...

450-493 - 日本医史学会

by user

on
Category: Documents
11

views

Report

Comments

Transcript

450-493 - 日本医史学会
平成6年(1994)年
順天堂大学医史学研究室編
39治療史52法医学史
40伝記53放射線医学史
41伝記(双)54本草学史・博物学史
42伝染病史・防疫史55麻酔学史
20産婦人科史
4 4 内 科 史 5 7 薬 学 史
医学切手・書画
21歯学史
4 5 皮 膚 科 史 5 8 蘭 学 史
医学教育
22史跡.記念碑
46泌尿器科史59リハビリテーション関係史
医学用語
23疾病史
4 7 病 院 学 6 0 検 査
4 8 病 跡 史 6 1 そ の 他
医師会・学会
24耳鼻咽喉科史
医史学一般
25種痘史
49病理学史62中国語文献
医の倫理
26獣医学史
50風俗史63韓国語文献
医療器械
2 7 書 簡
51仏教医学史64欧文文献
医療制度史・医療史
28害誌学
29小児科史
解剖学史
30神経学史
今回は14,15,34,36,46,49,56、58にあたる文献はあ
りません。
眼科史
31診断学史
看護史
32整形外科史
寄生虫学史
33精神医学史
「新潟大学医学部七十五年史下巻j新潟大学医学部学士会
教室史
34生物学史
「リンネと博物学一自然誌科学の源流一」千葉県立中央博物館
軍陣医学史
35西洋医学史
形成外科史
36生化学史
外科史
37生理学史
員弁郡医師会百年史編纂委員会「員弁郡医師会百年史」
細菌学史
38地方史
浮羽郡医師会『浮羽郡医師会史幕末より終戦まで』
01単行本
「新潟大学医学部七十五年史上巻」新潟大学医学部学士会
DiabetesJournal編集委員会『日本における糖尿病の歴史」
山之内製薬
︵、や[︶
11ハム旬044−︲、ハリ庁Io6QゾハU11n4旬o44PCハO︹jn6Qツ
ハリOハリハUnUn﹀八U八UnvT1イー︲1可11111111土寸上司1
43東洋医学史56門人録
単 行 本
衛生・公衆衛生史
つゆ寺
医史学関係文献目録(五十音順)
エドワード・クック著中村妙子・友枝久美子訳『ナイチン
ゲール〔その生涯と思想]111」時空出版
(社)大阪府眼科医会「大阪の眼科100年社団法人大阪府眼科
医会100周年記念誌j
上林茂暢、坂口志朗『ハイテク医療の功罪」
精神科医療史研究会『長山泰政先生著作集」長山泰政先生著
作集刊行会
高山直秀訳、中原泉解説『ハンター人の歯の博物学」デン
タルフォーラム
千葉省三「おもしろ科学ライブラリー7近代医学への道をひ
らく(ベサリウス)(ハーベー)』あかね書房
田玄白)(華岡青洲)」あかね書房
千葉省三『おもしろ科学ライブラリー9伝染病とたたかう
(ジェンナー)(パスツール)」あかね書房
千葉省三「おもしろ科学ライブラリー10病原体をつきとめた
人びと(ゴッホと北里柴三郎)(野口英世)」あかね書房
西山茂夫監修「皮膚科の病名由来ア・ラ・カルト」協和企画
通信
濱中淑彦I研究業績目録濱中淑彦教授還暦記念自1995年4月
至1993年3月』名古屋市立大学医学部精神医学教室
人吉球磨漢方研究会編「弁脈・平脈・傷寒例一傷寒論序章』
新樹社書林
松尾信一「馬の文化叢書7馬学一馬を科学する」馬事文化財団
森川潤「明治初年のドイツ留学生」広島修道大学研究叢書(85)
広島修道大学総合研究所
ユルケン・トールワルト著大野和基訳・深瀬泰且解説「外
︷つや[︶
千葉省三『おもしろ科学ライブラリー8日本医学の夜明け(杉
江堂
科の夜明け(地球人ライブラリー)」小学館
吉元昭治「養生外史中国篇」医道の日本社
吉元昭治『養生外史日本篇」医道の日本社
ラルフ。C・クロイツァー著難波恒雄・難波洋子・大塚恭
男訳『近代中国の伝統医学」創元社
陸別町役場広報広聴町史編纂室『陸別町史別巻」
千葉省三「おもしろ科学ライブラリー11「がん」のなぞにいど
む(ウイルヒョウ)(III極勝三郎)』あかね書房
千葉省三「おもしろ科学ライブラリー12エイズ・現代医学の
挑戦(モンタニエ)』あかね書房
C.P.ツュンベリー著高橋文訳「江戸参府随行記』平凡社(東
石原理年『医諄』(66)3900
「メデイカルフイラテリー第28回日本理学療法士学会26
聖人殉教記念碑」石原理年「医證」(66)3894
「メディカルフイラテリー第7回世界超音波医学学術連合
FpL︾
中原泉「人体構造論抄一ヴェサリウスのtheEpitome-」南
「メディカルフイラテリー’93世界精神保健連盟世界会議」
﹁○当
洋文庫583)
02医学切手・書画
墓碑長富独哺庵先生」石原理年『医證』(67)3948
「医学切手美術館27点滴」河瀬正晴「透析ライフ』(50)25
「医学切手美術館28遺伝子診断と遺伝子治療」河瀬正晴「透
析ライフ」(51)25
「ノーベル賞授賞切手発見の時代切手」河瀬正晴「WAKO
NOWS」(39)
「移植関連法律制定記念切手腎臓移植宣伝切手」河瀬正晴
学教育」25(5)318-319
「済生学舎廃校の歴史」唐沢信安「日本医史学雑誌」40(3)
函唖 ︷
大会宝塚市立手塚治虫記念館」石原理年「医謹」(67)3942
「メディカルフィラテリー山脇社中解剖供養碑と東洋夫妻
293-304
「医学看護関係の学校の卒業アルバム二、三」長門谷洋治
『北陸医史」15(1)59-65
「医学教育への薬学の協力(抄)」中室嘉祐「日本医史学雑誌』
40(1)32-33
「健康教育と栄養教育(1)健康教育の歴史と栄養教育」吉田亨
「臨床栄養」85(3)317-323
「WAKONOWSj(4())
「切手で見る免疫血液学(93)Newton-ring」河瀬正晴「Medi-
Postgraduates」32(2)84
「切手で見る免疫血液学(95)HIV母子感染」河瀬正晴「MedicalPostgraduates」32(2)185
「切手で見る免疫血液学(96)LeonaldodaVinciの解剖図」河
瀬正晴『MedicalPostgraduates」32(2)186
「近世日本の医薬界における神農画賛流行の背景(例)」小曽
戸洋「日本医史学雑誌』40(3)333-334
「病名の由来(1)本態性高血圧症」深瀬泰且「MedicalTechnology」22(1)18
「病名の由来(2)クレチン病」深瀬泰且「MedicalTechnology」22(2)99
「病名の由来(3)粘液水腫」深瀬泰且『MedicalTechnology」
22(3)161
「病名の由来(4)狭心症」深瀬泰且『MedicalTechnology」
22(4)277
「病名の由来(5)亜急性硬化性全脳炎(SSPE)」深瀬泰且
『MedicalTechnology」22(5)356
03医学教育
「函館医学校記録」石崎達『日本医史学雑誌』40(2)155-184
「甲状腺を巡って生涯教育における医史学(抄)」大村敏郎「医
「病名の由来(6)心筋梗塞」深瀬泰且『MedicalTeChnOlogy」
22(6)439
「病名の由来(7)未熟児網膜炎」深瀬泰且『MedicalTechllol-
︵一卜[︶
calPostgraduatesj32(1)83
「切手で見る免疫血液学(94)ワクチン」河瀬正晴『Medical
04医学用語
ogy」22(8)700
「病名の由来(8)核黄疸」深瀬泰且『MedicalTechnology」
22(9)776
「病名の由来(9)乳児突然死症候群」深瀬泰且『Medical
Technology」22(10)838
「病名の由来(10)新生児溶血症」深瀬泰且『MedicalTech11ologyj22(11)954
「病名の由来(11)手足口病」深瀬泰且『MedicalTechnology」
22(12)1076
「病名の由来(12)ヘルペス」深瀬泰且『MedicalTechnology』
22(13)1108
06医史学一般
「医学および歯科医学の歴史概説史上の人々(1)古代」石橋
真澄「日本臨床歯内療法学会雑誌」15(1)1-13
「医学史と旅①聴診器を巡ること」大村敏郎Iけんさ」24(2)
39-48
「医学史と旅②知られざる著名人プラヴァーズの注射器と生
地の橋を訪ねて」大村敏郎『けんさ』24(3)31-41
「医学史ミニ博物館103地方衛生研究所と[維新]−鳥取に
て−」大村敏郎『医学のあゆみ』171(09)753
「医学史ミニ博物館104賀川玄悦(子玄)のこと」大村敏郎「医
学のあゆみ』171(1213)947
05医師会・学会
「JSCP(日本臨床病理学会)の国際交流の歴史と展望」河合忠
「臨床病理」42(5)433-437
「日本の医師の中のキャリアの研究(その1)日本学士院会員」
中野進、指宿照久、山脇敬子「京都医学会雑誌』41(1)113-12()
「日本の医師の中のキャリアの研究(その2)日本医学会総会
会頭と口本医師会長」中野進、山脇敬子「京都医学会雑誌」
41(2)35-42
「第四回国際アジア伝統医学大会(The4thlnternational
CongressonTraditionalAsianMedicine)(記事)」真柳
「医療と歴史との接点を求めて外科の守護聖人聖コームと
移植伝説」大村敏郎「医薬の門」34(2)133-137
「医療と歴史との接点を求めて生誕500年を迎えたラブレー
と医学」大村敏郎「医薬の門」34(3)180-183
「医療と歴史との接点を求めて「解体新書」には膵という字
がない」大村敏郎『医薬の門」34(4)234-237
「医療と歴史との接点を求めて膵の登場と宇田川玄真」大村
敏郎「医薬の門」34(5)304-307
「医療と歴史との接点を求めて没後100年を迎えるルイ・パ
ストール」大村敏郎「医薬の門」34(6)370-373
「『医外史」の研究(例)」小池猪一「日本医史学雑誌j40(2)
めい寺
誠「日本医史学雑誌140(4)491-492
解剖図」大村敏郎『医薬の門』34(1)60-63
︵[卜[︶
「医療と歴史との接点を求めて450年を経たヴェサリウスの
最発見と実用化」宗田一「PharmaMedicaj12(8)162-166
「世界の医療文化史(135)7.近代療法の道程フローリーと
ランダ正月“蘭学事始"」酒井シヅ、大村敏郎『医学界新聞」
チェイン(続)」宗田-IPharmaMedicaj12(9)190-194
(2074)1-7
「歴史の中の医療と健康(会議録)」篠田達明『健康医学」8(3)
8−15
「世界の医療文化史(127)7.近代療法の道程7-1-6.結核対
策(続-2)」宗田一『PharmaMedica」12(1)17()-173
「世界の医療文化史(128)7.近代療法の道程7-2-1.エー
ルリッヒの色素療法(続)」宗田一『PharmaMedicajl2(2)
188−193
ルリッヒの化学療法」宗田一『PharmaMedica」12(3)
190-194
「世界の医療文化史(130)7.近代療法の道程7-2-3.細菌
性感染症の化学療法」宗田一「PharmaMedica」12(4)
154-158
「世界の医療文化史(131)7.近代療法の道程Prontsil」宗田一
『PharmaMedica,l12(5)154-158
「世界の医療文化史(132)7近代療法の道程サルファ剤の
別の流れ」宗田一『PharmaMedica」12(6)146-150
「世界の医療文化史(136)7近代療法の道程ストレプトマイ
シンの発見」宗田一『PharmaMedicajl2(10)138-142
「世界の医療文化史(137)7.近代療法の道程7-3-1代償療法
剤ホルモンの発見」宗田一「PharmaMedicajl2(11)
186-190
「世界の医療文化史(138)7.近代療法の道程インスリン
(続)」宗田一「PharmaMedica」12(12)160-164
「漂流資料を用いた医史学研究の試み」多留淳文『北陸医史」
15(1)27-32
「疾病対策の構造特定病因説の科学史(2)∼(3)」長野敬『公
衆衛生」58(1()1半)716-718,806-808
「明治日本の医学・医療」原健二『地域医学」8(2)11-14
「金沢貞顕文言の医史学的研究」樋口誠太郎「日本医史学雑
誌」40(2)185-200
「医史学的視点からみた「立山遊記」」正橋剛二『北陸医史」
15(1)9-17
「日本の医学史から東漸北上と西漸南下(総説)」松木明知
「福島県農村医学会雑誌』36(1)1-5
「世界の医療文化史(133)7近代療法の道程フレミングの
研究」宗田一「PharmaMedica」12(7)164-168
「世界の医療文化史(134)7.近代療法の道程ペニシリンの
07医の倫理
「インフォームド・コンセントその歴史と実践目標」岡安大
︷萄ト[︶
「世界の医療文化史(129)7近代療法の道程7-2-2.エー
寺唖寸
227-228
「寛政六年芝藺堂新元會(ANewYearParty)200年目のオ
仁「デンタルダイヤモンド19」(7)14-17
「ターミナルケアインフォームド・コンセントと医の倫理
終末期医療の関わりとその歴史的背景」小越和栄「県立が
んセンター新潟病院医誌133(1)9-11
「江戸期における先達の医訓」松田邦夫『日本東洋医学雑誌」
44(3)275-280
「インフォームド・コンセントの歴史的必然性」武藤輝一『臨
床外科」49(9)1085-1087
て精神衛生のあけぼの」小野尚香「保健婦雑誌」50(3)
240-243
「衛生制度の開拓者たち明治はじめ京都における政策をめぐっ
て「癒狂院」の医学的背景」小野尚香「保健婦雑誌』50(4)
326-329
「衛生制度の開拓者たち明治はじめ京都における政策をめぐっ
て梅毒の蔓延とその対策」小野尚香「保健婦雑誌」50(5)
410-413
「衛生制度の開拓者たち明治はじめ京都における政策をめく.っ
08医療器械
「ストーマ機器の歴史:その進歩と解決課題」穴沢貞夫『医
「衛生制度の開拓者たち明治はじめ京都における政策をめぐっ
09医療制度史・医療史
「医療の変革期に想う医療の発展の歴史と今後の問題点」
阿部裕、野村誠「新医療」21(4)40-42
「人権としての社会保障・健康権の歴史と展望」井上英夫「社
会医学研究'I(13)1-11
「衛生制度の開柘者たち明治はじめ京都における政策をめぐっ
て洋式病院の登場」小野尚香『保健婦雑誌」50(1)72-75
「衛生制度の開拓者たち明治はじめ京都における政策をめぐっ
て3人の「お雇い外国人」」小野尚香「保健婦雑誌」50(2)
「衛生制度の開拓者たち明治はじめ京都における政策をめぐっ
て鉱泉の活用」小野尚香『保健婦雑誌」50(9)744-747
「衛生制度の開拓者たち明治はじめ京都における政策をめぐっ
て京都看病婦学校」小野尚香「保健婦雑誌」50(10)824-827
「衛生制度の開拓者たち明治はじめ京都における政策をめぐっ
て看護専門職の萌芽」小野尚香『保健婦雑誌」50(11)
904-907
「衛生制度の開拓者たち明治はじめ京都における政策をめぐっ
て医師の免許制度」小野尚香『保健婦雑誌』50(13)
1112-1115
「個の医療」笠木茂伸「河医研研究年報」(44)37-39
