...

PMD661MKII

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

PMD661MKII
Model PMD661MKII 取扱説明書
Handheld Solid State Recorder
安全上のご注意
正しく安全にお使いいただくため、ご使用の前に必ずよくお読みください。
この取扱説明書および製品への表示では、製品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他の人々への危害や財産への
損害を未然に防止するために、いろいろな絵表示をしています。その絵表示と意味は次のようになっています。
内容をよく理解してから本文をお読みください。
絵表示の例 記号は禁止の行為であることを告げるものです。
図の中や近傍に具体的な禁止内容(左図の場合は分解禁止)が描かれています。
水場での使用禁止
分解禁止
水場での使用禁止
分解禁止
● 記号は行為を強制したり指示する内容を告げるものです。
手を挟まれないよう注意
電源プラグをコン
セントから抜く
電源プラグをコン
セントから抜く
図の中や近傍に具体的な指示内容(左図の場合は電源プラグをコンセントから抜く)が描かれています。
接触禁止
接触禁止
△ 記号は注意を促す内容があることを告げるものです。
図の中や近傍に具体的な指示内容(左図の場合は指を挟まれないように注意)が描かれています。
指のケガに注意
また、この取扱説明書では安全上のご注意を次のように分けて表示しています。
アース線を接続せよ
警告
この表示を無視して、誤った取扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性が想定される
内容を示しています。
注意
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が傷害を負う可能性が想定される内容およ
び物的損害のみの発生が想定される内容を示しています。
ないよう注意
万一異常が発生したら、電源プラグをすぐに抜く
電源プラグを
コンセント
から抜く
●煙や異臭、異音が出たとき
●落としたり、破損したりしたとき
●機器内部に水や金属類、燃えやすいものなどが入ったとき
そのまま使用すると、火災・感電の原因となります。すぐに本体と接続している機器の電源を切り、必ず
電源プラグをコンセントから抜いて、安全を確認してから販売店にご連絡ください。
お客様による修理などは危険ですので絶対におやめください。
ご使用は正しい電源電圧で
分解禁止
警告
電源プラグをコン
セントから抜く
必ず実施
水場での使用禁止
表示された電源電圧以外で使用しないでください。
火災・感電の原因となります。
電源コードは大切に
必ず実施
接触禁止
電源コードを傷つけたり、破損したり、加工したりしないでください。また、重いものをのせたり、加熱
したり、引っ張ったりすると電源コードが破損し、火災・感電の原因となります。
電源コードが傷んだら、すぐに販売店に交換をご依頼ください。
電源プラグの刃および刃の付近にほこりや金属物が付着しているときは
必ず実施
電源プラグをコンセントから抜いて、乾いた布で取り除いてください。そのまま使用すると火災・感電の
原因となります。
火や炎を近付けない
火気禁止
本機の上でろうそくを灯す・タバコの灰皿を使用するなどの火や炎の発生しているものを置かないでくだ
さい。火災の原因になります。
内部に水などの液体や異物を入れない
禁止
機器内部に水などの液体や金属類、燃えやすいものなどを差し込んだり、落とし込んだりしないでくださ
い。
火災・感電の原因となります。
特にお子様のいるご家庭ではご注意ください。
ないよう注意
水滴や水しぶきのかかるところに置かない
水ぬれ禁止
雨天・降雪中・海岸・水辺での使用は特にご注意ください。
水がかかったり、濡れた状態で使用すると火災、感電の原因になります。
ねじを外したり、分解や改造したりしない
分解禁止
分解禁止
水場での使用禁止
接触禁止
警告
電源プラグをコン
セントから抜く
内部には電圧の高い部分がありますので、火災・感電の原因となります。
内部の点検・調整・修理は販売店にご依頼ください。
雷が鳴り出したら
機器や電源プラグには触れないでください。
感電の原因となります。
接触禁止
乾電池は充電しない
電池の破裂・液漏れにより、火災・けがの原因となります。
禁止
風呂・シャワー室では使用しない
火災・感電の原因となります。
水場での使用禁止
この機器の上に花瓶・植木鉢・コップ・化粧品・薬品や水などが入った容器、およ
び小さな金属物を置かない
水ぬれ禁止
こぼれたり、中に入ったりした場合、火災・感電の原因となります。
ないよう注意
注意
付属の電源コードを使用する
他の機器の電源コードを本機に使用しないでください。
また、付属の電源コードは本機以外には使用しないでください。
電流容量などの違いにより火災・感電の原因となることがあります。
禁止
電源コードは確実に接続し、束ねたまま使用しない
分解禁止
水場での使用禁止
必ず実施
注意
電源プラグをコン
セントから抜く
接触禁止
電源コードを接続するときは接続口に確実に差し込んでください。差し込みが不完全な場合、火災・感電
の原因となることがあります。
根元まで差し込んでもゆるみがあるコンセントには接続しないでください。その場合、販売店や電気工事
店にコンセントの交換を依頼してください。
また、電源コードは束ねたまま使用しないでください。発熱し、火災の原因となることがあります。
禁止
電源コードを熱器具に近付けない
