...

爬虫類 - 沖縄県

by user

on
Category: Documents
43

views

Report

Comments

Transcript

爬虫類 - 沖縄県
爬虫類
(3)爬虫類
1)絶滅危惧 A類
(CR)
和
分
学
カ テ ゴ リ
名:
類:
名:
ー:
イヘヤトカゲモドキ
有鱗目
トカゲモドキ科
Goniurosaurus kuroiwae toyamai Grismer, Ota et Tanaka, 1994
A類(CR)
絶滅危惧
A類(CR)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧
形
態: 頭胴長が7.
5―8.
5cmで、指下板がなく、眼には瞼があるという原始的な形質をもつ。虹彩は赤紫色か
赤褐色。背面は暗褐色の地色に、淡桃色の横帯が3―4本あるが、縦条はない。生来の尾には黒色の地に
白色の横帯があるが、自切後に再生した尾は中央がふくらんだ太短い形状で、白色の不規則な模様が
入る。腹面は淡褐色で、扁平な瓦状の鱗が並ぶ。
近似種との区別: 他の亜種とは胴部背面の正中線上に、淡色の縦条がないこと、胴体の軸に垂直な淡桃色の帯状斑が3―5
本あること、全体的に太短い体形をしていることなどの点で識別できる。
分 布 の 概 要: 伊平屋島に固有に分布している。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 系統学的に本亜種ともっとも近縁であると考えられているオビトカゲモドキは奄
美諸島の徳之島に、その他の3亜種は久米島・渡名喜島・渡嘉敷島・阿嘉島・伊江島・沖縄島・瀬底
島・古宇利島に分布している。
生 態 的 特 徴: 少なくとも6月下旬―7月上旬に輸卵管卵をもつ雌が出現し、一腹卵数が2個であることがわかってい
る。その他、本亜種の生態についてはほとんどわかっていないが、クロイワトカゲモドキと類似して
いると考えられる。
生 息 地 の 条 件: 林床の湿潤な常緑広葉樹林で、林床に餌となる多くの土壌動物がおり、シェルターとなる岩穴などの
ある場所。
現在の生息状況: 山地の広葉樹林に生息しているが、個体群密度などの具体的な資料はない。
学術的意義・ 評 価: 他の亜種とともに、種としてきわめて高い遺存性を示し、中琉球のなかで細かく分化しているため、
琉球列島全体だけでなく、中琉球の各島の地史を解明する上で重要な情報を提供するものと思われ
る。特に、徳之島のオビトカゲモドキと最も近縁であるなど、沖縄諸島にふくまれる伊平屋島の地史
を明らかにする上で多くの情報を提供するものと考えられる。
生存に対する 脅 威: 広葉樹林の伐採や開発に伴う生息場所の消失・分断が何よりも大きな脅威となっている。早急な実態
調査が必要である。
特 記 事 項: 県内亜種については、種全体として県指定天然記念物(1978年)。徳之島のオビトカゲモドキGoniurosaurus kuroiwae splendens は、鹿児島県指定の天然記念物(2003年)。
原
記
参
考
文
執
筆
者
和
分
学
カ テ ゴ リ
載: Grismer, L. L., H. Ota, and S. Tanaka, 1994. Phylogeny, classification, and biogeography of Goniurosaurus
kuroiwae (Squamata : Eublepharidae) from the Ryukyu Archipelago, Japan, with description of a new subspecies. Zool. Sci., 11 : 319―335.
献: Ota, H., 1989. A review of the geckos (Lacertilia : Reptilia) of the Ryukyu Archipelago and Taiwan. “Current
Herpetology in East Asia”, M. Matsui, T. Hikida, and R. C. Goris (eds.), Herpetological Society of Japan,
Kyoto, 349―357.
太田英利,1996.イヘヤトカゲモドキ.
“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおき
なわ−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,332.
太田英利,2000.イヘヤトカゲモドキ,“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータ
ブック−(爬虫類両生類)”,環境省(編)
,自然環境研究センター,東京,22―23.
名: 田中 聡
名:
類:
名:
ー:
キクザトサワヘビ
有鱗目
ナミヘビ科
Opisthotropis kikuzatoi (Y. Okada et Takara, 1958)
A類(CR)
絶滅危惧
A類(CR)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧
97
爬虫類
形
態: 全長54―63cm、頭胴長43―51cm。鼻板は頭部背面にあり、外鼻孔はやや背方に開口する。前額板は幅が
広く1枚、時々不完全な縦割れが見られ、2枚に見える場合もある。額板は五角形を呈し、前額板と接
する面が最も大きい。上唇板は6枚。体鱗列数は胴中央部で15。鱗は滑らかで光沢があり、胴後部と尾
部の鱗に顕著な隆条をもつ。背面は暗褐色で、オレンジ色の小斑点が体側線上に並ぶ。
近似種との区別: 形態的にはアオヘビ類に似る点もあるが、緑色を呈さないので明瞭に区別される。また、分類学的に
もアオヘビ類とは全く異なる。サワヘビ属のなかでは、頭部の鱗や体鱗列数がもっとも少ないので区
別は容易である。
分 布 の 概 要: 久米島のみに分布する。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 同属には14種ほどが含まれ、フィリピン、ボルネオと中国から東南アジアにかけ
て分布する。発見場所が詳細に記録されている種の大半が、千メートル以上の高山及び渓流で発見さ
れている。
生 態 的 特 徴: 本種は、山地の渓流中が生活の場となっていることに大きな特徴がある。飼育や野外観察の結果から
日中の午前中に多く出現・活動することがわかっている。当初、昼行性の可能性が指摘されていた
が、夜でも活動することが知られている。呼吸については、飼育観察(止水中)では、最大潜水時間
が12分30秒で、野外の渓流中の観察では、最低でも25分間の潜水が確認されていることから皮膚呼吸
に依存する割合が高いことが予想される。飼育下では、陸上に上がることも観察されており、野外で
もまれに陸上にあがることが予想される。標識した個体が同一河川の1
0m以内で再捕されたこともあ
るので、行動圏はきわめて狭い範囲に限られる可能性がある。普段は、渓流中の転石や土手などの隙
間に潜んでいると思われ、水が少ない所では伏流水が湧き出るような石の下にもいることが考えられ
る。10月に採集されたメスの標本から産卵数は1
1以下と推定される。野外ではクメジマミナミサワガ
ニを食べているという報告がある。ほかに飼育下でサワガニを食べたという報告がある。野外での食
性について確認された資料は少ないが、おそらくカエルの幼生・淡水魚・水生昆虫・甲殻類等も食べ
ていると思われる。
生 息 地 の 条 件: 生息地は、イタジイを主体とする発達した二次林や、より自然度の高い山地森林域の渓流が主である
が、背後に自然林の山を控えた伏流水だけの渓流にも生息している。餌動物の存在、皮膚呼吸等の関
係から、汚染の無い清流が生息の鍵を握るものと考えられる。
個 体 数 の 動 向: 詳細な数の動向は不明。人力を中心とした水田からサトウキビ畑に変わり、機械による土地の造成等
が進んでいることから、生息地の分断や消滅等が進んでいるものと思われる。したがって、少なくと
も1960年代よりは減っているものと思われる。
現在の生息状況: 保護のため詳細な分布情報は省略。主な生息地は宇江城岳、アーラ岳付近。これまでの情報による
と、上記から離れた所や別水系になった場所でも大雨の後に河川の下流で見つかった事例がある。ま
た、パッチ状に残された小さな水系でも確認されている。このようにパッチ状に見つかる生息状況
は、1970年代前半までは水田を主とする人力を中心とした農耕であったが、サトウキビ畑に変化し、
機械力等で畑や道路が整備されたことにより生息地の分断が進んだ結果が一因になっているものと思
われる。他の河川からも確認される可能性があるので、今は確認されてない河川でも注意する必要が
ある。県教育委員会が1990年から1992年まで実施した延べ2
6日間の現地調査においても限定された場
所から5個体だけしか発見されてない。このことから個体数は極めて少ないことが予想される。
学術的意義・ 評 価: 本種は分類学的にも珍しい属に含まれ、生息地が渓流という特殊な生態を呈する。最も近縁と思われ
る種が中国大陸にしか分布しておらず、久米島周辺の沖縄島や宮古・八重山諸島からはみつかってい
ない。キクザトサワヘビの分布はサワヘビ属の分布範囲の中では辺縁部に位置している。形態的にも
頭部の鱗数が本属の中でもっとも少ない数値を示すなど、サワヘビ属中でも特異な位置にあることが
考えられる。このように本種は分類学的、生態学的、動物地理学的な意味で学術的価値が高い。
生存に対する 脅 威: 渓流の汚染が最大の脅威になると考えられる。汚染は、農薬や消毒薬などの薬物による化学的汚染が
考えられる。また、諸開発に伴う生息地の消失や赤土などの流入などによる物理的汚染も懸念され
る。これらは、本種が渓流性の動物を食べていることと、皮膚呼吸に大きく依存している可能性が高
いことと考え合わせるときわめて深刻な脅威としてみることができる。また、ウシガエル・イタチな
どの移入動物による捕食も懸念される。さらに、現地では電気器具によるウナギの捕獲も行なってい
るようなので、これもまた脅威となりうる。絶対数が少ないと思われることから、飼育愛好家などに
よる密猟も脅威となるであろう。個体群の状態は予断を許さない状況下にあり、絶滅への危機が心配
される種である。
特 記 事 項: 本種の名称は、発見者の喜久里教達氏にちなむ。久米島の固有種。県指定天然記念物(1985)。国内希
少野生動植物種(1995)。
原
98
記
載: 岡田弥一郎・高良鉄夫,1958.琉球産アオヘビの一新種.日本生物地理学会会報,2
0
(3)
:1―3.
爬虫類
参
考
文
献: 松井正文,1991.キクザトサワヘビ.“日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータブック−
脊椎動物編”,環境庁(編),日本野生生物研究センター,東京,224―225.
Mori, A. and A. Nakachi, 1993. Laboratory observations on the daily activity of the endangered stream snake,
Opisthotropis kikuzatoi (Reptilia, Squamata, Colubridae) from Kumejima Island, Japan. Island Stud. Okinawa, 12 : 25―35.
沖縄県教育委員会(編)
,1993.沖縄県天然記念物調査シリーズ第3
3集 キクザトサワヘビ−生息実態
調査報告書.沖縄県教育委員会,那覇,97pp.
太田英利,2
000.キクザトサワヘビ.
“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータ
ブック−(爬虫類・両生類)”,環境庁自然保護局野生生物課(編)
,自然環境研究センター,東京,
24―25.
Ota, H. and A. Mori, 1985. On the fourth specimen of Opisthotropis kikuzatoi . The Snake, 17 : 160―162.
Ota, H., 2004. Field observations on a highly endangered snake, Opisthotropis kikuzatoi (Squamata : Colubridae), endemic to Kumejima Island, Japan. Current Herpetology, 23(2) : 73―80.
Toyama, M., 1983. Taxonomic reassignment of the colubrid snake, Opheodrys kikuzatoi , from Kume―jima
Island, Ryukyu Archipelago. Jpn. J. Herpetol., 10(2) : 33―38.
執
筆
者
当山昌直,1
984.沖縄群島の両生爬虫類相( )−渡嘉敷島・久米島−.沖縄県立博物館紀要,1
0:
25―36.
当山昌直,1996.キクザトサワヘビ.“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおきな
わ−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,327―328.
当山昌直,1
996.キクザトサワヘビ.
“日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”
,千石正
一・松井正文・疋田努・仲谷一宏(編),平凡社,東京,96.
名: 当山昌直
2)絶滅危惧 B類(EN)
和
分
名: タイマイ
類: カメ目 ウミガメ科
学
名: Eretmochelys imbricata (Linnaeus, 1766)
方
言
名: ガラサー、ガラシーガーミー、ガラサーガーミー(沖縄県内全域)
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 B類(EN)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧 B類(EN)
形
態: 背甲の鱗板の表面は光沢があり淡黄色と黒色を基調とする叢雲模様を呈する。鱗板の配列は椎甲板5
枚、肋甲板4対であることが普通。椎甲板および肋甲板はそれぞれ頭部から尾部に向かって瓦状に重な
り合う。背面から見た背甲の輪郭の概観は長卵形を呈し、甲幅は背甲の中央付近で最大となる。小型
個体では縁甲板の縁辺部が鋭い鋸歯状を呈するが大型個体では見られなくなる。孵化幼体の甲長は約4
cm、一方、沿岸海域にみられる個体の甲長は30―80cm程度で、孵化幼体から甲長3
0cm程度までの個体
は沿岸海域を離れて漂流物と共に浮遊生活をしていると考えられ発見されるのは極めて希である。頭
部は比較的に小型で吻端は猛禽類の嘴様に尖る。前額板は左右対称に2対であることが普通だが、希に
前額板が接合する中央に1枚を加えることもある。
孵化幼体の体色は背面が淡茶褐色、腹面が黒色であることからアオウミガメとは容易に区別が付く
が、アカウミガメとは類似する(アオウミガメの項を参照)。孵化幼体の椎甲板および肋甲板の枚数お
よび配置は成体と同じであるが、タイマイの特徴である椎甲板および肋甲板の瓦状の重なりは孵化幼
体では見られない。
近似種との区別: アオウミガメの項を参照。
分 布 の 概 要: 世界中の温暖な海域を中心に生息し、国内では北海道南部の近海を含む沿岸水域のほぼ全体に見られ
るが、分布の中心は低緯度地域にある。国内で産卵が確認されているのは奄美大島以南の琉球列島の
み。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 一属一種のみで近縁種は存在しない。
生 態 的 特 徴: 食性はカイメン類やイソギンチャク類等の固着性の底棲動物を主な餌としている。繁殖生態は、およ
そアオウミガメと同様だが本県における産卵の記録は3月から11月の長期間におよぶ。産卵場の分布の
99
爬虫類
生 息 地 の 条 件:
現在の生息状況:
学術的意義・ 評 価:
生存に対する 脅 威:
特
原
記
事
項:
中心が熱帯地方にあることを考えると最も気温の高い7月から9月頃がピークと考えられる。県内にお
ける本種の産卵上陸は他の2種と比較して希である。
本種は本県の沿岸海域では周年に渡って確認されるが、確認例が少なく回遊の詳細は不明である。し
かし、数例の標識放流調査の結果から再捕獲された個体はあまり移動しない傾向がある。
産卵場の条件はアオウミガメと同様であるが、詳細な情報は少ない。海域における生息域は餌となる
カイメン類などの分布状況が不明であることから詳細は不明。
本種の産卵上陸が確認されることは希で海域に生息する本種の生息状況を定量的に捉えた情報もな
い。
本種の分布と産卵域は低緯度地域を中心としており、本県および国内で確認されるものはその北限域
の集団であることが考えられ、本種の遺伝的分化および多様性という観点において本県沿岸海域に出
現する本種に学術的な興味が持たれる。
ほぼアオウミガメと同様である(アオウミガメの項を参照)。ただし、本種は鼈甲原料として積極的に
捕獲されてきたことから乱獲という要素が他の2種より強い。
アカウミガメの項を参照。
記
載: Linnaeus, C., 1766. Systema Naturae per Regna Tria Naturae, Secundum Classes, Ordines, Genera, Species,
cum Characteribus, Differentiis, Synonymis, Locis. Ed. 12. Laurenti Salvi, Stockholm.
参 考 文 献: 平手康市・下池和幸,1
995.慶良間諸島阿嘉島において確認したタイマイEretmochelys imbricata(Linnaeus)の産卵.沖縄生物学会誌,(33)
:61―63.
Kamezaki, N., 1989. The nesting sites of sea turtles in the Ryukyu Archipelago and Taiwan. “Current herpetology in East Asia”, M. Matsui, T. Hikida, and R.C. Goris (eds.), Herpetological Society of Japan, Kyoto, 342
―348.
亀崎直樹,1991.琉球列島におけるウミガメ類の産卵場の分布とその評価(予報).沖縄生物学会誌,
(29)
:29―35.
亀崎直樹,1994.タイマイ.“日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料( )”,日本水産資源保護
協会(編),日本水産資源保護協会,東京,479―491.
亀崎直樹・太田英利・菊川章・平手康市・西銘盛光,1996.沖縄県天然記念物調査シリーズ第36集ウ
ミガメ類生息実態調査報告書
−沖縄島及び周辺離島における調査結果−.沖縄県教育委員会,沖
縄.
亀崎直樹・菊川章・平手康市,1998.沖縄県天然記念物調査シリーズ第38集 ウミガメ類生息実態調査
報告書
−宮古島及び周辺離島における調査結果−.沖縄県教育委員会,沖縄.
亀崎直樹・菊川章・平手康市,2001.沖縄県天然記念物調査シリーズ第40集 ウミガメ類生息実態調査
報告書
−八重山諸島における調査結果−.沖縄県教育委員会,沖縄.
Kikukawa, A., N. Kamezaki, K. Hirate, and H. Ota, 1996. Distribution of nesting sites of sea turtles in Okinawajima and adjacent islands of the central Ryukyus, Japan. Chel.Conserv. Biol., 2 : 99―101.
太田英利,1996.タイマイ.
“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおきなわ−”,沖
縄県環境保健部自然保護課(編)
,沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,328―329.
Prichard, P. C. and J. Mortimer, 1999. Taxonomy, External Morphology, and Species Identification, “Research
and Management Techniques for the Conservation of Sea turtles”, Eckert, K. L., K. A. Bjorndal, F. A.
Abreu―Grobois, M. Donnelly (Ed.), IUCN/SSC Marine Turtle Specialist Group Publication No. 4., 21―38.
Rene Marquez, M., 1990. Sea turtles of the world. FAO species catalogue, Vol.11. Food & Agr. Org. UN,
Rome.
執 筆 者 名: 平手康市
和
分
名: リュウキュウヤマガメ
類: カメ目 ヌマガメ科
学
名: Geoemyda japonica Fan, 1931
方
言
名: ヤンバルガーミー(沖縄島南部)、ヤマガーミー(沖縄島全域)、ガーミー(沖縄島全域)
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 B類(EN)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧 類(VU)
形
100
態: 背甲長は成体で普通約1
5cm、孵化時は約3.
