...

応募要項 - 全国公立文化施設協会

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

応募要項 - 全国公立文化施設協会
平 成 28 年 度 文 化 庁 委 託 事 業 「 劇 場 ・ 音 楽 堂 等 基 盤 整 備 事 業 」
「劇場・音楽堂等スタッフ交流研修事業
(海外交流研修)」応募について
1
主催
文化庁、株式会社文化科学研究所、公益社団法人全国公立文化施設協会
2
事業の目的
(1)
劇場・音楽堂等の活性化に関する法律第 13 条及び、同法第 16 条に基づく指針第
2 の 3 において、劇場・音楽堂等の専門的人材の養成・確保に努めることが明記さ
れています。そこで、劇場・音楽堂等に勤務する職員を対象に、劇場・音楽堂等が
取り組むべき事業や活動事例等を学び、今後の劇場・音楽堂等の社会的役割につい
て考える機会とします
(2)
海外の劇場・音楽堂等の視察および現地スタッフや有識者、専門家との交流・意
見交換を通し、知見及び技術の向上を目指します。
(3)
参加者相互の交流及び意見交換等を通じて、帰国後の人的ネットワークの構築や
事業の連携につなげます。
3
事業の内容
(1)
アメリカ合衆国及びカナダへ短期派遣を行い、当該候補地のコミュニティシアタ
ーやノンプロフィットシアター等の劇場および劇場芸術関係の大学、機関等におい
て、現地スタッフとの交流、意見交換等を行います。
(2)
地域における劇場・音楽堂等がどのように地域社会に貢献しているのか、組織、
人的体制、運営方針、事業推進、プロダクション、施設管理、マーケティング、資
金調達、鑑賞者開発、コミュニティプログラム等、全般的な劇場経営を多角的に学
びます。
(3)
研修候補地
アメリカ合衆国
ペンシルベニア州
ニューヨーク州周辺
カナダ
ケベック州
フィラデルフィア市、ピッツバーグ市等
ニューヨーク市等
モントリオール市等
※ 上記候補地は予定です。最終行程については、10 月下旬に決定する予定です。
1
4
派遣期間
平成28年11月中旬 ~12月初旬のうち10日間程度。
※ 日程については、7月上旬に決定する予定です。
5
費用について
費用詳細については、別紙1をご覧ください。
6
募集の対象者
劇場・音楽堂等に勤務する中堅・若手職員等(管理職を含む)で、下記のいずれに
も該当される方。
① 施設での経験年数が概ね10年以上で、アートマネジメント等の経験を有す
る職員。
② より専門的知識を高めたい意欲的な職員(管理職を含む)。
7
募集人数
7名程度(応募者のうちから、提出された書類を基に選考を行い、決定します)
8
事業の流れ
募
集
平成28年6月1日~6月30日
選
考
7月中旬頃
選考結果通知
7月下旬頃(予定)
ガイダンス(予定)
8月~
公
10月頃
表
順次
オリエンテーション
出国前日(東京)
研
修
11月中旬~12月初旬のうち10日間程度
会(予定)
平成29年2月8日~10日開催の全国アートマネジメン
報
告
ト研修会にて報告予定
モニタリング
2
9
応募について
(1) 応募期間
平成28年6月1日(水)~6月30日(木)
当日消印有効
(2) 応募方法
下記①~②の様式を全国公文協ホームページよりダウンロードし、必要事項
を記入の上、下記へ簡易書留にて郵送してください。
① 派遣申込書、経歴書
(様式1)
② 小論文
(様式2)
〈送付先〉
〒104-0061
東京都中央区銀座2-10-18 東京都中小企業会館4階
公益社団法人 全国公立文化施設協会
スタッフ交流(海外研修)事務局
※ 平成27年度「劇場・音楽堂等スタッフ交流研修事業(海外交流研修)」に
応募された方も応募可能です。
10 選考について
選考結果発表
平成28年7月下旬頃(予定)
※ 研修生は 1 施設最大 1 名とします。
※ 選考には地域性を考慮する場合があります。
※ 選考結果は、合否にかかわらず応募者全員に通知します。
11 公表について
研修内容の詳細及び研修生名等は、10月頃に全国公文協ホームページ等で公表す
る予定です。
12 その他注意事項
(1)
派遣が決定した方には、派遣に際し下記の資料を追加で提出していただきま
す。提出された書類内容によっては、派遣できない場合もありますので、ご了
承ください。
① 健康診断書(提出日現在で1年以内に行なわれたもの。職場等で行われた
一般健康診断の写し等で可。)
② パスポートの写し(派遣期間中に有効なもの。決定後取得する場合は、取
得予定時期をお知らせ下さい。)
③ 住民票の写し(発行より3か月以内)
3
④ ESTA(米国電子渡航認証)及び eTA(カナダ電子渡航認証)
(2)
研修に係る事故等に対し補償できない場合があります。必ず海外旅行保険に
加入して下さい(費用は自己負担です)。
(3)
研修には通訳が同行します。
13 報告書及び成果発表
(1) 研修後、実施報告書及び研修レポート等を提出していただきます。
(2) 成果発表として、平成29年2月8日~10日開催の全国アートマネジメント
研修会において、報告会(グループ発表)を行う予定です。
14 問合せ先
公益社団法人 全国公立文化施設協会
〒104-0061 東京都中央区銀座 2-1-18 東京都中小企業会館 4 階
電話番号 03-5565-3030
FAX 番号 03-5565-3050
E-mail:[email protected]
担当:堀江、菅生
4
Fly UP