...

2006年4月15日号PDF版

by user

on
Category: Documents
14

views

Report

Comments

Transcript

2006年4月15日号PDF版
 県立養護学校を含む市内の の小学校で、
4月
6日と7日、一斉に入学式が行われました。
今年の入学児童は男子
人、女子
人の計
人。ここ直根小学校(金利紀校長)では6人
の児童が上級生や保護者などの見守る中、ちょ
っぴり緊張ぎみに入学式に臨みました。記録的
な大雪でまだ厚い残雪に囲まれている直根小学
校は、市立の小学校ではもっとも少ない入学児
童数ですが、校長先生から「小学生になった皆
さんは これから毎日元気に学校に来てくださ
い」と声をかけられると、全員元気よく大きな
声で返事をしていました。
の
年
﹄
と
位
置
づ
け
、
地
域
特
性
を
生
か
し
た
学
園
が
織
り
な
す
、
ま
ち
づ
く
り
本
格
ス
タ
ー
ト
本
年
度
予
算
に
つ
き
ま
し
て
は
、
﹃
田
園
と
き
た
と
こ
ろ
で
す
。
ス
タ
ー
ト
さ
せ
る
よ
う
、
全
力
で
取
り
組
ん
で
地
域
が
有
す
る
力
を
結
集
し
た
新
市
を
円
滑
に
こ
の
間
、
合
併
理
念
に
基
づ
き
、
そ
れ
ぞ
れ
の
新
生
﹁
由
利
本
荘
市
﹂
の
誕
生
か
ら
早
一
年
。
広報ゆりほんじょう 2
地域機能の向上、
都市基盤整備に全力投入!
!
事 業 名
事業費(千円) 実 施 地 域
1.地域に開かれた住民自治のまちづくり
住民自治活動支援交付金事業(新規)
地域振興事業(新規)
集会施設建設等補助事業(新規)
18,
130
3,
000
2,
500
2.活力とにぎわいのあるまちづくり
基盤整備促進事業
県営ため池等整備事業
県営担い手育成基盤整備事業
県営かんがい排水事業
中山間地域総合整備事業
農村振興総合整備統合補助事業
ふるさと農道緊急整備事業
農地・水・農村環境保全向上活動支援事業
あなたと地域の農業夢プラン応援事業
高品質良食味米生産体制強化事業
アグリビジネス支援事業(新規)
集落営農育成支援緊急対策事業(新規)
中山間地域等直接支払交付金事業
農産物直売所整備事業費補助事業
担い手支援センター事業(新規)
「秋田由利牛」肥育農家育成素牛導入支援事業(新規)
由
利
「秋田由利牛」増頭対策肥育牛資金利子補給事業(新規)
牛
由利牛増頭促進事業(新規)
振
興
環境調和型肉用牛ステップアップ事業(夢プラン)
事
業
生産振興総合対策事業
地域水産物供給基盤整備事業
漁港整備事業
民有林造林促進事業
特用林産物振興施設整備事業(新規)
松くい虫防除対策事業
森林整備地域活動支援交付金事業
林道・作業道整備事業
ゆり海岸林再生事業(新規)
商工会運営補助金事業
空き店舗対策補助事業(新規)
秋田県信用保証協会保証料補給事業
飛鳥シャトルバス運行事業(新規)
生活バス路線等維持事業
由利高原鉄道運営事業
(社)由利本荘市シルバー人材センター運営事業
スキー場整備事業(新規)
鳥海高原整備事業(新規)
浜館公園整備事業(新規)
観光振興計画策定事業(新規)
観光協会支援事業
20,
337 鳥海、東由利
32,
585 本荘、大内、鳥海、東由利、西目
8,
031 矢島
30,
713 西目
61,
192 鳥海
269,
034 本荘
91,
600 西目
2,
116 本荘
78,
159
21,
032
2,
124
558
528,
649
4,
000 東由利
5,
000
250
617
197
14,
934 矢島、大内、東由利
15,
600 矢島
160,
000 本荘、西目
45,
000 岩城
20,
704
19,
000 西目
39,
296 本荘、岩城、西目、大内、由利
128,
924
125,
794 東由利、矢島、由利、鳥海
1,
500 本荘、西目、岩城
35,
000
480
17,
000
1,
500
90,
193
36,
949
17,
960
52,
400 矢島、鳥海
85,
100 矢島、由利
56,
500 西目
6,
000
17,
680
3.健やかさとやさしさあふれる健康福祉のまちづくり
放課後児童対策事業
乳児保育促進事業
子
延長保育促進事業
育
て
ファミリー・サポート・センター事業(新規)
支
保育所入所措置事業
援
事
市立保育園運営事業
業
乳児養育支援金支給事業
児童手当給付事業
3 広報ゆりほんじょう
52,
488
13,
440
29,
466
4,
016
1,
300,
162
705,
548
53,
349
400,
326
業
補
助
金
﹂
、
さ
ら
に
は
、
自
治
活
動
の
拠
点
と
活
動
を
展
開
す
る
支
援
と
し
て
﹁
地
域
振
興
事
付
金
﹂
、
任
意
の
団
体
等
が
市
政
に
連
携
し
た
の
活
動
支
援
と
し
て
﹁
住
民
自
治
活
動
支
援
交
治
活
動
を
促
進
で
き
る
よ
う
町
内
会
・
自
治
会
働
に
よ
る
分
権
型
社
会
の
構
築
、
主
体
的
な
自
ち
づ
く
り
﹂
で
す
。
住
民
と
行
政
の
参
加
・
協
第
一
は
﹁
地
域
に
開
か
れ
た
住
民
自
治
の
ま
り
に
生
か
し
ま
す
。
た
ご
意
見
や
ご
提
言
を
、
活
力
あ
る
ま
ち
づ
く
層
深
め
な
が
ら
、
直
接
に
皆
様
か
ら
い
た
だ
い
対
話
に
よ
り
市
民
と
行
政
と
の
つ
な
が
り
を
一
り
を
語
る
会
﹂
を
本
年
度
も
継
続
し
て
開
催
し
、
ょ
う
﹂
の
発
行
と
と
も
に
、
﹁
新
市
ま
ち
づ
く
広
報
広
聴
事
業
で
は
、
﹁
広
報
ゆ
り
ほ
ん
じ
鳥
、
市
の
花
を
制
定
し
、
連
帯
感
を
高
め
ま
す
。
民
歌
を
制
作
す
る
と
と
も
に
、
市
の
木
、
市
の
ま
た
、
一
体
性
づ
く
り
の
一
環
と
し
て
、
市
ィ
ー
機
能
の
活
性
化
を
図
り
ま
す
。
の
高
い
複
合
作
物
の
産
地
化
を
図
り
、
ア
グ
リ
め
ま
す
。
各
地
域
の
特
性
を
生
か
し
た
収
益
性
重
点
的
に
育
成
・
支
援
し
、
基
盤
の
強
化
を
進
件
を
満
た
す
認
定
農
業
者
や
集
落
営
農
組
織
を
安
定
対
策
﹂
に
お
い
て
、
制
度
上
の
一
定
の
要
成
十
九
年
産
米
か
ら
導
入
さ
れ
る
﹁
経
営
所
得
の
一
層
の
ブ
ラ
ン
ド
化
を
図
る
と
と
も
に
、
平
り
実
証
米
﹂
の
生
産
拡
大
に
よ
り
本
市
農
産
物
興
﹂
を
柱
と
し
、
稲
作
に
つ
い
て
は
﹁
土
づ
く
く
り
﹂
で
す
。
基
幹
産
業
で
あ
る
﹁
農
業
の
振
第
二
は
﹁
活
力
と
に
ぎ
わ
い
の
あ
る
ま
ち
づ
に
向
け
て
、
諸
事
業
の
展
開
を
図
っ
て
参
り
ま
す
。
り
安
心
し
て
暮
ら
せ
る
地
域
社
会
づ
く
り
の
構
築
都
市
基
盤
の
整
備
を
本
格
的
に
進
め
、
市
民
が
よ
設
し
、
住
民
自
治
組
織
の
強
化
と
コ
ミ
ュ
ニ
テ
対
す
る
﹁
集
会
施
設
建
設
費
等
補
助
金
﹂
を
創
な
る
町
内
会
な
ど
が
所
有
す
る
施
設
の
整
備
に
図
り
ま
す
。
材
価
の
低
迷
等
に
よ
り
、
林
業
を
合
等
と
連
携
の
上
、
よ
り
適
正
な
保
全
整
備
を
﹁
林
業
の
振
興
﹂
で
は
、
所
有
者
や
森
林
組
事
業
﹂
が
実
施
さ
れ
る
こ
と
に
な
っ
て
い
ま
す
。
池
等
整
備
事
業
﹂
、
﹁
西
目
地
区
か
ん
が
い
排
水
は
じ
め
と
す
る
五
地
域
十
一
地
区
で
の
﹁
た
め
い
手
育
成
基
盤
整
備
事
業
﹂
と
、
大
内
地
域
を
県
営
土
地
改
良
事
業
で
は
、
﹁
矢
島
地
区
担
デ
ル
地
区
に
対
し
助
成
し
ま
す
。
村
環
境
保
全
向
上
活
動
支
援
実
験
事
業
﹂
の
モ
入
に
先
立
っ
て
実
施
さ
れ
る
﹁
農
地
・
水
・
農
ま
す
。
併
せ
て
平
成
十
九
年
度
か
ら
の
本
格
導
と
農
道
緊
急
整
備
事
業
﹂
に
よ
る
整
備
を
行
い
業
﹂
、
﹁
基
盤
整
備
促
進
事
業
﹂
、
﹁
ふ
る
さ
間
整
備
事
業
﹂
、
﹁
中
山
間
地
域
総
合
整
備
事
助
事
業
﹂
を
実
施
し
ま
す
。
ま
た
、
﹁
田
園
空
改
良
事
業
﹂
、
﹁
農
村
振
興
総
合
整
備
統
合
補
環
境
基
盤
整
備
に
向
け
、
各
種
の
﹁
市
営
土
地
地
条
件
に
応
じ
た
農
業
生
産
基
盤
整
備
と
生
活
﹁
農
村
の
振
興
﹂
に
つ
い
て
は
、
地
域
の
立
港
の
漂
砂
対
策
に
も
取
り
組
ん
で
参
り
ま
す
。
引
き
続
き
県
事
業
と
し
て
整
備
を
進
め
、
各
漁
の
工
事
を
継
続
す
る
と
と
も
に
、
道
川
漁
港
は
港
第
二
北
防
波
堤
並
び
に
西
目
漁
港
西
防
波
堤
﹁
水
産
業
の
振
興
﹂
と
し
て
は
、
松
ヶ
崎
漁
成
を
図
り
ま
す
。
体
制
の
確
立
に
よ
る
大
規
模
肉
用
牛
農
家
の
育
の
育
成
、
増
頭
計
画
を
支
援
し
、
地
域
内
一
貫
た
め
、
導
入
助
成
な
ど
に
よ
り
新
規
就
農
者
等
﹁
秋
田
由
利
牛
﹂
ブ
ラ
ン
ド
の
一
層
の
確
立
の
畜
産
の
振
興
に
つ
い
て
は
、
全
国
へ
向
け
た
生
産
流
通
体
制
の
整
備
を
図
り
ま
す
。
ビ
ジ
ネ
ス
︵
農
産
業
︶
を
展
開
で
き
る
よ
う
、
に
、
環
鳥
海
地
域
が
国
土
交
通
省
の
﹁
観
光
地
型
観
光
﹂
を
開
発
し
、
誘
客
を
図
り
ま
す
。
特
商
工
業
と
観
光
を
結
び
つ
け
た
﹁
体
験
・
滞
在
源
の
充
実
を
図
る
と
と
も
に
、
農
林
水
産
業
や
鳥
海
高
原
地
域
を
中
心
と
し
た
既
存
の
観
光
資
然
を
有
効
に
活
用
し
た
観
光
を
推
進
す
る
た
め
、
画
﹂
を
策
定
し
ま
す
。
本
市
の
持
つ
豊
か
な
自
﹁
観
光
の
振
興
﹂
の
面
で
は
、
﹁
観
光
振
興
計
図
り
な
が
ら
誘
致
活
動
に
努
め
ま
す
。
誘
致
や
立
地
を
促
進
す
る
た
め
県
と
の
連
携
を
生
か
し
産
学
官
連
携
を
強
化
し
な
が
ら
、
企
業
ン
タ
ー
な
ど
、
地
域
の
メ
リ
ッ
ト
を
最
大
限
に
荘
キ
ャ
ン
パ
ス
や
本
荘
由
利
産
学
共
同
研
究
セ
﹁
企
業
誘
致
﹂
に
つ
い
て
も
、
県
立
大
学
本
運
行
し
ま
す
。
合
総
合
病
院
間
に
﹁
飛
鳥
シ
ャ
ト
ル
バ
ス
﹂
を
交
通
支
援
と
し
て
、
羽
後
本
荘
駅
か
ら
由
利
組
の
運
行
と
と
も
に
、
高
齢
者
や
交
通
弱
者
へ
の
﹁
交
通
対
策
事
業
﹂
で
は
、
市
内
循
環
バ
ス
利
用
者
へ
の
助
成
を
実
施
し
ま
す
。
﹁
空
き
店
舗
対
策
事
業
﹂
と
し
て
、
空
き
店
舗
流
の
商
業
セ
ッ
シ
ョ
ン
を
開
催
す
る
と
と
も
に
、
心
市
街
地
の
活
性
化
を
図
る
た
め
、
産
学
官
交
ン
チ
ャ
ー
起
業
者
へ
の
支
援
を
行
う
ほ
か
、
中
業
の
活
性
化
を
よ
り
一
層
促
進
す
る
た
め
、
ベ
﹁
商
工
業
の
振
興
﹂
策
と
し
て
は
、
地
域
産
f基
に 本
わ 財
た 産
り で
植 あ
栽 る
や 市
間 有
伐 林
等 に
保 つ
育 い
を て
実 も
施 約
し 六
ま ○
す ○
。
ど
の
基
盤
整
備
を
促
進
す
る
と
と
も
に
、
市
の
金
事
業
﹂
に
よ
る
支
援
、
林
道
・
作
業
道
開
設
な
の す
嵩かさ が
上 、
げ 民
や 有
﹁ 林
森 造
林 林
整 促
備 進
地 事
域 業
活 に
動 よ
支 る
援 補
交 助
付 率
取
り
巻
く
情
勢
は
未
だ
厳
し
い
状
況
に
あ
り
ま
管
理
に
つ
い
て
は
、
国
・
県
の
﹁
新
型
イ
ン
フ
﹁
感
染
症
予
防
対
策
﹂
に
お
け
る
健
康
危
機
向
け
た
検
討
作
業
に
着
手
し
ま
す
。
新
た
に
﹁
健
康
由
利
本
荘
2
1
計
画
﹂
の
策
定
に
た
健
康
づ
く
り
事
業
を
推
進
す
る
と
と
も
に
、
推
進
員
な
ど
の
組
織
強
化
や
地
域
特
性
に
応
じ
﹁
健
康
づ
く
り
対
策
﹂
で
は
、
食
生
活
改
善
生
き
る
ま
ち
づ
く
り
﹂
を
推
進
し
ま
す
。
祉
の
充
実
を
図
り
、
﹁
障
害
者
が
自
立
し
、
共
に
福
祉
計
画
﹂
を
策
定
し
、
さ
ら
な
る
障
害
者
福
﹁
障
害
者
福
祉
対
策
﹂
の
一
環
で
﹁
障
害
者
護
﹂
の
支
援
事
業
な
ど
を
積
極
的
に
展
開
し
ま
す
。
事
業
﹂
の
実
施
、
﹁
生
き
が
い
活
動
﹂
や
﹁
家
族
介
域
包
括
支
援
セ
ン
タ
ー
﹂
を
中
心
に
、
﹁
介
護
予
防
者
の
方
々
が
元
気
に
暮
ら
し
て
い
け
る
よ
う
﹁
地
﹁
高
齢
者
福
祉
対
策
﹂
に
つ
い
て
は
、
高
齢
な
子
育
て
支
援
策
を
総
合
的
に
実
施
し
ま
す
。
ー
ト
セ
ン
タ
ー
事
業
﹂
の
実
施
な
ど
、
具
体
的
育
て
支
援
金
﹂
の
支
給
、
﹁
フ
ァ
ミ
リ
ー
・
サ
ポ
費
の
無
料
化
﹂
、
第
二
子
以
降
に
対
す
る
﹁
子
支
援
策
に
加
え
、
小
・
中
学
生
の
﹁
入
院
医
療
就
学
前
児
童
の
医
療
費
無
料
化
な
ど
の
子
育
て
で
あ
る
こ
と
か
ら
、
従
来
の
保
育
料
の
軽
減
・
策
﹂
に
つ
き
ま
し
て
は
、
最
重
要
課
題
の
一
つ
健
康
福
祉
の
ま
ち
づ
く
り
﹂
で
す
。
﹁
少
子
化
対
第
三
は
﹁
健
や
か
さ
と
や
さ
し
さ
あ
ふ
れ
る
地
域
特
性
に
応
じ
て
健
康
づ
く
り
の
活
性
化
に
つ
な
が
る
よ
う
努
め
て
参
り
ま
す
。
の
連
携
に
よ
り
、
広
域
的
視
点
の
も
と
に
地
域
域
づ
く
り
実
践
プ
ラ
ン
﹂
に
選
定
さ
れ
た
こ