コードの被ふくが溶けて、火災・感電の原因となることがあります。
禁止
電源プラグを抜くときは
禁止
電源コードを引っ張らずに必ずプラグを持って抜いてください。コードが傷つき、火災・感電の原因とな
ることがあります。
濡れた手で電源プラグを抜き差ししない
感電の原因となることがあります。
ぬれ手禁止
ないよう注意
すぐにコンセントから電源プラグを抜くことができるように設置する
電源プラグを
コンセント
から抜く
電源のスイッチを切ってもコンセントからは完全に遮断されていません。
万一の事故防止のため、本製品を電源コンセントの近くに置き、すぐにコンセントから電源プラグを抜く
ことができるようにしてください。
機器の接続は説明書をよく読んでからおこなう
必ず実施
分解禁止
水場での使用禁止
テレビ・オーディオ機器・ビデオ機器などの機器を接続する場合は、電源を切り、各々の機器の取扱説明
書に従っておこなってください。
また、接続には指定のコードを使用してください。指定以外のコードを使用したり、コードを延長したり
すると発熱し、やけどの原因となることがあります。
電源を入れる前には音量を最小にする
突然大きな音が出て、聴力障害などの原因となることがあります。
必ず実施
注意
電源プラグをコン
セントから抜く
接触禁止
長時間音が歪んだ状態で使用しない
スピーカーが発熱し、火災の原因となることがあります。
禁止
不安定な場所に置かない
禁止
ぐらついた台の上や傾いたところなど不安定な場所に置かないでください。落ちたり倒れたりして、けが
の原因となることがあります。
ヘッドホンを使用するときは音量を上げすぎない
耳を刺激するような大きな音量で長時間続けて聞くと、聴力に悪い影響を与えることがあります。
禁止
次のような場所には置かない
禁止
火災・感電の原因となることがあります。
●調理台や加湿器のそばなど油煙や湯気が当たるようなところ
●湿気やほこりの多いところ
●直射日光の当たるところや暖房器具の近くなど高温になるところ
ないよう注意
電池を交換するときは
必ず実施
●極性表示に注意し、表示通りに正しく入れる
●指定以外の電池は使用しない
●新しい電池と古い電池を混ぜて使用しない
間違えると電池の破裂・液漏れにより、火災・けがや周囲を汚損する原因となることがあります。
禁止
この機器に乗ったり、ぶら下がったりしない
禁止
水場での使用禁止
分解禁止
禁止
注意
電源プラグをコン
セントから抜く
特に幼いお子様のいるご家庭では、ご注意ください。倒れたり、壊れたりして、けがの原因となることが
あります。
重いものをのせない
機器の上に重いものや外枠からはみ出るような大きなものを置かないでください。バランスがくずれて倒
れたり、落下したりして、けがの原因となることがあります。
接触禁止
移動させるときは
電源プラグを
コンセント
から抜く
まず電源を切り、必ず電源プラグをコンセントから抜き、外部の接続コードを外してからおこなってくだ
さい。コードが傷つき、火災・感電の原因となることがあります。移動の際は、本機に衝撃を与えないで
ください。
長期間の外出・旅行のとき、またはお手入れのときは
電源プラグを
コンセント
から抜く
安全のため必ず電源プラグをコンセントから抜いてください。火災・感電の原因となることがあります。
5 年に一度は内部の掃除を
注意
販売店などにご相談ください。内部にほこりがたまったまま、長い間掃除をしないと火災や故障の原因と
なることがあります。
特に、湿気の多くなる梅雨期の前におこなうと、より効果的です。なお、内部の掃除費用については販売
店などにご相談ください。
ご注意
本機のご使用に際しては、著作権法に抵触しないように、ご注意ください。
本機は、業務用用途の目的を対象として製造されています。
本機を使用して、音楽著作物を録音使用する場合には、各著作権者の許諾を得る必要があります。
著作権者が判明しない場合には、次に示す団体までお問い合わせください。
権利者に許諾なく音楽著作物を使用し、権利者との間でトラブルが生じたとしても、弊社は責任を負いかねます。
お問い合わせ先は、日本音楽著作権協会(JASRAC)の本部、または最寄りの支部になります。
日本音楽著作権協会
本
部
〒 151-8540 東京都渋谷区上原 3-6-12
TEL(03)3481-2121(大代表)
北海道支部 (業務地域 北海道)
〒 060-0001 札幌市中央区北一条西 3-2 井門札幌ビル 7 階
TEL(011)221-5088(代表)
FAX(011)221-1311
仙 台 支 部 (業務地域 宮城・青森・岩手・秋田・山形・福島)
〒 980-0014 仙台市青葉区本町 2-3-10 仙台本町ビル 10 階
TEL(022)264-2266(代表)
FAX(022)265-2706
大 宮 支 部 (業務地域 埼玉・栃木・群馬・新潟・長野)
〒 330-0802 さいたま市大宮区宮町 2-35 大宮 MT ビル 9 階
TEL(048)643-5461(代表)
FAX(048)643-3567
東 京 支 部 (業務地域 中央・千代田・港・文京・台東・墨田・江東・品川・大田・北・荒川・足立・
葛飾・江戸川各区、
島しょ部、
茨城、
千葉)
〒 104-0061 東京都中央区銀座 1-3-9 マルイト銀座ビル 7 階
TEL(03)3562-4455(代表)
FAX(03)3562-4457
西東京支部 (業務地域 新宿・目黒・世田谷・渋谷・中野・杉並・豊島・板橋・練馬各区、
東京都市部、郡部(島しょ部を除く)、山梨)
〒 160-0023 東京都新宿区西新宿 1-17-1 日本生命新宿西口ビル 10 階
