...

北米で時を刻む“PRRS時計” - 日本養豚開業獣医師協会(JASV

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

北米で時を刻む“PRRS時計” - 日本養豚開業獣医師協会(JASV
連載
スワイン・エクステンション・ノート Vol.10
北米で時を刻む“PRRS時計”
Swine Extension Note
∼常に進化し続けるウイルスに現場はどう対処するのか?∼
Swine Extension & Consulting(スワイン・エクステンション&コンサルティング)
獣医師・獣医学博士 大竹 聡
[email protected]
PRRS の“年表”を順に眺めていくと、とても奇妙な傾向が
20 年の時を刻む“PRRS 時計”
あることに気づきます。それは、5 ∼ 6 年スパンというほぼ
アメリカ養豚業界には“PRRS clock”という言葉があり
正確な周期を刻んで、
“超強毒株”とでも言うべき病原性の
ます。直訳すると「PRRS“時計”
」となります。もともとは
非常に強い株が出現して業界に甚大な被害を与えているとい
ミネソタ大学豚病撲滅センターのScott Dee 先生が提唱した
うことです。
ものですが、何を意味しているかと言うと、
「現代の養豚疾
5 ∼ 6 年周期で PRRS 強毒株の出現
病において我々の最大の敵であるPRRS は、時間を経過する
①アイオワ“Atypical PRRS”株
たびに進化してきている。それに対応して我々自身も進化し
表 1 を参照して下さい。まず最初に台頭してきたのは、
ていかなければならない!」ということなのだと筆者は考え
ます。
1994 ∼95 年にアイオワ州を中心に猛威をふるった“Atypical
PRRS ウイルス遺伝子は変異しやすく、従って、異なる株
PRRS(非定型 PRRS)
”と呼ばれる株でした。以前までの典
が非常に多く存在します。遺伝子解析だけでPRRS ウイルス
型的 PRRS では繁殖障害はもっぱら妊娠後期の流死産に限ら
株の毒性の程度を確定することは現在の科学技術ではまだ不
れていましたが、この強毒株の感染では、妊娠時期に関係な
可能ですが、株によっては非常に強毒なPRRS が存在し、感
く激しい流死産が見られました。酷い言葉ですが、
「Abor-
染農場に甚大な被害を与えていることは、紛れもない事実で
tion storm(流産の嵐)
」という表現はこのときから使われ
す。北米において 1988 ∼ 89 年に初めて PRRS が現れてから
だしたのです。奇しくも市販 PRRS 生ワクチンが北アメリカ
現在まで、既に 20 年近く経つことになりますが、この間の
で上市され普及し始めたころでしたが、そのワクチン接種済
表1 北米におけるPRRSの「年表」
年
∼89
1988∼
流行した強毒株
現場被害の傾向
教訓として我々が学んだこと
ミステリー病
蘆妊娠後期の流死産
(PRRS VR2332株) 蘆離乳豚のヘコヘコ
1994∼95 “非定型PRRS”
(Atipical PRRS,
SAMS、142株)
2000∼01
MN-184株
2007∼08
1-?-2株
蘆「PRRSという病気が存在する…」
蘆「PRRSは今までの疾病とは全く異なるので、
意識を改めた対策が必要だ!」
蘆「強毒株が現実に存在する」
蘆妊娠時期に関係なく流死産
(“流産の嵐”)
蘆「ワクチンは必ずしも100%保障で
蘆高い母豚死亡率
はない」
蘆ワクチン接種農場もブレイク 蘆「バイオセキュリティが最重要!」
蘆「PRRSは撲滅した方がよい…」
蘆繁殖被害大きい
蘆「空気感染しやすいPRRS株もある」
蘆ワクチン接種農場もブレイク 蘆「原種豚場やAIセンターにはさらにワンランク上
蘆AIセンターにも多く侵入
のバイオセキュリティを!」
蘆伝播能力が非常に高い
蘆「空気フィルターが効果がありそうだ…」
蘆「PRRSは撲滅すべきだ!」
蘆「バイオセキュリティが最後の砦!」
蘆母豚死亡率が高い
蘆離乳後事故率が高い
(サーコ 蘆「空気フィルターがその答えになりそうだ」
蘆「PRRS撲滅の必要性にもはや疑いの余地は
ワクチン接種群でも)
ない。技術ならある。あとは実行あるのみ!」
蘆ワクチン接種農場もブレイク
蘆AIセンターにも多く侵入
蘆伝播能力が非常に高い
© S. Otake
63
Swine Extension Note
みの繁殖豚群ですら、まるで陰性農場が感染したかのような
大きな臨床被害を許してしまいました。
北米で唯一のPRRS 生ワクチン製造販売元であるベーリン
ガー社が、この被害の甚大性を強調する業界の声に対応し、
この強毒株を親株として新しいPRRS 生ワクチンの製造販売
を実現させたことは、アメリカでは皆が知る有名な事実です。
エアフィルター
また、その感染農場において、概して高い母豚死亡率が認め
られたことから、
