...

FR-SSCS - TTC 一般社団法人情報通信技術委員会

by user

on
Category: Documents
12

views

Report

Comments

Transcript

FR-SSCS - TTC 一般社団法人情報通信技術委員会
JT-I365.1
広帯域ISDN フレームリレー用
CSサービス依存部(FR-SSCS)
B-ISDN Frame Relaying
Service Specific Convergence Sublayer (FR-SSCS)
第1版
1996年4月24日制定
社団法人
情報通信技術委員会
THE TELECOMMUNICATION TECHNOLOGY COMMITTEE
本書は、
(社)情報通信技術委員会が著作権を保有しています。
内容の一部又は全部を(社)情報通信技術委員会の許諾を得ることなく複製、転載、改変、
転用及びネットワーク上での送信、配布を行うことを禁止します。
<参考>
1.国際勧告との関連
本標準は、1993年7月の国際電気通信連合電気通信標準化部門(ITU−T)SG13
第1回全体
会合において勧告化手続きにかけられたITU−T勧告草案I.365.1に準拠している。
2.上記国際勧告などに対する追加項目等
本標準の付属資料Aは、ITU−T勧告の Annex A をもとに本文中に使用されている用語を追加し、名称
を「略称および用語リスト」と変更している。
3.改版の履歴
版数
発行日
第1版
平成
改版内容
8年
4月24日
制定(JT−I365廃止に伴う制定)
4.工業所有権
本標準に関わる「工業所有権等の実施の権利に係る確認書」の提出状況は、TTCホームページでご覧に
なれます。
5.その他
JT−I365.1が参照している勧告、標準等
TTC標準:
JT−I363、JT−I233〔Ⅰ〕、JT−Q922、JT−I370
JT−I555
-i-
JT−I365.1
目 次
1.序文
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
2.FR-SSCSで提供されるサービス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
2.1 プリミティブ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3
2.2 コネクションの説明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4
3.マネージメントプレーンおよびコントロールプレーンとの相互関係 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5
4.FR-SSCSの機能、構造およびコーディング ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5
4.1 FR-SSCSの機能 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5
4.2 FR-SSCS-PDUの構造とコーディング ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5
5.FR-SSCSサブレイヤの手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7
5.1 状態変数 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7
5.2 送信側における手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7
5.3 受信側における手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9
付属資料A 略称および用語リスト ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 11
JT-I365.1
1.序文
この標準は、フレームリレー用CSサービス依存部(FR-SSCS)を規定する。FR-SSCSはA
TMアダプテーションレイヤ内の上位に位置づけられ、標準JT-I363 6章に規定されるAALタイ
プ5のCS共通部(CPCS)の上に置かれる。これを図1および図2/JT-I365.1に示す。FR