「幕末および明治中期における日本プロテスタント・ミツ
ぬい寺
154-157
戸︽L卜LP再
て薬局[アポテーキ]」小野尚香「保健婦雑誌j50(7)578-581
一つ︸﹁一
科器械学」64(4)157
て京都府舎密局」小野尚香「保健婦雑誌』50(6)492-495
「衛生制度の開拓者たち明治はじめ京都における政策をめぐっ
「日本の保健改正中央地方統治関係の観点からの歴史的概
略(英文)」中原俊隆「公衆衛生研究』43(4)422-430
「近代医療史(22)血液・尿検査法の開発」原健二『地域医学」
8(3)145-148
「近代医療史(23)ワッセルマンの時代」原健二『地域医学」
8(4)200-203
「近代医療史(24)赤十字と済生会の発祥」原健二『地域医学」
8(5)246-249
「近代医療史(25)漢方の盛衰」原健二「地域医学」8(6)311-314
373-377
「近代医療史(27)食事指導の歴史的根拠」原健二『地域医学』
8(8)432-435
「近代医療史(28)女医列伝」原健二「地域医学」8(9)486-489
「近代医療史(29)消化器系疾患治療薬の開発」原健二『地域
医学』8(10)527-530
「近代医療史(30)黎明期のウイルス学」原健二「地域医学」
8(11)583-586
港①ペリー」乾修然「労働衛生ジャーナル』(217)3
「黎明期の労働衛生史<121>[生糸]に生きた人びとヨコハマ開
港②ハリス(上)」乾修然「労働衛生ジャーナル」(218)3
「近代日本における社会衛生学の展開とその特質」瀧澤利行
『日本医史学雑誌」40(2)111-132
「大日本私立衛生会と同会金沢支会について」橋本和夫『北
陸医史」15(1)66-67
「大正時代の労働衛生学」松藤元『労働科学」70(10)474-491
「戦後日本の公衆衛生番外篇公衆衛生の歴史セネガルの
暑い秋」丸井英二『保健の科学』36(1)34-37
「資料労働観私論(V)-19世紀末の日本の労働観一」三浦
豊彦「労働科学j70(2)57-76
「資料労働観私論(VI)-20世紀初頭の日本の労働観一」三
浦豊彦「労働科学」70(7)316-333
「資料労働観私論(Ⅷ)-1920年ころの日本の労働観一」三
浦豊彦『労働科学」70(9)419-435
「続サテライト通信(48)明治35年(1902)の福島県の凶作」三
浦豐彦「労働の科学」49(01)50-51
「続サテライト通信(49)本を処分する」三浦豊彦「労働の科
10衛生・公衆衛生史
「環境保健の今後の展開概念の確立と方法を求める公衆
衛生における環境保健の歴史と位置づけ(会議録)」青山英
学』49(2)122-123
「続サテライト通信(50)マダニとライム病」三浦豊彦「労働
の科学』49(3)190-191
︵守障胃︶
「近代医療史(26)ヘモグロビン研究」原健二「地域医学」8(7)
康『日本公衆衛生雑誌』41(10付録)34
「黎明期の労働衛生史<120>[生糸]に生きた人びとヨコハマ開
COず
くL一
ションの医療伝道について(抄)」高安伸子「日本医史学雑
誌」40(1)12-13
「続サテライト通信(51)人間としての医の倫理」三浦豊彦「労
働の科学」49(4)254-257
「続サテライト通信(52)ラヴオワジエ没後200年」三浦豐彦
「労働の科学』49(5)332-333
「続サテライト通信(53)夏目漱石の『抗夫』」三浦豐彦『労働
の科学』49(6)402-403
「続サテライト通信(54)アメリカの熱気球事故」三浦豊彦「労
働の科学」49(7)476-477
「続サテライト通信(55)1970-1990年の日本の熱中症死」三浦
豐彦「労働の科学』49(8)504-505
「続サテライト通信(56)GHQの検閲一幻の『労働科学」第24
巻、第6号(1948年)−」三浦豊彦「労働の科学」49(9)604-605
「続サテライト通信(57)ある写真展」三浦豐彦「労働の科学」
49(10)658-659
「続サテライト通信(58)5000年前の新石器時代人」三浦豊彦
『労働の科学」49(11)710-711
「続サテライト通信(59)2人の産業医の生誕500年一パラケル
ススとアグリコラー」三浦豐彦『労働の科学』49(12)822-825
「保健衛生調査会第七部関係の三報告一農村保健衛生実地調
「近世日本における解剖観について」潮田恒明『木崎良平先
生古稀記念論文集「世界史説苑」』241-252
「解体新書にみられる謎(13)-(15)」大城孟『MediCalPost-
graduates」32(1-3)13-28,97-120,197-220
「解体新書にみられる謎(16)(図説)」大城孟「MedicalPostgraduatesj32(4)289-312
「「解体新書』の原著」蔵方宏昌『複製『解体新書序回の巻』I
2()-23
「三浦梅園における動物解剖の視座(下)−[解蛇記][解蛇説
記]を素材として」近藤均『梅園学会報』(19)50-57
「動物解剖学から見た古典的解剖学害・解剖図の再評価につ
いて」澤野啓一「科学医学資料研究」(238)5-11
お
[∼
「肝区域定義の歴史的背景」菅原克彦、山本正之『胆と膵」
二
15(1)1−9
「人名がついたMeSH用語消化器系の解剖学用語に名を残
した人々」堀江幸司『医学図書館」41(3)336-340
「脳を固める.切る.染める第3回∼第6回一先人の智
恵一」萬年甫「BrainMedical」6(1-4)71-72,183-186,
293-296.415-419
査成績−(第一報)」三浦豐彦「科学医学資料研究」(240)1-8
12眼科史
11解剖学史
9-12
「京都の眼科医たち」奥沢康正「啓迪」(12)15-21
「コンタクトレンズと角膜生理その研究の歴史」三島済一
「日本コンタクトレンズ学会誌」36(1)1-12
匡哩寺
「宝暦六年の人体解剖図」磯野直秀『科学医学資料研究』(240)
48(8-10)1490-1493,1654-1657,1792-1795
「白内障手術の歴史(4)(会議録)」三島済一「臨床眼科」48(12)
1904-1908
誌」21(2)345
めゆ 一
「白内障手術の歴史(1)∼(3)(会議録)」三島済一「臨床眼科』
「NICUの看護婦の役割について未熟児看護の歴史からの
検討」佐々木和枝『日本看護学会25回集録小児看」68-70
「江戸時代末期より明治初期の産婆教育長谷川泰と東京府
間の往復文書と他文献に見る産婆個人の教育より」高橋み
13看護史
「家族制度が[子産み]にもたらした影響の歴史的変遷につ
いて法制史の観点より」穐村郁代「日本看護研究学会雑
誌』17(3)84
「クリニカル・ナース・スペシャリスト(CNS)の役割の歴史
的概観」AnnB.Hamric『看護研究』27(5)353-368
活動と教育」高橋みや子『日本看護研究学会雑誌』(17)102
「近代日本における産婆教育制度成立過程に関する研究」高
橋みや子「平成4,5年度科学研究費補助金(一般研究C)』
「山形県における近代産婆制度成立過程一法制史の観点よ
り」高橋みや子「日本看護研究学会雑誌」(17臨時増刊)101
「看護婦の労働条件と雇用状態・保健婦・助産婦・看護婦の
「私が見聞した看護の歴史③」大森文子「看護」46(15)130-136
休暇・休日・休憩に関する実態」高橋みや子「現代日本看
「看護の歴史的変遷(Partl)家政学と看護学の関係に関する
護名著集成解題」43-46
一考察高知女子大学家政学部看護学科の創設の状況」岡
田麗江「神戸市立看護短期大学紀要」(13)51-54
「イギリスの近代看護創設期における社会史的アプローチ
“首都救貧法”成立過程にみるナイチンケールの影響」金
井一薫『日本看護学会25回集録』(看総合)73-75
「[日本の看護の歴史]を教育史の視点から読む看護教育の
萌芽、明治の教育から」近藤裕子『徳島大学医療技術短期
大学紀要」(4)7-13
「訪問看護のルーツを探る(抄)」坂本玄子「神奈川医学会雑
「病院看護の諸問題・看護労働の諸問題」高橋みや子「現代
日本看護名著集成解題」39-42
「米国の専門看護婦制度その歴史と現状」田中勝子『ナーシ
ング・トゥデイj9(6)40-47
「新看護体系が与えるインパクト[付添看護]の歴史と現状」
林千冬『看護学雑誌」58(12)1094-1096
「看護学生の清潔習慣に関する実態調査」平尾真知子『平成
6年度東京都看護協会看護研究学会演題集録」14-16
「看護学校教科内容参考書」平尾真知子「現代日本看護名著
戸P毘酔LP話
88-96,168-173
「教本[とりあげばば心得草巻之上・卜]に見る産婆の実践
一口︸﹁一
「私が見聞した看護の歴史①∼②」大森文子「看護」46(12-13)
や子「日本看護研究学会雑誌」17(3)83-84
集成解説」21-24
「明治12年の雑誌に紹介されたアメリカの看護学校」平尾真
知子「第38回教育史学会大会発表要綱集録」44-45
「看護の歴史的変遷(Part2)古代の救療の状況と微の観念に
ついての一考察」細見明代、板倉勲子『神戸市立看護短期
17形成外科史
「日本における近代医学の黎明」酒井シヅ「整形外科」45(11)
1549-1553
「[野口英世の手]に関する手の外科的一考察」平瀬雄一「形
成外科」37(3)339-345
大学紀要』(13)55-60
18外科史
16軍陣医学史
「明治期の陸軍看護術」黒澤嘉幸『日本医史学雑誌」4()(2)
201-209
「明治初期の軍医学校(抄)」黒澤嘉幸『日本医史学雑誌」40(1)
床」(340)10-14
「[横浜軍陣病院]御使番詰所の研究(抄)」中西淳朗『神奈川
医学会雑誌』21(2)345-346
「[横浜軍陣病院]の再検討」中西淳朗『日本医史学雑誌」40(1)
5−9
「太田陣屋の研究[横浜軍陣病院]の再検討から」中西淳朗
「保険医の臨床」(341)6-13
「幕末薩摩藩と大円寺(例)」中西淳朗『日本医史学雑誌140(3)
328-329
40(3)331-332
(抄)」石橋肇、渋谷鉱、吉井秀鋳、山口秀紀、佐久間優、
谷津三雄「日本歯科医史学会々誌」20(2)120-121
「臓器移植の歴史」糸川英樹『日本保険医学会誌」(92)69-71
「回腸肛門吻合術一つの術式の発達の歴史」宇都宮讓二「日
本大腸肛門病学会雑誌147(6)467-475
「医療用不織布の歴史的経過と今後の展望」大川共一、高岡
雅子『医科器械学」54(8)381-384
「高嶺徳明の補唇術についての一考察」大鵺正満『沖縄県医
師会報」(305)24-29
「異端外科外史その三ミイラ作り」加藤静雄「ミクロスコ
ピア」1l(2)127-129
「WilliamStewartHalsted(1852-1922)の乳房切除術」酒
つめ﹃
「横浜・太田陣屋の研究(例)」中西淳朗『日本医史学雑誌」
科器械学』64(8)350355
「智児蔓斯(チルマンス)氏外科総論にみられる麻酔的事項
〆トL恥LF、
「[横浜軍陣病院]御使番詰所の研究」中西淳朗「保険医の臨
美和彦IJohnsl10(6)723-729
「ストーマ機器の歴史その進歩と発展(総説)」穴沢貞夫「医
一一︸﹁一
66-67
「レーザー医学の歴史からみた現代の課題と未来の方向」渥
井シヅ「Mamma」(19)表2
の歴史」出月康夫、窪田敬一「小児外科」26(8)925-928
「器械吻合の歴史と進歩と問題点」中山隆市「臨床外科」
49(10)1223-1231
「感染防止の立場からみた建築設備バイオクリーン手術室
20産婦人科史
「馬王堆「南方禺減」図考(抄)」猪飼祥夫『日本医史学雑誌」
40(1)90-91
「「撤氏産諭」の原著者ゴートリープ・サロモンについて(抄)」
石原力「日本医史学雑誌」40(1)30-31
「助産婦の歴史(125-136)」石原力『ペリネイタルケアjl3(1
その歴史と効用と将来に向けての問題」西松秀和、秋山泰
-12)54-55,166-167,266-267,320-321,412-413,532-533,
高、栗原康雄『InfectionControl」3(5)479-488
600-601,7()8-709,816-817、916-917,984-985,1098-1()99
「気管手術の歴史と発展(抄)(英文)」PearsonF.C.「日本呼
吸器外科学会雑誌』8(4)438-440
「人工心肺の歴史(総説)」藤倉一郎『医科器械学』64(9)
「結核外科における肋膜外合成樹脂充填術(資)」藤倉一郎、
藤倉知子「日本医史学雑誌」40(2)211-216
「カスパル流外科について(抄)」ヴォルフガング・ミヒェル
「日本医史学雑誌」40(1)26-27
「華岡流の図説害(抄)」真柳誠「日本医史学雑誌」40(1)80-81
「助産婦の役割少産の時代を迎えて助産婦の歴史」岡本
喜代子「Nurseeye」7(6)6-11
「先人たちは性医学をどう学んだか(第2報)」斎藤三朗「汐田
総合病院医報』9(2)31-38
「周産期のペインコントロールの歴史」坂井哲博,松木明知
「ペリネイタルケア」13(07)555-558
「腹圧性尿失禁手術その歴史と最近の動向」下浦久芳、永
田一郎『産婦人科の実際」43(9)1257-1265
「賀川流産科について(補遺)」杉立義一『啓迪」(12)4-8
「帝王切開その歴史と現状」本多洋『母性衛生」35(1)15
19細菌学史
「医学真菌学の歴史における一里塚:表層真菌症(英文)」
「STDの歴史梅毒からエイズまで」山本俊一「産婦人科治
療』69(1)22-25
AjelloLibero『日本医真菌学会雑誌」35(1)75-82
「ペスト菌発見1()0年に想う」玉城英彦「保健の科学」36(12)
829-832
21歯学史
「顎義歯その歴史と背景」大山喬史「顎顔面補綴』17(2)
82-89
︷、卜[︶
398-401
︵︸や 寺
「小児内視鏡(腹腔鏡、胸腔鏡)下手術の現況腹腔鏡下手術
「床矯正装置(UnimaxillaryAppliance)の再評価歴史的展
望と臨床例ならびにその技工(第1回)」荻原和彦、河野寿
一、尾崎順男、外1名「TheQuintessence」19(1)102-109
「床矯正装置(UnimaxillaryAppliance)の再評価歴史的展
望と臨床例ならびにその技工(第2回)」河野寿一、荻原和
彦、尾崎順男、外1名「TheQuintessence」19(2)80-89
「床矯正装置(UnimaxillaryAppliance)の再評価歴史的
展望と臨床例ならびにその技工(第3回)」荻原和彦、河野寿
一、尾崎順男、外1名『TheQuintessencell9(3)402-416
「カナダに齢ける歯科教育の歴史第2報一歯科及び歯科教
「床矯正装置(UnimaxillaryAppliance)の再評価歴史的展
望と臨床例ならびにその技工(第4回)」河野寿一、荻原和
「グットマンのダイナミック歯科治療学(第2報)(抄)」金子義
郎、豊永寿博、松中祐二、岩井貞雄、嶋村昭辰、上潟口武
「床矯正装置(UnimaxillaryAppliance)の再評価歴史的展
本歯科医史学会々誌」20(2)135-140
「60年前の歯科学生の生活状況(抄)」落合俊輔、渋谷鉱、石