5cm。背甲は全体的にわずかに盛り上がった細長いドーム
爬虫類
形をしており、背面には著しく隆起した背中線部とその両背側面に合計3本の縦状隆起がある。背甲の
後縁は切れ込みが入り、鋸歯状になっている。上顎の先端はかぎ状に曲がっている。背甲の地色は基
本的に褐色であるが、赤みが加わる場合もあり変異に富む。
近似種との区別: 本種に近縁なスペングラーヤマガメGeoemyda spengleri
(Gmelin, 1789)との主な区別点として、本種
には両腋下甲板があるのに対してスペングラーヤマガメではそれを欠くことがあげられる。
分 布 の 概 要: 沖縄島北部(恩納村、石川市以北)、渡嘉敷島、久米島に分布する。本種は子どもの玩具として人為的
に持ち運ばれたりすることもあるので、上記の分布地以外からの記録は人為的なものと思われる。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 本種に近縁のスペングラーヤマガメは中国東南部とインドシナ北部に、最近新種
として記載されたセレベスヤマガメ(仮称)Geoemyda yuwonoi がセレベス島に分布する。
生 態 的 特 徴: 雑食性で、野外における糞分析では陸産貝類が最も多い。ミミズ、昆虫、ヤスデ類などの土壌動物の
他、植物の芽や実などを食べる。発生・成長に関する情報はきわめて少ない。産卵時期は4月から始
まり数カ月続く。7月ごろから孵化した個体が見られる。産卵数については確実な記録が少ない。これ
までの観察事例から1腹の卵数は少ないと思われ、1腹1卵の可能性もある。雨の日など湿った日によく
みられる。
生 息 地 の 条 件: 生息地は発達した二次林やより自然度の高い山地の森林域で、湿った場所を好み、渓流域に多く見ら
れる。このことから生息環境として渓流の存在と湿度を保った森林が重要と思われる。
個 体 数 の 動 向: 詳細な数の動向は不明。上記の生存に対する脅威が増大していることから、個体数は減少しつつある
と考えられる。特に沖縄島においてはマングースによる減少が加速していると考えられ、深刻な状態
になりつつあるようにみえる。渡嘉敷島と久米島では環境の改変による生息地の減少や劣悪化がすす
んでいると思われ、地域的な絶滅への危険がある。
現在の生息状況: マングースの密度が高い名護市以南の沖縄島北部では本種の確認例が少ない。良好な状態の生息地
は、大宜味村塩屋から東村平良を結ぶ県道以北と思われるが、マングースの北進に伴って減少してい
くものと予想される。
学術的意義・ 評 価: 本種が属するヤマガメ属Geoemyda は、本種とスペングラーヤマガメとセレベスヤマガメ(仮称)の3
種のみから成る希少な属で、両種は不連続的に分布している。動物地理学的にも重要であり、学術的
な価値は高い。
生存に対する 脅 威: 産卵数が少ない可能性が高く、繁殖力は弱いと思われ、一度減少した場合原状回復は困難と思われ
る。本種の生存は渓流の存在と湿度を保った森林に依存すると思われ、こうした渓流域周辺での人為
的な環境の改変や森林の下草刈りによる乾燥化の影響を受けやすいと考えられる。また、マングース
による捕食が考えられ、特に甲らの柔らかい子ガメの生存には深刻な影響がおよんでいるものと考え
られる。他に生息域内に設置された舗装道路は、生息地を分断するだけではなく、轢殺個体を増やす
原因になっている。また側溝などに入って上がれなくなり死亡するという事例もある。加えて外来個
体による遺伝子の攪乱や疾病の伝染も心配される。
特 記 事 項: 沖縄諸島の固有種。国指定天然記念物(1975)。
原
参
記
考
文
載: Fan, T. H., 1931. Preliminary report of reptiles from Yaoshan, Kwangsi, China. Bull. Dept. Biol. Coll. Sci.
Sun Yatsen Univ., (11) : 1―154.
献: 千木良芳範,1989.南西諸島ヤンバル地域におけるU字型側溝への小動物の落下について.世界自然
保護基金日本委員会,東京,33pp.
McCord, W. P., J. B. Iverson and Boeadi, 1995. A new batagurid turtle from Northern Sula―wesi, Indonesia.
Chelonian Conservation and Biology, 1(4) : 311―316.
松井正文,1991.リュウキュウヤマガメ.“日本の絶滅のおそれのある野生生物(脊椎動物編)
”,環境
庁(編),日本野生生物研究センター,東京,228―229.
大嶺哲雄・中玉利澄男・高嶺英恒,1984.国頭村大国林道の道路側溝に落下した土壌動物相(予報).
沖縄生物学会誌,22:71―78.
太田英利,2000.リュウキュウヤマガメ.
“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデー
タブック−(爬虫類・両生類)”,環境庁自然保護局野生生物課(編),自然環境研究センター,東
京,42―43.
太田英利・濱口寿夫(編)
,200
3.沖縄県天然記念物調査シリーズ第4
1集 リュウキュウヤマガメ・セ
マルハコガメ生息実態調査報告書.沖縄県教育委員会,99pp.
大谷 勉,1989.飼育下におけるリュウキュウヤマガメの仔ガメの成長.Akamata,6:7―8.
高良鉄夫,1979.リュウキュウヤマガメ.
“日本自然保護協会編,動物分布調査報告書(両生類・ハ虫
類)”,日本自然保護協会,東京,1
12―114.
当山昌直,1993.沖縄島北部地域(国頭村・大宜味村・東村)における貴重動物の生息分布.“特殊鳥
101
爬虫類
類等生息環境調査 ”,沖縄県環境保健部自然保護課,那覇,131―152.
当山昌直,1995.リュウキュウヤマガメ.“日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料( )
”,日本
水産資源保護協会,東京,439―442.
当山昌直,1996.リュウキュウヤマガメ.“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータお
きなわ−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,330―3
31.
当山昌直,2003.名護市の爬虫類.
“名護市天然記念物調査シリーズ第5集 名護市の自然 名護市動植
物総合調査報告書”,名護市教育委員会,199―223.
執
筆
者
Yasukawa, Y., H. Ota, and T. Hikida, 1992. Taxonomic re―evaluation of the two subspecies of Geoemyda
spengleri (Gmelin, 1789) (Reptilia : Emydidae). Jpn. J. Herpetol., 14(3) : 143―159.
名: 当山昌直
名: マダラトカゲモドキ
類: 有鱗目 トカゲモドキ科
和
分
学
名: Goniurosaurus kuroiwae orientalis (Maki, 1930)
方
言
名: ヒヤカイ(阿嘉島)、アシハブ、ジーハブ(渡嘉敷島・渡名喜島)
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 B類(EN)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧 B類(EN)
形
態: 他の亜種と同様に頭胴長が7.
5―9.
5cmで、尾長は頭胴長の90%程度。指下板がなく、眼には瞼がある
という原始的な形質をもつ。虹彩は赤紫ないし赤みがかった暗褐色。背面は暗褐色の地色に、淡桃色
の横帯が3―4本あり、背面には少なくとも部分的に縦条がみられる。帯状模様の間の暗色部には不規則
な淡色の小斑がある。もとの尾には黒色の地に白色の横帯があるが、自切後に再生した尾は中央がふ
くらんだ太短い形状で、白色の不規則な模様が入る。腹面は淡褐色で、扁平な鱗が瓦状に並ぶ。
近似種との区別: 他の亜種とは胴部背面の正中線上に縦に走る淡桃色の条を持ち、かつ横断方向にも淡桃色の帯状斑を3
―5本備えている点で識別できる。
分 布 の 概 要: 渡嘉敷島、阿嘉島、渡名喜島、伊江島に分布
近縁な種及び群との分布状況の比較: クロイワトカゲモドキが沖縄島、瀬底島、古宇利島に、クメトカゲモドキが久米
島に、イヘヤトカゲモドキが伊平屋島に、オビトカゲモドキが徳之島に分布する。
生 態 的 特 徴: クロイワトカゲモドキと類似していると思われるが、具体的な資料に乏しい。4月から9月の暖かい時
期に活動個体が多い。少なくとも6月上旬から7月中旬にかけて輸卵管卵を持つ個体がおり、一腹卵数
は2個であるが、繁殖の詳細はわかっていない。地面で活動することが多いが、樹幹にのぼることも
ある。地上性の昆虫・クモ類・多足類などの無脊椎動物を捕食すると思われる。採餌行動は固定的で
なく、一定の場所で待ち伏せし、餌動物を捕らえるだけでなく、積極的に動きまわるような行動もみ
せる。
生 息 地 の 条 件: 基本的に、林床が湿潤な常緑広葉樹林の森林に生息するが、島によっては集落内の石垣周辺にも生息
する。
現在の生息状況: 個体群密度は明らかではないが、渡嘉敷島以外の島では、目撃されることもほとんどなく、きわめて
厳しい状況である。
学術的意義・ 評 価: 他の亜種とともに、種としてきわめて遺存性の高い分類群であり、中琉球のなかで細かく分化してい
るため、琉球列島全体だけでなく、中琉球の各島の地史の解明に対して重要な情報を提供するものと
思われる。
生存に対する 脅 威: いずれの島においても、森林伐採などによる生息場所の消失が脅威である。また、阿嘉島ではネズミ
駆除のために導入されたニホンイタチによる捕食があげられる。渡嘉敷島は比較的密度が高いが、こ
のような島での違法採集は特に注意を要する。いずれの島においても早急に生息実態調査を実施し、
保全に向けた対策を検討する必要がある。
特
記
事
項: 県内亜種については、種全体として県指定天然記念物(1978年)。徳之島のオビトカゲモドキGoniuro-
saurus kuroiwae splendens は、鹿児島県指定の天然記念物(2003年)。
原
参
記
考
文
載: Maki, M., 1930. A new banded gecko, Eublepharis orientalis , sp. Nov. from Riu Kyu. Annot. Zool. Japon.,
13 : 9―11.
献: Grismer, L. L., H. Ota, and S. Tanaka, 1994. Phylogeny, classification, and biogeography of Goniurosaurus
kuroiwae (Squamata : Eublepharidae) from the Ryukyu Archipelago, Japan, with description of a new sub102
爬虫類
species. Zool. Sci., 11 : 319―335.
池原貞雄,1
974.慶良間群島の陸上脊椎動物.
“沖縄国定公園拡張候補地学術調査報告 国頭村東海
岸・伊江島・慶良間列島”,沖縄自然研究会,那覇,187―199.
Ota, H., 1989. A review of the geckos (Lacertilia : Reptilia) of the Ryukyu Archipelago and Taiwan. “Current
Herpetology in East Asia”, M. Matsui, T. Hikida, and R. C. Goris (eds.), Herpetological Society of Japan,
Kyoto, 349―357.
太田英利,1996.マダラトカゲモドキ.
“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおき
なわ−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,335―336.
太田英利,2000.マダラトカゲモドキ.
“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータ
ブック−(爬虫類両生類)”,環境省(編),自然環境研究センター,東京,28―29.
下謝名松栄,1979.沖縄島および周辺離島の洞窟動物.
“沖縄県洞穴実態調査報告 ”,沖縄県教育委
員会(編),沖縄県教育委員会,那覇,97―153.
当山昌直,1981.渡名喜島の陸上脊椎動物.“沖縄県立博物館総合調査報告書
−渡名喜島−”,沖縄
県立博物館,那覇,49―56.
当山昌直,1983.沖縄群島の両生爬虫類相( )−座間味村の両生爬虫類−.“県立博物館総合調査報
告書
−座間味村−”,沖縄県立博物館,那覇,16―22.
当山昌直,1
984.沖縄群島の両生爬虫類相( )−渡嘉敷島・久米島−.沖縄県立博物館紀要,1
0:
25―36.
Werner, Y. L., H. Takahashi, Y. Yasukawa and H. Ota, 2004. The varied foraging mode of the subtropical
執
筆
者
eublepharid gecko Goniurosaurus kuroiwae orientalis . J. Nat. Hist., 38 : 119―134.
名: 田中 聡
名: クメトカゲモドキ
類: 有鱗目 トカゲモドキ科
和
分
学
名: Goniurosaurus kuroiwae yamashinae (Okada, 1936)
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 B類(EN)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧
形
B類(EN)
態: 頭胴長が7.
5―8.
5cmほどで、指下板がなく、眼には瞼があるという原始的な形質をもつ。虹彩は黄褐
色ないし金色。背面は、暗褐色の地色に黄色ないし黄白色の横帯が4本ある。縦条はないが、暗色部に
は不規則な明色の小斑がある。生来の尾には白色の横帯があるが、自切後に再生した尾は中央がふく
らんだ太短い形状で、黒色の地に白色の不規則な模様が入る。腹面は淡褐色で、扁平な瓦状の鱗が並
ぶ。
近似種との区別: 他の亜種とは、指趾の付け根に大形の鱗を持たないことや、虹彩の部分が黄色ないし黄褐色である
(他の亜種では赤褐色ないし赤紫色)ことで識別できる。
分 布 の 概 要: 久米島に固有に分布している。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 本亜種は、種クロイワトカゲモドキの中で最も西に分布している(他の亜種は、
渡名喜島、渡嘉敷島、阿嘉島、伊江島、伊平屋島、沖縄島、瀬底島、古宇利島から徳之島にかけて分
布)。
生 態 的 特 徴: 少なくとも6月中旬から7月中旬に輸卵管卵を持つ雌がみられる。その他、本亜種の生態についてはほ
とんどわかっていないが、クロイワトカゲモドキと類似していると考えられる。
生 息 地 の 条 件: 林床の湿潤な常緑広葉樹林で、林床に餌となる土壌動物が豊富で、シェルターとなる岩穴などがある
場所。
現在の生息状況: 久米島中北部・東部・南部の山地を中心に生息しているが、個体群密度は低い。
学術的意義・ 評 価: 種クロイワトカゲモドキの中で、もっとも原始的な形質をもち、5亜種のうち最も早い時期に他から分
岐したと推定されている。唯一、キクザトサワヘビが分布するなど、生物相が特異な久米島の地史を
考える上でも、きわめて重要な手がかりを与えてくれる可能性が高い。
生存に対する 脅 威: 開発に伴う生息場所の分断・消失、外来の捕食者であるウシガエルの増殖が脅威となっていると思わ
れるが、具体的な資料はない。早急な実態調査が必要である。
特
記
事
項: 県内亜種については、種全体として県指定天然記念物(1978年)。徳之島のオビトカゲモドキGoniuro-
saurus kuroiwae splendens は、鹿児島県指定の天然記念物(2003年)。
103
爬虫類
原
参
載: Okada, Y., 1936. A new banded gecko, Gymnodactylus yamashinae from Kumejima, Okinawa Group. Proc.
Imp. Acad. Japan, 12 : 53―54.
記
考
文
献: Grismer, L. L., H. Ota and S. Tanaka, 1994. Phylogeny, classification, and biogeography of Goniurosaurus
kuroiwae (Squamata : Eublepharidae) from the Ryukyu Archipelago, Japan, with description of a new subspecies. Zool. Sci., 11 : 319―335.
執
和
分
筆
者
佐藤文保,1995.久米島の小動物.“久米島総合調査報告書−自然・歴史・民俗・考古・美術工芸・建
築”,沖縄県立博物館,那覇,26―64.
太田英利,1996.クメトカゲモドキ.“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおきな
わ−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,331.
太田英利,2000.ヤマシナトカゲモドキ(クメトカゲモドキ)
.“改訂・日本の絶滅のおそれのある野
生生物 −レッドデータブック−(爬虫類両生類)”,環境省(編),自然環境研究センター,東京,32
―33.
名: 田中 聡
名: ミヤコヒメヘビ
類: 有鱗目 ナミヘビ科
学
名: Calamaria pfefferi Stejneger, 1901
方
言
名: ズーキシバフ(宮古島:狩俣、冨名腰、野原)
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 B類(EN)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧
形
B類(EN)
態: 全長16―20cm。頭部から胴部にかけて全体的に幅が変わらず、一見して頭部と胴部の境界がはっきり
しない。尾は切れたような形をしており、太く短く、先端は鈍く尖っている。体鱗列数は胴中央部で
13。腹板数は雄1
42―152枚、雌1
58―162枚。尾下板数は雄2
4―26、雌13―15対。背面の地色は淡褐色ない
し黄土色。腹面の地色は淡黄色で小黒斑が散在する。
近似種との区別: 頭部と胴部が同じ幅になっていること、尾が切れたような形をしていること等で他のヘビ類とは区別
される。
分 布 の 概 要: 宮古島と伊良部島のみに分布する。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 近縁のミヤラヒメヘビCalamaria pavimentata miyarai は与那国島に、タイワン
生 態 的 特 徴:
生 息 地 の 条 件:
個 体 数 の 動 向:
現在の生息状況:
学術的意義・ 評 価:
生存に対する 脅 威:
104
ヒメヘビC. pavimentata formosana は台湾と蘭嶼に分布する。
本種は、枯葉、倒木、岩の下に潜んでいることが多い。これまでに4月―7月、10月―12月、2月に発見さ
れている。2月は岩の下から見つかっているが、年間をとおして見つかる可能性がある。ミミズ類を食
べていることが確認されている。
タブ群落(ヤブニッケイ群落)内およびその近くで見つかっていることから、タブ群落からなる森林
内に生息していることが考えられる。宮古島におけるタブ群落は、御嶽、断崖傾斜地等の自然林が発
達している場所に残っている。
詳細な数の動向は不明。近年、土地改良、道路整備等で生息地の減少や分断がすすんでおり、タブ群
落の減少およびその分断に伴って個体数も並行的に減少しているものと思われる。
これまでの調査で本種が確認された地点と環境庁が作製した植生図(1
985年発行)に重ね合わせてみ
ると、平良市街地に近い1例を除いていずれもタブ群落(ヤブニッケイ群落)内やその近くで見つかっ
ている。例外とされる平良市街地に近いところで見つかった個体は、開発によりタブ群落が縮小し、
わずかにパッチ状に残った所に生き残った可能性がある。
本種が属するヒメヘビ属は、近縁種が与那国島や台湾等に分布する。その中間の石垣・西表島には分
布しておらず、動物地理学的にも貴重である。また、本種が宮古島や伊良部島に分布していること
は、宮古の動物相の成立等に深い関わりがあるものと思われ学術的価値が高い。
タブ群落からなる宮古の自然林は開発等によって減少および分断されつつある。特に近年は道路の整
備や土地改良等によって著しい。側溝で干からびた本種を発見することが多く、小型のヘビで側溝等
に落ちると上がれなくなることによるものと思われる。また、道路で轢殺された個体もよく見られ
る。舗装道路が増えたことにより道路に出てきた個体が事故に会う機会が増えたことによると思われ
る。自然林がパッチ状に残っているところでも生存すると思われるが、そのパッチ状の規模について
は不明。生息地の近くでは側溝や道路等の配慮が必要だろう。他に、イタチによる捕食もあると思わ
れるがその証拠資料は無い。今後イタチの存在も脅威となろう。
爬虫類
特
記
原
参
執
事
記
考
筆
項: 宮古諸島の固有種。
載: Stejneger. L., 1901. Diagnoses of eight new batrachians and reptiles from the Riu Kiu Archipelago, Japan.
Proc. Biol. Soc. Washington, 14 : 189―191.
文 献: 饒平名里美・当山昌直・安川雄一郎・陳 陽隆・高橋 健・久貝勝盛,1
998.宮古諸島における陸生
爬虫両生類の分布について.平良市総合博物館紀要,5:23―38.
者
太田英利,1982.ミヤラヒメヘビ(Calamaria pavimentata miyarai )の死体拾得の報告,およびタイワ
ン ヒ メ ヘ ビ(Calamaria pavimentata formosana )
,ヒ メ ヘ ビ(Calamaria pfefferi )
,と の 比 較.The
Snake,14
(1)
:40―43.
太田英利,2000.ヒメヘビ.
“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータブック−
(爬虫類・両生類)”,環境庁自然保護局野生生物課(編),自然環境研究センター,東京,34―35.
千石正一,1996.ミヤコヒメヘビ.“日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”,千石正一・
松井正文・疋田 努・仲谷一宏(編),平凡社,東京,97.
高良鉄夫,1962.琉球列島における陸棲蛇類の研究.琉球大学農家政工学部学術報告,
(9)
:1―202,
22.
当山昌直・久貝勝盛・島尻沢一,1980.宮古群島の両生爬虫類に関する方言.沖生教研会誌,13:17―
32.
名: 当山昌直
3)絶滅危惧 類(VU)
和
分
名: アオウミガメ
類: カメ目 ウミガメ科
学
名: Chelonia mydas (Linnaeus, 1758)
方
言
名: ミジガーミー、ミジャー(沖縄県内全域)
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 類(VU)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧
形
類(VU)
態: 背甲の鱗板の表面は滑らかで、椎甲板5枚、肋甲板4対であることが普通。背甲の椎甲板、肋甲板およ
び縁甲板はそれぞれ敷石状に隣接しお互いに重なり合うことはない。背面から見た背甲の輪郭は幅の
広い卵形で背甲の中央付近で甲幅が最大となる。小型個体では背甲の後縁部は鈍い鋸歯状を呈するが
大型個体では見られなくなる。孵化幼体の甲長は約4.
