...

全18ページ [6245KB pdfファイル]

by user

on
Category: Documents
10

views

Report

Comments

Transcript

全18ページ [6245KB pdfファイル]
広報
Nakadomari PR Magazine
10 月
OCT 2012 №91
実りの秋、稲刈り始まる
∼農家が空の合間見て作業∼
9月下旬、中里地域で稲刈りが行われていました。
今年の作柄は、猛暑や大雨で心配されていましたが、
どうやらよかったみたいです。成田さん(五林地区)の
田んぼにおじゃましたところ、重みののったイネを刈
り取っている真っ最中でした。
二人で作業していた成田さんの奥さんは「9月23
日から稲刈りを始めた。この作業は天気との勝負で、
適期に刈り取るのが難しいが、今年は作柄がいいので
さ
ほ
安心した」と話していました。(秋元咲穂さん撮影・文)
特集
まちの
話 題
中央公民館で通学合宿
青い森信金旧中里支店贈呈式
敬老会
平成23年度決算
お知らせ
なかどまり町民文化祭
中泊町音楽フェスティバル
65 才からの生き生き講座
平成23年度
1 一般会計の概要
福祉や教育など、さまざまな場面で使われる一般会計。町の台所は、左で紹介している「特別会計」
以外は、すべて一般会計で処理しています。
総額 8,713,806千円
(単位:千円)
自主財源
依存財源
国庫支
出金
710,539
8.2%
地方交付税
4,248,334
48.8%
財産収入
・繰入金
310,278
3.6%
県支出金
446,489
5.1%
その他
40,504
0.5%
繰越金 分担金・負担 地方譲 地方消費
与税 税交付金
117,464 金・寄付金
81,572 104,123
45,787
1.3%
1.2%
0.9%
0.5%
町債
1,637,500
18.8%
︿主な用語﹀
使用料及び手数料…………施設の使用や住民票の交付などでお支払いいただいたお金
財産収入……………………財産の運用と売却で得たお金
繰 入 金……………………基金の取り崩しで得たお金
分担金、負担金、寄附金…負担してもらったお金や、ふるさと納税でいただいた寄附金など
地方譲与税…………………自動車重量税などから町に配分されたお金
地方消費税交付金…………地方消費税
(県)
のうち町に配分されたお金
地方交付税…………………国から町の財政力に応じて分配されたお金
国庫・県支出金……………補助金などで国や県が交付したお金
町 債……………………事業を行うために町が借りたお金
農林水産業費
425,742
4.9%
総額 8,661,106千円
歳 出
総務費
1,318,261
15.2%
民生費
1,174,164
13.6%
土木費
541,521
6.3%
衛生費
2,518,832
29.1%
教育費
671,765
7.8%
労働費
4,335
0.1%
商工費
111,153
1.3%
消防費
494,344
5.7%
公債費
1,249,124
14.4%
災害復旧費
34,448
0.4%
︿主な用語﹀
総 務 費…………広報、税務、戸籍、統計調査、選挙など、総括的なことに使われるお金
民 生 費…………高齢者の福祉や各種手当、保育所の運営などに使われるお金
衛 生 費…………ごみ処理や健康診断、病院の負担・維持に使われるお金
農林水産業費……農林水産業の振興などに使われるお金
商 工 費…………商工業や観光事業などに使われるお金
土 木 費…………道路整備や公営住宅の建設・維持管理に使われるお金
消 防 費…………消防事務組合への負担金や消防活動・車両維持などに使われるお金
教 育 費…………小・中学校の運営、公民館や文化センターなどの施設運営などに使われるお金
公 債 費…………借金の返済にあてるお金
こんな事業を実施しました
新ごみ処分場建設
441,691千円
2 財政健全化判断比率
この数値が基準を上回ると、財政運営が厳しいとして国に
指定されます。
町は、いずれの基準も下回りました。
実質赤字比率
連結実質赤字比率 実質公債費比率
※四捨五入しているため一部合計が合わない場合があります
議会費
117,415
1.4%
(単位:千円)
入ったお金、払ったお金の内訳を紹介します
歳 入
町税
699,018
8.0%
諸収入 使用料及
185,731 び手数料
86,465
2.1%
1.0%
決算特集
将来負担比率
平成22年度
−
1.38%
17.1%
119.8%
平成23年度
−
0.17%
15.2%
116.5%
早期健全化基準
15.00%
20.00%
25.0%
350.0%
財政再生基準
20.00%
40.00%
35.0%
〈各指標の解説〉
平成23年10月に起工した新ごみ処
分場。工事は着々と進んでおり、当初
の予定どおり平成25年4月から供用開
始になる予定です。
新しいごみ処分場は、約15年分を
処分できる規模になっています。
実質赤字比率………一般会計の赤字額が、標準財政規模
(町の財政の大きさ)
と比べてどのくらいあるかを示
したもの。
連結実質赤字比率…一般会計だけでなく、特別会計も含めた全会計を合算し、町全体の赤字額を示したもの。
一般の会社などで行われている「連結決算」と同じ意味合いを持ちます。
実質公債費比率……借入金の返済などが、標準財政規模に対してどのくらいあるのかを示したもの。この数
字が大きいほど、借入金返済に追われ、資金繰りが苦しいということになります。
将来負担比率………借入金の返済や将来負担することになるものの残高を、標準財政規模に対してどのくら
いあるのかを示したもの。この数値が大きいと、現在の負担はそれほどでなくても、将
来の負担が大きいということになります。
3 各会計別の概要
一般会計のほか、町には特定の事業を行う目的で設置される特別会計があります。
(単位:円)
収 入
支 出
一般会計
8,713,806,115
8,661,105,776
52,700,339
国民健康保険(事業勘定)
2,401,959,560
2,408,661,445
▲ 6,701,885
241,905,803
543,985,209
▲ 302,079,406
1,353,479,772
1,348,759,351
4,720,421
農業集落排水事業
37,162,794
36,842,863
319,931
漁業集落排水事業
26,566,184
26,319,078
247,106
特別養護老人ホーム静和園事業
373,141,640
368,184,430
4,957,210
後期高齢者医療
225,726,842
225,331,696
395,146
水道事業
(収益的)
336,331,426
291,023,739
45,307,687
13,710,080,136
13,910,213,587
▲ 200,133,451
国民健康保険(診療施設勘定)
介護保険事業
合 計
こ
ん
な
事
業
を
実
施
し
ま
し
た
被災地支援
夕陽ふれあいイベント開催
こ
ん
な
事
業
を
実
施
し
ま
し
た
差 引 額
1,984千円
県内でも有数の広く美しい折腰内海
岸で、夕陽を楽しもうというイベント
を初めて開催。コンサートを楽しみな
がら、日本海に沈んでいくオレンジ色
の夕陽を観賞しました。
4 そのほか
●一般会計の性質別歳出
4,258千円
使ったお金の性質によって分けた表です。
投資及び出資金・貸付金
96,396 1.1%
(単位:千円)
積立金
585,434
6.8%
繰出金
813,914
9.4%
補助費等
1,849,041
21.4%
昨年3月11日に発生した未曾有の災害
その他の
経費
4,422,115
51.1%
維持補修費
185,337 2.1%
義務的
経費
3,269,494
37.7%
投資的 経費
969,497
11.2%
「東日本大震災」。町では、被災した各
地を支援するべく、寄附金を送ったり、
職員を被災地に派遣したりなどし、復興
に向けた支援を行いました。
人件費
1,342,559
15.5%
物件費
891,993
10.3%
公債費
1,249,124
14.4%
扶助費
677,811
7.8%
普通建設事業・
災害復旧費
969,497
11.2%
●借金(公債費)残高
平成22年度末
平成23年度末
10,724,399
11,280,833
556,434
国民健康保険
288,891
274,238
▲ 14,653
介護保険事業
5,000
0
▲ 5,000
農業集落排水事業
354,630
336,872
▲ 17,758
漁業集落排水事業
235,909
227,747
▲ 8,162
0
42,000
42,000
2,604,858
2,440,322
▲ 164,536
14,213,687
14,602,012
388,325
一般会計
特別養護老人ホーム静和園事業
平成23年度
決算特集
(単位:千円)
水道事業
(企業債)
合 計
比較増減
スポット −
−S
に
し
た
大
学
生
た
ち
双
方
が
、
別
れ
を
惜
宿
し
た
子
ど
も
た
ち
、
一
緒
に
寝
食
を
共
22
日
の
お
昼
に
解
散
し
ま
し
た
が
、
合
を
送
っ
て
い
た
の
が
印
象
的
で
し
た
。
ま
る
ん
で
す
よ
。
そ
の
成
長
を
見
る
過
程
ル
ー
プ
の
子
ど
も
た
ち
が
不
思
議
と
ま
と
青 の
山
が
そ 一
合 の 番
宿 面 か
が 白 な
終 さ 。
わ と
る は
頃 ?
に
な
る
と
、
グ
い
き
た
い
で
す
。
宿
に
立
ち
戻
っ
て
、
社
会
で
が
ん
ば
っ
て
の
経
験
を
軸
に
、
困
っ
た
と
き
は
こ
の
合
叱
る
こ
と
も
あ
り
、
親
子
の
よ
う
な
生
活
す
。
楽
し
そ
う
だ
し
、
面
白
そ
う
だ
っ
た
青 な る
山
励 と
み き
教 に 、
育 な こ
分 る こ
野 と で
に 思 過
進 い ご
み ま し
た す た
い 。 経
験
の
は
で
大
、
き
こ
す
が
、
手
を
差
し
の
べ
る
こ
と
も
あ
れ
ば
、
あ
っ
て
み
た
か
っ
た
と
い
う
の
が
あ
り
ま
わ
り
と
な
っ
て
子
ど
も
た
ち
を
手
伝
い
ま
ぞ
れ
大
学
生
の
リ
ー
ダ
ー
が
お
り
、
親
代
2
班
に
分
か
れ
た
グ
ル
ー
プ
に
は
、
そ
れ
全 し
員
さ
ど を
地 う 感
元 し じ
だ て ま
か 合 し
ら 宿 た
子 に 。
ど 協
も 力
た し
ち よ
と う
ふ と
れ ?