橋肇、吉井秀鋳、山口秀紀、谷津三雄「日本歯科医史学会々
誌」20(2)116-117
「米国各州における歯科医師法制定の軌跡について(抄)」春
日芳彦、森山徳長、田辺明、栗山美子、石川達也『日本歯
科医史学会々誌」20(2)131-132
「日本歯科医史学会々誌』20(2)104-106
「1888年ベルリン衛生試験所における北里柴三郎の写真につ
望と臨床例ならびにその技工(第5回)」荻原和彦、河野寿
いて(2)(抄)」上潟口武、上西秀則、萩原義郷、内山長司『日
一、尾11時順男、外1名『TheQuintessencej19(5)654-657
本歯科医史学会々誌』20(2)106-107
「床矯正装置(UnimaxillaryAppliance)の再評価歴史的展
「九州歯科学会総会におけるW.Meyerについて(抄)」小林
望と臨床例ならびにその技工(第6回)」河野寿一、荻原和
繁、福山宏、梶山稔、向野明甫、松中祐二、上西秀則、石
彦、尾崎順男、外1名「TheQuintessence」19(6)770-779
木哲夫、上潟口武「日本歯科医史学会々誌」20(2)102-103
「歯科用薬品の歴史基礎と臨床抗生物質セフェム系
臨床編」斎藤健一、道健一「歯科ジャーナル』39(6)877-883
「列伝歯科を支えた偉大な人物史石原久(1866-1941)」榊原悠
「床矯正装置(UnimaxillaryAppliance)の再評価歴史的展
望と臨床例ならびにその技工(第7回)」尾崎順男、内藤明、
荻原和彦、外1名『TheQuintessencejl9(7)960-974
荻原和彦、外1名「TheQuintessence」19(8)1080-1090
紀田郎『TheQuintessence」13(01)103-107
「列伝歯科を支えた偉大な人物史奥村鶴吉(1881-1959)」榊原
悠紀田郎「TheQuintessenCe」13(02)341-346
﹃④寺
「床矯正装置(UnimaxillaryAppliance)の再評価歴史的展
望と臨床例ならびにその技工(第8回)」尾崎順男、内藤明、
︵つ屋胄︶
彦、尾崎順男、外1名「TheQuintessence」19(4)528-539
育の貢献者像一」尾島光栄、KenjiKennethShimizu『日
悠紀田郎『TheQuil1tessence」13(03)575-580
「列伝歯科を支えた偉大な人物史島峰徹(1877-1945)」榊原悠
紀田郎『TheQuintessence」13(04)809-814
「列伝歯科を支えた偉大な人物史守屋賢吾(1868-1957)」榊原
悠紀田郎「TheQuintessence」13(05)1035-1038
郎、森山徳長、亀谷博昭、福本裕、本間孝「日本歯科医史
学会々誌12()(2)117-118
「第10回日本医学会における歯科と医史学的内容について
(抄)」渋谷鉱、石橋肇、大場重信、村木春長、渋谷幸男、
谷津三雄『日本歯科医史学会々誌』20(2)113-114
「「ドクターヴァンデンボルグの古蹟を訪ねて1−日本歯科医
「列伝歯科を支えた偉大な人物史喜多見行正(1880-1967)」榊
原悠紀田郎『TheQuintessence」13(06)1269-1274
学界の先達三人を育てた男一」渋谷敦、松本昔一IH本歯
「列伝歯科を支えた偉大な人物史川上為次郎(1883-1950)」榊
「羅葡日対訳辞書と和蘭字彙に見られる歯科関係用語につい
て(抄)」嶋村昭辰「日本歯科医史学会々誌』20(2)
原悠紀田郎『TheQuintessence」13(07)1463-1468
1列伝歯科を支えた偉大な人物史花澤鼎(1886-1950)」榊原
「列伝歯科を支えた偉大な人物史緑川宗作(1884-1929)」榊原
悠紀田郎『TheQuintessence」13(09)1899-1903
「列伝歯科を支えた偉大な人物史遠藤至六郎(1885-1942)」榊
原悠紀田郎「TheQuintessencejl3(10)2093-2098
「列伝歯科を支えた偉大な人物史寺木定芳(1883-1977)」榊原
悠紀田郎『TheQuintessence」13(11)2307-2311
「列伝歯科を支えた偉大な人物史岡田満(1886-1962)」榊原悠
紀田郎「TheQuintessence」13(12)2533-2535
科医史学会々誌」20(2)141-144
「小田野直武につながる角館(秋田)の歯科医(抄)」嶋村昭辰、
内山長司、梶山稔、福山宏、小林繁『日本歯科医史学会々
誌」20(2)108-109
「浮田幸吉の墓に就いて(抄)」新藤恵久、大野粛英「日本歯
科医史学会々誌』20(2)107-108
「『御用控帳」にみる木床義歯(抄)」新藤恵久、長谷川弥「日
本歯科医史学会々誌』20(2)109-110
「歯科医史からみた古事記(漢字の検証)(抄)」杉本茂春「日
本歯科医史学会々誌』20(2)127-128
「スルフォン床義歯を考える材料と物性の歴史と現況」谷
「明治時代の小児科学書[児科必携]にみられる歯科口腔疾
患の内容(抄)」佐久間優、渋谷鉱、石橋肇、落合俊輔、向
井康子、谷津三雄I日本歯科医史学会々誌』2()(2)119-120
「R本の自然や分化、歴史と美の概念および歯科における審
「最初期歯科線診断学の文献的研究(第3報)(抄)」塩津二
「藤原定家の歯病に関する考察(抄)」戸出一郎、別部智司、
勅行「東京都歯科医師会雑誌』42(11)631-635
美について」寺川国秀「歯科審美」7(1)37-44
︵︵︶ぬ[︶
悠紀田郎『TheQuintessencejl3(08)1693-1698
国や 寺
「列伝歯科を支えた偉大な人物史赤尾酔仙(1881-1969)」榊原
佐藤恭道、森田武、雨宮義弘『日本歯科医史学会々誌」20(2)
について(抄)」樋口輝雄「日本歯科医史学会々誌』20(2)
126-127
112-113
「床矯正装置(UnimaxillaryAppliance)の再評価歴史的展
望と臨床例ならびにその技工(最終回)」内藤明、荻原和彦、
「明治初年に渡航した歯科医についての一考察(抄)」樋口輝
雄「日本歯科医史学会々誌」20(2)100-101
尾崎順男、外1名「TheQuintessence」19(9)1240-1258
「Studs型アタッチメントの元祖と考えられるCarrの"an-
「古代メソポタミアの歯学記述(1102.K)について(抄)」永田
chored,adjustable,andremovableDentureについて
和弘「日本歯科医史学会々誌」20(2)130-131
「クラウン・ブリッジと歯科用金属の歴史(抄)」永松浩、内
田康也、細川隆司「日本歯科医史学会々誌」2()(2)99
「硬組織医学の史的背景(そのl)(抄)」西巻明彦「日本歯科医
史学会々誌」2()(2)104
本医史学雑誌I40(1)60-61
「蓄血証における歯科的研究(抄)」西巻明彦、屋代正幸「日
本歯科医史学会々誌」20(2)129-130
「口腔清掃のシステム化を考える歯磨剤の歴史的考察」長
谷川正康『歯科ジャーナル'139(6)615-626
「歯牙保存療法としての亜砒酸製剤導入の起源(抄)」長谷川
正康、森山徳長、石川達也「口本歯科医史学会々誌120(2)
111−112
「明治大正期歯科保存学言の比較書誌学的研究」長谷川正康、
森山徳長、田辺明、小幡哲夫、石川達也「日本歯科医史学
「医学士三輪徳寛が明治25∼28年に調査した[蛎歯ノ統計]
て」藤井佳朗「日本歯科医史学会々誌」20(1)1-4
「義顎の歴史と背景」古田勲「顎顔面補綴』17(2)76-81
「O-O式咬合器の歴史的考察(抄)」細川隆司、永松浩、内田
康也、小林繁、向野明甫「日本歯科医史学会々誌』20(2)98
「歯科診療と放射線│璋害その歴史的推移と現況(総説)」前
多一雄「歯学』82(1)2-11
「レーザー開発の歴史」松本光吉「歯界展望」(別冊歯科用レー
ザーの臨床)8-10
「第11回ムシ歯予防デーに配布された小冊子について(抄)」
向井康子、渋谷鉱、石橋肇、鈴木邦夫、加来洋子、谷津三
雄「日本歯科医史学会々誌」20(2)121
「S.Spooner著GuidetoSoundTeethの書誌学的研究
(抄)」森山徳長『日本歯科医史学会々誌」20(2)11()-111
「東京歯科医学専門学校「臨床歯科学叢書」の書誌学」森山
師や﹃
会々誌』2()(1)21-27
科医史学会々誌』20(1)5-20
「黄帝内経素問にみられるヒトの一生と歯牙との関連につい
︵[ぬ[︶
「象牙質神経線維に関する歴史的変遷について」西巻明彦「日
(抄)」平田幹男「日本歯科医史学会々誌」20(2)99-1()0
「アタッチメントの発展と変遷について」平田幹男『日本歯
歯科医史学会々誌」20(1)28-36
「[『病草子』にあらわれた歯科疾患風俗に関する一考察]
喝銘碑一」中西淳朗「保険医と臨床』(339)25-31
「アウクスブルクの共同住宅フッゲライ」古川明『けんさ」
24(3)21-24
(抄)」屋代正幸、藤野咀男、小林一日出、湯浅高行「日本
「アスクレピオス神殿の遺跡(1)」古川明『けんさ」23(4)21-24
歯科医史学会々誌』20(2)129
「アスクレピオス神殿の遺跡(2)∼(3)」古川明『けんさ」
「本学教授陣および出身者の旧制医学博士学位受領者の分析
守心 寺
徳長、春日芳彦、小坂剛也、石川達也、長谷川正康『日本
24(1-2)21-24,25-28
的研究(抄)」山岸東太郎、森山徳長、長谷川止康、石川達
也『日本歯科医史学会々誌』2()(2)101-102
「日本海軍歯科医科士官の歴史(VII)明治初期(抄)」山崎智「日
本歯科医史学会々誌』20(2)114-115
「昭和7年当時の歯科新聞の記事から(抄)」吉井秀鋳、渋谷
史学会々誌」20(2)115-116
「医療今昔物語一学説・診療の変遷70筋萎縮性側素硬化症」
八瀬善郎「臨床科学」30(01)110-118
「医療今昔物語一学説・診療の変遷71菫麻疹」吉田彦太郎、
張慧敏、烏山史「臨床科学』30(02)230-236
「医療今昔物語一学説・診療の変遷72天庖瘡」坂本邦樹『臨
床科学」30(03)345-352
22史跡・記念碑
「ビュルツブルク.ミュンヘンの医史跡」泉彪之助『北陸医
史」15(1)79-83
「記事山脇東洋墓碑・山脇社中解剖供養碑再建記念事業を
終えて」杉立義一『日本医史学雑誌j40(4)489-491
「復刻浪華・刀圭名家墓参案内」鈴木元造『医謹」(66)
3919-3929
「パリの医学史跡瞥見」高橋昭『現代医学」42(1)191-195
「ベルリンの医学史跡瞥見」高橋昭『現代医学j42(2)371-38()
「杉並和泉町・大円寺について−戊辰薩藩戦死者墓と三士墓
「医療今昔物語一学説・診療の変遷73萎黄病」石田純郎「臨
床科学」30(04)497-503
「医療今昔物語一学説・診療の変遷74アトピー性皮膚炎」
北郷修「臨床科学」30(05)629-636
「医療今昔物語一学説・診療の変遷75ペスト」貝塚仇「臨
床科学」30(06)766-774
「医療今昔物語一学説・診療の変遷76いぼ」田上八朗「臨
床科学』30(07)903-910
「医療今昔物語一学説・診療の変遷77肺炎」松本慶蔵「臨
床科学」30(08)1031-1039
︵函、[︶
鉱、石橋肇、山口秀紀、佐久間優、谷津三雄『日本歯科医
23疾病史
「医療今昔物語一学説・診療の変遷78熱傷」菅原光雄『臨
床科学」30(10)1365-1370
「医療今昔物語一学説・診療の変遷79減菌と消毒」古川明、
大村敏郎「臨床科学」30(11)1471-1478
「医療今昔物語一学説・診療の変遷80肺結核の外科療法」
藤倉一郎「臨床科学」30(12)1610-1614
「サルコイドーシス起因体,起因物質,検索の動向サルコ
イドーシス起因体追求の歴史と現状」江石義信「日本臨床」
52(6)1486-1491
「激増しつつある糖尿病について考える(その1)人類と糖尿
病糖尿病の歴史と'二1本の現状」金沢康徳Iけんさ」24(1)
「スギ花粉症の歴史」斎藤洋三『アレルギーの領域』1(2)
148-152
「アレルギーの歴史①アレルギーの概念の誕生まで」酒井
シヅ「アレルギーの領域』1(1)84-85
「アレルギーの歴史②Pirquetとアレルギーの概念の誕生」
酒井シヅ「アレルギーの領域」1(2)208-21()
「アレルギーの歴史③アレルギーの概念の生物学的意義」
酒井シヅ『アレルギーの領域」1(3)328-330
「アレルギーの歴史④Pirquetの業績その1−感染症の潜
「アレルギーの歴史⑦Pirquetの業績その4−ツベルクリ
ン反応」酒井シヅ『アレルギーの領域』1(7)848-851
「アレルギーの歴史⑧Pirquetの生涯」酒井シヅ「アレル
ギーの領域1l(8)996-998
「アレルギーの歴史⑨Pirquetの結婚」酒井シヅ『アレル
ギーの領域』1(9)1154-1156
「アレルギーの歴史⑩ウィーン大学とPirquet」酒井シヅ
「アレルギーの領域」1(10)1288-1290
「アレルギーの歴史⑪ウィーンのPirquet」酒井シヅ『アレ
ルギーの領域」1(11)1416-1418
「血液と医学の歴史」酒井シヅ「健康と環境」(10)59-62
「古医書に見る糖尿病の歴史」酒井シヅI綜合臨躰」43(11)
2574-2577
「疾病伝来史文化の道は病気の道」酒井シヅ「日経メディ
カル』(6-25臨時増刊号)109-115
「喘息の歴史閑話8江戸時代の医書にみる喘息の記串」酒井
シヅ「喘息」7(1)158-159
「喘息の歴史閑話9喘息の症例一江戸時代の医書から」酒井
シヅ『喘息』7(2)119-121
「喘息の歴史閑話10江戸時代の西洋医学害に現れた喘息
観」酒井シヅ「喘息」7(3)1()9-112
cc申
Lく﹃
伏期間」酒井シヅ「アレルギーの領域」1(4)462-464
「アレルギーの歴史⑤Pirquetの業績その2−血清病の発
の概念の確立」酒井シヅ「アレルギーの領域』1(6)714-716
︵ぬ⑭胃︶
13-16
「ICDの歴史と現況」河合誠義「精神医学」36(5)459-462
見」酒井シヅ『アレルギーの領域」1(5)598-6()1
「アレルギーの歴史⑥Pirquetの業績その3−アレルギー
「世界のエイズ歴史と現況」桜井賢樹『からだの科学」(増刊
エイズ)7-10
「急性高度難聴研究の歴史と将来の展望」野村恭也『Johns」
10(7)861-863
P増P、今
7(4)120-121
cp−
「喘息の歴史閑話11気管支喘息の歴史」酒井シヅ「喘息』
「スギ花粉症をめぐってスギ林の分布と歴史」横山敏孝『ア
レルギーの領域」1(2)159-163
「平安朝物語の中の医学」白崎昭一郎「北陸医史」15(1)33-36
「脳ドックの歴史と現況、その将来」端和夫「臨床成人病」
24(10)13111314
「わが国における職業がん疫学の歴史と展望」土屋健三郎「癌
の臨床」40(4)347-352
「疾病対策の構造特定病因説の科学史(1)」長野敬「公衆衛
生』58(9)650-652
「ICD-10歴史、特徴とその応用をめぐって」SartoriusNorman「精神医学」36(5)452-457