5cm、一方、沿岸海域にみられる個体の甲長は30
―120cm程度で、孵化幼体から甲長30cm程度までの個体は沖合で漂流物と共に浮遊生活をしていると考
えられ発見されるのは極めて希である。
頭部は比較的小型で、その概観は卵形を呈する。前額板は1対で左右対称であることが普通であるが、
希に不対称である個体を見る。下顎の咬合部の縁辺は細かい鋸歯状になる。
孵化幼体の体色は背面が黒色、腹面が白色で背甲および四肢の輪郭が白く縁取られていることにより
アカウミガメおよびタイマイの孵化幼体と容易に区別が付く。孵化幼体の椎甲板および肋甲板の枚数
および配置は成体と同じ。
近似種との区別: 本県の沿岸域に出現するウミガメ類はオサガメDermochelys coriacea (オサガメ科)、アオウミガメ
C. mydas 、アカウミガメCaretta caretta 、タイマイEretmochelys imbricata 、ヒメウミガメLepidochelys olivacea およびクロウミガメChelonia agassizii があり、以下の特徴で区別される。オサガメの背
甲には鱗板がなく7条の隆起線が正中線に沿って見られる。アオウミガメの背甲には表面に光沢があり
放射状または斑点状の模様をもつ鱗板が敷石状に配置される。アカウミガメの背甲には表面に光沢の
ない茶褐色で目立った模様のない鱗板が敷石状に配置される。タイマイの背甲には表面に光沢があり
黒色と淡黄色を基調とした叢雲状の模様を持つ鱗板が頭部から尾部に向かって瓦状に配置される。ヒ
メウミガメの背甲には表面に光沢のない淡い緑色を帯びた灰色(オリーブ色)で目立った模様のない
鱗板が敷石状に配置される。また、その肋部の縁甲は反り返りが目立つ。クロウミガメの背甲はアオ
ウミガメに酷似するが後端部が細く尖ることと肋部縁甲の反り返りがほとんどないことで区別され
る。
分 布 の 概 要: 世界中の温暖な海域を中心に生息し、国内では北海道南部の近海を含む沿岸水域のほぼ全体に見られ
105
爬虫類
る。国内で産卵が確認されているのは小笠原諸島および薩南諸島以南の琉球列島のみ。県内では慶良
間諸島および西表島に集中して産卵が確認される。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 近縁種にクロウミガメChelonia agassizii があり、東太平洋中米沿岸からガラパゴ
ス諸島を中心に分布しているとされるが、近年、沖縄島および八重山諸島の沿岸においてクロウミガ
メが相次いで確認されている。この種の本県の沿岸海域における生息状況、および近年本県において
確認されるようになった理由については現時点において不明。ただし,クロウミガメとアオウミガメ
を別種としない意見もある。
生 態 的 特 徴: アマモ類などの水中顕花植物(海草類)および紅藻類、褐藻類など(海藻類)を中心とした植物食の
傾向が強いが動物質の餌を摂食することもある。
繁殖期は交尾期と産卵期に区分されるが、本県の沿岸海域では周年に渡ってアオウミガメの成熟した
雄個体が確認されるので交尾期は明確ではないが、1月から5月頃が交尾期と予想される。本県におけ
る産卵期は6月から9月頃で1回の産卵数は1
00から150卵で、産卵期間中におおよそ2週間間隔で数回産
卵する。成熟した雌個体は2年から4年間隔で産卵する。産卵上陸は日没後から早朝にかけて行う。砂
浜に上陸した雌個体は産卵に適した位置まで移動し、そこの砂中に深さ6
0―90cm程度の卵室を掘る。
生 息 地 の 条 件:
現在の生息状況:
学術的意義・ 評 価:
生存に対する 脅 威:
特
106
記
事
項:
そこに産卵しこれを埋め戻した後に帰海する。産出された卵は約2ヶ月で孵化する。この間の孵卵温度
によって孵化幼体の性別が決定される。砂中で孵化した幼体は集団を形成して自力で砂中から脱出し
た後、直ちに海中に入り活発に遊泳して沖合まで移動する。その後、海藻・海草類および流木等の浮
遊物とともに浮遊生活を行うと考えられているが詳細は不明。
本県の沿岸海域では周年に渡って様々な大きさのアオウミガメの生息が確認されているが、甲長3
0cm
以下の個体はほとんど見られない。また、季節的な個体サイズの変動が確認され、それぞれのサイズ
毎に異なる季節的な分布域の変動を繰り返していることが推測される。
標識放流や衛星追跡による結果から本県および国内に生息するアオウミガメが少なくとも国内の沿岸
から南シナ海およびヤップ諸島周辺をつなぐ広い海域を回遊していることが確認されている。
産卵は満潮時にも冠水しない砂浜の植生帯付近で、かつ、卵室を形成するために十分に砂の深さがあ
る場所が選ばれる。また、産卵場の砂は供給と流失のバランスがとれた適度な柔らかさが必要であ
る。海域における生息域は、植物食の傾向が強いことから海藻・海草類が分布する沿岸の浅海域を中
心に生息していると予想される。
本県の沿岸海域に生息するウミガメ類の内で最も多く見られるが、本種の生息状況を定量的に捉えた
情報はない。
アオウミガメの産卵場は世界の温暖な地域に散在しそれぞれの産卵集団は遺伝的にある程度独立して
いることが予想されている。小笠原諸島で産卵している本種の産卵集団は他の産卵場の集団と比較し
て遺伝的な多様性が見られる。本県における本種の産卵集団の遺伝的多様性については解明されてい
ないが他の産卵場とある程度、独立している可能性があり、それぞれの産卵集団を保全することは本
種の遺伝的多様性を維持する上で重要であると考えられる。
一方、本県の沿岸域に周年に渡って出現しているアオウミガメは未成熟個体が主体で繁殖個体とは異
なる遺伝的集団を形成している可能性がある。また、回遊経路を追跡したいくつかの調査・研究結果
は多様な遺伝的集団が本県の沿岸域を通過もしくは滞留していることを示唆しており、本県の沿岸域
における本種の保全は広い海域に生息する本種全体の保全に重要な意味があると考えられる。
産卵場である砂浜環境の荒廃と生息場所である沿岸海域環境の荒廃があげられる。
砂浜環境の荒廃としては、海岸護岸などの人工構築物によって砂浜の産卵に適した場所、もしくは砂
浜そのものが消失させられる直接的な荒廃と、産卵場となっている砂浜の近隣に建造される港湾施設
等の人工構築物によって潮流が変化し、これに起因して砂浜への砂の供給と流失のバランスが流失に
傾いて数年単位の時間経過の内に徐々に砂浜が痩せていく現象により産卵可能な場所が減少もしくは
消失する間接的荒廃が各地で散見される。また、産卵上陸する際には砂浜が暗く静穏に保たれている
ことが重要で、夜間のビーチパーティ等による砂浜の利用頻度が高い場所では産卵を避ける傾向があ
り、砂浜の環境に変化がなくてもその利用形態によってはウミガメ類の生存に驚異となることもあ
る。沿岸海域環境の荒廃としては、本種の餌となる海草・海藻類が多く分布する礁池内から礁斜面に
いたる本種の生存に特に重要な浅海域であり、この海域における護岸提、離岸提、海面埋め立てなど
の人工構築物の建造による摂餌場所の喪失および生息環境の変化、海洋レジャーによる船舶との衝
突、漁業活動による混獲および投棄された廃棄物の誤飲などがある。
漁業活動について
沖縄県漁業調整規則によって、産卵期間中にあたる6月から7月の2ヶ月間はすべてのウミガメの捕獲を
禁止し、また、産出された卵および孵化幼体の採集および砂浜における捕獲は禁止する措置がとら
れ、その他にもウミガメ類の年間捕獲頭数に頭数制限が定められている。しかし、ウミガメ類の産卵
爬虫類
期は4月から9月におよび、交尾期を含めるなら繁殖のために本県沿岸に来遊している期間はさらに長
期に及ぶと考えられる。従って、ウミガメ類の交尾期と産卵期間を含めた繁殖期間を考慮して、捕獲
禁止期間は延長されることが望まれる。
また、本県の沿岸域にはウミガメ類が周年をとおして生息しており、漁業によって混獲される個体数
は不明である。漁具・漁法によって状況は異なるが混獲された個体の多くは溺死することが多いこと
から、沿岸漁業とウミガメ類保全対策の合理的な共存が望まれる。特に、混獲による溺死を防止する
漁業技術の開発は急務であろう。
海岸および沿岸海域における人工構築物の建造について
砂浜およびその付近における人工構築物の建造は産卵場となっている砂浜を消失させるだけでなく、
産卵可能な場所の減少や砂の流失など長期的に砂浜の環境を産卵に不向きな環境に変化させる場合が
ある。従って、ウミガメ類の産卵場となっている砂浜およびその付近の海岸において人工構築物を建
造する場合には産卵可能な場所の確保と長期的な観測に基づく砂浜の砂の収支予測を実施し、砂浜の
産卵場としての機能を維持させるための配慮が必要である。また、沿岸海域に人工構築物を建造する
場合ではそこに存在する海藻・海草類の群落が恒久的に餌場としての機能を保持するための配慮が必
要である。
民生活動の影響について
砂浜を含む沿岸海域を利用する経済活動はウミガメ類の生息海域の保全に対する十分な配慮が必要で
ある。
産卵期間中の雌個体は産卵場付近に留まっているので、産卵期間中の産卵場付近の海域ではこれらの
驚異となるプレジャーボートや水上バイク等の乗り入れおよび漁業活動の規制等が望まれる。さら
に、産卵期間中の砂浜におけるビーチパーティ等のレジャー行為による夜間の砂浜利用を週末のみに
規制し、それ以外の日には砂浜環境を静穏に保つ等の配慮によって人とウミガメによる砂浜の時間的
な使い分けが求められる。
卵の保護および短期育成放流について
ウミガメ類の保護活動として、卵の移植、人工孵化およびその孵化幼体を短期間育成した後に沿岸海
域に放流する行為が、孵化率や生残率を高めることを目的として行われる場合がある。しかし、これ
らの行為がウミガメ類の保全に及ぼす功罪は現時点において不明であり無秩序に行うことは避けるべ
きである。
原
参
記
考
文
載: Linnaeus, C., 1758. Systema Naturae per Regna Tria Naturae, Secundum Classes, Ordines, Genera, Species,
cum Characteribus, Differentiis, Synonymis, Locis. Ed. 10., Laurenti Salvi, Stockholm.
献: 平手康市,2000.沖縄島近海に出現するウミガメ類集団の種,性,サイズ組成とその季節変動に関す
る研究.琉球大学大学院理工学研究科修士論文.
Kamezaki, N., 1989. The nesting sites of sea turtles in the Ryukyu Archipelago and Taiwan. “Current herpetology in East Asia”, M. Matsui, T. Hikida, and R.C. Goris (eds.), Herpetological Society of Japan, Kyoto, 342
―348.
亀崎直樹,1991.琉球列島におけるウミガメ類の産卵場の分布とその評価(予報).沖縄生物学会誌,
(29)
:29―35.
亀崎直樹,1994.タイマイ.“日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料( )”,日本水産資源保護
協会(編),日本水産資源保護協会,東京,479―491.
亀崎直樹,1994.オサガメ.“日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料( )”,日本水産資源保護
協会(編),日本水産資源保護協会,東京,519―530.
亀崎直樹,菊川章,平手康市,1998.沖縄県天然記念物調査シリーズ第38集 ウミガメ類生息実態調査
報告書
−宮古島及び周辺離島における調査結果−.沖縄県教育委員会,沖縄.
亀崎直樹,菊川章,平手康市,2001.沖縄県天然記念物調査シリーズ第40集 ウミガメ類生息実態調査
報告書
−八重山諸島における調査結果−.沖縄県教育委員会,沖縄.
亀崎直樹・太田英利・菊川章・平手康市・西銘盛光,1
996.沖縄県天然記念物調査シリーズ第3
6集ウ
ミガメ類生息実態調査報告書 −沖縄島及び周辺離島における調査結果−.沖縄県教育委員会,沖
縄.
Kikukawa, A., N. Kamezaki, K. Hirate, and H. Ota, 1996. Distribution of nesting sites of sea turtles in Okinawajima and adjacent islands of the central Ryukyus, Japan. Chel. Conserv. Biol., 2 : 99―101.
107
爬虫類
太田英利,1
996.アオウミガメ.
“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおきなわ
−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,332―333.
Prichard, P. C. and J. Mortimer, 1999. Taxonomy, External Morphology, and Species Identification. “Research
and Management Techniques for the Conservation of Sea turtles” Eckert, K. L., K. A. Bjorndal, F. A. Abreu
―Grobois, M. Donnelly (Ed.), IUCN/SSC Marine Turtle Specialist Group Publication No.4., 21―38.
Rene Marquez, M., 1990. Sea turtles of the world. FAO species catalogue. Vol.11. Food & Agr. Org. UN,
Rome.
菅沼弘行,1994.アオウミガメ.“日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料( )”,日本水産資源
保護協会(編),日本水産資源保護協会,東京,469―478.
菅沼弘行,1994.ヒメウミガメ.“日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料( )”,日本水産資源
保護協会(編),日本水産資源保護協会,東京,507―518.
内田 至,1994.アカウミガメ.“日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料( )”,日本水産資源
保護協会(編),日本水産資源保護協会,東京,492―506.
名: 平手康市
執
和
分
筆
者
名: アカウミガメ
類: カメ目 ウミガメ科
学
名: Caretta caretta (Linnaeus, 1758)
方
言
名: アカガーミー(沖縄県内全域)
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 類(VU)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧
形
類(VU)
態: 背甲の鱗板の表面は光沢がなく赤褐色で、椎甲板5枚、肋甲板5対であることが普通。背甲の椎甲板お
よび肋甲板はそれぞれ敷石状に隣接しお互いに重なり合うことはない。背面から見た背甲の輪郭の概
観は尾部方向に伸びた水滴形を呈し甲幅は腋部付近で最大となる。孵化幼体の甲長は約4cm、一方、
沿岸海域にみられる個体の甲長は45―100cm程度で、孵化幼体から甲長45cm程度までの個体は日本の沿
岸海域を離れて漂流物と共に浮遊生活をしていると考えられ発見されるのは極めて希である。
頭部はアオウミガメChelonia mydas およびタイマイEretmochelys imbricata と比較して大型で、頭部
を背面から見た概観はホームベース型を呈する。前額板は左右対称に2対もしくはこれらの接合する中
央に1枚を加えることが普通である。
孵化幼体の体色は背面および腹面ともに茶褐色であることからアオウミガメとは容易に区別が付く
が、タイマイとは類似する(アオウミガメの項を参照)
。孵化幼体の椎甲板および肋甲板の枚数および
配置は成体と同じ。
近似種との区別: アオウミガメの項を参照。
分 布 の 概 要: 世界中の温暖な海域を中心に生息し、国内では北海道南部の近海を含む沿岸水域のほぼ全体に見られ
る。また、ウミガメ類では最も高緯度地域に産卵場が分布し、国内で産卵が確認されているのは茨城
県以南の太平洋岸と福岡県以南の日本海岸および琉球列島の全域に及ぶが、小笠原諸島ではきわめて
希である。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 一属一種のみで近縁種は存在しない。
生 態 的 特 徴: 底棲性および浮遊性の無脊椎動物を中心とした動物食の傾向が強いが植物質の餌を摂食することもあ
る。
繁殖生態はおおよそアオウミガメと同様だが、本県におけるアカウミガメの産卵期は5月から7月に
多い。本県の沿岸海域では1月から5月に多く確認され、大型個体および成熟オス個体の出現がこの時
期に集中することから交尾および産卵のために本県の沿岸域に来遊しているものと推測される。上記
以外の時期は本県の沿岸域を離れ東シナ海および南シナ海などの沖合海域に移動することが標識放流
や衛星追跡による結果から推測される。
生 息 地 の 条 件: 産卵場の条件はアオウミガメと同様。
海域における生息域は動物食の傾向が強いことから植物食が中心のアオウミガメと比較して沿岸の浅
海域への依存度は低いと予想される。
現在の生息状況: アカウミガメは本県および国内の砂浜で産卵するウミガメ類の内で最も多く確認される種であるが、
近年、八重山地方ではアオウミガメが優占する傾向がある。
全国の主な産卵場では1
990年以降の産卵上陸頭数が激減する傾向が確認されている。一部の砂浜では
108
爬虫類
1998年以降産卵上陸頭数が回復する傾向が見られるが減少傾向に歯止めのかからない産卵場も多い。
本県における継続的な産卵状況調査は、八重山諸島黒島、慶良間諸島座間味島、宮古諸島宮古島にお
いて行われており、国内の主な産卵場と同様に産卵上陸頭数の減少傾向が確認されている。一方、海
域に生息する本種の生息状況を定量的に捉えた情報はない。
学術的意義・ 評 価: 北太平洋におけるアカウミガメの産卵場は日本以外では確認されておらずこの海域に生息する本種の
殆どが国内で産卵していることが遺伝学的調査により証明されており、国内および県内における本種
の産卵環境は本種の保全を考える上で極めて重要である。
生存に対する 脅 威: ほぼアオウミガメと同様である。ただし、本種の生息海域はアオウミガメと比較して沖合にまで展開
していることが予想されることから、生息海域における生存の驚異としては沖合での延縄および底引
き網漁業などによる混獲および投棄された廃棄物の誤飲などの影響も懸念される。
特 記 事 項: アオウミガメの項を参照。
原
記
載: Linnaeus, C., 1758. Systema Naturae per Regna Tria Naturae, Secundum Classes, Ordines, Genera, Species,
cum Characteribus, Differentiis, Synonymis, Locis. Ed. 10., Laurenti Salvi, Stockholm.
参 考 文 献: Dodd, K., Jr., 1988. Synopsis of the biological data on the loggerhead sea turtle Caretta caretta (Linnaeus).
US Fish and Wildlife Serv. Biol. Rep., 88(4) : 1―110.
平手康市,2000.沖縄島近海に出現するウミガメ類集団の種,性,サイズ組成とその季節変動に関す
る研究.琉球大学大学院理工学研究科修士論文.
Kamezaki, N., 1989. The nesting sites of sea turtles in the Ryukyu Archipelago and Taiwan. “Current herpetology in East Asia”, M. Matsui, T. Hikida, and R.C. Goris (eds.), Herpetological Society of Japan, Kyoto, 342
―348.
亀崎直樹,1991.琉球列島におけるウミガメ類の産卵場の分布とその評価(予報)
.沖縄生物学会誌
(29): 29―35.
亀崎直樹・太田英利・菊川 章・平手康市・西銘盛光,1
996.沖縄県天然記念物調査シリーズ第3
6集
ウミガメ類生息実態調査報告書 −沖縄島及び周辺離島における調査結果−.沖縄県教育委員
会,沖縄.
亀崎直樹・菊川 章・平手康市,1998.沖縄県天然記念物調査シリーズ第38集 ウミガメ類生息実態調
査報告書
−宮古島及び周辺離島における調査結果−.沖縄県教育委員会,沖縄.
亀崎直樹・菊川 章・平手康市,2001.沖縄県天然記念物調査シリーズ第40集 ウミガメ類生息実態調
査報告書
−八重山諸島における調査結果−.沖縄県教育委員会,沖縄.
Kamezaki, N., Y. Matsuzawa, O. Abe, H. Asakawa, T. Fujii, K. Goto, S. Hagino, M. Hayami, M. Ishii, T.
Iwamoto, T. Kamata, H. Kato, J. Kadoma, K. Kondo, I. Miyawaki, K. Mizobuti, Y. Nakamura, Y. Nakashima, H. Naruse, K. Omuta, M. Samejima, H. Suganuma, H. Takeshita, T. Tanaka, T. Toji, M. Uematsu, A.
Yamamoto, T. Yamato and I. Wakabayashi, 2003. Loggerhead Turtles Nesting in Japan. “Loggerhead Sea
Turtles”, Bolten, A. B. and B. E. Witherington (Ed.), Smithsonian Institution, 210―217.
Kikukawa, A., N. Kamezaki, K. Hirate, and H. Ota, 1996. Distribution of nesting sites ofsea turtles in Okinawajima and adjacent islands of the central Ryukyus, Japan. Chel. Conserv. Biol., 2 : 99―101.
太田英利,1
996.アカウミガメ.
“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおきなわ
−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,333―334.
Prichard, P. C. and J. Mortimer, 1999. Taxonomy, External Morphology, and Species Identification. “Research
and Management Techniques for the Conservation of Sea turtles”, Eckert, K. L., K. A. Bjorndal, F. A.