と
総
合
的
な
子
育
て
支
援
と
併
せ
、
か
ら
、
秋
田
・
山
形
両
県
の
支
援
と
関
係
市
町
広報ゆりほんじょう 4
事 業 名
児童扶養手当給付事業
子
子育て支援金支給事業(新規)
育
ひとり親家庭福祉事業
て
支
児童館運営事業
援
子育て支援センター運営事業
事
乳幼児福祉医療費拡大事業
業
入院医療費支給事業(新規)
老人保護措置事業
敬老会開催事業
高齢者祝金給付事業
家族介護手当支給事業
生きがい活動支援通所事業
転倒骨折予防教室事業(新規)ほか
包括支援センター運営事業(新規)
家族介護教室事業ほか(新規)
緊急通報体制整備事業
外出支援サービス事業
地域支援事業(新規)
介護保険事業
包括支援センター運営事業(新規)
(新予防給付マネジメント)
老人クラブ活動補助事業
特別養護老人ホーム運営事業
地域中核病院建設事業(分担金)
由利本荘看護学校新築事業(補助金)
母子保健事業
住民検診事業
感染症等予防事業
笹子診療所改築事業
身体障害者施設訓練等支援事業
知的障害者施設訓練等支援事業
障害者福祉計画策定事業
事業費(千円) 実 施 地 域
297,
990
51,
000
16,
091
12,
758
15,
432
51,
458
10,
000
191,
323
23,
167
15,
454
14,
124
16,
485
59,
384
57,
384
8,
591
10,
738
10,
366
38,
024
823,
396
71,
961
13,
963
682,
598 東由利、鳥海
129,
360
20,
000
43,
482
245,
121
63,
623
91,
893 鳥海
165,
496
563,
426
4,
647
4.恵まれた自然とやすらぎのある環境共生のまちづくり
田園空間整備事業
特定地区公園整備事業
本荘公園整備事業
公共下水道整備事業
本荘中央地区土地区画整理事業
特定環境保全公共下水道事業
まちづくり交付金事業
住宅団地整備事業
街路整備事業
桜づつみ河川緑地公園整備事業
消防防災設備整備事業
救急業務高度化資機材緊急整備事業
本荘清掃センター整備補修事業
簡易水道施設整備事業
高速道路関連水道管布設替工事
小友送水施設築造工事
老朽管更新事業
西目配水幹線布設工事
特定森林造成工事
ガス経年管更新事業
36,
788 鳥海
136,
864 大内
64,
204 本荘
941,
800 本荘
1,
680,
978 本荘
702,
805 岩城、大内
382,
031 西目、本荘
83,
699 東由利、本荘
189,
000 本荘
66,
583 本荘、大内
63,
270
32,
000
107,
965 本荘
971,
981 本荘、矢島、大内、東由利
328,
100 本荘
50,
400 本荘
123,
580 本荘、鳥海
60,
060 西目
11,
189 本荘
23,
100 本荘
はぐく
5.豊かな心と文化を育むまちづくり
学校施設整備事業
学校建設事業
「ホット・ヒート!科学の心」推進事業(新規)
スクールバス運行事業
教師用教科書等購入事業
児童生徒生活サポート事業(新規)
文化会館アスベスト除去工事事業(新規)
水林総合運動公園整備事業
5 広報ゆりほんじょう
62,
300 本荘、大内
498,
127 西目、本荘、矢島
600
75,
866(バス購入含む)
19,
500
21,
427(15校)
23,
000 本荘
637,
746 本荘
齢
化
社
会
の
進
展
に
よ
る
被
保
険
者
の
増
加
や
、
﹁
国
民
健
康
保
険
﹂
に
つ
き
ま
し
て
は
、
高
努
め
ま
す
。
設
と
の
連
携
を
図
り
な
が
ら
救
命
率
の
向
上
に
入
す
る
な
ど
、
救
急
医
療
機
関
や
地
域
医
療
施
整
備
に
向
け
た
電
線
共
同
溝
と
歩
道
の
設
置
並
土
地
区
画
整
理
事
業
と
し
て
﹁
停
車
場
栄
町
線
﹂
境
・
市
街
地
整
備
﹂
に
つ
き
、
本
荘
中
央
地
区
る
環
境
共
生
の
ま
ち
づ
く
り
﹂
で
あ
り
、
﹁
住
環
第
四
は
﹁
恵
ま
れ
た
自
然
と
や
す
ら
ぎ
の
あ
域
で
小
友
送
水
施
設
築
造
工
事
と
高
速
道
路
工
﹁
上
水
道
の
整
備
﹂
に
関
し
て
は
、
本
荘
地
ィ
ー
緑
地
の
整
備
な
ど
を
継
続
し
て
実
施
し
ま
す
。
区
土
地
区
画
整
理
事
業
と
連
動
す
る
コ
ミ
ュ
ニ
テ
の
市
営
住
宅
を
建
設
す
る
ほ
か
、
本
荘
中
央
地
本
荘
消
防
署
大
内
分
署
に
高
規
格
救
急
車
を
導
日
応
急
診
療
所
を
引
き
続
き
開
設
す
る
ほ
か
、
小
児
輪
番
制
と
病
院
群
輪
番
制
の
実
施
や
、
休
本
荘
・
西
目
・
東
由
利
地
域
で
合
わ
せ
て
七
戸
と
も
に
、
良
好
な
住
環
境
を
確
保
す
る
た
め
、
う
な
ど
、
市
街
地
の
に
ぎ
わ
い
再
生
を
図
る
と
の
移
転
、
改
築
と
と
も
に
、
広
域
医
療
圏
で
の
を
整
備
す
る
た
め
、
老
朽
化
し
た
笹
子
診
療
所
報
﹁ の
地 収
域 集
医 ・
療 提
と 供
救 を
急
医 行
療 っ
・ て
救 参
急 り
救 ま
命 す
体 。
機
関
と
緊
密
な
連
携
を
図
り
な
が
ら
迅
速
な
情
ル
エ
ン
ザ
対
策
行
動
計
画
﹂
を
も
と
に
、
関
係
保
に
努
力
し
ま
す
。
り
を
啓
発
す
る
と
と
も
に
、
国
保
税
の
収
納
確
防
事
業
を
実
施
す
る
ほ
か
、
市
民
の
健
康
づ
く
る
こ
と
か
ら
、
若
年
層
か
ら
の
生
活
習
慣
病
予
費
が
増
加
し
、
国
保
財
政
は
厳
し
い
状
況
で
あ
近
年
の
医
療
技
術
の
高
度
化
な
ど
に
よ
り
医
療
西
目
駅
前
広
場
整
備
の
た
め
の
用
地
取
得
を
行
中
心
と
し
た
市
街
地
整
備
を
進
め
る
と
と
も
に
、
ま
た
、
旧
由
利
組
合
総
合
病
院
跡
地
活
用
を
整
備
を
推
進
し
ま
す
。
沿
線
の
家
屋
移
転
や
下
水
道
な
ど
の
都
市
基
盤
び
に
区
画
道
路
の
築
造
を
行
い
、
﹁
由
利
橋
通
線
﹂
制
﹂
テ
ム
﹂
の
導
入
と
水
槽
付
消
防
ポ
ン
プ
自
動
車
速
や
か
に
確
認
す
る
た
め
の
﹁
地
図
検
索
シ
ス
﹁
防
災
対
策
﹂
と
し
て
は
、
災
害
発
生
地
を
の
有
料
化
制
度
構
築
に
向
け
た
協
議
を
進
め
ま
す
。
施
設
の
適
正
な
維
持
管
理
に
努
め
る
ほ
か
、
ご
み
報
活
動
に
よ
る
市
民
意
識
の
高
揚
と
、
各
処
理
分
別
と
減
量
化
を
進
め
る
た
め
、
徹
底
し
た
広
﹁
環
境
衛
生
対
策
﹂
に
あ
っ
て
は
、
ご
み
の
を
整
備
し
ま
す
。
区
、
東
由
利
地
域
大
琴
地
区
と
舟
木
地
区
な
ど
赤
田
地
区
と
金
山
地
区
、
鳥
海
地
域
百
合
茎
地
農
業
集
落
排
水
事
業
に
関
し
て
は
、
本
荘
地
域
や
岩
城
地
域
処
理
場
建
設
工
事
を
実
施
し
ま
す
。
手
す
る
ほ
か
、
大
内
地
域
北
福
田
地
区
の
整
備
吉
川
河
川
横
断
・
石
脇
田
尻
地
区
の
整
備
に
着
事
業
に
つ
い
て
は
、
薬
師
堂
・
鶴
沼
地
区
、
子
﹁
下
水
道
の
整
備
﹂
に
お
け
る
公
共
下
水
道
良
さ
を
P
R
し
、
需
要
開
発
に
努
め
ま
す
。
原
産
天
然
ガ
ス
﹂
を
原
料
と
す
る
都
市
ガ
ス
の
ま
た
、
ク
リ
ー
ン
で
環
境
に
や
さ
し
い
﹁
由
利
画
整
理
事
業
に
伴
う
補
償
工
事
を
実
施
し
ま
す
。
策
と
し
て
経
年
管
敷
設
替
工
事
、
下
水
道
・
区
を
は
じ
め
、
家
庭
教
育
や
学
校
教
育
と
連
携
し
を
健
や
か
に
育
成
す
る
た
め
の
居
場
所
づ
く
り
を
策
定
す
る
と
と
も
に
、
次
代
を
担
う
子
ど
も
と
な
る
﹁
由
利
本
荘
市
生
涯
学
習
推
進
計
画
﹂
て
の
年
代
の
市
民
が
生
き
生
き
と
過
ご
す
道
標
﹁
生
涯
学
習
の
推
進
﹂
に
つ
い
て
は
、
す
べ
も
計
画
的
な
整
備
と
維
持
管
理
に
努
め
ま
す
。
計
を
行
い
ま
す
。
さ
ら
に
、
他
施
設
に
つ
い
て
か
る
ほ
か
、
西
目
小
学
校
に
つ
い
て
は
実
施
設
学
校
建
設
に
つ
い
て
は
、
基
本
設
計
に
取
り
か
得
、
造
成
工
事
な
ど
を
進
め
ま
す
。
本
荘
南
中
設
計
と
実
施
設
計
を
行
い
、
さ
ら
に
用
地
の
取
づ
け
、
県
と
の
事
業
調
整
を
図
り
な
が
ら
基
本
﹁
矢
島
中
高
連
携
校
建
設
事
業
﹂
と
し
て
位
置
の
整
備
﹂
と
し
て
は
、
矢
島
中
学
校
建
設
を
あ
る
学
校
づ
く
り
を
め
ざ
し
ま
す
。
﹁
学
校
施
設
と
も
に
、
家
庭
・
地
域
と
一
体
と
な
っ
た
特
色
徳
・
体
﹂
の
調
和
の
と
れ
た
教
育
を
進
め
る
と
ま
し
い
子
ど
も
の
育
成
﹂
を
目
標
に
、
﹁
知
・
﹁
人
間
性
豊
か
で
進
取
の
気
性
に
富
む
、
た
く
く
り
﹂
で
あ
り
、
﹁
学
校
教
育
﹂
に
つ
い
て
は
、
第
五
は
﹁
豊
か
な
心
と
文
化
をは
育ぐく
む
ま
ち
づ
お と
り も
、 に
本 全
荘 線
イ に
ン わ
タ た
ー っ
チ て
ェ 工
ン 事
ジ が
や 進
橋り め
梁ょう ら
、 れ
ト て
﹁
本
荘
∼
岩
城
間
﹂
、
﹁
仁
賀
保
本
荘
道
路
﹂
日
本
海
沿
岸
東
北
自
動
車
道
に
つ
い
て
は
、
強
力
な
要
請
を
行
い
ま
す
。
備
促
進
に
つ
い
て
、
国
や
県
に
対
し
引
き
続
き
、
じ
め
、
国
道
や
主
要
地
方
道
、
一
般
県
道
の
整
つ
で
あ
り
、
日
本
海
沿
岸
東
北
自
動
車
道
を
は
済
の
活
性
化
に
お
い
て
最
も
重
要
な
課
題
の
一
民
生
活
の
向
上
と
地
域
の
一
体
感
の
醸
成
、
経
に
結
ぶ
﹁
道
路
網
の
整
備
﹂
に
つ
い
て
は
、
市
づ
く
り
﹂
で
あ
り
、
市
内
外
の
各
地
域
を
相
互
第
六
は
﹁
心
ふ
れ
あ
う
情
報
と
交
流
の
ま
ち
ら
、
文
化
財
の
保
護
と
後
継
者
育
成
を
図
り
ま
す
。
り
﹂
や
民
俗
芸
能
大
会
の
現
地
公
開
を
行
い
な
が
文
化
財
調
査
を
実
施
す
る
ほ
か
、
﹁
鳥
海
獅
子
ま
つ
貝
塚
の
遺
構
分
布
調
査
と
公
共
事
業
に
伴
う
埋
蔵
﹁
文
化
財
の
保
護
﹂
に
つ
い
て
は
、
菖
蒲
崎
実
行
委
員
会
の
設
立
を
進
め
て
い
ま
す
。
﹁
ガ
ス
事
業
﹂
に
つ
き
ま
し
て
は
、
保
安
対
向
け
て
準
備
を
進
め
、
八
地
域
す
べ
て
で
地
域
事
業
を
実
施
し
ま
す
。
り
、
現
在
は
、
各
競
技
の
リ
ハ
ー
サ
ル
大
会
に
区
の
基
幹
改
良
事
業
、
大
琴
地
区
の
拡
張
改
良
六
月
ご
ろ
に
は
す
べ
て
が
完
了
す
る
予
定
で
あ
簡
易
水
道
統
合
を
推
進
す
る
ほ
か
、
東
由
利
地
第
二
地
区
、
矢
島
地
域
花
立
地
区
そ
れ
ぞ
れ
の
は
、
本
荘
地
域
松
ヶ
崎
地
区
、
大
内
地
域
大
内
ま
す
。
併
せ
て
、
﹁
簡
易
水
道
事
業
﹂
に
つ
い
て
ど
の
た
め
の
水
源
水
質
な
ど
の
調
査
を
実
施
し
設
工
事
を
、
鳥
海
地
域
で
老
朽
管
更
新
工
事
な
を
実
施
す
る
ほ
か
、
西
目
地
域
で
配
水
幹
線
布
事
な
ど
に
伴
う
補
償
工
事
、
老
朽
管
更
新
工
事
開
し
、
交
通
安
全
意
識
の
高
揚
に
努
め
ま
す
。
民
大
会
な
ど
の
交
通
安
全
啓
発
イ
ベ
ン
ト
を
展
通
安
全
施
設
を
整
備
す
る
ほ
か
、
交
通
安
全
市
子
ど
も
の
事
故
防
止
を
最
重
点
対
策
と
し
て
交
﹁
交
通
安
全
対
策
﹂
の
面
で
は
、
高
齢
者
・
整
備
し
つ
つ
地
域
防
災
力
の
強
化
を
図
り
ま
す
。
消
防
団
の
小
型
動
力
ポ
ン
プ
・
積
載
車
な
ど
を
を
配
備
す
る
ほ
か
、
有
蓋がい
防
火
水
槽
の
新
設
や
え
、
本
市
で
開
催
さ
れ
る
競
技
の
施
設
整
備
は
、
す
。
秋
田
わ
か
杉
国
体
の
開
催
を
一
年
後
に
控
す
る
ほ
か
、
指
導
者
の
確
保
・
養
成
に
努
め
ま
総
合
運
動
公
園
﹂
の
競
技
場
改
修
工
事
に
着
手
﹁
ス
ポ
ー
ツ
の
振
興
﹂
に
つ
い
て
は
、
﹁
水
林
会
を
選
択
し
て
学
べ
る
体
制
を
整
備
し
ま
す
。
も
、
い
つ
で
も
、
ど
こ
で
も
﹂
自
由
に
学
習
機
た
公
民
館
講
座
を
開
設
す
る
な
ど
、
﹁
だ
れ
で
広報ゆりほんじょう 6
事 業 名
事業費(千円) 実 施 地 域
秋田わか杉国体由利本荘市実行委員会補助事業
秋田わか杉国体リハーサル大会競技会場整備事業(新規)
冬季国体競技会場整備事業(新規)
150,
000
69,
335 本荘
42,
250 鳥海
6.心ふれあう情報と交流のまちづくり
ケーブルテレビ施設整備事業
除雪機械購入事業
地方道路整備臨時交付金事業
地方特定道路整備事業
冬季交通等確保事業
道路維持事業
道路新設改良事業
特定交通安全施設等整備事業
日沿道地方協力事業
雪寒地域道路事業
2,
771,
769 岩城、東由利、本荘
114,
261 本荘、矢島、大内、東由利、西目、鳥海
1,
077,
580 本荘、矢島、岩城、大内、東由利
478,
531 本荘、西目、鳥海
361,
826
153,
000
454,
418 本荘、由利、大内、東由利、西目、鳥海
70,
500
17,
000
58,
500
7.行財政改革による健全なまちづくり
100,
000
全庁統合型時空間地理情報システム構築事業
その他
59,
961 本荘、矢島、東由利
地籍調査事業
予備費 0.