「天然痘撲滅の長い旅路(1)牛痘接種法の父エドワード・ジェ
ンナー」深瀬泰且『JMS」(8)76-77
「天然痘撲滅の長い旅路(2)牛痘接種法に先行した人痘接種
法」深瀬泰旦「JMS」(9)70-71
「天然痘撲滅の長い旅路(3)緒方春朔の人痘接種法」深瀬泰且
「JMSj(10)7()-71
「天然痘撲滅の長い旅路(4)馬場佐十郎の「遁花秘訣」」深瀬
泰且「JMSj(11)70-71
「B型肝炎ウイルスの発癌機序はどこまで解明されたか歴
史的視点から」森尾恭爾、小池和彦「ChronicDisease」5(4)
645-649
26獣医学史
「黎明期の陸軍獣医(抄)」柏頼文「日本獣医史学雑誌』(31)
58-59
24耳鼻咽喉科史
「耳と鼻の文化史(二)」飯田収「科学医学資料研究」(238)1-4
「古典あれこれものいう耳一小結一」飯沼壽孝「Johns」
10(12)1722-1724
「Hanselと鼻・副鼻腔アレルギー」貝塚胱『JohnsjlO(4)
550-553
「仮名安膜集と中国獣医書との関連(1)(抄)」木脇祐順『日本
獣医史学雑誌j(31)66-67
「日本大学獣医学科のあゆみ(2)(抄)」桑原志都夫「日本獣医
史学雑誌』(31)62-64
「新潟県における江戸時代の狂犬病流行史料の調査」劔持計
夫「日本獣医史学雑誌」(31)46-49
一寺⑭[︶
「腎臓病の歴史」成田光陽『腎と透析」37(増刊)9-12
25種痘史
「馬(牛)眼洞晴虫孝」荘保忠三郎「日本獣医史学雑誌」(31)
19-45
「父のこと」白井厚『日本獣医史学雑誌I(31)3-5
「[古語拾遺]の[蝮]」中井蕪I日本獣医史学雑誌」(31)70-71
「〈くまざさ>馬医者」中井薫「日本獣医史学雑誌」(31)68-69
「駿牛絵詞・国牛十図・白牛酪孝の解題」中井薫「日本獣医
史学雑誌」(31)50-57
「白井紅白先生を偲んで」深谷謙二『日本獣医史学雑誌」(31)
1−2
「[解馬新書]出版140年記念の年に当って(抄)」松尾信一『日
本獣医史学雑誌」(31)64-65
(31)59-62
「稲田教授によるワイル氏病の病原体発見とその代表株
InteroNo.1株について」山本脩太郎『日本獣医史学雑誌j
(31)6-18
「中原泉訳『人体構造論抄一ヴエサリウスのtheepitome(記事)」近藤均「日本医史学雑誌』40(4)504-505
「杵築市立図書館所蔵「贄語」身生畉写本の特色一解剖学的
視座からの考察」近藤均『梅園学会報』(19)34-45
「三浦梅園「贄語」身生畉改稿過程研究序説一各稿本類の起
稿・推敲年次の推定一(抄)」近藤均「日本医史学雑誌140(1)
42-43
「補遺・長崎家所蔵の医書目録」寺畑喜朔「醤潭」(66)
3915-3917
「「啓迪集」の潟血療法(抄)」友部和弘、真柳誠「日本医史学
雑誌」40(1)78-79
「高岡長崎家収蔵の『蓼山翁方集」をめぐって(抄)」正橋剛
︵ぬい[︶
「仙台藩八条流について(抄)」村井秀夫「日本獣医史学雑誌」
28−29
二「日本医史学雑誌』40(1)96-97
「『山本氏読書室蔵書目録』と岩瀬文庫の山本読書室本」松田
清、遠藤正治(編)「実学史研究』(10)169-268
「『史紀」扁鵲倉公伝の幻雲注所引の『難経jについて(抄)」
28書誌学
「資料池田文書の研究(1())∼(12)」池田文書研究会「日本
医史学雑誌j40(2-4)217-226,315-322,479-488
宮川浩也「日本医史学雑誌140(1)88-89
「『空襲救護jについて(抄)」谷津三雄、渋谷鉱『日本医史学
雑誌j40(1)74-75
「「啓迪集」所引文献の検討(抄)」王鉄策、小曽戸洋『日本医
史学雑誌』40(1)40-41
庫)の書誌学的研究(抄)」蒲原宏『日本医史学雑誌」40(1)
「新生児マススクリーニングの歴史、理念、現状先天代謝
異常症」青木菊麿『小児内科」26(12)1957-1960
トや一
「ScultetusのArmamentariumChirurgiCum(外科の兵器
29小児科史
345-349
「新生児マススクリーニングの歴史、理念、現状マスクク
リーニングの費用便益」黒田泰弘I小児内科126(12)
1979-1983
「新生児マススクリーニングの歴史、理念、現状神経芽細
胞腫」沢田淳『小児内科」26(12)1973-1978
「新生児マススクリーニングの歴史、理念、現状先天性副
腎過形成」諏訪城三「小児内科」26(12)1967-1972
「アタッチメント研究の歴史と文化差に関するメモランダ
ム」荘厳舜哉『乳幼児医学・心理学研究」3(1)1-16
状腺機能低下症」新美仁男「小児内科」26(12)1961-1966
「予防接種の歴史と今日的意義」平山宗宏「小児内科」26(11)
1785-1789
「子どもと医史学脱水症の研究(14)」深瀬泰且「教育医事新
聞』(113)13
「子どもと医史学輸液療法の歴史(1-3)」深瀬泰旦『教育医
事新聞」(114,115,117)15,19,15
史」柿本泰男、佐野輝『日本内科学会雑誌』83(4)533-538
「MarshallHallの[振戦麻痒]についての記載古川論文(神
経内科、40491-492,1994)の補遺」作田学「神経内科」41(5)
519-522
「近代脳神経外科主義の発達と分化(1)∼(2)」佐野圭司
「ClinicalNeuroscience」12(11,12)1294-1295,1426-1428
「近代脳神経外科の黎明(1)∼(8)」佐野圭司「ClinicalNeuroscience」12(3-10)346-347,458-459,570-572,690-691,818
-820,938-939,1058-1059,1182-1183
「脳神経外科の歴史脳機能の局在(1)∼(2)」佐野圭司「ClinicalNeuroscience」12(1,2)106-107,218-222
「神経伝達物質の研究史余滴人脳の神経細胞の数は?」佐
野豊「ミクロスコピア』11(02)113
「神経伝達物質の研究史(10)視床下部ペプタイドホルモンの
発見(2)」佐野豊『ミクロスコピア」11(03)160-165
「神経伝達物質の研究史余滴[脳]の起こり」佐野豊「ミク
ロスコピア』11(04)264-265
「失行論の歴史的変遷」大東祥孝「神経研究の進歩」38(4)
526-532
30神経学史
「序論神経伝達物質研究の歴史と展望」大塚正徳「神経精
神薬理」16(1)5-10
「パーキンソン病:診断と治療の進歩歴史的背景パーキ
「パーキンソン病:診断と治療の進歩歴史的背景パーキ
ンソン病における黒質の細胞変性について」田中順一、福
田隆浩「日本内科学会雑誌」83(4)528-532
「Weber症候群」古川哲雄『神経内科」40(6)589-591
︵や”[︶
「新生児マススクリーニングの歴史、理念、現状先天性甲
ンソン病患者の脳におけるドーパミンの減少の発見の歴
”@ 寺
「学校心臓検診の歴史と意義」大国真彦「小児内科」26(3)
「パーキンソン病:診断と治療の進歩歴史的背景James
Parkinsonの記載と疫学」古和久幸「日本内科学会雑誌」
83(4)524-527
1953)」天児民和「臨床整形外科」29(1)74-75
「整形外科を育てた人達第123回WilliamAdams(1820-
1900)」天児民和『臨床整形外科」29(2)208-209
「整形外科を育てた人達第124回HaroldJallandStiles(1863-
31診断学史
「診察術の歴史ウイリアム・オスラー」GudeJ.KI.JIM」
4(6)554-555
「二段階PCR法を用いたHLA-DNAタイピングの歴史学的
資料への応用(会議録)」打樋利英子、外6名「日本法医学雑
誌148(補冊)162
「データベースから見た医用画像工学の歴史(抄)」梅垣洋一
「直腸診を見直す直腸診の歴史をめぐって」大村敏郎
「JIMj4(3)217-219
「ベッドサイド心臓病学聴診器の改良歴史と現況」坂本
二哉「綜合臨床』43(4)684-687
「小児精神・心理学的検査の実際小児科医と認知能力検査
(いわゆる知能検査)検査法の歴史、種類、使用法の原則」
原美智子,石渡昌子『小児内科」26(6)857-861
「画像診断のいま昔歴史をたどる」松浦啓一『クリニシア
ン』41(4-5)369-373
1956)」天児民和『臨床整形外科」29(5)580-582
「整形外科を育てた人達第126回RobertJudet(1909.1980)」天
児民和「臨床整形外科』29(6)724-725
「整形外科を育てた人達第127回GabrielNove-
Josserand(1868-1949)」天児民和『臨床整形外科』29(7)
830-831
「整形外科を育てた人達第128回ClearenceHenry
︵ト”[︶
『MedicallmagingTechnoloagyj12(4)307-313
1946)」天児民和「臨床整形外科』29(3)276-277
「整形外科を育てた人達第125回AlexanderGibs()11(1883-
Heyman(1891-1964)」天児民和『臨床整形外科」29(8)912-913
「整形外科を育てた人達第129回AI・thLIrBruceGill(1876-
1965)」天児民和『臨床整形外科」29(9)1018-1019
「整形外科を育てた人達第130回RobertGuyPulvertaft(1907-
1986)」天児民和『臨床整形外科」29(10)1130-1131
「整形外科を育てた人達第131回EmanuelB.Kaplan(1894-
1980)」天児民和「臨床整形外科」29(11)1244-1245
「整形外科を育てた人達第132回LouisBauer(1814-1898)」天児
民和「臨床整形外科』29(12)1364-1365
「整形外科を育てた人達第122回FIorenceRenaSabin(1871
「整形外科におけるマイクロサージャリー歴史と展望」生田
義和、土肥大右「整形外科」45(4)489-493
句や寺
32整形外科史
大村敏郎「整形外科』45(2)231-236
「脊椎インストルメンテーションの歴史とそのバイオメカニ
クス的考察」高橋和久、山県正庸「脊椎脊髄ジャーナル」
7(2)223-228
「人工股関節:その歴史と材質の変遷」徳永大作「京都第二
赤十字病院医学雑誌』(15)71-75
「肩の外科の歴史日本と世界」信原克哉「整形・災害外科」
37(08)859-861
「私の骨折治療の歴史」平川寛『北海道整形外科外傷研究会
会誌』(10)153-162
「五十肩の歴史(英文)」三笠元彦「日本整形外科学会雑誌」
68(2)1-2
「生生堂治験(その1)∼(その3)」『呉秀三先生記念精神科医療
史資料通信』(30-32)1-5,1-3,1-6
「高嶺三吉筆記「榊教授精神病学」(完結)」『呉秀三先生記念
精神科医療史資料通信」(30)11-23
「鰯澗狂辨(その4)」「呉秀三先生記念精神科医療史資料通信』
(30-32)6-9,4-10,7-12
「分裂病の薬物療法:アメリカの現況(英文)」ShenWinston
W「(The)KeioJournal(of)Medicine」43(4)192-200
「松原三郎特集(完結)早発生癬呆の本態に就きて」『呉秀三先
生記念精神科医療史資料通信j(32)23
「松原三郎特集(完結)講義要録より」『呉秀三先生記念精神科
医療史資料通信』(32)24-26
「松原三郎特集(完結)精神病の分類」「呉秀三先生記念精神科
医療史資料通信」(32)27
33精神医学史
「『手軽に治せる家庭療法全集』より主婦の友第15巻第1
号(昭和6年1月1日)」『呉秀三先生記念精神科医療史資料通
信」(30)26-36
「私立京都揮狂院入院諸費計算書」「呉秀三先生記念精神科医
療史資料通信」(30)10
「精神病患者実験記事(その4)∼(その6)」「呉秀三先生記念精
神科医療史資料通信I(30-32)24-25,11-14,13-22
「精神病者監置願」『呉秀三先生記念精神科医療史資料通信」
「松原三郎特集(完結)偏執病問題」『呉秀三先生記念精神科医
療史資料通信」(32)28-29
「松原三郎特集(完結)治癒スベキ早発癬病型二就テ」「呉秀三
先生記念精神科医療史資料通信』(32)30-35
「松原三郎特集(そのl)精神病ノ分類二関する私見」「呉秀三
先生記念精神科医療史資料通信」(31)22-30
「松原三郎特集(その1)学位記(論文審査ノ要旨)」「呉秀三先
生記念精神科医療史資料通信』(31)31
「松原三郎特集(その1)篭憂病ノ本態」『呉秀三先生記念精神
︵”ぬ[︶
「五十肩の歴史」三笠元彦「整形・災害外科」37(13)1527-1532
(31)15-21
己トマ
「画像でたどる日本の西洋医学アンブロアズ・パレの整復法」
科医療史資料通信』(31)32-34
(II)」安田純一「医證:I(66-67)3901-3909,3949-3953
「「臓澗狂経験編」の著者土田鰍による下気円引き札(例)」岡
田靖雄「日本医史学雑誌」40(2)231-232
「戦前合州国に留学した精神病学者たち(上)∼(下)−松原三
郎、斎藤玉男、石田昇ほか−」岡田靖雄「日本医史学雑誌」
40(3,4)255-279,413-434
「R本における早発癖呆一精神分裂病概念の受容一(抄)」岡
37生理学史
「パッチクランプ法の歴史」大地陸男『BIOClinical9(1)
66-69
「パッチクランプ法の歴史(2)」大地陸男「BIOCliniCa」9(8)
6()3-603
田靖雄「日本医史学雑誌』40(1)24-25
「EE研究の歴史と今後の課題(抄)」三野善央「家族療法研
究」l1(1)27
「ペスト残影(その2)ボンとその周辺の巻(抄)」滝上正『神奈
「メンタルヘルスの広場心の病の人々の居住プログラム保
護.救済の歴史をふりかえって」見浦康文「心と社会」25(3)
78−84
「維新期の富山藩洋方医について−とくに戊辰戦争従軍藩医
を中心として−」赤祖父一知「医謹』(66)3885-3893
「明治16年富山県在住内務省免許医師について」赤祖父一知
「北陸医史」15(1)18-26
︵毎”︻︶
川医学会雑誌』21(1)173
38地方史
「北陸三県内務省免許医師名簿続編」赤祖父一知「北陸医史』
15(1)84-90
「幕末における千葉県の医療制度に関する考察(2)佐倉藩の
35西洋医学史
医療制度改革(1)」石出猛史『千葉医学雑誌』70(5)275-280
「ギリシャ医療文化史の旅」石田純郎「医諄」(67)3987-3994
「遠江雪中庵社中の風交」岩崎鐵志「静岡県史研究」(10)29-48
1クワック(Quack)-18世紀オランダの巡回医療職につい
「芸備瀬戸内海沿岸島部の医史概観(抄)」江川義雄「日
て−(抄)」石田純郎『日本医史学雑誌」40(1)52-53
「フランス医療文化史の旅」石田純郎「医潭」(66)3930-3938
「中世ヨーロッパの衛生思想SixNon-Naturals(抄)」平尾
「ノヴァラ号遠征に対する澳国医学界の要望と指示(1)