Abreu―Grobois, M. Donnelly (Ed.), IUCN/SSC Marine Turtle Specialist Group Publication No.4., 21―38.
Rene Marquez, M., 1990. Sea turtles of the world. FAO species catalogue. Vol.11. Food & Agr. Org. UN,
Rome.
内田 至,1994.アカウミガメ.“日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料( )”,日本水産資源
保護協会(編),日本水産資源保護協会,東京,492―506.
執 筆 者 名: 平手康市
和
分
名: ヤエヤマセマルハコガメ
類: カメ目 ヌマガメ科
学
名: Cistoclemmys flavomarginata evelynae Ernst et Lovich, 1990
109
爬虫類
方
言
名: ヤマルコーザー
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 類(VU)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧 類(VU)
形
態: 背甲長は11cm―17cmの個体が多いが、まれに19cmに達する。体の大きさに対して、頭の大きさが雄>
雌という性的二型が認められる。頭部側面は淡い黄色で、顎の色は雌では淡い黄色であるのに対し、
少なくとも繁殖時期の雄の顎は橙色の個体がみられる。暗褐色の背甲はドーム型で、側縁や後縁の切
れ込みや縦状隆起はほとんど認められない。黒色の腹甲には中央に蝶番構造があり、前後の甲板が可
動で、四肢・頭部などを完全に甲らに閉じこめることができる。
近似種との区別: 背甲がドーム型であることや腹甲に蝶番構造があることから、石垣島・西表島に分布するヤエヤマイ
シガメとは容易に区別できる。台湾や中国大陸の別亜種とは、肋甲板に見られる淡色斑が大きい点や
腹甲の暗色部が甲橋部から伸びる淡色部によって明瞭にくびれている点で区別できる。
分 布 の 概 要: 八重山諸島の石垣島と西表島に固有に分布する。八重山諸島のほかの島から遺骸が見つかることがあ
るが、人為的な移入であることが示唆されている。沖縄島でしばしば見つかる個体は、明らかに人為
的移入による。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 基準亜種(C. f. flavomarginata)が台湾に、別亜種(C. f. sinensis)が中国大陸
東部に、近縁種のインドシナハコガメ(C. galbinifrons)が中国南東部、ベトナム北部に分布する。
生 態 的 特 徴: 年間を通して活動するが、気温の低い冬季は活動が低下する。3月下旬―9月下旬に西表島で交尾が観察
されている。その際、雄は雌の背甲前面をくわえてゆすり、雌が抵抗しなくなってから交尾する。沖
縄島での野外飼育観察によると、4月から9月に地面に5―8cmの深さの穴を掘り、長径4.
0―5.
4cm、短径
2.
3―2.
9cm、重量13.
3―26.
3gの卵を一度に1―4個産み、一シーズンに同一個体が1―3回産卵する。卵は7
3―4.
2cmである。可動
月上旬―11月下旬に孵化し(孵化までの日数:66―96日)、孵化個体の背甲長が3.
性の腹甲によって甲らを完全に閉じることができることから、成体には天敵がほとんどいないと思わ
れる。一方、幼体の死体(甲ら)は野外でしばしば確認されており、イリオモテヤマネコや捕食性鳥
類による捕食の可能性が指摘されている。雑食性で、シイ、カシ、フトモモ、アダン、イヌビワの
実、パイナップル、サツマイモなどの植物質のものから、昆虫類、ミミズ類、陸産貝類などの小動
物、さらに大型動物の死体まで、さまざまなものを食べる。
生 息 地 の 条 件: 林縁部の耕作地などでも目撃されることがあるが、湿地や河川などに近い、林床が湿潤な照葉樹林に
多い。山地林よりも低湿地の森林のほうが密度が高いようである。
個 体 数 の 動 向: 定量的な資料はないが、石垣島で比較的密度の高い於茂登岳一帯では、1
0年ほど前にくらべ、密度が
半減している。
現在の生息状況: 石垣島では島全域に生息するものの、於茂登岳やそれに連なる山麓以外では激減している。西表島で
はほぼ全域に分布しているが、林床の乾燥した山地や二次林などには少ない。
学術的意義・ 評 価: ヤエヤマセマルハコガメは台湾や中国の集団とは別種という見解もあるが、分化の程度についての研
究は進んでおらず、より詳細な学術的研究が望まれる。
生存に対する 脅 威: 生息場所となる広葉樹林の伐採による生息場所そのものの消失に加えて、森林の乾燥化は明らかに生
存に対する脅威となっている。また、森林を横切る形で敷設された道路を横断する個体の交通事故
死、沈砂池や側溝への転落死など、本種の個体数減少要因は多い。さらに石垣島では、島全域で増殖
しているオオヒキガエルによる餌をめぐる競争による圧迫が懸念されている。また、繁殖率の低さな
らびに成体になった後の死亡率が低いことが予想されることから、行楽客などによるペットとしての
違法採集も本種の個体群に無視できない影響を与えている可能性がある。広範な啓発が望まれる。
特 記 事 項: 国指定天然記念物(1972年)。
原
参
記
考
文
載: Ernst, C. H. and J. E. Lovich., 1990. A new species of Cuora (Reptilia : Testudines : Emydidae) from the
Ryukyu Islands. Proc. Biol. Soc. Wash., 103 : 26―34.
献: Chen, T.―H. and K.―Y. Lue, 1999. Population characteristics and egg production of the yellow―margined box
turtle, Cuora flavomarginata flavomarginata , in northern Taiwan. Herpetologica, 55 : 487―598.
Chen, T.―H. and K.―Y. Lue, 2002. Growth patterns of the yellow―margined box turtle (Cuora flavomarginata ) in northern Taiwan. J. Herpetol., 36 : 201―208.
Ernst, C. H. and R. W. Barbour., 1989. Turtles of the World. Smithonian Institution Press, Washington, D. C.
Honda, M., Y. Yasukawa, R. Hirayama and H. Ota, 2002. Phylogenetic relationships of the Asian box turtles of
the genus Cuora sensu lato (Reptilia : Bataguridae) inferred from mitochondrian DNA sequences. Zool.
Sci., 19 : 1305―1312.
Iverson, J. B., 1992. A revised checklist with distribution maps of the turtles of the world. Privately printed,
Richmond, Indiana.
110
爬虫類
Lue, K.―Y. and T.―H. Chen, 1999. Activity, movement patterns, and home range of the yellow―margined box
turtle (Cuora flavomarginata ) in northern Taiwan. J. Herpetol., 33 : 590―600.
McCord, W. P. and J. B. Iverson, 1991. A new box turtle of the genus Cuora (Testudines : Emydidae) with
taxomic notes and a key to the species. Herpetologica, 47 : 407―420.
松井正文,1991.セマルハコガメ.“日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータブック− 脊
椎動物編”,環境庁(編),日本野生生物研究センター,東京,226―227.
太田英利,1995.琉球列島における爬虫・両棲類の移入.沖縄島嶼研究,13:63―78.
太田英利,1995.セマルハコガメ.“日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料( )”,日本水産資
源保護協会(編),日本水産資源保護協会,東京,449―454.
Ota, H., Y. Yasukawa and J. Fu, 1996. in press. Cuora flavomarginata (Gray, 1863), Yellow―margined box
turtle. “Biology and Conservation of Freshwater Turtles”, P. P. van Diek, A. G. Rhodin and P. Prichard
(eds.), Chelonian Research Foundation, Lunenburg.
太田英利,1996.セマルハコガメ.“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおきなわ
−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,334―335.
執
和
分
筆
者
太田英利,2000.セマルハコガメ.“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータブッ
ク−(爬虫類両生類)”,環境省(編),自然環境研究センター,東京,40―41.
太田英利・濱口寿夫(編)
,200
3.沖縄県天然記念物調査シリーズ第4
1集 リュウキュウヤマガメ・セ
マルハコガメ生息実態調査報告書.沖縄県教育委員会,99pp.
大谷 勉,1988.飼育下におけるセマルハコガメの産卵場と卵の測定値.Akamata,5:3―4.
大谷 勉,1988.飼育下におけるセマルハコガメの孵化.Akamata,5:5.
大谷 勉・喜屋武優子,1998.セマルハコガメの飼育産卵個体と卵・孵化個体の測定.Akamata, 14 :
21―24.
田中 聡・佐藤文保,1
983.野外におけるセマルハコガメCuora flavomarginata flavomarginataの交尾
目撃例.沖縄生物学会誌,21:75―76.
田中 聡・辻 雅明,1985.イリオモテヤマネコによるセマルハコガメ幼体の捕食の可能性.沖縄島
嶼研究,3:1―3.
田中 聡,1984.セマルハコガメ幼体の鳥による捕食の可能性.Akamata,2:5.
名: 田中 聡
名: クロイワトカゲモドキ
類: 有鱗目 トカゲモドキ科
学
名: Goniurosaurus kuroiwae kuroiwae (Namiye, 1912)
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 類(VU)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧
形
類(VU)
態: 他の亜種と同様に、頭胴長が7.
5―10cmで、生来の尾の長さは頭胴長の8
5%程度。指下板がなく、眼に
は瞼があるなど、原始的な形質を持つ。虹彩は赤紫色か赤褐色。背面は黒褐色あるいは暗褐色の地
に、成体では、胴部に体軸に平行な淡桃色の縦条があるが、変異が大きい。暗色部には小斑がみられ
るが、縦条がなく小斑だけの個体もいる。沖縄島中南部個体群の幼体では不規則に切れた橙色の縦条
斑紋があるが、その形は変異が大きい。沖縄島北部の個体群では、幼体には横帯がみられ、成体に
なった後も横帯が薄く残っている個体もいる。もとの尾には白色の横帯があるが、自切後に再生した
尾は中央がふくらんだ太短い形状で、白色の不規則な模様が入る。腹面は淡褐色で、扁平な瓦状の鱗
が並ぶ。
近似種との区別: ほかの4亜種とは違い、成体では背面に体軸に垂直な帯状の斑紋がみられないか、あっても薄い点で識
別できる。
分 布 の 概 要: 沖縄島、瀬底島、古宇利島に固有に分布する。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 別亜種であるクメトカゲモドキが久米島に、マダラトカゲモドキが渡名喜島、慶
良間諸島、伊江島に、イヘヤトカゲモドキが伊平屋島に、オビトカゲモドキが徳之島に分布する。こ
れらを合わせた種クロイワトカゲモドキに最も近縁であるベトナムトカゲモドキG. lichtenfelderiはベ
トナムや中国南東部に分布するが、その間には近縁種がおらず、これらの種群の遺存性を示してい
る。
生 態 的 特 徴: 冬は低温のため活動が低下するが、冬眠はせず、冬でも暖かい日には活動個体がみられる。活動は気
111
爬虫類
生 息 地 の 条 件:
個 体 数 の 動 向:
現在の生息状況:
学術的意義・ 評 価:
生存に対する 脅 威:
特
記
事
温により制約されるが、6月から8月には気温が活動にとって十分高いため、日々の活動は気温に制約
されない。4月―7月頃までの交尾時期には繁殖活動のため活性が高まるため、気温が十分である6月―7
月に活動性が最も高い。沖縄島南部の個体群では、雌は5月下旬から8月下旬に2―3回程度、一度に2個
を産卵する。9月頃から出現する頭胴長4cm程度の幼体は、翌々年の春には頭胴長が7.
6―7.
7cmにな
り、繁殖に参加する。野外における平均寿命は不明。なわばりは持たず、闘争行動なども知られてい
ない。採餌行動はマダラトカゲモドキと同様であることが予想される。ワラジムシ、ムカデ、徘徊性
のクモ類などの地上性の無脊椎動物を食べる。しばしば、洞穴や墓のなかでも見つかる。ガラスヒ
バァ・ハイなどのヘビ類が天敵として知られているが、潜在的な天敵として、アカマタ・ヒメハブ・
オオムカデ等が考えられる。
林床の湿潤な常緑広葉樹林で、林床に餌となる多くの土壌動物がおり、シェルターとなる岩穴などの
ある場所。
1970年代にきわめて高密度で生息していた那覇市のある森では、ほぼ絶滅したものと思われる。減少
要因として乱獲や遺棄されたノネコによる捕食が考えられる。従来、中南部の石灰岩地林で比較的密
度の高かった場所も、減少傾向にある場所が多い。
沖縄島の北部森林地域よりも中南部の石灰岩地帯の森林で密度が高いが、年々、個体数が減少してい
る。
ヤモリ類のなかで、原始的なグループで、中琉球の遺存固有種である。中琉球で細かく分化してお
り、琉球列島全体だけでなく、各島の地史を明らかにする上でも学術的価値が高い。さらに、沖縄島
のなかでの遺伝的分化を示唆する資料も得られており、中南部の個体群も独自のものとして保全に努
めなければならない。
森林開発による生息場所の消失、ノネコ・マングースなどによる捕食、沖縄島南部における外来種サ
キシマハブによる捕食、御嶽林での林床の落葉等の除去による餌動物の減少などに加えて、近年、特
に注意しなければならないのは違法採集である。違法採集をおこなった米国人が警察に身柄を拘束さ
れた事例がある。現在もアメリカ合衆国などのペットショップで販売されていることが確認されてい
る。繁殖率の低い生活史特性から、成体の乱獲は個体群に重大な影響をおよぼす。早急な調査により
現状を把握し、適切な対策をとるべきである。
項: 県内亜種については、種全体として県指定天然記念物(1978年)。徳之島のオビトカゲモドキGoniuro-
saurus kuroiwae splendens は、鹿児島県指定の天然記念物(2003年)。
原
参
記
考
載: 波江元吉,1912.沖縄産守宮類に就いて.動物学雑誌,24:442―445.
文
献: Grismer, L. L., H. Ota and S. Tanaka, 1994. Phylogeny, classification, and biogeography of Goniurosaurus
kuroiwae (Squamata : Eublepharidae) from the Ryukyu Archipelago, Japan, with description of a new subspecies. Zool. Sci., 11 : 319―335.
勝連盛輝,2005.誘導網付きハブトラップの野外における捕獲実験 ,沖縄特殊有害動物駆除対策基
本調査報告書,(XXVIII)
:35―40.
Ota, H., 1989. A review of the geckos (Lacertilia : Reptilia) of the Ryukyu Archipelago and Taiwan. “Current
Herpetology in East Asia”, M. Matsui, T. Hikida, and R. C. Goris (eds.), Herpetological Society of Japan,
Kyoto, 349―357.
太田英利,1996.クロイワトカゲモドキ.“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータお
きなわ−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,335.
太田英利,2000.クロイワトカゲモドキ.“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデー
タブック−(爬虫類両生類)”,環境省(編),自然環境研究センター,東京,44―45.
太田英利,2000.琉球列島希少爬虫・両生類の違法採集.WWFJ,271:5.
田中 聡,1986.ハイに捕食されたクロイワトカゲモドキの尾.Akamata,3:8.
田中 聡,1986.ガラスヒバァの胃内容物についての新知見.Akamata,3:5―7.
田中 聡,199
3.森林での夜行生活 クロイワトカゲモドキ.
“朝日百科 動物たちの地球 1
02号”,朝
日新聞社,1
68―169.
田中 聡,1996.クロイワトカゲモドキ.“日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”,千石
正一・松井正文・疋田 努・仲谷一宏(編),平凡社,67―68,71.
Tanaka, S. and M. Nishihira, 1987. A field study of seasonal, daily, and diel activity patterns of Eublepharis
kuroiwae kuroiwae . Herpetologica, 43 : 482―489.
Tanaka, S. and M. Nishihira, 1989. Growth and reproduction of the gekkonid lizard Eublepharis kuroiwae
kuroiwae . “Current Herpetology in East Asia”, M. Matsui, T. Hikida, and R. C. Goris (eds.), Herpetological Society of Japan, Kyoto, 349―357.
112
爬虫類
Werner, Y. L., H. Takahashi, W. J. Mautz and H. Ota, 2005. Behavior of the terrestrial nocturnal lizards Goniurosaurus kuroiwae kuroiwae and Eublepharis macularius (Reptilia : Eublepharidae) in a thigmothermal gradient. J. Therm. Biol., 30 : 247―254.
執
筆
者
名: 田中
聡
名: オキナワキノボリトカゲ
類: 有鱗目 アガマ科
和
分
名: Japalura polygonata polygonata (Hallowell, 1861)
名: 沖縄諸島内の各字や集落で異なる方言が多いので、その一端をあげる。アタク、アーナー、アササー
クェー、アハカー、ゥワートーヤー、ウーアタカー、キシジョックェー、コーレー、コーレーグス、
コーレーグスクェー、ジーペー、ジューミー、ソーゾーミーヤー、ナガジュー、ハラゴンフェー、
ホーレーグスクェーなど
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 類(VU)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧 類(VU)
学
方
言
形
態: 体サイズの性的二型が著しく、全長は雄で31cm、雌で24cmになり、尾は全長の70%程度。頭胴長は雄
で9.
3cm、雌で7.
7cmに達する。樹上生活に適応し、四肢・指趾が長く、爪も大きい。頚部から胴部の
背中線上には鋸歯状の大型鱗が並んでいる。この鱗も雄のほうでよく発達する。体色は、通常、雄で
は緑色で、地域によって体軸に平行した黄色の縦条が体側にみられる。雌は、緑色の地に黒褐色の模
様が入る。雌雄共に、体全体の体色を黒褐色にまで変化させることができる。幼体は茶褐色で、体色
を変化させることができない。
近似種との区別: 体が大きく、雄は全体的に鮮やかな緑色を呈することから他の亜種と区別できる。本亜種の分布域に
はよく似た種はいないため、間違うことはない。
分 布 の 概 要: 奄美諸島(奄美大島・喜界島・加計呂麻島・請島・与路島・徳之島)、沖縄諸島(沖縄島・伊平屋島・
屋我地島・古宇利島・瀬底島・渡名喜島・久米島・座間味島・阿嘉島・慶留間島・渡嘉敷島・伊計
島・宮城島・平安座島・浜比嘉島・津堅島)に分布する。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 別亜種サキシマキノボリトカゲが先島諸島に、ヨナグニキノボリトカゲが与那国
島に、キグチキノボリトカゲJ. p. xanthostoma が台湾北部に分布する。
生 態 的 特 徴: 4月―8月にもっとも活動性が高いが、冬でも気温が高い場合には活動している個体がみられる。4月か
ら9月に一度に1―4個を地面の落葉下や少し土を掘って地中に産卵する。卵期間は1カ月半程度で、孵化
5cm。中南部の石灰岩地帯林では、雄は3
5 ほどの配偶なわばりを持ち、複数の
仔の頭胴長は2.
2―2.
雌の行動圏と重複している個体もいる。なわばり雄は、目立つ鮮やかな緑色を呈しながら、まわりか
ら見通しのよい幹にとまり、下向きに探索姿勢でいることが多いが、さらに、まわりに他の雄がいな
い場合でさえ、しばしば宣伝ディスプレイという腕立て伏せ行動により、自分の存在を誇示する。な
わばり内に他の雄が侵入した場合、侵入雄がなわばり雄に追い払われることが多いが、力が拮抗して
いる場合、闘争がはじまる。闘争は、互いに逆方向を向きながら相手に体側面を誇示し、腕立て伏せ
行動等の定型的な威嚇ディスプレイをおこなう。求愛の時には、雄の体色は若干褐色をおび、首を縦
に振る求愛ディスプレイをおこなう。待ち伏せ型の採餌行動で、多くの昆虫が餌動物となるが、数の
上ではアリが最も多い。
生 息 地 の 条 件: リュウキュウマツ林などにもみられるが、常緑広葉樹林で、落葉があり、土壌動物が豊富である一
方、下草のあまりない場所を好む。自然林のほか、人工林や住宅の庭などでもみられることがある。
個 体 数 の 動 向: 沖縄島那覇市では20年前から1/5∼1/10に個体数が激減した場所もある。中南部の多くの場所でも同
様の傾向がみられる。
現在の生息状況: 沖縄島の中南部では1970―1980年代にくらべ個体数が減少した場所が多い。
学術的意義・ 評 価: 日本国内では、琉球列島の種キノボリトカゲ以外にアガマ科のトカゲはいない。旧世界の熱帯域を中
心に分布するアガマ科のなかで、もっとも北に分布するため、アガマ科の進化史や生物地理を明らか
にする上で学術的価値が高い。また、日本に分布するトカゲ類で、なわばり制を基本とした明確な社
会構造を持つ種はほかにはいない上、島嶼間や島嶼内の生息場所による体のサイズ等の変異もあり、
島嶼における生物の適応現象を研究する対象としても学術的価値が高い。
生存に対する 脅 威: 森林伐採・開発による生息場所となる森林の消失、ペットとしての乱獲が影響として大きい。沖縄島
ではジャワマングースによる捕食の影響も大きいと考えられる。
113
爬虫類
原
参
記
考
文
載: Hallowell, E., 1861. Report upon the reptilia of the North Pacific exploring expedition, under command of
Capt. John Rogers. USN Proc. Acad. Nat. Sci. Phila., 1860 : 480―510.