1%
諸支出金 0.
5%
議会費 0.
5%
公債費
16.
1%
教育費
10.
1%
消防費
3.
9%
市税
15.
5%
市債
17.
0%
総務費
16.
7%
歳出
土木費
15.
6%
と
も
に
、
ケ
ー
ブ
ル
テ
レ
ビ
事
業
で
は
新
た
に
拡
大
と
地
域
間
の
情
報
格
差
の
是
正
を
図
る
と
帯
電
話
用
の
鉄
塔
を
整
備
し
、
通
信
エ
リ
ア
の
は
、
大
内
地
域
滝
・
岩
目
沢
地
区
に
お
い
て
携
﹁
高
度
情
報
通
信
基
盤
の
整
備
﹂
に
つ
い
て
期
し
て
参
り
ま
す
。
情
に
配
慮
し
た
除
雪
作
業
を
実
施
し
、
万
全
を
て
も
﹁
除
雪
計
画
﹂
に
基
づ
き
、
各
地
域
の
実
を
導
入
し
ま
す
。
か
ら
公
の
施
設
に
つ
い
て
は
指
定
管
理
者
制
度
を
推
進
し
て
参
り
ま
す
。
具
体
的
に
は
、
四
月
効
率
化
に
取
り
組
み
、
効
果
的
な
行
財
政
運
営
策
定
し
、
こ
れ
を
基
本
に
、
行
政
の
簡
素
化
・
二
十
一
年
度
ま
で
の
﹁
集
中
改
革
プ
ラ
ン
﹂
を
政
改
革
大
綱
﹂
並
び
に
平
成
十
七
年
度
か
ら
同
全
な
ま
ち
づ
く
り
﹂
で
す
。
﹁
由
利
本
荘
市
行
最
後
に
、
第
七
は
﹁
行
財
政
改
革
に
よ
る
健
ま
す
よ
う
お
願
い
申
し
上
げ
ま
す
。
で
以
上
の
ご
理
解
と
ご
支
援
、
ご
協
力
を
賜
り
て
邁
進
し
ま
す
の
で
、
市
政
に
対
し
、
こ
れ
ま
た
い
﹂
と
思
え
る
ま
ち
づ
く
り
の
実
現
に
向
け
で
良
か
っ
た
﹂
﹁
住
ん
で
み
た
い
﹂
﹁
住
み
続
け
っ
て
﹁
安
心
﹂
で
﹁
安
全
﹂
に
暮
ら
せ
、
﹁
住
ん
以
上
、
市
民
一
人
ひ
と
り
が
、
将
来
に
わ
た
に
つ
い
て
も
取
り
組
み
ま
す
。
を
実
施
す
る
な
ど
、
﹁
行
政
評
価
制
度
﹂
導
入
予 算
グラフで見る
災害
復旧費
0.
0%
岩
城
地
域
、
東
由
利
地
域
、
本
荘
地
域
の
松
ヶ
民生費
19.
1%
自主財源
24.
8%
国県
支出金
16.
2%
歳入
分担金・負担金 0.
7%
使用料及び
手数料 1.
9%
財産収入 0.
5%
繰入金 3.
0%
諸収入等 3.
2%
地方譲与税 2.
6%
交付金 2.
7%
良
事
業
を
進
め
、
冬
期
交
通
確
保
対
策
に
つ
い
の
ア
ク
セ
ス
と
な
る
市
道
松
ヶ
崎
亀
田
線
の
改
設
置
に
向
け
た
調
査
を
継
続
し
、
国
道
七
号
へ
﹁
︵
仮
称
︶
松
ヶ
崎
亀
田
イ
ン
タ
ー
チ
ェ
ン
ジ
﹂
ン
ネ
ル
な
ど
の
工
事
も
順
調
に
進
ん
で
い
ま
す
。
敷
設
し
エ
リ
ア
拡
大
を
図
り
ま
す
。
崎
・
石
沢
・
北
内
越
地
区
に
基
幹
ケ
ー
ブ
ル
を
し
た
事
務
事
業
の
再
編
・
整
理
な
ど
を
行
う
と
ま
た
、
合
併
の
ス
ケ
ー
ル
メ
リ
ッ
ト
を
生
か
依存財源
75.
2%
農林
水産業費
8.
4%
商工費 2.
6%
地方交付税
36.
7%
衛生費 6.
1%
労働費 0.
3%
特別会計・企業会計予算概要
国
老
休
情
地
奨
介
下
集
簡
休
ス
小
北
松
小
水
ガ
小
合
特 別 会 計 名
民
健
康
保
人
保
日 応 急 診 療 所 運
報
セ
ン
タ
域
情
報
化
事
学
資
護
サ
ー
ビ
水
道
事
落
排
水
事
易
水
道
事
養 宿 泊 施 設 運
キ
ー
場
運
友
財
産
内
越
財
産
ヶ
崎
財
産
企 業 会 計 名
道
事
ス
事
7 広報ゆりほんじょう
険
健
営
ー
業
金
ス
業
業
業
営
営
区
区
区
計
業
業
計
計
予 算 額(千円)
8,
565,
050
10,
525,
423
9,
063
131,
209
100,
894
98,
868
682,
598
3,
562,
745
2,
902,
565
1,
614,
462
191,
680
156,
707
1,
833
28
860
28,
543,
985
予 算 額(千円)
2,
696,
230
1,
173,
604
3,
869,
834
32,
413,
819
進
め
る
ほ
か
、
部
長
等
に
よ
る
﹁
内
部
評
価
﹂
な
が
ら
、
ス
リ
ム
で
活
力
あ
る
組
織
づ
く
り
を
と
も
に
、
職
員
の
定
員
管
理
の
適
正
化
を
図
り
認
可
な
ど
の
事
務
を
行
い
ま
す
。
道
路
の
維
持
や
占
用
に
関
わ
る
許
な
ど
を
担
当
し
、
建
設
維
持
課
は
、
市
税
の
徴
収
や
督
促
、
滞
納
処
分
と
な
っ
て
い
ま
す
。
保
健
師
が
一
人
、
消
防
職
が
八
人
で
、
う
ち
一
般
行
政
職
が
十
人
、
課 総
は 務
、 部
収 と
納 建
率 設
向 部
上 に
を 設
図 置
る 。
た 収
め 納
、
ま
な し
お た
、 。
新
採
用
職
員
は
十
九
人
課
と
建
設
維
持
課
で
、
そ
れ
ぞ
れ
一
方
、
新
設
し
た
二
課
は
収
納
新
年
度
の
業
務
を
ス
タ
ー
ト
さ
せ
べ
、
新
た
な
組
織
体
制
と
人
員
で
の
解
消
を
図
り
ま
し
た
。
支
所
間
の
機
構
の
分
か
り
に
く
さ
本
荘
地
域
に
お
け
る
本
庁
と
総
合
の
各
課
が
引
き
継
ぎ
、
こ
れ
ま
で
で
、
そ
れ
ぞ
れ
業
務
ご
と
に
本
庁
課
、
建
設
課
、
本
荘
教
育
事
務
所
総
合
支
所
の
市
民
課
、
福
祉
保
健
本
庁
に
包
括
し
た
の
は
、
本
荘
の
期
待
に
応
え
て
ほ
し
い
﹂
と
述
一
体
と
な
っ
て
が
ん
ば
り
、
市
民
一
員
と
し
て
地
域
に
溶
け
込
ん
で
と
は
も
ち
ろ
ん
、
職
員
が
地
域
の
線
に
立
っ
て
業
務
を
遂
行
す
る
こ
示
で
、
柳
田
市
長
は
﹁
市
民
の
目
ち
行
わ
れ
た
四
月
三
日
の
市
長
訓
極
的
に
推
進
。
辞
令
交
付
に
先
立
に
二
課
を
新
設
し
ま
し
た
。
荘
教
育
事
務
所
を
包
括
し
、
新
た
本
荘
総
合
支
所
の
一
部
の
課
や
本
の
効
率
化
を
図
る
た
め
、
本
庁
に
総
合
支
所
間
で
の
人
事
交
流
を
積
じ
め
、
本
庁
と
総
合
支
所
間
や
各
高
め
る
た
め
、
総
合
支
所
長
を
は
動
で
は
、
新
市
の
一
体
感
を
一
層
市
で
は
、
四
月
一
日
か
ら
業
務
ま
た
、
新
年
度
に
伴
う
人
事
異
行政機構図
議 会
市 長
地域自治区長
建設部
商工観光部
農林水産部
福祉保健部
市民環境部
(福祉事務所)
総 務 課
職 員 課
財 政 課
入 札 課
税 務 課
収 納 課
管 財 課
車両センター
CATVセンター
選挙管理委員会
監 査 委 員
教育委員会
教 育 長
教育機関
事 務 局
教育事務所
(本荘地域を除く)
教 育 総 務 課
学 校 教 育 課
生涯学習推進課
スポーツ振興課
文 化 課
教 育 課
生 涯 学 習 課
市 立 学 校 等
各種教育施設
公 民 館
事務局
事務局
総合支所事務所
分署
事務局
総 務 課
警 防 課
予 防 課
通信指令課
本荘・矢島
消防署
農 業 委 員 会
消 防 本 部
総 務 部
企 画 調 整 課
地 域 政 策 課
情 報 政 策 課
共同参画交流課
広 報 広 聴 課
課
課
課
課
課
ガス水道局
市 民 生 活 課
生 活 環 境 課
清 掃 事 業 所
理
持
画
理
道
消 防 長
健康管理課
福祉支援課
子育て支援課
長寿支援課
管
維
計
整
水
農 業 水 産 課
林 政 課
農 村 整 備 課
設
設
市
画
下
商 工 振 興 課
観 光 振 興 課
企 業 誘 致 課
建
建
都
区
上
企業管理者
企画調整部
事務局
総合支所
管 理 課
営 業 課
水 道 課
ガ ス 課
水道事務所
矢島・由利
︵ ︶
西目・鳥海
振 興 課
出張所
市 民 課
福 祉 保 健 課
保育園
産 業 課
建 設 課
※本荘総合支所は
鳥 海 診 療 所 振興課と産業課の二課体制です。
鳥 寿 苑
東 光 苑
国 体 事 務 局
会 計 課
検 査 課
行政改革推進本部
出納室
助 役
市 役 所
広報ゆりほんじょう 8
職 氏 名 電話番号
総 務 部
総務部長 佐々木 永吉 2
4−6
2
0
5
政策監 堀川 喜久雄 2
4−6
2
0
7
政策監 高橋 勉 2
4−6
2
0
6
次長兼総務課長 中嶋 豪 2
4−6
2
1
0
次長兼職員課長 中嶋 豪 2
4−6
2
1
0
次長兼財政課長 小松 浩 2
4−6
2
1
8
入札課長 佐々木 政徳 2
4−6
2
2
1
税務課長 齊藤 憲一 2
4−6
3
0
1
収納課長 池田 芳雄 2
4−6
2
5
5
管財課長 村上 典夫 2
4−6
2
6
1
車両センター所長 今野 淳一 2
4−3
3
1
9
企画調整部
企画調整部長 渡部 聖一 2
4−6
2
0
8
企画調整課長 大庭 司 2
4−6
2
2
5
地域政策課長 早川 修一 2
4−6
2
3
0
情報政策課長 東海林 建夫 2
4−6
3
6
5
4−6
2
3
3
共同参画交流課長 三浦 清一 2
広報広聴課長 鈴木 良信 2
4−6
2
3
6
CATVセンター所長 伊藤 鋭一 6
5−3
7
2
2
市民環境部
市民環境部長 松山 祖隆 2
4−6
2
4
0
政策監 油川 金喜 2
4−6
2
4
1
次長 加藤 憲一 2
4−6
2
4
7
次長兼市民生活課長 成田 満喜子 2
4−6
2
4
2
生活環境課長 猪股 健 2
4−6
2
5
2
清掃事業所長 今野 光志 2
2−4
8
8
4
福祉保健部(福祉事務所)
福祉保健部長 豊島 一郎 2
4−6
3
1
1
次長 菊地 二三夫 2
4−6
3
1
2
次長兼健康管理課長 佐藤 金悦 2
2−1
8
3
4
福祉支援課長 遠藤 重 2
4−6
3
1
3
子育て支援課長 工藤 良 2
4−6
3
1
8
次長兼長寿支援課長 橋 敏子 2
4−6
3
2
1
農林水産部
農林水産部長 小松 秀穂 2
4−6
3
5
1
農業水産課長 阿部 一夫 2
4−6
3
5
2
次長兼林政課長 土田 武弥 2
4−6
3
5
6
農村整備課長 佐藤 正敏 2
4−6
3
5
9
商工観光部
商工観光部長 藤原 秀一 2
4−6
3
7
0
次長 加藤 2
4−6
3
7
1
商工振興課長 石川 裕 2
4−6
3
7
2
観光振興課長 佐藤 良夫 2
4−6
3
7
4
企業誘致課長 鈴木 甚悦 2
4−6
3
7
8
建 設 部
理事 佐々木 孝一 2
4−6
3
2
5
建設部長 猿田 正好 2
4−6
3
2
6
政策監 今野 良司 2
4−6
3
2
7
建設管理課長 佐藤 晃一 2
4−6
3
2
8
建設維持課長 大友 隆一郎 2
4−6
3
4
0
都市計画課長 伊藤 俊彦 2
4−6
3
3
1
次長兼区画整理課長 熊谷 幸美 2
4−6
1
6
2
上下水道課長 工藤 智 2
4−6
3
3
5
本荘総合支所
本荘総合支所長 齋藤 隆一 2
4−6
2
7
1
主幹兼振興課長 鈴木 幸治 2
4−6
2
7
2
産業課長 冨田 満 2
4−6
3
4
5
矢島総合支所
矢島総合支所長 植村 清一 5
5−4
9
5
1
主幹兼振興課長 土田 隆男 5
5−4
9
5
1
市民課長 佐藤 則夫 5
5−4
9
5
9
福祉保健課長 植田 太一 5
5−4
9
6
0
産業課長 伊豆 葵 5
5−4
9
5
6
建設課長 小番 直義 5
5−4
9
5
5
9 広報ゆりほんじょう
職 氏 名 電話番号
岩城総合支所
岩城総合支所長 渡部 専一 7
3−2
0
1
1
主幹兼振興課長 渡部 進 7
3−2
0
1
1
市民課長 小川 弘 7
3−2
0
1
2
福祉保健課長 佐々木 了三 7
3−3
6
1
2
産業課長 伊藤 尚武 7
3−2
0
1
4
建設課長 渡部 昭 7
3−2
0
1
5
由利総合支所
由利総合支所長 渡邊 昌平 5
3−2
1
1
2
主幹兼振興課長 鈴木 久男 5
3−2
1
1
2
市民課長 佐藤 光治 5
3−2
1
1
3
福祉保健課長 佐藤 孫栄 5
3−4
1
2
6
産業課長 荘司 和夫 5
3−2
1
1
4
建設課長 鎌田 正夫 5
3−2
1
1
5
大内総合支所
大内総合支所長 遠藤 憲男 6
5−2
2
1
1
主幹兼振興課長 斉藤 光一 6
5−2
2
1
1
市民課長 菊地 敏文 6
5−2
2
1
5
福祉保健課長 佐々木 妙子 6
5−2
8
0
6
産業課長 鈴木 一 6
5−2
2
1
6
建設課長 加藤 徹朗 6
5−2
8
0
2
東由利総合支所
東由利総合支所長 今野 喜次 6
9−2
1
1
0
主幹兼振興課長 小松 慶悦 6
9−2
1
1
0
市民課長 佐藤 順一 6
9−2
1
1
7
福祉保健課長 佐々木 喜隆 6
9−2
1
1
8
産業課長 柴田 和尋 6
9−2
1
1
6
建設課長 小松 建 6
9−2
1
1
5
東光苑施設長 大庭 敏昭 6
9−2
2
5
1
西目総合支所
西目総合支所長 木内 芳一 3
3−4
6
1
0
主幹兼振興課長 加賀 秀喜 3
3−4
6
1
0
市民課長 鷹島 喜代志 3
3−4
6
1
3
福祉保健課長 齋藤 公一 3
3−4
6
2
0
産業課長 釜台 憲二 3
3−4
6
1
4
建設課長 齋藤 義博 3
3−4
6
1
6
鳥海総合支所
鳥海総合支所長 鷹島 恵一 5
7−2
2
0
1
主幹兼振興課長 村上 誠喜 5
7−2
2
0
1
市民課長 土田 修 5
7−3
5
0
3
福祉保健課長 三浦 俊雄 5
7−3
5
0
1
産業課長 佐藤 富栄 5
7−2
2
0
5
建設課長 佐藤 傅一 5
7−2
2
0
4
鳥海診療所長 綱島 紘治 57−2003
鳥海診療所事務長 佐藤 博栄 57−2003
鳥寿苑施設長 佐藤 文範 5
7−2
5
0
0
国体事務局
事務局長 多田 厚 2
4−4
5
5
5
課長 池田 治夫 2
4−4
5
5
5
行政改革推進本部事務局
事務局長 佐々木 均 2
4−6
3
8
1
課長 今野 五雄 2
4−6
3
8
3
課長 佐藤 一喜 課長 伊藤 篤 2
4−6
3
8
2
課長 真坂 誠一
出 納 室
出納室長 小松 茂樹 2
4−6
3
0
7
会計課長 佐々木 道子 2
4−6
2
0
4
技監兼検査課長 谷川 一夫 2
4−6
2
6
4
議会事務局
事務局長 熊谷 正 2
