...

We こ た つ

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

We こ た つ
ゆかいな仲間たちと吹奏楽の演奏でみんなを笑顔にしたい
心理臨床学科心理臨床専修1年 澤田佳奈(さわだ か
な) 愛知県・大府東高校出身
私たち合奏研究会吹奏楽団は今年度で創部40周年を迎
えた吹奏楽団で“合奏研”と略されています。簡単に説明
すると、吹奏楽を愛する人の集まりです。現在は1年生16
人、2年生6人の計22人で活動しています。吹奏楽をやっ
ていたという人ならわかるかもしれませんが、他の楽団と比
べても部員数はあまり多いほうではありません。そんな中で
も、今年は数年ぶりに全日本吹奏楽コンクールに出場する
予定で、聴いてくれる方に笑顔を届けられるような演奏を
モットーに日々楽しく練習に励んでいます。
私たちの活動内容としては演奏会の出演はもちろん、児
童センターへの訪問演奏も行っています。児童センターで
は子どもたちに喜んでもらえるような曲目を考えたり、楽器
体験を盛り込んで子どもたちが飽きないような演奏会づくり
を心掛けました。演奏中に一緒に歌ってくれる子やありがと
うと言って
くれる子
がいるの
で達成感
があり、と
ても嬉し
い気持ち
になりま
す。前々
から演奏会を楽しみにしていてくれた子も沢山いました。
私自身、「わたしも将来吹奏楽にはいりたい!」と言ってく
れる子がいて本当に嬉しかったです。
私たちの楽団の特徴は先輩後輩、男女関係なくとにかく
“仲良し”というところだと思います。いつも、練習するとき
は練習する、遊ぶときは遊ぶ、のメリハリを持って活動して
います。みんないい演奏をしたいという目標は同じです。
そんな仲のいいメンバーだからこそ、言いたいことははっき
り言ってお互いの技術を高めていけるところが、私たちの
楽団の最大の魅力でもあると思います。
吹奏楽といえば中学高校の部活動というイメージがある
人も少なくないはずですが、大学生になってから始めると
いう人もいます。楽器もその楽器が好きという気持ちさえあ
れば絶対に上手くなりますよ♪これからも、ゆかいな仲間
たちと一緒に私たちの演奏を聴いてくれた方を笑顔にでき
るように努力したいと思います。
新たなる旅立ち・就職への道 その1
1
新たなる旅立ち・就職への道 その2
自分の視野を広げるゼミ活動
2
心理臨床学科から保育専修に転籍
美浜町でのインターンシップ
3
アルバイトやボランティアの経験
ゆかいな仲間たちと吹奏楽の演奏で
みんなを笑顔にしたい
4
わたしたちの先生を紹介します
河和南部小学校で教職インターシップのワンシーン
We こ た つ
L o v e
- 日本福祉大学
子ども発達学部ニュースレター -
第14号 2015年 4 月 1 日発行
新たなる旅立ち・就職への道 2015
~自分の目指す保育士になるために~
わたしたちの先生を紹介します
心理臨床学科心理臨床専修3年 望月隆寿(もちづき た
かひさ) 静岡県・富士宮北高校出身
堀美和子(ほり みわこ) 心理臨床学科准教授
私が所属するゼミの堀美和子先生を紹
介していきたいと思います。堀先生は学
生のやりたいことを傍で支えてくれる存在
です。常に手を差し伸べるのではなく、学
生が行き詰った時に、手を差し伸べてく
れます。ゼミの時は口出しをあまりせず、
学生だけで進めるように促し、行き詰って
しまった時に助言をしてくれるのです。学
生のことを常に見て、変化に気付くことが出来なければ、こ
のようなことは出来ないと思います。観察力が鋭い!!