医学」47(5)846-852
「シンポジウム中津藩の蘭学について」川嶌眞人『化学史
研究」21(1)95-96
一ト罰
真知子「日本医史学雑誌』40(1)50-51
本医史学雑誌」40(1)70-71
「明治時代に呉に来た海軍軍医と呉の医史」江川義雄「広島
医学会雑誌j21(2)345
「療病院・京都府医学校・京都府医事に関する若干の史料」
杉立義一『医謹』(66)3895-3899
「秋田県における消化器集団検診の歴史」正宗研『消化器集
団検診132(5)62-64
「美濃の近世の動き−科学の源流と背景一」丸山幸太郎I慾
斎研究会だより」(67)2-5
「西の長崎、東の佐倉」三浦義彰「千葉医学雑誌」7()(4)211-216
「[群馬県下に残る道了様信仰と福岡県下に残る道了神社信
仰の接点と考察](抄)」湯浅局行、藤野俎男、小林一日出、
∼(3)」片平測彦『Nurseeye」7(1-2)71-76,43-47
「薬害の歴史に学ぶスモン=キノホルム薬害事件」片平測
彦『Nurseeye」7(4)71-76
「薬害の歴史に学ぶクロロキン薬害事件」片平汐I彦「Nurse
eye」7(5)39-44
「薬害の歴史に学ぶ筋拘縮症事件(1)∼(2)」片平汐I彦
「Nurseeye」7(6-7)44-52,71-75
「薬害の歴史に学ぶ輸入濃縮製剤による「薬害エイズ」事
件(1)∼(2)」片平測彦『Nurseeyej7(8-9)71-76,70-73
「薬害の歴史に学ぶソリブジン薬害事件(1)」片平例彦
「Nurseeye」7(10)66-70
39治療史
「透析療法の歴史」阿岸鉄三『ClinicalEngineering」(別冊
透析入門)9-16
「カテーテルアブレーシヨンによる上室性頻拍の治療歴史,
現状および問題点」家坂義人『TherapeuticResearchl5」
(4)1281-1285
「電気療法の歴史“しびれえい”からFESまで(会議録)」川
村次郎「日本整形外科学会雑誌」68(2)241
「インターフェロンの歴史」岸田綱太郎「BIOClinica」9(2)
147−150
「治療の歴史非血縁者間骨髄移植療法骨髄バンクの歴史」
小寺良尚「治療学』28(10)1183-1188
「吹角(すいふくべ)二種供覧」岩治勇一『北陸医史」15(1)78
「Endogenousdigitalis-likefactor(EDLF)精製の歴史と現
「ステロイド代謝とP450:歴史と展望(会議録)」大村恒雄
状」後藤淳郎、山田菫、名越洋『TherapeuticResearch』
「生化学j66(7)597
「治療の歴史DIC」小川道雄『治療学』28(02)223-227
「薬害の歴史に学ぶ薬害防止における看護婦の役割」片平
15(1)213-222
「関節鏡による診断と治療の進歩関節鏡の進歩の歴史」榊原
壌『リウマチ科」11(5)263-270
︵c毎目︶
屋代正幸l。日本歯科医史学会々誌』20(2)128-129
例彦「Nurseeye」7(12)70-75
「薬害の歴史に学ぶスモン=キノホルム薬害事件(2)
国トー
「長崎国際墓地に眠る人々の死因(抄)」佐分利保雄『神奈川
「治療の歴史胄酸分泌抑制薬」阪口正博、芦田潔、大柴三
郎「治療学」28(4)463-467
「メタリックステントの進歩と臨床応用メタリックステン
トの歴史と国内外の状況」沢田敏、森岡伸夫「INNERVISIONj9(1)32-35
「セロトニン受容体ファミリー最近の知見歴史的背景と受
容体サブタイプ」渋谷健、北谷照雄、渡辺泰雄I東京医科
大学雑誌」52(6)665-675
「敗血症および敗血症性ショックの動物実験モデルその歴
史的意義と将来への展望(総説」島崎修次、三島史朗『日本
救急医学会雑誌」5(1)1-14
以降」菅野道『治療学」28(9)1045-1050
「復刻奈良北山十八間戸、創立に関しての一考察附、一遍上
人の獺救済事跡」鈴木元造「書諏』(67)3955-3986
「人工血液現状と未来人工血液の歴史と現状」関口定美
仲井邦彦『日常診療と血液』4(12)1581-1586
「酒湯の積極使用」宗田一『医謹j(67)3939-3941
「化学療法剤のすべて抗生物質・抗菌薬の歴史、現況と展
望」副島林造「臨床成人病」24(11)1531-1535
339-343
「小児作業療法の実際歴史的変遷と現状」奈良進弘、佐藤
剛「作業療法ジャーナル」28(5)328-333
「新しい交流分析の手ほどき交流分析の歴史」新里里舂「心
身医療」6(4)421-428
「ふたたび輸液療法のあゆみ」深瀬泰旦『川崎市小児科医会」
(26)8-25
「潟血の歴史(抄)」藤倉一郎、藤倉知子「日本医史学雑誌I
40(1)76-77
「治療ガイドラインをめぐってガイドラインの歴史的背
畠1:1︾
一言α戸︸
「治療の歴史睡眠薬の開発ベンゾジアゼピン系睡眠薬登場
隆「臨床成人病』24(11)1849-1853
「治療の歴史α遮断薬」仲沢幹雄、今井昭一『治療学』28(03)
景」牧野荘平「喘息』7(2)25-28
「セロトニン機能関連薬剤5-H<TV1A>受容体作用薬剤
治療薬としてのリチウム開発の歴史とリチウム療法を中心
として」松下昌雄「医薬ジャーナル」30(8)2036-2041
「薬膳の歴史に沿って」若林孝雄、申曼珍「東洋医学」22(10)
62-66
「こころの病気と薬こころにはたらく薬の歴史」渡辺昌祐
『こころの科学』(57)16-21
「治療の歴史気胸の治療」武野良仁『治療学』28(7)813-816
『治療学」28(6)705-708
「化学療法剤のすべて抗腫瘍剤の歴史・現状と展望」鶴尾
4 0 伝 記
「維新期の独逸留学生の光と影一ドイツ大学最初の日本人学
籍登録者赤星研造について−」森川潤『日本医史学雑誌』
騨吟﹃
「治療の歴史動脈硬化治療薬病理学からみて」田中建蔵
40(4)447-465
496
「アレキサンドル伝補遺(抄)」下総高次「日本歯科医史学会々
誌120(2)125-126
「アンリ・モンドールについて−フランスの外科医そして文
学者(抄)」今泉孝『日本医史学雑誌」40(1)54-55
「資料紹介一慾斎の『植物用語対訳」稿V」遠藤正治「慾斎
研究会だより」(67)6-8
「[西洋歯科医の草分け・一井正典の足跡を訪ねて](抄)」松
本晉一、渋谷敦『日本歯科医史学会々誌』20(2)122
「BrainMedicalj6(4)429-432
「先賢群像(その9)∼(その10)新・ウイントローフ伝
「金沢医科大学解剖学教授金子治郎博士の年譜」中村俊雄『北
陸医史』15(1)45-58
「雷親爺の人となり」北里一郎「文」(春号)9-11
「北里柴三郎日本最初の世界級の学者」酒井シヅ「文」(春
号)6-8
「北里柴三郎深い師弟愛に満ちた大先生」長木大三『文』
(春号)3-5
「人と時代遺伝学の青春時代その一木原均とその時
代」岡部昭彦「ミクロスコピアjll(4)234-238
「ゲーテの精神障害観(第1報)若きウルテルの悩み」高橋正雄
『心と社会j25(4)88-93
「
F
r
i
e
d
r
i
c
h
G
o
l
l
」
万
年
甫
「
C
l
i
n
i
c
a
l
N
e
u
r
o
s
c
i
e
n
c
e
」
1
2
(
(
)
6
)
702-703
(1901-1986)近代医学を布石した人(4)∼(5)」大谷彰『旭中
央病院医報」16(1-2)199-214,435-449
「佐伯理一郎と京都(六)−その生活と信条」長門谷洋治「啓
「生野銀山とフランス人医師エノン」石田純郎『医證」(67)
「J.Bシッドールの衛生指導(例)」中西淳朗「日本医史学雑
3943-3947
「日本の脳研究者たち大橋博司1923-1986年」浜中淑彦
『BrainMedical」6(3)306-314
「産婦人科医緒方正清(1864-1919)(抄)」長門谷洋治『日本医
史学雑誌』40(1)94-95「海軍大医監奥山虎炳(抄)」深瀬
泰且『日本医史学雑誌」40(1)68-69
「また海軍大医監奥山虎炳」深瀬泰且『慈恵医大小児科教室
迪」(12)9-14
誌』40(2)229-231
「J.B.シッドールの衛生指導」中西淳朗「保険医の臨床」(342)
14-19
「弘前藩医渋江抽斎の業績伝統医学の継承者(会議録)」松
木明知「全日本鍼灸学会雑誌』44(1)1-2
「瑞穂屋清水卯三郎の業績(その1)一人物像と歯科以外の業
績−(抄)」太田実、森山徳長、田辺明、大山萬夫、石川達
︵函︽[︶
「日本の脳研究者たち(18)井村恒郎1906-1981年」野上芳美
同窓会会誌』45-71
マト 寺
「浅野総一郎とコレラ(例)」荒井保男「日本医史学雑誌」40(4)
也、長谷川正康「日本歯科医史学会々誌」20(2)122-123
「日本の脳研究者たち(16)清水健太郎1903-1987年」浜中淑
彦「BrainMedical」6(2)197-199
「米医D.B.シモンズについて」荒井保男「日本医史学雑誌」
40(1)10-11
「Jean-MartinCharcot(1825∼1893)略伝」江口重幸『臨床精
神医学」23(2)149-157
「シャルコーの「サルペトリェール病院火曜講義録」(その2)」
岩田誠『科学医学資料研究」(245)9-12
「人と時代鯨塚研究の先覚者医師進藤直作先生のことど
も」本間義治「ミクロスコピア』11(4)240-243
「理療の科学』18(1)
「ダーウィン研究の現在一研究紹介」上山隆大『科学医学資
料研究』(245)1-8
「鍼灸老舗の人々43-47辰井文隆(14-18)」上池栄『医道の
日本」53(2-6)171-174,163-167,181-185,18()-183,164-167
「筒井八百珠と「臨床医典」(抄)」小田晧二『日本医史学雑
誌」40(1)16-17
「問田亮次教授の思い出集より(抄)」山口秀記、渋谷鉱、石
橋筆、落合俊輔、吉井秀鋳、谷津三雄「日本歯科医史学会々
誌」2()(2)124
から看護は始まった]」平尾真知子「看護学生」42(9)42-44
3911-3914
「長崎浩斎『医者物語」と吉田長淑(抄)」津田進三「日本医
史学雑誌」40(1)98-99
「東京府病院長としての長谷川泰(抄)」唐沢信安I'日本医史
学雑誌」40(1)14-15
「華岡青洲とその業績(その1)∼(その2)」泉雄勝「乳癌の臨
床』9(3,4)433-440,593-602
「我が耽溺の記(その二)パレ全集について」野口政宏『ミク
ロスコピア』11(2)120-124
「J.Hunterの実験と死因(抄)」中原泉『日本歯科医史学会々
誌』20(2)103
「先達医家の肖像<57>AmoldPick(1851-1924)」酒井シヅ
「MedicalDigestl(333)巻末
「ヒポクラテス(Hippocrates)」酒井シヅ「ClinicalNeurosciencell2(09)1072
「ヒポクラテス顔貌」飯田収IJohnsjlO(7)970-973
「飛見丈繁先生没後二十五年を偲んで」寺畑喜朔「北陸医史」
15(1)68-77
「フランス王立外科学院の院長として活躍したJeanLouis
Petit」犬山征夫「Johns」10(1)98-101
「ジクムント・フロイト上顎癌との壮絶な闘い」犬山征夫
唖屋寺
「特集:ナイチンゲールからのメッセージ[ナイチンゲール
こと」井田進也『図書」(6月号)
「長崎家六代言定に関する資料」寺畑喜朔「医諏』(66)
︵銅つ[︶
「杉山和一その文献と伝説」香取俊光、早川要、長尾栄一
「中江兆民に癌を告げた医師一[耳鼻咽喉専門医堀内某]の
IJohnSl10(6)828-832
「Vesalius原版の行方」中原泉『日本歯科医史学会々誌」20(2)
145-149
「へボン」高安伸子「日本の「創造力』」(15)42-44
「CharlesBellのMichelangelo論」古川哲雄「神経内科」40(4)
404-408
「『ベルツの日記」に挿入の山の写真(上)∼(下)」小関恒雄、
國府田坦『日本医事新報」(3675,3676)63-65,68-70
「先人たちは性医学をどう学んできたか明治2年大阪医学
「山脇東門及び荻野元凱とオランダ医学」マセ・美枝子『日
本医史学雑誌」40(2)133-153
④
ヒー
ー
「アルブレヒト・フォン・ローレツの研究(1)(抄)」小形利
彦、エリッヒ・ラブル『日本医史学雑誌』40(1)64-65
「MoritzHeinrichRombergの生涯所縁の地Meiningenと
Berlinを訪ねて」高橋昭、伊藤泰広、SchmidtAlexandrC.
「神経内科」41(2)101-109
「野口英世の師渡辺鼎その1−父・思斎一(抄)」石原理
年『日本医史学雑誌』40(1)92-93
校でのポードウィンの講義録「日講記聞」を中心にした考
察(第1報)」斎藤三朗『汐田総合病院医報」9(1)63-70
12(11)1306-1307
「ミクロの世界の開拓者マルチェロ・マルピギーMarcello
Malpighi(1628-1694)」PietroMMotta「ミクロスコピア」
11(4)244-248
「三浦梅園の生理学体系一とくに臓肺・経脈・筋骨の機能に
ついて」近藤均『日本医史学雑誌」40(2)228-229
「三浦梅園の長崎旅行について(抄)」上潟口武、嶋村昭辰、
内田康也、梶山稔、小林繁「日本歯科医史学会々誌』20(2)
133-134
「鍼灸老舗の人々48-52その六l11本新梧(1-5)」│三池栄「医
道の日本j53(7,9,10,11,12)187-191,158-162,171-174,
171-175,169-172
「宇田川玄真の兄弟について(中)」幸田正孝「津山洋学資料
館友の会だより』(24)2-4
「上山藩医奥山玄育と荻野元凱(例会)」深瀬泰旦「日本医史
学雑誌」40(3)327-328
「東大医学部生化学教室創設者隈川宗雄とその一族(抄)」中
山沃「日本医史学雑誌」40(1)46-47
「シャルコーとフロイト」新宮一成『臨床精神医学」23(2)
175-180
「楢林家と小倉(抄)」上潟口武、藤英俊、児玉淳、嶋村昭辰
福田仁一、向野明甫『日本歯科医史学会々誌」20(2)132-133
「西周と備前の洋学徒・医師との交遊」中山沃「洋学資料に
よる日本文化史の研究』(7)35-52
「日本の医師の中のキャリアの研究(その1)日本学士院会
︵寺、[︶
「JuliusHallervorden」横井晋│'ClinicalNeuroscience」
41伝記(双)
員」中野進、指宿照久、山脇敬子「京都医学会雑誌』41(1)
「人と時代田原淳よりルドヴィッヒ・アショッフヘの手紙」
島田宗洋『ミクロスコピア」11(2)78-88
「和気(半井)氏の肖像」杉立義一『北陸医史』15(1)37-44
「古代日本に舵ける呪術医療への考察(抄)」稲垣直『日本医
史学雑誌』40(1)86-87
「近現代における中朝古医籍書誌目録の検討(1)∼(2)」王鉄
策「漢方の臨床』41(8-9)1080-1091,1211-1222
「満州医科大学東亜医学研究所の業績と貢献(2)」王鉄策『漢
42伝染病史・防疫史
「梅毒の起源をめぐる論争一アメリカ対ヨーロッパ」K.H.