4−6
3
8
5
選挙管理委員会事務局
事務局長 齋藤 悟 2
4−6
3
8
9
監査委員事務局
事務局長 畠山 基保 2
4−6
3
9
1
職 氏 名 電話番号
農業委員会事務局
事務局長 佐藤 善昭 2
4−6
2
5
8
教育委員会
教育次長 中村 晴二 2
4−6
2
8
1
政策監 作佐部 直 2
4−6
2
8
5
教育総務課長 渡部 セイ子 2
4−6
2
8
2
学校教育課長(部長待遇) 齋藤 光正 2
4−6
2
8
6
主幹 菅原 耕悦 2
4−6
2
8
3
主幹 米持 隆司 2
4−6
2
8
6
生涯学習推進課長 藤原 隆 2
4−6
2
8
4
スポーツ振興課長 尾留川 信一 2
4−6
2
8
7
主幹兼文化課長 須田 2
4−6
2
8
8
本荘文化会館長 本間 始 2
2−3
0
3
3
本荘公民館長 河村 優子 2
2−0
9
0
0
本荘図書館長 五十嵐 隆男 2
2−4
9
0
0
ボートプラザアクアパル館長
細谷 一雄 2
2−5
6
1
1
矢島教育事務所
所長兼生涯学習課長 熊谷 勲 5
6−2
2
0
3
教育課長 三浦 幹夫 5
6−2
2
0
4
岩城教育事務所
所長兼教育課長 斎藤 忠広 7
3−2
4
6
8
生涯学習課長 岸野 芳夫 7
3−2
4
6
8
主幹兼亀田城佐藤八十八美術館長
鈴木 憲 7
4−2
5
0
0
由利教育事務所
所長兼教育課長 三浦 眞一 5
3−2
1
2
1
生涯学習課長 木内 惠一 5
3−2
2
4
5
大内教育事務所
所長兼教育課長 小助川 弘高 6
5−2
8
0
9
生涯学習課長 東海林 一昭 6
5−2
2
1
0
東由利教育事務所
所長兼教育課長 高橋 悦子 6
9−2
3
1
0
生涯学習課長 高橋 悦子 6
9−2
3
1
0
西目教育事務所
所長兼教育課長 齋藤 忠弘 3
3−4
6
1
1
生涯学習課長 齋藤 俊明 3
3−2
3
1
5
鳥海教育事務所
所長兼教育課長 佐藤 覚栄 5
7−3
5
0
6
生涯学習課長 佐藤 利和 5
7−2
8
8
1
ガス水道局
局長 工藤 秋雄 2
2−4
3
7
5
主幹兼管理課長 菅原 幸夫 2
2−4
3
7
5
営業課長 原田 和夫 2
2−3
5
0
4
水道課長 鈴木 昭信 2
2−2
3
2
6
ガス課長 保科 周一 2
2−0
4
0
2
矢島水道事務所長 菅原 賢一 5
5−4
9
5
4
鳥海水道事務所長 小松 辰正 5
7−2
2
0
3
消防本部
消防長 福岡 憲一 2
2−4
2
8
2
副消防長 佐藤 文男 2
2−4
2
8
2
消防次長 鈴木 秋夫 2
2−4
2
8
2
総務課長 打矢 洋介 2
2−4
2
8
2
警防課長 遠藤 照夫 2
2−4
2
8
2
予防課長 小番 實 2
2−4
2
8
2
通信指令課長 長谷部 吉雄 2
2−4
2
8
2
本荘消防署長 鈴木 秋夫 2
2−0
0
1
1
岩城分署長 伊藤 敏也 7
3−2
1
0
0
大内分署長 斎藤 建雄 6
5−2
0
2
0
東由利分署長 軽部 博 6
9−2
2
1
4
西目分署長 原田 専一 3
3−2
3
5
0
矢島消防署長 土田喜一郎 5
5−2
1
1
1
由利分署長 小松 作榮 5
3−3
1
1
9
鳥海分署長 三船 廣信 5
9−2
1
9
9
課
︵
5
5
︱
4
9
5
6
︶
▽
お
問
合
わ
せ
先
⋮
矢
島
総
合
支
所
産
業
合
で
す
。
そ
の
他
は
無
料
で
す
。
※
利
用
料
金
の
徴
収
は
、
専
用
利
用
の
場
一
室
四
時
間
以
上
⋮
二
、
一
〇
〇
円
一
室
四
時
間
未
満
⋮
一
、
〇
五
〇
円
▽
利
用
料
金
▽
利
用
時
間
︵
午
前
十
時
∼
午
後
五
時
︶
方
な
ど
が
気
軽
に
利
用
で
き
る
施
設
で
す
。
を
紹
介
す
る
と
と
も
に
、
公
園
に
訪
れ
る
農
村
の
伝
統
文
化
が
残
る
展
示
施
設
な
ど
由
利
・
に
か
ほ
市
︵
仁
賀
保
・
象
潟
︶
な
ど
の
鳥 国
海 ﹂
山 の
麓ろく 隣
地 に
域 完
の 成
矢 し
島 た
・ 案
鳥 内
海 所
・
由 は
利 、
・ 主
東 に
で
、
国
道
一
〇
八
号
沿
い
﹁
矢
島
や
さ
い
王
園
空
間
博
物
館
﹂
と
し
て
活
用
を
図
る
も
の
こ
の
事
業
は
、
農
村
地
域
全
体
を
﹁
田
二
時
か
ら
オ
生
涯
学
習
課
︵
5
6
︱
2
2
0
3
︶
▽
入
場
無
料
▽
開
館
時
間
⋮
午
前
九
時
∼
午
後
五
時
が
あ
れ
ば
平
日
も
開
館
し
ま
す
︶
▽
開
館
日
⋮
土 い の か 重 式 で 移 に 建 矢 こ
・ 。 場 、 な の も 築 藩 て 島 の
と 講 建 た 数 し 士 た 藩 住
日
し 座 物 た 少 た 佐 も 江 宅
・
て な で ず な も 藤 の 戸 は
祝
ご ど す ま い の 政 を 家 、
日
︵
利 幅 。 い 近 で 忠 、 老 明
事
用 広 見 を 世 す が 明 加 治
前
く い 学 残 武 。 購 治 川 二
連
だ 活 の す 家 市 入 五 家 年
絡
さ 動 ほ 貴 様 内 、 年 が に
▽
お
問
合
わ
せ
先
⋮
矢
島
教
育
事
務
所
ー 二 合 島 プ
ン 十 案
セ 四 内
レ 日 所
モ(月)
と
ニ 開 公
ー 所
園
を
行 し ﹂
い 、 が
ま 午 四
す 後 月
。
地
域
に
整
備
さ
れ
た
﹁
総
田
園
空
間
整
備
事
業
で
矢
由利本荘市では、6月の弓道、カヌ
に向け、国体規模の大会が行われます。
ーをはじめ全8競技が開催されます。
ーをはじめ全8競技が開催されます
手に汗握る一瞬をご家族みんなでご
各競技ごとに、平成19年わか杉国体
観戦ください。
セ
レ
モ
ニ
ー
を
行
い
ま
す
。
︵
矢
島
総
合
支
所
前
︶
の
開
館
時 か 四
ら 月
旧 二
佐 十
藤 四
政 日
忠(月)
家 午
住 後
宅 一
■リハーサル大会(平成18年度開催)
競技名・種別
開催期日
大会名
開催地域
競技会場名
弓 道[全種別] 6 / 9∼11
第53回全日本勤労者弓道選手権大会
本 荘
本荘弓道場
カ ヌ ー[FWR] 6 / 16∼18
第9回東北高等学校FWRカヌー選手権大会
本 荘
子吉川特設カヌー競技場
ライフル射撃
全日本社会人ライフル射撃競技選手権大会
兼国体リハーサル大会
岩 城
秋田県立総合射撃場
岩城総合体育館 特設光線銃射撃場
クレー射撃[全種別] 9 / 15∼18
平成18年度全日本選手権大会
岩 城
秋田県立総合射撃場
銃 剣 道
9 / 24
第62回国民体育大会銃剣道競技リハーサル大会
東北・北海道銃剣道大会
大 内
ソフトボール
9 / 21∼24
第58回全日本総合女子ソフトボール選手権大会
本 荘
矢 島
由 利
10 / 14∼18
第42回全国社会人サッカー選手権大会
西 目
由利本荘市ぽぽろ健康運動公園
総合体育館
由利本荘市ソフトボール場
矢島多目的運動広場
由利運動公園ソフトボール場
由利本荘市西目カントリーパーク
サッカー場
第23回バイアスロン競技東北選手権大会
鳥 海
[CPを除く]
[全種別]
[成年女子]
サッカー
[女子・少年男子]
9 / 8∼10
平成19 年
[全種別] 1 / 27∼28
バイアスロン
特設バイアスロン競技場
広報ゆりほんじょう 10
8
3
5
4
︶
ま
で
お
問
い
合
わ
せ
く
だ
さ
い
。
由 農
利 業
地 委
域 員
振 会
興 ︵
局2
4
普 ︱
及 6
指 2
導 5
課 9
︵
︶
ま
2
2た
︱ は
▲
パ貴
ネ重
ルな
デ意
ィ見
ス交
カ換
ッの
シ場
ョと
ンな
っ
た
い
ま
し
た
。
家
族
経
営
協
定
に
関
し
、
詳
し
く
は
市
聴
講
者
は
真
剣
に
耳
を
傾
け
て
ま
な
情
報
や
意
見
が
出
さ
れ
、
受
け
ら
れ
る
場
合
が
あ
り
ま
す
。
の
農
業
が
目
指
す
べ
き
さ
ま
ざ
ほ
か
、
協
定
の
締
結
に
よ
り
政
策
支
援
を
れ
の
立
場
か
ら
、
今
後
、
地
域
11 広報ゆりほんじょう
い
て
家
族
で
話
し
合
う
き
っ
か
け
と
な
る
組
織
、
認
定
農
業
者
の
そ
れ
ぞ
確
保
を
目
指
す
も
の
で
、
農
業
経
営
に
つ
て
、
行
政
、
J
A
、
集
落
営
農
立
経
営
の
近
代
化
経
営
の
永
続
性
の
担
い
手
の
育
成
・
確
保
に
つ
い
を
理
念
と
し
、
経
営
内
の
﹁
個
﹂
の
確
で
は
、
地
域
の
農
業
を
支
え
る
ー
シ
ョ
ッ
プ
経
営
︶
と
位
置
づ
け
る
こ
と
パ
ネ
ル
デ
ィ
ス
カ
ッ
シ
ョ
ン
み
ん
な
で
つ
く
る
共
同
経
営
︵
パ
ー
ト
ナ
演
を
行
い
ま
し
た
。
の
家
族
経
営
協
定
は
、
農
業
経
営
を
家
族
と
集
落
営
農
に
つ
い
て
基
調
講
定
を
締
結
し
て
い
る
の
は
四
十
家
族
。
こ
題
点
、
今
後
の
農
業
の
あ
り
方
今
回
の
調
印
で
、
市
内
で
家
族
経
営
協
は
、
秋
田
県
農
業
の
現
状
と
問
気
持
ち
を
新
た
に
し
て
い
ま
し
た
。
短
期
大
学
部
長
の
鈴
木
直
建
氏
と
期
待
し
ま
す
﹂
と
あ
い
さ
つ
。
続
い
て
や
後
継
者
の
育
成
が
よ
り
円
滑
に
進
む
こ
調
印
式
で
、
家
族
内
で
個
人
の
役
割
分
担
の
育
成
が
課
題
と
な
っ
て
い
ま
す
。
こ
の
の
佐
々
木
久
造
会
長
が
﹁
農
業
は
担
い
手
調
印
式
で
は
、
は
じ
め
に
農
業
委
員
会
家
族
経
営
協
定
書
に
調
印
し
ま
し
た
。
附
属
会
館
で
行
わ
れ
、
市
内
の
四
家
族
が
協
定
調
印
式
が
三
月
二
十
四
日
、
市
役
所
平
成
十
七
年
度
由
利
本
荘
市
家
族
経
営
意
欲
を
も
っ
て
が
ん
ば
り
た
い
﹂
と
述
べ
、
な
で
そ
れ
を
見
な
が
ら
、
今
後
も
農
業
に
に
協
定
書
を
事
務
所
に
掲
げ
、
家
族
み
ん
﹁
二
回
目
の
協
定
で
す
が
、
前
回
と
同
様
あ
る
農
業
経
営
を
や
っ
て
い
き
た
い
﹂
す
。
こ
の
協
定
を
節
目
に
、
や
り
が
い
の
い
て
く
れ
る
感
激
と
責
任
を
感
じ
て
い
ま
さ
ん
は
﹁
子
ど
も
が
親
と
同
じ
職
業
に
就
名
、
押
印
し
ま
し
た
。
調
印
を
行
っ
た
皆
印
し
、
佐
々
木
会
長
が
立
会
人
と
し
て
署
合
っ
た
内
容
を
書
面
に
し
た
協
定
書
に
調
ジ
ョ
ン
を
思
い
描
い
て
い
し
、
こ
れ
か
ら
の
農
業
ビ
制
度
改
正
を
正
し
く
理
解
農
家
や
集
落
の
皆
さ
ん
が
安
定
対
策
﹂
に
向
け
て
、
れ
る
﹁
品
目
横
断
的
経
営
平
成
十
九
年
か
ら
実
施
さ
地
域
の
農
家
代
表
、
行
政
、
J
A
関
た
だ
く
た
め
に
実
施
さ
れ
た
も
の
で
、
例
を
発
表
。
ま
た
、
県
立
大
学
つ
の
集
落
営
農
組
合
に
よ
る
事
フ
ォ
ー
ラ
ム
で
は
、
市
内
二
係
者
ら
約
四
百
人
が
参
加
し
ま
し
た
。
た ー 十 成 こ 。 ガ 七 フ 由
の
ル 日 ォ 利
フ
で 、 ー 本
ォ
開 西 ラ 荘
ー
催 目 ム 市
ラ
さ 公 が 担
ム
れ 民 三 い
は
ま 館 月 手
、
し シ 二 育
▲
▲共同経営の理念から4家族が調印した「家族経営協定調印式」
四
家
族
が
、
そ
れ
ぞ
れ
の
家
族
内
で
話
し
講
演
す
る
鈴
木
直
建
氏
の
大
き
な
ス
テ
ッ
プ
を
得
る
こ
と
が
で
と
い
う
声
を
い
た
だ
き
、
事
業
採
択
へ
ん
か
ら
﹁
そ
の
効
果
が
期
待
で
き
る
﹂
八
人
︶
の
う
ち
、
お
よ
そ
六
割
の
皆
さ
集
計
の
結
果
、
回
答
数
︵
三
百
九
十
た
も
の
で
す
。
実
施
年
度
/
平
成
十
八
∼
二
十
二
年
度
室
、
理
科
教
育
セ
ン
タ
ー
︶
建
設
ン
・
情
報
コ
ー
ナ
ー
、
自
然
科
学
学
習
ア
ラ
イ
ブ
ラ
リ
ー
︵
図
書
館
、
パ
ソ
コ
会
議
室
、
多
目
的
ホ
ー
ル
︶
、
メ
デ
ィ
ン
、
テ
ナ
ン
ト
、
こ
ど
も
館
、
大
・
小
ん
の
意
向
を
把
握
す
る
た
め
に
行
わ
れ
事
業
化
を
め
ざ
し
、
広
く
市
民
の
皆
さ
省
の
﹁
ま
ち
づ
く
り
交
付
金
﹂
に
よ
る
の
創
出
に
つ
な
げ
る
た
め
、
国
土
交
通
街
地
の
空
洞
化
の
改
善
と
、
に
ぎ
わ
い
成
な
ど
を
図
り
、
急
速
に
進
む
中
心
市
セ
ン
タ
ー
︵
市
内
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
線
、
表
尾
崎
町
線
︶
、
コ
ミ
ュ
ニ
テ
ィ
ー
計
画
概
要
/
道
路
整
備
︵
大
町
銀
座
通
地
︶
地
内
町
、
東
町
︵
旧
由
利
組
合
総
合
病
院
跡
場
所
/
由
利
本
荘
市
美
倉
町
、
表
尾
崎
地域の歴史・文化・自然
都
市
機
能
の
確
保
と
豊
か
な
街
並
み
形
こ
れ
は
市
街
地
の
活
性
化
、
中
核
的
計
画
概
要
と
実
施
年
度
ア
ン
ケ
ー
ト
を
実
施
し
ま
し
た
。
お
住
ま
い
の
皆
さ
ん
一
千
人
に
対
し
て
路
整
備
に
関
し
、
昨
年
十
二
月
、
市
に
転
に
伴
う
跡
地
の
利
用
や
市
街
地
の
道
市
で
は
、
由
利
組
合
総
合
病
院
の
移
ト
結
果
の
概
要
を
お
知
ら
せ
し
ま
す
。
き
た
い
と
考
え
て
い
ま
す
。
ア
ン
ケ
ー
い
な
が
ら
、
円
滑
な
推
進
を
図
っ
て
い
業
に
つ
い
て
今
後
も
広
く
ご
意
見
を
伺
き
ま
し
た
。
市
で
は
、
こ
の
交
付
金
事
って、地域住民の生活の質
環境等の特性を生かした個
の向上と地域経済・社会の
性あふれるまちづくりを実
活性化を図る制度で、平成
施し、全国の都市の再生を
16年度から実施されていま
効率的に推進することによ
す。
組
合
病
院
跡
地
に
﹁
地
域
交
流
施
設
﹂
建
設
大
町
銀
座
通
線
と
表
尾
崎
町
線
を
整
備
、
ア
ン
ケ
ー
ト
結
果
を
踏
ま
え
、
広報ゆりほんじょう 12
1.旧本荘市中心市街地における生活環境の満足度
不明 0.