献: Ota, H., 1991. Taxonomic redefinition of Japalura swinhonis Gunther (Agamidae : Squamata), with a description of a new subspecies of J. polygonata from Taiwan. Herpetologica, 47 : 280―294.
太田英利,1996.キノボリトカゲ.“日本動物百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”,千石正一・疋
田努・松井正文・中谷一宏(編),平凡社,東京,72―73.
太田英利,2000.キノボリトカゲ.
“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータブッ
ク−(爬虫類両生類)”,環境省(編),自然環境研究センター,東京,46―47.
田中 聡,1993.なわばりを守る雄,キノボリトカゲ.朝日百科動物たちの地球,102:178―18
0.
Tanaka, S. and M. Nishihira, 1981. Notes on an agamid lizard, Japalura polygonata. Biol. Mag. Okinawa, 19 :
33―39.
当山昌直,1983.阿嘉島の動物の方言について.“県立博物館調査報告書 −座間味村(ざまみそん)
−”,沖縄県立博物館,23―2
9.
当山昌直,1989.佐敷町の動物の方言.“佐敷町誌(3 自然)”,佐敷町,403―451.
当山昌直,1989.宜野座の動物方言.“宜野座村誌(第3巻)”,宜野座村,830―860.
当山昌直,2003.名護市の爬虫類.
“名護市天然記念物調査シリーズ第5集 名護市の自然 名護市動植
物総合調査報告書”,名護市教育委員会,199―223.
当山昌直・神谷保江・国吉朝子・翁長丈子,1998.南風原町の動植物の方言名.
“南風原町史 第二巻
自然・地理資料編”,南風原町,645―796.
名: 田中 聡
執
和
分
筆
者
名: バーバートカゲ
類: 有鱗目 トカゲ科
学
名: Eumeces barbouri Van Denburgh,1912
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 類(VU)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧
形
類(VU)
態: 全長180mmに達する。頭胴長52―73mm。幼時は、背中に黄金色の白い縦線があり、尾はオキナワトカ
ゲより鮮やかな紺色をしている。成長にしたがってこれらの紋様は消失し、鮮やかな褐色の体色に変
わる。
近似種との区別: 同じ島にいるオキナワトカゲとは生息地が異なり、幼時の色彩は鮮やかで、成長しても鮮やかな色彩
が痕跡として残る。
分 布 の 概 要: 奄美・沖縄諸島に分布し、沖縄諸島では沖縄島、伊平屋島、久米島、渡嘉敷島から知られている。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 本種と同じトカゲ属に属するオキナワトカゲが同一の島に分布する。キシノウエ
トカゲが宮古・八重山諸島に、イシガキトカゲが八重山諸島に分布する。いずれの種も幼時には白い
縦線があり尾は青い。
生 態 的 特 徴: イタジイ林に生息し、日光浴をしながら体温を調節している姿をみることができる。クモ類や陸貝な
どを食べる。
生 息 地 の 条 件: イタジイからなる山地森林域に生息する。
個 体 数 の 動 向: 詳細な数の動向は不明。沖縄島は、全体的にみてイタジイ林の消失とマングースによる駆逐のため減
少し、現在でもそれが進行していると考えられる。離島の個体群も同様な傾向にあるものと思われ
る。
現在の生息状況: 沖縄島北部に生息するが、本部・今帰仁・名護における詳細な情報は少ない。名護市源河においては
確認が困難な状態になっているように思われる。国頭村・大宜味村・東村の舗装された林道沿いでは
見かける機会が少なくなっている。離島に関する現在の状況は情報不足。
学術的意義・ 価 値: 琉球列島の中琉球に分布する固有種で、イタジイ林からなる山地森林域に限られたところに生息し、
生態的にも珍しい種類。
生存に対する 脅 威: 諸開発により森林域の環境が変わると見られなくなることから、環境の撹乱に脆弱な種と思われる。
また、移入動物のマングースによる捕食も懸念される。琉球列島では、イタチやマングースなどの肉
食獣がトカゲ属に対して深刻な影響を及ぼしていると思われる例があり、イタチやマングースが放さ
れ定着した島では各種トカゲ属の減少が目立っている。
特 記 事 項: 奄美・沖縄諸島固有種。
114
爬虫類
原
記
載: Van Denburgh, J., 1912. Advance diagnoses of new reptiles and amphibians from the LooChoo Islands and
Formosa. Privately printed, San Francisco, 8.
参 考 文 献: 疋田 努,1996.バーバートカゲ.“日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”,千石正一・
松井正文・疋田 努・仲谷一宏(編),平凡社,東京,81.
太田英利,2000.バーバートカゲ.
“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータブッ
ク−(爬虫類・両生類)”,環境庁自然保護局野生生物課(編),自然環境研究センター,東京,4
8―
49.
太田英利・疋田 努・当山昌直,1
991.沖縄諸島・渡嘉敷島からのバーバートカゲの記録.Akamata,
7:9―10.
当山昌直,1984.沖縄群島の両生爬虫類相( )−渡嘉敷島・久米島−.沖縄県立博物館紀要,10:25
―36.
当山昌直,1993.奄美大島におけるトカゲ属の一観察例.Akamata,8:21―22.
当山昌直,1
996.バーバートカゲ.“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおきなわ
−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編)
,沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,336.
当山昌直・佐藤文保,1
985.バーバートカゲの伊平屋島からの記録.沖縄生物学会誌,23:2
5―27.
執 筆 者 名: 当山昌直
名: ミヤコトカゲ
類: 有鱗目 トカゲ科
和
分
学
名: Emoia atrocostata atrocostata (Lesson, 1830)
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 類(VU)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧
形
類(VU)
態: 全長約20cmに達する。頭胴長5.
7―9.
2cm。四肢は比較的長く体形はスマート。
近似種との区別: 同属の種類は国内には分布しないので、同じトカゲ科のキシノウエトカゲやサキシマスベトカゲとの
区別は難しくない。
分 布 の 概 要: 宮古島、大神島、池間島、伊良部島、来間島。西太平洋熱帯海洋域の島々に広く分布する。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 宮古諸島は本種、そして本属全体でも分布の北限になる。国内では宮古諸島のみ
に分布。
生 態 的 特 徴: 岩礁性の海岸域だけで見つかっている。海岸付近に生息するフナムシなどを食べているようである。
冬場の晴天日は岩の上で日光浴している姿もみられる。
生 息 地 の 条 件: 宮古諸島では岩礁性の海岸に生息しているが、熱帯域ではマングローブにも生息している。宮古のマ
ングローブでも見つかる可能性がある。
個 体 数 の 動 向: 詳細な数の動向は不明。海岸の開発によって生息地が減少したことから、全体的な個体数も減少した
と考えられる。
現在の生息状況: 琉球石灰岩からなる岩礁性の海岸に生息しているが、宮古諸島でも特定の場所でしかみつかっていな
い。
学術的意義・ 評 価: 宮古諸島は本属の北限付近にあたり、北限に生息する動物として貴重である。また、国内では海岸に
すむトカゲ類として特異な生態を備えている。
生存に対する 脅 威: 海岸の開発が本種の存続の脅威となる。平良市荷川取の海岸は、宮古島における本種の生息が半世紀
ぶりに確認された場所であったが開発によって消失した。イタチによる影響もあると思われるが詳細
は不明。
原
参
記
考
載: Lesson, R. ―P., 1830. Observations gene’rales sur les reptiles recueillis dans le voyage de lacorvette La Coquille. “Voyage autour du monde, exe’cute’ par―ordre du Roi, sur la corvette de sa majeste’”, L. I. Duperrey
(gen. ed.), La Coguille, pendant les anne’es. 1822―1825, Arthus Bertrand, Paris, 1―24.
文
献: Brown, W. C., 1991. Lizards of the genus Emoia (Scincidae) with observations on their evolution and biogeography. Mem. Calif. Acad. Sci., 15 : 1―94.
疋田 努,1996.ミヤコトカゲ.“日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”
,千石正一・
松井正文・疋田 努・仲谷一宏(編),平凡社,東京,81.
饒平名里美・当山昌直・安川雄一郎・陳 陽隆・高橋 健・久貝勝盛,1
998.宮古諸島における陸生
爬虫両生類の分布について.平良市総合博物館紀要,5:23―38.
115
爬虫類
執
筆
者
太田英利,2000.ミヤコトカゲ.“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータブック
−(爬虫類・両生類)”,環境庁自然保護局野生生物課(編),自然環境研究センター,東京,50―51.
当山昌直,1976.ミヤコトカゲの生息の確認.沖縄生物学会誌,14:61―66.
当山昌直,1976.宮古群島の両生爬虫類相(I).爬虫両棲類学雑誌,6
(3)
:64―74.
当山昌直,1981.宮古群島の両生爬虫類.沖生教研会誌,14:30―39.
当山昌直,1
996.ミヤコトカゲ.
“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおきなわ
−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,336―337.
Van Denburgh, J., 1912. Concerning certain species of reptiles and amphibians from China, Japan, the Loo―
Choo Islands, and Formosa. Proc. Calif. Acad. Sci., 4th Ser., 3 : 187―258.
名: 当山昌直
名: ミヤラヒメヘビ
類: 有鱗目 ナミヘビ科
和
分
学
名: Calamaria pavimentata miyarai Takara, 1962
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 類(VU)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧
形
類(VU)
態: 全長27―37cmの小型のヘビ。頭幅は狭く、頚部にくびれがない。尾は太短く(全長の7―11%程度)、先
端が尖っている。全体としては、円筒形をした体形をしている。背面は青みがかった黒褐色をし、鱗
には光沢がある。一見すると大きなミミズやメクラヘビにも似るが、腹面は鮮やかな黄色の地に暗色
の細かい横縞が入っているため、識別は容易である。
近似種との区別: 別亜種タイワンヒメヘビとは尾下板数が多いこと(雄27、雌21:タイワンヒメヘビでは雄20―25、雌16
―18)で、また同属の別種ミヤコヒメヘビとは腹板数が多いこと(雄157―162、雌170―174:ミヤコヒメ
ヘビでは雄142―152、雌158―162)で識別できる。
分 布 の 概 要: 与那国島に固有の亜種。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 東南アジア、中国中部、インド、台湾などには別亜種のタイワンヒメヘビが分布
しており、宮古島と伊良部島には別種のミヤコヒメヘビが分布している。
生 態 的 特 徴: 森林内で、大きな石や倒木を引き起こすと、その下に隠れていることがある。生態や生息状況に関す
る知見は極端に少ないが、餌としてミミズが知られている。ヒメヘビ属の他の種と同様に隠性の傾向
が強く、林内の湿った環境に依存していると推測され、乾燥に弱いことが予想される。
生 息 地 の 条 件: 林床が湿潤で落ち葉が多くつもっており、隠れ場所となる石や岩、倒木のあるような環境。一定の広
がりをもった安定的な森林環境が不可欠と思われる。
現在の生息状況: これまでに得られた標本は10頭前後に過ぎず、その約半数は側溝中で乾燥した死体として拾得された
ものである。生息数は、極めて少ないと考えられる。
学術的意義・ 評 価: 現在のところ、本種の分布は与那国島だけであり、近縁亜種が台湾に、類縁種が宮古諸島で確認され
ている。八重山諸島の動物相で、とりわけ台湾や東南アジアと石垣島、西表島の関連を考えるとき
に、本種の存在は重要な位置を占めている。
生存に対する 脅 威: 与那国島の中でも、森林域は限られており、林道などの建設で森林が分断され、乾燥的な環境が広が
ると、本種の生息にとって大きな脅威となる。
原
参
執
116
記
考
筆
載: 高良鉄夫,1962.琉球列島における陸棲蛇類の研究.琉球大学農家政工学部学術報告,
(9)
:1―202,
22.
文 献: Mori, A. and H. Moriguchi, 1988. Food habits of the snakes in Japan : a critical review. The Snake, 20 : 98―
113.
者
太田英利,1
982.ミヤラヒメヘビ(Calamaria pavimentata miyarai)の死体拾得の報告,およびタ
イ ワ ン ヒ メ ヘ ビ(Calamaria pavimentata formosana)
,ヒ メ ヘ ビ(Calamaria pfefferi)と の 比
較.The Snake,14:40―43.
太田英利,1996.ミヤラヒメヘビ.“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおきなわ
−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,338.
当山昌直,1984.琉球の両生爬虫類.“沖縄の生物”,沖生教研会,那覇,281―300.
内山りゅう・前田憲男・沼田研児・関慎太郎,2002.日本の両生爬虫類.平凡社,東京.
名: 千木良芳範
爬虫類
名: ミヤコヒバァ
類: 有鱗目 ナミヘビ科
和
分
学
名: Amphiesma concelarum Malnate, 1963
方
言
名: ガラサバフ(宮古島ほぼ全域)
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 類(VU)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧
形
類(VU)
態: 全長約100cmに達する。頭胴長39―59cm。背面からみた地色はくすんだ褐色。頚部には横条の白帯があ
る。
近似種との区別: 宮古に分布する他のヘビ類とは体の色彩と頚部の白斑の有無で区別される。
分 布 の 概 要: 宮古諸島の宮古島、伊良部島に分布する固有種。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 近縁種として沖縄諸島にガラスヒバァ、八重山諸島にヤエヤマヒバァが分布す
る。
生 態 的 特 徴: 生態的資料は少ないがヌマガエルを食べることが確認されている。
生 息 地 の 条 件: 沼や湿地等の水場に近いところでみつかっていることから、カエル類等が多いこのような場所が生息
条件と考えられる。
個 体 数 の 動 向: 詳細な数の動向は不明。水田や湿地の減少、イタチの捕食圧、交通事故等により個体数は減少してい
ると思われる。
現在の生息状況: 湿地およびそれに隣接したところでみられるが、頻度は少ない。
学術的意義・ 評 価: 宮古諸島は琉球石灰岩でおおわれていることから、固有種が分布することは考えにくいとするのが一
般的であったが、本種の存在により宮古諸島が改めて注目されることになる。
生存に対する 脅 威: 本種の餌となるヌマガエル等が生息する湿地が減少することが脅威になると思われる。1
960年代まで
は水田や湿地等が多く見られたが、2000年代には耕作地のほとんどがサトウキビ畑に変わり、土地改
良等で生息地が著しく変貌している。また、イタチの導入による捕食圧のために減少に拍車がかかっ
ていると思われる。さらに道路の整備がすすみ車の交通量や速度が増加したことから事故死するのも
増えていると思われる。
特 記 事 項: 宮古諸島の固有種。
原
参
記
考
載: Malnate, E. V., 1963. A new Race of Amphiesma pryeri (Serpentes Natricinae) from the Southern Riukiu Island of Miyako―shima. Natulae Naturae, (360) : 1―6.
文 献: Doan, D. B., Paseur, J. E. and Fosberg, F. R., 1960. Military geology of the Miyako Archipelago, Ryukyu―
Retto. Intell. Div. Eng. HQ., USAP with USGS, 214pp.
饒平名里美・当山昌直・安川雄一郎・陳 陽隆・高橋 健・久貝勝盛,1
998.宮古諸島における陸生
爬虫両生類の分布について.平良市総合博物館紀要,5:23―38.
太田英利,1996.ミヤコヒバァ.“日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”,千石正一・松
井正文・疋田 努・仲谷一宏(編),平凡社,東京,100.
太田英利,2000.ミヤコヒバァ.“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータブック
−(爬虫類・両生類)”,環境庁自然保護局野生生物課(編),自然環境研究センター,東京,52―53.
Ota, H. and S. Iwanaga, 1997. A systematic review of the snakes allied to Amphiesma pryeri (Boulenger)
(Squamata : Colubridae) in the Ryukyu Archipelago, Japan. Zoological Journal of the Linnean Society,
121 : 339―360.
執
和
分
筆
者
太田英利・高橋 健,1997.ミヤコヒバァ(Amphiesma concelarum Malnate, 1963)の伊良部島から
の記録.沖縄生物学会誌,35:47―48.
当山昌直・久貝勝盛・島尻沢一,1980.宮古群島の両生爬虫類に関する方言.沖生教研会,1
3:17―
32.
名: 当山昌直
名: ヨナグニシュウダ
類: 有鱗目 ナミヘビ科
学
名: Elaphe carinata yonaguniensis Takara, 1962
カ テ ゴ リ ー: 絶滅危惧 類(VU)
環境省カテゴリー: 絶滅危惧
類(VU)
117
爬虫類
形
態: 全長160―200cm。体鱗は縦条の隆起がある。背面はオリーブ灰色。
近似種との区別: 色彩が似るサキシマアオヘビは与那国島には分布しないので本種の幼蛇でも区別は難しくは無いと思
われる。
分 布 の 概 要: 与那国島のみに分布する固有亜種。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 基亜種シュウダElaphe carinata carinata は、尖閣諸島、台湾、中国中南部、イン
ドシナ半島北部などに分布する。
生 態 的 特 徴: 与那国島では低地から山地まで広く生息し、特に森林と耕作地などの開けた場所の境界付近でよくみ
られる。ネズミ類や小鳥類の他、キシノウエトカゲの捕食例がある。1
970年代前半与那国島におい
て、尾が切れたキシノウエトカゲが多く観察された。また、キシノウエトカゲの出没する場所に本種
も見られた。以上のことから、キシノウエトカゲは本種の重要な餌の一つになっているものと思われ
る。
生 息 地 の 条 件: 山地森林から耕作地にかけて広い範囲に生息するが、餌動物との関連もあるようにみえ、特にキシノ
ウエトカゲの生息地と重なっていると思われる。
個 体 数 の 動 向: 詳細な数の動向は不明。道路の整備や舗装による交通事故死が増えていると思われる。また、イタチ
による直接または間接的な影響があると予想される。したがって、個体数は減少の方向に向いている
と考えられる。
現在の生息状況: 現在の生息状況についてはよく調べられてない。具体的な資料はないが、大型個体をみかける機会が
少なくなっているようにみえる。
学術的意義・ 評 価: 与那国島のみに生息する固有亜種で、与那国島の動物相の成立について重要な情報を提供してくれ
る。国内最大級のヘビ類。
生存に対する 脅 威: 生息環境の減少の他に、道路の整備や舗装による轢殺が増えたこと、またイタチによる捕食や餌動物
の減少が本種の存続に対する脅威となる。
特 記 事 項: 与那国島固有亜種。
原
記
載: 高良鉄夫,1962.琉球列島における陸棲蛇類の研究.琉球大学農家政工学部学術報告,
(9)
:1―202,
22.
参 考 文 献: 太田英利,1981.ヨナグニシュウダの食性及び行動に関する報告.日本両生爬虫類研究会誌,2
0:5―
6.
太田英利,2000.ヨナグニシュウダ.
“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータ
ブック−(爬虫類・両生類)
”,環境庁自然保護局野生生物課(編),自然環境研究センター,東京,
54―55.
千石正一,1996.ヨナグニシュウダ.
“日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”
,千石正
一・松井正文・疋田 努・仲谷一宏(編),平凡社,東京,98.