また、堀先生には他の一面を持っています。それは、
おっちょこちょいなところです。例えば、配布資料を研究室
に忘れてしまったり、ゼミ室の鍵を持ってくるのを忘れてし
まったりと、とにかく忘れ物が多いです…。他には、堀先生
は学生の顔と名前の一致が苦手です。このような面もありま
すが、このおっちょこちょいなところなど
が毎回ゼミ内の雰囲気を明るくしてくれ
ます。堀先生のおかげで、私たちのゼミ
は笑いが絶えないです。これらすべてを
含めて堀美和子先生の魅力だと私は思
います。最後に、ゼミ生の願いとして、顔
と名前をはやく一致させて欲しいです
(笑)
この号の主な内容
子ども発達学科保育専修2年 大信田諄哉 (お
おしだ じゅんや)愛知県・新城東高校出身
塩崎美穂(しおざき みほ)
子ども発達学科准教授
塩崎先生は、海外での経験も豊富な保育を専
門としている先生です。 まだ日本福祉大学に赴任して比
較的日の浅い先生ですが、その人柄から多くの学生に慕
われています。 講義の時の先生は、非常に論理的で、そ
れでいて枠にとらわれない考え方、意見を示してくださりま
す。また、海外での経験から、日本と外国を比較して講義
を展開されることもあります。私は先生の講義を受けてか
ら、当たり前とはなにか、その事柄の背景には私の予期せ
ぬ文化的な理由があるのではないかということを考えるよう
になりました。 穏やかで柔らかな雰囲気を持った先生は、
とてもユニークで、よく笑う方です。私達学生の話にもよく耳
を傾けてくださり、先生の小粋なジョークで和気あいあいと
談笑することもあります。私達と歳の近い息子さんがいると
おっしゃっていたので、より親しみを持ってくださっているの
かもしれません。 塩崎先生は、私達学生に対しても理解を
持ち、分け隔てなく接してくださる先生です。
力を与えてくれた仲間の励まし
子ども発達学科保育専修4年 戸千賀子(かんべ ちか
こ) 三重県・神戸高校出身
子ども発達学科初等教育専修4年 白木里佳(しらき さとか)
岐阜県・大垣東高校出身
保育士になることが小学生か
らの夢でした。日本福祉大学
で保育について勉強したり、実
際に保育実習をさせて頂くな
かで、「自分のしたい保育とは
どんな保育か?」ということを学
ぶことができたように思います。
私は地元の私立保育園での
就職が決まっていますが、その
保育園は大学3年生の頃に実
際に保育実習をさせて頂いた保育園でした。たった2週間の
保育実習でしたが、さまざまな活動を通して子どもたちと触れ
合ったり、先生方のお話を聞いたりすることができました。そ
して、「私もこの人のような保育士になりたい」「保育士になっ
たら子どもたちとこんなことをしてみたい」と、自分のなかで具
体的な気持ちが芽生えていきました。この気持ちが芽生えた
ことは、ただなんとなく子どもが好きだからという理由だけで
保育士になりたいと思っていた私にとって大きな変化でし
た。そして、この保育園でこれからも保育士として活躍したい
と感じるようになりました。実習後は、私立保育園の就職説明
会に参加したり、何度か保育園に足を運ぶなど、保育園の雰
囲気を実際に体験するということを大切にしていました。
私が選んだ道は、自分の考える保育を貫くことができる私
立保育園での就職でした。全ての保育園で、自分の考える
保育ができるとは限りません。保育園や施設で就職したいと
考えるなら、保育園見学や、自主実習をしてみると良いと思
います。さまざまな保育園や施設を体験することによって、今
まで見えなかった本当の自分の思いが見えてくると思いま
す。
教員採用試験に合格できたのには、仲間の存在が大きいと
感じています。もちろん、机上の学習では自分の努力も必要
ですがそれだけでは合格することはできなかったと思います。
3年生の後期頃から、以前から友人が行っていた、授業の
空き時間を利用して教員採用試験の情報共有や、様々なこと
について討論するという活動に参加しました。最初は、皆が試
験に向けて切り替え始めていたため、自分も何かしなければと
いう焦りから始めたのが正直なところです。しかし、活動を共に
する中で自分の甘さを痛感したり、仲間から学ぶことが多く
あったりと、この活動のおかげで試験に向かう気持ちをしっか
