...

豪州における競争入札による買収プロセス の法務と実務

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

豪州における競争入札による買収プロセス の法務と実務
豪州における競争入札による買収プロセス
の法務と実務
クレイトン・ユッツ法律事務所
パートナー弁護士 加納寛之
パートナー弁護士 アンドリュー・ヘイ
パートナー弁護士 マーク・ウィリアムソン
2010年11月16日
講演内容
1.
競争入札とはどんなプロセスか?
2.
目標(ゴール)
3.
参加者
4.
プロセス
5.
1.
準備段階
2.
入札意思の表明(Expressions of Interest)
3.
入札者によるデュー・ディリジェンス
4.
最終入札
5.
入札の審査
事例
競争入札とはどんなプロセスか?
• 会社の株式・資産の売却のためのプロセス
•
2社以上の買い手がいる場合
•
1社以上の買い手と新規株式公開(IPO)の可能性がある場合
•
1社以上の買い手と会社の分離の可能性がある場合
• GFCによる資金流動性の減少により普及
• 利用される事例
•
政府資産の売却 - NSW・QLD政府の例
•
倒産した会社の資産売却
•
デュアル・トラック(並行方式) - 競争入札とIPO
講演内容
1.
競争入札とはどんなプロセスか?
2.
目標(ゴール)
3.
参加者
4.
プロセス
5.
1.
準備段階
2.
入札意思の表明(Expressions of Interest)
3.
入札者によるデュー・ディリジェンス
4.
最終入札
5.
入札の審査
事例
売り手にとっての目標
• 売り手が目指すもの
•
最も高い価格
•
有利な条件
•
クロージングに関する少ないリスク
• 売り手が作りだすプロセス
• 競争環境の作出
• 入札者に対するレバレッジ(影響力)の最大化
入札者にとっての目標
•
入札者が目指すもの
•
競争入札に勝つこと
•
有利な条件
•
最も有利な価格で買うこと(評価額以下で買うこと)
•
入札者にとっての評価額
•
様々な評価手法がありうる
•
入札者が違えば評価額も違う
•
同種業界の買い手(Trade buyers) - シナジーを評価
•
プライベート・エクイティ - シナジーは考えない
•
資金調達コストの違い
講演内容
1.
競争入札とはどんなプロセスか?
2.
目標(ゴール)
3.
参加者
4.
プロセス
5.
1.
準備段階
2.
入札意思の表明(Expressions of Interest)
3.
入札者によるデュー・ディリジェンス
4.
最終入札
5.
入札の審査
事例
参加者
• 売り手及び入札者
•
上場会社
•
大手非公開会社
•
プライベート・エクイティ・ファンド
•
清算人/管財人
• その他の関係者
•
買収ファイナンサー
•
投資銀行(アドバイザー)
•
法律事務所
•
会計事務所
講演内容
1.
競争入札とはどんなプロセスか?
2.
目標(ゴール)
3.
参加者
4.
プロセス
5.
1.
準備段階
2.
入札意思の表明(Expressions of Interest)
3.
入札者によるデュー・ディリジェンス
4.
最終入札
5.
入札の審査
事例
プロセス
準備
段階
入札意思の
表明
入札者
のデュー
・ディリジ
ェンス
最終
入札
入札審査と
契約締結
プロセス - 準備段階
• プロセス・レターの作成
•
入札意思の表明(EOI)または拘束力のないindicative bidを求めるレター
• スケジュールの策定
•
通常のスケジュールに含まれる日程
•
•
•
•
•
•
•
EOI書類やInformation memorandum(IM)を検討した後のEOIの期限
デュー・ディリジェンスの期間
経営陣によるプレゼン
現場視察
最終入札
入札の審査
プロセス・レターに盛り込むべきポイント
•
•
•
•
入札条件やプロセスを変更する権利
最高価格でのオファーをも拒絶する権利
特定の入札者と独占的に交渉する権利
入札条件に合致しない入札を拒絶する権利
プロセス - 準備段階
• アドバイザーを選任
• 機密保持契約を締結
•
情報を保護
•
用途を制限
•
IMなどに対する依拠の制限
•
EOI/IM書類はオファーでも契約でもないことの確認
•
情報開示(公表)やACCC/FIRBへの申請の制限
• 潜在的な買い手を特定したら
•
機密保持契約の交渉
•
EOI/IM書類やEOIを求めるレターなどを送付
プロセス - 準備段階
• Information Memorandum (EOI書類)
•
•
対象事業、対象業界、財務状況・見通し、予算
誤認を招く・欺まん的行為(misleading and deceptive conduct)に注意
•
•
免責文言(ディスクレーマー)
•
•
•
取引慣行法(TPA)、ASIC Act、会社法
完全免責
依拠の禁止
免責文言の有効性は?