TEL(03)5321-9530(代表)
FAX(03)3345-5750
東京イベント・コンサート(EC)支部 (業務地域 東京都・千葉・茨城・山梨)
*コンサートや、イベント等における演奏・上映等
〒 160-0023 東京都新宿区西新宿 1-17-1 日本生命新宿西口ビル 10 階
TEL(03)5321-9881(代表)
FAX(03)3345-5760
横 浜 支 部 (業務地域 神奈川)
〒 231-0005 横浜市中区本町 1-3 綜通横浜ビル 4 階
TEL(045)662-6551(代表)
FAX(045)662-6548
静 岡 支 部 (業務地域 静岡)
〒 420-0851 静岡市葵区黒金町 59-6 大同生命静岡ビル 5 階
TEL(054)254-2621(代表)
FAX(054)254-0285
中部支部
北陸支部
京都支部
大阪支部
中国支部
四国支部
九州支部
那覇支部
(業務地域 愛知・岐阜・三重)
〒 450-0003 名古屋市中村区名駅南 1-24-30 名古屋三井ビル本館 13 階
TEL(052)583-7590(代表)
FAX(052)583-7594
(業務地域 石川・富山・福井)
〒 920-0853 金沢市本町 1-5-2 リファーレ 12 階
TEL(076)221-3602(代表)
FAX(076)221-6109
(業務地域 京都・滋賀・奈良)
〒 604-8153 京都市中京区烏丸通四条上ル笋町 689 京都御幸ビル 7 階
TEL(075)251-0134(代表)
FAX(075)251-0414
(業務地域 大阪・和歌山・兵庫)
〒 542-0081 大阪市中央区南船場 4-3-11 豊田ビル 4 階
TEL(06)6244-0351(代表)
FAX(06)6244-1970
(業務地域 広島・岡山・山口・鳥取・島根)
〒 730-0021 広島市中区胡町 4-21 朝日生命広島胡町ビル 11 階
TEL(082)249-6362(代表)
FAX(082)246-4396
(業務地域 香川・徳島・高知・愛媛)
〒 760-0019 高松市サンポート 2-1 高松シンボルタワー 20 階
TEL(087)821-9191(代表)
FAX(087)822-5083
(業務地域 福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)
〒 812-0012 福岡市博多区博多駅中央街 1-1 新幹線博多ビル 7 階
TEL(092)441-2285(代表)
FAX(092)441-4218
(業務地域 沖縄)
〒 900-0029 那覇市旭町 116-37 カフーナ旭橋 C 街区オフィスコート 4 階
TEL(098)863-1228(代表)
FAX(098)866-5074
(2012 年 7 月現在 )
目次
梱包の内容...................................................2
はじめに.........................................................3
特徴................................................................. 3
簡単操作ガイド.............................................5
録音のオーディオ入力.................................19
キーロック....................................................32
録音時間チャート........................................20
リモート接続................................................33
録音レベルコントロール..............................21
リモート機能の拡張.....................................34
暗号化録音...................................................21
表示について.............................................35
リテイク録音................................................22
各部の名称と機能説明.................................7
基本的な再生操作....................................24
上面................................................................. 7
接続図...........................................................24
右側................................................................. 9
再生手順.......................................................24
左側................................................................. 9
ファイル一覧からのアクセス......................25