執 筆 者 名: 当山昌直
4)準絶滅危惧
(NT)
和
分
名: ヤエヤマイシガメ
類: カメ目 ヌマガメ科
学
名: Mauremys mutica kami (Yasukawa, Ota et Iverson, 1996)
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 該当なし
背甲長2
0cm前後に達する。背甲は楕円形でやや扁平、灰色または黄色味を帯びた褐色から暗褐色。腹甲は淡黄色か
ら黄褐色のなかに暗色の斑紋がある。半水性で緩やかな流れや止水とその周辺でみつかることが多い。日中は水底の
泥の中にいることが多い。主に夜行性。雑食性で様々な植物・動物質を食べる。本来の分布地は石垣島と西表島。与
那国島は戦前に持ち込まれたという情報がある。また、宮古島でも見つかっているが持ち込まれた可能性が高い。沖
縄島は持ち込まれた個体が中南部で多くみつかる。いずれも、ペットや玩具用として持ち込まれたものと思われる。
石垣島では1970年代まで普通にみられた水田がサトウキビ畑に変わりそれに伴って本種の生息地が減少しているとい
えよう。また、道路の舗装や交通量の増加により轢殺個体が増えていることも減少の一因になっていると思われる。
以前はミナミイシガメと呼ばれていたが、再分類により八重山の固有亜種として記載された。
118
爬虫類
原
載: Yasukawa, Y., H. Ota and J. B. Iverson, 1996. Geographic variation and sexual size dimorphism in Mauremys
mutica (Cantor, 1842) (Reptilia : Bataguridae), with description of a new subspecies from the southern
Ryukyus. Japan. Zoological Science, 13 : 303―317.
記
参
考
文
執
筆
者
献: 饒平名里美・当山昌直・安川雄一郎・陳 陽隆・高橋 健・久貝勝盛,1
998.宮古諸島における陸生
爬虫両生類の分布について.平良市総合博物館紀要,5:23―38.
高良鉄夫,1972.琉球の自然と風物(特殊動物を探る)増補版.琉球文教図書,206pp.
安川雄一郎,1
998.ミナミイシガメ.
“日本の希少な野生水生生物に関するデータブック”
,水産庁
(編),日本水産資源保護協会,232―234.
名: 当山昌直
名: サキシマキノボリトカゲ
類: 有鱗目 アガマ科
和
分
名: Japalura polygonata ishigakiensis Van Denburgh, 1912
言
名: キーバタリ:狩俣、ヤマイン:冨名腰・地盛、ヤマガラ:野原(宮古島)
、トーフダジゥメー(石垣
島)
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 該当なし
学
方
体サイズの性的二型が著しく、全長は雄で2
7cm、雌で20cmになり、尾は全長の7
0%程度。頭胴長は雄で6.
8―7.
7
cm、雌で6.
5―6.
8cmになり、宮古諸島の個体群のほうが八重山諸島の個体群よりも大きい。樹上生活に適応し、四
肢・指趾が長く、爪も大きい。頚部から胴部の背中線上にある鋸歯状の大型の鱗は雄のほうでよく発達する。体色
は、通常、雄では灰色がかった黄褐色の地色に、黄白色の一本の条が体側に体軸に平行に走る。雌は、暗緑色の地に
黒褐色の模様が入るものが多いが、背中線上に比較的幅の広い褐色の縦条がある個体もいる。雌雄共に、体色を黒褐
色にまで変化させることができる。幼体は褐色の地に、地色よりも少し濃い不規則な模様があるが、体色を変化させ
ることができない。
アガマ科の種は先島諸島には本種しかいないため、間違うことはない。別亜種のヨナグニキノボリトカゲの雄では黄
白色の不定形の連続した数個の斑紋があるのに対して、サキシマキノボリトカゲでは、体側に黄白色の一本の縦条が
あることで識別できる。また、別亜種のオキナワキノボリトカゲでは、雄は体全身が緑色を呈することで識別でき
る。
宮古諸島(宮古島・大神島・池間島・伊良部島・来間島)と八重山諸島(石垣島・西表島・小浜島)に分布する。
西表島ではイリオモテヤマネコ、サキシマハブ・サキシママダラなどのヘビ類、アカショウビン等の鳥類など天敵と
なる動物が多いため、生残率は低い。3月―9月頃までが繁殖期で、雌は一度に1―3個産卵する。孵化直後の個体は頭胴
長が2.
1―2.
4cm程度。雄間だけでなく、雌間、幼体間および雌と幼体の間にもなわばりがある。数の上ではアリを
もっとも多く捕食する。とまり場の高さは、雄>雌>子で、雄では交尾なわばり防衛等を効率的におこなうために、
繁殖期には非繁殖期よりも高い位置にとまる。雄が雌よりも大きいという性的二型は、大きな雄ほど多くの雌を確保
するなわばりを所有できるという社会構造により維持されている。
常緑広葉樹林で、落葉があり、土壌動物が豊富であるが、下草の少ない場所に多い。西表島・石垣島などでは比較的
高密度で生息しているが、小浜島では密度が低く、島で増殖しているインドクジャクの捕食の可能性が高い。宮古島
でも20年ほど以前にくらべ、個体数が少なくなってきており、ニホンイタチの捕食の可能性がある。
原
参
記
考
文
載: Van Denburgh, J., 1912. diagnoses of new reptiles and amphibians from the Loo Choo Islands and Formosa.
Privately printed, San Francisco, 8.
献: 宮城信勇,2003.石垣方言辞典.沖縄タイムス社.
仲地 明・田中 聡,2004.西表島山地林におけるトカゲ類の活動について.沖縄県立博物館紀要,
30:27―35.
Ota, H., 1991. Taxonomic redefinition of Japalura swinhonis Günther (Agamidae : Squamata), with a description of a new subspecies of J. polygonata from Taiwan. Herpetologica, 47 : 280―294.
太田英利,1996.キノボリトカゲ.“日本動物百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”,千石正一・疋
田 努・松井正文・中谷一宏(編),平凡社,東京,72―73.
太田英利,2000.キノボリトカゲ.“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータブッ
ク−(爬虫類両生類)”,環境省(編),自然環境研究センター,東京,46―47.
Tanaka, S. and M. Nishihira, 1981. Notes on an agamid lizard, Japalura polygonata. Biol. Mag. Okinawa, 19 :
119
爬虫類
執
筆
者
33―39.
田中 聡,1990.西表島におけるキノボリトカゲの社会構造.爬虫両棲類学雑誌,1
3:140.(講演要
旨)
田中 聡,1993.なわばりを守る雄,キノボリトカゲ.動物たちの地球,102:178―180.
田中 聡,1997.サキシマキノボリトカゲにおけるperchの高さの選択.爬虫両棲類学雑誌,1
7:74―
75.(講演要旨)
田中 聡,2001.キノボリトカゲの性的二型.爬虫両棲類学会報,2001:33.(講演要旨)
田中 聡,2004.小浜島における両生爬虫類の現状について.
“小浜島総合調査報告書”
,沖縄県立博
物館,21―33.
当山昌直・久貝勝盛・島尻沢一,1
980.宮古群島の両生爬虫類に関する方言.沖生教研会,1
3:17―
32.
名: 田中 聡
名: ヨナグニキノボリトカゲ
類: 有鱗目 アガマ科
和
分
学
名: Japalura polygonata donan Ota, 2003
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 該当なし
全長は雄で18cm、雌で16cmになり、尾は全長の70%程度。頭胴長は雄で7.
7cm、雌で7.
3cmになる。ほかの亜種にく
らべると体サイズの雌雄差は小さいものの、雄>雌という性的二型が認められる。樹上生活に適応し、四肢・指趾が
長く、爪も大きい。頚部の背中線上に並ぶ鋸歯状の大型鱗は雄のほうでよく発達する。体色は、通常、雄では灰色が
かった黄褐色の地色に、黄白色の数個の斑紋が体側に平行に並んでいる。この斑紋は、斑紋どうし離れているような
ものから、完全に融合しているようなものまで変異は大きい。雌は、暗緑色の地に黒褐色の模様が入るものから全身
鮮やかな緑色の個体までみられる。雌雄共に、体色を黒褐色にまで変化させることができる。
アガマ科の種は与那国島には本種しかいないため、間違うことはない。サキシマキノボリトカゲは、体側にある黄白
色の部分の輪郭がなめらかな縦条であるのに対して、ヨナグニキノボリトカゲの雄では縦条というよりも、黄白色の
不定形の連続した数個の斑紋であることから識別できる。また、雌は他の亜種にくらべると緑色が濃く、鮮やかな緑
色を呈する個体が多い。与那国島に固有に分布する。
体サイズの性的二型の程度は小さいが、雄どうしの闘争が観察されることから、ほかの亜種同様に雄が交尾なわばり
をもつことが予想される。少なくとも6月下旬から7月に産卵し、一腹卵数は2個である。孵化子の頭胴長は2.
5cm前
後。詳細な研究がおこなわれていないため、その他の生態的特徴やそれらの変異幅についてはほとんどわかっていな
い。
餌となる土壌動物・昆虫類の豊富な広葉樹林、とくに林縁部や二次林で、下草の少ない場所に多い。個体数が少ない
ということはないが、島そのものが大きくないため、伐採等による生息環境の消失には注意をしなければならない。
また、定着した外来種インドクジャクやニホンイタチによる捕食も脅威となり得る。
原
記
参
考
執
筆
120
献: Ota, H., 1991. Taxonomic redefinition of Japalura swinhonis Gunther (Agamidae : Squamata), with a description of a new subspecies of J. polygonata from Taiwan. Herpetologica, 47 : 280―294.
者 名: 田中 聡
文
名: オキナワトカゲ
類: 有鱗目 トカゲ科
和
分
学
方
載: Ota, H., 2003. A new subspecies of the agamid lizard, Japalura polygonata (Hallowell, 1861) (Reptilia :
Squamata), from Yonagunijima Island of the Yaeyama Group, Ryukyu Archipelago. Current Herpetology,
22 : 61―71.
言
名: Eumeces marginatus marginatus (Hallowell, 1861)
名: 沖縄諸島内の各字や集落で異なる方言が多いので、ここでは主なものだけをあげる。
ア ン ダ ー、ア ン ダ ク ェ ー、ア ンダクェーチルー、アンダクェーボ ー ジ ャ ー、ア ン ダ ク ェ ー ビ ー
爬虫類
チャー、アンダクェーマースー、アンダケーボージャー、アンダチラー、アンダチルー、アンダ
チャー、アンダチャーラー、アンダーハブ、アンダマースー、アンラケー、カーミヌワヤー、カニア
ンダチルー、カミオイケンケン、カミンジャリ、コーレーグサー、ハーミヌゥワリー、マカイワヤ、
マカイワヤー、マッカイワヤ、マッカイワヤー、ほか
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 該当なし
全長19cmに達する。頭胴長6―10cm。幼時は、背中に白い縦線があり、尾は空色をしている。成長にしたがってこれ
らの紋様は消失し、褐色の体色に変わる。種としてはトカラ列島の一部と奄美・沖縄諸島に分布。このうち沖縄諸島
の個体群は基亜種。本種は海岸付近に多く特に砂地を好むようである。また、琉球石灰岩の岩場にも生息しており、
山地よりは低平地に多い。
文献によると、沖縄諸島では伊平屋島、伊江島、久米島、座間味島、阿嘉島、慶留間島にイタチが導入されている。
他の島にも導入されていると思われるが詳しい資料が無い。座間味島では、住民の話から本種が生息していたのは確
実と思われるが、1970年代以降確実な生息の確認が無いことから絶滅した可能性がある。しかし、同様に移入した伊
江島や阿嘉島では座間味島のような壊滅的な状態は見られないが、漸次的に減少している可能性もある。沖縄島には
1910年にマングースが導入されてだいぶ経過している。しかし、沖縄島各地(例えば名護市、宜野座村、宜野湾市、
西原町、南風原町、佐敷町など)において本種の方言は残っているが、その地域に見られたはずの個体が見かけなく
なっているという現象が起こっている。生息環境の劣悪化も考えられるが、本種はもともと人家周辺や海岸などの開
けた場所にすんでいるので、極端な影響は考えにくい。むしろマングースによって駆逐されたとするのが説明しやす
い。断片的な観察ではあるが、1970年代から本種の沖縄島における生息状況をみていると明らかに減少していると思
われる。今後、本種はこれらのイタチやマングースによって更に減少が進んでいくものと思われる。琉球列島固有
種。沖縄諸島固有亜種。
原
参
記
考
文
載: Hallowell, E., 1861. Report upon the Reptilia of the North Pacific exploring expedition undercommand of
Capt. John Rogers, U. S. N. Proc. Acad. Nat. Sci. Philadelphia, 12 : 480―510.
献: 疋田 努,1996.オキナワトカゲ.“日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”,千石正一・
松井正文・疋田 努・仲谷一宏(編),平凡社,東京,80―81.
伊波興清,1966.マングースの分布と食性について.沖縄農業,6
(2)
:39―44.
加治工真市・内間直仁,1961.トカゲの方言分布について.琉球方言,4:58―82.付録 琉大方言研究
クラブ誌,1―12.
当山昌直,1983.沖縄群島の両生爬虫類相
( ).“県立博物館調査報告書 −座間味村
(ざまみそん)
−”,沖縄県立博物館,那覇,16―22.
当山昌直,1996.オキナワトカゲ.“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおきなわ
−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,341.
当山昌直,2003.名護市の爬虫類.“名護市天然記念物調査シリーズ5集 名護市の自然 名護市動植物
総合調査報告書”,名護市教育委員会,199―223.
当山昌直,2004.西原町の両生類・爬虫類.
“西原町の自然∼動物・人と自然の関わり∼”
,西原町教
育委員会(編),西原町教育委員会,19―34.
Uchida, T., 1969. Rat―control procedures on the Pacific island, with special reference to the efficiency of bio-
logical control agents. II. Efficiency of the Japanese weasel, Mustela sibirica itatsi Temminck & Schlegel,
as a rat―control agent in the Ryukyus. J. Fac. Agr. Kyusyu Univ., 15(5) : 355―385.
執
和
分
筆
者
名: 当山昌直
名: キシノウエトカゲ
類: 有鱗目 トカゲ科
名: Eumeces kishinouyei Stejneger, 1901
言
名: 宮古・八重山諸島における本種の方言は字単位で異なる場合が多い。
宮古:バカッザ(佐和田、仲地)、バカギザ(張水、冨名腰、久松、ほか)、ヒーマバカッチャ(佐良
浜、池間、西原)、パリイズ(久松)、バキギサ(塩川)、ほか
八重山:バギラ(大川、新川、大浜、ほか)、ビキリ(黒島)、ボーナジ(西表祖納)、バーズラ(波照
間)、バガド(与那国)
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 準絶滅危惧(NT)
学
方
121
爬虫類
全長40cmに達する。頭胴長14―17.
2cm。幼時は、背中に白い縦線があり、尾は空色をしている。成長にしたがってこ
れらの紋様は消失し、雄は褐色の体色に変わるが雌は幼時の紋様が残ることが多い。八重山諸島の同様な場所にはイ
シガキトカゲが生息するが本種より小型で幼時における頭部側面の紋様で区別される。本種は、海岸付近に多くみら
れ、特に砂地などに多い。また、畑を囲む石垣も良好な隠れ家になっているものと思われる。山地よりは、低平地を
好むといえる。宮古島から与那国島に至る宮古・八重山諸島のほとんどの島に分布。これらの島々には1960年代に野
ネズミ退治の目的でイタチが導入された。イタチにとって本種は昼行性で開けた環境を好むことから格好の餌になっ
ていると思われ、各地でトカゲ属Eumeces の減少が認められる。特に、伊良部島と波照間島の本種は壊滅的打撃を
うけ、絶滅が懸念されている。1970年代に調査した宮古島与那覇付近、石垣島白保・崎枝付近、与那国島祖納付近な
どでは、その後の断片的な調査において本種の目撃が難しくなっている。生息環境の劣悪化も考えられるが、それに
加えてイタチによる影響もあるものと考えられる。また、小浜島では外来動物のインドクジャクが導入されており、
本種を含めたトカゲ類への深刻な影響が懸念されている。一時的な調査が多いので断定はできないが、1970年代に比
較して外見は良好な生息環境と思われるような場所でも本種を確認するのが難しくなっているように思われる。この
ような状態は、宮古・八重山諸島全般にわたっているようにみえるので、伊良部島や波照間島のようにならないうち
に何らかの対策をとらなければならないだろう。宮古・八重山諸島の固有種。国指定天然記念物(1975)。
原
参
記
考
載: Stejneger, L., 1901. Diagnoses of eight new batrachians and reptiles from the Riu Kiu Archipelago. Japan.
Proc. Biol. Soc. Wash., 14 : 189―191.
文
献: 疋田 努,1
996.キシノウエトカゲ.
“日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”
,千石正
一・松井正文・疋田 努・仲谷一宏(編),平凡社,東京,81.
樋上正美・村田 行,1987.キシノウエトカゲの抱卵巣の観察例.Akamata,4:1―2.
いらぶの自然編集委員会(編)
,1990.いらぶの自然,動物編,伊良部町,290pp.
加治工真市・内間直仁,1
961.
トカゲの方言分布について.“琉球方言”,4: 58―82.付録 琉大方言研
究クラブ誌,1―12.
宮城邦治,1982.波照間島の植生概観と動物相.“地域調査シリーズ No.3: 波照間島調査報告書”,沖
縄国際大学南島文化研究所,宜野湾市,105―123.
饒平名里美・当山昌直・安川雄一郎・陳 陽隆・高橋 健・久貝勝盛,1
998.宮古諸島における陸生
爬虫両生類の分布について.平良市総合博物館紀要,5:23―38.
太田英利,1981.波照間島の爬虫両生類相.爬虫両棲類学雑誌,9:54―60.
太田英利,1996.キシノウエトカゲ.“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおきな
わ−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,339―340.
太田英利,2
000.キシノウエトカゲ.
“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータ
ブック−(爬虫類・両生類)”,環境庁自然保護局野生生物課(編),自然環境研究センター,東京,
58.
田中 聡,2004.小浜島における両生爬虫類の現状について.
“小浜島総合調査報告書”
,沖縄県立博
物館,21―33.
当山昌直,1976.繁殖期のキシノウエトカゲの野外観察.両生爬虫類愛好会誌,4:7―9.
当山昌直,1981.宮古群島の両生爬虫類.沖生教研会誌,14:30―39.
当山昌直,1996.キシノウエトカゲ.“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおきな
わ−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,340―341.
当山昌直・久貝勝盛・島尻沢一,1980.宮古群島の両生爬虫類に関する方言.沖生教研会誌,1
3:17―
32.
Uchida, T., 1969. Rat―control procedures on the Pacific island, with special reference to the efficiency of biological control agents. II. Efficiency of the Japanese wasel, Mustlea sibirica itatsi Temminck & Schlegel,
as a rat―control agent in the Ryukyus. J. Fac. Agr. Kyusyu Univ., 15(5) : 355―385.
執
和
分
筆
者
名: 当山昌直
名: ミヤコカナヘビ
類: 有鱗目 カナヘビ科
学
名: Takydromus toyamai Takeda et Ota, 1996
方
言
名: クースファイヤ(宮古島のほぼ全域)
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 該当なし
122
爬虫類
全長25―32cm、頭胴長4.
5―6cm。背面は黄緑または褐色。側面は黄緑色。四肢は褐色。体型等は、一見アオカナヘビ
に似るが、頭部から胴部にかける側面の白線を欠くことや四肢が褐色になっている点で区別できる。宮古島、池間
島、伊良部島に分布する固有種。本種は、アオカナヘビやサキシマカナヘビとは異なる別の系統に属し、動物地理学
的にも珍しい。本種が宮古諸島に分布していることは、種分化を含めた宮古諸島の地史に新しい問題を提供してくれ
る貴重な存在である。本種は、背後に藪を控えた草地にすんでいるが、その生息地はごく限られたところでしか見つ
かっていない。1980年の調査では、宮古島の多くの地域で方言が確認されていることから、以前は広範囲に生息して
いた可能性がある。本種の実態についてはよく知られていないことが多く、今後詳細な調査が必要である。開発によ
るこれらの生息地の消失が脅威となるが、イタチによる捕食も懸念される。
原
記
載: Takeda N. and H. Ota, 1996. Description of a new species of Takydromus from the Ryukyu Archipelago, Japan, and a taxonomic redefinition of T. smaragdinus Boulenger, 1887 (Reptilia : Lacertidae). Herpetologica, 52(1) : 77―88
参
考
文
献: 饒平名里美・当山昌直・安川雄一郎・陳 陽隆・高橋 健・久貝勝盛,1
998.宮古諸島における陸生
爬虫両生類の分布について.平良市総合博物館紀要,5:23―38.