成 い が
田
で 多
す い
社 。 の
で
会
、
人
今
に
回
な
っ
の
て
経
験
仕
を
事
活
を
し
か
し
て
た
い
職
業
柄
、
け
が
の
子
ど
も
と
接
す
る
機
会
面
す
べ
て
の
こ
と
を
自
分
で
こ
な
し
ま
す
。
前
田
指
導
す
る
立
場
に
な
る
の
で
、
難
準
備
・
後
片
付
け
、
入
浴
と
い
っ
た
生
活
片
付
け
は
も
ち
ろ
ん
、
買
い
物
、
食
事
の
た 期 は
合 。 待 19
と 日
宿
不 、
中
は
安 学
、
を 校
自
胸 の
分
に 授
た
会 業
ち
場 が
へ 終
の
寝
集 わ
具
合 っ
し た
の
準
ま あ
し と
備
、
、
活
す
る
と
い
う
も
の
で
す
。
子
ど
も
た
ち
に
、
中
央
公
民
館
で
参
加
者
が
一
緒
に
生
る
も
の
で
、
小
学
校
5
・
6
年
生
を
対
象
の
友
情
を
育
む
た
め
に
毎
年
行
わ
れ
て
い
る
力
を
養
う
こ
と
や
、
子
ど
も
た
ち
同
士
こ
の
合
宿
は
、
親
元
を
離
れ
て
自
活
す
が
自
分
の
力
で
生
活
す
る
﹁
通
学
合
宿
﹂
が
行
わ
れ
、
町
内
の
小
学
た ?
3
年
間
参
加
し
て
み
て
ど
う
で
し 【左から青山紫穂さん、成田愛さん、前田貴哉さん】
前 も
田
ら
皆 っ
理 さ た
学 ん 。
療 は 本
法 社 当
士 会 に
に 人 感
な に 謝
る な し
予 り て
定 ま い
で す ま
す が す
が ? 。
、
前 と 成
田
田
会 え
目 る 学
の 。 部
届 そ が
か れ 違
な が う
い う け
と れ ど
こ し 、
ろ か こ
を っ こ
助 た に
け で 来
て す る
。
り
が
と
う
!
青 仲
山
間
へ
中 は
泊 ?
を
好
き
に
な
っ
て
く
れ
て
あ
成
田
一
緒 そ
に う
つ そ
い う
て ︵
笑
き ︶
て
く
れ
た
ほ
か
の
子
に
ば
っ
か
追
い
か
け
回
さ
れ
て
た
。
青 さ 前
山
田
れ た
前 な 子
田 ー ど
は 。 も
イ
た
ケ
ち
メ
に
ン
よ
だ
く
か
追
ら
い
、
か
女
け
の
回
が
、
一 家
番 族
の み
思 た
い い
出 で
は 充
? 実
感
が
あ
り
ま
す
。
小
学
生
�
大
学
生
中
央 一
公 緒
民
館 �
で
通 生
学 活
合
9
月
19
日
㈬
∼
22
日
㈯
に
か
け
て
、
通
学
し
な
が
ら
子
ど
も
た
ち
が
ど
ん
な
気
持
ち
で
こ
の
合
宿
に
協
力
す
る
こ
と
に
な
っ
た
か
、
話
を
聞
き
ま
し
た
。
ライト
宿
こ
の
う
ち
3
人
は
町
出
身
の
学
生
で
、
3
年
間
合
宿
の
運
営
に
貢
献
し
ま
し
た
。
彼
ら
こ
の
合
宿
に
は
、
5
人
の
弘
前
大
学
生
が
ボ
ラ
ン
テ
ィ
ア
と
し
て
参
加
し
て
い
ま
す
。
広報なかどまり
イ
ン
タ
ビ
ュ
ー
﹁
合
宿
支
え
た
3
人
の
町
出
身
大
学
生
﹂
4
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
し
ん
で
い
ま
し
た
。
校
か
ら
13
人
が
参
加
し
ま
し
た
。
t
igh
tl
po
田んぼに水を引く機能や川の生育環境を調
査する学習が、9月3日㈪と6日㈭の2日間
行われ、薄市小5年生の 人が、十三湖土地
改良区や高根地区環境公共推進協議会の説明
3日は、十三湖土地改良区の江良総括課長
が 主 に 説 明 し、
﹁水 と 大 地 の 探 検 隊﹂と 称 し
調査を実施。PHやCOD、DOといった項
中里高校そば水路の3か所で、水質・生き物
平成22年11月に、金木支店との統合で空き店舗となっ
ていた「青い森信用金庫」の旧中里支店を、このたび町が
無償で譲り受けることになり、9月25日㈫町長室で贈呈
式が行われました。
この式に参加したのは、町長はじめ町側から4人と、青
い森信用金庫から村舘理事長をはじめとする4人の、合わ
せて8人が参加。町長に対し、譲渡の目録がしっかりと手
渡され、両者がにこやかに談笑しました。
町では、この店舗を町商工会に貸し付け、老朽化が進む町商工会館の移転先として活用される予定
です。野上祐一商工会長は「今度の移転先は、町のメインストリート。ここに居を構えることで、商
ちは、機場の中央管理センターが、ポンプの
強制排水で洪水対策も行っていることを知り、
驚いていたよう。メモを取りながら、説明を
熱心に聞いていました。
た現地学習を実施。岩木川芦野頭首工の取水
目を使って水質を調べたほか、あらかじめ設
を受けながら学びました。
機能見学や、全国でもあまりない芦野地区水
置して置いたかごの中を見たり、網ですくっ
6日㈭は、高根地区環境公共推進協議会の
工藤さんに話を聞きながら、薄市川や今泉川、
田のパイプライン機能、若宮地区機場の見学
のかを調査しま
した。
種
水路には
類くらいの生物
がいて、予想以
上の多さに驚い
ていました。
調査をした海
江田斗麻くんは
﹁水路は、見た
目が濁っていて
よいことが分か
った。モズクガ
ニが7匹もいて
びっくりした﹂
と感想を話して
平成24年10月号
5
10
も水質が意外に
【水路の生き物調査(9月6日)】
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
いました。
工業者、町の活性化につながれば」と期待感を示していました。
たりなどして、どんな生き物が生息している
【水と大地の探検隊(9月3日)】
役場で贈呈式
青い森信金旧中里支店を無償譲渡
10
といったことが行われました。特に子どもた
田んぼ・川の機能に興味津々
薄市小が地域の
フィールドで学習
Topics
まちの話題
敬老のお祝い盛大に
体
敬老会を開催
育センターで9月17日㈷、長寿を迎えた人たちを祝う町の敬老会
が行われ、約500人の参加者が1日楽しみました。
町長が「長寿の人が増え、顕彰者が増えているのは喜ばしい限り。
100歳目指して長生きしてください」とあいさつ。長寿をお祝いすると
ともに、対象者に顕彰状を手渡しました。
式典後は、皆さんお待ちかねの芸能発表会。18組の出場者と花柳穂
紀桜会が多彩な芸能で魅了し、楽しく笑って過ごしていました。
■88歳長寿者…派立上 野村よね、今秋江/派立下 濱舘義治、諏訪キヨヱ/向町上 工藤はま、今ヤス、佐々木ミツヱ、
吉村たよ、太田ハツ/五林 今ミキ/宮野沢 三上トミ/深郷田上 阿部キセ/深郷田下 田中サナ/富野 佐井川ツカ、徳
田カヤ、山田長七、石川ミネ、浅利美津子/豊島 奈良ミツイ/芦野 佐藤チヨ、佐藤光則/田茂木 佐野タキ、髙松長蔵/
長泥 鈴木勘九郎/上豊岡 長利キサ/下豊岡 塚本武好、長利勝宜/福浦 杉山キミヨ/上高根 工藤タヨ、木村キユ、
鎌田幸子/下高根 野上カオル、珍田男治、佐々木忠兵衛/薄市下 福士サミ/今泉上 小山内とし、秋田谷ミヤ、三上カセ、
廣海タニ/今泉下 今本きね、三上信義/若葉町 三和作太郎/新町1 濱野武雄、升田きみい/新町2 大西きや/小泊
派立 今與造/上町 藤田よしゑ、大澤ひさよ、高山りさ/浜町 和田つよの/入舟 齋藤岩雄/下前上 角田松藏、今セツ、
丹野愛子、成田助作/下前中 磯野サダ、久保田とし、白岩靖文/下前浜 吹田仁三郎 ■ダイヤモンド婚(結婚60年)…派
カヤ/福浦 成田清則・ミキ、塚本金之丞・シゲ、松橋金好・紀子/今泉上 秋田勝雄・スミ/今泉下 加賀美由一・セツ、
敦賀作松・キノ/若葉町 田名部福藏・次子/下前上 成田一継・イキ ■金婚(結婚50年)…派立中 千葉正美・一江/
派立下 工藤勘次郎・栄子、葛西仁三郎・ツマ/五林 古川兼雄・マリ子、今武則・礼子/宮川 珍田勝雄・ヨ子、坂田
久仁彦・啓子/大沢内 大川政信・ヰヨ/富野 野村國男・和子/田茂木 高松義市・キヨヱ/上豊岡 原田義則・節子
/福浦 新岡孝人・留美、新岡安徳・和子、新岡忠雄・レイ/尾別 中村正美・キミエ、葛西昭弘・キナ、宮越實・栄、佐々
木英継・景子/花丘町 小林則義・チヤ/小泊派立 三上繁勝・代世子/浜町 大石武義・和子
地域への感謝込めてお祭り開催
内
ケッパレ!
