E4ン とと、
・″ 44″ 鱒¥ 田幹
°
幹 7即 ご,尋 鮪
ご1を Yと
②¥耶 2∩
挙期
々ふ/々 r升 °
す 8聖 単ユ士
°
各 ヤ h洋 打 ?士 吾華V挙 ▼
●
9
革甲首絆 甲
-4rに ■ YE
町│
字
半稗 と
と を│,解 日翌
Hス ヽ本子 ″ イヽふ/
▲々4■ E子
百軍
II T 4ス ヽ4と
軍
甲:D軍 翠―嗣一β 去挙
%Z18雪
認早tOΨ 固幸単寺劫ポ1瓢
°
動
平朝幸 評 1率 率 ② 官
%081g
蜘
凹
管
晋
/ヽ
¥
[I式
(首 降母ぷ蜘印)「 革
ヽ
イ
辛 白r
▼卒々そ女 ンふイ々 E
H―
弾
r/と
を早
日撃
[
士業t 塩 T9
士軸 平 ウ尋
g
辞 一 F 型阜業 日早 ウ
4式 ンと マと・ ン 雲
T半 8
馳
%9Z8g ¥ Y
%ラ 109 印 畳
%06Z9 幸 単
字マ官 ?(Aさ 字晏
多ふ
ギ 6ヽ 字〈
rY
寄騨 (1ギ ギI El堂 ②尋T
°
1平
■ギツ脅暫 傘Y一 考ヽ
Yと 々ふ/4r升
辛 魚洋 れ
「口if)翠 叫 畳韮算J目 灘
(物
°
°
各 ″ ン丁不 _ャ T4P士 審 と説 盟 WO督 コ ポ,DZ 軸
ヨ ユ y〕 里 の 単 0フ II辞 各 II rユ Tと ″々 卒 ?=審 誓敦 日
去 ¥W田 書
事
Z
辛挙 │
E尊 章●
°
・
♀E4H々 ン洋 一 学の単母 フTふ γH々 ン洋 │1酔 ツ シ拝│さ
`
工② ?(1)ツ 脅11料 平聯 単 )0判 こ│≧
稚 ?呈 割 (1∩ 琉 、
°
1lr平 ∩終 々々 キ子引 一 字一 E終 回 Zの (n『 10(Attlll引 独
`
°
い 1∩ 璃 ふ
γ率 のイ予 々 ユ ● ギ■1年 研 ギ│と 半 単 00Zン
首 さ
`
字酔 単00Zy罰 0-年 一 E終 辞 υ ?
半 ンと ご│ツ 革稲 ¥` ふ
箸輔 ②号割
9レ 〃
12
フ0″ 99
02〃 と
9
0ラ ″
99
9と ″
69
89
°
率官
動 ユ 3宴 越 回
z?_年 _E終
°
各 II角 と T子
移て千②者革 ?
士認 ¥報 □ lr平
十尼
学 〉ユ年
ζ?申 ヤ
撃 各て打 キとの
脅ヤ 予 早Cヽ 1く
028
0Z6
086
0,6
0G6
026
C雑 ?平 ワ▼遥 ?曇 割 ②ひ 〉(仁 1盟 犯 09
智
― ンム々rユ
聖
回 「P
¥
郵
戦
智
十 一半一 r
r々
女 斗終 ri▼ ヤ
コ
曽
聖
凹
印
能
ルと9 0と 6
十一卜/Y
I一
翠
Z9 0フ II 凹
00″
9ラ
20″
羊理 印
辛 ム /▼ F一 FY
″ T客 一ヤ T4
ン
て子 ″々卒
II nと
羊率
w現
を最
日幸
=帥 蛍
□秘
9
ヨ H¥ 塩蝉
字解
去報
と財
業報
S
E
平中
,
翌母
撃甲
Z
口│lr L
伴冊 :f)軍 単 江 EY盗 4村 去挙尊担
成年女子 工段階障害飛越競技 は 新子
)
(第
1
山 口千恵子
カス ター ニ ャ
奈
良
2赤 井 美也
3佐 々 典子
4竹 田 宏美
5塗 木千穂子
6加 藤麻理子
7北 垣喜美恵
8川 瀬 絵美
ヴ ィノテ ー ク
徳
島
コスモブル ー
山
口
エ レガ ン ト
富
山
0
0
0
0
0
4
4
4
シ ンエ イフ ァース ト 庇 児 島
ガバ ー ン
静 岡
,鳥
大将
ポ ンピーズ アイ ドル
取
新
潟
2段 階走行
23″ 20
)
26″ 92
29″ 85
29″ 93
30″ 36
28″ 40
30″ 52
31″ 55
22人 ,馬 が 出場 したが 3人 ,馬 が 失権 し、 13人 馬 が 第 2段
階 に進 ん だ 。 第
1段 階 7障 害 、 第 2段 階 は 5障 害 6飛 越
講 じて いつ もなが らの優 勝
を決 め た。 山 口選 手 とカス
ター ニ ャ号 の コ ンビは平 成
8年 以来 、 この 競技 に連 続
5回 目の勝利 。 2位 赤井美
也選 手 とヴ ィノテーク号 (徳
島)、 3位 佐 々典子選 手 と コ
スモブル ー 号 (山 日)。
ヨー ロ ッパ を転戦 し、好
成績 を上 げて い た 静 岡 の 加
藤麻 理 子選 手 とガバ ー ン号
の コ ー ス だ が 、 難 しい 回転 箇 所 が あ っ た。 奈 良 県 の 山 口
は 2走 行 日に 1落 下 して 6