りと作ることができました。4年生になる頃に本格的に面接練習
を始めました。学部全体でも有志学生による教採対策サーク
ルを作り、面接や集団討論の対策などを行いました。他の学
生の勉強スタイルを聞き参考にし、互いにアドバイスをし、同じ
自治体を受ける学生と励まし合うという学生同士で切磋琢磨
することができる環境でした。
私には同じように前を向いている仲間がいることがとても心
強く、その仲間の励ましがあったからこそ最後まで頑張ること
ができたと感じています。正直、仲
間の頑張る姿を見て焦ったり、自分
の進度の遅れに悔しくなったりする
ことも少なくありませんでした。しか
し、そういった本気の仲間がいてく
れたからこそ自分も前へ前へと進も
うとすることができたのです。このよう
な素敵な仲間に出会えた大学生活
に感謝し、仲間と切磋琢磨した日々
を糧に教員になってからも前を向い
て頑張りたいと思います。
男性保育士を目指して四年間学んだこと
子ども発達学科保育専修4年 八神将史(やがみ まさし) 愛
知県・熱田高校出身
中学3年の頃から保育士になりたいと
思っていました。きっかけは小さい頃か
ら父親の背中を見て僕も父親のような保
育士になりたいと思い、この大学の保育
専修を選びました。
入学後、実習時に担当の先生から教
えられて今でも意識していることは、「先
の見通しを立てる保育をし、子どもと接
する。」です。子どもと接する際、保育士
は、子どもは今何を考えているのか、ど
ういう働きかけをしたら子どもは次のことをやってくれるのかとい
うことを考えるように意識しました。そのような働きかけをすること
により、子どもも先生から言われなくても、次は何をやればいい
んだろうと子ども自身が気づいてできるようになっていきまし
た。また実習や大学一年時からずっと続けてきた保育園でのア
ルバイトを通して、声かけが重要だと感じましたが、子ども自身
が自覚的に考え行動することも、子どもの成長に繋がっている
のだと強く学びました。
最後に男性保育士は年々増えていますが、まだまだ就職す
るのは簡単ではありません。しかし絶対自分にあう園が見つか
ると思うので、妥協せずに日々努力を惜しまずに頑張っていっ
てください。そして、実習時には日誌などで辛くなることも時に
はあると思います。その時は根本的な子どもを楽しませることを
絶対に忘れないでください。それを含めて子どもを楽しませる
前に自分が実習、保育を楽しんでください。自分が笑顔でいる
ことにより子どもも笑顔になると思います。是非このことを頭に
入れて保育士になってください。
たすけあうことが仕事の理念
心理臨床学科4年 尾崎太一(おざき たいち) 愛知県・東海
学園高校出身
私は日本福祉大学に入
学する際、子どもを助ける
仕事に就きたいと考えてい
ました。しかしアルバイト先
であるサービス業でお客様
とお話をしたりお客様の
ニーズに答えたりしていく
内に、ボランティアで子ども
と関わりつつ社会に貢献し
たいと考えるようになりました。
大学3年生の12月から就職活動が本格的に始まり、様々な
企業が説明会を行う中で私は生活協同組合を中心に活動
しました。その理由としては理念に「たすけあい」というワード
が含まれていたからです。協力し、支えあい生活していく。
そのような「たすけあい」の心を持ち、仕事をしていく事に惹
かれ最終的に生活協同組合の1つに入会することができま
した。(生活協同組合では入社のことを入会といいます)
今後社会にでることで不安は絶えません。ただそれ以上に
希望や期待が膨らみます。就職先では大きい仕事、小さい
仕事関係なく全力で取り組んでいきたいです。最後に就職
活動のことで面倒を見ていただいたキャリアの方、先生方あ
りがとうございました。
教員採用試験合格はゴールではない
子ども発達学科初等教育専修4年 鳥居亮佑(とりい りょうす
け) 石川県・遊学館高校出身
この度、私は兵庫県の教員採用試験を受け、無事に合格する
ことができました。今、教員採用試験をふりかえってみると、私は
ひとつの想いによって支えられていたように思います。その想い
とは「教員採用試験に合格することがゴールではない」ということ
です。
この想いの真意は、大学生活で私に多くの学びを与えてくだ
