...

Spooky2テストモード

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Spooky2テストモード
Spooky2は、CドライブのSpooky2フォルダーにインストールされます。
Spooky2のフォルダーの中身です。PL2303フォルダーの中に
発信機(generator)のドライバーのインストールexeが入っていま
す。
Spooky2のフォルダーの中身です。custom.csvやFrequencies.csvは周波数のデー
タベースです。メモ帳で開いて編集、コピー、貼り付けでデータを活用します。
インストール後、スプーキー2 ソフトを起動すると、ドライバーのインストールを尋ねて来ます。このときNoを
選ぶとテストモードで起動します。
Yesを選ぶとジェネレータ(周波数発生装置)のドライバーがインストールされます。実際にジェネレータを
使用する場合は、最初にジェネレータをPCに接続して電源をOnにして後にソフトを起動します。
ここでは、テストモードの起動を説明しています。
発信機(generators)が検知されませんでした。
閉じてドライバーをインストールするか?
と問われます。
ここで、"No"を選択します。
テストモードです。
と表示されます。
ここで、"OK"を選択します。
テストモードで起動したところ
病原菌と周波数のデータベース
テストモードでは、PCに発信機は接続されていま
せんが、ダミーが126個表示されます。実際は接
続された個数が表示されます。
ジェネレータはPCに接続されていないテストモードでも色々な設定をすることができます。
ジェネレータを接続すると接続したチャンネルから周波数を出すことができます。
アドバンスメニューをクリックして幾つかの設定をします。
リフレッシュ・レイトを15.66にする。
音が出るようする。
Double HRV tolerance をチェックする。
ソーシャル・メディアサイトのチェックを外す。
ブラックリスト周波
数に
1840と1910とを追
加する。
PCにジェネレータを接続して、ソフトを起動すると、接続したジェネレータの数だけ、
チャンネルが表示され、チャンネルから周波数を利用できるようになります。
1個のジェネレータが接続されている。
チャンネルはここでは、4となっている。
ソフトのインストール後に最初に起動したとき
の画面は、このような簡易モード画面です。
赤で囲んだCustomizeにチェックを入れて下
の詳細画面に変えてください。
矢印で示したファイルメニューを開いて、Save as Startup Defaultを選ぶと
詳細画面でソフトが起動するようになります。
Fly UP