...

竹中大工道具館

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

竹中大工道具館
ものづくり精神 を後世に伝える
Architecture that inherits ‘ the spirits of craftsmen’
N
六甲山
ものづくり精神 を後世に伝える Architecture that inherits ‘ the spirits of craftsmen’
竹中大工道具館は、大工道具をテーマとした博物館として 1984 年に神戸市中山手に開館し、常設展・企画展、講演会や出張授業などの様々な活動を通して多くの方々に親しまれてきた。現施設の老朽化と展示スペースの不足
JR 新神戸駅
を解消するため、2014 年 10 月、山陽新幹線新神戸駅の近く、大正年間の約 10 年、合名会社竹中工務店本店があった竹中工務店ゆかりの地に移転し、新たな一歩を踏み出した。
移転に際し、「人と自然をつなぐ、伝統と革新をつなぐ」をテーマに新館は、時を超えて脈々と伝わる職人技を現地現物で感じ、職人の心意気−即ち ものづくり精神 −を後世に伝えていくことを第一に考えた。現代では、
規格化や標準化の流れに乗り、木や土といった自然素材や建物毎にカスタマイズされた設備機器・器具は、使用しづらい存在となってきている。その潮流に対して当建築計画では、ものづくりを五感で感じられる建築となるよう、
職人や技術者との対話の中から、素材ひとつひとつの物性や特徴を「技」により最大限に引き出し、今までにない新たな表現の可能性を追求し、伝統的な技と現代の新技術の両方を用いることを試みている。また、設備計画では、
人と自然とのつながりにおいて、自然の光・自然の風・太陽熱・井水を建築意匠との整合性の中で取り込むこととものづくりの観点から設備機器・器具の基本機能を維持しながら建物の特性に応じてカスタマイズや新規で製作
することの 2 つのテーマに取り組みました。
ものづくり
‘ The spirits of craftsmen ’
ダブルアーチ架構
むくり瓦屋根
東西方向の長大スパンを合理的かつ美しく見える寄り
むくりのついた瓦屋根は通気層をもたせている。夏季に
添うアーチ架構を考案した。軸力のみで合理的に荷重
は、この通気層に外気を通し排気することで、屋根の熱
を伝達することができ、二つのアーチを屋根面内で互
貫流率低減、冬季には、温度上昇した通気層内の空気を
いに寄りかからせることで、面外方向の沈み込もうと
する力も軸力に変換している。
換気利用することで熱回収を行っている。
合掌垂木
深い庇
合掌造りのように互いの部材が持ち合って自立する
計画原論に従い、深い庇が配された1階の展示ホール
架構とした。大工棟梁の太田裕策氏と試作を繰り返
・セミナールームは夏季の直達日射を防ぎ、冬季の日
し、新しい 合しゃくり形状 を考案した。全体を緩
射を室内に呼び込みことが可能となっている。
熱負荷抑制
Restraint of the heat load
自然光を利用した地下展示空間
Underground exhibition space using natural light
展示室の地下化による外皮負荷低減、地上部の深い庇と敷地内常緑樹に
地下に設けられた展示空間でも地
よる日射遮蔽、屋根面の通風による外皮負荷処理等、シンプルな建築形
上の緑や自然光が感じられるよう、
態により外部負荷を最小限に抑えることを意図しました。
B1 階・B2 階レベルに立体的な中
また、地上部では深い庇を通じて、地階展示空間では立体的な中庭を通
庭を設け、外部の豊かな自然環境
じて、直達日射を遮蔽した天空光による自然採光を実現しています。