前面...............................................................10
検索...............................................................26
背面...............................................................10
スキップバック.............................................26
底面...............................................................11
パスコード入力............................................26
表示部...........................................................11
その他の機能.............................................27
使用前の準備.............................................12
外部マイクロホン.........................................27
USB モード................................................38
パソコンとの互換性.....................................38
USB ポートへの接続方法............................38
ファイル構造図............................................39
メニュー.....................................................40
メニュー構造................................................40
トップメニュー............................................41
メニューの設定保護.....................................41
プリセットメニュー.....................................42
表示メニュー................................................51
キャリーストラップの取り付け方...............12
プリレコーディング.....................................28
電池の入れ方................................................12
オーディオフィルタ.....................................28
電池の外し方................................................13
サイレントスキップ.....................................28
SD カードの差し込み方...............................14
マニュアルトラック.....................................28
SD カードの取り出し方...............................14
オートトラック.............................................29
故障かなと思ったら....................................65
時計の設定....................................................15
セグメントのコピー.....................................29
表示言語の設定............................................16
エラーメッセージ........................................66
ファイル分割................................................30
基本的な録音操作.....................................17
マーキング....................................................31
接続図...........................................................17
録音手順.......................................................17
ピッチ調整....................................................31
ユーティリティメニュー..............................53
ファイル一覧メニュー.................................59
フォルダ一覧メニュー.................................62
工場出荷状態へ戻す.................................67