5%
満足
7.
8%
どちらともいえない
36.
8%
不満 45.
3%
非常に満足 0.
3%
9.
3%
非常に不満
2.街路の整備効果
①小路への通過交通の流入を抑制する効果は
不明 2.
0%
9.
8%
少し期待できる 35.
8%
どちらともいえない あまり期待できない
24.
4%
25.
2%
効果が期待できる
不明 2.
3%
少し期待できる 40.
8%
どちらともいえない あまり期待できない
18.
4%
19.
6%
全く効果がない 2.
8%
③歩行者空間の充実により、安全・安心して歩ける
環境を向上させる効果は
効果が期待できる
22.
9%
少し期待できる 43.
6%
不明 2.
0%
どちらともいえない あまり期待
できない
18.
9%
11.
1%
全く効果がない 1.
5%
④歩行者空間の充実により、商店街に人通りを増や
し、商店街の活気を高める効果は
不明 2.
0%
少し期待できる どちらともいえない あまり期待できない 39.
8%
5% 8.
21.
7%
22.
7%
効果が期待できる 5.
3%
全く効果がない
3.組合病院跡地地区の整備効果
①市民が身近に憩うことができ、子どもからお年寄
りまで人々の交流を促進する効果は
不明 1.
5%
15.
7%
少し期待できる 43.
6%
効果が期待できる
どちらともいえない あまり期待できない
18.
1%
18.
1%
不明 1.
5%
少し期待できる 43.
8%
効果が期待できる
どちらともいえない あまり期待できない
18.
4%
17.
9%
全く効果がない 3.
8%
③市町村合併後の各地区との交流を高める効果は
不明 1.
8%
9.
8% 少し期待できる 32.
8% どちらともいえない あまり期待できない
28.
7%
23.
4%
効果が期待できる
13 広報ゆりほんじょう
11.
3% 少し期待できる 35.
7% どちらともいえない
27.
0%
効果が期待できる
全く効果がない 3.
5%
あまり期待できない
20.
7%
全く効果がない 3.
5%
⑤インフォメーションや駐車場、案内板の整備など
により、来街者の利便性が高まる効果は
不明 1.
5%
16.
6%
どちらともいえない あまり期待できない
18.
4%
17.
1%
少し期待できる 44.
6%
効果が期待できる
全く効果がない 1.
8%
4.観光案内板の整備効果
①来訪者が市内を巡遊できるように案内板を整備す
ることで、地域商店街が活性化し、まちの経済を
活性化させる効果は
不明 0.
8%
10.
8%
少し期待できる 40.
3%
どちらともいえない あまり期待できない
21.
4%
22.
9%
効果が期待できる
全く効果がない 3.
8%
②国道等幹線道路から市内に入る主要な箇所に案内
板を設置することにより、利用者をスムーズに引
き込む効果は
不明 1.
5%
効果が期待できる
18.
6%
少し期待できる 48.
9%
どちらともいえない あまり期待
できない
16.
9%
11.
8%
全く効果がない 2.
3%
5.にぎわい再生のための投資効果と期待
不明 0.
8%
9.
1%
少し期待できる 46.
1%
期待できる
8%
7% 9.
4.5% あまり期待できない 29.
事業内容には賛成するが
税金で行うことは反対
全く効果がない 3.
0%
②多目的ホールで行われるイベントにより、広域か
らの集客を促進する効果は
14.
6%
不明 1.
8%
全く効果がない 2.
8%
②交通渋滞が緩和され、安全を高める効果は
効果が期待できる
16.
1%
④複合的な交流施設が市内中心部に整備されること
により、生活環境の満足度を高める効果は
6.アンケートで寄せられたご意見
期待できない
▲工藤喜美夫さん
▲佐々木民男さん
▲今野忠男さん
秀
な
功
績
が
評
価
さ
れ
た
も
の
で
す
。
永
年
に
わ
た
る
消
防
団
員
と
し
て
の
優
同
工
藤
喜
美
夫
さ
ん
︵
本
荘
支
団
︶
で
、
団
長
佐
々
木
民
男
さ
ん
︵
岩
城
支
団
︶
、
長
今
野
忠
男
さ
ん
︵
本
荘
支
団
︶
、
分
受
章
し
た
の
は
、
市
消
防
団
副
支
団
を
受
章
し
ま
し
た
。
定
例
表
彰
に
お
け
る
永
年
勤
続
功
労
章
市
の
消
防
関
係
者
三
人
が
消
防
庁
長
官
が
三
月
二
十
七
日
県
庁
で
行
わ
れ
、
本
平
成
十
七
年
度
消
防
功
労
者
表
彰
式
待
さ
れ
ま
す
。
で
の
知
識
と
経
験
を
生
か
し
た
活
動
が
期
お
り
、
約
二
年
の
派
遣
期
間
で
、
各
分
野
は
フ
ィ
リ
ピ
ン
へ
そ
れ
ぞ
れ
派
遣
さ
れ
て
オ
へ
、
伊
東
恵
合
子
さ
ん
︵
東
由
利
蔵
︶
佐
々
木
美
由
紀
さ
ん
︵
松
ヶ
崎
︶
は
パ
ラ
佳
彦
さ
ん
︵
石
脇
︶
は
マ
ラ
ウ
イ
へ
、
鈴
木
諭
さ
ん
︵
矢
島
町
城
内
︶
、
打
矢
四
人
が
海
外
に
派
遣
さ
れ
て
い
ま
す
。
ア
と
し
て
、
平
成
十
七
年
度
に
本
市
か
ら
C
A
︶
の
青
年
海
外
協
力
隊
ボ
ラ
ン
テ
ィ
独
立
行
政
法
人
国
際
協
力
機
構
︵
J
I
し 災 組 消
た に み 火
。 備 、 訓
え 万 練
て 一 に
い の 取
ま 火 り
ら
の
水
利
確
保
や
参
加
。
河
川
等
か
員
ら
約
六
十
人
が
生
を
想
定
し
、
団
地
内
で
の
火
災
発
た
。
東
由
利
地
域
で
は
、
宿
地
区
土
場
沢
各
地
域
で
火
災
想
定
訓
練
が
行
わ
れ
ま
し
八
日
ま
で
実
施
さ
れ
、
初
日
の
二
日
に
は
、
春
の
火
災
予
防
運
動
が
四
月
二
日
か
ら
▲インターハイでは優勝を狙う本荘高校クルー
3月25日、26日の両日、静岡県浜松
市の天竜ボートコースで行われた第17
回全国高校選抜ボート大会の女子舵手
付きクオドルプルで本荘高校が見事準
優勝に輝きました。
昨年、福島県で行われて東北大会で
優勝した本荘高校の実力は、今大会で
敗れた宇和島東高校(愛媛)と並んで
全国でも抜きんでたレベル。
インターハイでは、宇和島東高校に
雪辱して全国優勝を狙っています。
▲今野ヱシノさん(明治39年3月28日
生まれ・宮内) ▲半田清三さん(明治39年3月
25日生まれ・西目町沼田) だ
賀 た
さ こ 詞 お
い れ と 二
。 か 長 人
ら 寿 に
も 祝 、
お 金 村
元 が 上
気 贈 助
で 呈 役
長 さ か
生 れ ら
き ま そ
し し れ
て た ぞ
く 。 れ
三
月
に
め
で
た
く
満
百
歳
を
迎
え
ら
れ
広報ゆりほんじょう 1
4
▲
計
画
を
協
議
し
た
防
災
会
議
※
り 都 申
ま 合 し
す 上 込
の 掲 み
で 載 多
、 で 数
ご き の
了 な 場
承 い 合
く 場 は
、
だ 合 紙
さ が 面
い あ の
。
■
に 聴 申
記 課 込
載 へ ⋮
し 。 郵
て あ 送
い て か
ま 先 メ
す な ー
。 ど ル
は で
裏 広
表 報
紙 広
■
電 ○ り コ 内
話 さ が メ 容
番 ん な ン ⋮
号 ち ・ ト ①
の 生 ③ 写
○ 年 子 真
○ 月 ど 一
部 日 も 枚
分 ・ の ②
⑤ 住 氏 ひ
連 所 名 と
絡 ④ ・ こ
先 ○ ふ と
■
︵ 対
市 象
内 ⋮
在 小
住 学
に 校
限 入
る 学
︶ 前
の
子
ど
も
も
の
笑
顔
写
真
を
募
集
し
て
い
ま
す
。
せ
ん
か
?
広
報
広
聴
課
で
は
、
子
ど
▲木嶋会長から佐々田教育長にわたされる答申書
す め た
。 、 内
発 容
行 を
す も
る と
こ に
と 計
に 画
し 書
て を
い ま
ま と
い
教 ま
育 す
委 。
員
会
で
は
、
答
申
さ
れ
に
お
け
る
目
標
や
施
策
を
掲
げ
て
15 広報ゆりほんじょう
学
社
連
携
・
融
合
な
ど
、
各
分
野
保
護
の
推
進
、
ス
ポ
ー
ツ
振
興
、
の
教
育
・
文
化
の
振
興
、
文
化
財
幼
児
か
ら
高
齢
者
ま
で
の
各
年
代
況
に
つ
い
て
の
評
価
表
も
掲
載
。
ど 計
で 画
構 、
成 具
さ 体
れ 的
、 計
計 画
画 、
の 体
進ち 系
捗ょく 図
状 な
計
画
期
間
は
五
カ
年
で
、
基
本
お
き
の
写
真
を
広
報
に
載
せ
て
み
ま
お
子
さ
ん
、
お
孫
さ
ん
の
と
っ
て
言
な
ど
を
ま
と
め
、
﹃
∼
学
ぶ
喜
び
容
と
生
涯
学
習
推
進
協
議
会
の
提
社
会
教
育
委
員
の
会
で
の
協
議
内
で
は
、
四
回
に
及
ぶ
策
定
部
会
や
計
画
策
定
の
諮
問
を
受
け
た
同
会
昨
年
七
月
に
教
育
委
員
会
か
ら
だ
て
と
し
て
い
ま
す
。
習
・
社
会
教
育
分
野
の
推
進
の
手
総
合
発
展
計
画
に
お
け
る
生
涯
学
台
に
調
整
・
連
携
を
図
り
、
市
の
教
育
・
生
涯
学
習
の
旧
計
画
を
土
大
前
提
と
し
て
、
八
地
域
の
社
会
と
に
し
て
い
ま
す
。
画
の
内
容
を
市
民
に
周
知
す
る
こ
会
に
答
申
さ
れ
ま
し
た
。
文
化
を
互
い
に
尊
重
す
る
こ
と
を
市
で
は
今
後
、
策
定
さ
れ
た
計
嶋
昭
雄
会
長
︶
か
ら
市
教
育
委
員
旧
一
市
七
町
の
歴
史
や
伝
統
、
持
っ
て
い
ま
す
。
く
の
災
害
の
発
生
の
可
能
性
を
風
水
害
、
雪
害
、
火
山
災
害
等
多
ほ
ど
市
社
会
教
育
委
員
の
会
︵
木
社
会
教
育
中
期
計
画
﹂
が
、
こ
の
﹁
由
利
本
荘
市
生
涯
学
習
推
進
・
生
涯
学
習
活
動
の
指
針
と
な
る
造
∼
﹄
を
テ
ー
マ
に
設
定
。
立
脚
し
た
郷
育
と
生
涯
学
習
の
創
性
を
尊
重
し
、
一
体
化
の
推
進
に
と
交
流
の
楽
し
さ
を
広
げ
、
地
域
な
面
積
の
本
市
は
、
震
災
、
津
波
、
海
岸
部
か
ら
山
間
部
ま
で
広
大
さ
れ
ま
し
た
。
市
地
域
防
災
計
画
が
新
た
に
策
定
を
こ
の
ほ
ど
開
催
し
、
由
利
本
荘
計
画
を
見
直
す
た
め
の
防
災
会
議
域
ご
と
に
定
め
て
い
た
地
域
防
災
旧
一
市
七
町
の
そ
れ
ぞ
れ
の
地
◆18年度保険料(標準的なケース)
年金天引により納付する方(特別徴収)
(単位:円)
第1段階
第2段階
第3段階
第4段階
第5段階
第6段階
天引きの日
4月 6月 8月 10月 12月 2月
計
2,
700 2,
700 2,
700 4,
810 4,
800 4,
800 22,
510
4,
500 4,
500 4,
500 4,
520 4,
500 4,
500 27,
020
4,
500 4,
500 4,
500 8,
030 8,
000 8,
000 37,
530
6,
100 6,
100 6,
100 10,
740 10,
500 10,
500 50,
040
8,
200 8,
200 8,
200 14,
350 14,
300 14,
300 67,
550
10,
000 10,
000 10,
000 17,
560 17,
500 17,
500 82,
560
14日 15日 15日 13日 15日 15日
・各年金支給月に生じる100円未満の端数は、10月に合算しています。
・前年度から継続して特別徴収となる方は、4・6・8月は仮に算定された保険料を納
めます(仮徴収)。(前年度2月分と同額)
・10・12・2月は確定した保険料を納めます(本徴収)。
・天引きの日は、年金の支給日によって変わる場合があります。
・新たに遺族年金と障害年金が特別徴収の対象となりました。
(10月から天引開始となります。
)
・老齢福祉年金等については天引きの対象とはなりません。
・現況届の提出忘れで、保険料の天引きができなくなる場合が多くなっています。ご注
意ください。
納付書・口座振替で納付する方(普通徴収)
(単位:円)
第1段階
第2段階
第3段階
第4段階
第5段階
第6段階
納 期 限
7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
計
2,
910 2,
800 2,
800 2,
800 2,
800 2,
800 2,
800 2,
800 22,
510
3,
920 3,
300 3,
300 3,
300 3,
300 3,
300 3,
300 3,
300 27,
020
5,
330 4,
600 4,
600 4,
600 4,
600 4,
600 4,
600 4,
600 37,
530
6,
640 6,
200 6,
200 6,
200 6,
200 6,
200 6,
200 6,
200 50,
040
8,
750 8,
400 8,
400 8,
400 8,
400 8,
400 8,
400 8,
400 67,
550
10,
460 10,
300 10,
300 10,
300 10,
300 10,
300 10,
300 10,
300 82,
560
31日 31日 10月2日 31日 30日 25日 31日 28日
・各月に生じる100円未満の端数は、7月に合算しています。
・納期限は、各月の末日です。また、12月の納期限は25日です。
・納期限が金融機関等の休日にあたる場合は、翌営業日となります。
・収め忘れのない口座振替が便利で安心です。手続きは、金融機関(ま
たは担当窓口)で行ってください。
・口座振替の場合の振替日は、左記の納期限と異なり25日となりますが、
金融機関等の休日に当たる場合には、翌営業日となります。
・年度途中に資格取得(転入や65歳到達など)の場合には、当該月から
保険料が発生します。(左記保険料額とは異なります。)
前年度中に資格取得された方
(単位:円)
(前年度転入者、
6
5歳到達者等〈併用徴収〉
)
・7月∼9月は普通徴収で、10月以降に特別徴収となります。
7月 8月 9月 10月 12月 2月
計
第
1
段
階 3,
850 3,
700 3,
700 3,
860 3,
700 3,
700 22,
510 ・天引きの日は、年金の支給日によって変わる場合があります。
第
2
段
階 4,
510 4,
500 4,
500 4,
510 4,
500 4,
500 27,
020 ・納期限が金融機関等の休日にあたる場合は、翌営業日となります。
第
3
段
階 6,
360 6,
200 6,
200 6,
370 6,
200 6,
200 37,
530 ・口座振替の場合の振替日は、左記の納期限と異なり25日となりますが、
第
4
段
階 8,
420 8,
300 8,
300 8,
420 8,
300 8,
300 50,
040 金融機関等の休日に当たる場合には、翌営業日となります。
第
5
段
階 11,
370 11,
200 11,
200 11,
380 11,
200 11,
200 67,
550 ・普通徴収から特別徴収に変更となる場合には、端数処理は7月と10月
第
6
段
階 13,
880 13,
700 13,
700 13,
880 13,
700 13,
700 82,
560 の2回になります。
納期限または天引きの日 31日 31日 10月2日 13日 15日 15日
◆18年度保険料の激変緩和措置(標準的なケース)
平成17年度税制改正として高齢者の非課税限度額が廃止
されたことにより、市民税の経過措置の対象とされた方には、
「介護保険における激変緩和措置」が行われます。内容とし
ては、平成18年度、平成19年度と段階的に移行できるように
保険料負担率を段階で引き引き上げるものです。
(単位:円)
年金天引により納付する方(特別徴収)
8年度は、標準的なケースで本来の保険料よ
税制改正の影響 4月 6月 8月 10月 12月 4月
計 本来保険料(年額) ・激変緩和措置として1
510円∼30,
020円低くなっています。
第1から第4段階となる方 2,
700 2,
700 2,
700 7,
820 7,
800 7,
800 31,
520
50,
040 り、年額8,
第2から第4段階となる方 4,
500 4,
500 4,
500 7,
020 7,
000 7,
000 34,
520
50,
040 ・各年金支給月に生じる100円未満の端数は、10月に合算しています。
第3から第4段階となる方 4,
500 4,
500 4,
500 9,
430 9,
300 9,
300 41,
530
50,
040 ・天引きの日は、年金の支給日によって変わる場合があります。
第1から第5段階となる方 2,
700 2,
700 2,
700 9,
830 9,
800 9,
800 37,
530
67,
550
第2から第5段階となる方 4,
500 4,
500 4,
500 9.