千 恵 子 選 手 の よ うな 常 勝 の ベ テ ラ ンは 、 上 手 に 安 全 策 を
位 に止 まった。
▲女子 2段 階 の常勝 コンビの 山 口
千恵子選手 とカスター ニ ャ号。5
連覇 を決めた。
少 年 ト ッ プ ス コ ア 競 技 は 池本
)
1佐 麓 賢希
2鳥 井 丈司
3楠
智恵
4藤 田彩友子
5鈴 木 智明
6龍 田 太朗
7三 上 志乃
8大 塚 祐貴
高 い が リス ク も大 きい
ザ・ ラステ ィー
長
野 1590 64〃 57
ジ ョー カー に制 限 い っ
イル ミネーシ ョン
千
葉 1560 66″ 70
ぱ いの 2回 チ ャ レンジ
ツインカム
徳
島 1330 67″ 79
した選 手が 5人 ,馬 。 長
シュガーシェイク
広
69〃 77
野 の佐 藤 賢 希選 手 と
ジャネ ッ ト
宮 城 1120 68″ 52
島 1240
長
崎 1110 67″ 84
位 に30点 差 の1590点 で
ヴ ュール ダ ンス
青
森 1060 66″ 28
優勝 。2位 は千 葉 の 鳥
イー ワン
茨 城
1060 -一
井丈 司選 手 とイル ミネ
16日 は グー ビー競技 が行 われ た ため 、本 馬場 で の競技
ー シ ョン号。3位 徳 島
が 中断 。細 長 い会場 を行 った り来 た り しな けれ ば な らな
の橋 智 恵選 手 とツイ ン
害 を飛 ぶ かで 点数 が 出 る。24人 ,馬 が 出場 し、 ポイ ン トは
成 年 男子
SttH競 技
1 小宮山 修 鈴蘭
直生 パ ラチナ」
親治 マデ ィール
賢
伸平
仁
スパ ーキー I
)
山 梨
奈
良
熊
本
大
阪
ザ ンジア
高 知
シルバ ーメロデ ィー 福 島
嘉憲
ジャネ ッ ト
宮 城
壮治
イーワン
茨 城
▲佐藤賢希選手 とザ・ラスティー号が果
敢なチャレンジで優勝。
宮 山修 選 手 と鈴 蘭 号 が
65″
69″ 66
71″ 07
71″ 78
72″ 12
72″ 77
74″ 65
75″ 19
安 定 した走 行 で実 力 を
見 せ た。65,65秒 とい う
65
ス ピー ドで優勝 。 2位
道 産、俊足 の サ ラブ レ
ッ ド)。 3位 は熊本 の塚
本親 治選 手 とマ デ ィー
26人 馬 、 各県 か らベ テ ラ ン ライ ダ ーが ス ター トした。
ル 号。 昨年 の 熊本 国体
で は,馬 場 1馬 術 の選 手 と
ず 19位 に止 まった。 昨年 3位 の御 日出彦選 手 とフ ェル デ
トップ テ ンの 選 手 が 実
ィナ ン ドZ号 は 1落 下 だが 、や は リス ピー ドが 出せ ず 16
位 。 そん な 中 で 、 全 日本 中障害 優勝 カ ップ ル の 山梨 県小
SttH競 技
けt新 子
1庄 司 幸寛
2佐 藤 賢希
3増 山大治郎
4江 川 聡子
サ リーナ
ザ・ ラステ ィー
富
ナル シス
イー ワン
馬術情 報 一N。 .467
)
働 ■
は奈 良 の大 谷 直生 選 手
とパ ラチナ 」号 (北 海
昨年 の覇 者 、福 岡 の 中本譲選 手 は シ リカ号 を引退 させ て
ス タ ー ダムバ イォ号 で 出場 、減 点 0だ が 、 ス ピー ドが 出
少年
カム号。
,
﹂汗 に
︰ 臨
2大 合
3塚 木
4平 尾
5深 水
6菅 野
7鈴 木
8舟 越
け:新 子
可
ザ ・ ラス テ ィー 号 が 2
トンプ ギヤル
いの で 、 多少盛 り上 が りに欠 けた。 60秒 間 に い くつ の 障
eブ
して活躍 した。 日本 の
'■
■
_卜
や
= │
' '‐
力 を競 い、 それ な りに ▲ペ テランの実力
を見せた山梨 の小 宮
成果 を上 げ た。
山修選手 と鈴蘭号
=
少年 で は、 長 野 の 佐 藤 賢希選 手 、栃 木 の 増 山大 治郎 選
′
31
手、奈 良あ 本 田恵士選 手 な ど実 力派 が 出そ ろ ったが、 本
46
′
53
命 の 本 田選 手 は回転 で腰 が 浮 く弱 点 が現 れ て 、 第 2障 害
山
63′
長
野
65″
栃
木
66′
茨 城
68″
41
を落 と し、第 9障 害 で 落馬 とい う予期 せ ぬ展 開 とな った。
佐藤選 手 は レベ ル は抜 け出て い るが、後 半 に手 綱 が伸 び
と
(〉
と9,。 N― 禅 劉 鼎 営
製や 恋一予01)
° C紹
ユや