レーフエン、松下正明(訳)「科学医学資料研究』(244)1-15
「院内感染対策の歴史的変遷と疫学」岡田賢司、植田浩司『小
児内科」26(10)1627-1630
「疫病伝来史文化の道は病気の道」酒井シヅ『日経メディ
「十七世紀後半の医学害に見るらい病観(抄)」横田則子I・日
本医史学雑誌」40(1)20-21
本医史学雑誌』40(4)467-478
「古代アジア医学の伝統-ICTAM会頭講演一」大塚恭男「東
方』(10)42-53
「『傷寒論」異聞陽明病胄中寒の説(1)」岡田研吉「漢方の臨
床』41(4)523-533
「ChemistryofTraditionalRecipesUsedinHepaticDis-
︵ぬ、[︶
カルj(増刊号)109-115
方の臨床」41(1)165-170
旧中韓古医籍の所蔵目録」王鉄策、小曽戸洋、真柳誠「日
orders」KUMAR,Kaushal/UPADHYAY,Vinod「東方」
(10)136-144
43東洋医学史
「漢方史探訪44[本草色葉抄][医談抄]」赤堀昭「協力会だ
より」(初夏号)
「漢方史探訪頓医抄」赤堀昭「協力会だより」(夏号)
「馬王堆「南方禺減』図考」猪飼祥夫「竜谷史壇」(1()3,104)
47-69
「インド生命学(アーユルヴェーダ)から終末期医療を考える
81-89
史」金成俊「東洋医学j22(6)20-35
「漢方史景62カゼ症候群(29)」蔵方宏昌『漢方診療』13(1)32
「漢方古典文献概説明代の医薬書(その10)-(12)」小曽戸
洋『現代東洋医学」15(2-4)245-252,425-431,555-56()
「目でみる漢方史料館(68)名医の神農画賛と山水画」小曽戸
洋「漢方の臨床』41(1)2-4
「目でみる漢方史料館(69)谷文晁の描いた多紀元堅像」小曽
戸洋「漢方の臨床』41(2)206-208
卜吟守
−初期仏教との関連を踏まえて−」伊藤道哉『東方』(10)
「民族医学シリーズ(1)韓医学(韓国伝統医学)その世界と歴
曽戸洋「漢方の臨床」41(6)702-704
「目でみる漢方史料館(74)里ねられた神農像と玄朔像」小曽
戸洋「漢方の臨床」41(7)822-824
「目でみる漢方史料館(75)『啓迪集」の一古抄本」小曽戸洋
「漢方の臨床」41(8)946-948
「目でみる漢方史料館(76)元版「銅人穴針灸図経」」小曽戸
洋「漢方の臨床』41(9)1146-1148
「目でみる漢方史料館(77)廷賢の肖像」小曽戸洋「漢方の
臨床』41(1())1282-1284
「目でみる漢方史料館(78)荻生祖侠「素間評』の原本」小曽
「沙参考」小高修司『漢方の臨床」41(()1)159-164
「チベット医学の医師論」佐藤道郎「東方」(10)90-99
「チベットにおける脈診の成立」佐藤道郎『東方』(10)100-1()7
「仏教と疫病」杉田暉道「東方」(10)54-56
「LovingKindness:TheEssentialBuddhistContribution
toPrimaryHealthCare」AUNG,StevenK.H.『東方』
(10)108-112
「鍼灸・治効理論の変遷(抄)」高島文一「日本医史学雑誌」
40(1)18-19
「王清任著[医林改錯]に学ぶこと」滝本真『中医臨床』15(3)
276-282
「傷寒論雑感(14)『難解条」(2)」玉置英成「漢方の臨床』41(2)
「傷寒論雑感(15)『難解条」(3-1)」玉置英成『漢方の臨床I
41(4)534-538
「高齢者保健福祉1()ヵ年戦略(ゴールドプラン)と鍼灸我が
国の高齢者福祉の背景・歴史と方向」中島健一『東洋療法
学校協会学会誌』(17)89-100
「第4回国際アジア伝統医学大会(ICTAMIV)と東方研究会」
中田直道|東方」(10)39-41
「「摩訶止観」に見られるインド医学の諸用語-dhatu(身体
の要素)をめぐって−」中田直道、杉田暉道『東方』(10)75-80
「インド医学の思想的背景」中村元『東方」(10)5-37
「近代日本鍼術の拠り所」濱田淳、長尾榮一『日本医史学雑
誌」40(3)305-313
「『万安方』にみられる麻疹の記載(抄)」広田曄子『日本医史
学雑誌」40(1)38-39
「ChangingPatternofAyurvedicEducationandPractice
inlndiafromPre-ChristianEratoPost-BritishRaj
Days」RANGANAYAKULU,PotturuV.『東方』(10)
145-149
「古代医学にみる心身の健康法(抄)」槇佐知子「教育医学」
40(1)14-15
「MeasurementofHealth:AnlnsightfromAyurveda」
PAL,MadhabendraN.「東方』(10)156-155
「韓国伝統医学文献と日中韓の相互伝播」真柳誠『温知会々
︵@句﹃︶
戸洋「漢方の臨床」41(11)1402-1404
288-292
函ト 寺
「目でみる漢方史料館(73)浅田宗伯揮毫の赤沼淳卿詩碑」小
報」(34)208-215
「鴉烏一実在から伝説へ」真柳誠「『物のイメージ・本草と博
物学への招待」」150-185
「目でみる漢方史料館(71)人面烏身の針医一二世紀の画像石
から−」真柳誠「漢方の臨床』41(4)462-464
「目でみる漢方史料館(72)漢蘭折衷の解剖書−『解体発蒙』」
真柳誠『漢方の臨床』41(5)590-592
「目でみる漢方史料館(79)敦埋本『本草集注」」真柳誠「漢方
の臨床』41(12)1522-1524
「やみの医術一鳩烏一実在から伝説へ(例)」真柳誠「日本医
史学雑誌」4()(4)493-495
洋医学雑誌144(3)363-375「東洋医学古典概念の科学化に
関する研究」森和「東方医学」10(2)1−27
「尾張藩医宗浅井家の業績と国幹の「告墓文」について」矢
数道明『日本東洋医学雑誌」44(3)263-273
「日本漢方現代史余話(16)張仲景版画についての訂正」矢数
道明「漢方の臨床」41(1)173
12(5)166-174
「漢方医学の歴史的変遷多紀元簡」安井広迪『Kampo」
12(2)50-61
「[まんが中国医学の歴史]について(会議録)」山本徳子「神
奈川医学会雑誌」21(1)173-174
「中国名医の足跡(16)「六元五運」を著した名医せき允」吉
田荘人「東洋医学」22(7)94-95
「中国名医の足跡(17)北宋の薬王ほう安時」吉田荘人I東
洋医学」22(8)114-115
「中国名医の足跡(19)丹薬を否定した先賢冠宗せき」吉田
荘人「東洋医学」22(10)107-108
「中国医学と道教(VⅢ.日本古代史から)(抄)」吉元昭治「日
︵卜②﹃︶
「穴位主治の伝承における医心方の意義」光藤英彦「日本東
「漢方医学の歴史的変遷香月牛山」安井広迪「Kampo」
本医史学雑誌」40(1)84-85
「[伝統インド医学]の性格と発展について」DAS,RahulP.
「東方」(10)57-74
「TheSocio-CulturalBasisofAyurvedainKerala,India」
ABRAHAM,Leena『東方」(10)113-135
「R本漢方現代史余話(19)湯島聖堂[恩賜神農像]写真の変
化について(2)−枯草から稲の穂に変わる−」矢数道明『漢
方の臨床」41(04)556-557
「日本漢方現代史余話(20)湯島聖堂[恩賜神農像]写真の変
方の臨床』41(05)666-667
「即時型過敏症:短い私的な歴史(総説)(英文)」Ovary
Zoltan「アレルギー』43(12)1375-1385
「R.ブライト医師の"ReportsofMedicalCase3(1827)
(Vol.1)の内容について(抄)」会田恵『日本医史学雑誌』
毎F︾
化について(3)−稲の穂から甘草に変わる−」矢数道明『漢
44内科史
「レーン・アンジオテンシン系研究の歴史」荒川規矩男「臨
床科学』30(7)785-790
「PTH/PTHrP研究の歴史」五十嵐徹也『ClinicalCalCium」
37(13)86-87
的展開」貫和敏博「THELUNG-perspectives」2(1)69-74
「内分泌の概念のおこり(抄)」藤田尚男『日本医史学雑誌」
40(1)22-23
「冑粘液研究の歴史」堀田恭子、石原和彦「消化性潰瘍臨
床と基礎」13(1)21-29
「リウマチ性疾患としてのアミロイドーシスアミロイド蛋
「30歳未満発症インスリン非依存型糖尿病(NIDDM)症例の
白とは歴史と現状」鬼頭昭三、三好理絵「リウマチ科』
糖尿病遺伝歴史(IH)について(会議録)」村田雅彦、外3名
11(2)73-81
「一過性全健忘の歴史的概念」桜井靖久「神経内科』41(6)
533-536
「Helicobacterpyloriの発見の歴史と診断法」下山孝、田村
「日本内科学会雑誌』83(臨増)151
「感染症撲滅の歴史と将来展望」横田健「綜合臨床」43(7)
1263-1264
「バセドウ病の成因・病因論歴史的考察と最近の研究動向」
横山直方、長滝重信『日本臨床」52(4)1110-1117
「目で見る人工腎臓物語(1)人工腎臓(血液透析)(1)人工腎臓
の夜明け(図説)」白井洸「MedicalPostgraduates」32(5)
384-389
「目で見る人工腎臓物語(2)(1)人工腎臓(血液透析)(2)コル
フ(オランダ時代)人工腎臓の臨床成功(図説)」白井洸
『MedicalPostgraduatesj32(6)455-458
「狭心症の臨床狭心症特論SyndrOmeXSyndromeXと
microvascularangina研究の歴史、概念、定義、病因論」
鈴木恵子、戸山靖一「日本臨床」52(増刊冠動脈の臨床下)
396-399
「心エコー図温故知新」高元俊彦『病体生理128(2)42-49
「肺気腫分子レベルから実践成績まで病因をめぐる歴史
45皮層科史
「表皮内メラノームも含む病理組織学的診断基準の歴史的展
望(英文)」AckermanAlbertB「(The)Journal(of)Derma-
tologyj21(11)872-874
「メラノームの病理組織学的診断基準の歴史的展望(会議録)
(英文)」AckermallAlbertB.『日本皮層科学会雑誌」104(3)
335
「16,17世紀簡略皮膚科学史年表」小野公義『皮膚科の臨床」
36(06)753-756
「18世紀簡略皮膚科学史年表」小野公義「皮膚科の臨床』
36(02)261-263
︵ぬm[︶
和民、福田能啓他2名「消化性潰瘍臨床と基礎jl3(2)108
つめ︷
40(1)62-63
「4-15世紀簡略皮膚科学史年表」小野公義「皮膚科の臨床」
36(10)1385-1387
「JSCD(JpaneseSocietyofContactDermatitis)の歴史的資
料:グループスタデイ(英文)」SugaiTetsuroI・Environ.
mentalDermatologyjl(1)94-95
50風俗史
「民間医療信仰の小さな旅(抄)」立川昭二『神奈川医学会雑
誌121(1)174-175
「禁煙のサイエンス喫煙習慣の歴史」水沼寛『THELUNG
-perspectives」2(4)343-347
「近世都市社会と障害者一見世物をめぐって−」横田則子
47病院史
「鴎外の『独逸日記」にあるモアビット病院とその歴史」泉
(著)、塚田孝、吉田伸之、脇田修(編)「『身分的周縁l部落
問題研究所」529-562
彪之助「日本医史学雑誌」40(4)399-412
「モアビットなる市病院(抄)」泉彪之助『日本医史学雑誌」
40(1)48-49
281-292
「築城全書における[病院]の記述」中西秀樹『医謹」(67)
3997-4001
「[食]のケアを改善する病院給食の歴史的変遷と今後の展
望」中村丁次『看護」46(12)81-87
「[飲]の病の起源一仏教医学の[雁]の病とのかかわり−」
遠藤次郎、中村輝子、八巻英彦、宮本浩和「日本医史学雑
誌」40(4)435-446
︵毎句[︶
「山下御門内仮病院」黒澤嘉幸「日本医史学雑誌」40(3)
51仏教医学史
「ケガレと臓器移植(抄)」杉田暉道『神奈川医学会雑誌」21(1)
173
「ケガレと臓器移植(例)」杉田暉道「日本医史学雑誌」40(3)
330-331
「金光明最勝王経にみる医学(例)」杉田暉道『日本医史学雑
48病跡史
「「明月記jに表れる藤原定家の歯痛に関する考察(抄)」戸出
一郎「日本医史学雑誌」40(1)56-57
「原病学通論亜爾蔑聯斯の講義録(第1編)∼録(第2編)」松
「仏教と医療とのかかわり古代インドから現代日本までの
移り変わり」杉田暉道「東洋医学』22(1())47-51
「仏教と医療とのかかわり−古代インドから現代日本までの
移りかわり−(抄)」杉田暉道『日本医史学雑誌」4()(1)1-4
「十住毘婆羅沙諭における億倍精進-ruksapradhana(及び
[西寺
蔭宏’三重県立看護短期大学紀要」(15)73-96,96-125
誌」40(4)492-493
205-211
斎研究会だより」(66)2-5
函⑭︾
luhaprahana)」中田直道『鶴見大学紀要」(31第4部)
「「ミュンチング」の慾斎模写図の発見」遠藤正治「慾斎研究
会だより』(65)2−7
52法医学史
「明治6年函館英商ブラキストン召使縊死一件」小関恒雄
『Act.C1-imj60(2)47-52
「明治初年北海道におけるトリカブト中毒死例」小関恒雄
「Act.Crim」60(1)1-6
「ローレツの毒殺被疑解剖例をランガルト再鑑定す」小関恒
「慾斎の『植物用語対訳」槁IV-稿V」遠藤正治『慾斎研究
会だよりj(66-67)6-7,6-8
「江戸中期における木曽薬種と本草学者」後藤尚夫「慾斎研
究会だより』(64)2-7
「美濃の近世の動き−科学の源流と背景一」丸山幸太郎『慾
斎研究会だより」(67)2-5
雄『Act.Crim」60(5)177-185
55麻酔学史麻酔学史
53放射線医学史
「Brachytherapyの新しい展開密封小線源治療の歴史と
く△192>Ir線源の特徴」井上俊彦、山下孝『臨床放射線』
39(10)1109-1110
「北米放射線学会の歴史(年代記-7)」乙供通則、竹川鉦一、
菅原耕、外9名『青森労災病院医誌」4(1)55-63
「ラジオアイソトープの治療への応用RI内用療法の歴史と
「明治、大正、昭和初期における胸部外科手術のための麻酔
の発展の歴史(1)異圧(過圧)vs・平圧開胸論争を顧みて(総
説)」藤田俊夫『臨床麻酔」18(4,5)443-451,587-591
「華岡胄洲の麻酔法の普及一福井における橋本左内による二
手術について(抄)」松木明知『日本医史学雑誌14()(1)82-83
「麻酔科学史の温故知新なぜ歴史的研究が必要なのか」松
木明知「日本臨床麻酔学会誌」14(3)213-215
概要」木下文雄『Radioisotopesj43(8)491-502
「ラジオアイソトープの治療への応用RI遠隔照射と小線源
治療の歴史と概要」山下孝、尾内能夫『Radioisotopes」43(9)
565-574
57薬学史
「へボンが見た日本の薬」天野宏、川淵美奈子、田中淑子、
杉原正泰「薬史学雑誌129(1)73-78
「丹波敬三、森鴎外の医薬分業論」天野宏、川淵美奈子、田
54本草学史・博物学史
「「草木図説』を新訂した田中芳男の同社の士I」遠藤正治『慾
中淑子、斎藤明美、杉原正泰「薬史学雑誌」29(1)9-14
「富山売薬商人の歴史像」植村元覚「北陸医史」15(1)3-8
S
‐
巴
「抗アレルギー薬の歴史と展望」江田昭英『アレルギーの領
域」1(9)1()78-1083
「カリクレイン(カリジノゲナーゼ)開発の軌跡」大島幸助「薬
史学雑誌」29(3)498-5()7
「明治はじめの京都の薬事政策一調剤資格の施策をめぐって
−(抄)」小野尚香、多田罹浩三「日本医史学雑誌」40(1)34-35
「ACE阻害薬の歴史(1)」上月正博、阿部圭志「BIOClinica」
9(9)681-684
「ACE阻害薬の歴史(3)」金沢雅之、阿部圭志「BIOCli''ica.l
9(12)916-918
「江戸中期の木曽谷における薬種に関する一回状」後藤尚夫、
「明治時代の薬物展覧会について(補遺)」小山鷹二「薬史学
雑誌」29(1)42-46
の薬史学的考察」末廣雅也「薬史学雑誌」29(3)428-434
「L-threo-DOPSの開発の歴史」鈴木友和「Progress(in)
Medicine」14(3)470-489
「日本薬史学会編[日本医薬品産業史]第4部医薬品開発の
記録」製薬協加盟34社「薬史学雑誌129(2)232-421
「科学史の視点からみた薬剤師活性化への提言」高橋晟、三
澤美和、柳浦才三『薬史学雑誌』29(1)22-31