Ota, H., M. Honda, S.―L. Chen, T. Hikida, S. Panha, H.―S. Oh and M. Matsui, 2002. Phylogenetic relationships, taxonomy, character evolution and biogeography of the lacertid lizards of the genus Takydromus
(Reptilia : Squamata) : amolecular perspective. Biological Journal of the Linnean Society, 76 : 493―509.
with 4 figures.
竹中 践,1996.ミヤコカナヘビ.“日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”,千石正一・
松井正文・疋田 努・仲谷一宏(編),平凡社,東京,82.
当山昌直,1976.宮古群島の両生爬虫類相( ).爬虫両棲類学雑誌,6
(3)
:64―74.
当山昌直・久貝勝盛・島尻沢一,1980.宮古群島の両生爬虫類に関する方言.沖生教研会誌,13:17―
32.
Uchida, T., 1969. Rat―control procedures on the Pacific island, with special reference to the efficiency of bio-
logical control agents. II. Efficiency of the Japanese weasel, Mustela sibirica itatsi Temminck & Schlegel,
as a rat―control agent in the Ryukyus. J. Fac. Agr. Kyusyu Univ., 15(5) : 355―385.
執
和
分
筆
者
名: 当山昌直
名: アマミタカチホヘビ
類: 有鱗目 ナミヘビ科
学
名: Achalinus werneri Van Denburgh, 1912
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 準絶滅危惧
(NT)
形
態: 全長30―60cmほどの小型の細長いヘビ。背面は青みをおびた黒褐色で正中部に黒色の縦条が走る。腹
面はやや黄味がかったクリーム色ないしは黄色で、尾部では胴部に比べて色彩がやや暗い傾向があ
る。体を包む鱗は、丸く立体的に盛り上がり光沢がある。
近似種との区別: 別種のタカチホヘビとは腹面の黄色の鮮やかさ、尾部が長く尾部腹面に黒色条線が無いことで区別さ
れる。また、タイワンタカチホヘビやヤエヤマタカチホヘビとは体鱗列数が胴中央で21―23列(タイワ
ンタカチホヘビやヤエヤマタカチホヘビでは25―27列)あることで区別される。
分 布 の 概 要: 奄美大島、枝手久島、徳之島、沖縄島、渡嘉敷島に分布する。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 別種のタカチホヘビが本州、四国、九州に分布しており、石垣島や西表島にはヤ
エヤマタカチホヘビ、台湾にはタイワンタカチホヘビが分布している。
生 態 的 特 徴: 山地森林内に生息しているが、沖縄島の中南部では墓地周辺の森でも生息しており、そうしたところ
では市街地域であっても時折見つかる。日中には林内の倒木や石の下、石垣の隙間の中に隠れている
ことが多いが、夜間になると這い出してきて活発に活動する。動きはゆったりしているが、何度か脅
かすとボール状に体を丸める。食性についての情報は少ないが、ミミズを食べることが知られてい
る。性質はおとなしく咬むことはない。また乾燥や高温には弱い。
生 息 地 の 条 件: 年間を通して林床の湿度が保たれる森林と、隠れ家となる倒木や石垣等のある場所。
現在の生息状況: 沖縄島においては、北部地域の山地及びその林縁地域が主要な生息域である。沖縄島中南部でも発見
例は少なくないが、全体的に個体数は多くないと思われる。
学術的意義・ 評 価: 類似の種が本州、四国、九州から奄美諸島、沖縄諸島、八重山、台湾と連続的に分布しており、それ
123
爬虫類
ぞれの種分化は島々の成立と関連していると考えられることから、琉球列島の地史を考察するうえで
貴重な種であり、学術的価値は高い。
生存に対する 脅 威: 森林の伐採や林道の敷設は、本種の生息域を狭め、生息環境の乾燥化を促進する。とりわけ、側溝の
敷設は本種の移動の妨げとなり、落下個体は通常はい上がれないため、U字溝内からアマミタカチホ
ヘビのひからびた死体が発見されることもある。また、沖縄島中南部においては、墓地を主体とした
小規模の森や拝所にて断片的に残っている森が本種の主要な生息地となっている。こうした森は、規
模が小さいだけにその伐採は地域個体群の消滅に直結する可能性が高い。
原
記
載: Van Denburgh, J., 1912. Advance diagnoses of new reptiles and amphibians from the Loo Choo Islands and
Formosa. Privately printed, San Francisco, 8.
参 考 文 献: Mori, A. and H. Moriguchi, 1988. Food habits of the snakes in Japan : a critical review. The Snake, 20 : 98―
113.
森口 一・内藤 聡,1979.徳之島のアマミタカチホヘビ.爬虫両生類学雑誌,8
(1)
:36.
田中 聡,1986.沖縄島南部で採集されたアマミタカチホヘビの一腹卵数について.Akamata,3:3―4.
田中 聡,1986.沖縄島南部石灰岩林における蛇類の夜間調査.Akamata,3:19―23.
当山昌直,1984.琉球の両生爬虫類.“沖縄の生物”,沖生教研会,那覇,281―300.
内山りゅう・前田憲男・沼田研児・関慎太郎,2002.日本の両生爬虫類.平凡社,東京.
執 筆 者 名: 千木良芳範
名: ヤエヤマタカチホヘビ
類: 有鱗目 ナミヘビ科
和
分
学
名: Achalinus formosanus chigirai Ota et Toyama, 1989
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 準絶滅危惧(NT)
形
態: 全長37―45cmの小型の細長いヘビ。背面は黒褐色で正中部に黒色の不明瞭な縦条が走る。腹面はやや
黄味がかったクリーム色ないし淡灰色で、尾部では胴部に比べて色彩がやや暗い傾向がある。
近似種との区別: 基亜種タイワンタカチホヘビとは尾下板数が異なる(本種で96―97枚、タイワンタカチホヘビでは62―83
枚)ことで、またアマミタカチホヘビやタカチホヘビとは胴中央の体鱗列数が異なる(本種が2
5―27
列、アマミタカチホヘビとタカチホヘビでは21―23列)ことで区別される。
分 布 の 概 要: 石垣島と西表島に固有の亜種。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 別種のタカチホヘビが本州、四国、九州に分布しており、奄美諸島や沖縄諸島に
はアマミタカチホヘビ、台湾には基亜種であるタイワンタカチホヘビが分布している。
生 態 的 特 徴: 日中にはものかげや鍾乳洞内で見つかる一方、夜間や早朝には地表を移動しているところが観察され
ていることから、夜行性の傾向が強いと考えられる。タカチホヘビの仲間は一般にミミズを餌とし、
乾燥や高温に弱いことが知られている。
生 息 地 の 条 件: 年間を通して林床の湿度が保たれる森林と、隠れ家となる倒木や石垣等のある場所。
現在の生息状況: これまでに合わせて8頭しか見つかっておらず、個体数は多くないと思われる。
学術的意義・ 評 価: 類似の種が本州、四国、九州から奄美諸島、沖縄諸島、八重山、台湾と連続的に分布しており、それ
ぞれの種分化は島々の成立と関連していると考えられることから、琉球列島の地史を考察するうえで
貴重な種であり、学術的価値は高い。
生存に対する 脅 威: 森林の伐採や林道の敷設は、本種の生息域を狭め、生息環境の乾燥化を促進する。とりわけ、側溝の
敷設は本種の移動の妨げとなり、落下個体は通常はい上がれないため、U字溝内で死亡することも考
えられる。また、西表島低地部の石灰岩地域に残存する小規模の森は、本種の主要な生息地となって
いる可能性もあり、こうした森の伐採は慎重に進める必要がある。
原
参
124
載: Ota, H. and M, Toyama, 1989. Taxonomic re―definition of Achalinus formosanus Boulenger (Xenoderminae : Colubridae : Ophidia), with description of a new subspecies. Copeia, 1989(3) : 597―602.
記
考
文
献: Mori, A. and H. Moriguchi, 1988. Food habits of the snakes in Japan : a critical review. The Snake, 20 : 98―
113.
太田英利,1996.ヤエヤマタカチホヘビ.
“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータお
きなわ−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,337.
爬虫類
執
筆
者
Ota, H. and M. Toyama, 1989. Two additional specimens of Achalinus formosanus chigirai (Colubridae :
Ophidia) from the Yaeyama Group, Ryukyu Archipelago. Jpn. J. Herpetol., 13 : 40―43.
高良鉄夫,1978.西表島(沖縄)産タカチホヘビ属の一種(予報).爬虫両生類学雑誌,7
(4)
:92.
内山りゅう・前田憲男・沼田研児・関慎太郎,2002.日本の両生爬虫類.平凡社,東京.
名: 千木良芳範
名: イワサキセダカヘビ
類: 有鱗目 ナミヘビ科
和
分
学
名: Pareas iwasakii (Maki, 1937)
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 準絶滅危惧(NT)
形
態: 全長50―70cmほどの小型のヘビ。体は細くかつ側偏しており、背の中央には弱い隆起をもつ。頭部に
比して眼は大きい。瞳孔は縦長の楕円形で、虹彩の部分はオレンジ色ないしやや赤味がかった黄土色
をしている。体色は大部分で褐色ないし淡褐色を呈し、頭部から頸部にかけては暗褐色の縦縞が、胴
部では横断方向に50―70本の不明瞭な黒色帯が見られる。
分 布 の 概 要: 八重山諸島の石垣島と西表島の固有種。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 台湾からは近縁種であるタイワンセダカヘビが知られている。
生 態 的 特 徴: 本種の野外での生態はほとんどわかっていない。樹上の枝先や、樹幹についたオオタニワタリの中な
どで見つかることから、その細長い体形と併せて、樹上生活を行っていると考えられる。しかし、2月
から3月にかけては、サトウキビ畑などの地上で発見されることも多いことから、地上で過ごす時間も
長いかも知れない。飼育下ではほとんどカタツムリだけを、器用に殻から本体だけを引き出して食べ
る。
現在の生息状況: これまでの発見例数がきわめて少なく、生息状況についての詳しい調査が必要である。
学術的意義・ 評 価: 八重山諸島と台湾、東南アジアとの動物相の関係や地史を考えるうえで重要な種である。
生存に対する 脅 威: 山地森林が主な生息場所であると考えられることから、このような環境を保全するとともに現状に関
する詳細な調査を行なうことが望まれる。
原
参
記
考
載: Maki, M., 1937. A new subspecies, Amblycephalus formosensis iwasakii , belonging to Amblycephalidae
from Ishigaki―jima. Trans. Nat. Hist. Soc. Formosa, 27 : 217―218.
文 献: Mori, A. and H. Moriguchi, 1988. Food habits of the snakes in Japan : a critical review. The Snake, 20 : 98―
113.
太田英利,1996.イワサキセダカヘビ.“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータおき
なわ−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,337―338.
Ota, H., J.―T. Lin, T. Hirata, and S.―L. Chen,1997. Systematic review of colubrid snakes of the genus Pareas
(Squamata : Reptilia) from the East Asian islands. J. Herpetol., in press. 31(1) : 79―87
執
筆
者
和
分
学
カ テ ゴ リ
大谷 勉,1983.イワサキセダカヘビ(Pareas iwasakii )の一採集例と飼育下におけるマイマイの捕
食について.Akamata,1:8―11.
内山りゅう・前田憲男・沼田研児・関慎太郎,2002.日本の両生爬虫類.平凡社,東京.
名: 千木良芳範
名:
類:
名:
ー:
サキシマアオヘビ
有鱗目 ナミヘビ科
Cyclophiops herminae(Boettger, 1895)
準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 準絶滅危惧(NT)
全長50―85cm、頭胴長40―70cm。背面は緑がかった灰褐色で、ところどころに小さな黒点が見られる。腹面は淡いク
リーム色。八重山諸島の石垣島、西表島、小浜島、竹富島、波照間島に分布する。以前は宮古諸島にも分布するとさ
れていたが、標本に基づく確かな記録が無いこと、宮古島のサキシマスジオにつけられた「青いヘビ」という意味の
125
爬虫類
方言を本種のことと混同したと思われることなどから、現在では本種の分布範囲中に入れてない。ミミズ類を食べ
る。山地森林域から平地にかけて分布するが生息密度は低いと思われる。1960年代後半には、野ネズミ駆除のための
イタチを石垣島(2074頭)、西表島(288頭)、小浜島(207頭)、波照間島(348頭)に導入している。小浜島や波照間
島は島の面積の割には多くのイタチが導入されており、トカゲ類等で壊滅的な影響が出ていることが報告されてお
り、本種もその捕食圧によって深刻な影響を及ぼしているものと思われる。
原
参
記
載: Boettger, O., 1895. Neue Frösche und Schlangen von den Liukiu―Inseln. Zool. Anz., 18 : 266―270.
考 文 献: 饒平名里美・当山昌直・安川雄一郎・陳 陽隆・高橋 健・久貝勝盛,1
998.宮古諸島における陸生
爬虫両生類の分布について.平良市総合博物館紀要,5:23―38.
太田英利,1981.波照間島の爬虫両生類相.爬虫両棲類学会誌,9
(2)
:54―60.
太田英利,1
996.サキシマアオヘビ.
“日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”
,千石正
一・松井正文・疋田 努・仲谷一宏(編),平凡社,東京,100.
太田英利,2000.サキシマアオヘビ.“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物−レッドデータブッ
ク−(爬虫類・両生類)”,環境庁自然保護局野生生物課(編),自然環境研究センター,東京,60.
高良鉄夫,1962.琉球列島における陸棲蛇類の研究.琉球大学農家政工学部学術報告,9: 1―202,
22.
田中 聡,2004.小浜島における両生爬虫類の現状について.
“小浜島総合調査報告書”
,沖縄県立博
物館,21―33.
当山昌直・久貝勝盛・島尻沢一,1980.宮古群島の両生爬虫類に関する方言.沖生教研会誌,13:17―
32.
当山昌直・太田英利,1990.西表島崎山半島における両生・爬虫類の生態分布.“南西諸島における野
生生物の種の保存に不可欠な諸条件に関する研究”.環境庁,167―172.
Uchida, T., 1969. Rat―control procedures on the Pacific island, with special reference to the efficiency of biological control agents. II. Efficiency of the Japanese weasel, Mustela sibirica itatsi Temminck & Schlegel,
as a rat―control agent in the Ryukyus. J. Fac. Agr. Kyusyu Univ., 15(5) : 355―385.
執
和
分
筆
者
名: 当山昌直
名: サキシマバイカダ
類: 有鱗目 ナミヘビ科
学
名: Lycodon ruhstrati multifasciatus (Maki, 1931)
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 準絶滅危惧(NT)
全長7
0―80cm、頭胴長5
3―60cmのスリムなヘビ。背面の地色は淡い灰褐色で、黒褐色の斑紋がある。石垣島、西表
島、宮古島、伊良部島に分布する。斑紋は、石垣島・西表島産は胴部の前方では大きく後方へいくにつれて小さくな
るが、宮古島産は前と後ろの差は小さい。サキシマスベトカゲやサキシマキノボリトカゲなどを捕食することが知ら
れている。森林やその周辺でみられる。生息密度は低く、特に宮古諸島では発見例が少ない。宮古島では轢殺個体が
タブ群落の側をとおる道路において確認されることから、タブ群落からなる御嶽や傾斜地内の森林に生息していると
考えられる。宮古島では道路がふえ、さらに舗装等で整備されたことで車の速度が上がり轢殺個体が増えているもの
と思われる。また、宮古・八重山諸島においては、捕食者であるイタチによる影響が心配される。
原
参
記
載: Maki, M., 1931. A monograph of the snakes of Japan. Dai―ichi Shobo, Tokyo, 240.
考 文 献: 饒平名里美・当山昌直・安川雄一郎・陳 陽隆・高橋 健・久貝勝盛,1
998.宮古諸島における陸生
爬虫両生類の分布について.平良市総合博物館紀要,5: 23―38.
Ota, H., 1888. Taxonomic notes on Lycodon ruhstrati (Colubridae : Ophidia) from East Asia. Journal of
Taiwan Museum, 41(1) : 85―91.
太田英利,2
000.サキシマバイカダ.
“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータ
ブック−(爬虫類・両生類)”,環境庁自然保護局野生生物課(編),自然環境研究センター,東京,
60.
高橋 健,1995.サキシマバイカダによるサキシマキノボリトカゲの捕食. Akamata,11:32.
高橋 健,1996.サキシマバイカダの伊良部島からの記録.Akamata,13:9.
鳥羽通久,1
996.サキシマバイカダ.“日本動物大百科 第5巻 両生類・爬虫類・軟骨魚類”
,千石正
126
爬虫類
一・松井正文・疋田 努・仲谷一宏(編),平凡社,東京,99.
Uchida, T., 1969. Rat―control procedures on the Pacific island, with special reference to the efficiency of biological control agents. II. Efficiency of the Japanese weasel, Mustela sibirica itatsi Temminck & Schlegel,
as a rat―control agent in the Ryukyus. J. Fac. Agr. Kyusyu Univ., 15(5) : 355―385.
執
筆
者
名: 当山昌直
名: イワサキワモンベニヘビ
類: 有鱗目 コブラ科
和
分
学
名: Sinomicrurus macclellandi iwasakii (Maki, 1935)
方
言
名: フニンダマハブ
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー:準絶滅危惧(NT)
形
態: 全長は30―50cmの小型のヘビであるが、近年8
0cmという大型の個体も見つかっている。体色は赤紫色
の地に黒色の環状紋が約40個ある。環状紋の両端には、幅の狭い淡色もしくは白色紋を伴っており、
この白帯は頭部の眼の後ろあたりで幅広くなっていて目立つ。腹面はクリーム色を呈し、環状紋の間
に黒斑がある。その彩りから、同属種のヒャンやハイを含む琉球列島の他のヘビとは容易に識別でき
る。
近似種との区別: 別亜種タイワンワモンベニヘビとは、後列側頭板が2枚あること(タイワンワモンベニヘビでは1枚)
で識別できる。
分 布 の 概 要: 八重山諸島の石垣島と西表島の固有種。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 台湾には別亜種タイワンワモンベニヘビが分布している。
生 態 的 特 徴: 森林内の堆積した落ち葉の中や、朽ちた倒木の中などで見つかっている。夜間には渓流周辺の丈の低
い灌木の枝先にとりついているのが見つかっている。発見個体数が少なく、生態に関する知見は極端
に少ないが、メクラヘビを食べることが報告されている。
生 息 地 の 条 件: 渓流周辺の森林で見つかることから、湿潤な森林環境が不可欠と思われる。
現在の生息状況: 採集例が極めて少なく、生息状況に関する情報は極めて少ない。
学術的意義・ 評 価: 八重山諸島と台湾、東南アジアとの動物相の関係や地史を考えるうえで重要な種である。
生存に対する 脅 威: 山地森林が主な生息場所であると考えられることから、このような環境を保全するとともに現状に関
する詳細な調査を行なうことが望まれる。
原
参
執
載: Maki, M., 1935. A new poisonous snake (Calliophis iwasakii ) from Loo―Choo. Trans. Nat. Hist. Soc. Formosa, 25 : 216―219.
記
考
筆
文
者
献: Mori, A. and H. Moriguchi, 1988. Food habits of the snakes in Japan : a critical review. The Snake, 20 : 98―
113.
Ota, H., 1991. Systematics and biogeography of terrestrial reptiles of Taiwan. “Proceedings of the First International Symposium on Wildlife Conservation”, Y.―S. Lin and K.―H. Chang (eds.), ROC, Council of Agriculture, Taipei, 47―112.