030 9.
000 9.
000 40,
530
67,
550
第3から第5段階となる方 4,
500 4,
500 4,
500 11,
430 11,
300 11,
300 47,
530
67,
550
第4から第5段階となる方 6,
100 6,
100 6,
100 12,
740 12,
500 12,
500 56,
040
67,
550
天 引 き の 日 14日 15日 15日 13日 15日 15日 15日
納付書・口座振替で納付する方(普通徴収)
※特別徴収対象外の方
税制改正の影響 7月 8月 9月 10月 11月 12月
第1から第4段階となる方 4,
220 3,
900 3,
900 3,
900 3,
900 3,
900
第2から第4段階となる方 4,
420 4,
300 4,
300 4,
300 4,
300 4,
300
第3から第4段階となる方 5,
830 5,
100 5,
100 5,
100 5,
100 5,
100
第1から第5段階となる方 5,
330 4,
600 4,
600 4,
600 4,
600 4,
600
第2から第5段階となる方 5,
530 5,
000 5,
000 5,
000 5,
000 5,
000
第3から第5段階となる方 6,
230 5,
900 5,
900 5,
900 5,
900 5,
900
第4から第5段階となる方 7,
040 7,
000 7,
000 7,
000 7,
000 7,
000
納
期
限 31日 31日 10月2日 31日 30日 25日
(単位:円)
1月
3,
900
4,
300
5,
100
4,
600
5,
000
5,
900
7,
000
31日
2月
計 本来保険料(年額)
3,
900 31,
520
50,
040
4,
300 34,
520
50,
040
5,
100 41,
530
50,
040
4,
600 37,
530
67,
550
5,
000 40,
530
67,
550
5,
900 47,
530
67,
550
7,
000 56,
040
67,
550
28日 28日
・激変緩和措置として18年度は、標準的なケースで本来の保
険料より、年額8,
510円∼30,
020円低くなっています。
・各月に生じる100円未満の端数は、7月に合算しています。
・納期限は、各月の末日です。また、12月の納期限は25日で
す。
・納期限が金融機関等の休日にあたる場合は、翌営業日とな
ります。
・口座振替の場合の振替日は、左記の納期限と異なり25日と
なりますが、金融機関等の休日に当たる場合には、翌営業
日となります。
前年度中に資格取得された方
(単位:円)
(前年度転入者、6
5歳到達者等 〈併用徴収〉
)
税制改正の影響 7月 8月 9月 10月 12月 2月
計 本来保険料(年額) ・7月∼9月は普通徴収で、10月以降に特別徴収となります。
8年度は、標準的なケースで本来の保険料よ
第1から第4段階となる方 5,
360 5,
200 5,
200 5,
360 5,
200 5,
200 31,
520
50,
040 ・激変緩和措置として1
第2から第4段階となる方 5,
860 5,
700 5,
700 5,
860 5,
700 5,
700 34,
520
50,
040 り、年額8,
510円∼30,
020円低くなっています。
第3から第4段階となる方 6,
960 6,
900 6,
900 6,
970 6,
900 6,
900 41,
530
50,
040 ・天引きの日は、年金の支給日によって変わる場合があります。
第1から第5段階となる方 6,
360 6,
200 6,
200 6,
370 6,
200 6,
200 37,
530
67,
550 ・納期限が金融機関等の休日にあたる場合は、翌営業日となります。
第2から第5段階となる方 6,
860 6,
700 6,
700 6,
870 6,
700 6,
700 40,
530
67,
550 ・口座振替の場合の振替日は、左記の納期限と異なり25日となりますが、
第3から第5段階となる方 7,
960 7,
900 7,
900 7,
970 7,
900 7,
900 47,
530
67,
550 金融機関等の休日に当たる場合には、翌営業日となります。
第4から第5段階となる方 9,
420 9,
300 9,
300 9,
420 9,
300 9,
300 56,
040
67,
550
納期限または天引きの日 31日 31日 10月2日 13日 15日 15日 15日
広報ゆりほんじょう 1
6
◆保険料は大切な財源です
皆さんが納める保険料は、公費とともに介護保険の大切な財源になっています。
介護が必要になったときに安心してサービスを利用できるよう、介護保険料を必ず納めましょう。
■基準額(月額)は 4,
170円
65歳以上
の人(第
介護サービスに係る費用の総額(利用者負担分を除く)の
19%
1号被保
分に応じて、
65歳以上の人の保険料の基準額が決まります。
険者)の
国の負担金
保険料
19.0%
25.0%
介護サービス総費用のうち
基準額
(月 額)
介護保険の財源
第1号被保険者負担分
÷12カ月
40歳以上
第1号被保険者数
65歳未満
県の負担金
の人(第
12.5%
由利本荘市
2号被保
険者)の
※左の円グラフの財源構成は、居宅給付費の負担割合です。
保険料
市の負担金
※介護保険事業は本荘由利広域市町村圏組合での運営ですので、
31.0%
12.5%
4,170円
保険料は由利本荘市とにかほ市の被保険者数およびサービス
総費用に基づき算定されます。
◆保険料は所得に応じて決まります
決められた基準額をもとに、低所得者の人に過重な負担とならないよう、所得段階別の保険料が決められます。
あなたの介護保険料は?
生活保護を受けている
はい
▼
※税制改正により保険
料段階が上がる人に
は、保険料率で緩和
措置がとられます。
いいえ
住民税を納めている(本人が住民税課税)
▼
いいえ
はい
※保険料は前年の所得
をもとに算定されま
すので、正しい所得
の申告をしましょう。
同じ世帯に住民税を納めている人がいる
▼
いいえ
はい
老齢福祉年金を受けている
はい
▼
いいえ
▼
前年の合計所得金額+課税年金
収入額が80万円以下
▼
▼
▼
はい
▼
前年の合計所得金額が
200万円以上
いいえ
▼
▼
▼
はい
第1段階
第2段階
第3段階
第5段階
第6段階
基準額×0.45
基準額×0.54
基準額×0.75
基
額
基準額×1.35
基準額×1.65
年額22,510円
年額27,020円
年額37,530円
年額50,040円
年額67,550円
年額82,560円
生活保護の受給
者および老齢福
祉年金受給者で
世帯全員が住民
税非課税
世帯全員が住民
税非課税で、前
年の合計所得金
額+課税年金収
入額が80万円以
下の人
世帯全員が住民
税非課税で、第
2段階以外の人
本人が住民税非
課税の人(世帯
内に住民税課税
者がいる)
本人が住民税課
税で、合計所得
金額が200万円
未満の人
本人が住民税課
税で、合計所得
金額が200万円
以上の人
17 広報ゆりほんじょう
第4段階
いいえ
準
福 祉
施行されています「障害者自立支援法」
平成18年4月から障害者自立支援法が施行されてい
ます。この法律により、これまで身体、知的、精神の
障害によって個別に分けられていた制度が一元化され、
どの障害者も同じ制度のもと共通のサービスを受ける
ことができるようになりました。
●利用方法
サービスの利用を希望する障害者や障害児の保護者
は、市福祉支援課に利用をご相談ください。
〔利用の流れ〕
●制度の主な内容
・障害者の種別(身体障害・知的障害・精神障害)に
かかわらず、必要とするサービスを利用できるよう、
仕組みを一元化
・障害者が「もっと働ける社会」に就労支援を強化
・地域の限られた社会資源を活用できるようにさまざ
まな規制を緩和
・公平なサービス利用のため、手続きや基準を透明・
明確化
・増大する福祉サービスなどの費用を支え合う仕組み
の強化
●サービス内容
介護給付
居宅介護、重度訪問介護、行動援護、療養介護、生活
介護、児童デイサービス、短期入所、重度障害者等包
括支援、共同生活介護、施設入所支援
訓練等給付(施設入所等)
自立訓練(機能・生活)、
就労移行支援、就労継続支
援、共同生活援助
●利用にかかる費用
サービスの利用量と所得に応じた仕組みが導入され、
利用者は原則としてサービス費用の1割負担となりま
すが、下表のとおり上限額が設定されています。
区 分
市民税課税世帯
市民税非課税世帯
市民税非課税世帯で利用
者の年収が80万円以下
生活保護世帯
月額負担上限額
37,
200円
24,
600円
15,
000円
費用の負担はありません
※食費や光熱水費は原則自己負担になります。
●問い合わせ先…市福祉支援課(24−6314)
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
国民年金
国民年金の保険料が改定されました
平成18年4月から平成19年3月までの国民年金保険
料は、月額13,
860円になります。
国民年金保険料は、平成29年度まで毎年度、月額280
円引き上げられ、最終的に月額1
6,
900円となる予定で
す。これは、年金を支える力と給付のバランスをとる
ためのものです。なお、基礎年金額の1 / 3(将来的
には、1 / 2)は国庫負担です。
今後も保険料の改定が予定されていますが、国庫負
担があることで、若者であっても平均では納付した額
の1.
7倍以上の年金が受け取れる計算になります。
◆ご存知ですか?国民年金の前納制度
1年前納で2,
950円、半年前納でも680円お得です。付
加納付の場合も、割引になります。5月以降も納付月
に応じて割引になります。お得な前納制度をご利用く
ださい。
◆保険料納付は、口座振替で!
保険料の納付は、納め忘れをなくし、手間のかから
ない「口座振替」が便利です。お申込みを希望する方
は、預貯金口座のある金融機関または社会保険事務所
へ、納付案内書、通帳、印鑑を持参してください。
●問い合わせ先 …秋田社会保険事務局本荘事務所
(24−1114)、市市民生活課(24−6246)
国民年金保険料は、前納すると割引になります。
広報ゆりほんじょう 1
8
住民自治
住民自治組織の活動を支援します
■集会施設建設費等補助金
▽
▽ ▽
自治会、町内会などが所有し管理運営する集会施設
の建築費等を助成します。詳細は地域政策課にお問い
合わせください。
対象団体…自治会、町内会など
その他…市の予算の関係から毎年10月末までに次年
度の要望を取りまとめます。建設や改修等の予定
がありましたらお早めにご連絡を願います。
問い合わせ先…地域政策課(24−6232)
▽
▽ ▽
市政と連携し、地域の振興と住民福祉の向上に資す
る住民自治組織の活動を支援します。補助金等交付申
請書および補助事業等計画書の提出が必要になります
ので、各総合支所振興課にお問い合わせください。
対象団体…自治会、町内会など
交付条件…次のいずれかの活動を年間活動として実
践すること。
①市有施設等の環境保全に関する活動
〈例〉道路・公園・バス停・施設周辺の除草など
②生活環境の保全、美化に関する活動
〈例〉ごみ分別収集の推進、散乱ごみや空き缶等の収
集、側溝清掃、不法投棄の監視、環境啓発など
③地域福祉に関する活動
〈例〉子育て支援、健康づくり推進、高齢者世帯の巡
回や除排雪援助など
④防災、防犯に関する活動
〈例〉自主防災活動、自主防犯活動、交通安全活動など
⑤教育、文化、社会体育に関する活動
〈例〉地域伝統芸能の継承、青少年健全育成、スポー
ツ、レクリエーション、イベントなど
交付金額…4月1日現在の町内会などの組織内戸
数(会員戸数)を基準として、次の額を限度額と
して交付します。
・20戸未満…20,
000円 ・20戸以上50戸未満…35,
000円
・50戸以上100戸未満…50,
000円
・100戸以上250戸未満…60,
000円
・250戸以上…70,
000円
補助対象事業と補助金額
▽
■住民自治活動支援交付金
事業項目
新築・全面
改築
改修・修繕
補 助 率
備 考
200万円
事業費の
2/10以内
取 得
下水道等の
排水設備工
事
補助限度額
100万円
事業費50万円
以上が対象
100万円
事業費の
1/2以内
50万円
下水道等の供
用開始から3
年以内に限る
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
防犯・防災
「防犯」や「防災」に取り組んでみませんか?