仕様............................................................68
補足機能....................................................32
1
梱包の内容
• PMD661MKII 本体
• 取扱説明書(本書)
• CD-ROM
• キャリーストラップ
• オーディオケーブル
• USB ケーブル
• AC アダプター
2
• SD カード
はじめに
このたびは Marantz Professional PMD661MKII ポータブルソリッドス
テートレコーダーをお買い上げいただきありがとうございます。
PMD661MK II はデジタルオーディオ形式で SD(セキュアデジタル)メモ
リーカードに録音できるオーディオレコーダーです。
SD カードはデジタルカメラでも使用でき、家電販売店やパソコンショップ
などでお買い求めいただけます。
特徴
• ステレオ(2 チャンネル)およびモノラル(1 チャンネル)のオーディオ録
音と再生
• オーディオ入力について
– 内蔵マイクロホン
– XLR ステレオジャックに接続したコンデンサマイクロホンまたはダイ
ナミックマイクロホン
– XLR ジャックまたは LINE 2 ジャックに接続したライン入力のオー
ディオソース
• オーディオ出力について
– 内蔵スピーカー
– PHONES ジャックに接続したヘッドホン
– LINE OUT ジャックに接続したアンプまたはその他のアナログオー
ディオ機器
直接読み込むか、PMD661MKII とパソコンを USB ケーブルで接続する
ことにより、デスクトップパソコンまたはノートパソコンに転送するこ
とができます。 一般的な MP3 圧縮形式で録音されたオーディオは、イ
ントラネットまたはインターネット経由で直接ファイル共有することが
できます。
• 簡単なワンタッチ録音
REC ボタンを押すだけで、簡単に録音が開始されます。
• 自動録音
音がないときは録音を停止し(サイレントスキップ)、音が出始めると録
音を再開するように設定できます。
• 手動および自動での録音レベルコントロール(ALC)
• 2 種類の録音形式
– MP3(MPEG1 レイヤー III)モノラルおよびステレオでの圧縮録音。
MP3 形式は、64/128/192/256/320kbps で圧縮します。
– 16/24 ビットリニア PCM(パルスコード変調)での非圧縮録音。
• セグメントのコピー
セグメントのコピーとは、標準的なワープロソフトのコピー・ペースト
と同様の機能です。コピーしたいファイルの始点から終点までを指定し、
元のファイルを損なうことなく新しいファイルにすることができます。
• 録音タイマー・再生タイマー
• 各種 SD カードへの録音
録音の開始時刻と録音時間を予約できます。また、再生の開始時刻も
予約できます。(v P.54)
• パソコンとの互換性
• データ保全
PMD661MKII は SD カードに直接録音できます。
録音した内容は、PMD661MKII から取り出した SD カードをパソコンで
録音中に急に電源が切れても、録音していたオーディオファイルは保存
されます。
3
• SDHC UHS-I カードに対応
• リテイク録音(v P.22)
• ファイル暗号化
• DMP Mark Editor(音声ファイル編集ソフト)添付
4
簡単操作ガイド
初めて PMD661MKII ソリッドステートレコーダーをご使用されるとき、す
ぐに 録音したい場合は、以下の説明に従い操作してください。
工場出荷時の設定は、内部マイクロホンを使用し MP3 形式での標準録音に
設定されています。
3. POWER スライドスイッチを矢印方向に、表示が出るまでスライドさせ
ます。
1. パッケージを開梱し、AC アダプターと PMD661MKII を用意します。
2. 電源の準備をします。
• 付属の AC アダプターを使用するか、市販の電池を使用します。
• 市販の電池は、アルカリまたはニッケル水素の単三形電池を 4 本使
用します。
5
4. REC ボタンを押すと、録音が開始されます。
8. STOP ボタンを押すと、再生が停止されます。
• その他の録音操作については、17 ページをご覧ください。
• 時計の設定については、15 ページをご覧ください。
5. STOP ボタンを押すと、録音が停止されます。
6. 1/3/ENTER ボタンを押すと、録音したファイルをヘッドホンまたは
スピーカーを通して聞くことができます。
7. もう一度 1/3/ENTER ボタンを押すと、再生が一時停止されます。
6
各部の名称と機能説明
q 内部マイクロホン
上面
ステレオコンデンサマイクロホン
q
w 表示部
表示内容によって PMD661MKII の状態を表示します。(v P.11)
eFUNCTION ボタン
FUNCTION ボタンを押すと、
w
(F1) / r
F1 と Q1
e
r
r
Q2
t
y
y
Q3
u
Q4
i
o
Q0
F1 と
F2 ボタンの機能が切り替わり
ます。 操作状態により、各ボタンの機能は異なります。
(F2) ボタン
F2 ボタンの機能は、操作状態により異なり、FUNCTION ボ
タンで切り替えられます。ファンクション(F1/F2)表示は、ディスプレ
イの下側左右隅に表示されます。動作状態が変更されると、自動的に機
能が切り替わります。FUNCTION ボタンを押すと、1つの動作状態にお
いての 2 番目または 3 番目のファンクションを選ぶことができます。
(F1) / (F2) ボタンの機能