さった先生の次の言葉の中にあります。「君たちは、大学で学ん
だことを教育・福祉の現場で還元することにその使命がありま
す。だからこそ大学での学びを大切にしてください。」と話してく
ださいました。 つまり、教育者に育つ者として、常にゴールは
子どもたちと出会った先に初めて見えてくるものであるということ
です。だからこそ、私たちは大学での一つひとつの学びを大切
にしていかなければいけないのです。
これから教員採用試験に挑戦していく皆さん、試験対策はと
ても大変で報われる日が来るのか不安でいっぱいだと思いま
す。ですが、きっと皆さんの頑張りはこれから出会う子どもたち
の笑顔と学びを創ることでしょう。そしてそのような日々が皆さん
の目的地になりますことを祈っています。私も4月からこれまで
の学びを活かしながら、子どもたちの笑顔と学びを創っていきた
いと思います。
自分の視野を広げるゼミ活動
心理臨床学科障害児心理専修2年 古藤田有花(ことうだ ゆ
か)大分県・佐伯鶴城高校出身
私は、障害学基礎演習Ⅱで大和田ゼミに所属しています。
大和田ゼミでは、大和田孝士先生による特別支援教育や愛知
県の特別支援学校の状況を中心に講義を受けています。ま
た、1つの施設を先生が実際に取り上げられ、学生は現状の説
明を受けました。このゼミには、特に障害児教育について学び
たいと考えている学生が多く所属しています。同じ志のある学
生が多く集まっているため、教育をはじめとする分野の現状を
知るということは非常に重要なのです。自分の興味のある分
野、学びたい分野のことはまず現状を知ることに意味があると
考えます。私たちは現在、現状を知った上で特別支援教育に
とって重要である個別の教育計画というものを書いています。
ただ知識として情報を得るだけでなく、自分が教師になったら
と考えながら書いていくことが大切なのです。
室内で先生の話を聞き、書かなければならないものを書くだ
けがゼミではありません。私たちはゼミの授業の一環として、知
多半島と名古屋市にある4つの特別支援学校と障害のある方
が日中に利用している施設等の見学に行かせていただきまし
た。それぞれの場に行くのがはじめての学生も多く、学校や施
設を自分の目で見て、そこで働いている方の話を聞くことでそ
れまではぼんやりであった現場のイメージがどんどん膨らんで
いきました。自分の視野を広げ世界を広げることのできるゼミの
活動によ
り、私たち
大学生は
毎日充実
した大学生
活を送るこ
とができて
います。
心理臨床学科から保育専修に転籍、求めた夢に向かって
子ども発達学科保育専修4年 大西晴奈(おおにし はる
な)静岡県・磐田東高校出身
私は、2011年に心理臨床学科に入学
しました。子どもに関わる仕事をしたい
と考えていた私は、心理臨床学科での
子どもの心理について、研究していこう
と思っていました。
しかし、勉強を進めていくうちに、私
が本当にやりたいことは、子どもの心理
ではなく、子どもの保育だと思うようにな
りました。保育士になって、子どもたちと
直に触れ合って、保育の道を極めたい
と思うようになりました。その夢を叶えるために、私は、保育
専修へ転籍するという決断をしました。この決断に至るまで
に多くの迷いや不安がありました。心理臨床学科で知り
合った友人や、教授に会えなくなる寂しさや、保育専修の
方々とは1年遅れで保育を勉強することに対する不安など、
たくさんありました。しかし、夢を叶えたいという思いから、私
は、この決断に至りました。容易な試験ではありませんでし
たが、合格を頂くことができました。
2年生になり、保育専修へ移りました。そこから、本当に大
変な日々でした。1年生の保育必修単位と2年生の保育必
修単位を平行して取らなければいけませんでした。2月に
美浜町防災安全課でのインターンシップ
心理臨床学科心理臨床専修2年 朝倉美和(あさくら みわ)
長野県・下諏訪向陽高校出身
私は、美浜町役場の防災安全課でインターンシップをさせて
いただきました。なぜこの場所を選んだのかというと、東日本大
震災が起こった後から震災や防災のことに興味を持ち始めたか
らです。私ははじめ、防災安全課は避難訓練や炊き出し、ハ
ザードマップの作成など、防災にかかわる業務だけを行ってい