活動の時期…4月1日から来年2月末日まで
条件など…活動に対する支援であるため、活動のた
めの直接的な経費が対象で、単なる用品・機器の
購入や団体の運営経費などは対象になりません。
助成額…助成額の上限は15万円
申請方法…市生活環境課や各総合支所市民課に備え
付けの申請書で、県県民文化政策課安全・安心ま
ちづくりチームに郵送か持参により申請ください。
申請期限…5月19日消印有効
問い合わせ先…秋田県県民文化政策課安全・安心ま
ちづくりチーム(〒010−8570秋田市山王4−1−
2 総合庁舎4階・018−860−1522)
▽ ▽
▽ ▽
▽
19 広報ゆりほんじょう
▽ ▽
安全・安心まちづくり活動など
県では、犯罪の起こりにくいまちづくり、災害の予
防や訓練、災害時の即応体制の構築などの対策を進め
るために地域住民団体が行う「安全・安心まちづくり」
活動に対して、助成金を交付しています。
対象団体…一定の目的と計画のもとに県内で活動を
行う団体(町内会、PTA、老人クラブ、ボラン
ティア団体、NPOなど)
対象となる活動内容…地域住民団体が自主的に行う
犯罪防止活動や、犯罪防止と一体となって行う災
害防止活動。(必ず犯罪防止活動が入っているこ
と)具体的には①地域安全パトロール(防犯・防
災点検、診断活動を含む)②防犯・防災教室、セ
ミナー等の開催③地域安全情報の提供④その他の
▽
■安全・安心まちづくり活動支援助成金
月
月
桜・菜の花まつり
やしま八朔まつり
コスモスまつり
/西目
本荘さくらまつり /本荘公園
春の花まつり
/由利
秋田馬子唄全国大会
/大内
黄桜まつり
月
りんごまつり /西目
本荘八幡神社祭典・大名行列
春
つつじまつり /本荘公園
さつきまつり
/大内
月
/矢島地域一円
/本荘八幡神社
はぜ釣り大会 /本荘
月
鳥海山ハーフマラソン大会
/鳥海トレーニングセンター前 発着
鳥海新緑まつり /鳥海健康広場
秋
/矢島(花立牧場公園)
花立秋まつり
法体の滝紅葉まつり /鳥海
八塩紅葉まつり/東由利
月
全国ごてんまりコンクール/本荘
保存版
月
夏
旧藩祭 /岩城
全県ビーチバレーボール大会
/岩城
本荘マリーナ海上祭
ユリの花まつり
/本荘マリーナ
月
エランカップ
子吉川フェア
/本荘
スキー大会
新山神社裸まいり
初地蔵かんじき詣
鳥海山矢島口清掃登山
折渡地蔵尊例大祭
ひまわりまつり
冬
月
大内ウィンターフェス
日本海洋上花火大会
矢島カップ Mt.鳥海バイシクルクラシック
雪ものがたり2007
/東由利
由利高原雪まつり
芋川まつり
/由利
トリプルクロス大会
/矢島
月
雪上野球
菖蒲カーニバル
本荘川まつり花火大会
由利高原まつり(音楽祭、花火大会)
/本荘文化会館
本荘追分全国大会
岩城ふれあい港まつり
/東由利野球場
月
やしお元気まつり
長坂稲荷神社梵天まつり
雪山八塩登山
広報ゆりほんじょう 20
市営住宅入居者を募集
△
次の市営住宅の入居者を募集します。
公営住宅
本荘地域…3戸(松涛・砂子下)
由利地域…4戸(滝沢舘)
矢島地域…1戸(山寺南)
東由利地域…1戸(吉野)
岩城地域…1戸(高城)
鳥海地域…1戸(下野)
特定公共賃貸住宅 岩城地区…2戸(田町)
申込期限…4月2
5日
問い合わせ先…市都市計画課(2
4−6
3
3
4)または各総合支所
建設課
※入居には条件があります。ご確認ください。
△△△
住民基本台帳に基づく 人口・世帯数(3月末現在)
人 口 90,
095 人 男 43,
185 人 女 46,
910 人 世帯数 29,
714 世帯
△
△ △
△ △ △ △
⋮ テーマ…「人の生涯にわたる発達
⋮ ところ…職業訓練センター
⋮ と作業療法」
⋮ 定員…1
4名
⋮
⋮
⋮ 内容…指定演題発表、特別講演
⋮ 受講料…各コース3,
000円
手話奉仕員養成講座
⋮
⋮
申し込み・問い合わせ先…職業訓
⋮ 問い合わせ先…県作業療法士会事
⋮
⋮ 業部長/高橋さん(018−884
とき…5月8日∼11月末(毎週 ⋮ 練協会(23−5502)
⋮
⋮
月曜日、隔週木曜日 計40回) ⋮
⋮ −6534)
さき織り体験講座
⋮
⋮
午後6時30分∼8時30分
試 験
⋮
⋮
ところ…ポンパル
0分∼ ⋮
⋮ とき…5月2日午前9時3
⋮
⋮ 午後3時
対象…手話が初めての人
国家公務員Ⅱ種
⋮
⋮
定員…30人 受講料…無料
⋮
⋮ ところ…職業訓練センター
(大学卒業程度)採用試験
申し込み・問い合わせ先…4月2
5⋮ 内容…卓上はた織り機を使い、ポ ⋮
⋮
⋮
日まで市福祉支援課(24− ⋮ ケット付きタペストリーを作る ⋮ 受付期限…4月25日消印有効
⋮ 第1次試験…6月18日
⋮ 定員…初心者10人(先着順)
6314)
⋮
⋮
受講料…2,
000円(布は各自持参)⋮ 申し込み・問い合わせ先…人事院
⋮
要約筆記奉仕員養成講座
⋮ 申し込み・問い合わせ先…職業訓 ⋮ 東北事務局第二課 試験係(
⋮
⋮
「要約筆記」とは、話し手の内容 ⋮ 練協会(23−5502)
⋮ 022−221−2022)
⋮
の要点をつかみ、筆記やパソコンを ⋮
甲種防火管理者
ご 芳 志
⋮
⋮
活用して内容を伝達する、聴覚障害 ⋮
⋮
資格取得講習会
⋮
⋮
者の情報保障のひとつです。
自動血圧計の寄贈
⋮
⋮
とき…5月13日、20日、21日 ⋮ とき…5月25日、 26日
⋮
、27日、28日、6月1
0日 ⋮ 午前8時30分∼午後4時30分 ⋮ 石脇財産区100周年を記念し、ぱい
⋮
⋮
、11日、17日、18日、 ⋮ ところ…本荘由利広域交流センター ⋮ んすぱ新山に、同財産区より自動血
25日 午前10時∼午後4時 ⋮ 内容…消防法第8条第1項に定め ⋮ 圧計を寄贈していただきました。
⋮
⋮
ところ…本荘由利広域交流セン ⋮ られている防火管理者のうち、 ⋮
⋮ 甲種防火管理者の資格を取得す ⋮
ターほか
⋮
⋮
定員…10人 受講料…無料
⋮
⋮ るための講習
⋮
対象…要約筆記通訳者を目指す方 ⋮ 受講料…4,
000円
⋮
⋮
応募締切…4月28日
⋮ 申し込み・問い合わせ先…5月18⋮
申し込み・問い合わせ先…市福祉 ⋮ 日まで市消防本部予防課( ⋮
⋮
⋮
支援課(24−6314)
⋮ 22−4282)、矢島消防署予防班 ⋮
⋮
⋮ (5
5−2
111)
⋮
職業訓練センターパソコン講習 ⋮
チャイルドシートの寄贈
⋮
⋮
第15回秋田県
⋮ 照井一郎さん(小人町)より、交
⋮
とき・内容
⋮
⋮
作業療法学会一般公開
◎5月8日∼9日=パソコ ⋮
⋮ 通安全啓発用チャイルドシート2台
⋮
ン基礎(パソコン初心者)
とき…4月23日午前8時5
0分∼ ⋮ を寄贈していただきました。
⋮
⋮
◎5月17日∼18日=ワード ⋮ 正午
⋮
テープ郵送ケースの寄贈
⋮ ところ…秋田拠点センターアル ⋮
1(ワード初心者)
⋮
⋮
◎5月25日∼26日=ワード ⋮ ヴェ2階 秋田市民交流プラザ ⋮ 市内の朗読研究会「こえ」より、
⋮ 「声の広報」テープ郵送ケースを寄
⋮ 多目的ホール
2(表入り文書作成)
⋮
⋮
いずれも午前9時30分∼午後4時 ⋮ 入場料…無料
⋮ 贈していただきました。
講座・講習会
△
△
△ △
△
△ △ △ △
△ △ △
△ △ △
△
△
△ △
△
△
△ △
△ △ △ △
△
△
△
△
21 広報ゆりほんじょう
⋮ 春の植樹週間「水源の森」づくり
⋮
⋮
植樹ボランティア募集
⋮
認可変更に伴う関係図書を縦覧していますので、ご確 ⋮ とき…4月29日∼5月7日
⋮ ところ…西由利原「水源の森」
認ください。
⋮
都市計画の種類…本荘都市計画都市公園事業
⋮ 申し込み・問い合わせ先…4月20日まで
⋮ 市ガス水道局水道課(22−2326)
2号芋川桜づつみ河川緑地
⋮
縦覧場所・問い合わせ先…市都市計画課(3階)
(24⋮ ※苗木と用具は主催者が準備します。
⋮ ※5月7日は午前9時30分に市役所前から無料送迎
−6332)
⋮
⋮ バスを運行します。
本荘都市計画公園事業の 事業計画を変更しました
△ △ △
△
△
⋮ かかり、死亡した方の遺族で、
⋮
⋮ 時効により労災保険法に基づく
⋮ 遺族補償給付の支給を受ける権
大 人
40
0円
300円
⋮
⋮ 利が消滅した方
小 人
無 料
⋮ 内容…特別遺族年金または特別遺
⋮
※小人は中学生以下、 団体は20人以上 ⋮ 族一時金を支給
⋮ ※上記補償の対象とならない方には救
「携帯電話不正利用防止法」 ⋮
⋮ 済給付が支給される場合があります。
が制定されました
⋮ 問い合わせ先…秋田労働局労災
⋮
4月1日から携帯電話の契約や譲 ⋮ 補償課 (018−883−4275)
⋮
渡の際に本人確認が義務付けられ、 ⋮
「貸します詐欺」にご注意!
氏名などにつき虚偽の申告をすると ⋮
⋮
罰則の対象となっています。契約の ⋮ 最近、大手金融機関などを装って、
際は、あらかじめ各携帯電話会社へ ⋮ 「お金を貸します」といった内容の
⋮
確認のうえ、指定の公的証明書をご ⋮ 偽ダイレクトメールや携帯メールな
⋮ どを送りつけて、保証金や保険金名
準備ください。
⋮
問い合わせ先…総務省電気通信消 ⋮ 目でお金をだまし取る新手の手口が
費者相談センター(03−5253⋮ 急増しています。被害にあわないよ
⋮
−5900)
⋮ う十分ご注意ください。
⋮ 「貸します詐欺」被害ホットライ
「石綿による健康被害の救済に ⋮
⋮ ン(03−5320−4775)平 日:
関する法律」が制定されました ⋮
⋮ 午前9時∼正午、午後1時∼4
対象…石綿にさらされる業務に従 ⋮ 時30分
⋮
事することにより指定疾病等に ⋮
団 体
本荘地域薬師堂字堤下、深持、山崎地内で「下水道工事」を行います。
工事期間中はご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いします。
▽
対象…本年4月に大学・短大に入
学し、1年に在籍している本県
出身者で、秋田県育英会運営の
学生寮に入寮していない人
▽
出願期限…4月26日
※卒業後、秋田県内に居住した期間
については、申請により返還金の3
分の1を免除する制度があります。
【すこやか奨学生】
▽
対象…秋田育英奨学生対象者のう
ち、第3子以降の者およびその
兄弟姉妹
▽
出願期限…5月12日
※卒業後、秋田県内に居住した期間
については、申請により返還金の2
分の1を免除する制度があります。
2つの申し込み・問い合わせ先…
▽
▽
▽
▽
▽
下水道工事に伴う交通規制にご協力ください
【秋田育英奨学生】
秋田県育英会事務局(018−
860−3552)
※上記2つを併願することはできま
せん。また、他団体の制度と併用す
ることはできません。
【( 独 ) 日本学生支援機構奨学生】
対象…今年の春に大学、大学院、
▽
一 般
▽
区 分
短大、高専、専修学校(専門課
時間…午前8時30分∼午後5時 (全面通行止め)
程)に進学した人、または来春
※期間中は危険が伴います。また、工事の
進捗によって規制区間が変わりますので、
現地立て看板・交通誘導員の指示に従って
ください。
ちょく
※子吉郵便局など、区間内の住宅・施設には、
専用通路(徒歩)で行くことができます。
進学を予定している人(予約採
用)
申し込み・問い合わせ先…在学し
▽
▽ ▽
期間…4月17日∼7月28日
ている学校の窓口
※日本学生支援機構奨学金の詳細に
ついては、同機構ホームページ
−6336)
、㈱吉田工務店(22−2092)
(ht
tp:// www.
j
as
so.
go.
j
p/)でも
△
問い合わせ先…市上下水道課(24
ご覧いただけます。
広報ゆりほんじょう 2
2
物品払い下げのお知らせ
市では、一般公募入札による下記物品の払い下げを行います。
物 品 名
小型動力ポンプ積載車
小型動力ポンプ
台 数
5
6
最低売却価格(1台あたり)
1万円∼3万円
2万円∼2万2千円
△
※物品により最低売却価格が異なります。詳細は説明会でお知らせします。
とき 説明会…4月25日午前9時30分
入札日…5月9日午前9時30分
ところ…市役所第8会議室(5階) 問い合わせ先…市管財課(24−6262)
△
△
⋮ 次のことがらを守り、原野などの
⋮
「若年者就職促進訓練」受講生募集 ⋮
⋮
⋮ 火災防止にご協力をお願いします。
⋮
⋮ 専門学校等での座学訓練と企業で ⋮ ①たばこの吸い殻を捨てない
「海岸林再生植樹」参加者募集 ⋮
⋮
⋮ の職場実習を組み合わせて実践し、 ⋮ ②枯れ草などのある危険な場所で
水林海岸防備林にクロマツ苗木 ⋮ 関連資格の取得と実践的スキルの習 ⋮ は、たき火をしない
⋮
⋮
1,
000本を植樹します。ぜひ、ご参加 ⋮ 得を目指します。
⋮ ③強風、乾燥しているときは、たき
⋮ 火をしない
⋮
対象者…原則35歳以下の求職者で、
ください。
⋮
⋮
とき…4月22日午前10時∼正午 ⋮ 管轄する公共職業安定所長の指 ⋮ ④たき火の場所を離れるときは、完
集合場所…市水林国有林(本荘由 ⋮ 示、推薦を受けることができる方 ⋮ 全に消火する
⋮
⋮
利卸売市場向かい)
⋮ −市消防本部予防課、本荘消防署、
⋮ 受講料…無料
⋮
申し込み・問い合わせ先…4月20日 ⋮ 申し込み・問い合わせ先…最寄 ⋮
⋮ 矢島消防署−
まで水林海岸防備林を松くい ⋮ りのハローワークまたは雇用・⋮
ご利用ください
⋮
⋮
虫から再生する会(22−1076)⋮ 能力開発機構秋田センター訓練 ⋮
「手話通訳」「点字広報」「声の広報」
⋮
⋮ 担当 (018−836−3187)
「由利高原鉄道」社員募集
⋮
⋮
⋮ ◎「手話通訳者派遣」
⋮
自衛隊幹部候補生募集
⋮ 音声言語障害、聴覚障害者の方々
⋮
資格…①高卒以上(25歳まで)
⋮
⋮
②視力1.
0以上(矯正可) ⋮ 内容…①一般・技術幹部候補生 ⋮ の円滑な日常生活を支援するため、
「手話通訳者」を派遣します。ま
③自動車免許を有する事 ⋮ ②歯科・薬剤科幹部候補生 ⋮ ⋮
⋮
募集人員…若干名
⋮ た、手話に関する相談にも応じて
⋮ ③海上自衛隊技術海曹
⋮ います。
⋮
応募締切…4月28日必着
受付期限…①②…5月12日
⋮
⋮
⋮ ◎「点字広報」「声の広報」
申し込み・問い合わせ先…由利高 ⋮ ③…5月26日
⋮
⋮
原鉄道㈱総務課(矢島町七日町 ⋮ 試験日…①②…5月20日、21日 ⋮ 視覚障害者の方に「広報ゆりほん
⋮ じょう」の内容を点字にした「点
字羽板21−2・56−2736) ⋮ ③…7月3日
⋮
⋮
募集説明会
⋮ 字広報」を月1回、カセットテー
⋮
JA秋田しんせい「あぐりスクール」 ⋮
とき…4月22日午後1時から1 ⋮ プに収録したものを月2回お届け
⋮
⋮
平成18年度生徒募集
⋮ します。
⋮ 時間程度
1年を通して生産から収穫までの ⋮ ところ…本荘由利広域交流セン ⋮ ※いずれも無料ですので、お気軽に
⋮
⋮
農業を体験しながら、食と農のこと ⋮ ター
⋮ ご連絡ください。
⋮
申し込み・問い合わせ先…由利本 ⋮ 申し込み・問い合わせ先…市福祉
を楽しく学習しませんか。
⋮
⋮
募集人員…JA秋田しんせい管内 ⋮ 荘募集事務所(22−3479) ⋮ 支援課(24−6314)
⋮
の小学校4年生以上の児童、50人 ⋮
⋮
⋮
史跡保存伝承の里 天鷺村
そ の 他
⋮
年会費…2,
000円(開催内容により ⋮
5月1日から入村料が有料に
⋮
⋮
600円∼1,
000円程度の昼食代各 ⋮
⋮
原野などの火災防止にご協力を!
⋮ 岩城地域亀田地区の史跡保存伝承
⋮
自負担)
⋮
⋮
応募方法…JA各支店備え付けの ⋮ 空気が乾燥し風の強い季節になっ ⋮ の里天鷺村は、5月1日から有料に
申込書でお申し込みください。 ⋮ てきました。毎年この時季には、た ⋮ なります。
⋮
⋮
応募締切…4月25日
⋮ ばこの投げ捨て、枯草焼きからの延 ⋮ 今後ともご来場の皆さんにご満足
問い合わせ先…JA秋田しんせい ⋮ 焼などによって火災が発生し大切な ⋮ いただけるよう、施設の一層の充実
⋮
⋮
生活福祉部生活課(27−1725)⋮ 財産が損害を被っています。
⋮ を図ってまいります。
▽ ▽
▽
▽
▽
▽ ▽
▽
23 広報ゆりほんじょう
▽
▽
▽
▽
▽
▽ ▽ ▽
▽
▽
▽
▽ ▽
▽
募 集
地域情報コーナー
大
内
産 業 課 65−2216
■ファミリーランド 4月21日(金)午前10時オープン
△ △
営業時間…午前8時30分∼午後5時 休業日…4月∼6月=毎週火曜日定休 7月∼8月=無休
9月∼10月=毎週火曜日定休
※ロッジもオープンします。
△
申し込み・受付時間…4月22日以降午前9時∼午
後4時までファミリーランド(67−2313)へ。
ファミリーランドが定休日の場合は大内総合支所
産業課へ。
地
域
A型ロッジ4棟(6人用)
ベット(6床)、毛布、枕、冷蔵庫、ガス
〈備 品〉 コンロ、流し、テレビ、バストイレ付き
※調理器具はありません
日帰り(AM10:00∼PM4:00)1棟当たり3,
500円
〈利用料〉
宿 泊(PM 5:00∼翌朝9:30) 〃 7,
000円
※各施設共通駐車場30台・冬期間(11月上旬∼4月中旬)休業
B型ロッジ3棟(3人用)
ガスコンロ、流し、トイレ付き
〈備 品〉
※調理器具はありません
日帰り(AM10:00∼PM4:00)1棟当たり1,
500円
〈利用料〉
宿 泊(PM 5:00∼翌朝9:30) 〃 3,
000円
※各施設共通駐車場30台・冬期間(11月上旬∼4月中旬)休業
東 由 利 地 域
とき…
△
市 民 課 69−2117
夜の部 午後6時∼
①4月21日、②4月22日、
■東由利地区 「 春の清掃週間 」
清掃週間…4月24日∼30日
△ △
③5月12日、④5月19日
一斉清掃日…4月30日
昼の部 午前10時∼
※地域の融雪等の状況に応じて実施してください。
①4月23日、②4月24日、
③5月14日、④5月21日
行います。夜の部、昼の部のいずれかをお選びください。
地
参加費…一般1,
500円 中学生・高校生500円
△ △
形づくりから完成披露までの作業を4日間の日程で
目
対象…成人男女を対象にしていますが、中学生、高
校生の参加も可能です。陶芸経験は問いません。
■陶芸教室のお知らせ
西
ところ…東由利陶芸工房(バス停「黄桜の里」隣)
△ △
生涯学習課 69−2310
申込期限…4月20日
域
鳥
生涯学習課 ( 西目公民館 「 シーガル 」 内 ) 33−2315
■西目歩こう会(仮称)の会員募集について
海
地
域
福祉保健課 57−3501
■バス乗車券の交付について
∼健康づくりは歩く習慣づくりから∼
△
対象…鳥海地域に住所を有し、18年度内で満70歳以
会員の皆さんでコースを考え、地図を作り、ウォー
上の方
△
つづ
キング大会を開催し…回数を重ねていくことで、見事
内容…1人につき1年に1
00円券1
1枚綴りを4冊交
な分厚いウォーキングマップ大全集が完成
付します。(交付月4月と10月の年2回)
会則も事業計画もない、まったく白紙からのスター
※申請は、鳥海総合支所福祉保健課またはお近くの出
トです。決まっているのは、毎月の定例ウォーキング
張所へ
だけです。
ただ参加するのではなく、皆さんで企画・運営して
いくような、そんなサークルを皆さんで作りませんか?