操作状態
(F1) ファンクション 1
(F2) ファンクション 2
停止
1. MENU
録音または録音
ポーズ
1. TR(マニュアルトラック) 1. MARK
2. UNDO(録音取消)
2. MARK
録音または再生
後の停止
1. MENU
1. LIST(ファイルリスト)
再生または再生
ポーズ
1. LIST(ファイルリスト)
2. MK–(逆方向マーク検索) 2. MK+ (順方向マーク検索)
1. COPY (セグメントのコピー)
2. DIV(分割)
1. MARK
2. LIST(ファイルリスト)
3. MK–(逆方向マーク検索) 3. MK+ (順方向マーク検索)
7
t DISPLAY ボタン
このボタンを押すと、再生速度が早くなります。
ます。操作状態により、表示内容は異なります。
メニューが表示されているときに押すと、メニュー項目を変更できま
y 8 / 9 ボタン
• 停止または再生、再生ポーズ中にこのボタンを押すと、ファイルを
選択(1つ前のファイル/1つ次のファイルへジャンプ)
できます。
• 再生ポーズ中にこのボタンを押し続けると、再生音なしで早戻し検
索(逆方向検索)/早送り検索(順方向検索)ができます。
• 再生中にこのボタンを押し続けると、2倍速で巻き戻し検索(聴きな
がらの検索)/早送り検索(聴きながらの検索)ができます。(オー
ディブルサーチ)
u PITCH – ボタン
このボタンを押すと、再生速度が遅くなります。
メニューが表示されているときに押すと、メニュー項目を変更できま
す。
i REC ボタン
す。
Q2 SKIP BACK ボタン
再生または再生ポーズ中にこのボタンを押すと、スキップバックします。
また、録音ポーズ中にこのボタンを押すとリテイク録音状態になりま
す。
Q3 1/3/ENTER ボタン
停止状態で、このボタンを押すと再生が開始されます。
再生中に、このボタンを押すと再生が一時停止されます。また再生ポー
ズ中に、このボタンを押すと再生が再開されます。
メニュモードのとき、このボタンを押すと、メニュー項目を決定します。
Q4 STOP ボタン
再生中または録音中にこのボタンを押すと、再生または録音を停止しま
す。再生ポーズ中または録音ポーズ中にこのボタンを押すと、再生ポー
停止状態または録音ポーズ中にこのボタンを押すと、録音が開始されま
ズまたは録音ポーズを解除します。
す。
メニュモード中にこのボタンを押すと、設 定 内 容は保 存されずにメ
o REC PAUSE ボタン
停止状態または録音中にこのボタンを押すと、録音ポーズ状態になりま
す。
Q0 レベルメーター (LED 表示:緑、橙、赤 )
録音または録音ポーズ、再生中に、音が入力されると点灯します。
8
Q1 PITCH + ボタン
DISPLAY ボタンを押すごとに、時間情報などの表示内容が切り替わり
ニューモードを終了します。
右側
左側
q
w
e
r
t
q スピーカー
R(右)チャンネル用内蔵スピーカー
w POWER スライドスイッチ
このスイッチを矢印方向にスライドさせるごとに、本体電源のオン / オ
フが切り替わります。録音中または録音ポーズ中では、このスイッチは
無効になります。
e KEY LOCK スライドスイッチ
このスイッチを矢印方向にスライドさせると、キーロックが設定されま
す。
r LINE OUT ジャック
オーディオケーブルプラグをこのジャックに差し込んで、外部オーディ
オ機器の入力端子に接続します。オーディオ信号を外部機器(アンプな
ど)へ出力します。
t LINE IN 2 ジャック
オーディオケーブルプラグをこのジャックに差し込んで、外部オーディ
オ機器の出力端子に接続します。外部オーディオ機器からの出力信号
q
w
e
r
t
q DC IN ジャック
付属の AC アダプターのプラグを差し込みます。
レコーダーが電池を使用しているときに、AC アダプターを接続すると
自動的にアダプター電源に切り替わります。また AC アダプターのプラ
グを抜くと、自動的に電池での電源に切り替わります。
w DIGITAL IN ジャック
デジタルオーディオケーブルプラグ(RCA)をこのジャックに接続し、外
部オーディオ機器の SPDIF デジタル出力信号端子に接続します。外部
オーディオ機器からの出力信号がレコーダーに入力されます。
e USB ポート ( ミニ B)
停止状態のとき USB ケーブルを接続すると、USB モードになります。
r SD カード挿入部
保護カバーを開き、SD カードを差し込んだり、取り出したりします。
t スピーカー
L
(左)チャンネル用内蔵スピーカー
がレコーダーに入力されます。
9
前面
背面
w
q
w
e
q PHONES ジャック
このジャックには、ステレオヘッドホンのプラグを差し込みます。また
モニタースピーカーなどを接続します。
w HP/SPK VOL つまみ
ヘッドホンおよび内蔵スピーカーの音量レベルを調整します。
警告
ヘッドホンをご使用の際は、音量の上げすぎに気をつけてください。 長
時間にわたって大音量で音楽を聴き続けると、聴力障害などの原因にな
ることがあります。
e REC LEVEL つまみ
プリセットメニューの “Level Cont.” が “Manual” のとき、このつまみ
を回して録音レベルを調整します。
R(右)チャンネル(内側)と L(左)チャンネル(外側)のつまみは一緒に回
ります。どちらか一方を回すには、もう一方を回らないように固定して
ください。最適な録音レベルは、レベルメーターが 0 dB に最も近い状