平
°
ヽ
字喜 ②導訟 を
▼一 ヤ乙N一 と
乙 向?士 ヨネγ
V中 ②曽督コ く
雪Z″ 9フ
8
聖
聖
辛
と
30″ 雪ラ
8
OZ″ Tフ
99
フ
08″ ′
0レ
06″
を9
88″ 0ラ
(塚
/ヽ
凹
翠
凹
9
88〃
o
O
O
OGン フ
雪8
Of
°
を単韓 ②智]ヤ 翠 一洋 々r予 7士 憲副 印軍 hr7
°
°
f?解 Oγ
ギ│コ 8 フマユ畳
単認 平干暫 ?ウ ¥ヽ ハギ学
・
挙 ご,N一 員 Yユ ミ れ 告 r半 とをさ/軍 国甲?士 審亨ヨ↓¥▼
°
をヽ
ヱ 4千 ②翠町阜
た 升々 E?士 吾―逸圏
°
摯ギ1コ を フイサ 々 4
と予マ ■ gギ │ク 官 ?平
111革 申セ
コ
曽
昌
印
聖
智
呂
恥
II々
rム 卒 L干 k 日撃
斗 ン洋
ン44r半
々予 々 ― ンる
X々
許升
― ンと4rユ
]曽1
0
塩報 と
鱒平 ¥印 許
9
百首 lirtt g
掌
去¥
翌ヨ ウ
平単
C
H々 ヤ れr と甲勢ヨ挫 τ
▼一 学ム H一 とム 白 業軍 幸 中 !
瓢¥!D軍 単碑雑曇到義割 多●
`
r翠
営'翠 回 M?14軒 ご1影 国 ギ│?官 平 留 甲辞 畳 国 M?]を
`
° rYと
ギl② 平 留寮 ?町 21乙 辛ユ 々 井
尋 Iユ 中♀γ シ 堂
終ユ 0単 型 判 酎稲 2∩ 甲 ?¥『 ユ Y一 二・イr半 恋 n辛
`
年士吾 声 ヽHOP平 士課 ¥Y翌 日
〉妥P7官 、
年 と吾 ¥調
`
° rY 9f鼎
平 幸 と吾 甲挙彰 升 畳
¥均 箭 甲辞 堂rY8そ
ンと と 車酔 幸浄
18″ 89 フ
幸
宮
単
4r―
伍
ヤ 空
Y44r半 期躍 印許 と
08″ 柳
H々 ヤ 々r 早車 田,9
8
nた 一 キ 2・ マ?H″
″々E〉 ギ?螢 A妥 脅
°
各 f半 子
rヽ
Zラ
辞 T辞 軸彰
〃
68
00″ 0ラ
4卜 /7士 憲茅ロセ¥ギ
°
←ワ酔 マ官 ?♀
89″
│
8
8
フ
Z8 ラ
ラ″ 0
を
68 0
鋼割
Iフ
Elツ 昭 ②暑翠専 OM固
12n寮 郭 ?営 斡 ②
09〃
印 昌
塩
(塚
°
各ヤ 々どと々rヽ
n?
9‐
晋
増 聖
能
印
堂' 錠
首
Of
?、
字を 対一
鞘紺ヨ ユ ●降Fi平 軍ギ② チ、
て ヽT終 ∠ ?士 忍率韓 部 │lr② 単!郵 瑠ョ ▼
士審 ― ¥日 彰 ② 蕩黎
°
尋 そ 平 ∩鋼割 )。
降【1平 軍ギ② D/` コ
`
I目 日 を ユ∩摯 ¥
ユ 当 軍切翠 s字 士吾 田
ヽ1享 暑
平 酔工 て
瞥・
° g_ン B″
稼理
辞 士課 率韓割 1lr② V
単 平││ひ El尋 Z` ∩
挙 期 引を 1-Tさ て
な どふ》享 暑稼 躍 0日
°
叫 平ツ Crと ウユ 0平
イ ご1盟 日 8ユ ギ 日6T
°
そ甲
y
― ンrン と 客 FF日 叫
― ン B/一 イ
4r4
と
ふ
塩阜
〕
レ
単申 動 叩呂ヽ
HZ升 々 E
f■ 子と卜/
―抱
手車
盟部
彰¥
O
0さ
,
8
Z
L
瓢¥:D軍 単烈 逆暑 割義当 去 首多神
`
rYgIギ
.Y81ギ
平畳
│ご 1割 首
6マ 辞 一 nH々 r② 昼
,ユ 彩 ¥
°
や 酔ヤ lllギ 1● 筈 ②耶訓盟辞 ワ官 ?2(A27期 ?Y一 E
ヽ
・Y El″ ②一 インーて、
A∩ 脅卓」
挙 ごlCFO首 ヨとr傘 ?・
°
°
字回
傘 フマユ 率等地 畳や 馴 宰予 ■じ理 学 。畢 ?彰 彗ふ
r↓
辞 一 nl々 字Ya″ ②即畳 靭じサ 国
↓ギlの セツ 酔モレ
9901-OI-0・ 8Z-989-賢 盟 ]r
'OZ―
フ Z9-帥 晋
々+と と 持
T一 と/4r_剖
Y掌
8 ZOI-OZ― ン
8屯 6 9Z一
Z II-9悩 一 管
876 9 0を 8-8ぬ ― 甑
88雪
・
フ 98 0乙 -92
9 8フ
―穫
戦
8・ フ9-皇 然 単
―享
フ 82 01-9・
9ラ と
2 8弱
Y制
HYさ
々4形
田部 Y8
母空穀 と
撃里
9
々E幸 掌曽 Y¥g
晋 ▼+任 スハ′
印 終一/ン イヤー 〕
ヽ
i半 ,許
“ 亨¥
│て EY。 夕
Z Zg_平
8Z9 3 9雪
1 呼杉
単型翌
脅マ 日とに暫0モ
°
平Y
即 ご1戦 嬌 ②¥研
°
4rF/● 章暫
ユ 3サ 軍 ご1蔓 首「
°
を ■一 向千 ?
