...

取扱説明書 耳かけ型

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

取扱説明書 耳かけ型
耳かけ形補聴器 ZG
取扱説明書
□ZG 71-VI
□ZG 71-DVI
□ZG 80-DVI
製 造販売元
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3
MMパークビル8F
0120-921-310(TEL)
0120-636-392(FAX)
認証番号 220AFBZX00107000
ZG 02 1104F-11043K
はじめに
安全上のご注意(必ずお守りください)
管理医療機器
耳かけ型補聴器
この取扱説明書では、製品を安全に正しくお使いいただ
耳かけ形補聴器 ZG
良く理解してから本文をお読みください。
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
この度はジーエヌリサウンド補聴器をお買い上げいただ
き、誠にありがとうございました。
この取扱説明書では当補聴器の操作手順、機能、故障が
疑われる場合の原因と対策などについて説明していま
す。お使いになる前にこの取扱説明書をよくお読みにな
り、正しくお使いください。また、この取扱説明書は保証
書と一緒に大切に保管してください。
き、あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然に
防止するために、いろいろな絵表示をしています。内容を
■表示内容を無視して誤った使い方をしたときに生じる危害
や損害の程度を次の表示で区分し、説明しています。
! 警告
この表示を無視して誤った取扱いをすると、
使用者が死亡または重傷を負う可能性が想
定される内容および軽傷または物的損傷が
発生する頻度が高い内容を示しています。
! 注意
この表示を無視して誤った取扱いをすると、
使用者が損害を負う可能性が想定される内
容および物的損傷のみの発生が想定される
内容を示しています。
■お守りいただく内容の種類を、次の表示で区分し説明して
います。
禁止
この表示は、してはいけない「禁止」の内容
です。
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
重 傷:失明・ケガ・火傷・骨折・中毒など、後遺症が残っ
たり治療のための入院や長期の通院を必要とする
ものを示します。
軽 傷:重傷に該当しないケガ・火傷などを示します。
物的損傷:家屋・家財ならびに人身以外の家畜やペットに関わ
る拡大損害を示します。
使 用 者:本機器の使用者を想定しています。ただし、使用者
は購入者だけでなく、その家族・友人など第三者・
購入者から製品を譲渡された者などを含みます。
目次
1. お使いになる前に(使用上の注意)...........................
2. 製品概要 .....................................................................................
2-1. 付属品の確認 ................................................................
2-2. 各部の名称と役割 .......................................................
3. イヤモールド(オプション)について ...................
4. 電池使用上の注意 .............................................................
5. 電池の交換方法 ..................................................................
1 お使いになる前に(使用上の注意)
1
3
3
5
6
7
8
5-1. 電池の取り出し方/入れ方 ..................................... 8
5-2. 使用電池........................................................................... 10
5-3. 電池寿命お知らせ機能 .............................................. 10
