...

スクリプト記述の基本 アクションスクリプトの記述場所(3種類) on

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

スクリプト記述の基本 アクションスクリプトの記述場所(3種類) on
スクリプト(プログラミング)の基本
Design Practical I・II
スクリプト記述の基本
「イベントが起こると、スクリプトが実行される。」
「あるきっかけで、何かが起こる。」
【スクリプトの例】
stop(); ……… ムービーを停止する
play(); ……… ムービーを再生する
……… きっかけの定義
on ( イベント ){
……… イベント開始
……… 起こること
スクリプト
……… 実行されるスクリプト
……… きっかけの終了
}
……… イベント終了
アクションスクリプトの記述場所(3種類)
ボタンアクション
「ボタンにきっかけが与えられた時」に実行されるスクリプト
press
rollOver
release
releaseOutside
ライブラリに登録したムービークリップシンボルをステージ上に配置したインスタンスに記述する。
【onClipEvent イベントハンドラを用いる】
prevFrame(); ……… 前のフレームに戻る
gotoAndStop( フレーム番号 ); ……… 指定フレームに移動し停止する
gotoAndPlay( フレーム番号 ); ……… 指定フレームに移動し再生する
フレームアクション
「ムービークリップにきっかけが与えられた時」に実行されるスクリプト
ライブラリに登録したボタンシンボルをステージ上に配置したインスタンスに記述する。
【on イベントハンドラを用いる】
ムービークリップアクション
nextFrame(); ……… 次のフレームに進む
load
mouseMove
rollOut
unload
mouseDown
dragOver
enterFrame
mouseUp
dragOut
keyDown
keyPress "Key"
keyUp
「フレームにきっかけが与えられた時」に実行されるスクリプト
タイムライン上にスクリプト用のレイヤーを用意し、フレームに記述する。
【そのフレームに再生ヘッドが到達した時点で実行される為、イベントの記述は必要ない。】
Design Practical I・II | info lab. | SSU | 2007 - 2008
Fly UP