を引き込みました。
+ 18
+ 70
やかにうねる山形シルエットで、一本一本異なる仕
+ 52
+ 89
口角度を大工さんに墨付け加工していただけた。
組み天井
五寸釿による名栗仕上げ
35mmの角材を45度の角度で水平に組み込んでいく
エントランスの自動扉面には、名栗職人の原田隆晴さ
六甲山
天井に対して、同じスケール感のライン型吹出口、
+ 4507
+ 581
んとの対話で生まれた五寸釿で斫った名栗板を貼り、
小型LEDダウンライト、小口径ライン型LED照明を
揺らぎのある木の表情で温かく人を迎え、自然との柔
取りけることで、意匠性の統一感を出している。
らかな境界線を作り出す。
+ 509
+ 2042
+ 541
+ 327
+ 69
窓際ライン型床吹出口
聚楽漆喰
1階展示ホール・セミナールームの窓際にはペリメ
京都の左官職人である浅原雄三氏と共に、聚楽土、稲
ーター処理用ライン型吹出口がスチールサッシュと
荷山黄土、浅葱土の3種類の土をその配分量を変えた
茶室(既設)
一体的に配置されている。
地下2階
自然採光シミュレーション(秋分14時)
サンプルを多数作成し、聚楽土5%を混入した最終案
管理棟(既設)
を導き出した。
N
木製床吹出口
パーソナル床吹出口
1階展示ホール・セミナールームには、フローリン
研究・事務室には一人ひとりに足で簡単に開閉可能な
グ素材と同素材を用いた床吹出口を新たに製作した
人の温冷感に配慮した空調方式
Air conditioning system according with human thermal sensation
その場所・そのシーンに応じた空
スライド式パーソナル床吹出口を新たに製作した。こ
多目的ホール
。旋盤加工により気流性状を斜め吹出しとし、吹出
研究・事務室
展示
ロビー
口口を交互に配置することで、気流分布の適正化を
狙っている。
1F
れにより、各人が好みに応じて調節可能となり、温熱
調方式を採用しています。外部か
環境の満足度向上につながることを意図している。
受付
木製ライン型床吹出口
一枚板の踏板
天井高さが約5mある1階からB1階にいたる階段室床
構造解析技術(FEM解析)、現在の鉄の溶接工の技術
面にライン状に配置されている。木製フローリング
を最大限に活かし、一枚板が浮遊するかのような階段
床の多層構造を利用し、断面図形状を工夫している
を計画する。象徴的な中庭、展示空間へといざなう階
。これにより、床面に沿う気流を作り出すことで冬
らの来館者が最初に訪れる 1 階多
目的ホールには、木製床吹出口を
配したアンダーフロア空調システ
段として緊張感のあるものとする。
ムを導入しています。外部の熱環
アプローチ
季の足元の温度分布に配慮している。
多機能アルミ放射パネル
達磨敷瓦
展示室天井では、設備要素(放射空調・対流空調・排
B1階中庭には淡路の伝統窯を復活させた 達磨釜 で焼
煙・一般照明、配線ダクト・感知器・非常照明等)が
いた瓦を敷き詰め、焼成条件の違いから一つ一つ色味
境に暴露された来館者を居住域空
調と即時性のある対流空調で出迎
や模様の異なる瓦が地下で自然を感じさせる一助とな
組み込まれたアルミ天井パネルを製作した。意匠的に
えています。来館者が次に向かう
るのではと考えた。
統一され、放射空調による快適な温熱環境を実現する
地階展示室では、放射空調システ
天井が実現した。
非常照明・感知器
鍛冶職人内橋圭介氏が鍛造で仕上げたプレートにレー
WC
感知器は、取り付けプレートを二重構造とし、必要
整え、静穏で気流感のない温熱環
ザーでピクトサインをくりぬいた。
機能部のみを露出することで、デザインとしての統
し可能であり、メンテナンス性にも考慮している。
展示準備室