士承臣幸 Lヨ く
・
盟 ヤイTあ lr、 白 ―首
単 ヽ一rミ T終 と 率韓
●
督蝉
J
'
翌コ
8
日彩
Z
ヨ 1lr!
粋陛
像日:f)軍 単叫螢写翻 去 首身智
°
フイサ YI② 卒 C②
YG H Yrty/o子 夏革 ②首印昌 °平 7即 El郵 掌 Oγ 研
`
γ各半一 ri卒 ?士 審単挙 Lコ ②
マ¥?鋼 罰 20H型 土盟ふ
°
首印昌平∩とレ
¥El巨 首 ]8ユ 土望 I〉 q凹 マ・
平 マ翌
°
?他 8g・ 19母 士署印監 平 Q7阜 ■lD Zユ 耳型土掛 マ 平
°
AM辞 単¥?
辞ユ 1?9709ギ │マ ン″ 土率 I` >∩ ヽ
│′
/ヽ
8フ
″Zと
粋 ヨ
士
華
コ
増
02″ 69
封
ヒ 葛
単
フ0″ Iと
09″
89
H/ヽ
ヤ キ終
陥畏
式 n― 辛
マ ンTな 一ヤ て不
性革
/ヽ
平弾
8
翠軍 と
と率容 日翌
ンとと EY去 終
率第
9
蝉凹
S
25人 ,弓 が 出場 して、6人 J馬 が 失権 した。 山梨 の 小林 徳
子選 手 と鈴 蘭 号 の コ ンビ、大 阪 の 藤 野陽平選 手 とグ レイ
数 えた。そんな中で、海外遠征 を含 め経験 の豊 か さでは
抜群 の広 島の中本充洋選手 とリファー ドフォーム号力湘5.50
スケ リー号、 長 野 の 荒木 久佳 選 手 とテ ィエ ー 号、栃 木 の
増 山大 治郎 選 手 とナル シス号 、 熊本 の 榎 田裕樹 選 手 とマ
ル コスル ー 号 な ど強 豪 が そ ろ って い たが 、地 元 の稲 垣 佳
秒 とい うス ピー ドで優勝。稲 垣選手 はジャ ンプ オフ もノ
ー ミス、タイムが40.38秒 で 2位 になったが、よ く頑張 っ
た。昨年、大瀧啓之選手が乗 って優勝 したアルフ ィー号
代 子選 手 とエ レガ ン ト号 が よ く従 閲 した。 全体 に レベ ル
が 高 く、減 点 0で ジ ャ ンプ オ フ に進 出 したの は 8人 馬 を
は今年、鈴木央子選手が乗 って 3位 。増 山選手 は勝 ちを
あせ つて」Oで 落下 して しまった。
成年女子 自由浸技セン トジ ョージ賞典
馬場馬術競技 G:伴
)
1三 好 由里子 デ ィ ミ トリー
東
京
2桜 井玉須歌 マ ノ リー ト
静
岡
3中 村 公子
ダンシング ドリーム 秋
田
4牧 野 裕子
ア レクサ ン ドラ
富
山
5岡 部 亜 貴
レギ リオ
熊
本
6千 葉 い ずみ フ ァイネ ス ト
宮
城
7山 下 佳代
フル グ ロ
大
阪
8高 木 由美
バ ルバ ドス
奈
良
窒
儒 6908%
窒
儒::!::6538%
窒
儒:;i8,6442%
::!;を
聖繍
::!!:64_09%
窒
儒 60.59%
6007%
窒
儒 〔
:‖ !;号
::iを
窒儒
::!:!6000%
窒
儒
:;i舌
859.67%
フ リー ス タイル i寅 技 のセ ン トジ ョー ジ賞典 には13人 馬
が エ ン トリー 。上 位 の レベ ル は ぐっ と上 が り、 7位 まで
▲ 自由浪技優勝 の三好 由里子選手 とデ ィ ミ トリー号。
01
が60%の 大台 に乗 った。優勝 は三好 由里子 とデ ィミ トリ
ー号で69.08%ま で行 った。「 2位 の桜井亜須歌選手 とマ
ノ リー トの コ ンピの今後 に期待 した い。キ ュアは自分 の
得意な分野 を生 かせ るので、 いかに点 を取 るか を考 えて
や って くだ さい。地方 は競技全 の回数 が少な いので、経
験が足 らな くな りそ うですが、 ビデオで研究な どを勧 め
ます」 (山 脇洋審判員 )。 3位 は中村公子、地元牧野裕子