!薄市秋祭り
潟療護園が9月15日㈯、内潟公民館で「ケッパレ‼薄市秋祭り」
と称したお祭りを開催。同園や関連施設利用者のほか、地域住民
も合わせて約250人が集まり、お祭りを楽しみました。
このイベントは、昨年に引き続いての開催で、日頃地域の人たちに
お世話になっていることから、感謝の意味を込めて行っているそうです。
この日は、薄市小の合唱、保育所児童のおゆうぎ、薄市婦人会の踊り
などのほか、よさこい演舞や中里高吹奏楽部の演奏など盛りだくさん
の内容。また、会場外でもくじ引き大会や出店を行うなどし、施設利
用者と地域住民との交流も図られていました。
不戦の誓い新たに
先
慰霊碑前で町戦没者追悼式
の大戦で犠牲になった人たちを追悼しようと8月30日㈭、中央公
民館横の慰霊碑前で戦没者追悼式が行われ、来賓や遺族会など合
わせて約100人が参列しました。
式典では、全員で黙祷を捧げたあと、遺族会による慰霊祭が執り行われ、
遺族や関係者が玉串を捧げました。続いて町長が「戦没者のふるさとを
思う気持ちに応えるべく、町のさらなる発展を目指す」と式辞を述べ、
ほかに県知事や中里遺族会会長などが追悼の言葉を述べました。
最後には、参列者全員が慰霊碑前に献花。戦没者の犠牲を悼み、不戦の誓いを新たにしていました。
広報なかどまり
6
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
立上 工藤源藏・糸子/五林 古川荘三郎・キヨ/田茂木 髙松一二三・トキ/長泥 坂本朝夫・チヤ/若宮 白川繁則・
Topics
まちの話題
勇ましい団員の姿披露
日
パルナスで消防団定期観閲式
頃の成果を観閲者の町長に披露する町消防団定期観閲
式が、8月26日(日)パルナス駐車場で行われました。
観閲式には、本団と町内10分団から合わせて約200人が参
加。姿勢服装点検や車両機械器具点検、分列行進のほか、放
水訓練、玉落とし競技など、勇姿を町長の前で披露しました。
また、中里幼稚園園児が幼年防火クラブ演技を披露。駆け
つけた保護者なども見物し、かわいい子どもたちの演技に大
きな拍手を送っていました。
5年連続優勝で特別表彰
川浪貴久さん男子砲丸投で
八
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
戸市で8月25日㈯に行われた県民体育大会開会式で、男子砲丸投
(35歳∼44歳)種目で5年連続優勝を果たした川浪貴久さん(薄市
上地区)が特別表彰され、町長に受賞を報告しました。
川浪さんは、高校時代から砲丸投をはじめ、現在も競技を続けており、
県民体育大会では町の主力選手として活躍。3年前には、兄の晋司さん
も特別表彰されており、兄弟そろっての受賞となりました。
この日の大会でも同種目で優勝し、連続6回と記録を伸ばした川浪さ
ん。陸上競技町の部総合優勝に大きく貢献し、陸上の町「中泊」を県下
にとどろかせました。
スポーツ推進の功績認められ表彰
長
町スポーツ推進委員 坂田峰之さん
い間にわたるスポーツの推進・普及への功績が認められ、こ
のほど町スポーツ推進委員の坂田峰之さん(派立下地区)が表
彰を受け、9月19日㈬加藤教育長から伝達されました。
坂田さんは、平成6年から現在まで約18年間、町のスポーツ普
及に熱心に取り組んでおり、特にソフトテニスの分野では、中里中
で指導を行うなど選手の育成にも力を入れています。
坂田さんは「同じスポーツ推進委員の仲間がいたからこそ受賞で
きた。今後も、礼儀正しい選手の育成と、町民へのスポーツ推進に
尽力したい」と受賞の感想を話していました。
仰天!! 角が生えたトンボ
皆
原子光昭さん(下高根地区)が撮影
さんはこんなトンボを見たことがありますか? 何と角が生えたトンボです。
この辺ではあまり見かけないトンボを撮影したのは、下高根地区に住む原
子光昭さん。原子さんは、7月26日㈭に自分の庭を見ていると、珍しいトンボ
を見かけ、思わずカメラを取り出し、このトンボの撮影に成功したそうです。調
べてみると「オオツノトンボ」という種類らしく、主に九州・四国など南部に生
息するようで、町ではあまり見かけたという話を聞きません。
発見した原子さんは「最初はトンボかな?チョウチョかな?と思った。今まで
生きてきてこんなトンボには出会ったことがなく、珍しいトンボのようで、びっ
くりした」と話していました。
7
平成24年10月号
Topics
まちの話題
薄市小が相撲の東北大会で初優勝
出場の5人喜びの報告
小
学校対抗で東北一を競う「第31回東北学童相撲大会(8月
19日、十和田市)
」で、薄市小が初の団体優勝を飾り、9
月13日㈭パルナスで喜びの報告を行いました。
優勝したのは、成田姫星さん、神歩武くん、川島凌希くん、
成田花道くん、成田力道くんの5人。決勝トーナメントの4試
合は、すべて3対2という接戦でしたが、見事優勝を勝ち取り
ました。特に大将の成田力道くんは、まだ2年生の力士ですが、
チームのピンチを救う大活躍だったといいます。また、同日開
催した個人戦の全国予選では、このうち3人が両国国技館で開催される全国出場を決めています。
全国を決めた3人は「去年負けたので今年は入賞できるように(成田花道くん)」「初めての全国で緊張してい
るが、がんばりたい(神歩武くん)
」
「勝って入賞できるようにがんばる(成田力道くん)」と全国への抱負を話し
ていました。
津
駅ナカにぎわい空間でフィールドスタディ
軽鉄道沿線が一体となって、北海道新幹線奥津軽(仮称)駅
開業に向けた交流コースを考えようと8月30日㈭、津軽中
里駅内の駅ナカにぎわい空間で、意見交換が行われました。
これは、毎年夏に鰺ヶ沢町で展開される「法政大学奥津軽フィ
ールドスタディ」のオプショナルコースとして設定されたもので、
「奥津軽とDMVの夢をつなぐ交流サロン」と題して、法政大学
の7人と一般参加者合わせて約40人が参加しました。
ゲストとして登壇した津軽鉄道澤田社長、津鉄サポーターズク
ラブ飛嶋会長、起きて夢見る会夏原会長などの発表に続き、大学側からも外から見た視点での奥津軽観光につい
て発言。津軽のさまざまな魅力を、どうやって結びつけるのか、参加者が議論を展開していました。
広 告
広報なかどまり
8
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
若い学生と奥津軽観光の可能性探る
まちの話題
Topics
駅前のにぎわう空間PR
駅ナカにぎわい空間で夏まつり
津
軽中里駅内のにぎわい空間で8月26日㈰、さまざまな催し
を行う夏まつりが行われました。
お昼から行われた夏まつりでは、オープニングで中里中吹奏楽
部が演奏。すっかり町のおなじみとなった同部の演奏に、大勢の
観客が拍手を送り、アンコールもあるほどの盛況でした。続いて
は健康ダンス「べえ子ちゃん」によるショー。こちらもおなじみ
のショーとあって、大勢の観衆を魅了しました。
そのほか、金多豆蔵人形芝居の無料公演や、よさこい「夢幻天舞」の演舞、瓜田益子歌謡ショーなど盛りだく
さんのメニューを展開。駅ナカにぎわい空間は、人々の熱気にあふれていて、同空間のPRが図られていました。
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
てっぺんから望む景色は絶景
袴
袴腰岳登山講座
腰岳の頂上から美しい景色を見ようと9月1日㈯、中央
公民館が登山講座を行いました。
集まった参加者は、中央公民館から車に分乗し、尾別側の登
山口へ。途中休みながら、それぞれのペースで約2.3kmの道の
りを登り、全員が頂上へ到着しました。
頂上から見える景色はご覧のとおり。晴れ渡った天候もあっ
て、津軽平野全体が一望でき、参加者は歓声を上げていました。
大沢内地区から参加した女性は「意外と簡単に登れた。見晴らしがすごくよくて、登ってしまえば途中の苦労
を忘れちゃう」と達成感をにじませていました。
水の事故防ぐ方法学ぶ
中
中里小「水辺の安全教育推進校」に認定される
里小6年が9月3日㈪、授業の一環として、B&G財団とウォ
ーターニッポンセーフティが推進している「水の事故ゼロ運
動」の学習を行いました。
水中で服を着ていないときと着ているときの違いや、ペットボト
ルを使った浮き身、ライフジャケットの体験などをし、水に転落し
た際の身を守る方法を学びました。児童たちは「服を着て水の中に入ると重い」「動きづらい」など感想を述べ
ていました。また、担任の出町先生は「貴重な体験をさせることができてよかった」と話していました。
学習後、小野B&G海洋センター所長から赤石中里小校長に、水辺の安全教育推進校の証が手渡されました。
グラウンドゴルフで楽しく学ぶ
県
県老連健康福祉大学校5回目の講座
老連健康福祉大学の講座として8月22日㈬、町体育セン
ターで、学生48人が参加してグラウンド・ゴルフ大会が