6. 基本的な使い方................................................................... 11
6-1. 電源の入れ方/切り方 .............................................. 11
6-2. 補聴器の装着 ................................................................. 12
6-3. プログラム選択ボタンの使い方 ............................ 15
6-4. ボリュームコントロールの使い方 ......................... 18
6-5. 電話での使用 ................................................................. 19
6-6. テレコイルについて .................................................... 19
6-7. 外部入力について(オプション)............................. 20
7. 日頃のお手入れ................................................................... 22
8. 故障かな?と思ったら ...................................................... 26
9. アフターサービスについて ........................................ 28
10. 性能表 ......................................................................................... 29
11. 音響諸特性 ............................................................................. 30
補聴器はきこえを助ける医療機器です。ここに示した警
告や注意事項は補聴器を正しく使っていただき、装用者
ご本人や他の人への危害や損害を未然に防止するための
ものです。以下の項目をお読みになり、取扱いにご注意く
ださい。
! 警告
・お子様が触れないようご注意ください。
飲み込むと窒息の危険を伴う小さなパーツを含んでい
るので、幼児の手に触れさせないようお願いします。
! 注意
・衝撃・熱を避けてください。
補聴器に強い衝撃をあたえたり、落としたりしないでく
ださい。また、直射日光の強いところや炎天下の車内、
火のそば、ストーブの上面など、高温となる場所での使
用・放置はしないでください。
・補聴器はいつも清潔にしておいてください。
就寝時には必ず補聴器を外してお手入れをしてください。
・適切な音量でご使用ください。
必要以上に大きな音を長時間聴取すると、聴力低下を
招く場合があります。
・補聴器はお使いになる方のきこえ具合に合うよう
に調整する必要があります。
この補聴器は、販売店でお使いになる方のきこえ具合
に合わせて調整してもらってから装用してください。
・補聴器を装用しても良く聞き取れない音もあり
ます。
小さすぎる音、遠くの音や周囲の雑音が大きい環境下
での音声は十分に聞き取れないこともあります。このよ
うな場合は音源に近づくか、またはお買い求めの販売
店にご相談ください。
1
・ハウリング(ピーピー音)にご注意ください。
耳せんがきちんと収まっていない場合や、抜けかけて
隙間ができた場合などには特にハウリングが起こりやす
く、装用者に不快感を与えるばかりでなく、周囲の人に
も迷惑をかけることになります。ご自分でハウリング音
を確認できない場合は、ご家族など周囲の人にもきい
てもらい、補聴器を正しく入れ直してください。
・補聴器を装用して炎症が生じたら・・・
この補聴器の皮膚に接する部分には、かぶれや炎症等
を起こしにくい材料を使用していますが、装用者の体質
によっては、まれにかぶれや湿疹等を生じることがあり
ます。このようなときは、ただちに補聴器の装用を中止
し、医師へご相談ください。
2-1 付属品の確認
この補聴器には、補聴器を保管したり持ち歩いたりする
ための携帯用ケースの他に、以下のものが付属されてい
