...

応急手当(心肺蘇生)カード

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

応急手当(心肺蘇生)カード
応急手当(心肺蘇生)
カード
学校安全ナビ 9 号付録
教室・部室・体育館などにぶら下げてご活用ください。
学校・街・病院内などで突然人が倒れた場合、
その第一発見者が児童・生徒・教職員・一般市民・
第1
第3
医療関係者の誰であっても、第一「心停止の予防」
、
第二「迅速な通報」、第三「一時救命処置」
、
第四「二
次救命措置と心拍再開後の集中治療」で、救命の
手順は変わりません。
●第一の鎖 心停止の予防
第2
一旦、心停止に陥った人の救命率は高くはあり
ません。
第4
そのため、心停止や呼吸停止を予防することが重
要となります。
◇児童・生徒の予防
①交通事故や窒息、溺水等による不慮の事故を防ぐ
②スポーツ中の事故を防ぐ
(体調管理・観察、管理指導表に合わせた運動 等)
③初期症状の認知と通報の方法や救命処置の教育
◇乳児の予防
乳幼児突然死症候群の予防
・うつぶせに寝かさない ・過度に服を着せない ・暖めすぎない 等
●第二の鎖 迅速な通報
1
傷病者発見
救助現場が危険でないことを確認
反応の有無を確認
2
反応なし
大声で叫び応援を呼ぶ
119 番通報・AED 依頼
3
呼吸をみる
気道確保 応援・救急隊を待つ
回復体位を考慮する
普段通りの呼吸あり
4
DX3_A4068A.indd 1
呼吸なし
*
*死戦期呼吸(しゃくりあげるような不規則で時おり出現
する異常な呼吸)は心停止として扱う
11.4.18 2:00:33 PM
●第三の鎖 一時救命処置(迅速な心肺蘇生)
胸骨圧迫
気道確保
の手順で!
人工呼吸
※水での事故(溺水)は気道確保 と人工呼吸を優先してください。
●強く、速く、絶え間ない胸骨圧迫を! ●すぐに AED を装着しよう!
1.心肺蘇生
ただちに胸骨圧迫を開始する
強く(成人は少なくとも 5cm、小児は胸の厚さの約 1/3)
速く(少なくとも 100 回 / 分)
絶え間なく(中断を最少にする)
人工呼吸ができる場合は 30:2 で胸骨圧迫に人工呼吸を加える
人工呼吸ができないか、ためらわれる場合は胸骨圧迫のみを行う
2.AED 装着
3.心電図解析
電気ショックは必要か?
必要あり
必要なし
4.ショック 1 回
5.ただちに胸骨圧迫から
ショック後ただちに胸骨圧迫から
心肺蘇生を再開※1
心肺蘇生を再開※1
※1
強く、速く、絶え間ない胸骨圧迫を!
救急隊に引き継ぐまで、または傷病者に呼吸や目的のある
仕草が認められるまで心肺蘇生を続ける
●第四の鎖 一時救命処置(迅速な心肺蘇生)
医師が器具や医療薬品等を用いて行う二次救命処置へと連
携を持って行う。これまでの鎖が有効に行われた後に、この
第4の鎖の機能が発揮されるのです。
日本蘇生協議会(JRC)と日本救急医療財団で構成するガイドラ
イン作成合同委員会が作成した救急蘇生のためのガイドライン
2010 を参考にしました。
お問い合わせ先
学校安全部安全情報課
TEL 03-5410-9154 FAX 03-5410-9167
DX3_A4068A.indd 2
11.4.18 2:00:34 PM
Fly UP