-SSCSは、B-ISDNにおいてフレームリレーベアラサービス(FRBS)をB-ISDN端末(B
-TE)で実現(エミュレート)するために使用される。またFR-SSCSは、B-ISDNとフレーム
リレーネットワークをインタワークするためにも使用される。
2.FR-SSCSで提供されるサービス
DL-コア-SAPにおいて、FR-SSCSは標準JT-I233〔Ⅰ〕の付属資料Cで記述されるコ
アサ-ビスを提供する。コアサービス利用者とコアサービス提供者(この場合、提供者とはFR-SSCS
に相当する。)の間でやり取りされるコアサービスプリミティブを表1/JT-I365.1に示す。表1
/JT-I365.1は標準JT-Q922付属資料Aの節A.4.2.2にある表にもとづいている。プ
リミティブとそのパラメータは標準JT-I233〔Ⅰ〕の付属資料Cに詳細が示されている。(図1/J
T-I365.1)
DL-コア-SAP
DL-コア-データ-要求
DL-コア-データ-表示
FR-SSCS
CPCS-ユニットデータ-起動
CPCS-ユニットデータ-通知
AAL5 CPCS
AAL
AAL5 SAR
ATM-データ-要求
ATM-データ-表示
ATM-SAP
図1/JT-I365.1
B-ISDNプロトコル参照モデルにおけるFR-SSCSの位置
(B-ISDN用TEの場合)
(ITU-T I.365.1)
-1-
JT-I365.1
フレームリレーインタワーキングポイント(FR-IWP)での情報のやり取りはIWF-データ-表
示とIWF-データ-要求によって行われる(図2/JT-I365.1)。それらのプリミティブのパ
ラメータを表2/JT-I365.1に示す。
FR-IWP
JT-Q922
コア
IWF-データ-表示
FR-SSCS
IWF-データ-要求
CPCS-ユニットデータ-起動
CPCS-ユニットデータ-通知
AAL5 CPCS
AAL5 SAR
ATM-データ-表示
ATM-データ-要求
ATM-SAP
図2/JT-I365.1
B-ISDNプロトコル参照モデルにおけるFR-SSCSの位置
(フレームリレーネットワークとB-ISDN間のインタワーキング機能の場合)
(ITU-T I.365.1)
FR-SSCSサブレイヤはFR-SSCS-SDUの転送順序を保証している。FR-SSCSサブ
レイヤは、CPCSメッセージモードを使用する。ただし、AALタイプ5のオプションである誤りデー
タの配信は使用しない。
JT-I365.1
-2-
2.1 プリミティブ
DL-コア-SAPを介してやり取りされるプリミティブを表1/JT-I365.1に示す。
表1/JT-I365.1
DL-コア-SAPにおけるコアサービスプリミティブとパラメータ
(ITU-T I.365.1)
DL-コア-データ要求
DL-コア-データ表示
DL-コア-ユーザデータ
○
○
廃棄可能性
○
プリミティブ
FR-SSCS-PDU フィールド
パラメータ(注 1)
情報フィールド
DE
逆方向輻輳発生
○
BECN
順方向輻輳発生
○
FECN
○
C/Rビット
DL-コア-サービスユーザ
プロトコル制御情報
○
○:パラメータあり
(注1)DL-コア制御パラメータとDLCI/DL-コア制御表示パラメータがDL-コア-データプ
リミティブに含まれるかは今後の検討課題である。
-3-
JT-I365.1
FR-IWPを介してやり取りされるプリミティブを表2/JT-I365.1に示す。
表2/JT-I365.1
FR-IWPにおけるプリミティブとパラメータ
(ITU-T I.365.1)
IWF-データ要求
IWF-データ表示
DL-コア-ユーザデータ
○
○
情報フィールド
廃棄可能性
○
○
DE
逆方向輻輳発生
○
○
BECN
順方向輻輳発生
○
○
FECN
DL-コア-サービスユーザ
プロトコル制御情報
○
○
C/Rビット
DLCI/DL-コア制御
表示(注1)
○
○
D/C
DL-コア制御(注2)
○
○
DL-コア制御
プリミティブ
FR-SSCS-PDU フィールド
パラメータ
○:パラメータあり
(注1)このパラメータがC側(DL-コア制御)に設定されている場合、DL-コア制御パラメータが
存在することを示す。
(注2)このパラメータは、DLCI/DL-コア制御表示パラメータの表示がC側のときのみ存在する。