選手 とア レクサ ン ドラ号 は 4位 。
成年女子 標準障害飛越競技 は 大波多
0
」
)
1鈴 木 か お リ
イル ミネー シ ョン
f
2
イ ンデ ィア ンサ マー I]
註 0 35″ 91
方尋 五
山 口千恵子
3伊 藤 あ き
4成 瀬 裕 子
5中 本 雅子
6川 口 雅美
7栗 崎二 弥代
8安 永 百子
引起 0 32″ 96
山紅葉
山
う
に 0 36″ 39
フ ァーマー
広
島 0 36″ 61
ス ター ダムバ イオ
福
岡
キ ンキー
許
同
ユ ー ホー キ ング
山
口 0 41″ 45
セ ン トサ ンライ ズ
お玄 各
事 -4 33″ 95
0 36〃 71
0 37″ 19
>美
しい パ ロ ミ
ノの イル ミネー
シ ョン号 が久 々
の快 挙 。鈴 木 か
お り選 手 と。
り
たの は10人 馬 。 常勝 山 口千 恵子選 手 とイ ンデ イア ンサ マ
ー 号 はパ ー フ ェ ク トに乗 って、 ベ ス トタイ ム と思 われ た
が千 葉 の鈴 木 か お り選 手 とイル ミネー シ ョン号 に敗 れた。
今 大 会 で もっ とも白熱 した良 い接 戦 が 繰 り広 げ られ た
のが この 成年女 子標 準 障害 飛越 。 26人 ,馬 が 出場 し、9人
往 年 の 名 J馬 も最 近 は高 齢 にな ったが 、運 よ く優勝 を決 め
馬 が 失権 とい う事 態 にな った。 ジャ ンプ オ フ に駒 を進 め
た。 3位 伊 藤 あ きと山紅 葉号 も健 闘 した。
成年男子 イ ンター メデ イエ イ ト I
馬場馬術競技 け:伴
)
1牧 野 孝喜
2人 見 尚樹
3武 智 ― 秀
4瀬 里町芳隆
5木 曽 敏彦
8山 下 敦夫
7藤 原 健
8吉 田 二 郎
10
夢
富
山
63 44°/O
マ ノ リー ト
静
岡
63 23ワ る
バ ンカー II
広
島
62 82°/。
バ ル バ ドス
奈
良
62 46%
デ ィ ミ トリー
東
京
61.54ワ る
エ リオ ッ トII
大
阪
57.69°/O
ダ ンシ ング ドリーム
秋
田
56 31°/。
ター ボ
徳
島
5610%
馬術情報 一N。 467
く夢が正夢 にな
った国産 アング
ロ・ アラブの夢
号 と富 山県牧野
孝喜選手。
Q
卜車
と9,ON一 津引′
型営
:■
た 、
ニ ゥUUし
71
│
°
を 考 月て hヤ ア士ヨ〒幸↓
o81 lツ yく
旺平∩とnク ?側 Э
/ヽ
°
平Y即 ■1車 場0々 4
フ 々=ン る 鞠 ョ辞を ″
、
て
n々 n辛 ァシ坐②土盤
中
I
`
マ 平 0マ 乎 宰ユ と ri
″ 傘 ?堂 'Y2ギ 工lL19881
°
平 ひ乎 ?ユ ギ P官 ギ1士 書
`
6辞 TE↑ 口Э
│、
辞 R1/② ¥耶
08ほ 年一ふ/° 進 羊マ 士雲 8
`
犯ロ
セ
0¥里 辞 N1/② 印昌
`
印 凹 ?tL10oと て マ 平 ∩猟 ]体字堂'Y銘 均 ヽ一 ″ Y脅 マ ロЭ
OgI°
l「
平 ∩騨 ?LL10o81マ
°
IL100と Iギ
8
8
8
8
g里 ② _ふ /ご ↑孝Y` ふ字平 (A撃 辞 6ギ
,妥 警 理 遥 署 Iぶ 字率 雑 ツ 響 ワ【lT
▼々rr_ふ 打 r4
6曽 ?W回
単平
み /・ 4rネ ンヨ 凹習
々rY/ヽ 本キ 4-乙 客雲
聖
田翌
留w
幸ロ ヨ
凹
当
Y
智首即
C(ttIЭ Oと I)首
Yヤ
ミンー と乙 ン‐々 な
r十
彰
レ
昌
。(LL19o8ェ )印
ZI
寓翠 ]r
フ (口 Э881)印 □
管 の賢 獣]r` 茅幸彰 撃 ②
(日
て、 済 口 1・ 々+
/ヽ
/ヽ
=去
事W
い ¥甲 平 ys