境を実現し、来館者へ快適な展示
展示室
空間を提供しています。また、学
外部設備機置場
杉板本実型化粧型枠天井
削出し土壁
コンクリート杉板打放し天井は、現代の躯体職人の
B1階からB2階の中庭を貫く大壁。壁をめぐるように動
B1F
粋を表現する為に、ボイドスラブ鉄筋を上部から吊
線を計画し、常に視界に入る壁となる。ここには、左
下げてコンクリート打設を行い、鉄筋支持スペーサ
官職人の久住章氏・久住有生氏実施監修による土壁削
―跡や木目傷のない杉板の素材感がそのまま転写さ
出し大壁を設け、古土の量、藁の量、削りだし形状等
れた、緊張感ある打放し天井が実現した。
に吟味を重ね「古くて新しい」土壁を目指した。
倉庫
唐招提寺実大模型
展示室
堂宮大工の匠の技を来館者に真直で原寸で見てもら
機械室
うため、鵤工舎棟梁小川三夫氏と法隆寺や唐招提寺
性を入念にスタディ。美しい仕口や説妙な構造的バ
木工準備室
熱分離型タスク・アンビエント空
+ 8.3
+ 31.7
+ 122.1
+ 62.4
+ 8.3
+ 31.7
+ 81.8
+ 14.7
自然光を利用した展示空間
+ 7.4
+ 16.6
+ 13.4
+ 8.9
+ 62.8
+ 705.1
+ 62.4
+ 19.2
会議室
+ 6.2
床パーソナル吹出口を配すること
じられるよう、B1階・B2階レベルに立体的な中庭を設
で、個人の温冷感への対応を実現
け、北面採光を主とした外部の豊かな自然環境を引き込
外部設備機置場
夏至10時
んでいる。
B2F
調システムを導入しています。タ
スク域の空調には、開閉が可能な
+ 141.7
+ 4.2
地下2層に亘る展示空間には、地下でも緑や自然光が感
木工教室
の展示内容、また切断位置や中庭や吹抜けとの関係
芸員の執務ゾーンには、潜熱・顕
+ 14.7
冬至10時
意匠性に配慮した多機能型放射パネル
Multi-functional radiation ceiling panel system
コンセントカバー
合掌垂木
LED 基準照明
一次エネルギー消費量
Primary energy consumption
コンセントカバー+コンセント
通常時
高い意匠性(建築仕上げとしての精度・各設備要素∼照明・感知器・スピーカー・空調吹出口・排煙・換気∼との親和性)とフレキシビリティ性(パーツ化・ユニット化・サイズ自由度・各設備
LED 基準照明 ( コンセント付 ) 断面図
機能の組込み)を実現しています。
展示用支柱受け
OAタップ
コンセントカバー+コンセント
取外し
電源用コード・支柱用開口
合掌垂木
企画展示用スポットライト
企画展示用スポットライト・コンセント・支柱
多機能型放射パネル
型材断面写真
可視化画像
評価項目
特に重視し
たデザイン
の視点
A
感性軸
(造形)
Form
B1 階展示室
B
機能軸
(技術)
Technology
多機能型放射パネル断面図
可視化画像
熱画像(冷房条件)
熱画像(暖房条件)
多機能型放射パネル性能試験・能力特性
120
01審美感
☆
02調和性
☆
03独創性
☆
04象徴性
☆
05完成度
☆
06機能性
☆
07効率性
☆
08利便性
☆
09安全性
10先導性
☆
11環境負荷
☆
100
冷房能力(W/m2)
< 熱画像条件 >
冷房条件
・室温 26℃
・水温 18℃
・流量 9L/min
暖房条件
・室温 22℃
・水温 32℃
・流量 9L/min
12資源消費
C
13地域環境性
社会軸
(環境)
Environment 14ユニバーサル性
80
60
40
20
0
16℃
16℃
15先進性
白抜き:天井内給気なし
塗潰し :天井内給気あり
0
☆
☆
☆
☆
16イニシャルコスト
3