るのだと考えていました。しかし、実際にインターンシップをさせ
ていただいて、考えが変わりました。駐輪場に自転車盗難防止
の旗を立てる、廃棄自転車の確認を行う、曲がったカーブミラー
を直す、外灯にからまったツルを撤去する、美浜町を巡回して
いる無料のバスの乗車人数の集計を行うなど、防災関係のこと
以外にもパソコンの作業から外で行う作業まで、幅広い業務が
ありました。町の人たちが暮らしやすいようにするためには細か
く様々な業務があることを知ることができました。
また、美浜町の消防操法大会や地震体験車での地震体験な
ど災害に関することも経験させていただきました。消防操法大会
というのは、消防団の方々が、ホースをつなぎ合わせるところか
ら始まり、火災現場に見立てた火点という的にめがけて放水し、
撤収するまでの一連の動作を行い、タイムを競い合う大会のこと
です。私はこの大会で選手紹介のアナウンスをやらせていただ
きました。大勢の人の前でのアナウンスはとても緊張しま
したが、役場の方々に支えていただき、なんとか終えるこ
とができました。大会を見ていて、災害時に活動するた
めにはいかに早くチームワーク良く動くかが大事だなと
思いました。そして、地震体験もさせていただきました。
関東大震災の時と同じ揺れを体験しましたが、震度7の
揺れは予想よりもはるかに激しく、改めて地震の恐ろしさ
を認識することができました。今回のインターンシップで
は、役場の仕事の多様さを学べ、また親切な役場の
方々に恵まれ、とてもいい経験ができたと思います。
は保育実習も始まり、体力的にも精神的にもきついものが
ありました。それでも、たくさんの人々の支えと理解があっ
て、こうして勉強できている、ということを常に思い、諦めず
に取り組みました。その結果、1年生の保育必修単位は、2
年生のうちに取り切ることができました。
3年生からは、他の保育専修の方々と同じペースで勉強
することができました。6月と11月の実習も乗り越え、4年生
に進級しました。
4年生になって、すぐ就職活動が始まりました。私は、地
元の公務員保育士を目指しました。キャリア開発課の方々
の支援を頂き、面接対策や筆記試験対策など、丁寧なご
指導をして頂きました。試験は5回ありました。5月に始ま
り、最終合格は9月に決定するという、長期戦でした。一次
試験では、5月の幼稚園実習の最中にあり、実習と就職活
動との並行で、とても苦しい時期が続きました。合格発表
の度に大きな不安が襲いました。しかし、ここでも周りの
方々に支えられ、最終合格をすることができました。
2年生から保育の勉強を始めるという、遅れたスタートで
したが、夢を叶えることができました。これには、多くの人の
支えと理解があったからこそ、実現することが出来たのだと
思います。私の夢のために、理解、指導して下さった先生
方や友人、家族には、心から感謝しております。どんなこと
があっても、諦めずに夢を追い続けてください。夢を実現さ
せてください。夢を叶えたいという強い思いがあれば、道は
開けるということを、身を持って実感しました。4年間この日
本福祉大学で勉強し、多くの仲間に出会えたことを心から
嬉しく思います。4月から磐田市の公立保育園の保育士と
して、一生懸命取り組んでいきたいです。
アルバイトやボランティアの経験が・・・
子ども発達学科保育専修2012年度卒業 森瑛梨奈(もり
えりな) 愛知県・若宮商業高校出身
私は子ども発達学部・子ども発達学科を卒業しました。現
在は障害者のヘルパーステーションに就職をし、3年目にな
ります。大学時代に友達に誘われアルバイトを始めたことが
きっかけで今の仕事にやりがいを感じ就職をしました。
大学時代のアルバイトやボランティアの経験があったから
今やりがいのある仕事に就く事が出来たと思います。学生時
代の経験は将来を広げるとても大切なことだと思います。
また障害者と関わる機会は普段生活している上ではあまり
ないことだと思います。ボランティアさん等で多くの人に関
わってもらい障害者がどんな生活をしているのかという事をよ
り多くの人に知ってもらいたいです。
職種は保育ではないけれど、学生の時に学んだことは今の
仕事に活かすことができています。これからも頑張って行き
たいと思います。
Fly UP