ます。補聴器をご使用になる前に、必ず確認してくださ
い。万一不足するもの、また破損しているものなどがあり
ましたら、お買い求めの販売店にご連絡ください。
(□にチェックマークをして、確認されることをおすすめします)
①□電池(PR48/13)
【1個】
・低周波治療器・電磁(IH)調理器などによって補
聴器に雑音が発生することがあります。
②□耳せん
チューリップドーム
【1個】
(ZG 71-VI、71-DVI用)
・ご不要になった補聴器及びその付属品は、お住ま
いの市町村の指示に従って廃棄してください。
S・M
【各1個】
(ZG 80-DVI用)
禁止
・補聴器を水に濡らさないでください。
補聴器を装用したまま泳いだり、お風呂に入ったり、洗
顔しないでください。
・補聴器を分解したり、ご自分で修理・改造等を絶
対にしないでください。
・補聴器を乾燥させる目的でヘアドライヤーや電
子レンジ等を絶対に使わないでください。
・補聴器を他人に貸さないでください。
補聴器は本人以外絶対ご使用にならないでください。
他の人がこの補聴器を装用しても音量や音質が合わず
きこえにくいばかりでなく、耳を痛める場合があります。
・病院内の検査機器にご注意ください。
MRIやCTスキャナーなどの検査は補聴器に損傷をあ
たえる可能性がありますので、同種の検査中は補聴器
の装用をおやめください。
2
2 製品概要
③□チューブ
ミニチューブ
【1本】
(ZG 71-VI、71-DVI用)
ジョイントチューブ
(ZG 80-DVI用)
【1本】
④□耳あか掃除ブラシ
【1本】
⑤□乾燥ケース
【1個】
⑥□クリーニングクロス
【1枚】
⑦□左右識別チップ 【左右各2本】
※青が左用、赤が右用になります。
(図はZG 71-VI、71-DVI用)
3
⑧□クリーニングピン
【1本】
(ZG 71-VI、71-DVI用)
⑨□イヤフック
【各1個】
スタンダード・スモール・ベビー
(ZG 71-VI、71-DVI用)
オプション
⑩□イヤモールド
2-2 各部の名称と役割
●ZG 71-VI、71-DVI
●ZG 80-DVIの場合
音の入射方向
音の入射方向
①
①
※①
⑤
④
④
⑤
①
⑥
⑪□オーディオシュー
[ZG 71-VI、71-DVI用] [ZG 80-DVI用]
⑫□オーディオコード
■左右識別チップのつけ方
③
⑥
③
①音の入口
音声を聞き取るためのマイクです。
(ZG 71-VIの音の出口は1箇所のみで※①はついて
おりません。)
補聴器が右耳用か左耳用か識別するため、左右識別チッ
プが付属しています。
右耳用の補聴器には赤、左耳用の補聴器には青の識別チ
ップをつけてご使用ください。
②音の出口
①電池ケース脇の空洞部に識別マーカ
ーをしっかりと奥まで差込みます。
③電池ケース
②左右識別チップを横に倒して折り切
ります。
②
②
本体内部で増幅された音声信号を外耳道に導きます。
電池を収納します。
(詳細は8、9ページをご覧ください)
④プログラム選択ボタン
プログラムを切り替える(選択する)際に使用します。
(詳細は15ページをご覧ください)
⑤ボリュームコントロール
完成
4
電 池 ケ ー ス 内 側 から
見ると、この部分に赤
(又は青)が見えます。
※図はZG 71-VI、71-DVIの場合。
器種によって取付位置などは異なります。不明な点は
お買い求めの販売店にお問い合せください。
音量の調整を行います。
(詳細は18ページをご覧ください)
⑥外部入力端子
オーディオシューを接続する端子です。
5
3 イヤモールド(オプション)について
イヤモールド(オーダー耳せん)は、あなたの耳の形を基
にして作成されるあなた専用の耳型耳せんです。ハウリ
ング(ピーピー音)や補聴器の脱落を防止し、より快適な
音をきいていただくために、イヤモールドをお作りいただ
くことをおすすめします。
なお、イヤモールドはオプション(別売り)です。詳細は、
お買い求めの販売店にお問い合わせください。
イヤモールド
音の出口
4 電池使用上の注意
! 警告
・ショートさせたり、ネックレスなどの金属製のものと一緒
に携帯・保管しないでください。
・電池は乳幼児の手の届かないところに保管してください。
・電池を誤って飲み込んだ場合は、ただちに医師へご相
談ください。また、電池を錠剤と間違わないように注意
し、薬を飲むときは必ず確認するようにしてください。
・電池内部の液が漏れて、目に入ったり、皮膚や衣服に付
着したときは、失明やケガなどの恐れがありますので、き