•
•
免責
• 法令上の責任は免責不可(INXS v South Sea Bubble)
依拠の排除
•
•
•
•
行為と損失の因果関係
依拠の排除は因果関係を切断
事実関係と証拠次第では機能しうる (Kewside v Warman)
書類自体が機密事項、用途の制限
プロセス - 準備段階
• データ・ルーム
•
包括的なもの
•
機密情報や営業上注意を要する情報
•
ブラック・ボックス
•
ヴァーチャルなもの(インターネット・アクセス)と実在のもの
•
データ・ルームに関する手順書(アクセス方法)
• 売り手によるデュー・ディリジェンス
•
常に行われるわけではない
•
どんな場合?
プロセス - 準備段階
• 分離の必要性 - 契約、資産及び従業員
•
対象会社にないが、対象会社が排他的に使用しているもの
•
対象会社になくて、対象会社が非排他的に使用しているもの
•
対象会社にあるが、非排他的に使用しているもの
•
対象会社にあって、他社が排他的に使用しているもの
• 解決策
•
移転 - クロージング前? クロージング時?
•
不必要な移転
•
印紙税とキャピタル・ゲイン税に対する影響
•
同意または承認
•
従業員の転籍
プロセス - 準備段階
•
•
(移行期間の)役務提供契約
•
対象会社や売り手により提供
•
他社のために資産を提供(例:ITシステムなど)
•
資産の利用を許容(例:知的財産権、敷地・建物)
契約関係の共有 (例:供給契約など)
•
分割と切出し
•
一部の移転
プロセス - 準備段階(その他)
• 売り手のアドバイザーのデュー・ディリジェンス報告書
•
法務、会計、税務、技術、環境
•
スピードと一貫性
•
売り手と入札者にとっての問題点を提示
•
誤認を招く・欺まん的行為の主張に対する防御
•
免責文言と依拠の禁止
• 売り手によるファイナンス支援
•
買収ファイナンスに関する支援
•
買収価格
•
対象会社の債務のリファイナンス
プロセス - 準備段階(その他)
• スピードと確実性
•
事前のデュー・ディリジェンス
•
特定の入札者にだけ有利な情報や条件は提示されない
• 買収価格の底上げ
•
より有利な条件を提示すればより高い買収価格となる
プロセス
準備
段階
入札意思の
表明
入札者
のデュー
・ディリジ
ェンス
最終
入札
入札審査と
契約締結
プロセス - 入札意思の表明
• 入札者による入札意思の表明の提出
• 拘束力のない「indicative offers」
• 重要なポイント:
-
-
入札者に関する情報 - 事業、所有(ストラクチャー)、経験
対価 - 一定の幅を持たせる
条件 - ACCC、FIRB、デュー・ディリジェンス、財務情報の正確性、買
収契約の合意、専門家に関する事項(例:環境監査)、キーとなる経
営者の継続的な事業への従事
内部機関の承認
前提と留保(qualifications)
財務的体力と資金源
対象会社についての意図 - 従業員の取扱い、資産の取扱い
情報の請求
アドバイザーの詳細
プロセス - 入札意思の表明
• 第一次入札審査
• プロセス続行の決定
• 入札者の選別
•
•
•
•
プロセスの第一段階の終了
競争環境の作出
選ばれた入札者にプロセス・レターを送付
デュー・ディリジェンス及び最終入札段階に進ませる
プロセス
準備
段階
入札意思の
表明
入札者
のデュー
・ディリジ
ェンス
最終
入札
入札審査と
契約締結
プロセス - 入札者のデュー・ディリジェンス
• 複数の入札者がデータ・ルームに同時にアクセス
• 入札者の隔離
• 追加資料・情報の請求
• 情報量の対等性
•
•
開示される書類
Q & A のプロセスと情報の共有
• 機密情報及び営業上注意を要する情報
•
•
•
第三者の同意
「ブラック・ボックス」