行われました。
8グループに分かれて行われたこの日は、気温30度を越す猛
暑でしたが、参加者の熱気はそれを上回るものでした。
プレーでは、ホールインワンも時折飛び出し、入れた本人も
びっくりしながら喜んでプレーしていました。
■結果 A組
(経験者)
1位 小寺イツ/2位 鈴木喜代三郎/3位 秋元正美
B組
(初心者)
1位 成田日出男/2位 長利長作/3位 熊木繁春
9
平成24年10月号
Topics
まちの話題
給食での地産地消児童に紹介
学
給食おもいやり隊が武田小児童と交流
校給食センターに地元食材を提供する「給食おもいやり隊」
の4人が8月31日㈮、武田小6年生の17人と一緒に昼食を
囲み、交流しました。
やってきたのは、佐藤イネ子さん、田中恵津子さん、木村てつ
さん、田中千鶴さんの4人。このうちの2人が、この日のメニュ
ーである「夏野菜カレー」の野菜
(じゃがいも、ナス、トマト)を
提供したそうです。4人は、要求される基準に合わせることへの苦労や、給食センターの理解など、「給食おも
いやり隊」の取り組みを紹介。子どもたちと食卓を囲みながら、いろいろな話題に花を咲かせていました。
一緒にカレーを食べた児童は「普段食べるカレーよりも、味がまろやかでおいしい。地産地消は環境にもいい
取り組みだと思う」と感想を話していました。
リサイクルの大切さ今年も学校で
月30日㈭の薄市小を皮切りに、町内の4小学校で今年も「ご
みとリサイクル学習会」が行われました。
この学習会は、毎年小学4年生を対象に行われている町の事業で
す。役場環境整備課の職員が学校に出向き、「出前授業」を行うと
いうもので、今年で5年目を迎えました。
各学校では、自分たちの出したごみがどのように処理されている
かや、リサイクルの仕組みなどについて、スライドを見たり職員の説明を聞いたりしながら学びました。
また薄市小では、尾別地区にある一般廃棄物最終処分場も見学。来年度新たに稼働予定の新ごみ処分場も見た
児童は、ごみに対する理解をさらに深めたようでした。
巨大な枝豆の背丈にびっくり
農
中里小2年生が収穫体験
村活性化施設横の体験ほ場で9月13日㈭、中里小の2年生
37人が、収穫体験を行いました。
この日行ったのは、子どもたちが春先に種を植えた枝豆の収穫。
グリーン・ツーリズムの会「かけはし」の会員8人と一緒に、根
を引っ張って収穫しました。
枝豆は、子どもたちの背丈ほどもある高さで、掘り出すとその
大きさにびっくり。歓声を上げて次々と収穫していました。
収穫後には、会員と一緒に枝豆を試食。豆をほおばりながら、会員と交流していました。
小・中学生力士が成果競う
今
青森県・北海道小中学校相撲中泊大会
年が8回目となる「青森県・北海道小中学校相撲中泊大会」が、
9月2日㈰町相撲場で行われました。
この日は町内外から約94人の小中学生力士が参加。白熱する取組
には、見物客から大きな歓声が上がり、奮闘ぶりに声援を送ってい
ました。
■団体戦 小学校の部 第2位 中泊道場
■個人戦(すべて中泊道場)
小学1年の部 第3位 奈良昴/小学2年の部 優勝 成田力道/小学3年の部 第3位
高山日那大/小学4年の部 優勝 荒木優輔/小学5年の部 第3位 神歩武、成田花道
広報なかどまり
10
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
8
町内小学校4年生に出前授業
HOT INFORMATION
中泊町役場 ☎57−2111
町からのお知らせ
小 泊 支 所 ☎64−2111
国民年金 免除の受け方あれこれ
問 役場町民課老保年金係 内 134
国民年金の加入者が、経済的理由などで保険料を納められない場
合、保険料を免除する制度があります。免除を受けるには、申請が
必要です。本人・配偶者・世帯主の所得や失業などの状況を審査・
承認した上で、保険料が免除されます。
保険料を未納のままにすると、将来の老齢基礎年金や、いざとい
うときの障害基礎年金、遺族基礎年金を受け取ることができない場
合があります。必ず保険料を納めるか、納めることが困難な場合は
免除制度をご利用ください。
日
程
や
内
容
な
ど
は
、
折
り
込
み
の
パ
全額免除……
(扶養親族などの数+1)×35万円+22万円
3/4免除…78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額など
半額免除……118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額など
1/4免除…158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額など
注:上の金額はあくまでも目安で、扶養人数などによって変わ
ることがあります。申請の時期が1月∼6月の場合は前々
年の合計所得となります。
申請者本人のほか、配偶者や世帯主も所得基準の範囲内である
必要があります。
■失業による特例免除
失業によって保険料を納付することが難しい場合に、免除を受
けることができます。失業者本人の所得を審査しません。
○必要なもの…印鑑、申請書
(役場)
、申請時の住所と1月1日時点
の住所が異なる場合は、前住所の所得課税証明書、失業による申
請は離職票か雇用保険受給資格者証
○免除期間…7月から翌年6月まで
育
セ
ン
タ
ー
・
中
里
保
健
セ
ン
■
場
所
⋮
体
育
セ
ン
タ
ー
※国民年金保険料の免除には町・県民税の申告が必要です。
申告していないと免除を受けることができませんので、税金の申
会
場
⋮
パ
ル
ナ
ス
・
中
央
公
民
館
・
体
順
次
拡
大
す
る
予
定
で
す
。
11
で
同
様
の
サ
ー
ビ
ス
が
提
供
さ
れ
れ
ば
、
み
提
供
す
る
サ
ー
ビ
ス
で
す
が
、
他
社
シ
ョ
ッ
プ
で
ご
確
認
く
だ
さ
い
。
明
な
点
は
、
携
帯
電
話
購
入
店
や
a
u
平成24年10月号
必
要
で
す
。
対
応
機
種
や
設
定
な
ど
不
■
受
信
設
定
⋮
機
種
に
よ
っ
て
は
設
定
が
■
費
用
⋮
無
料
る
情
報
、
警
戒
区
域
の
情
報
な
ど
︶
︵
土
砂
災
害
警
戒
情
報
、
避
難
に
関
す
■
配
信
情
報
⋮
緊
急
性
の
高
い
災
害
情
報
■
配
信
開
始
⋮
平
成
24
年
11
月
中
■
配
信
範
囲
⋮
中
泊
町
※
た
だ
し
、
機
種
が
限
定
さ
れ
ま
す
。
持
っ
て
い
る
人
■ ま 情 ビ
対 す 報 ス K
象 。 を ﹁ D
者
お エ D
・
届 リ I
け ア が
機
す メ 提
種
⋮
る ー 供
a
サ ル す
u
ー ﹂ る
ビ を 緊
の
携
ス 使 急
帯
を い 速
電
開 、 報
話
始 災 サ
し 害 ー
を
4
日
の
2
日
間
で
す
。
■
日
時
⋮
午 11
後 月
6 3
時 日
∼ ㈯
8
時
30
分
告は忘れずにしましょう。
※
現
在
は
ド
コ
モ
、
a
u
の
携
帯
電
話
の
連
絡
バ
ス
を
無
料
運
行
し
ま
す
。
ど
う
ぞ
ま
た
、
町
民
文
化
祭
期
間
中
は
、
地
域
祭
へ
ぜ
ひ
ご
参
加
く
だ
さ
い
。
■免除を受けられる前年所得の目安
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
ご
利
用
く
だ
さ
い
。
問
役
場
総
務
課
消
防
防
災
係
内
1
1
7
展
示
作
品
の
鑑
賞
な
ど
は
、
11
月
3
・
発
表
会
だ
け
で
、
ほ
か
の
イ
ベ
ン
ト
、
ご
来
場
、
作
品
の
出
品
な
ど
、
町
民
文
化
※
た
だ
し
11
月
2
日
㈮
は
小
学
校
の
学
習
職
場
カ・
ラグ
オル
ケ
参大ー
加会プ
者 対
募 抗
集
!
話a
へu
災無
害料
情サ
報ー
をビ
配ス
信
し携
ま帯
す電
■
申
込
先
⋮
中
央
公
民
館
問 問合せ先
内 内線番号
☎ 電話番号
HP ホームページ
次
の
日
程
で
開
催
し
ま
す
。
皆
さ
ま
の
問 問
中
里
会
教 場
育
小
泊
会
場
委
員
会
小
泊
事
務
所
中
央
公
民
館
☎ ☎
︵
64
︶
2
6
7
9
︻
期 中
間 里
⋮ 会
場
11 ︼
月
2
日
㈮
∼
11
月
4
日
㈰
を
多
数
ご
出
品
く
だ
さ
い
。
合
は
先
着
順
と
し
ま
す
。
※
皆
さ
ん
が
日
頃
取
り
組
ん
で
い
る
作
品
定
で
す
の
で
、
申
込
多
数
の
場
︵
57
︶
2
3
4
1
な
か
ど
町ま
民り
文
化
祭
開
催
!