FR-SSCSとAALタイプ5のCPCS間の境界を介してやり取りされるプリミティブは、標準J
T-I363節6.1.2.2.1で記述されている。
2.2 コネクションの説明
FR-SSCSにおいて多重化が可能であるため、複数のFR-SSCSコネクションを、単一のCP
CSコネクション(および、対応する単一のATMコネクション)と対応付けてもよい。一つのCPCS
コネクション内のそれぞれのFR-SSCSコネクションは、データリンクコネクション識別子(DLC
I)によって、一意に識別される。
JT-I365.1
-4-
3.マネージメントプレーンおよびコントロールプレーンとの相互関係
今後の検討課題である。
4.FR-SSCSの機能、構造およびコーディング
4.1 FR-SSCSの機能
FR-SSCSにより提供される機能は以下のものを含む。
a)多重/分離
本機能は複数のFR-SSCSコネクションを単一のCPCSコネクションに多重化する能力を提供す
る。
b)FR-SSCS-PDU長の検査
本機能はFR-SSCS-PDUがオクテットの整数倍で成り立っているか、およびFR-SSCS-
PDUが標準JT-I233〔Ⅰ〕で規定されているものより長すぎたり短すぎたりしないかを検査する。
c)輻輳制御
本機能は適用可能な時に、輻輳回避手順を起動するよう網がエンドユーザに順方向および逆方向に知ら
せるための手段を提供する(順方向輻輳通知および逆方向通知による輻輳制御)。加えて、本機能はエン
ドユーザおよび/または網に対して輻輳状態での他のフレームに優先して廃棄されるべきフレームを指し
示す手段を提供する(廃棄可能性表示による輻輳制御)。輻輳管理手順は標準JT-I370で記述され
ている。
4.2 FR-SSCS-PDUの構造とコーディング
同位FR-SSCSエンティティ間の通信にはFR-SSCS-PDUを用いる。FR-SSCS-P
DU構造のフォーマットを図3/JT-I365.1に示す(注:この構造は、標準JT-Q922フレー
ムリレーのフレームからフラグと0挿入とFCSを除いたものとまったく同じである)。フォーマットと
フィールドのコーディングの詳細は、標準JT-Q922付属資料Aの節A.3で示される。
ATM-PDUの各オクテットが、最上位ビット(MSB)から最下位ビット(LSB)の順で送られ
るように定義されているので、ATM-PDU内のFR-SSCS-PDUについても同様に最上位ビッ
トから最下位ビットの順で送られる。このビット送信順序は標準JT-Q922と異なるが、受信後はも
とのビット順序に復元される。このため結果的にFR-SSCSの送信順序は、FR-SSCSユーザに
対して標準JT-Q922と同じと見える。
-5-
JT-I365.1
デフォルト・ヘッダ・フォーマット
MSB
1
2
LSB
C/R
(上位)DLCI
FECN
(下位) DLCI
BECN
DE
EA
0
EA
1
3
情報フィールド
(整数オクテット: 1… 262…1600…オクテット)
n
3オクテット・ヘッダ・フォーマット
MSB
1
LSB
C/R
(上位)DLCI
2
FECN
DLCI
3
BECN
DE
D/C
(下位)DLCIあるいは
DL-コア制御
EA
0
EA
0
EA
1
4オクテット・ヘッダ・フォーマット
MSB
1
2
LSB
C/R
(上位)DLCI
FECN
DLCI
3
DLCI
4
(下位)DLCIあるいは
DL-コア制御
BECN
DE
D/C
EA
0
EA
0
EA
0
EA
1
DLCI= データリンクコネクション識別子(10/16/17/23 ビット)
C/R = コマンド/レスポンスビット
EA = アドレスフィールド拡張ビット
FECN/BECN = 順方向/逆方向明示的輻輳通知
DE = 廃棄可能性
D/C = DLCI/DL-コア制御表示
図3/JT-I365.1
2、3および4オクテット・ヘッダ・フォーマットのFR-SSCS-PDUの構造
(ITU-T I.365.1)
デフォルト(2オクテット)・ヘッダ・フォーマットのサポートは必須である。3および4オクテット・
ヘッダ・フォーマットのサポートはオプションである。
JT-I365.1
-6-
5.FR-SSCSサブレイヤの手順
5.1 状態変数
受信最新輻輳表示変数:この変数の初期値は“0”である。これはFR-SSCSコネクションが双方
向の場合に用いられる。この変数はこのコネクションの逆方向より受信した一番新しいCPCS-ユニッ