「C.Pツュンベリーと日本(第4報)水銀水療法について」高橋
文「薬史学雑誌」29(1)47-54
「C.P.ツュンベリーと日本(第5報)続水銀水療法について」高
橋文『薬史学雑誌」29(1)55-63
「近代病院薬剤師の職業専門化の歴史的過程(第3報)臨床医
学と臨床薬学の誕生」辰野美紀『薬史学雑誌」29(3)489-497
「薬史学部会シンポジウム[薬学の建設者田原良純のふぐ毒
「薬史学部会シンポジウム[薬学の建設者田原良純のふぐ毒
発見より百年「ふぐ毒研究の薬史学的考察」]一世紀にわた
発見より百年「ふぐ毒研究の薬史学的考察」」フグ毒研究史
るふぐ毒テトロドトキシンの研究」酒井浄「薬史学雑誌』
29(3)435-44()
「日本薬史学会編[日本医薬品産業史]まえがき」柴田承二
『薬史学雑誌』29(2)112-115
「着色科生薬の本草学的研究(第3報)鼠尾草」清水考重、井上
建夫、水野端夫「薬史学雑誌」29(1)15-21
「蘭学の背景(美作の場合)」 下山純正『津山洋学資料館j(25)
「薬史学部会シンポジウム[薬学の建設者田原良純のふぐ毒
100年の所感」津田恭介『薬史学雑誌」29(3)424-427
「薬史学部会シンポジウム[薬学の建設者田原良純のふぐ毒
発見より百年「ふぐ毒研究の薬史学的考察』]テトロドトキ
シンの薬理および生物化学の研究」中山仁I薬史学雑誌』
29(3)441-445
「仙台藩の医師[高屋家]に伝えられた薬箱について」那須
務、吉崎文彦、草野源次郎、奥山徹「薬史学雑誌』29(3)
484-488
「患者への薬剤情報提供日本での取り組みの歴史と今後」
碑睡守
10-12
︵[︵︶画︶
田中俊弘、山口茂治『薬史学雑誌』29(1)1-8
発見より百年「ふぐ毒研究の薬史学的考察」]ふぐ毒研究
「『肥後国球麻郡米良山産物帳」所載の薬用植物の研究」浜田
善利『薬史学雑誌’29(3)463-468
「雑録大黄、サルトリイバラ根、人参、もぐさ−16,17世紀
のヨーロッパにおける東アジアの生薬一」ヴォルフガング・
ツエザー、宮本法子(訳)「薬史学雑誌』29(3)5()8-510
「家庭配置薬業の現状と諸問題(抄)」松下正巳I日本医史学
雑誌』4()(1)36-37
「オーファンドラッグの歴史」南田安紀『薬事36』(8)
1811-1816
布大正9年(1920)までの医薬品事情」山田久雄『薬史学雑誌』
29(1)32-41
守如 寺
浜六郎、別府宏圀「臨床と薬物治療」13(4)387-389
「日本薬史学会編[日本医薬品産業史]第2部日本医薬品産
業近代史」山田久雄「薬史学雑誌」29(2)127-176
「家康の実学医薬との接点」山田英雄「現代医学」41(3)
607-611
「F.I.P.1993年国際薬学会議[薬史・HistoryofPharmacy]
部会に参加して」山田光男「薬史学雑誌」29(1)84
「ACE阻害薬の歴史(2)」吉田一徳、阿部圭志「BIOClinica」
9(11)836-838
「シーボルトの散腕点眼薬」宮崎正夫「薬史学雑誌』29(3)
史学雑誌j29(1)79-83
「日本薬局方に見られた向精神・神経薬の変遷(その7)かのこ
そう(纈草)の生産(栽培)に関する一考察」柳沢清久、山田
光男、松本仁人「薬史学雑誌』29(1)64-72
「薬学教育百年の史的考察」山川浩司「薬史学雑誌」29(3)
446-462
「日本薬史学会編[│_1本医薬品産業史]第1部日本医薬品産
58閨学史
「蘭学のフランスからの影響-A.リシェランを、その一例と
して−」石田純郎「洋学資料による日本文化史の研究」(7)
73-85
「蘭学の背景(美作の場合)」下山純正I津山洋学資料館』(24)
8-10
「千葉大学附属図書館亥鼻分館の所蔵する貴重な蘭学資料
展示会開催にちなんで」湯浅當土夫I'千葉医学雑誌』70(5)
343-347
業の特質」山川浩司「薬史学雑誌』29(2)116-126
「日本薬史学会編[日本医薬品産業史]第3部日本医薬品産
業現代史」山川浩司「薬史学雑誌』29(2)177-231
「近代│」本医薬品産業の発展(その4)第3回改正薬局方(JP
III)公布明治39年(1906)より第4改正日本薬局方(JPIV)公
591ノハビリテーション関係史
「日清・日露戦争時の恩賜の義肢の研究一リハビリテーショ
ン史の視点から−(抄)」坪井良子「日本医史学雑誌14()(1)
72-73
︵国︵︸国︶
469-483
「ドイツ薬局サイン[Apotheken-A]の変遷」宮本法子「薬
「明治期における恩賜の義肢の研究リハビリテーションの視
点から」坪井良子「自治医科大学看護短期大学紀要』(3)29-39
井シヅ「循環科学』14(6)巻末
「今月の誌上ギャラリー房事養生鑑」酒井シヅ『循環科学』
14(7)巻末
6 0 検 査
「明治初期の尿糖検査(会議録」川端邦弘、外3名I医学検査』
43(3)653
「日本の臨床検査の歴史と今日的諸問題(抄)」黒川一郎
『Laborat()ryandCliniCalPractice」12(2)133
「慢性胃炎なぜシドニー・システムか“胃炎”と内視鏡そ
の分類と歴史的変遷」竹本忠良「消化器内視鏡』6(8)971-978
「今月の誌上ギャラリー挿絵画家MaxBroedel(18701941)」酒井シヅ「循環科学」14(8)巻末
「今月の誌上ギャラリー聖なる僧正の奇跡の治療」酒井シ
ヅ「循環科学」14(9)巻末
「今月の誌上ギャラリーマレーの携帯用脈波描写器」酒井
シヅ「循環科学」14(1())巻末
「今月の誌上ギャラリー小さな看護婦」酒井シヅ『循環科
学』14(11)巻末
「貴重な資料を残すために」宇賀正一「科学医学資料研究」
(239)1-1()
「今月の誌上ギャラリー16世紀初頭の病棟」酒井シヅ『循
環科学114(1)巻末
「今月の誌上ギャラリーシーポルトの潟血手術図」酒井シ
ヅ『循環科学」14(2)巻末
「今月の誌上ギャラリー礼拝堂と病人の癒し」酒井シヅ「循
環科学」14(3)巻末
「今月の誌上ギャラリー健康と病気」酒井シヅ「循環科学」
「今月の誌上ギャラリー心臓手術」酒井シヅ『循環科学」
14(12)巻末
︵銅つ国︶
61その他
「順天堂」酒井シヅ『本郷」(7)2-17
「五代将軍綱吉の儒耆御講釈」宗田一『啓迪』(12)1-3
「ストレス研究の歴史」出村博「Mebi()11」(8)1()-15
「日本における食品分析の起源(抄)」寺畑喜朔「日本医史学
雑誌」40(1)44-45
「食品成分表のあゆみと今後わが国の食品成分表の歴史
成立とその活用」山下光雄、勝川史憲、辻秀一、外2名「臨
床栄養」84(1)30-35
14(4)巻末
「今月の誌上ギャラリーアヴィセンナの『医学典範』」酒井
「今月の誌上ギャラリー18世紀イタリアの薬局の内景」酒
60中国語文献(北里研究所東医研医史学研究部担当)
「台湾原住民之医薬考察」Ⅱ合鴻潜・高田l。中華医史雑誌』24(1)
5−8
ぬい寺
シヅ「循環科学」14(5)巻末
学雑誌j24(1)9-14
「早期医学名詞統一工作:博医会的努力和影響」張大慶『中
華医史雑誌」24(1)15-19
「晩清四川普及類医著的産生和影響」和中竣『中華医史学雑
誌」24(1)2()-22
「清末北京内外城居民死因分析」海金生『中華医史雑誌』24(1)
23-24
「葡萄原産地及伝入時間考弁」王興国・王旭『中華医史雑誌」
24(1)25-26
「(泰泰伝統医学的可比性」明全忠・趙遠『中華医史雑誌』24(1)
「美尼爾与美尼爾病」王志斌・謹慎微「中華医史雑誌』24(1)
3()−32
「亨利・西格里斯与中国医学界的聯系及其影響」李剣『中華
医史雑誌」24(1)33-37
「<証類本草>陶序和<名医別録>歴史関係之弁析」尚志鉤
『中華医史雑誌」24(1)38-40
「程充生卒考」張一群『中華医史雑誌」24(1)40
「論<中国医学通史>古代巻編写諸問題」李経緯「中華医史
雑誌j24(1)41-46
史雑誌124(1)61-63
「<希波克拉底文集>中的肛瘻桂線療法」趙洪鉤『中華医史
雑誌』24(1)64
「五臓図考」斬士英I,中華医史雑誌」24(2)68-77
「<素間>“七篇大諭”運気不同推算方式之分析」塵育群I中
華医史雑誌」24(2)78-84
「方以智一中西医学匪通思想的啓蒙者」丁珪「中華医史雑誌」
24(2)85-90
「西方心臓病学史略」高潮・夏東民『中華医史雑誌」24(2)91-98
「1925年美国医牛在烟台硫環頂医院手術治療鼻息肉」楊華祥
「中華医史雑誌」24(2)98
「薬物化学的産生和発展」馬暁微1.中華医史雑誌124(2)99-104
「海南中医薬発展史料」林詩泉・林書勇『中華医史雑誌』24(2)
105-1()7
「傑出的蔵医薬学家蘇喀・羅哲傑布」図布旦考・本考『中華
医史雑誌』24(2)108-11()
「秦漢時期風俗習尚与医薬文化」鄭懐林『中華医史雑誌』24(2)
111-114
「中世紀的医学」程之萢「中華医史雑誌124(2)115-121
「法医学的萌芽」質静濤「中華医史雑誌」24(1)47-49
「剖腹産術小史」頚榿「中華医史雑誌』24(2)121
「楊樹動与新惜花散」宋之瑛『中華医史雑誌』24(1)49
「一本流伝迅速的婦科史書」朱国慶『中華医史雑誌』24(2)
「陳立夫先生関舩復興中医薬学的談話」朱建平「中華医史雑
誌」24(1)50-53
122-124
「明代物理降温療法史料一則」張北野『中華医史雑誌」24(2)124
︵寺︵︶因︶
27-29
「西方古代医学」程之萢『中華医史雑誌」24(1)54-60
「読馬継興先生<馬王堆古医書考釈>文鋳・孫中堂「中華医
やエー
「中国古代医政特点及其対当今医政之啓示」梁峻『中華医史
「記念毛沢東同志誕辰100周年座談会紀要」洪武狸「中華医史
雑誌』24(2)125-126
「福爾克曼及福爾克曼氏欠血性萎縮」呉辛「中華医史雑誌」
24(3)166
「唐代御纂方書的歴史価値」張洪義『中華医史雑誌」24(2)126
「論大食国薬品一無名異」宋蜆「中華医史雑誌j24(3)167-171
「中華医薬文化研討会紀要」張文・辛智科「中華医史雑誌I
「蔵医妊娠生理及胚胎学初探」洪武狸『中華医史雑誌』24(3)
24(2)127-128
172−174
「<怪疾奇方>作者小考」葉永敏『中華医史雑誌』24(2)129
「方成培与鄭氏喉科」鄭日新「中華医史雑誌」24(3)175-177
「近五年来中国医学史研究的進展」李経緯・朱建平『中華医
「子宮脱垂治療小史」頚榿『中華医史雑誌』24(3)177
史雑誌」24(3)133-137
「莱蝿病的発現与研究簡史」汪桂清・呉紅艶『中華医史雑誌I
24(3)138-140
「湖北荊門包山二号楚墓墓主死因初探」后徳俊・史略琳「中
144-147
「荷蘭据台時期之医学」l洽鴻潜・高田「中華医史雑誌」24(3)
148-150
「江筆花医事史料」趙国華・曽慧敏「中華医史雑誌』24(3)
150,185
「1912∼1927年間的中国食品衛生簡介」李小芳・王暁玲I中
華医史雑誌│24(3)151-153
「人体解剖在近代中国的実施」曹麗媚「中華医史雑誌』24(3)
154-157
「元代医事年表」高偉『中華医史雑誌」24(3)158-162
『中華医史雑誌」24(3)163-166
「止血鉗的改進」思梅「中華医史雑誌』24(3)182
「宋代婦産科学」孔淑真『中華医史雑誌」24(3)183-185
「文芸復興時期的医学」程之萢『中華医史雑誌」24(3)186-190
「尚志鉤輯<新修本草>特色評述」劉大培『中華医史雑誌』
24(3)191-192
「狂犬病流行簡史」厳家新・播南勝I'中華医史雑誌」24(4)
196-199
「認識肝炎病毒的歴史」胡国強・朱建新『中華医史雑誌」24(4)
200-202
「酒病与解酒考略」万芳・鍾籟生・劉連起・高偉軍『中華医
史雑誌」24(4)203-206
「<諸病源候論>対中国古代精神病学発展的貢献」黄健『中
華医史雑誌』24(4)207-210
「免疫机制認識的深化与腎臓移植歴史」梁興邦・梁宏鋒「中
華医史雑誌124(4)211-214
「上海近代中医教育概述」楊杏林・陸明『中華医史雑誌」24(4)
ふい一
「<居延漢簡甲乙編>中医薬史料」趙宇明・劉海波・劉掌印
「<五十二病方>揃与解別釈」孫啓明「中華医史雑誌│24(3)182
︵唾@画︶
華医史雑誌』24(3)141-143
「人工心臓起伝技術探源」劉治晏「中華医史雑誌」24(3)
「雑卒考」趙洪鉤『中華医史雑誌』24(3)178-182
「<希波克拉底文集>中的小來板治療骨折」趙洪鉤「中華医
史雑誌124(4)222
「台湾医薬衛生史料(1895∼1945)」千永敏・王忠云「中華医
史雑誌』24(4)223-228
「呉有性与<温疫論>」陳楊栄「中華医史雑誌』24(4)228
「古代舞医史料瓊談」阿子阿越「中華医史雑誌」24(4)229-232
「膀胱陰道瘻治療小史」頚榿「中華医史雑誌124(4)232
of1910.Kor.JMedHist.3(1),1-19
LEE,Jong-Chan:TheDevelopmentofGermanSocial
MedicineintheNineteenthCentury_Kor.J.Med.Hist
3(1),2()-29
LEE,Tae-Jun:TheModeofMedicallnferenceinthe
HistoryofMedicine.KorJ.Med.Hist.3(1),3()-37
CHUN,Hong-Joon:SomeTentativeCasesoftheHolistic
ApproachtoHealthCare.Kor.J.Med.Hist.3(1),38-48
SEO,Hong-Gwan:TextbooksofWestemMedicineinthe
「傅連璋和衛生予防」傅維康「中華医史雑誌」24(4)233-235
EarlyModemizatiollPeriod.Kor.JMed.HiSt.3(1)49-56
「<養生延命録>作者老」程軍・張乗倫『中華医史雑誌』24(4)
HWANG,Sang-Ik/KEEChang-Duck:AnalysisofSer-
「黄爽蛎<本草経>増補23条供文匪考」王家葵・孫啓明『中
華医史雑誌」24(4)238-239
「宋代的軍事医学」鑿純『中華医史雑誌124(4)240-243
「中医学之夢幻認識史考略」洪必良『中華医史雑誌」24(4)
244-247
「西方17世紀的医学」程之萢「中華医史雑誌』24(4)248-253
「中国近代最早学習西医的人一関諸」未之瑛『中華医史雑誌』
24(4)256
vicesofMedicalMissonariesDuringtheLateYi
-DynastyandtheEraoftheJapaneseOccupati()nin
K()rea.Kor.J.Med.Hist.3(1)57-71
KEE,Chang-Duk:ModernizatiollProcessoftheMedical
EducationinKorea.Kor.J・Med.Hist.3(1),72-129
RHI,Bou-Yong:PsychiatricCareanditsChangeunder
theJapaneseGovemmentinKoreawiththeSpecial
ReferencetotheClinicalActivitiesattheCoIonial
GovernmentalHospita1.Kor.J.Med.Hist.3(2),147-169
KEE,Chang-Duck;TheKoreanDoctorsWhoStudied
63韓国語文献(文字データベース化のため英文タイトルのあ
る論文のみ採用)
HWAMG,Sang-Ik:ReformoftheMedicalEducationin
theEarly20thCenturyAmericaandtheFlexnel-report
MedicineAbroad.Kor.J.Med.Hist.3(2),170-192
LEE,Jong-Chan:AComparativeA'1alysisofTwoHistor-
ica]Appr()achestotheFormatiolloftheModem
ChinicalMedicineKor_IMedHist3(2),193-207
︵やつ詞︶
236-237
妬め︾
215-218
「経脈病候考源」黄龍祥「中華医史雑誌」24(4)219-222
YEO,In-Sok/HWANG,Sang-Ik;AHistoricalStudy()11
thelnt()roductionandDevelopmentofAnatomyin
Japan.Kor.J.Med.Hist.3(2),208-219
JEONG,Woo-Yeal:ThePhilosophy&MedicalThought
torsandDirectAdvertisingintheLayPress:Med・Hist.