︻
ン
会 期 小 フ
場 間 泊 レ
ッ
⋮ ⋮ 会
日 10 場 ト
本 月 ︼ を
ご
海 27
覧
漁 日
く
火 ㈯
だ
セ 、
さ
ン 28
い
タ 日
。
ー ㈰
花
、
切
り
絵
、
凧
絵
、
手
工
芸
な
ど
。
盆
栽
、
文
化
刺
繍
、
ち
ぎ
り
絵
、
押
し
■
締
切
⋮
10
月
26
日
㈮
■
選
手
編
成
⋮
3
人
1
組
た
だ
し
10
組
限
︿
出
品
作
品
例
﹀
習
字
、
絵
画
、
写
真
、
た
は
在
住
の
グ
ル
ー
プ
タ
ー
・
老
人
福
祉
セ
ン
タ
ー
■
資
格
⋮
町
内
に
あ
る
職
場
の
従
業
員
ま
HOT INFORMATION 町からのお知らせ
問 役場総務課広報係 内 162
問 役場町民課国民健康保険係 内 132
~笑おう
ほぐそう
心と体~
●日時…10月19日㈮
午前9時40分∼12時
(開場 午前9時10分)
●場所…総合文化センター「パルナス」ホール
●参加料…無料 ●対象者…65歳以上
●この日は、会場行きのバスを運行します。時刻は、社会
福祉協議会、町民課、小泊支所へお問合せください。ま
た、当日はバス内が混み合うおそれがありますので、車
や徒歩でご来場ください。バス利用はできるだけ避ける
ようお願いします。
専
門
学
校
な
ど
に
進
学
ま
た
は
等
学
校
、
短
期
大
学
、
大
学
、
合
の
イ
メ
ー
ジ
ア
ッ
プ
・
知
名
度
院
に
な
っ
た
こ
と
を
機
に
、
当
連
院
が
今
年
度
か
ら
広
域
連
合
立
病
事
業
推
進
や
、
圏
域
の
自
治
体
病
■
最
優
秀
作
品
⋮
応
募
作
品
か
ら
た
め
、
広
域
連
合
立
病
院
へ
の
新
月
14
日
㈮
便
性
向
上
、
事
務
効
率
化
を
図
る
変
わ
り
ま
す
。
■
ボつ 日 ■
つ
申
資
対
ルが ㈮ 込 金 象
が
る
☎ 問 マ
る HP ︵
期 ・ と
ー西
総
限 修 な
38 つ
が ク北
︶
合
⋮ 学 る
1 る
五
病
平 資 資
0 西 デ広
0 北 ザ
院
成 金 金
0 五 イ域
な
25 ・ ⋮
広 ン連
年 修 就
ど
域 公合
1 業 学
の
連
シ
月 資 支
建
合 募
ン
設
18 金 度
■
■ ■
公 さ 0 作 点 合 ジ 募 公
募 い 文 成 以 章 を 集 募
期 。 字 意 内 を わ 内 範
間
以 図 の 募 か 容 囲
⋮
内 ま 応 集 り ⋮ ⋮
10
︶ た 募 し や 当 全
を
と ま す 連 国
月
添 は し す く 合 か
15
え 解 、 。 表 の ら
日
て 説
︵ 作 1 し イ
㈪
く 2 品 人 た メ
∼
だ 0 の 2 連 ー
12
当
連
合
で
は
現
在
、
患
者
の
利
田
病
院
﹂
が
﹁
鶴
田
診
療
所
﹂
に
☎
︵
26
︶
6
3
6
3
ま
た
、
10
月
1
日
㈪
か
ら
は
﹁
鶴
福母
祉子
・
資寡
金婦
を家
貸庭
付の
皆
しさ
まん
すへ
問
つ
が
る
西
北
五
広
域
連
合
ぞ
ご
了
承
く
だ
さ
い
。
院電
診子
療カ
所ル
化テ
の化
おと
知鶴
ら田
せ病
と
も
予
想
さ
れ
ま
す
が
、
な
に
と
ば
ら
く
の
間
、
多
少
混
雑
す
る
こ
更
す
る
点
が
あ
り
ま
す
の
で
、
し
く
だ
さ
い
。
連
合
ホ
ー
ム
ペ
ー
ジ
で
ご
確
認
お
問
合
せ
い
た
だ
く
か
、
広
域
テ
に
な
り
ま
す
。
事
務
作
業
を
変
ぎ
病
院
﹂
の
カ
ル
テ
が
電
子
カ
ル
ら
﹁
西
北
中
央
病
院
﹂
と
﹁
か
な
募
・
選
定
し
ま
す
。
※
応
募
方
法
な
ど
、
く
わ
し
く
は
こ
れ
に
伴
い
、
10
月
1
日
㈪
か
広報なかどまり
ン
ボ
ル
マ
ー
ク
デ
ザ
イ
ン
︶
を
公
向
上
の
た
め
、
広
域
連
合
章
︵
シ
賞
金
20
万
円
を
贈
呈
し
ま
す
。
最
優
秀
作
品
1
点
を
決
定
し
、
て
い
ま
す
。
医
療
情
報
シ
ス
テ
ム
導
入
を
進
め
12
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
65才からの生き生き講座
修
業
施
設
に
入
所
を
希
望
す
る
http://www.tsgren.jp
高齢者ボランティア事業
児
童
を
現
に
扶
養
し
て
い
る
人
■ す 福 生 人
対 。 祉 活 た 県
象
資 意 ち で
者
金 欲 に は
⋮
の の 対 、
内 問
平
貸 助 し 母 1
成
付 成 、 子 2役
場
を を 経 ・ 7福
25
年
行 図 済 寡
祉
課
4
っ る 的 婦
福
月
て た 自 家
祉
に
い め 立 庭
係
高
ま 、 と の
■
募
集
内
容
あ
り
ま
す
。
ま
た
は
鰺
ヶ
沢
病
院
へ
の
異
動
も
■
■
■ ■
■
る 対 書 相 害 内 日 五 会
人 象 士 談 賠 容 時 所 場
者
員 償 ⋮ ⋮ 川 ⋮
借 相 原 青
⋮
⋮ 、
金
資
登 銭 金 談 ・ 森
力
録 ト 、 会 三 ・
離 場 沢 弘
要
弁
ラ
婚 に
護
前
件
ブ
に
士 ル 、
・
相 よ
該
、 な 続 る
八
戸
当
司 ど 、
す
法
・
損
あ
り
ま
す
︶
の
相
談
機
関
を
案
内
す
る
場
合
も
約
制
で
す
︵
法
制
度
の
紹
介
、
他
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
の を ま
人 有 れ
す 、
る 臨
ま 床
た 工
は 学
取 技
得 士
見 の
込 免
み 許
昭
和
58
年
4
月
2
日
以
降
に
生
す
る
ま
た
は
取
得
見
込
み
の
人
れ
、
理
学
療
法
士
の
免
許
を
有
和
58
年
4
月
2
日
以
降
に
生
ま
央
病
院
。
そ
の
後
、
か
な
ぎ
病
院
相
談
は
、
電
話
に
よ
る
完
全
予
■
勤
務
場
所
⋮
採
用
時
は
西
北
中
無
料
法
律
相
談
を
行
っ
て
い
ま
す
。
分
∼
午
後
5
時
ラ
ブ
ル
に
関
す
る
情
報
提
供
や
、
月
14
日
㈬
の
平
日
午
前
8
時
30
■
受
付
期
間
⋮
10
月
25
日
㈭
∼
11
法
テ
ラ
ス
青
森
で
は
、
法
的
ト
☎
0
5
0
︵
3
3
8
3
︶
5
5
5
2
静 和園だより
寄 ・
中里保育所 所長 加藤眞宏 …………タオル
贈
図書館情報
今月のMiniコレクション
○10月7日はミステリー記念日……ミステ
リー小説の展示・貸出を行います。
新刊情報
『明日のことは知らず』宇江佐真理 文藝春秋
『一生一途に』
竹浪正造 廣済堂出版
『空飛ぶ広報室』
有川 浩 幻 冬 舎
『虚像の道化師』
東野圭吾 文藝春秋
『ひらいて』
綿矢りさ 新 潮 社
心配ごと相談 中泊町社会福祉協議会
中 里 地 域
小 泊 地 域
10月24日 成 田 寛
古 川 壽
11月14日 近 村 敦
菊 池 俊 一
10月17日 藪田由比子
磯 野 清 三
相談場所 役場相談室 相談場所 日本海漁火センター
相談時間 午前9時∼午後2時 相談時間 午前9時∼午後2時
13
平成24年10月号
入
手
で
き
ま
す
。
内 問
1
4
4
・
1
4
5
役
場
税
務
課
課
税
係
問
法
テ
ラ
ス
青
森
で
す
。
残
高
を
ご
確
認
く
だ
さ
い
。
ま
た
、
ホ
ー
ム
ペ
ー
ジ
か
ら
も
午
前
8
時
30
分
∼
午
後
5
時
︶
試
験
案
内
を
配
布
し
ま
す
︵
平
日
無法
料テ
法
律ラ
相ス
談か
行ら
っ
て
い
ま
す
引
き
落
と
し
日
は
10
月
25
日
㈭
※
口
座
振
替
を
さ
れ
て
い
る
人
の
成
人
病
セ
ン
タ
ー
、
鶴
田
病
院
で
、
運
営
部
人
事
管
理
係
忘
れ
ず
に
納
め
ま
し
ょ
う
。
の
納
期
限
で
す
。
ぎ
病
院
、
鰺
ヶ
沢
病
院
、
つ
が
る
管
理
係
、
西
北
中
央
病
院
、
か
な
北
五
広
域
連
合
病
院
運
営
部
人
事
職西平
10
月 HP ☎ 問 員 北 成
採 五 24
︵
25
26 つ 用 広 年
日
が
︶
6 る 試域度
㈭
3 西 験
か
連第
6 北
ら
3 五 を合2
、
広 行医回
つ
域 い療つ
連
が
合 ま技が
る
す術る
西
http://www.tsgren.jp/
・
理
学
療
法
士
⋮
2
人
程
度
、
昭
・
臨
床
工
学
技
士
⋮
1
人
程
度
、
■
■
つ 五 〒 申 試 試 棟
が 所 0 込 験 験 2
る 川 3 先 、 内 階
面 容
西 原 7
北 市 0
接 ⋮ 大
五 字 0
試 教 会
広 布 5
験 養 議
、 試 室
域 屋 3
書 験
連 町
類 、
合 41
審 作
病 番
査 文
院 地
−
町からのお知らせ HOT INFORMATION
国
民
健
康
保
険
税
町
・
県
民
税
4 3
期 期
10
月
31
日
は
7
8
3
7
4
︶
﹂
も
ご
利
用
を
。
ー
ト
ダ
イ
ヤ
ル
︵
0
5
7
0
・
0
■
試
験
場
所
⋮
西
北
中
央
病
院
C
※
法
的
ト
ラ
ブ
ル
解
消
に
﹁
サ
ポ
午
前
9
時
ス
青
森
へ
お
気
軽
に
ど
う
ぞ
。
■
試
験
日
⋮
12
月
1
日
㈯
予
約
・
お
問
合
せ
は
、
法
テ
ラ
聞きます、届けます、あなたの声を行政に
10月15日㈪∼21日㈰は『行政相談週間』
問 役場総務課行政係 内 118
役所が行う仕事に苦情や意見、要望などがあったとき、
もっとも身近な相談相手になるのは、行政相談委員(総務
大臣が委嘱)
です。道路、年金、医療保険、老人福祉、労働、
窓口サービスなどのことで、
○苦情を直接言いにくい
○要望があるがどこへ話をしたらいいか分からない
○制度や仕組みが分からない
○困りごとがあるがどこに相談してよいか分からない
という場合は、お気軽にご相談ください。
相談は無料で、相談者の秘密は厳守します。
■行政相談
■特設行政相談
10月17日㈬
10月26日㈮
午前9時~12時
午前9時~午後2時
場所…中央公民館
場所…すくすくこどまり館
行政相談委員…秋元武弘 行政相談委員
秋元武弘、藪田由比子
︵
︶2752
園隣り︶
■受付期間⋮ 月 日㈪∼
■場所⋮五所川原合同庁舎
申請用紙は、西北地域県民
局県税部のほか、農協など免
税軽油取扱店にあります。
水辺サポ�タ�制度
地域の川や海岸で清掃ボ
ランティアしませんか
︶2107
年
部 を 除 く︶は、労 災 保 険・雇
用保険に加入する義務があり
高 等 学 校 卒 業 者︵平 成
3月卒業見込みの人を含
原まで。
加入手続きのご相談、お問
合せは、ハローワーク五所川
行います
職促進のための失業給付を
たとき、生活安定及び再就
■雇用保険⋮労働者が失業し
険給付を行います
災害で負傷したときに、保
■労災保険⋮業務災害や通勤
ます。
ハローワーク五所川原
︵ ︶
3171︵ #︶
月は﹁労働保険適用促進
強 化 期 間﹂ 労 働 保 険 の 加
入手続きはお済みですか?