れいな水で洗い流し、ただちに医師へご相談ください。
! 注意
チューブ
・+、
−を逆向きに入れないでください。
・必ず指定されたタイプの電池を使用してください。
・空気電池は充電式ではないので、充電すると液漏れ破
損の恐れがあります。
補聴器と接続
! 注意
(1)イヤモー ルドの装用感が不快であったり、支障があ
るようでしたら、お買 い 求めの 販 売 店にご相 談くだ
さい。
(2)絶対にご自分でイヤモールドの形を変えないでくだ
さい。
6
・補聴器を長時間使わないときは、電池を本体から外し
てください。使い切った電池を補聴器に入れたままにす
ると、漏液する可能性があり、故障の原因になります。
・直射日光・高温・高湿の場所を避けて保管してください。
・乾燥ケース内で補聴器を乾燥させる場合は、必ず電池
を抜いてください。
・石油ヒーターやガスヒーター等の暖房器具から発生す
る二酸化炭素により電解液が劣化することがあります
ので、火気を用いる暖房器具を使用する場合は、換気を
十分に行ってください。
・使用済みの電池は、お住まいの市町村の指示に従って
廃棄してください。
7
5 電池の交換方法
●ZG 80-DVIの場合
5-1 電池の取り出し方/入れ方
電池ケースを下図のようにそっと開いて、古い電池を出
してください。
(図1参照)
■電池の取り出し方
●ZG 71-VI、71-DVIの場合
■電池の取り出し方
電池ケースのふたをそっと開き、掃除ブラシの磁石の部
分で古い電池を吸いつけ取り出してください。
(図1参照)
■電池の入れ方
電池を+・−の向きに注意して電池ケースに入れ、そっと
電池ケースを閉めてください。
(図2参照)
■電池の入れ方
(1)掃除ブラシの磁石に電池の平らな面(+マークのつい
ている面)をつけ、そっと持ち上げてください。
(平らな面)
+極
(平らな面)
+極
シールを外す
図1
−極
(山のある面)
①
②
(2)電池を補聴器の電池ケースにまっすぐ入れてください。
電池がしっかり入ったら、掃除ブラシを横にスライドさ
せ、電池から引き離してください。
(図2参照)
①
−極
(山のある面)
図2
②
! 注意
(1)電池がうまく入らない場合は、無理に入れようとせず
電池の向きと種類を確認してください。
(2)補聴器をしばらく装用されない場合は、電池を補聴器
から外してください。
磁石
②
①
図1
8
図2
9
5-2 使用電池
□本器で使用する電池:空気電池PR48/13
5-3 電池寿命お知らせ機能
電池残量が少なくなってくると、交換を知らせる電子音
(ピッ、ピッ、ピッ、ピッ)が電池が無くなるまで5∼10分
おきに繰り返し鳴ります。その後、補聴器の電源が自動的
に切れます。電池交換を知らせる電子音が鳴りましたら、
必ず新しい電池と交換してください。電池切れに備えて、
予備の電池を常に携行することをおすすめします。この
機能はお買い求めの販売店で調整することができます。
6 基本的な使い方
6-1 電源の入れ方/切り方
電源の入/切は電池ケースで行います。電池ケースを完
全に閉じると電源が入り、開けると電源が切れます。
切る
入れる
閉める
開ける
電源オフの状態
電源オンの状態
図はZG 71-VI、71-DVI
※電源投入時は「プログラム1」が自動的に選択されます。
※電池の消耗を防ぐために電源の切り忘れにご注意くだ
さい。
■チャイルドロック
乳幼児が電池ケースを開けて電池を飲み込んでしまうこ
とのないように、チャイルドロックが付いています。このロ
ックを閉めることにより、電池ケースがむやみに開いてし
まうのを防ぎます。ロックの開閉位置については、下図を
ご参照ください。
ロックをする際には、先端の
尖ったもの(ペンの先、ピン
セットなど)を使用してくだ
さい。
※ZG 71-VI、71-DVIの
チャイルドロックは左右識
別 チップを付 けることで
機能します。左右識別チッ
プの 付け方は4ペ ージを
ご参照ください。
10
図はZG 71-VI、71-DVI
閉める
開ける
※ZG 80-DVIの場合は、
開閉の向きが逆になります。
11
■スマートスタート機能
補聴器本体を耳に装用する際に不快なハウリング(ピー
ピー音)が発生する事があります。本製品にはこのハウリ
ングの発生を防ぐ為に「スマートスタート機能」がついて
います。この機能をオンにすると、電源を入れてから10
秒間補聴器から音が出ず、代わりに1秒間隔で電子音(ピ
