...

耐燃性ポリエチレンシース高周波同軸ケーブル(ポリエチレン絶縁編組形

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

耐燃性ポリエチレンシース高周波同軸ケーブル(ポリエチレン絶縁編組形
年
月
日
仕様書番号:FKSC-104G
仕
様
書
御 中
JCS 5422:2012 適合品及び準拠品
品
名 : 耐燃性ポリエチレンシース高周波同軸ケーブル(ポリエチレン絶縁編組形)
冨士電線株式会社
甲府工場 通信技術課
TOKYO FUJI
FKSC-104G
JCS 5422:2012 適合品及び準拠品
耐燃性ポリエチレンシース高周波同軸ケーブル
(ポリエチレン絶縁編組形)
本仕様書は、JCS 5422:2012 に適合及び準拠した、高周波用機器の接続及び内部配線に使用する、ポリ
エチレンを絶縁体とし、外部導体に軟銅線編組を用い、耐燃性ポリエチレン被覆した高周波同軸ケーブル
について定めたものである。
1.品
種
適用品種を表 1 に示す。
表1
記
号
品
名
<備 考>
(例)
5 C - 2 E S / F
ECO-3C-2E/F
3C-2E/F
ECO-3C-2W/F
3C-2W/F
⑥
ECO-5C-2E/F
5C-2E/F
⑤
ECO-5C-2ES/F
5C-2ES/F
④
ECO-5C-2W/F
5C-2W/F
③
ECO-7C-2E/F
ECO-7C-2W/F
7C-2E/F
7C-2W/F
②
※ 従来の通称は、EM-□C-2□
例:EM-5C-2E
①
①の数字
外部導体の概略内径を mm 単位で表したもの。
②の文字
C:特性インピーダンス 75Ωのもの。
③の数字
2:ポリエチレン充実形。
④の文字
E:外部導体が一重で耐燃性ポリエチレンシースを施したもの。
W:外部導体が二重で耐燃性ポリエチレンシースを施したもの。
⑤の文字
S:内部導体が撚り線のもの。(品名の③④が同一サイズ
の場合に内部導体が単線のものと区別するため。)
⑥の文字
/F:耐燃性(ただし、ハロゲン元素を含まず低発煙性のもの。)
- 1 -
FKSC-104G
2.構 造
2.1 内部導体 以下のものを使用する。
2.1.1 軟 銅 線:JIS C 3102-1984 に規定された電気用軟銅線を用いる。(表 2 参照)
2.1.2 軟銅撚線:JIS C 3102-1984 に規定された電気用軟銅線を撚合わせたものを用いる。(表 2 参照)
2.2 絶 縁 体
2.1 項の上に PE(自然色)を表 2 に示す標準厚さで一様に被覆する。
2.3 外部導体 2.2 項の上に軟銅線編組を表 2 に示す素線で均一に施す。
2.4 外
被
密度:約 95%
2.3 項の上に耐燃性 PE(黒)を表 2 に示す標準厚さで一様に被覆する。
2.5 仕上外径 表 2 参照
2.6 概算質量 表 2 参照
2.7 標
識
ケーブルの適当な位置に製造社名略号等を連続印刷する。
3.難燃・発煙濃度・燃焼時発生ガス
項
目
難
燃
ケーブル
発煙濃度
絶縁体
及びシース
燃焼時
発生ガス
絶縁体
及びシース
特
性
試験方法
JIS C 3005:2014
60 秒以内で自然に消えなければならない。
4.26.2 b)傾斜試験
6 回の試験の結果,平均値が 150 以下でな
ければならない。ただし,始めの 3 回の値
JIS C 60695-6-31:2002
がいずれも 150 以下である場合は,3 回で
合格とする。
酸性度 pH 4.3 以上
JIS C 3666-2:2002
導電率 10 μS/mm 以下
4.注意事項
本ケーブルの外被材料(耐燃性 PE)は、PE にハロゲンフリー難燃剤(水酸化マグネシウム等)を配合して
いるため、擦れたりすると白い跡が残る傾向(擦れ白化)がありますが、これは表面だけの現象であり、
電気特性等に影響はありません。
また、耐燃性 PE は PVC に比べ伸びやすい特性を持っているため、布設の際は過度な張力を加えないよ
う注意して作業を行って下さい。
特に以下の注意が必要です。
(a)ケーブルがコンクリートの床面等と直接こすれないようにする。
(b)電線管等の配管に引き入れる際には、入線剤(滑剤)を使用する。
- 2 -
FKSC-104G
品
名
絶 縁 体
内部導体
標準厚 標準径
(本/mm)
(mm)
(mm)
表 2 構造表
外部導体Ⅰ 外部導体Ⅱ 外部導体Ⅲ 外 被
素線径
素線径
素線径
標準厚
(mm)
(mm)
(mm)
(mm)
仕上外径
(mm)
概算質量
(kg/km)
3C-2E/F
1/0.50
1.30
3.1
0.14
―
―
0.8
5.4±0.5
43
3C-2W/F
1/0.50
1.30
3.1
0.14
0.14
―
1.0
6.5±0.5
69
5C-2E/F
1/0.80
2.05
4.9
0.14
―
―
0.9
7.4±0.5
72
5C-2ES/F
7/0.26
2.01
4.8
0.14
―
―
0.95
7.4±0.5
72
5C-2W/F
1/0.80
2.05
4.9
0.14
0.14
―
1.0
8.3±0.5
107
7C-2E/F
7/0.40
3.05
7.3
0.18
―
―
1.1
10.4±0.5
139
7C-2W/F
7/0.40
3.05
7.3
0.18
0.18
―
1.1
11.3±0.5
195
5.電気特性(at 20℃)
内部導体
導体抵抗
(Ω/km)以下
絶縁耐力
絶縁抵抗
(MΩkm)以上
静電容量
at 1kHz
(nF/km)
特性インピーダンス
at 10MHz
(Ω)
標準減衰量
at 10MHz
(dB/km)
V/1 分間
3C-2E/F
91.4
A.C 1,000
1,000
67±3
75±3
42
3C-2W/F
91.4
〃
〃
〃
〃
42
5C-2E/F
35.9
〃
〃
〃
〃
27
5C-2ES/F
50.2
〃
〃
66±3
〃
33
5C-2W/F
35.9
〃
〃
67±3
〃
27
7C-2E/F
20.7
〃
〃
〃
〃
22
7C-2W/F
20.7
〃
〃
〃
〃
22
品
名
最大減衰量は、標準の 115%以下
- 3 -
Fly UP