月9日㈫∼ 月8日㈭
■試験日⋮ 月 日㈭
■願書受付期間
の学力を有する人
む︶ま た は こ れ と 同 等 以 上
25
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
月 日㈪ 午前8時 分∼
午後5時︵土・日・祝日除く︶
郵送は 月 日 ㈪ 必 着
青森県最低賃金
654円になります
県土整備部河川砂防課
017︵734︶
9662
︵
西北地域県民局地域整備部河川
http://www.pref.aomori.lg.jp/
砂防施設課
県では、川・海岸で清掃や
草刈りなどを行う団体に対し
万が一のためにも�
お ね が い
漏電ブレ�カ�などを
確認しまし�う
お ね が い
漏電ブレ�カ�が
正常に作動するか
確認してみまし�う
14
広報なかどまり
MOA美術館中泊児童作品展
作品展事務局 菊池
町 内 小 学 生 の 力 作が一堂に
展 示 さ れ ま す 。 ぜ ひご覧くだ
さい。
■日時⋮ 月 日㈯ 午前9
時 ∼午 後 4 時 /
日㈰
午前9時∼午後3時
青森労働局労働基準部賃金室
017︵734︶4114
http://aomori-roudoukyoku.
jsite.mhlw.go.jp
青森県最低賃 金 が 改 正 さ れ
ます。金額は次 の と お り 。
21
労働者を1人でも雇用して
い る 事 業 主︵農 林 水 産 業 の 一
☎ 問
■場所⋮中央公民館
■表彰式⋮ 月 日㈰ 午後
2時
※ 美 術 セ ミ ナ ー や ミニ花器づ
支援を行っています。
・活 動 団 体 名
月
青森県最低賃 金 は 、 県 内 で
働く全ての労働 者 と 、 労 働 者
の看板設置
15 11
最近では、ほとんどのお宅に漏電ブレーカーが取り付けられてい
ます。これは、屋内配線や洗濯機などの電気器具が万一漏電したと
きに、電気を自動的に止めて、感電や電気火災などの災害を防止す
る大切な役目を果たします。毎月1回は、テストボタンを押して漏
電ブレーカーが実際に動作するかどうか確かめてください。単3方
式で受電の場合は、中性線欠相保護付漏電ブレーカーの取り付けを
おすすめします。
(※コンピューター内蔵機器やテレビ・ビデオなどは、
データが消える場合がありますので、ご使用中の機器を確認の上、
テストしましょう)
■時 間 額 ⋮ 6 5 4 円︵
を1人でも使用している使用
・ボランティ
11
34
漏電ブレーカーをテストしましょう
く り も 行 い ま す 。ぜひおい
者に適用されま す 。 製 造 業 と
ア保険への
・ごみ袋、軍手などの提供、
小 売 業 の 一 部 に は、特 定︵産
加入支援
日㈮から︶
業 別︶最 低 賃 金 が 定 め ら れ て
でください。
次 の と お り 職 員 を募集しま
す 。 申 込 ・ お 問 合 せは、西北
います。くわし く は 、 ホ ー ム
県立弘前高等技術専門校
平成 年度入校生募集
人
人
弘前高等技術専門校
0172
︵ ︶
6805
自動車システム工学科
建築システム工学科
■応募資格
■募集科名・定員
﹁水辺サポーター﹂を検索。
などです。くわしくは県庁
ホームページへアクセスし、
収集したごみの処理
五 広 域 福 祉 事 務 組 合まで。
ページからもご覧になれます。
西北五広域福祉事務
組合職員募集
■職種⋮福祉職︵1人︶
西北五広域福祉事務組合
︵ ︶
3100
■受験資格⋮児童指導員任用
平成 年に使 用 す る 農 業 用
軽油引取税免税 証 の 交 付 申 請
西北地域県民局県税部課税課
︵ ︶2111
207
農業用軽油引取税免
税証の交付申請
資 格 、 保 育 士 及 び社会福祉
主 事 任 用 資 格 を 有するまた
年4月
は平成 年3月末までに取
得見込みで、昭和
2 日 以 降 に 生 ま れた人
午前9時∼午後3時
25
☎ 問
10
10月
35
15
内
■日時⋮ 月 日 ㈫
20
を次のとおり受 け 付 け ま す 。
25
11
■ 試 験 日 ・ 場 所 ・ 科目
月 日 ㈷ 西 北五地域療
育 等 支 援 セ ン タ ー︵森 田 学
20 20
34
26
25
☎
10
26
☎
58
☎ 問
☎ 問
23
32
11
57
21
26
HP ☎ 問
問
12
11
●暮らしと電気安全
問 ☎ 問
HP
20
21
11
12
10
10
15
10
HOT INFORMATION 町からのお知らせ
円
、
小
・
中
学
生
50 円
、
祝
日
■
休
館
日
⋮
毎
週
月
曜
・
第
4
木
曜
・
㈯
午
前
9
時
∼
午
後
4
時
45
分
で
構
成
さ
れ
、
哨
員
2
人
ず
つ
が
1
中里防空監視哨跡
■
日
時
⋮
10
月
27
日
㈯
∼
12
月
22
日
績
・
文
物
に
つ
い
て
紹
介
し
ま
す
。
を
取
り
上
げ
、
そ
の
時
代
背
景
や
事
ま
れ
た
、
歴
史
上
の
人
物
や
著
名
人
厳
し
く
も
豊
か
な
風
土
に
よ
っ
て
育
⋮
﹁
小
泊
﹂
。
秋
の
企
画
展
で
は
、
道
を
望
み
、
波
濤
き
ら
め
く
漁
村
⋮
⋮
﹁
中
里
﹂
、
水
平
線
彼
方
に
北
海
野
に
抱
か
れ
、
地
吹
雪
の
舞
う
里
⋮
﹁
海
﹂
の
あ
る
町
。
緑
の
森
林
と
沃
﹁
山
﹂
と
﹁
川
﹂
と
﹁
潟
﹂
、
そ
し
て
1
人
・
助
手
1
人
・
女
性
哨
員
6
人
め
ま
し
た
。
1
つ
の
班
は
、
副
哨
長
は
、
4
つ
の
班
が
24
時
間
交
代
で
詰
爆
音
を
探
索
し
ま
し
た
。
監
視
哨
に
深
さ
1
m
ほ
ど
の
聴
音
壕
で
敵
機
の
ら
、
双
眼
鏡
で
監
視
を
行
っ
た
ほ
か
、
て
い
ま
し
た
。
回
廊
を
巡
回
し
な
が
は
幅
1
m
ほ
ど
の
回
廊
が
設
け
ら
れ
載
せ
た
構
造
で
、
立
哨
台
の
周
囲
に
楼
の
よ
う
な
一
間
四
方
の
立
哨
台
を
平
屋
の
通
信
・
控
室
に
、
消
防
の
望
丘
陵
上
に
あ
っ
た
そ
う
で
す
。
木
造
れ
ば
、
監
視
哨
は
新
中
里
橋
付
近
の
め
た
宮
本
芳
春
氏
︵
五
林
地
区
︶
に
よ
き
た
い
と
考
え
て
い
ま
す
。
可
能
な
限
り
記
録
保
存
を
続
け
て
い
れ
つ
つ
あ
り
ま
す
が
、
博
物
館
で
は
迎
え
、
戦
争
の
記
憶
は
徐
々
に
失
わ
え
た
と
さ
れ
ま
す
。
戦
後
67
年
目
を
銃
掃
射
や
爆
撃
の
様
子
が
克
明
に
見
た
が
、
中
里
防
空
監
視
哨
か
ら
は
機
高
根
で
4
人
の
死
傷
者
を
出
し
ま
し
民
学
校
が
空
襲
さ
れ
た
ほ
か
、
薄
市
・
載
機
が
大
挙
し
て
襲
来
し
、
薄
市
国
昭
和
20
年
7
月
15
日
朝
に
は
、
米
艦
防
空
監
視
隊
本
部
に
送
ら
れ
ま
し
た
。
通
の
警
察
電
話
を
利
用
し
て
、
弘
前
な
り
ま
す
。
署
に
配
属
さ
れ
勤
務
す
る
こ
と
に
を
紹
介
し
ま
す
。
課
教
育
を
修
了
し
た
消
防
士
3
人
中里防空監視哨哨員(宮本芳春氏蔵)
い
し
ま
す
。
っ
て
い
き
ま
す
。
よ
ろ
し
く
お
願
消
防
士
に
な
れ
る
よ
う
に
が
ん
ば
訓
練
を
重
ね
て
、
早
く
一
人
前
の
ん
ば
っ
て
い
き
ま
す
。
域
に
貢
献
で
き
る
よ
う
、
日
々
が
し
で
も
早
く
一
人
前
に
な
っ
て
地
目
指
し
ま
し
た
。
こ
れ
か
ら
日
々
事
が
し
た
い
と
思
い
、
消
防
士
を
て
い
る
中
泊
町
の
た
め
に
な
る
仕
佐
野
友
紀
で
す
。
ず
っ
と
暮
ら
し
☆
今 抱
年 負
、
新
採
用
に
な
り
ま
し
た
☆
ま 抱
だ 負
ま
だ
未
熟
者
で
す
が
、
少
︻
中
里
消
防
署
︼
佐野 友紀
︻
小
泊
消
防
署
︼
木村 千尋
し
く
お
願
い
し
ま
す
。
一
生
懸
命
が
ん
ば
り
ま
す
。
よ
ろ
ー
に
、
生
ま
れ
育
っ
た
中
泊
町
で
体
、
財
産
を
守
る
こ
と
を
モ
ッ
ト
役
目
で
あ
る
、
町
民
の
生
命
、
身
の
が
た
り
﹂
開
催
!