ッ、ピッ、ピッ…)が鳴り、機能が働いていることをお知ら
せします。なお、この機能のオン/オフは、お買い求めの
販売店で設定することができます。
(2)下図のようにイヤモールドを指先で軽く持ち、矢印の
方向(前から後ろ)へ回しながら、ゆっくりと耳の中へ
押し込んでいきます。
右耳
6-2 補聴器の装着
■補聴器とイヤモールド(耳せん)の接続
左耳
(3)下図のように補聴器を耳の後ろに乗せます。
(1)ジョイントチューブを音の出口
の穴に差し込んでください。
(2)ジョイントチューブにイヤモー
ルド(オーダー耳せん)を右図
のように接続してください。耳
せ んをご使 用 の 場 合は、お客
様の耳の穴の大きさに合った
耳せんをご使用ください。
図はZG 80-DVI
※ジョイントチューブの長さや耳せんの大きさが合わな
い場合は、お買い求めの販売店にご相談ください。
■補聴器の外し方(イヤモールドをご使用の場合)
補聴器をつける時とは反対の方向に回しながら引き出し、
補聴器とイヤモールドをつないでいるジョイントチューブ
をにぎって、静かに耳から外してください。
■補聴器のつけ方「イヤモールドをご使用の場合」
(1)補聴器とイヤモールドを接続し、必要な場合は電源を
入れてください。補聴器から「ピーピー」というハウリ
ング音がすることがありますが、イヤモールドが完全
に耳に装着されると止まります。
(装用後に電源を入
れても構いません)
12
13
■補聴器のつけ方「ミニチューブをご使用の場合」
(チューリップ型耳せん、
ドーム型耳せん共通)
(1)電池ケースを完全に閉じて電源を入れてください。
(2)右図のように補聴器を耳の上
にかけます。
(3)右図のようにミニチューブの曲
がった部分を持ち、耳せんを耳
あなの中に、しっかり入れてく
ださい。
6-3 プログラム選択ボタンの使い方
■プログラム選択ボタン
プログラム選択ボタンは、プログラムを切り替えるときに
使用します。お客様一人ひとりのきこえや使用環境に合
わせて、通常のプログラムを最大で2つ設定することがで
きます。また、通常のプログラムの他に、外部入力用(オ
プション)
・テレコイル用のプログラムがあり、最大で合
わせて4つのプログラムを設定することができます。詳細
についてはお買い求めの販売店にご相談ください。
電源が入った状態で、プログラム選択ボタンを押すだけ
で簡単にプログラムを切り替えることができます。プログ
ラムを切り替える度に「ピッ」という『お知らせ音』が鳴り
ますので、
『お知らせ音』の回数によって、どのプログラム
が選択されたか分かります。
お知らせ音の鳴る回数
(4)スポーツロックを耳たぶ上側の
くぼんだところに這わせてくだ
さい。
□プログラム1:1回「ピッ」
□プログラム2:2回「ピッ、ピッ」
□プログラム3:3回「ピッ、ピッ、ピッ」
□プログラム4:4回「ピッ、ピッ、ピッ、ピッ」
2プログラムの場合は、1→2、2→1の順番で切り替わり
ます。3プログラムの場合は、1→2、2→3、3→1の順番
で切り替わります。4プログラムの場合は、1→2、2→3、
3→4、4→1の順番で切り替わります。
■補聴器の外し方「ミニチューブをご使用の場合」
(チューリップ型耳せん、
ドーム型耳せん共通)
※電源投入時、スタンバイモードからの復帰時はプログ
ラム1が自動選択されます。
親指と人差し指でチューブをつまみ、真横に引き出してく
ださい。
※ミニチューブは無理にねじ曲げないようにしてください。
※スマートスタート機能が働いている場合、電源を入れて
から10秒間は音が出ません。
(詳細は12ページ参照)
14
15
■プログラム設定
■消音機能(スタンバイモード)
お買い求めの販売店でお客様の補聴器に設定されてい
る環境プログラムの内容を下記の表に記入します。
どのプログラムをいつ、どのように選択すればよいのか
判断するためにお使いください。
補聴器を装着する際に発生するハウリングがわずらわし
い場合は、一時的に消音することができます。
電源が入っている状態でプログラム選択ボタンを長押し
すると「ピッ」という『お知らせ音』が5回鳴り、その後一
時的に消音状態になります。装着後、再度プログラム選
択ボタンを押すと、
『お知らせ音』
(1回)と共に元の状態
に戻りプログラム1が選択されます。
プログラム
内容・使用環境
! 注意
消音状態時:この状態は、電源が切れているわけではあ
りません。お使いにならない場合は、必ず電源を切ってく
ださい。