トデータ-通知プリミティブのCPCS輻輳表示パラメータの値を格納する。
5.2 送信側における手順
FR-SSCSが以下に示すプリミティブを受信した場合、図3/JT-I365.1に示すフォーマッ
トに従い表3/JT-I365.1に示す内容のFR-SSCS-PDUを構成する。
・B-TE内のコアサービスユーザからのDL-コア-データ-要求
もしくは
・IWF内の標準JT-Q922コアからのIWF-データ-要求
-7-
JT-I365.1
表3/JT-I365.1
送信側FR-SSCS-PDUに関する値
(ITU-T I.365.1)
FR-SSCSで設定される値
FR-SSCS-
PDUフィールド
B-TE
IWF
DLCI
コネクション設定時または加入
時に決定したFR-SSCSコ
ネクションに対応した値を設定
(B-TEと同じ)
C/R
DL-コア-サービスユーザプ
ロトコル制御情報パラメータの
値を設定
(B-TEと同じ)
FECN
“0”を設定
順方向輻輳発生パラメータの値
を設定
BECN
“0”を設定
またはオプションとして受信最
新輻輳表示変数の値を設定
受信最新輻輳表示変数の値と、
逆方向輻輳発生パラメータの値
の論理和を設定
DE
廃棄可能性パラメータの値を設定
(B-TEと同じ)
DL-コア制御
今後の検討課題
(B-TEと同じ)
D/C
コネクション設定時または加入
時に決定した、ヘッダの最後の
オクテットが、DLCIまたは
DL-コア-制御フィールドの
どちらの表示をするかを指示す
る値を設定
(B-TEと同じ)
EA
ヘッダの最初または途中のオク
テットでは“0”、最後のオク
テットでは“1”を設定
(B-TEと同じ)
情報フィールド
DL-コア-ユーザデータのパ
ラメータ値を設定
(B-TEと同じ)
FR-SSCS-PDUは、CPCS-ユニットデータ-起動プリミティブのインタフェースデータ(I
D)パラメータ内に設定されてCPCSサブレイヤに転送される。このプリミティブの他のパラメータは
以下のように設定される。
JT-I365.1
-8-
・CPCS損失優先度(CPCS-LP)パラメータは以下のどちらかである。
a) DL-コア-データ-要求プリミティブ又はIWF-データ-要求プリミティブの廃棄可能性パ
ラメータの値に設定される。
b) 常時“0”もしくは“1”に設定される。
上記a)とb)の両方ともサポートされなければならない。従って、網運用者は、コネクション設定時
もしくは加入時にCPCSコネクション毎にいずれを用いるかを選択できる。これら二つのケースの選択
方法は、この標準の範囲外である。
・CPCS輻輳表示(CPCS-CI)パラメータは常時“0”に設定する。
・CPCSユーザ間表示(CPCS-UU)パラメータは常時“0”に設定する。
5.3 受信側における手順
CPCS-ユニットデータ-通知プリミティブの受信時に、受信最新輻輳表示変数はCPCS輻輳表示
(CPCS-CI)パラメータの値に設定される。FR-SSCS-PDUは、インタフェースデータ(I
D)パラメータから取り出される。
FR-SSCS-PDUの情報フィールドに含まれたFR-SSCS-SDUは、以下のように渡され
る。
・B-TEの場合には、DL-コア-データ-表示プリミティブを使って上位レイヤに渡される。
もしくは、
・IWFの場合には、
IWF-データ-表示プリミティブを使って標準JT-Q922コアに渡される。
各プリミティブのパラメータを表4/JT-I365.1に示す。
-9-
JT-I365.1
表4/JT-I365.1
受信側におけるDL-コア-データ-表示プリミティブと
IWF-データ-表示プリミティブのパラメータ値
(ITU-T I.365.1)
DL-コア-データ-表示プリミティブ
(B-TE)
パラメータ
DL-コア-ユーザデータ
廃棄可能性
FR-SSCS-SDU(情報フィールド )
(注 1)
IWF-データ-表示プリミティブ
(IWF)
(B-TEと同じ)
(注 2)
逆方向輻輳発生
FR-SSCS-PDU の BECN フィールド の値を設定
(B-TEと同じ)
順方向輻輳発生
FR-SSCS-PDU の FECN フィールド の値と、
CPCS-ユニットデータ-通知プリミティブの CPCS-CI
パラメータの値の論理和を設定
(B-TEと同じ)
DL-コア-サービス
ユーザプロトコル制御情報