■ 4卜 / 首
/ ¥里
7g嘩
― ンと nヤ ″ ム
″ n々 rt辛
日 :D軍 単 烈 逆 曇 副 副 科
子幸
g
g
S
,
営
=翌
「′ 8
謀、
智 τ
彰旺 l
首章 神
%を Zフ 雪
092を H々 r― f一 白考 FI士 寮 士
`
副 盟 ②晏寄 騨 F,地 畳唯そ畳'° み 合2‐ 挙 〉ギマ 茅摯 寧 妥 目
°
rYH
平 9箭 胃マ 堂
各各Hナ と▼こ・ナ?士 承¥y型 半>
`
°
平│1料 E4尋 を ∩″一▲ ?T間 °
/。
―
ャ
選 ② 官(A里 辞 4r予 々 6▼ 目浬 8掌
y普 田部 ② 印昌 ¥平 ぱ (首 除暑 熱
字│々 ン
物 叩)「 ■ ギ(A2胃 │!率 ふ
`
コ′
洋 14平 Y― 2(ハ 2罰 く
?“ 6
`
油 O聯 単 あ 昌 葛 早鞘翠↓ 理 ギ
を 4ミ ンと ▼と ・ ンア士吾 ¥Y
°
聖 半 ②¥X」 2マ 傘0目 聖 (ハ a
`
猟 マ 率欺 ② そ年 耶 7蝉 単螺 あ
図当stt P♀ g平
蒋 のラ 率率
│
00F,ユ 汁 ② 士吾 士 γ辛 韓
(牲 2382)卒 留
¥?鋼 罰 じ ∩乎土 盤平 ユ洋 ② 士審 第
▼ 0平
C規 辞 冒 °尋 Zユ 土盟
郵
¥
回 弾
%998雪
平
%ZZ 29
田 壮
%凶
9雪
II H/ヽ
8式
首 杉
%ZZ 6雪
粋 阜
%と 98雪
¥ ¥
=qュ
│′
辛 白‐ 士早
日撃
去率財撃
8
=と
平挙
9
Z
士¥当 日謀
C
H一 白/ム 士数平 クコ
式Yヤ ンユム 呈証里平弾
ンHふ イ々rふ / 吉型 日ヨ
ミ■r_f_r考
4ミ ンと マと 。ン ¥Y
付 !f)軍 単 叫 営 筆 螢
●
g
,
聖半 !
目準 回 選
江
期
畢
喜
¥江
裕
多
存
・ 々 ムーふイ々 半 °セツ g首 覗 ■1単 雪一ポ1土 盤 I `
∩烈遥
?号 割 マ ツ 診ツ シユ 井彰 ?井 蝉 °フ年 一 々 riユ │!平 妥キ
`
ン ″② 甲理 0印 TYZ
争宰 ?子 ▼ご16イ W② 女 式ふイ
09″
GI″
8ラ
言
乏rtr 罫
首冒
喜
幸 と
↓匡
-ン と
魚
と
フ
ケ
罷
墨
▼
を
三
を
去
去茎
ラ
と
ラ
努墨 ●
66 幸叩 誉
66
〃Z6
叩
管
8ら 06 Ⅷ
8
4r官
昌
コ
9
4字 ふ/ 羊畦
¥
I― 十 一ふ/ン
聖
と0″ 88 管
型
管
98〃
協
々ユ 魚向ヱ
ヤ 白洋 々 華
単
印 昌
%8809
%68フ 9
`υ
`
°
`
平 0狛 ユ 首 フを ∩箭 ¥辞 首杉 半 ¥` 平・
平 マ辞 一 白
`
字平 ●マ 平 ∩ギ1土 潔 )
式ス rO首 9Z° 尋 8)他 と088` さ
`
風t翌 警 ②管
0回 ■1夏 首,6〉
°
堅
翌許
艶 晶辛 韓 の 率呂・
平
`
`
I傘 〉n射 平 学 7暫 索権 罰 辞 翻 能 叩 ② 士審 士 馳 手 軍
E普 宵 °平 Q図 ?普 ユ 智躍 ② 士寮 迎 TYjギ ln女
普 ヤ On々
E② 士吾 謝 Y辛 挙 ?士 吾 撃葛迎コ ツマユ と滞 の 一ヤ ン4
。
各r<ナ ると・r辛 ・マ<キ ?士 承朝翌
`
°
雪ヤ平 各 4rと こ ナと ァ士承艶晶V中 押平 ▼一と背聯軍 ②瑠動 ▼
88
印
″
62 穫
6フ
29フ
と期
▼ 字 々 ンてヽ 里 畏
々 斗終 r予 辛 任掌
,州
一 ンと■rユ
と ン 去終
Hzrン
聾申
ロ留
と¥
目t
田準
′
llrヽ「
叫
単酔
平韓
難雪
と期 Wヤ
手軍 VVヽ レ
々レ
形
4Y・
82 聯呂
′
考
と,と ,ま 罷
島竪
轟
!
(を 弊
°
`
を II一 字々ふ/マ 士審笙 ― 晶甲尋 8 各 H一 n/と ?
