...

高規格幹線道路の建設コストが10%削減 ~複合構造横断函渠工~

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

高規格幹線道路の建設コストが10%削減 ~複合構造横断函渠工~
~ロータリ除雪車対応型
アタッチメント式路面清掃装置~
降雪期
非降雪期
安全・安心な道路を提供するため、道路管理者は道路の維持管理を行っています。
維持管理には、代表例として非降雪期に道路の清掃を行う「路面清掃車」や降雪期に
道路の拡幅除雪を行う「ロータリ除雪車」などの機械が活用されていますが、近年の
情勢により、より一層の機械経費のコスト縮減が求められています。しかし、非降雪
期と降雪期の道路作業機械は、性能要件が異なるため、それぞれ半年程度しか稼働し
ないのが実態です。
■開発技術の概要
寒地土木研究所では積雪寒冷地に必要不可欠な除雪車を有効活用してコスト縮減を図
る新たなアタッチメント式装置を開発し、降雪期以外にも除雪車を活用する提案を行っ
ています。「ロータリ除雪車」をベース車両とし、降雪期の「ロータリ除雪装置」と開
発した非降雪期の「路面清掃装置」をアタッチメント式で交換することで、2台の専用
機械を1台の除雪車に集約してコスト縮減を可能としました。
道路の形状に沿った
清掃作業が可能です。
国立研究開発法人土木研究所・寒地土木研究所
〒062-8602 札幌市豊平区平岸1条3丁目1番34号 http://www.ceri.go.jp/
技術開発: 技術開発調整監付
寒地機械技術チーム 011-590-4049
~ロータリ除雪車対応型
アタッチメント式路面清掃装置~
■適用の効果
コスト縮減
非降雪期
降雪期
アタッチメント式路面清掃装置は、既存のロータリ
除雪車を通年活用することで、現行の路面清掃車の機
械経費と比較してコスト縮減が期待できます。また、
除雪機械が多く稼働する積雪寒冷地では、より一層の
導入効果が期待できます。
① 路面清掃車に比べ、購入費、整備費、管理費
が約50%~60%縮減
② 通年試算した場合、運転費が約10%縮減
③ ライフサイクルコストでは約20%~30%縮減
【ライフサイクルコスト比較表】
現行のロータリ除雪車(降雪期)+路面清掃車(非降
雪期)による2台の専用機械から、ロータリ除雪車
(ベース車両)1台でロータリ除雪装置(降雪期)+路面
清掃装置(非降雪期)の運用が可能となります。
イニシャルコスト
現行
提案
①4輪ブラシ式路面清掃車
非降雪期①
④ロータリ除雪車
+降雪期④
計
②4輪操舵ブラシ式路面清掃車
非降雪期②
④ロータリ除雪車
+降雪期④
計
③開発機
非降雪期③
⑤ロータリ除雪車
+降雪期⑤
計
購入費
2,520
2,720
5,240
3,180
2,720
5,900
1,290
2,720
4,010
整備費
1,470
1,061
2,531
1,855
1,061
2,916
753
1,061
1,814
1.①,②,④は現行機械のライフサイクルコスト
2.③は開発機とベース車両(ロータリ除雪車)の非降雪期分のライフサイクルコスト
3.⑤は非降雪期に開発機を利用した場合の降雪期分のライフサイクルコスト
ランニングコスト
管理費
運転費
1,890
1,058
2,040
2,700
3,930
3,758
2,385
1,126
2,040
2,700
4,425
3,826
968
1,406
2,040
2,049
3,008
3,455
計
4,418
5,801
10,219
5,366
5,801
11,167
3,127
5,150
8,277
合計
6,938
8,521
15,459
8,546
8,521
17,067
4,417
7,870
12,287
縮減
-20%
-30%
■適用の実績
路肩の清掃確認
北海道 滝川市近郊 の3路線で導入されています。
一般国道451号(滝川市)
ダンプトラックへの積み込み
一般国道275号(新十津川町)
国立研究開発法人土木研究所・寒地土木研究所
〒062-8602 札幌市豊平区平岸1条3丁目1番34号 http://www.ceri.go.jp/
技術開発: 技術開発調整監付
寒地機械技術チーム 011-590-4049
Fly UP