FR-SSCS-PDU の C/R フィールドの値を設定
(B-TEと同じ)
DLCI/DL-コア制御表示
今後の検討課題
FR-SSCS-PDU の D/C フィー
ルド の値を設定
DL-コア 制御
今後の検討課題
FR-SSCS-PDU の DL-コア
制御フィールド があればそ
の値を設定
(注1)B-TEの受信側において、CPCS損失優先度(CPCS-LP)パラメータの情報は、FR
-SSCSでマネージメント等の他のエンティティに送られてもよい。
(注2)IWFの受信側において、廃棄可能性(DE)パラメータは、a)またはb)に設定されなけれ
ばならない。
a) FR-SSCS-PDUのDEフィールドの値
b) FR-SSCS-PDUのDEフィールドの値と、CPCS-ユニットデータ-通知プリミティ
ブのCPCS-LPパラメータの値の論理和
上記a)とb)の両方ともIWFでサポートされなければならない。従って、網運用者は、コネクショ
ン設定時もしくは加入時にCPCSコネクション毎にいずれを用いるかを選択できる。これら二つのケー
スの選択方法は、この標準の範囲外である。
JT-I365.1
- 10 -
付属資料A 略称および用語リスト
AAL
ATM
B-ISDN
B-TE
BECN
C/R
CPCS
CPCS-CI
CPCS-LP
CPCS-UU
CS
D/C
DE
DLCI
EA
FCS
FECN
FR
FR-IWP
FR-SSCS
FRBS
ID
IWF
LSB
MSB
PDU
SAP
SAR
SDU
TE
ATM Adaptation Layer
Asynchronous Transfer Mode
Broadband Integrated Services Digital Network
B-ISDN Terminal
Backward Explicit Congestion Notification
Command/Response bit
Common Part Convergence Sublayer
CPCS- Congestion Indication
CPCS- Loss Priority
CPCS- User-to-User Indication
Convergence Sublayer
DLCI or DL-CORE control indicator
Discard Eligibility
Data Link Connection Identifier
Address Extension bit
Frame Check Sequence
Forward Explicit Congestion Notification
Frame Relaying
Frame Relaying Interworking Point
Frame Relaying Service Specific Convergence Sublayer
Frame Relaying Bearer Service
Interface Data
Interworking Function
Least Significant Bit
Most Significant Bit
Protocol Data Unit
Service Access Point
Segmentation and Reassembly Sublayer
Service Data Unit
Terminal Equipment
core service
corrupted data delivery
indication
interaction
interworking
invoke
request
sequence integrity
signal
- 11 -
ATM アダプテーションレイヤ
非同期転送モード
広帯域 ISDN
B-ISDN 用 TE
逆方向明示的輻輳通知
コマンド/レスポンスビット
CS 共通部
CPCS 輻輳表示
CPCS 損失優先度
CPCS ユーザ間表示
CS(コンバージェンスサブレイヤ)
DLCI/DL-コア制御表示
廃棄可能性
データリンクコネクション識別子
アドレスフィールド拡張ビット
フレームチェックシーケンス
順方向明示的輻輳通知
フレームリレー
フレームリレーインタワーキングポイント
フレームリレー用 CS サービス依存部
フレームリレーベアラサービス
インタフェースデータ
インタワーキング機能
最下位ビット
最上位ビット
プロトコルデータユニット
サービスアクセスポイント