°
ヽ
1(1平 (A♀
γ
士翠鼎 甲暫 YDそ ふ
マ
Cワ
辞
マ三
aギ
年
〉
`
`
T段 覇 ←(ハ ?靭 固 マ 平 ひ
∩
掌 6ギ ヤ下に
?暫 硲 マ 堂'`'髭
ツ 〉)普 El持 暫辞滑 士 ② 固報 峰 ユ 中乎 ② 率
°
′ 7首
°
獣 ② 士吾 鼻平 (と 一 E即 堂箭 堂 印昌 早な
鞘 Tlり 「 平 a
ヽ4 rt)(1率 ?ィ ギ1日 ↓ `
ふ
字フイマ U動 シ
ギ(12∩ ン ″ て
:D軍 単 一 打 n身
●
鄭 ?皐 ュ a ri字 r字 ギ燥 o(ギ 1を 章 ② 畳'製 国平 ∩稼 腔 s字
°
`
士課甑聯 (1∩ コ )a魂 酪 傘首 除曇 ユ ② シツ g連 重 s字
°
ど
率耳卜A里 ② 郵認 ギ1目 挫 ② 官」 フイユ %IZ・ 0` 単 フマ ニ こ
`
ギ1率 ② 妥尋 Z 鞠 割 辞 を章 ?士 吾 量 孝甑 聯 ② ¥耶 辛 ∈
°
イ
rY 6° (・
猟翠 平 ∩胃 ?Tコ %09辞 畳 Y92∩ 箭 日辞 堂
は■r予 々 γFIネ (1ユ 中 ②里 豊“
里ふ
箭 堂'② V国 ギ,率 雑 ② 言
第 55回
国民体 育 大会秋季大会
く馬術競技 >
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●・D●
・D・D・D・D●
・Dj●
・Dj・Bt
・ D●
・ D● ● ●・D●
・D・D● ●
・ D● ●
・ D● ●・D● ●
2000年 とやま団体 を終わ つて…
●●●
・D●
・D・D● ● ● ● ● ●・D● ● ● ● ● ●・D● ● ● ● ● ●・D● ●
・ Dj● ● ●・D●
・ D●
・D・D●
・ D● ● ● ● ●・DteD● ● ●
・ D●
・D
■冒 山国体総 評
日馬連 国体委 員長 /平 山 一 哉
第 55回 とや ま国体 は立 山連 峰 を望
む立 山町 の 常願 寺川 河川 敷特 設会場
にお い て 、盛 大 に開催 され ま した。
開催 にあた り、富 山県、立 山町、 ま
た、富 山J馬 術違盟 の 皆様 に大 変 にご
尽 力 い ただ きま した こ とに対 し、厚
平 山一哉 氏
く御礼 申 し上 げ ます。
さて、今世紀最後の国体 として開催 された今年 の とや
ま国体 は河)│1敷 とい う縦 に長 い会場 とな り、 まず もって
選手 をは じめ、 関係者 の皆様 には移動面 で大変 ご苦労 を
富山国体技術代表 /石 黒建吉
施設が分散 して い るな ど、不 自由はあ ったが、カー ト
おかけ したことに対 しおわび申 しあげます。
今回 か ら厩合地区へ の 出入 りをチ ェ ック し、入場 を制
)J
宏
尻
沈
吾
た
察
紹
活
t」 岳
を
盃
皆
魯
色
昇
テ
学
こ
富
添
経
泉比
程
限 しま した。完壁 に とは言 えませ んが、それな りに皆 さ
んに意識 を持 って いただ いた ように思 い ます。厩合で改
性 で い い こ とだ と思 い ます。 ダー ビー ・ コー ス も初 め は
善 の余地 があるな と感 じたのは、仮厩合 の通路 の幅 です。
/ク 用 の テーブル を持参 し、憩 いの場 を作
最近 はピクニ ヽ
って い るチー ムが多 く見受 け られ ます。 このため、馬 の
はあ りませ ん。
滑 りま したが、す ぐに直 す な ど刈応 が早 か ったので 問題
競技 を見 るに、全体 的 に人,弓 の 資 質 は向上 して い ます。
オ リン ピ ック・ イヤ ー で優秀 な選 手 の 参 加 が少 なか った
とい う こ とはあ るか も しれ ませ んが 、 それ をカバ ー す る
通行 を妨げ、事故 に もつ なが りかねな いケース も多 くあ
ります。今後、団体委員会で も検討 し、安全確保 の方向
だ けの実 力 の レベ ル ア ップ が見 られ ま した。 コー ス は難
を見 いだ した い と思 い ます。今回 も人馬 ともに大 きな事
しか った に もか か わ らず、少 年障 害飛越 で ジ ャ ンプ オ フ
故 はな く、無事 に終 了 しました ことを、皆様方 とともに
喜 びたい と思 い ます。
が 8人 馬 も世1た こ とが それ を物 語 って い ます。地 方 と中
富 山 国体審 判長 /中 村薫
今 回 の 富 山団体 は既 設 の 常願寺川
央 との 格差 が減 った こ と、優秀 な指 導 者 が地 方 に も増 え
て い る こ とを感 じま した。
日馬連 広報 委 員長 /白 井 民平
公 園 の 中 に整 備 され た特 設 ,馬 術 競技