(電源の切り方は11ページをご覧ください)
16
17
6-4 ボリュームコントロールの使い方
■音量調整
「耳かけ形補聴器ZG 71-VI、71-DVI、ZG 80-DVI」
は、必要に応じてお客様自身が音量を手動で調整するこ
とができます。
(1)ボリュー ム コ ント ロ ー ル を 上 方 向 に 押 す と( Z G
80-DVIの場合は回すと)、音が大きくなります。
6-5 電話での使用
「耳かけ形補聴器 ZG」は、装用したままでも電話を使用
することができます。下図のように受話器を補聴器の一
番上のマイク部分に近づけてください。そのとき、マイク
には直接あてないよう注意してください。もし、電話中に
ハウリング(ピーピー音)が起こった場合は、受話器を補
聴器から遠ざけてください。
(2)ボリュームコントロールを下方向に押す、あるいは回
すと、音が小さくなります。
●ZG 71-VI、71-DVIの場合
大
小
●ZG 80-DVIの場合
大
小
※ボリュームコントロールを押す、あるいは回すと「ピッピ
ッ」というお知らせ音が鳴ります。上限あるいは下限に
達すると「ポー」という音に変わります。
※電源を切ると、変更した音量は元に戻ります。
18
6-6 テレコイルについて
「耳かけ形補聴器 ZG」には、テレコイルが内蔵されてい
ます。テレコイルは、教室、公共施設、家庭内等のループ
システムのある場所で、他の音に阻害されることなく必
要な音を聴取するときに使用します。
また、強い誘導信号を出力するコイルを内蔵した受話器
であれば、電話でお使いいただくことができます。
テレコイルの詳細については、お買い求めの販売店にお
問い合わせください。
19
●ZG 80-DVIの場合
6-7 外部入力について(オプション)
外部入力により、テレビ、ラジオ等からの音をより良い音
質で直接聞くことが可能です。オーディオシューを補聴器
に取り付け、ケーブルもしくはワイヤレスFMシステムで
音源に接続すると自動的に外部入力に切り替わります。
●ZG 71-VI、71-DVIの場合
■オーディオシューの取り付け方
①オーディオシューの先端を外部入力端子(下図参照)
にしっかりと当ててください。
②カチッと音がするまで、オーディオシューを補聴器に接
続してください。
■オーディオシューの取り付け方
①オーディオシューを本体の底部に接続します。
②正しく接続されると、グレーの部分がスライドします。
③ストッパー(黒)を下方にずらして下さい。補聴器とオ
ーディオシューがロックされます。ストッパーがずらせ
ない場合は、オーディオシューと補聴器がきちんと接
続されていない可能性がありますので、確認してくだ
さい。
①
【本体】
①
外部入力端子
③
グレーの部分
②
【オーディオシュー】
■オーディオシューの取り外し方
【本体】
【オーディオシュー】
■オーディオシューの取り外し方
①オーディオシューの表面の取り外しボタン(下図参照)
を押してください。
②オーディオシューをそっと外してください。
取り外しボタン
②
①
①ストッパー(黒)を上方にずらしてロックを解除してくだ
さい。
②底のグレーの部分を押してオーディオシューを外してく
ださい。
①
②
②
※外部入力に接続する外部機器は、JIS規格か電気用品
安全法、または同等の安全性を備えるものをご使用くだ
さい。
(例)電気用品安全法 マーク表示されたもの。
20
21
7 日頃のお手入れ
(3)
(1)とは逆の方向にミニチューブを回して、本体に接
続してください。
補聴器はいつも清潔にしておいてください。ご使用後は、
付属の掃除ブラシで耳垢を取り除き、クリーニングクロス
又はティッシュペーパー等で油分や湿気を拭き取ってく
ださい。取りきれない汚れなどは、お買い求めの販売店
で取り除いてもらってください。そのままお使いになる
と、補聴器の機能に影響をあたえるばかりでなく、故障の
原因になります。
禁止
(1)ミニチューブの中に水滴が残る危険があるため、洗わ
ないでください。水滴が残ってしまい音声の伝わりが
妨げられたり、電子部品に悪影響を与える可能性が
あります。
(2)耳せんは強く拭かないでください。
■ミニチューブと耳せんの掃除
(1)図のようにミニチューブを持ち、手前に回して本体か
ら外してください。
(3)絶対にご自分でミニチューブの形を変えないでくだ
さい。
! 注意
(1)ミニチューブと耳せんは硬化し割れやすくなるので3
∼4 ヵ月に1回程度、交換するようにしてください。