分割/組立サブレイヤ
サービスデータユニット
TE(端末)
コアサービス
誤りデータの配信
表示〔プリミティブ名〕
相互関係
インタワーキング
起動〔プリミティブ名〕
要求〔プリミティブ名〕
転送順序保証
通知〔プリミティブ名〕
JT-I365.1
第 1 版 執筆作成協力者
(JT-I365.1)
第二部門委員会
部門委員長
副部門委員長
副部門委員長
1996年1月30日
(順不同)
飯塚 久夫
藤岡 雅宣
丸山 優徳
清水 孝真
貝山 明
影井 良貴
勝川 保
田中 公夫
稲見 任
北原 茂
前川 英二
加藤 周平
部谷 文伸
竹之内 雅生
和泉 俊勝
関谷 邦彦
朝倉 純二
杉山 秀紀
伊東 豊
三浦 卓
森田 茂男
武正 淳
三宅 功
加藤 聰彦
川勝 正美
原 博之
山崎 克之
日本電信電話(株)
国際電信電話(株)
(株)日立製作所
東京通信ネットワーク(株)
NTT移動通信網(株)
エヌ・ティ・ティ・データ通信(株)
住友電気工業(株)
ノーザンテレコムジャパン(株)
富士通(株)
(財)電気通信端末機器審査協会
日本電信電話(株) (第一専門委員会 専門委員長)
沖電気工業(株)
(第一専門委員会副専門委員長)
三菱電機(株)
(第一専門委員会副専門委員長)
国際電信電話(株) (第二専門委員会 専門委員長)
日本電信電話(株) (第二専門委員会副専門委員長)
(株)東芝
(第二専門委員会副専門委員長)
日本電気(株)
(第三専門委員会 専門委員長)
日本アイ・ビー・エム(株) (第三専門委員会副専門委員長)
(株)日立製作所
(第三専門委員会副専門委員長)
日本電信電話(株) (第四専門委員会 専門委員長)
国際電信電話(株) (第四専門委員会副専門委員長)
松下通信工業(株) (第四専門委員会副専門委員長)
日本電信電話(株) (第五専門委員会 専門委員長)
国際電信電話(株) (第五専門委員会副専門委員長)
沖電気工業(株)
(第五専門委員会副専門委員長)
日本電信電話(株) (B-ISDN特別専門委員長)
国際電信電話(株) (B-ISDN特別副専門委員長)
第五専門委員会委員
(JT-I365.1)
特
特
河合 慎一郎
平海 孝志
高橋 秀一
山本 康弘
若林 亨昭
森田 直孝
金山 之治
貝山 明
辻中 伸生
森 政徳
山中 登
瀬戸口 芳
松浦 力
横田 潔
松沼 敬二
塚本 隆博
田村 悦郎
仲林 次郎
萩原 啓司
高野 俊介
古木 靖二
国際電信電話㈱
第二電電㈱
東京通信ネットワーク㈱
日本高速通信㈱
日本テレコム㈱
日本電信電話㈱
日本電信電話㈱
NTT移動通信㈱
大阪メディアポート㈱
安藤電気㈱
アンリツ㈱
岩崎通信機㈱
大倉電気㈱
沖電気工業㈱
沖電気工業㈱
キャノン㈱
シーメンス㈱
シャープ㈱
住友電気工業㈱
ソニー㈱
㈱大興電機製作所
特
特
中村 信一
秋間 孝一郎
森住 哲也
寺内 進
青木 康二
中川 達夫
赤田 正雄
小熊 弘
昆野 勝典
高取 正浩
細田 雅明
加藤 正文
鈴木 弘喜
西川 宏
矢野 雅嗣
小笠原文廣
鼻戸 博昭
峰岸 敏之
井坂 徳之
阿部 明
早川 文康
㈱田村電機製作所
㈱東芝
東洋通信機㈱
日本アイ・ビー・エム㈱
日本AT&T㈱
日本電気㈱
日本電気㈱
日本無線㈱
ノーザンテレコムジャパン㈱
㈱日立製作所
富士通㈱
富士通㈱
松下通信工業㈱
松下電器産業㈱
三菱電機㈱
㈱リコー
㈱東陽テクニカ
㈱アドバンテスト
中部電力㈱
(財)電気通信端末機器審査協会
東京電力㈱
(JT-I365.1)
(SWG1検討グループ)
*特別専門委員
**委員
特別専門委員
特別専門委員
特別専門委員
特別専門委員
特別専門委員
特別専門委員
特別専門委員
特別専門委員
委員
委員
特別専門委員
特別専門委員
特別専門委員
特別専門委員
特別専門委員
委員
松沼 敬二
森田 直孝
杉崎 広正
入交 俊之
池田 兼一
茂木 正英
竹之下 博士
宮崎 啓
板倉 英三郎
平山 浩司
寺内 進
中川 達夫
牧本 明生
山本 明彦
福井 章人
村上 謙
尾関 伸一郎
峰岸 敏之
沖電気工業㈱
日本電信電話㈱
日本高速通信㈱
日本電信電話㈱
安藤電気㈱
アンリツ㈱
沖電気工業㈱
シャープ㈱
ソニー㈱
㈱東芝
日本アイ・ビー・エム㈱
日本電気㈱
㈱日立製作所
富士通㈱
松下通信工業㈱
三菱電機㈱
㈱リコー
㈱アドバンテスト
* 検討グループリーダ
** 〃 サブリーダ
事務局 大野 英雄(第二技術部)
Fly UP