サマリーと「ブラック・ボックス」
プロセス - 入札者のデュー・ディリジェンス
• 経営陣によるプレゼンテーション
•
•
•
CEO、財務、人事、営業、IT、国際関係
専門家 - 会計及び法務
誤認を招く・欺まん的行為に注意
• 現地視察
• 売却に関する契約書の提示
•
•
同じ出発点
スピードが重要
プロセス - 入札者のデュー・ディリジェンス
• 売り手側が提示する売買契約ドラフト
•
一方的
•
•
•
•
•
前提条件(conditions precedent)
クロージング不履行に関する罰則
保証条項の限定
責任の限定
売り手の責任に関する損害賠償請求権
•
移行期間の役務提供
•
継続企業(going concern)としての売却 - GSTの除外
プロセス
準備
段階
入札意思の
表明
入札者
のデュー
・ディリジ
ェンス
最終
入札
入札審査と
契約締結
プロセス - 最終入札
• オファー・レターの提出
•
「最終」
•
価格
•
評価方法
•
条件
•
対価の財源
•
財務条件
•
買収主体
•
リスクの分配
•
内部機関の承認
プロセス - 最終入札
• 売買契約ドラフトに修正やコメントを付けて提出
•
保証条項の限定
•
責任の限定
•
前提条件(conditions precedent)
• 買収後に売り手から損害賠償が得られる可能性に注意
•
保証(guarantee)をとる
•
売買代金の支払方法を工夫する
•
•
エスクロー
売買代金に反映する
プロセス
準備
段階
入札意思の
表明
入札者
のデュー
・ディリジ
ェンス
最終
入札
入札審査と
契約締結
プロセス - 入札の審査
• 入札の審査
•
価格、条件、当局その他の承認、財源、契約条件(特に保証)及び時期
• 条件の良い入札者を特定する
•
独占交渉 - 公式なものと非公式なもの
•
競争 = 交渉力(leverage)
• 売買契約を交渉する
• 確認的なデュー・ディリジェンス
•
「ブラック・ボックス」
•
インタビュー
• 契約締結
• クロージング
講演内容
1.
競争入札とはどんなプロセスか?
2.
目標(ゴール)
3.
参加者
4.
プロセス
5.
1.
準備段階
2.
入札意思の表明(Expressions of Interest)
3.
入札者によるデュー・ディリジェンス
4.
最終入札
5.
入札の審査
事例
事例 : ある入札案件の流れ
• 投資銀行が潜在的な買収者に準備的にアプローチ
7月
• アドバイザーの選任
• 機密保持契約の交渉
8月
第1ステージ
• Information MemorandumとEOIの要請を発送
8月2日の週
• 法務及び財務デュー・ディリジェンスの範囲の提供
8月9日 の週
• 財務モデルの公表
8月9日の週
• 経営陣によるQ&Aセッション及び現場視察
8月16日の週
• EOIの提出
8月31日
第2ステージ
• 選定された入札者の通知
9月6日
• デュー・ディリジェンスとQ& Aセッションの開始
9月13日
• 売買契約のドラフト提供
9月20 日
• デュー・ディリジェンスのデータ・ルーム閉鎖
10月4日
• 最終入札及び「最終」売買契約の提出
10月8日
• 営業上注意を要する情報の開示
10月12日
• Q&Aの継続
10月12日
• 売買契約の最終交渉開始
10月18日
• 売買契約の締結
11月5日
• クロージング
(翌年)1月31日
This document is intended to provide general information. The contents do not constitute legal advice and should not be relied upon as such. © Clayton Utz 2010
Fly UP