...

オゾン層破壊防止

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

オゾン層破壊防止
5 オゾン層破壊防止
オゾン層破壊防止
地球をとりまくオゾン層は、有害な紫外線を吸収することにより、私たち地球上の生物を保護
する大切な役割を果たしていますが、このオゾン層が破壊されると、有害な紫外線が増え、皮膚
ガンや白内障、免疫低下などの人体被害の影響や動植物生態系への影響が心配されます。
このオゾン層は、冷蔵庫やエアコンの冷媒などに使われているフロン類(CFC、HCFC)に
よって破壊されることが明らかになっています。フロン類は二酸化炭素より数百から数万倍も強
力な温室効果ガスでもあることから、オゾン層の保護および地球温暖化の防止のためには、機器
に使用されているフロン類(CFC、HCFC及びHFC)の大気中への排出を抑制することが重要
です。
その対策として、1995年に「オゾン層保護法」により特定フロン(CFC)の製造を禁止、
2001年から「家電リサイクル法」により家庭用冷蔵庫及び家庭用エアコンのフロン類の回収を
義務付け、また、2002年には「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関す
る法律(フロン回収・破壊法)
」により業務用冷凍空調機器およびカーエアコンのフロン回収等
の義務付け等が行われています。
なお、カーエアコンのフロン類の回収、破壊については、カーエアコンが自動車の構成部材の
一部であることから、2005年1月からは、フロン回収・破壊法の規制対象から外され、使用済
み自動車の適正処理及び廃棄のために制定された自動車リサイクル法により車体やエンジンの廃
棄などと一括して規制されています。
●世界のオゾン量の経年変化
世界のオゾン全量
地上および衛星からの観測によると、世界平均のオゾン全量は低緯度を除いて1980年代から1990年代
前半にかけて大きく減少が進みました。1990年代後半以降はほとんど変化がないかわずかに増加してい
ますが、現在もオゾン全量は少ない状態が続いています。
出典:気象庁
85
Ⅳ.その他の環境問題への対策
●フロン回収・破棄法の仕組み
出典:経済産業省、環境省
●自動車リサイクル法におけるフロン回収
プレス・
せん断
処理業者
シュレッダー
業者
1
2
出典:財団法人自動車リサイクル促進センター
86
Fly UP