ま
し
た
新
岡
真
紘
で
す
。
消
防
の
な
お
、
卒
業
後
は
そ
れ
ぞ
れ
の
中
里
防
空
監
視
哨
副
哨
長
を
務
監
視
哨
も
置
か
れ
ま
し
た
。
の
ほ
か
、
小
泊
な
ど
に
は
民
間
防
空
監
視
に
よ
る
警
報
・
情
報
は
、
直
時
間
交
代
で
監
視
を
行
い
ま
し
た
。
㈬
に
行
わ
れ
た
卒
業
式
で
、
初
任
消
防
学
校
に
入
校
し
、
9
月
19
日
里
・
脇
元
に
設
け
ら
れ
ま
し
た
。
こ
◆
秋
の
企
画
展
﹁
中
泊
偉
人
伝
人
も
博
物
館
�
�
�
�
︻
☎
69
1
1
1
1
︼
Museum
News
36
か
所
、
北
郡
で
は
五 宮本芳春氏
所
川 森 争 太 り
原 県 中 平 台
内 は 洋 で
中 に 青 戦 、
中里防空監視哨
(宮本芳春氏蔵)
今
年
4
月
、
新
採
用
で
青
森
県
こ
の
人
紹
介
☆
今 抱
年 負
の
4
月
か
ら
採
用
に
な
り
新岡 真紘
火事・救急・救助は119番/五消本部病院照会 ☎34-4999/中里消防署 ☎57-2370/小泊消防署 ☎64-2375
15
平成24年10月号
VOL.28
�
�
�
−
円 高
︶ 校
・
学
生
■
入
館
料
⋮
通
常
料
金
︵
一
般
消
防
&
救
急
−
防
空
監
視
哨
と
は
、
敵
機
の
飛
来
◆
﹁
中
里
防
空
監
視
哨
﹂
と
は
−
・
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
を
い
ち
早
く
発
見
す
る
た
め
の
見
張
②
憎
め
な
い
と
こ
ろ
ち
ゃ
ん
と
で
き
る
異
常
を
見
つ
け
る
だ
け
で
な
く
、
病
肪
は
皮
下
脂
肪
に
比
べ
て
た
ま
り
や
す
る
こ
と
は
あ
り
ま
せ
ん
。
内
臓
脂
一
方
、
特
定
健
診
は
、
か
ら
だ
の
メ
タ
ボ
だ
か
ら
と
い
っ
て
、
落
胆
査
を
必
ず
受
け
る
こ
と
が
大
切
で
す
。
診
を
受
け
る
こ
と
、
そ
し
て
精
密
検
生
活
習
慣
改
善
で
脱
メ
タ
ボ
!
②
思
い
や
り
が
あ
る
。
あ
い
さ
つ
が
工
藤
②
笑
顔
が
か
わ
い
い
と
こ
ろ
日
々
斗
ち
ゃ
ん
︵
向
町
上
︶
フ
ッ
素
ス
プ
レ
ー
の
使
用
は
、
症
状
が
な
く
て
も
定
期
的
に
検
ま
す
。
早
い
発
見
・
治
療
の
た
め
に
ど
が
自
覚
症
状
の
な
い
ま
ま
進
行
し
早
期
治
療
で
す
。
が
ん
は
、
ほ
と
ん
き
や
す
く
し
ま
す
。
中
と
い
っ
た
命
に
関
わ
る
病
気
を
招
硬
化
を
進
行
さ
せ
、
心
臓
病
や
脳
卒
と
軽
視
し
て
は
い
け
ま
せ
ん
。
動
脈
①
毎
日
朝
・
夕
の
仕
上
げ
み
が
き
と
が
ん
検
診
の
目
的
は
、
早
期
発
見
・
メ
タ
ボ
は
﹁
た
だ
の
中
年
太
り
﹂
①
夜
の
仕
上
げ
み
が
き
を
が
ん
ば
っ
て
い
る
磯
野
②
わ
が
子
の
自
慢
で
き
る
こ
と
は
?
心
平
ち
ゃ
ん
︵
派
立
下
︶
②
エ
ク
ボ
が
1
つ
で
き
て
か
わ
い
い
魁
仁
ち
ゃ
ん
︵
下
前
中
︶
健
診
結
果
こ
こ
を
チ
ェ
ッ
ク
!
ロ
ー
ム
や
予
備
軍
の
人
が
い
ま
し
た
。
黒
滝
の
約
15
%
に
メ
タ
ボ
リ
ッ
ク
シ
ン
ド
て
か
ら
が
肝
心
で
す
。
十
人
十
色
で
す
が
、
健
診
は
終
わ
っ
で
な
か
っ
た
人
⋮
。
健
診
の
結
果
は
人
、
昨
年
よ
り
改
善
し
た
人
、
そ
う
て
い
る
と
思
い
ま
す
。
異
常
な
し
の
皆
さ
ん
の
お
手
元
に
は
結
果
が
届
い
健
診
で
も
、
男
性
の
約
42
%
、
女
性
の
こ
と
を
言
い
ま
す
。
今
年
度
の
町
病
を
引
き
起
こ
す
内
臓
脂
肪
症
候
群
異
常
・
高
血
圧
と
い
っ
た
生
活
習
慣
に
脂
肪
が
た
ま
り
、
高
血
糖
・
脂
質
ぎ
や
運
動
不
足
か
ら
、
内
臓
の
周
り
に
ご
相
講 師
日 時
場 所
談
く
講演「音楽で心も体もリフレッシュ♪」
10月29日㈪ 中里保健 だ
NPO法人青森音楽療法研究会
午後1時30分から センター さ
佐々木 純子 先生
い
。
10月26日㈮ 中里保健
講演「高齢者の心を理解する」
弘前医療福祉大学短期大学部生 午後1時30分から センター
活福祉学科介護福祉専攻長
11月16日㈮ 小泊保健
戸来 睦雄 先生 午後1時30分から センター
心の 健 康 づ く り 講 演 会
今
年
度
の
健
診
も
8
月
で
終
わ
り
、
通
称
﹁
メ
タ
ボ
﹂
と
は
、
食
べ
過
防
し
た
い
と
お
考
え
の
方
、
お
気
軽
①
あ
ま
り
お
菓
子
な
ど
を
食
べ
な
い
よ
う
に
す
る
た
の
か
ら
だ
の
〝
今
と
こ
れ
か
ら
〟
健
診
結
果
が
教
え
て
く
れ
る
あ
な
気
を
つ
け
て
い
る
こ
と
は
?