態です。0 dB を超えないように調整してください。
10
q
e
q REMOTE ジャック
別売の RC600PMD または外部リモートコントローラーを接続します。
w MIC/LINE IN ジャック
MIC/LINE レベル用の XLR ステレオジャックです。
e PHANTOM/MIC/LINE スライドスイッチ
このスイッチは、MIC/LINE IN ジャックの接続機器に応じて MIC 入
力または LINE 入 力を切り替えます。 また MIC 入 力の場 合、外 部 電
源を必要とするコンデンサーマイクを使用するとき、Phantom 電源
(v P.19)を ON にします。外部マイクロホンに +48V の電源が供給
されます。
底面
表示部
q
q
o
w
i
u
e
y
t
r
q SD カードの残り容量
w
w 入力ソース
e F2(ファンクション 2)表示
r 動作状態
t 電池残量表示
y タイマー設定表示
q 三脚用ねじ穴
三脚取り付け用ねじ穴です。
w 電池挿入部
単三形アルカリ電池または充電式の単三形ニッケル水素電池を 4 本入
れます。
録音タイマー / 再生タイマーが設定されているとき、
このアイコンが点灯
します。録音タイマー/再生タイマーが動作中は、
アイコンが点滅します。
u F1(ファンクション 1)表示
i 総ファイル数
o 合計残り時間
11
使用前の準備
キャリーストラップの取り付け方
1. キャリーストラップを本体のフックに通します。
フック
電池の入れ方
1. 下図のように電池カバーを外します。
電池カバー
2. 次に下図のように、キャリーストラップに付いているストッパーの一方
に通します。
2. プラス/マイナスの極性に注意して、新しい単三形電池を 4 本正しく入
れます。
ストッパー
3. 続けてストッパーのもう一方に通して、キャリーストラップが外れない
ようにします。
12
3. 電池カバーを元通りに閉めます。
電池の外し方
電池挿入部は本体の底にあります。
1. 電池カバーを外します。
2. 4 本の単三形電池を取り外します。
3. 電池カバーを元通りに閉めます。
電池についての安全上の注意
漏液、発熱、発火、破裂、誤飲などを避けるため下記のことを必ずお守りくだ
さい。
• 長時間放置すると乾電池が液漏れしたり腐食することがあります。レ
コーダーを長期間使用しないときは、液漏れ防止のために、電池を取り出
しておいてください。
• 乾電池の+と-の位置をまちがえてお使いにならないでください。
• 古い乾電池、また使い切った乾電池はお使いにならないでください。
• 異なったタイプの乾電池を使用したり、また古い乾電池と新しい乾電池
をいっしょにお使いにならないでください。
• 正常に作動しない場合は、乾電池を新しいものと入れ替えてください。
• 乾電池の液が漏れた場合は、漏れた液体をきれいに拭き取り、新しい乾電
池と入れ替えてください。
• 電池を直射日光のあたるところや暖房器具の近くなど高温になるところ
に置かないでください。
• 不要になった乾電池を廃棄するときは、お住まいの地域の条例にした
がって処理をしてください。
電池の残量表示
市販の単三形のアルカリ電池またはニッケル水素電池を電源として使用し
た場合は、本体表示部に電池残量が以下のように表示されます。
残量表示
内容
電池残量は十分です。
電池残量がほぼ半分程度まで減っています。
電池残量がわずかです。
電池残量が録音および再生するには十分ではありません。 新
しい電池に取り替えてください。また充電式の電池のときは
すぐに充電してください。
この表示が点滅している状態で、録音/再生を続けると録
音/再生が止まり、レコーダーの電源が切れます。
AC アダプターを使用中です。アダプター電源が有効となり
ます。
13
SD カードの差し込み方
各種 SD カードを差し込み、SD カードに録音できます。
1. 電源がオフになっていることを確認します。
2. SD カード挿入部のカバーを引き出します。
3. SD カードを奥までしっかり挿入します。
4. SD カード挿入部のカバーを元通りに閉めます。
14
SD カードの取り出し方
1. 電源がオフになっていることを確認します。
2. SD カード挿入部のカバーを引き出します。
3. SD カードを一度押してから、引き出して取り外します。
4. SD カード挿入部のカバーを元通りに閉めます。
注記:
•電 源が入 った状 態で、SD カード挿 入 部のカバーを開けると“Door
Open”と表示されます。
•録音中に SD カード挿入部のカバーを開けると自動的に録音が止まり、
重要なファイル情報を書き込んでから録音が終了します。
3. 1/3/ENTER ボタンを押すと、日付と時間の設定メニューが表示され
時計の設定
ます。
現在の時刻を設定します。(年 / 月 / 日 / 時 / 分)
録音したオーディオファイルには日付と時間が書き込まれます。パソコン
でオーディオファイルを閲覧したとき、そのファイルを録音した日付と時間
が、リストの“更新日時”に表示されます。
1. 停止状態で
(F1: MENU) ボタンを押します。
“Time/Date”を選択します。
2. PITCH +またはPITCH –ボタンを押して、
• 設定を取り消すには STOP ボタンを押します。
• 項目を選択するには、8 または 9 ボタンを押します。
• 時間を設定した後、8ボタンを押すとトップメニューに戻ります。
•「年」を選択すると 9 ボタンは機能しません。
• 設定値を選択するには、PITCH +またはPITCH –ボタンを押します。
4.