広報ゆりほんじょう 2
4
地域情報コーナー
本
荘
本荘公民館 22−0900
地
域
■アクアパル開館10周年記念事業
「中島啓江コンサート」
■草絵の手法を学ぶ
ボートプラザアクアパル開館10周年を記念して、テ
草絵とは、草の実や根で染めた手すきの和紙を自分
レビでお馴染み・あのビッグママ「中島啓江さん」の
の心のおもむくままに切ってつくる絵画です。
コンサートを開催します。
当講座では、白和紙を草木染めで染める手法を学び
コンサートでは、中島さんと由利本荘市合唱連盟と
染め上がった和紙を使い絵をつくります。
の歌の共演も予定しています。
①草木染めを学ぶⅠ(実習有り)
とき…5月21日
午後2時30分開場、午後3時開演
△ △
ところ…ボートプラザアクアパル「多目的ホール」
△ △
とき…5月19日午後1時30分∼4時
じ
△
−オンリーワンの絵をつくってみませんか−
な
②草木染めを学ぶⅡ(実習有り)
一 般=3,
000円・当日3,
500円
講師…鈴木美保子氏
入場券…【全席自由前売り】
とき…6月27日午後1時30分∼4時
△ △
ペア券=5,
500円(前売りのみ、アクアパルで取
講師…鈴木美保子氏
り扱い)
③草木染め和紙で絵をつくる(実習有り)
4月20日より発売開始
とき…7月27日午後1時30分∼3時
△ △
△
講師…高橋草駒氏
ンノ楽器、ヤマハ本荘店、ジョイフルシティ本荘、
※場所はいずれも本荘勤労青少年ホーム
トガシ電機商会、ミュージックショップササヤ
入場券販売所…アクアパル、本荘地域各公民館、コ
▲
募集人数は20人(先着順)
活
躍
中
の
中
島
啓
江
さ
ん
生涯学習推進課 24−6284
■「生涯学習のすすめ」の訂正について
本荘地域を対象に広報ゆりほんじょう4月1日号と
同時配布しました「生涯学習のすすめ」中の日本野鳥
の会秋田県支部本荘由利地区会の連絡先に誤りがあり
ましたので訂正いたします。
■アクアパル文化振興協会会員募集
年会費…個人会員1,
000円、法人会員10,
000円
△ △
正しい連絡先は「中村郁雄さん(23−4
230)」です。
ミ
ュ
ー
ジ
カ
ル
な
ど
で
も
特典…アクアパル文化振興協会主催事業(コンサー
ト等)の入場割引
申し込み・問い合わせ先…4月28日までアクアパル
△
アクアパル 22−5611
■アクアパル カヌー教室
△ △ △ △ △ △ △
とき…4月30日午後1時∼4時
ところ…子吉川(アクアパル集合)
矢
対象…小学3年生以上(小学生は保護者同伴)
定員…20人(先着順)
申込期限…4月28日
地
域
生涯学習課 56−2203
参加料…500円(保険料)
持ち物…タオル、着替え
島
寿康苑 56−2940 福祉会館 56−2205
■公共施設休館日(4月下旬)
△ △ △ △
青少年ホーム…23日、日曜・祝日の夜間
日新館…16日
寿康苑…16日、24日
福祉会館…23日
25 広報ゆりほんじょう
5月15日号へ掲載希望の原稿は5月1日(月)が締め切りです。
■「新婦人親子リズム会」であそびましょう!
△ △ △ △ △
とき…4月20日、27日 午前10時30分∼正午
ところ…本荘由利広域交流センター
内容…リズム体操、工作、絵本の読み聞かせ、おやつ
対象…0歳児から就学前の親子、祖父母
お問い合わせ…近藤さん(24−2767)
■第6回カジュアルダンスパーティー
△ △ △ △
とき…4月23日 午後1時30分∼4時
ところ…アクアパル
会費…1,
500円(前売整理券には抽選券付)
整理券販売・お問い合わせ…竹内さん(090−3363−9263)
■第32回親睦茶会
△ △ △ △
とき…4月23日 午前9時30分∼午後2時30分
ところ…鶴舞会館1F和室、3Fホール
茶券代…1,
00
0円(小・中・高校生500円)
お問い合わせ…裏千家茶道わけい会 渡邊さん(22−2832)
■韓国語日常会話講座/受講生募集
△
とき…4月∼9月 毎月最終土曜日 午後6時∼8時
※4月は22日
△ △ △
ところ…本荘勤労青少年ホーム(予定)
△
教材費…1回500円 講師…李明南さん
お問い合わせ…Vi
vaⅡ高原さん(23−0305)
■古稀の会
△ △ △ △ △
とき…5月20日 午後2時
ところ…本荘グランドホテル
会費…7,
000円
申込締切…4月30日
お問い合わせ…本荘グランドホテル(23−4545)
■飾らなくなった「鯉のぼり」はありませんか?
「道の駅にしめ」では、ご家庭で眠っている「鯉のぼり」を
寄贈していただき、毎年ゴールデンウィークに敷地内での遊泳
を実施しております。寄贈していただける方は「道の駅にしめ」
(33−4260)までお願いします。
■和裁サークル会員募集
△ △ △ △
とき…毎月第1、第3、第4火曜日 午前9時∼正午
ところ…鶴舞会館
△
会費…月1,
00
0円 講師…高山菊先生
お問い合わせ…阿部さん(22−6166)
■硬式テニス会員募集
△ △ △ △
とき…毎週日曜日 午前10時∼正午
△
ところ…水林テニスコート 参加費…月500円
対象…40歳以上、多少経験のある方
お問い合わせ…サンデーテニスクラブ 伊藤さん(22−3355)
◆図書案内
◎本荘図書館 22−4900
・歴史・小説・人生 浅田 次郎著
・東大vs(バーサス)
東京大学公共政策大学院
・子どもを殺す子どもたち 福島 章著
・仁義なき英国タブロイド伝説 山本 浩著
・プレゼンテェーションの英語表現
デイビッド・セイン著
・祖国とは国語 藤原 正彦著
・国際政治の見方 猪口 孝著
・ Present
s 角田 光代著
・日本国民に告ぐ
−誇りなき国家は、滅亡する−小室直樹著
・これが宮内庁御用達だ こだわりの名品5
0
鮫島 敦著
・魔女の笑窪 大沢 在昌著
・女子フィギアスケート−氷上に描く物語−
八木沼純子著
・フルーツ・カットテクニック
平野 泰三著
・ f
ant
as
i
a 高樹のぶ子著
・佐用姫伝説殺人事件 新装版 内田康夫著
◎岩城図書館 73−3673 ・クローズド・ノート 雫井 脩介著
・お腹召しませ(おはらめしませ)
浅田 次郎著
・県庁の星 桂 望美著
・宇宙日記−ディスカバリー号の15日−
野口 聡一著
・秋田むがしこ 今村 義孝著
・国家の品格 藤原 正彦著
・私の嫌いな10の人びと 中島 義道著
・よくわかる女性のからだ事典 天野恵子著
・エルデスト 上・下 クリストファー・パオリーニ著
・とんとん拍子 星 新一著
・さかなをたべる なかのひろみ著
・真夜中のまほう フィリス・アークル著
◎由利図書館 53−2121
・砂漠の薔薇 新堂 冬樹著
・一生懸命って素敵なこと 林 文子著
・ウーマンズ・アイランド 林 真理子著
・いま、暗闇でふるえているきみへ
義家 弘介著
・ソウルメイトの不思議 越智 啓子著
・冷や汗の向こう側 三谷 幸喜著
・生きてるだけで百点満点 鈴木せい子著
・下流社会 三浦 展著
・私のパリ、私のフランス 岸 恵子著
・花を 真鍋 弘樹著
・無思想の発見 養老 孟司著
・初版 グリム童話集 吉原 高志編
・森光子 杉本 禮著
・しろのあお 上大岡トメ著
・絵本の村から 内田 新哉著
・百歳まで歩く 田中 尚喜著
・ハル 哲学する犬 グォン・デウォン著
・翼の折れた天使たち(空)
(海) Yoshi著
広報ゆりほんじょう 2
6
ま
お
〈4月1日∼7日受付分〉
佐藤 真緒ちゃん(義仁さん)吉沢
に な
佐藤 仁奈ちゃん(利治さん)鳥海町栗沢
たい と
赤川 泰斗ちゃん(次雄さん)鳥海町下笹子
りん く
池田 凛空ちゃん( 忍 さん)大浦
るう
細谷 流ちゃん( 彰 さん)石脇
み ゆ
村上 心優ちゃん(智英さん)下大野
たく み
真坂 拓実ちゃん(正栄さん)鳥海猿倉
( )は保護者
おくやみ申し上げます
20
22
23
25
29
30
本:本荘文化会館 22−3033 ア:アクアパル 22−5611
総体:市総合体育館 62−0500
■劇団員を募集中です
劇団「濤」では、一緒に演劇を楽しみたい方を募集しています。
募集内容…キャスト 男女問わず、初心者歓迎
スタッフ 美術・照明などを初歩から学習
とき…毎週水曜日 午後7時∼9時30分
(5月からは月・水曜日の予定)
ところ…西目シーガル 団体活動室、ステージ
お問い合わせ…佐々木さん(33−2027)
※7月15日に第9回定期公演を予定しています。
■陶芸教室に参加しませんか
ぬくもりの、あなただけの器を作ってみませんか?
初心者より個別指導いたします。
とき…毎週水曜日(月4回)午前10時∼正午、午後1時∼3時
※どの時間帯でもOKです。
ところ…天鷺村陶芸工房
入会金…3,
000円 月謝…5,
000円 粘土…1,
500円(1㎏)
お問い合わせ…天鷺村事務所(74−2525)
※1日体験教室も随時行います(材料費込3,
000円)
△
△
△
△ △ △
■「西目よさこい」みんなでおどろう
2006年は、懐かしい「西目村民歌」バージョンアップに挑戦し
ます☆踊ってみようという方はご連絡を
お問い合わせ…夜間:三浦さん(33−3603:自宅)
日中:高橋さん(33−2342:西目社会福祉協議会)
△
■「遊びの庭」参加者を募集
幼稚園で一緒に楽しく遊びましょう!どなたでもおいでください。
とき…毎週金曜日 午前9時30分∼11時 ※4月21日開始
対象…入園前のお子さんと保護者の方
お問い合わせ…本荘幼稚園(22−3116)
△ △ △
■球児・指導者の皆さん、「野球教室」あります
とき…4月29日午後0時30分∼ 対象/中学校野球部員、指導者
30日午前9時∼ 対象/スポーツ少年団員、指導者
ところ…鳥海球場 参加費…無料
チーフ・アドバイザー…元ロッテ所属 武藤一邦氏
/日本プロ野球選手会指導講師
お問い合わせ…創和技術㈱内 秋田王冠クラブ 三浦さん (090−8929−9002)
△
△
△△
△
27 広報ゆりほんじょう
△△
※掲載を希望する方は、市民課または出張所
窓口でお申し出ください。
16
△
〈3月21日∼31日受付分〉
大 場 ゲ ダさん(93歳)鳥海町伏見
北 村 公 人さん(15歳)桜小路
佐々木 愛 子さん(87歳)中横町
三 浦 志子さん(86歳)川口
渡 邊 タケヨさん(93歳)船岡
小 松 徳三郎さん(84歳)柳生
小 松 テツ子さん(66歳)中梵天
佐 藤 ヨシ子さん(75歳)川口
古 池 新 市さん(51歳)上大野
佐 藤 フヨ子さん(62歳)石脇
菊 地 ウ タさん(101歳)花畑町一丁目
中 村 勘 悦さん(64歳)石脇
真 坂 末太郎さん(87歳)西小人町
温 井 ミツヱさん(82歳)観音町
猪 股 直 三さん(87歳)舘
鈴 木 政 則さん(58歳)川口
豊 島 貞 一さん(81歳)矢島町七日町
遠 藤 サ トさん(83歳)矢島町七日町
田 口 ミサヲさん(81歳)岩城二古
野 利 男さん(70歳)岩城勝手
三 浦 スエノさん(86歳)土倉
熊 谷 幹さん(80歳)前郷
小 野 テツヱさん(95歳)松本
佐々木 榮 一さん(77歳)西目町沼田
越 前 コフミさん(79歳)西目町沼田
大 場 忠さん(67歳)西目町沼田
村 上 武 男さん(95歳)鳥海町伏見
池 田 和 友さん(72歳)鳥海町猿倉
催 し 物 名
「Spinna B−ILL」コンサート(入場料あり17:30∼20:30 ア)
第14回本荘職場対抗バレーボール大会(9:00∼ 総体)
シルバーカレッジ「鳳山学園」(本)
アクアパルフィットネスジム登録講習会(登録料あり18:00∼19:30 ア)
本荘由利中学校春季バレーボール大会(8:00∼ 23日まで 総体)
由利本荘市婦人団体連絡協議会総会 (本)
映画上映「マザー・テレサ」(入場料あり9:50∼ほか ア)
池坊由利本荘支部総会 (本)
ダンスプラザ・タケウチダンスパーティー(会費あり13:30∼16:00 ア)
由利本荘市俳句会〈観桜会協賛〉(本)
由利本荘市・にかほ市春季一般バスケットボール大会(総体)
子吉川クリーンアップ(7:30∼8:30 ア)
アクアパルカヌー教室(参加料あり13:00∼16:00 ア)
△
佐藤喜久榮氏(旧鳥海町功労者・鳥海町八木
山)は、3月17日午前5時52分に永眠されま
した。氏は昭和8年旧川内村議会議員となら
れ、同43年3月まで通算18年余りにわたり議
会議員として村勢の進展に尽くされるととも
に、同収入役、同名誉助役、旧鳥海村農業委
員、町(村)教育委員などを歴任され、永年
にわたって地域自治の発展に多大な貢献をさ
れました。平成2年鳥海町自治功労顕彰。昭
和60年勲六等単光旭日章。享年101歳。
日
ふ
る
さ
と
﹄
に
、
有
意
義
な
学
生
生
活
を
送
ら
れ
ま
す
よ
う
に
。
七
割
が
県
外
出
身
。
由
利
本
荘
市
を
﹃
第
二
の
長
は
、
私
た
ち
の
一
番
の
願
い
で
す
。
っ
最
中
。
子
ど
も
た
ち
の
健
や
か
な
成
人
が
歓
迎
し
ま
し
た
。
今
年
の
新
入
生
は
約
入
生
三
百
六
人
を
地
元
園
児
な
ど
約
三
百
行
わ
れ
、
本
荘
キ
ャ
ン
パ
ス
で
学
ぶ
新
県
立
大
学
の
入
学
式
が
四
月
六
日
に
柳田市長も激励、固い握手交わして■
ラ
ン
チ
ル
ー
ム
で
は
楽
し
い
食
事
の
真
い
毎
日
を
送
っ
て
い
ま
す
。
こ
の
日
も
八
十
九
人
の
園
児
が
の
び
の
び
と
楽
し
四
月
三
日
に
入
園
式
を
行
い
、
現
在
保
育
施
設
で
す
。
備
わ
っ
た
、
木
の
ぬ
く
も
り
の
伝
わ
る
保
育
室
、
広
々
と
し
た
遊
戯
室
な
ど
が
室
の
ほ
か
、
ラ
ン
チ
ル
ー
ム
や
病
後
児
を
行
っ
た
川
内
保
育
園
。
五
つ
の
保
育
事
を
終
え
、
三
月
二
十
四
日
に
開
園
式
昨
年
九
月
か
ら
進
め
て
い
た
改
築
工
▲3月24日に行われた開園式でのテープカット
広報ゆりほんじょう 28
Fly UP