(2)や わら か い 布 で 外 側 を 拭
き、クリーニングピンを使っ
て 中にたまったゴミなどを
押し出します。クリーニング
ピンはミニチューブの 本 体
に接続する側から入れ、ミニ
チューブを通して耳 せ ん の
外に抜けるまで押してくだ
さい。
22
(2)耳せんがミニチューブにしっかり挿入されていないと
はずれてしまうことがありますので、必ず奥までしっ
かり挿入してください。
23
■ジョイントチューブと耳せんまたは
イヤモールドの掃除
耳あか掃除ブラシややわらかい布を使って、汚れや耳あ
かを取り除いてください。取り除けない場合は、お買い求
めの販売店にご相談ください。
※ジョイントチューブ内に水滴が残る危険があるため、洗
わないでください。水滴が残ってしまうと音声の伝わり
が防げられたり、補聴器の電子部品に悪影響を与える
可能性がります。
※絶対にご自分でイヤモールドの形を変えないでください。
※イヤモールドの装用感が不快であったり、支障がある
ようでしたら、お買い求めの販売店にご相談ください。
■耳あかについて
ほんの少しの耳あかでも、補聴器の機能に影響をあたえ
ます。補聴器を装用されている方は、時々耳鼻科を受診
し、耳の中をきれいにしてもらってください。また、定期
的に耳の検診を受けることをおすすめします。
禁止
(1)補聴器を水や他の液体に浸すことは、故障の原因と
なりますので、絶対に避けてください。
(2)シンナー、ベンジン、ベンゾールまたは濡れた布で拭
くことは避けてください。
! 注意
(1)補聴器を乾燥させる目的でヘアドライヤーや電子レ
ンジ等を使わないでください。また、直射日光に長時
間さらさないでください。外部変形及び外部変色、内
部損傷や焼失の原因となります。
(2)乾燥剤を焼いたり、電子レンジで温めたりなどして、
再利用しないでください。乾燥剤の色が変わったら
(青色→ピンク)新しいものと交換してください。
(3)乱暴な扱い方は補聴器の故障の原因となります。床
など固い面に落とさないでください。
■補聴器の保管について
補聴器はいつも乾燥した状態にしておいてください。補
聴器は汗や湿気に弱いため、装用後は必ず、乾燥ケース
に一晩入れておいてください。この時、必ず電池を抜い
てください。
24
25
8 故障かな?と思ったら
症状
音がきこえない/
音の大きさが不十分
ハウリング
(ピーピー音)がする
音が不明瞭、音が歪む
原因
対策
電源が入っていない。
電池ケースを閉じる。
電池が消耗している。
電池を新しい物に交換する。
音の出口が詰まっている。
音の出口を掃除して詰まりをとる。
チューブが詰まっている。
チューブを新しい物と交換する/掃除する。
スタンバイモードに入っている。
プログラム選択ボタンを押してスタンバイモードを解除
する。
装用者の耳に過度の耳あかが詰ま
っている。
医師に相談する。
設定音量が小さい。
可能であれば音量を上げる、または販売店に相談する。
チューブがゆるんでいる。
チューブを交換する。
耳せんが正しく耳に入っていない。
注意して入れ直す。
補聴器の設定が合っていない。
販売店に相談する。
耳せんの大きさが外耳道に対して
合っていない。
販売店に相談する。
装用者の耳に過度の耳あかが詰ま
っている。
医師に相談する。
電池が切れかかっている。
電池を新しい物に交換する。
プログラムの設定が合っていない。
販売店に相談する。
※対策をしても解決しない場合は、お買い求めの販売店に
ご相談ください。
26
27
9 アフターサービスについて
■保証書(別添付)
お買い上げ日、販売店名などの記入を必ずお確かめにな
り、大切に保管してください。
10 性能表
性能表
IEC 60118-0
イヤシミュレータ
規準周波数
規準利得(入力音圧60dB SPL) 1600Hz
■修理について
・保証期間中
保証書を添えてお買い求めの販売店へお持ちくださ
い。保証書の規定に従って、修理いたします。保証書の
提示がない場合は有料となります。
・保証期間後
お買い求めの販売店もしくは弊社にご相談ください。
修理により使用可能な場合は、ご希望により有料で修
理いたします。
ピーク
1600Hz
最大音響利得
(入力音圧50dB SPL)
ZG 71-VI
ZG 71-VI
ZG 71-DVI ZG 71-DVI
(ミニチューブ) (フック)
1600Hz
42dB
45dB
57dB
63dB
52dB
55dB
ピーク
133dB SPL 133dB SPL