太田英利,1996.イワサキワモンベニヘビ.
“沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 −レッドデータ
おきなわ−”,沖縄県環境保健部自然保護課(編),沖縄県環境保健部自然保護課,沖縄,338―339.
高良鉄夫,1962.琉球列島における陸棲蛇類の研究.琉球大学農家政工学部学術報告,
(9)
:1―202,
22.
内山りゅう・前田憲男・沼田研児・関慎太郎,2002.日本の両生爬虫類.平凡社,東京.
名: 千木良芳範
和
分
名: ハイ
類: 有鱗目
学
方
名: Sinomicrurus japonicus boettgeri (Fritze, 1894)
名: ナナフシ、ナナフシー(沖縄島名護市)
言
コブラ科
127
爬虫類
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 準絶滅危惧(NT)
形
態: 全長30―50cmの小型のヘビ。背面は赤褐色の地に、目立つ黒色の縦条が5本ある。縦条を寸断するよ
うに細い環帯がある。環帯は黒色で両縁が薄いクリーム色もしくは白色で縁取られている。頭部は頚
部よりもわずかに太く、尾は短く先端は尖っている。
近似種との区別: ヒャンとは形態的にはあまり差はないが、体の模様で区別される。
分 布 の 概 要: 徳之島、伊平屋島、伊是名島、野甫島、具志川島、屋那覇島、屋我地島、沖縄島、瀬底島、渡嘉敷島
に分布。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 奄美大島諸島には基亜種であるヒャンが分布し、沖縄島西方の島々にはクメジマ
ハイが分布する。
生 態 的 特 徴: 森林内の薄暗いところで見つかる。昼間は落葉や石の下などに隠れているが、夜になると這い出して
くる。トカゲ類やメクラヘビを食べる。コブラ科の毒蛇ではあるが、性質はおとなしく、かみつくこ
とは滅多にない。咬まれたとしても、口が小さいことから実害はないと思われる。手に取ると、尾の
先端を押しつける行動を行う。目撃されることは少なくないようであるが、詳細な生態については不
明な点が多い。
生 息 地 の 条 件: 年間を通して林床の湿度が保たれる森林と、隠れ家となる倒木や石垣等のある場所。
現在の生息状況: 沖縄島においては、北部地域の山地及びその林縁地域が主要な生息域である。沖縄島中南部では発見
例は極めて少なく、全体として目撃される地域は減少してきていると思われる。
学術的意義・ 評 価: 最近、久米島産の個体を別亜種としていることから、沖縄諸島内における本種の種分化については、
沖縄諸島の島々の地史と関連していることが予想され、地史を考えるうえから貴重である。
生存に対する 脅 威: 森林の伐採や林道の敷設は、本種の生息域を狭め、生息環境の乾燥化を促進する。とりわけ、側溝の
敷設は本種の移動の妨げとなり、落下個体は通常はい上がれないため、U字溝内で死亡した例も見つ
かっている。また、沖縄島中南部においては、墓地を主体とした小規模の森や拝所として断片的に
残っている森が本種の主要な生息地となっている。こうした森は、規模が小さいだけにその伐採は地
域個体群の消滅に直結する可能性が高い。
原
参
記
載: Fritze, A., 1894. Die Fauna der Liu―Kiu―Insel Okinawa. Zool. Jahrb. Syst., 7 : 852―926.
考 文 献: Mori, A. and H. Moriguchi, 1988. Food habits of the snakes in Japan : a critical review. The Snake, 20 : 98―
113.
Ota, H., 1991. Systematics and biogeography of terrestrial reptiles of Taiwan. “Proceedings of the First International Symposium on Wildlife Conservation”, Y.―S. Lin and K.―H. Chang (eds.), ROC, Council of Agriculture, Taipei, 47―112.
Ota, H., A. Ito and H.―C. Lin, 1999. Systematic review of the elapid snakes allied to Hemibungarus japonicus (Günther, 1868) in the East Asian Islands with description of a new subspecies from the central
Ryukyus. J. Herpetol., 33 : 675―687.
執
和
分
筆
者
高良鉄夫,1962.琉球列島における陸棲蛇類の研究.琉球大学農家政工学部学術報告,
(9)
:1―202,
22.
内山りゅう・前田憲男・沼田研児・関慎太郎,2002.日本の両生爬虫類.平凡社,東京.
当山昌直,2003.名護市の爬虫類.“名護市天然記念物調査シリーズ第5集 名護市の自然 名護市動植
物総合調査報告書”,名護市教育委員会,199―223
名: 千木良芳範
名: クメジマハイ
類: 有鱗目 コブラ科
学
名: Sinomicrurus japonicus takarai (Ota, Ito et Lin, 1999)
方
言
名: ハイ(久米島、渡名喜島)、ハイウマトーサー(久米島)
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 準絶滅危惧(NT)
形
態: 全長30―45cmの小型のヘビ。背面は赤褐色の地に、目立つ黒色の縦条が5本ある。近縁のハイにみられ
るような縦条を寸断するように細い環帯がないので縦条は尾部まで延びる。頭部は頚部よりもわずか
に太く、尾は短く先端は尖っている。
128
爬虫類
近似種との区別: ハイとは体の模様(環帯の有無)で区別される。
分 布 の 概 要: 伊江島、渡名喜島、久米島、座間味島、安室島、阿嘉島、慶留間島に分布。
近縁な種及び群との分布状況の比較: 奄美大島には基亜種のヒャン、沖縄島近隣にはハイが分布する。
生 態 的 特 徴: 朝、森林近くで見つかっていることから、森林内に生息し、森林から出入りしていると思われる。生
態等についてはよく知られていないが近縁種のハイと類似すると思われる。コブラと同じく神経毒を
有するがおとなしく、かみつくことはほとんど無く、実害も報告されてない。手で捕獲すると尾の先
端を押しつける行動を行う。尾の先端はトゲ状になっており、いかにも刺しているような感触をうけ
るが無害である。
生 息 地 の 条 件: 見つかった場所の近くには森林があることから、森林が生息地と思われる。また、小さい面積(例え
ば崖下)の森林近くでも見つかる場合がある。
現在の生息状況: 伊江島等、島によっては森林等の緑地が限定されているので、生息地の減少が懸念される。本種は隠
遁生活をすることで人目に触れる機会は少なく、発見例も多くはないことから生息状況はよく知られ
てない。しかし、森林の減少を考えると全体として減少してきていると思われる。
学術的意義・ 評 価: 沖縄諸島内に本亜種が分布することは、島々の地史と関連していると思われ、島の成り立ちを考える
うえから貴重である。
生存に対する 脅 威: 森林の減少は生息域を狭めることから減少につながる。また、本種は成長しても全長5
0cm以下であ
り、側溝によっては上がれなくなることから、側溝の設置やその構造等が問題となる。また、本亜種
は、早朝も活動することから、各島に導入されたイタチによって捕食される可能性がある。これらイ
タチ等の外来種による駆逐が心配される。
原
参
載: Ota, H., A. Ito and H.―C. Lin, 1999. Systematic review of the elapid snakes allied to Hemibungarus japonicus (Günther, 1868) in the East Asian islands with description of a new subspecies from the central
Ryukyus. J. Herpetol, 33 : 675―687.
記
考
文
献: 太田英利,2
000.ハイ.“改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物−レッドデータブック−(爬虫
類・両生類)”,環境庁自然保護局野生生物課(編),自然環境研究センター,東京,62.
高良鉄夫,1962.琉球列島における陸棲蛇類の研究.琉球大学農家政工学部学術報告,
(9)
:1―202,
22pls.
高良鉄夫,1973.ハブ=反鼻蛇.琉球文教図書,沖縄,231pp.
当山昌直,1981.沖縄群島の両生爬虫類相( ).沖縄県立博物館紀要,8:1―8.
当山昌直,1981.渡名喜島の陸上脊椎動物.“県立博物館調査報告書 −渡名喜島(となきじま)−”,
沖縄県立博物館,49―56.
当山昌直,1984.沖縄群島の両生爬虫類相( )−渡嘉敷島・久米島−.沖縄県立博物館紀要,10:25
―36.
名: 当山昌直
執
筆
者
名: エラブウミヘビ
類: 有隣目 コブラ科
和
分
名: Laticauda semifasciata (Reinwardt, 1837)
名: エラブウナギ(沖縄県全域)、イラブー(沖縄県全域)、ソーイラブー(久高島)、マームン(久高島)、
ソームン(久高島での雌の名称)、ウサー(久高島での雄の名称)、エラバー(石垣島)
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 該当なし
学
方
言
全長は雄で74―133cm、雌で83―141cm、頭胴長では雄で69―120cm、雌で80―126cm。比較的太短い体型で、胴後方に向
かうにつれて徐々に側偏し、尾部はオール状。薄青から黄褐色の地に暗褐色の横帯をもつが、成長に伴い全体的に褐
色味を帯びて地色と横帯との境界が不明瞭になる。体鱗列数は胴前半で2
1―23、後半部では1
9―21。腹板は190―215枚
で、幅はその長さの4倍程度。尾下板は雄で3
5―43対、雌では32―40対ある。本種の繁殖集団はインドネシアの小スン
ダ列島周辺からマルク諸島、フィリピン、台湾を経て琉球列島の硫黄島まで南北に細長く分布している。県内では久
高島、宮古島、池間島、石垣島、西表島、仲之神島に繁殖場が確認されているが、成体は上記の島嶼以外に沖縄島、
伊平屋島、瀬底島、粟国島、安室島、伊良部島、来間島、鳩間島、黒島など県内のほぼ全域の周辺海域から記録され
ている。
colubrina )とは県内のほ
色彩や斑紋が類似する同属のヒロオウミヘビ(L. laticaudata )、アオマダラウミヘビ(L.
129
爬虫類
ぼ全域で分布が重なるが(アオマダラウミヘビは主に八重山諸島)
、エラブウミヘビのみ吻端板が上下に二分する
schistorhynchus
点、左右の後咽頭板が接しない点などで区別できる。また本種に最も近縁とされるポリネシア産のL.
とは分布が大きく隔絶している。
主にサンゴ礁域に生息しており、ウツボ、ハゼ、ベラ、スズメダイ、カサゴなど様々な魚類を餌としていると考えら
れる(甲殻類を捕食していた例もある)
。産卵期は八重山諸島の石垣島では5―8月、宮古諸島の宮古島では4―7月、沖
縄諸島の久高島では8―12月で、この時期に海岸の岩場(主に琉球石灰岩)にできた特定の洞窟内に集まり、陸上の割れ
目や小穴などの湿った場所に潜り込んで産卵する。一腹卵数は1―10程度。飼育下での観察から孵化までに1
37―159日
を要することが報告されている。交尾期ははっきりしないが、産卵期には雄も洞窟に集まっており、ここで雌との交
尾を行なうものと思われる。これらのことから本種の生息地には様々な魚類が豊富に生息する環境と、海に向かって
開口し内部に湿潤な割れ目や小穴のある繁殖用の洞窟が必要であると推測される。
現在の生息状況については定量的な資料が存在しないため全く不明である。近年では久高島の産卵場で上陸個体数が
減少したとの情報もあり、いくつかの個体群では捕獲圧による個体数の減少が予想される。産卵のために集まった卵
を持つ雌を主な漁獲対象としているにもかかわらず、資源管理を徹底せずに毎年かなりの数を捕獲しているという漁
獲状況が今後も続けば、個体群の維持にとって著しい脅威となると思われる。なお、沖縄県では600mm以下の個体
を捕獲禁止として保護育成をはかっているが、このサイズの小型個体はほとんど産卵場に上陸しないため、現実的な
資源管理としての効果はあまり期待できない。また、整備事業等による産卵場となる海岸の物理的な破壊は本種の繁
殖にきわめて重大な打撃を与えると考えられ、生息域および産卵場周辺の海洋環境の変化も本種に大きな影響を及ぼ
す可能性がある。
本種の学術的意義に関しては、その南北に幅広い分布域から、生物の形態的・生態的・生理的性質における地理的変
異に関する研究を行なう際に非常に有用な材料と考えられ、その中で北限にあたる日本の集団は特に興味深い。また
飼育下の観察では孵化の時点で雄の方がやや大きく性比も雄に偏っているという現象が知られており、進化生物学的
に見て非常に興味深い。
なお、本種は温和な性質で咬みつくことは稀であるが、強い神経毒を持つため取り扱いには注意が必要である。
原
参
記
考
文
載: Reinwardt, 1837. In Schlegel’s Essai sur la Physionomiedes Serpens. J. Kips, J. Hz. and W. P. van Stockum,
LaHaye (The Hague) ; another edition, M. H. Schonekat, Amsterdam, II : 516.
献: 宏崎芳次,1
959.ハテルマの旅から
(3)−八重山群島の二,三の島の話.採集と飼育,2
1
(3)
:239―
244.
Kuwabara, R., R. Shimizu and T. Haneda, 1990. Ecological considerations on the sea snake Laticauda lati-
caudata in the Ryukyu Islands from trends in the catch. “The second Asian fisheries forum”, R. Hirano
and I. Hanyu (eds.), Asian Fisheries Society, Manila, Philippines, 773―776.
西銘史則,2
000.離島型エコツーリズム(久高島).“沖縄型エコツーリズムの試み”
,沖縄地域問題研
究会(編)
,沖縄県対米請求権事業協会,沖縄,174―229.
太田英利,1995.エラブウミヘビ.“日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料( )”,水産庁
(編),日本水産資源保護協会,東京,463―468,479.
高橋 寛,1984.琉球列島におけるウミヘビ類の頻度.The Snake,16:71―74.
Toriba M. and E. Nakamoto, 1987. Reproductive biology of Erabu sea snake, Laticauda semifasciata (Reinwardt). The Snake, 19 : 101―106.
執
筆
者
名: 増永
元
名: ヒロオウミヘビ
類: 有隣目 コブラ科
和
分
名: Laticauda laticaudata (Linnaeus, 1758)
名: マダラー(久高島)、フガー(久高島での雌の名称)、マルミル(久高島での雄の名称)、ブヤー(久高
島での雄の大型個体の名称)
カ テ ゴ リ ー: 準絶滅危惧(NT)
環境省カテゴリー: 該当なし
学
方
言
全長は通常4
8―136cm、頭胴長では4
4―124cm程度であまり顕著な性差はないが、全長1
57cmに達する雌個体の捕獲例
もある。比較的細長い体型で、尾部は側偏しオール状となる。青色の地に黒色の環帯をもち、地色との境界は明瞭。
体鱗列数は胴前半および中央部で19、後半部では17。腹板は219―252枚で、幅はその長さの4倍程度。尾下板数には雌
雄差があり、雄で38―48対、雌では30―35対ある。本種の繁殖集団はフィジー、ニューカレドニア近海からソロモン諸
130
爬虫類
島、ニューギニア近海を経て西はインド、アンダマン諸島近海、北は琉球列島の硫黄島に達する非常に広い範囲から
知られている。県内での分布は前述のエラブウミヘビ(L. semifasciata )と大きく重なっており、成体はほぼ全ての
浅海域で見られる。産卵の際もエラブウミヘビと同じ産卵場を利用していることが知られ、久高島、石垣島、西表島
などで確認されている。しかしながら産卵場に関する情報はエラブウミヘビと比べて少なく、今後の調査が必要であ
る。
色彩や斑紋が類似する同属のエラブウミヘビおよびアオマダラウミヘビ(L. colubrina)とは県内のほぼ全域で分布
が重なるが(アオマダラウミヘビは主に八重山諸島)、前者とは吻端板が1枚である点、前額板が2枚である点、左右
の後咽頭板が接する点などで区別でき(エラブウミヘビでは吻端板は上下2枚、前額板は3枚で左右の後咽頭板は接し
ない)、後者とは前額板が2枚である点、体鱗列数が胴中央部で19である点、上唇板が黒色である点などで区別できる
(アオマダラウミヘビでは前額板は普通3枚、体鱗列数は21―25、上唇板は黄色)。
サンゴ礁域や藻場、砂地などに生息し、ウツボなどの細長い体型をしたウナギ科魚類を捕食するが、海外ではハゼ科
魚類を捕食していたとの報告もある。また陸上の岩の隙間などで休んでいることも少なくない。産卵は久高島の例で
は8―9月が最盛期と報告されており、同地のエラブウミヘビの最盛期(10―11月)よりもやや早いようである。この時
期に琉球石灰岩でできた特定の海岸洞窟内に集まり、陸上の割れ目や小穴などの湿った場所に潜り込んで産卵する。
一腹卵数は1―7程度で、孵化までに1
40日程度を要する。交尾期ははっきりしないが、産卵期に雄も洞窟に集まってお
り、ここで雌との交尾を行なうものと思われる。これらのことから本種の生息地には捕食に適したサイズのウナギ科
魚類が豊富に生息する環境と、海に向かって開口し内部に湿潤な割れ目や小穴のある繁殖用の洞窟が必要であると推
測される。
現在の生息状況ついては情報が非常に少ないため全く不明である。漁獲物としての商品価値はエラブウミヘビよりも
低いが、それでもしばしば漁獲されているようで、こうした捕獲圧の影響を受けていることが懸念される。さらにエ
ラブウミヘビ漁のための人間の活動が本種の繁殖活動を撹乱している可能性も考えられる。またエラブウミヘビの場
合と同様、護岸工事などによる産卵場やその周辺の環境改変は本種の繁殖に大きな影響を与える恐れがある。
本種の学術的意義に関しては、その両半球にわたる非常に広域な分布域のため、生物の形態的・生態的・生理的性質
における地理的変異に関する研究を行なう際に非常に有用な材料であり、その中で北限にあたる日本の集団は特に興
味深い。
なお、本種はウミヘビ類の中ではおとなしい部類に含まれるが、エラブウミヘビと比べて咬み易く、非常に強い神経
毒を持つため取り扱いには特に注意が必要である。
原
参
執
記
考
筆
載: Linnaeus, C., 1758. Systema Naturae per Regna Tria Naturae, Secundum Classes, Ordines, Genera, Species,
cum Characteribus, Differentiis, Synonymis, Locis. Edition 10. Volume 1. Laurenti Salvi, Holmiae (=Stockholm), 222.
文
者
献: Bacolod P. T., 1983. Reproductive biology of two sea snakes of the genus Laticauda from central Philippinse. Philippine Scientist, 20 : 39―56.
Greer A. E., 1997. The biology and evolution of Australian snakes. Surrey Beatty and Sons Pty Limited, Chipping Norton, NSW, Australe, I―XII+ 358pp.
Ineich I. and P. Laboute, 2002. Sea snakes of New Caledonia. IRD Êditions, Paris, 302pp.
西銘史則,2000.離島型エコツーリズム(久高島).“沖縄型エコツーリズムの試み”
,沖縄地域問題研
究会(編),沖縄県対米請求権事業協会,沖縄,174―229.
名: 増永 元
5)情報不足
(DD)
和
分
名: タシロヤモリ
類: 有鱗目 ヤモリ科
学
名: Hemidactylus bowringii (Gray, 1845)
カ テ ゴ リ ー: 情報不足(DD)
環境省カテゴリー: 該当なし
奄美諸島以南の琉球列島、台湾から中国大陸、インド北部にかけて広く分布する。奄美大島においては比較的確認さ
れている反面、沖縄県内における標本に基づく戦後の確かな記録は宮古島・多良間島等の数例しかない。このように
情報がほとんど得られていないことから本種を情報不足とした。
131
爬虫類
参
考
文
献: 太田英利,2003.タシロヤモリ.“鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 動物編 −鹿児島県レッ
ドデータブック−”,鹿児島県環境生活部環境保護課(編),鹿児島県環境技術協会,99.
当山昌直,1976.宮古群島の両生爬虫類相( ).爬虫両棲類学雑誌,6
(3)
:64―74.
当山昌直,1981.宮古群島の両生爬虫類.沖生教研会誌,14:30―39.
名: 当山昌直
執
132
筆
者
Fly UP