...

事業資料

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

事業資料
タイにおけるVOCモニタリングおよび環境情報マネージメントに関わる研究協力(2011~2012)
1.事業概要
タイにおける環境問題のシンボルとなっているマ
プタプット工業団地において、高精度センサを用い
た揮発性有機化合物(VOC)の常時モニタリングシ
ステムを構築する。また、VOCの拡散予測のため
のシミュレーション研究や環境監視トレーニングを
通じて、本システム全体を持続的かつ発展的に活
用できる基盤を構築する。
2.事業の意義
・マプタプット工業団地では、深刻な大気汚染に端
を発した周辺住民との信頼関係修復が長年の課題
となっている。本事業による常時モニタリングシステ
ムと、わかりやすい情報公開システムの構築が、本
課題解決の切り札となると期待。
・さらに、モニタリングシステムやシミュレーション技
術の習得により、同国が今後必要とするVOC削減
計画立案等に必要な基礎データを自ら収集する体
制が構築される。
・我が国にとっても、最先端の分析装置とIT技術を
組み合わせた環境管理技術のビジネスモデル海外
展開の可能性を実証できるまたとない機会。
対象国
タイ
助成先
富士通株式会社
共同研究先
<日本>(財)日本環境衛生センター・アジア大気
汚染研究センター(ACAP)
<タイ>科学技術開発庁(NSTDA)、工業団地公
社(IEAT)、チュラロンコン大学
事業実施サイト
タイ・マプタプット工業団地
総事業費
171百万円
4.事業の概要図
【マプタプット工業団地】
VOCの常時モニ
タリング
VOC測定データ
(富士通:チュラロンコン大学、
IEATのデータサーバに集積)
【チュラロンコン大学】
住民への情報公開
(富士通:情報公開アプリの開発)
情報公開
3.今後の予定
2月に、ACAPにおいてVOCの拡散予測シミュレー
ション等の人材育成を実施。8月には、タイ側がセ
ンサーを設置しデータ取得を開始する予定。 本事業終了後には、トータルな環境管理のロール
モデルとして、タイの他の工業団地や今後環境対
策を強化していく開発途上国の工業団地へ普及を
図る。 5つのセンサー
ステーションの設置
(IEAT:センサー調達・設置、
富士通:測定作業の標準化)
発生源データ
気象データ
【チュラロンコン大学】
シミュレーションモデル開発
集約・分析
(ACAP:研究支援、人材育成)
Fly UP