:38(3)255-280
JOHNSTON,William:AGenealogyofTubercularDiseasesinjapan:So.Hist.Med.:7(2)247-267
ofDongMuLeeJae-MaKor.J,Med.Hist3(2),220-231
MANCHESTER,Keith/KNUSEL,Christopher:AMedie-
SHIN,Sooll-Shik:AStudyonBackground()fDoctrinef()1-
valSculptureofLeprosyintheCiStercianAbbayede
SeasonalFebrileDiseases.Kor..IMed.HiSt3(2),232-251
Cadouin:Med.Hist.:38(2)204-206
EDELSON,PaulJ.:AdoptingOsler'sPrinciples:Medical
64欧文文献
GENTILCORE,David:、AllThatPertainst()Medicine":
P7℃わ”"/ciandP7T)rowe"""inEarlyM()derllltaly:
HARLEY,David:::BredupintheStudyofThatFaculty'':
LicensedPhysiciansinNorth-WestEngland,166()-1760
:MedHist:38(4)398-420
HUGHES,JohnS.::@Countl-yBoysMaketheBest
Nurses":NurSingthelnsaneillAlabama,1861-191():J.
Hist.Med.AIliedSci.:49(1)79-106
BENZENOFER,Udo:[email protected]"""""Pe7Tbc加沈c"""酒ic"柳'':
TheophrastvonHohenheimsForderungeninbezugauf
dieEthikindel-Chirurgie:SudhoffsArch.:78(1)107-112
BRICKMAN,JaneP.:!!MedicalMcCarthyism":The
PhysiciansForumandtheColdWar:J.Hist.Med
MORRICE,AndrewA.G::TheMedicalPundits":Doc-
190():ASymposium()'1FatalYears-AfterFatalYears:
ResponsesandFlltureResearch:Bull.Hist.Med.:68(1)
124-128
ESTES,J.Worth:AmericanAssociationfortheHistory
ofMedicine:ReportoftheSixty-seventhA'mualMeeting:Bull.Hist.Med.:68(3)491-502
GOEBEL,Thomas:AmericanMedicinealldthe"OrganizationalSynthesis":ChicagoPhysiciansandtheBusinessof
Medicine,1900-1920:BullHistMed:68(4)639-663
GALLEY,Chris:ANever-EndingSuccessionofEpidemics?MortalityinEarly-ModemYork:So、Hist、
Med.:7(1)29-57
HeidrunHelgaReissenweber:Arzneipflanzengartenin
Japan:WandelundKontinuitatinderArzneikundeder
︽ぬ﹃
AlliedSci.:49(3)380-418
Bull.HistMed.:68(1)67-84
PRESTON,SamuelH:DemographyandHistoryaround
︵いつ画︶
Med.Hist.:38(2)121-142
TextbooksinAmericanMedicalSchooIs,1891-1906:
Tuberculosis,1905-1935:J・HiJMed.AlliedSci.:49(3)
chellLmdweltanschaulichenKontextnatul-kundlichell
362-379
wissens:DessertatiollzumErwerbdesDoktorgrades
JACYNA,Stephen:Co''struingSilence:Narratives()f
derMedizinandel-MedizinschenFakultatderLudwig
LanguageLossinEarlyNineteenth-CenturyFrance:J.
-Maximilians-UniversitatzuMUnchentatzLIMLmchen:
Hist.MedAlliedSci.:49(3)333-361
LINDEEM.Susall:Atonement:UnderstandingtheNo
LOCHER,Wolfgang:DererstemedizinischeStudien-
-TreatmentPolicyoftheAtomicBombCasualtyCom-
kataloganderUniversitfitErlangen:SudhoffsA1℃h.:
mission:Bull.Hi、Med.:68(3)454-490
78(2)237-241
VANDAM,LeroyD:BenjaminPerleyPooreandHis
STURLESE,Rita:DieGedachtniskunstzwischenBrunound
HistoricalMaterialsforaBiographyofW.T.G.
Leibniz.DiemnemotechnischenSchriftendesAdamBrux,
M()rton,MD.:J.HiSt.Med.AlliedSci:49(1)5-23
Hist.:38(2)189-203
SCHLICH,Thomas:ChangingDiseaseldentities:
Cretinism,PoliticsandSurgery(1844-1892):Med・Hist.
:38(4)421-443
KEARNS,Gerry:DemographyandHistoryaroundl900:
ASymposiumonFatalYears-ClassandEnvironmentin
FatalYears:Bull・Hist.Med.:68(1)113-123
ADAMS,DavidP.:CommunityandProfessi()11alization:
ArztundParacelsianer:SLldh()ffsAI℃h:78(2)192-219
FOX,Enid:DiStriCtNurSinginEnglandandWalesbeforethe
NationalHealthService:TheNeglectedEvidence:Med.Hist.
:38(3)303-321
TANNENBAUM,RebeccaJ.;Earnestness,TemperancC,
Industry:TheDefinitionandUsesofProfessionalCharacteramongNineteenth-CenturyAmericanPhysicians:
J.HistMed.AlliedSci.:49(2)251-283
CROFT,LR.:EdmundGosseandthe''NewandFantastic
Cure''forBreastCancer:Med.Hist.:38(2)143-159
GeneralPractitionersandEar,Nose,andThroatSpe-
ABEL,EmilyK.:FamilyCaregivingintheNineteenth
cialistsinCinci'mati,1945-1947:Bull.Hist.Med:68(4)
Century:EmilyHawleyGillespieandSarahGillespie,
664-684
1858-1888:Bull.Hi、Med.:68(4)573-599
LERNER,BarronH:ConstructingMedicallndications:
MARKS,HarryM.:DemographyandHist()ryar()und
TheSterilizationofWomenwithHeartDiseaseor
1900:ASymposiumollFatalYears-FatalYears:An
︵エ︷︶詞︶
KOEHLER,P.J.:Brown-Sequard'sSpinalEpilepsy:Med.
つつ 守
Ed()-Zeit(1600-1868)Zumgesellschaftlichen,okonomis-
Intr()ductiontotheSymp()sium:Bull.HistMed.:68(1)
86−94
BROWN,EdwardM.:FrenchPsychiatry'slnitialRecep-
tionofBayle'sDiscoveryofGeneralParesisofthe
Insane:Bull.Hist.Med.:68(2)235-253
CASH,Philip/HIGOMOTO,Y()shi():Furtherlnf()rmation
CONNOR,J.T.H.:ListerismUnmasked:Anitsepsisand
theAsepsisinVictorianAnglo-Canada:J・Hist.Med.
AlliedSci.:49(2)2()7-239
RUXIN,JoshuaN:MagicBullet:TheHistory()fOral
RehydrationTherapy:MedHiSt.:38(4)363-397
KEIL,Gundolf:Magistergiselbertusdevillaparisiensi.
ConcemingDr・BenjaminWaterhouse'sAppointmentas
BeobachtungenzudenKranewittbeerenundGilbertspharma-
Harvard'sFirstProfessorofMedicine:J.Hist.Med.
k
o
l
o
g
i
s
c
h
e
m
R
e
n
o
m
m
e
:
S
u
d
h
o
f
f
s
A
r
c
h
:
7
8
(
1
)
8
(
)
8
9
WElSZ,George:MappingMedicalSpecializationinParis
AlliedSci.:49(3)419-428
PORTER,Roy:Gout:FramingandFantasizingDisease:
Bull.HistMed.:68(1)1-28
SudhoffsArch:78(2)171-191
ROSNER,Fred:HemophiliainClassicRabbinicTexts:J
HiSt.MedAlliedSci.:49(2)240-250
KING,R()ger:JohnHunterandtheNaturalHistoryofthe
HumanTeeth:Dentistry,Digesti()11,andtheLiving
Principle:J.Hist.Med.AlliedSci:49(4)504-520
MECKEL,RichardA.:DemographyandHistoryaround
Med:7(2)177-211
LENEMAN,Leah:MedicalWomenatWar,1914-1918:
Med.Hist.:38(2)160-177
APPELBAUM,PaulS.:MentalHealthLawandEthicsin
Transition:AReportfromJapan:HospitalandCommunityPsychiatry:45(7)635-644
TANSEY,EM/CATTERALL,P.P:Monocl()11al
Antib()dies:ASeminarinContemporaryMedicalHis-
1900:ASymposiumollFatalYears-JudgingProgressive
tory:Med.Hist.:38(3)322-327
SCHLEINER,Winfried:MoralAttitudestowardSyphilis
-EralnfantWelfareinLightofFatalYears--andVice
andltsPreventionintheRenaissance:Bull_Hist.Med.
Versa:Bull.Hist.Med.:68(1)1()5-112
︵つつ画︶
ZIETHEN,Gabriele:Heilungundr6mischerKaiserkult:
intheNineteenthandTwentiethCenturies:So.Hist.
:68(3)389-410
PearsollStrongandtheBilibidPrisonVaccineTrials,
andtheNineteenthCenturies:AReplytoSumitGuha:
1905-1906:Bull.Hist.Med.:68(4)600-638
So.Hist.Med.:7(2)269-282
[の一
CAMPBELLK1-istineA.:Kn()tsintheFabric:Richard
SZRETER,Simon:M()rtalityinEnglandintheEighteenth
WEST,MichaelO.:Nationalism,Race,andGender:The
TANSEY,E.M:ProtectionagainstDogDistemperand
PoliticsofFamilyPlanninginZimbabwe,1957-199():So.
DogsProtectionBills:TheMedicalResearchCouncil
Hist.Med.:7(3)447-471
andAnti-VivisectionistProtest:MedHist.:38(1)1-26
KRUSE,VonBritta-J.:Neufundeinel・handschriftlichen
V()rstufevonEuchariusR6"linsHebammenlehrbuch
D""8('/"(ノα'g〃で"F噸""zz"z""を加加が彫"R()sど"gαγ""
unddesFmzzE""c・/z/ど加sPs.-Ortolfs:SudhoffsArch.:
78(2)220-236
RICHARDSON,W.F./CARMAN,J.B:OnTranslating
Vesalius:Med.Hist.:38(3)281-3()2HUDDLE,Thomas
S/ENDE,Jack:Osler'sClinicalCIerkship:Originsand
BURLEIGH,Michael:Psychiatry,GermanSociety,and
theNazi'Ellthanasia'Programme:SQHist.Med:7(2)
213-228
STOLBERG,Michael:PublicHealthandP()pularResistance:CholeraintheGrandDLIchyofTLIscany:Bull.
Hist.Med.:68(2)254-277
GIBSON,WilliamC.:RamonyCajalandl-IisSchool:
PersonalRecollections:J・Hist.Med.AlliedSci.:49(4)
546-564
PENNINGTON,T.H:OsteotOmyasanlndicatorof
SULLIVAN,RobertB.:SanguinePractices:AHistorical
AntisepticSurgicalPractice:Med.Hist.:38(2)178-188
andHistoriographicRecollsiderationofHeroicTherapy
NOLL,Steven:PatientRecordsasHist()ricalStories:The
CaseofCaswellTrainingSchool:Bull.Hist.Med.:68(3)
411-428
BELLEMORE,Jane/PLANT,IanM/CUNNINGHAM,
LylmeM:PlagueofAthens-FungalPoison?:J、Hist・
Med.AlliedSci.:49(4)521-545
HAIKEN,Beth:PlasticSurgeryandAmericanBeautyat
1921:Bull.Hist・Med:68(3)429-453
劃
intheAgeofRLIsh:BullHist.Med.:68(2)211-234
WINSTON,Mal・k:TheBethelatNorwich:Al]Eighteenth
-CenturyHospitalforLunatics:Med.Hist.:38(1)27-51
LOMAX,Elizabeth:TheControlofContagiousDiseasein
Nineteenth-CenturyBritishPaediatl-icHospitals:So.
Hist.Med.:7(3)383-400
WARD,Lorraine:TheCultofRelics:Pasteul-Materialat
theScienceMuseum:Med.Hist.:38(1)52-72
HARLEY,David:PoliticalPost-M()rtemsandMorbid
LUMEY,L.H./VANPOPPEL,F.WA.:TheDutch
AnatomyinSeventeenth-CenturyEI1gland:So.Hist.
Famineofl944-45:MortalityandMorbidityinPastand
Med.:7(1)1-28
PresentGenerations:So.Hist.Med.:7(2)229-246
︽︶[函︶
Interpretations:J.Hist・MedAlliedSci.:49(4)483-503
G]
雲
BRUIJNIrisD.R:TheHealthCareOrganizatiollofthe
DutchEastlndiaCompany:So.Hist.Med.:7(3)359-381
FORRESTER,JohllM:TheHomoeomerOusPartsand
TheirReplacementbyBichat'sTissues:Med・Hist.:
38(4)444-458
HEWA,SOma:TheHookwormEpidemiconthePlantationsinC()lonialSriLanka:Med.Hist.:38(1)73-9()
KILLINGRAY,David:ThelnfluenzaPandemicofl918
SCHEPERS,R.M.J.:TowardsUnityandAutonomy:The
BelgianMedicalProfessionintheNineteenthCentury:
Med.Hist.:38(3)237-254
VOGELE,JorgP.:UrbanlnfantMortalityinlmperial
Germany:So.Hist.Med:7(3)401-425
SCHNELL,Bernhard:Vortibel-legungenzueiner・Geschichte
derdeutschenMedizinliteraturdesMittelalters"amBeispiel
desl2.Jahrhunderts:SudhoffsAI℃h.:78(1)90-97
-1919intheBritishCaribbean:SQHiSt.Med.:7(1)59-87
CONDRAN,GretchellA.:DemographyandHistory
GARIEPY,ThomasP.:ThelntroductionandAcceptance
aroundl900:ASymposium()nFatalYears-WhatFatal
ofListerianAntisepSisintheUnitedStates:J.Hist.
YearsTellsUsThatWeDidNotAll・eadyKnow:Bull.
Med.AlliedSci.:49(2)167-2()6
FRENCH,RogerK.:TheLanguages()fWilliamHarvey's
NaturalPhilosophy:JHist.MedAlliedSci.:49(1)24-51
Hist.Med.:68(1)95-104
=
STANTON,Jennifer:WhatShapesVaccinePolicy?TheCase
詞
一
ofHepatitisBintheUK:SoHist.Med.:7(3)427-446
LAL,Maneesha:ThePoliticsofGenderandMedicinein
KEIL,GLmdolf:ZurschweizerischenPharmaziegeschich-
CoIoniallndia:TheCountessofDufferin'sFund,1885
te.AnmerkungenzueinerBibliographie:SudhoffsArch.
-1888:Bull・Hist.Med:68(1)29-66
:78(1)113-121
GIDNEY,R.D./MILLAR,W.P.J.:TheReorientati()11of
MedicalEducationinLateNineteenth-CenturyOntario:
TheProprietaryMedicalSchoolsandtheFoundingof
theFacultyofMedicineattheUniversityofToronto:J
HistMed.AlliedSci.:49(1)52-78
culosisinNineteenth-CenturyShakerCommunes:Bull.
Hist.Med.:68(2)278-306
銅毎寺
MURRAY,JohnE.:TheWhitePlagueinUtopia:Tuber-
Fly UP