6
9
12
15
流量(L/min)
18℃
20℃
22℃
18℃
20℃
22℃
D
経済軸
(LCC)
Life
Cycle
Cost
送水温度・流量に対する冷房能力
設備機器取付け例
(非常照明・感知器・配線ダクト・スポットライト)
企画
展示時
扉(閉)
扉(開)
1,180
30%減
780
移転前
実績値
環境・設備デザインの評価
Environment & ME design Scoring
熱画像(冷房時)
熱画像分布図(2015 年 8 月 11 日実測値)
共通条件
・流量:9L/min
・天井内給気
(ありの場合)
給気量 150m3/h
等温吹出し
パーソナル吹出口(閉)
研究・事務室
放水口
Fire department outlet
企画展示用設備
Facilities for plan exhibitions
地階展示室には、静穏で気流感を抑えた放射空調を実現するために、冷温水アルミ放射パネルを開発・導入しています。新たに型材から製作することで、放射パネルとてしての基本性能に加えて、
パーソナル吹出口(開)
しています。
日射受照量シミュレーション
ランス等が見て取れる計画とした。
一次エネルギー消費量
2
(MJ/m 年)
一感をもたらしている。取り付けプレートは取り外
窓際ライン型床吹出口
多目的ホール
ムを導入しています。放射環境を
鍛造案内サイン
中庭
多機能アルミ天井パネルに組み込まれた非常照明・
木製床吹出口
多機能型放射パネル組立図
設備機器取付け図
17ランニングコスト
☆
18維持管理
☆
19耐久性
☆
20LCC
☆
評価項目に対する設計者のデザイン意図
(従前のデザインに比較し、優れている部分、卓越している部分に関して具体的に記述してください。)
0
むくりのついた還元いぶし瓦の屋根、エントランス部の聚楽漆喰と五寸釿による名栗仕上げの自動扉、多目的ホールの合掌垂
木・ダブルアー架構・木製床吹出口、地階展示室の建築仕上げと一体化した多機能アルミ放射パネルや杉板を転写したコンク
リート打放しにより、 ものづくり精神 を表現している。
六甲山の麓に残された 都市の中の森 の風景を継承している。また、内部空間では、表層に表現される各設備機能が建築表面仕
上げにとけこむことを意識している。
建築仕上げと調和性の高い多機能型アルミ放射天井パネル・木製床吹出口・パーソナル床吹出口を新たに開発・採用している。
都市の中の森 の継承、立体的な中庭による外部の豊かな自然環境を引き込んだ地下展示空間、伝統的職人技術の粋と最新の技
術的取組みによる ものづくり精神 の具現化を行っている。
大工・左官等の伝統的職人技術に加え、建築・構造・設備の現代技術を空間の随所に編み込み『人と自然をつなぎ、伝統と革新
をつなぐ』ものづくり精神の結晶となる建築を造り込んでいる。
その場所・そのシーンに応じた空調方式を採用している(1階多目的ホール:アンダーフロア空調、地階展示室:放射空調、執
務ゾーン:パーソナル床吹出口併用潜熱・顕熱分離タスク・アンビエント空調)。
建築計画における建物外皮負荷の低減、アンダーフロア空調、放射空調、潜熱・顕熱分離タスク・アンビエント空調、外気導入
量制御、変流用制御、変風量制御等の採用により高効率・省エネルギーな設備計画としている。
来館者は、自然を感じることができるB1階・B2階レベルの立体的な中庭を回遊するような明確な動線計画となっている。また、
各設備機器類の運転・停止は、液晶タッチパネル方式の採用により利便性に配慮している。
展示室を地階化することにより建物の安全性を高めている。地上部では、合理的かつ美しいダブルアーチ架構が天井木ルーバー
越しに見ることができる。