「強毒株の感染では、PRRS 単独でも母豚
が死ぬことが多々あり得る」ことも分かりました。この“非
定型 PRRS”の流行を契機に、① PRRS には株の多様性があ
り、現実にそのなかには非常に病原性の強いものが存在する、
© S. Otake
②ワクチン対応だけによる PRRS 対策は、必ずしも今後
100 %保障されるわけではない、③今後またこのような強毒
写真 1 PRRS 防疫対策として空気フィルターを設置した豚舎
株が出てくるともしれないので、バイオセキュリティがPRRS
対策の最重要ポイントになる、そして、④もうこんな痛い思
いはしたくない…。やはりPRRS は撲滅するしかない! と
いう意識を我々はこのとき初めて確立できました。つまり、
ただ負けたわけではなく、そこから大事なことを学びとって
今後に繋げる旗印を立てたのです。
②ミネソタ“MN-184”株
しかし残念ながら、この“非定型 PRRS 株”が最後ではあ
りませんでした。それから5 ∼ 6 年経った2000 ∼ 01 年ごろ、
さらに強毒な新たな株が出現しました。現在でもまだ猛威を
ふるっている“MN −184”という株です(
“MN”はミネソタ州
© S. Otake
を中心に被害が見られたことからつけられた通称です)
。繁
写真 2 DOP95 %空気フィルター(内側)
殖農場での被害の甚大さはもはや言うに及びませんが、この
強毒株について特筆すべきは、厳密なバイオセキュリティを
実践・徹底している AI センターの多くですら、この株の侵
入を許してしまったことでした。北米における AI センター
普及・実践されてきて功を奏していましたが、このMN-184
は PRRS 陰性が絶対必須の条件ですから、どんな株にせよ
株の流行により、
「今までのバイオセキュリティ法ではまだ不
「AI センターが PRRS に汚染された」という事実だけで、も
十分なケースがある。AI センターや原種豚場など、決して
はやそのセンターは現実としてビジネスができなくなります。
PRRS 侵入を許してはならないところでは、もうワンランク
その侵入した株が今までにない強毒株だということであれば
上のバイオセキュリティが要求される!」ということを学ん
なおさらです。
だのです。
現場からのニーズを受けてこの強毒株についての様々な研
その結論として“空気フィルター”の現場実践が現在進行
究・検証が行われ、この強毒株は「今までの株と比べて感染
中です(写真 1、2)
。またこれにより、ますます「PRRS は
豚体内でのウイルス増殖能力がべらぼうに高い。従って病原
撲滅すべき病気である。そのための技術は既にある!」とい
性も非常に強く、また、感染豚の呼気に排せつされるウイル
う気運が高まることになりました。
ス量が桁違いに多い。よって、今までの株よりも空気感染の
③今年新たに強毒の新株
リスクが高い!」ということがはっきり分かりました。95 年
の“非定型 PRRS”流行を契機に、農場防疫(バイオセキュ
そして今年、
“PRRS 時計”が正確に時を刻むがごとく、ま
リティ)に関する研究・検証が盛んに行われ、それが現場に
たもやほぼ5 年目にして新しい強毒株が出現しました。この
64
Swine Extension Note
株は、現在技術的に可能な遺伝子解析法(シークエンス)を
に進化してきています。残念ながら、これは紛れもない事実
用いても断定できない遺伝子部位をもち、従って“1-?-2”
として認めざるを得ません。そして、はたして我々はそのス
と呼ばれています。今までに類を見ないほど、その病原性が
ピードに対応しきれているでしょうか? 抗生物質、ワクチ
強く、羅感した農場では最悪の場合で母豚死亡率 10 %、ピ
ン、生菌剤…、どれも“火消し目的”として必要なものです
ンポイントで離乳後事故率 100 %(淘汰含む)が報告されて
が、あくまでも「あと追いの問題処理」の域を出ないでしょ
います。そして、これらの被害が出ている農場はもれなく市
う。
販サーコワクチン接種済み(肉豚フロー)でした。従って、
何度も何度も申しあげていることですが、あえてあらため
これはPCVAD(サーコウイルス関連疾病)によるものでは
て強調します。いつまで我々は“イタチの追いかけっこ”を
ないことが確定できます。逆に、言い換えると「離乳後事故
しているのですか? 今後、将来もそうして続けていくつも
率の改善はサーコワクチンだけで簡単に解決できるものでは
りですか?
…答えは「No」です。
ない!」ということを農場現場が証明したことになります。
© S. Otake
しかし、幸いなことに前述した“空気フィルター”を実践
している農場では、いまだこの株の侵入を許していません。
今後のさらなる検証が必要ですが、どうやらバイオセキュリ
ティの最終的な答えが出つつあるようです…。
疾病は進化している…、我々はどうか?
上述した事実に象徴されているとおり、養豚疾病は日に日
65
Fly UP