1600Hz 127dB SPL 131dB SPL
800Hz
0.2%
0.9%
0.8%
1600Hz
0.5%
90dB最大出力音圧レベル
全高調波歪
ピーク
コイル感度(1mA/m)
等価入力雑音レベル
周波数範囲(DIN 45605)
88dB SPL
95dB SPL
26dB SPL 28dB SPL
100-5150Hz 100-6180Hz
0.9mA
0.9mA
電池電流
PR48/13(1.4V) 320時間
320時間
電池寿命
垂直
誘導コイル入力の出力音圧レベルが最大感度となる方向
※数値は参考値です。
■お問い合わせ先
修理・お取扱い・お手入れ・付属品などのご不明な点は、
お買い求めの販売店もしくは弊社のカスタマーサービス
(0120-921-310)までお問い合わせください。
■仕様について
改良のため仕様は予告なく変更される場合があります。
性能表
IEC 60118-0
イヤシミュレータ
規準周波数
規準利得(入力音圧60dB SPL)
ZG 80-DVI
1600Hz
53dB
73dB
最大音響利得
(入力音圧50dB SPL)
65dB
140dB SPL
90dB最大出力音圧レベル
134dB SPL
0.9%
全高調波歪
0.5%
コイル感度(1mA/m)
103dB SPL
等価入力雑音レベル
28dB SPL
周波数範囲(DIN 45605)
100-6000Hz
電池電流
0.81mA
電池寿命
PR48/13(1.4V)
355時間
誘導コイル入力の出力音圧レベルが最大感度となる方向
垂直
11600Hz
ピーク
1600Hz
ピーク
1600Hz
800Hz
1600Hz
ピーク
※数値は参考値です。
28
29
11 音響諸特性
イヤシミュレータ
イヤシミュレータ
測定規格:IEC 60118-0
●ZG 71-VI、71-DVI(ミニチューブ) ●ZG 71-VI、71-DVI(フック)
●ZG 80-DVI
90dB最大出力音圧レベルの周波数レスポンス
90dB最大出力音圧レベルの周波数レスポンス
出力[dB SPL]
出力[dB SPL]
出力[dB SPL]
140
140
150
130
130
140
120
120
130
110
110
120
100
100
110
90
90
80
100
1000 Hz
10000
80
周波数[Hz]
100
100
1000 Hz
10000
90
周波数[Hz]
最大音響利得及び規準周波数レスポンス
利得[dB]
80
60
60
70
50
50
60
40
40
50
30
30
40
20
20
1000 Hz
10000
10
周波数[Hz]
1000 Hz
10000
磁界の強さ:10mA / m
20
周波数[Hz]
出力[dB SPL]
120
120
100
110
90
90
100
80
80
90
70
70
10000
周波数[Hz]
60
80
100
1000 Hz
10000
周波数[Hz]
入力/出力レスポンス
出力[dB SPL]
140
周波数:1.6kHz
70
100
1000 Hz
140
周波数:1.6kHz
出力[dB SPL]
140
130
130
120
120
120
110
110
110
100
100
100
90
90
40
60
80
100
入力[dB SPL]
80
10000
周波数[Hz]
入力/出力レスポンス
出力[dB SPL]
130
80
磁界の強さ:10mA / m
出力[dB SPL]
130
110
1000 Hz
10000
周波数[Hz]
誘導コイル入力の周波数レスポンス
磁界の強さ:10mA / m
100
100
1000 Hz
最大音響利得(入力音圧50dB SPL)
規準利得(入力音圧60dB SPL)
110
60
100
最大音響利得(入力音圧50dB SPL)
規準利得(入力音圧60dB SPL)
誘導コイル入力の周波数レスポンス
出力[dB SPL]
10000
周波数[Hz]
30
100
最大音響利得(入力音圧50dB SPL)
規準利得(入力音圧60dB SPL)
120
1000 Hz
利得[dB]
70
100
100
最大音響利得及び規準周波数レスポンス
利得[dB]
70
10
30
測定規格:IEC 60118-0
周波数:1.6kHz
90
40
60
80
100
入力[dB SPL]
80
40
60
80
100
入力[dB SPL]
31
Fly UP