新たに多機能型アルミ放射天井パネルを開発・採用している。照明・感知器・放送・換気・排煙機能の組込みを可能とすること
で、博物館用途だけでなく事務所等の他用途にも適用が可能である。
展示室の地下化・地上部の深い庇と敷地内常緑樹による日射遮蔽・屋根面の通風による外皮負荷処理等による外皮負荷の低減と
高効率な設備システムとの組合せにより、移転前に比べて、約30%の一次エネルギーが削減できている。
1階多目的ホールでは、、天井部の木架構に杉の無垢材を使用している。既存の玄関門扉は一度全て解体の後に、木材を不燃化
処理した上で再組立てを行っている。敷地内に残っていた岩や灯篭も調査の上、敷地内にて配置し復元している。
六甲山の麓に残された 都市の中の森 とも言える立地環境で、敷地内の樹木を最大限残し、既存の茶室・管理棟と併せて和風瓦
屋根が緑の中に点在する風景を目指し、建物は平屋としている。
スロープ・エレベーター・多目的トイレ・緩勾配の階段により、誰も利用しやすい施設としている。また、各設備機器類の運
転・停止は、液晶タッチパネル方式の採用により、操作性に配慮している。
来館者は、大工・左官といった伝統的職人技術の粋を間近で体感できるだけでなく、アルミ放射天井・杉板を転写したコンク
リート打放し・アーチ加工を施した鉄骨などの最新の技術的取組みも建物随所で見学することができる。ものづくりへの挑戦心
や醍醐味を全身で味わって頂くことを目指してる。
あらたな ものづくり への挑戦を低コストで実現している。また、アルミ放射天井パネル(配管除く)・木製床吹出口を建築工
事とすることで、工事費の抑制を図っている。
移転前の比べて、来館者の大幅な増にもかかわらず、光熱費原単位が大幅に削減できている。
耐朽性の高い自然素材と金属材料の組合せによる維持管理の低減に配慮している。また、全館LED照明の採用によるメンテナン
ス頻度の低減、セントラル熱源の採用・空調機の集中設置により、日常の維持管理が共用部から可能な計画としている。
地元淡路の還元いぶし瓦、聚楽土を混入した漆喰壁、土壁削出し大壁、といった自然素材は、耐候性や耐久性に富むだけでなく
補修も可能。また、スチールりん酸塩処理のサッシュやアルミ放射パネル天井材といった長寿命な金属材料を使用している。
瓦・土壁・アルミ天井・スチールりん処理のサッシュ等の長寿命材料の採用、放射空調・タスク・アンビエント空調・全館LE
D照明等によるLCCの低減化を図っている。
㻜㻝ᑂ⨾ឤ
□自己評価欄
普通
優れて 卓越し
いる ている 小計
+1 +2
○
2
○
2
㻞㻜䠨䠟䠟
㻝㻥⪏ஂᛶ
㻜㻞ㄪ࿴ᛶ
㻜㻟⊂๰ᛶ
㻝㻤⥔ᣢ⟶⌮
㻜㻠㇟ᚩᛶ
㻝㻣䡰䢄䢕䡳䢚䡬䡶䡹䢀
○
2
○
2
○
2
○
2
○
2
○
2
○
㻜㻡᏶ᡂᗘ
㻝㻢䡮䢂䡸䡨䢕䡶䡹䢀
㻜㻢ᶵ⬟ᛶ
㻝㻡ඛ㐍ᛶ
㻜㻣ຠ⋡ᛶ
㻝㻠䢑䢂䢆䢚䡬䡷䢕ᛶ
㻜㻤฼౽ᛶ
㻝㻟ᆅᇦ⎔ቃᛶ
㻝㻞㈨※ᾘ㈝
㻜㻥Ᏻ඲ᛶ
㻝㻜ඛᑟᛶ
㻝㻝⎔ቃ㈇Ⲵ
䠝㻚ឤᛶ㍈䠄㐀ᙧ䠅㻲㼛㼞㼙
䠞㻚ᶵ⬟㍈䠄ᢏ⾡䠅㼀㼑㼏㼔㼚㼛㼘㼛㼓㼥
䠟㻚♫఍㍈䠄⎔ቃ䠅㻱㼚㼢㼕㼞㼛㼚㼙㼑㼚㼠
䠠㻚⤒῭㍈䠄㻸㻯㻯䠅㻸㼕㼒㼑㻌㻯㼥㼏㼘㼑㻌㻯㼛㼟㼠
1
建物概要
Building Overview
○
2
○
2
○
建 物 名 称 竹中大工道具館
所 在 地 神戸市中央区熊内町7-5-1
用 途 地 域 近隣商業地域 防火地域
2
建 物 用 途 博物館
2 敷 地 面 積 2,744.30㎡
建 築 面 積 538.97㎡
1
延 床 面 積 1884.05㎡
2
最 高 高 さ 6.720m
2
規 模 構 造 B2 F1 S + RC造 2
工 期 2013年4月 ∼2011年4月
2
設 計 施 工 株式会社 竹中工務店
○
○
○
○
○
○
○
○
2
2
Fly UP