�
�
歯
�
�
�
子
�
紹
介
小 中
泊
里
☎
︵
64
︶
3
7
4
8
☎
︵
57
︶
3
9
2
0
①
仕
上
げ
み
が
き
し
て
い
ま
す
白
川
②
元
気
が
よ
す
ぎ
る
と
こ
ろ
①
仕
上
げ
み
が
き
を
し
て
い
ま
す
成
田
②
や
さ
し
い
と
こ
ろ
琳
星
ち
ゃ
ん
︵
花
丘
町
︶
健
診
結︵
果検
の診
活︶
は
用
が
大
切
⁉
え
て
い
き
ま
す
。
脱
メ
タ
ボ
を
目
指
︵
9
月
6
日
実
施
︶
3
歳
児
健
診
に
て
角
田
メ
タ
ボ
生リ
活ッ
ク
習シ
慣ン
病ド
のロ
関ー
係ム
と
し
た
い
、
家
族
の
た
め
に
メ
タ
ボ
予
①
日
頃
む
し
歯
を
つ
く
ら
な
い
よ
う
ア
ド
バ
イ
ス
す
る
な
ど
、
一
緒
に
考
こ
れ
が
﹁
生
活
習
慣
病
﹂
で
す
。
か
ら
だ
の
状
態
を
変
化
さ
せ
る
⋮
。
ま
す
。
毎
日
の
生
活
の
積
み
重
ね
が
、
だ
に
合
っ
て
い
な
い
可
能
性
が
あ
り
見
つ
け
出
し
、
継
続
可
能
な
方
法
を
習
慣
の
中
に
潜
ん
で
い
る
問
題
点
を
診
結
果
の
見
方
は
も
ち
ろ
ん
、
生
活
康
づ
く
り
を
サ
ポ
ー
ト
し
ま
す
。
健
在
の
生
活
習
慣
が
、
あ
な
た
の
か
ら
保
健
セ
ン
タ
ー
も
、
皆
さ
ん
の
健
昂
希
ち
ゃ
ん
︵
富
野
︶
千
穂
ち
ゃ
ん
︵
下
前
浜
︶
検
査
値
が
悪
化
し
て
い
る
な
ら
、
現
て
い
る
か
に
も
注
目
し
ま
し
ょ
う
。
な
く
、
検
査
値
が
年
々
ど
う
変
化
し
か
〝
異
常
〟
か
と
い
う
判
定
だ
け
で
と
い
う
目
的
が
あ
り
ま
す
。
〝
正
常
〟
そ
の
後
の
健
康
管
理
に
役
立
て
よ
う
力
が
、
大
き
な
支
え
に
な
り
ま
す
。
と
は
大
変
で
す
。
家
族
の
理
解
や
協
ま
で
の
生
活
ス
タ
イ
ル
を
変
え
る
こ
こ
と
が
で
き
ま
す
。
し
か
し
、
こ
れ
あ
り
、
生
活
習
慣
の
改
善
で
減
ら
す
す
い
半
面
、
減
ら
し
や
す
い
性
質
が
広報なかどまり
16
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
気
の
芽
が
出
て
い
な
い
か
確
認
し
、
①
お
菓
子
よ
り
、
ご
飯
を
し
っ
か
り
10 月
11 月
16 火
「シルバーの日」清掃奉仕活動
水 9:00~12:00 行政相談(中央公民館)
9:00~14:00 心配ごと相談
(日本海漁火センター)
1
木
2
金
3
土
9:00~
17
18 木
19 金
乳児健診(中里保健センター)
なかどまり街歩き散策ウオーク
(徐福の里物産品直売所)
10:00~
日
20 土
5
月
21 日
6
火
7
水
8
木
9
金
22 月
23 火
NAKADOMARI PUBLIC RELATIONS OCT 2012.
27 土
なかどまり町民文化祭(体育センターほか)
3歳児健診
(中里保健センター)
11 日
8:45~
第18回米塚義定杯争奪柔道大会(体育センター)
18:30~
第1回中泊町音楽フェスティバル(パルナス)
12 月
10:00~11:30 運動教室
(中央公民館)
14:30~16:30 運動教室
(中央公民館)
10 土
9:00~14:00 特設行政相談
(すくすくこどまり館)
13:30~
心の健康づくり講演会(中里保健センター)
~12/22
なかどまり町民文化祭(日本海漁火センター)
秋の企画展「中泊偉人伝人ものがたり」
(博物館)
28 日
なかどまり町民文化祭(日本海漁火センター)
13 火
29 月
30 火
(大沢内ため池公園)
12:15~
9:00~14:00 心配ごと相談
(役場相談室)
25 木
26 金
なかどまり町民文化祭(体育センターほか)
大沢内ため池ウオーキング
10:00~
9:40~12:00 65才からの生き生き講座
(パルナス)
4
24 水
なかどまり町民文化祭
(パルナス)
14 水
10:00~12:00 こころの相談日
(保健センター)
9:00~14:00 心配ごと相談
(役場相談室)
15 木
31 水
�
�
�
�
�
�
長
谷
川
佐
冨
大
成
棟
大
加
三
藤
井
西
島
方
川
良
幸
利
直
武
子
︵
新
町
1
︶
夫
︵
温
泉
町
︶
江
︵
新
潟
県
︶
樹
︵
小
泊
派
立
︶
登
美
枝
︵
千
葉
県
︶
佐
知
子
︵
大
沢
内
︶
暢
︵
五
所
川
原
市
︶
司
︵
新
町
2
︶
古
赤
上
小
田
桐
川
祐
健
一
石
葵
︵
派
立
下
︶
太
︵
弘
前
市
︶
恵
︵
向
町
下
︶
円
︵
下
前
中
︶
�
結
婚
�
�
�
�
�
�
�
�
�
�
鈴
木
珍
田
毛
内
隼
斗
︵
男
・
誉
史
︶
八
詩
羽
︵
女
・
悠
樹
︶
派
立
上
麻
恵
︵
女
・
健
晴
︶
派
立
下
幡
成
川
成
成
藪
髙
佐
小
古
尾
小
沼
田
北
今
古
小
田
野
田
田
田
松
野
野
川
崎
寺
田
中
島
本
川
野
明 サ
正 千 政
久 き
祐 き
み 金 ツ
信 專
幸 武 つ
代
ち
三
い 光 ヨ 子 せ 雄 ヤ 子 市 忠 ゑ 雄 秋 與 子 郎 ぐ
84 77 92 65
︵ ︵ ︵ ︵
折
小 下 下
泊 前 前
戸 派 浜 上
︶ 立 ︶ ︶
︶
17
95
︵
下
前
上
86 98 69 61
︵ ︵ ︵ ︵
入
浜
浜
今
泉
舟 町 町 上
84 87 85 55
︵ ︵ ︵ ︵
尾
田 田 上
茂 茂 高
別 木 木 根
93
︵
派
立
下
83
︵
薄
市
上
87
︵
下
高
根
90
︵
薄
市
上
︶ ︶ ︶ ︶ ︶ ︶ ︶ ︶ ︶ ︶ ︶ ︶ ︶
平成24年10月号
古
川
進
之
介
︵
男
・
誠
也
︶
若
�
誕
生
�
�
�
�
�
�
�
�
�
�
宮
︵
8
月
届
出
分
︶
戸
籍
の
窓
口
人のうごき
�
悔
�
�
申
�
上
�
�
�
8月末現在(前月比)
人 口 12,910人(−10)
男 6,092人(−3)
女 6,818人(−7)
世帯数
5,178戸(+2)
出生 4 / 死亡 18
転入 19 / 転出 15
Pick up!
広報 なかどまり
月号
10
今月の
イチ押し
「今月の表紙」は中学生制作
中里中職場体験
秋元咲穂さん
働く意味を考え、実際の仕事を体験して、
進路選択に役立てるという「職場体験」
。
9月25日㈫、中里中が3年生を対象に行い、
役場へ4人の生徒がやってきました。
さ
ほ
このうち、広報係に来た秋元咲穂さんに
は、今回、広報の表紙を作ってもらうこと
にチャレンジしてもらいました。
この日は朝方雨が降り、なかなか作業を
発行/青森県北津軽郡中泊町
中泊町役場
編集/総務課
☎0173︵
している農家を見つけられず、車で走るこ
と30分。見ず知らずの農家に飛び込みで
声をかけ、撮影・取材したのが今月の表紙
です。
秋元さんは「カメラで撮影がしたかった」
そうで、今回広報係にやってきました。最初は、コンパクトデジタルカメラと比べ、非常に重い一眼レフカメ
ラに少し戸惑っていたようでしたが、ご覧のとおり、さっ爽としたカメラマンぶりです。
秋元さんは、記事の作成、写真の現像、編集・レイアウトや、校正(誤りを直す作業)などの体験をし、一日
広報マンとして大活躍してもらいました。
今月の表紙、なかなかの出来だと思いますが、皆さんいかがですか?
小泊中佐藤くんが最優秀賞獲得
防犯弁論大会
中里中の2人も入賞
防犯に関する発表で、少年の健全育成と社会の
一員としての自覚を持ってもらうために行われる
防犯弁論大会が、9月18日㈫中里中で開催され、
佐藤翔太くん(小泊中3年)が最優秀賞を獲得。9
︶2111 内線162
57
月26日㈬には県大会へも出場しました。
佐藤くんは「佐藤家=サザエさん一家?」と題
して、自らの家族について発表。家族団らんの大
切さを、身振り手振りを交えて訴えました。森審
査委員長によると「家族の団らんでいじめ防止に
つながるという視点が防犯につながる」ことと
「切り出し方、見せ方がうまかった」そうで、最
優秀賞受賞のポイントになったようです。
またこの大会には、中里中からも2人が出場し、
「いじめをなくすために」と題して秋元美月さん(1年)が、「仮面を外して」と題して齋藤アスカ
さん
(3年)
が発表。2人とも奨励賞を獲得し、町から出場した3人すべてが入賞するという素晴ら
しい結果となりました。
小泊中の木村先生によると、佐藤くんは自ら弁論大会への出場を希望し、夏休み中に何度となく
発表の練習をして、今回の大会に望んだそう。佐藤くんは「今の家庭には団らんが足りないと思い、
それを伝えようと今回のテーマに選んだ。まさか(最優秀賞に)選ばれるとは思っていなかったので
びっくり。県大会でも自分の力を発揮できるようにがんばりたい」と抱負を話していました。
/
p
j
.
g
l
.
i
r
a
m
o
d
a
k
a
n
.
n
w
o
t
.
w
w
w
/
/
:
p
t
t
h
Fly UP