馬術 はマ イナ ー な ス ポー ツ と言 われ て きたが、 団体 に
場 で 、既 設 の 施 設 を利 用 して計 画 さ
限 って観 客 が 多 く、地 元 の応援 団 で盛 り上 が った もので
れ た ため に、厩 合 区域 、練 習 区域 、
競技 区 域 が 離 れ て い た ため 、競技 関
中村薫氏
係 者 、選 手 と もど も連 絡 、 移動等 に
難 渋 して い たが 、長年 にわ た って整 備 され た芝 生 、植 栽
等 に よ り、 自然 的 な風 光 の 中 で競技 され、観 客、選 手 、
役 員 の一 体 感 が 醸 成 され、 従 来 の 国体 に見 られ な い よい
雰 囲気 で競技 で きた もの と思 われ ます。
結合 成績 につ い て は、 開催 地 の 富 山県 は 1位 が 2種 目
密畳私ゞttti結 ぁ貪 早 生サ 子協 唇 岳 窒 道で ス 奏 冴 号 千を
どは連盟 が 人 を集 め る努 力 を して い る と聞 い て い る。有
名選 手 は海 外 に行 き、 国 内競技 の 規模 が 多少 小 さ くな っ
て きて い る感 が あ るが 、 実際 にはオ リンピ ック選 手 も出
場 して い た。 もっ と盛 り上 げ る方法 はな いだ ろ うか。
工 輪 直後 の ため 、 テ レビで 水準 の 高 いス ポー ツ を観戦
で あ ったが 、 2位 に 7種 日入 賞 し、101点 を挙 げ、結 合優
した後 な の で 、 国民 の 国体 へ の 関 心 そ の もの に影響 が あ
ったか も しれ な い。最 近 の 1馬 術 の 国 内競技 会 の全 体 の 成
勝 を獲 得 した。また、結 合 2位 の 奈 良県 は 1位 が 3種 日、
2位 が 3種 日 と、 い っ ときは開催 県 を しの ぐ勢 い で点数
績 が 低調 な の と、高齢 J馬 や 数 少 な い 内国産 ス ポー ツ用 ,馬
の 活 躍 の理 由の ひ とつ に、 バ ブル が は じけ、 良 い外 国産
を挙 げ て い たが 、広範 囲 の種 日で入 賞 し、89点 とい う脅
レデ ィー メー ドを購 入で きな くな った こ とが あ る。選 手
が試 合 の 課題 に うま く対 応 で きな くな って きて い るの だ
威 的 な点 数 を挙 げ ま した。
静 岡県 は特 に女 子総 合 成績 1位 とい う得 点 で 、男女 合
ろ うか 。 きちん と内 国産 馬 の ス ポー ツホー ス を生 産 す る
計 66点 を獲 得 し、 見事総 合 成績 3位 に入 賞 した。 それ ぞ
れ の選 手 団 に よ り、馬場 、障害 、結 合 ,弓 術 に強 弱 の特 徴
努 力 を しなか った ツケが 回 って きた よ うな気 もす る。
また 、来年 か ら結 合 馬術 (ク ロス )が な くな るの で 、
が あ る ものの 、 各種 別、 各種 日 にわ た って入 賞 を重 ね て
交通便利 な都 市近 辺 に会 場 を移 して い くこ と も可能 にな
ったの で、再 び祝 客 の 動 員 に期 待 した い と思 い ます。
い る県 の上 位 入 賞 が 目立 った ように感 じま した。
馬術 情報 一N0467
a■E
12
お ヽ
CL
と9'ON一 津 割`鼎 営
0
・
雪 91
g・
レ
と
G・
│
Z
首翻 草
普督 断
=
曽鞠 目
曽セ ¥
普V導
と
普軸 彗
Z
│
曽 享靭
G・
フZ
首 □聖
Z
曽日
¥里
,
盲郵 臣
│
曽督 動
9
曽
g
′
と
lr呈
曽 日印
部督 コ
6
と
普部 害
0
ぎ印□
8
│
8
望
首 ,日 准 口
0
曽迪 嘗
と
と
じ ζ
曽 首幸
Z
Z
曽ヨ首
8
勢割 ¥
││
期」
暑単
と
曽蔓=
レ
首吉 抑
Z
8
首 享率
Z
と
曽日
¥臣
と
│
曽 凹甥
8
│
曽半 聖
曽 │lr望
8
首 印昌
│
首塩 暫
と
││
首 営!弊
│
曽穫 印
普 lr幸 申ャ
と
g・ ,9
9・
と
│
サ
│
30
擦 当革
盲華 士
8
普営雑
0
曽王単
0
首 V聖
6
曽聯 ¥
C
9
曽督 聖
│
曽舛 印
曽 日泄
Z
普聯 昌
G
ぎ圭辛
守 菫‖
│
〈
YO Y罰 」マ十Y9率 聖〉
半怪↓
“
耶菫
││
〈
半OY罰 マ十亨罰軍単〉
半増↓
U呼
製 W与 ツ 半 暫
訓 Ⅳ O戦 を羊
勇 一 訓 神与 戦
副事 ]r
と
普撃 皇
Z
レ)
(堪 ヽ
寸
`
「′
ヽ
)
(+呈
と半 サ軍
「′
ヽ
)
(+≧
と替サ軍
マ
身曽 Jヨ 惇
コ
附 単則営】専¥皐 サ営回回蛸革
Fly UP