(F1: EXIT) ボタンを押します。
• 表示部に“Store?”が表示されます。
•“Yes”を選んで 1/3/ENTER ボタンを押すと、現在設定した時刻
が設定されます。
注記:
2 月 31 日のように暦上存在しない日付を入力すると、2 月 28 日に自動的
に設定されます。
15
表示言語の設定
3. 1/3/ENTER ボタンを押すと、言語設定メニューが表示されます。
言語設定メニューを使って、表示する言語を切り替えられます。(英語、フラ
ンス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、スウェーデン語)
1. 停止状態で
(F1: MENU) ボタンを押します。
• 設定を取り消すには STOP ボタンを押します。
• PITCH + または PITCH – ボタンを押して設定項目を選択します。
• PITCH + ボタンを押すたびに、表示される言語が次のように切り替
わります。
English
“Language”を選択します。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
Swedish
French
Italian
Spanish
German
• PITCH – ボタンを押すたびに、表示される言語が次のように切り替
わります。
English
French
Swedish
Italian
Spanish
German
• トップメニューに戻るには、8 ボタンを押します。
4.
(F1: EXIT) ボタンを押します。
• 表示部に“Store?”が表示されます。
•“Yes”を選んで 1/3/ENTER ボタンを押すと、変更内容が保存され
ます。
16
基本的な録音操作
接続図
録音手順
1. POWER スライドスイッチを矢印方向にスライドさせると、電源が入り
ます。
MIC IN
マイクロホン
2. REC ボタンを押すと、録音が開始されます。
• 録音中は録音インジケータが点灯したままになります。
• 表示部には録音状態が表示されます。
LINE
IN
アンプ
LINE
OUT
17
3. REC PAUSE ボタンを押すと、録音が一時停止されます。
4. STOP ボタンを押すと録音が止まり、オーディオファイルが保存されま
す。(オーディオファイルの終了)
録音したファイルを再生するには 1/3/ENTER ボタンを押し、停止状
態にするには、もう一度 STOP ボタンを押します。停止状態で 1/3/
ENTER ボタンを押すと最初のオーディオファイルの頭から再生されま
す。
18
録音のオーディオ入力
録音のオーディオ入力は、
“Input”メニューで設定できます。(v P.46)
ステレオ(2 チャンネル)音声ファイルとして保存するには、
“Rec Channel”メニューを“stereo”に設定します。または“D.Mono”に設定しても、ステレオ
音声ファイルで保存できます。
“D.Mono”に設定すると、L(左)チャンネル入力が L
(左)と R
(右)両方のチャンネルに録音されます。
“mono”に設定すると、
モノラル(1 チャンネル)音声ファイルで保存できます。モノラルファイルはステレオファイルの約半分の容量になります。
外部マイクロホン用の 48V 電源を必要とするとき、マイクレベル感度を選択するには、PHANTOM/MIC/LINE スイッチを“ON”に設定します。外部マイク
ロホン用電源が必要なく、マイクレベル感度を選択するには、
“OFF”に設定します。ラインレベル感度を選ぶには、
“LINE”に設定します。
#
1
入力
INT MIC
2
Stereo
PHANTOM/MIC/
LINE スイッチ
無効
L チャンネルと R チャンネルのステレオ録音。
D.Mono
3
4
録音チャンネル
L チャンネルだけのステレオ録音。R チャンネルが 20dB 減衰されます。
• L チャンネル入力が L と R 両方のチャンネルに録音されます。
Mono
MIC/LINE
Stereo
説 明
L チャンネルのモノラル録音。
ON
L チャンネルと R チャンネルのマイクロホンレベルのステレオ録音。
XLR 入力に 48V の外部マイクロホン用電源が供給されます。
5
OFF
L チャンネルと R チャンネルのマイクロホンレベルのステレオ録音。
6
LINE
L チャンネルと R チャンネルのラインレベルのステレオ録音。
ON
L チャンネルのみのマイクロホンレベルのステレオ録音。
• L チャンネル入力が L と R 両方のチャンネルに録音されます。R チャンネルが 20dB 減衰されます。
XLR 入力に 48V の外部マイクロホン用電源が供給されます。
8
OFF
L チャンネルのみのマイクロホンレベルのステレオ録音。
• L チャンネル入力が L と R 両方のチャンネルに録音されます。R チャンネルが 20dB 減衰されます。
9
LINE
L チャンネルのみのラインレベルのステレオ録音。
• L チャンネル入力が L と R 両方のチャンネルに録音されます。 R チャンネルが 20dB 減衰されます。
ON
L チャンネルのマイクロホンレベルのモノラル録音。
XLR 入力に 48V の外部マイクロホン用電源が供給されます。
7
10
D.Mono
Mono
11
OFF
L チャンネルのマイクロホンレベルのステレオ録音。
12
LINE
L チャンネルのラインレベルのモノラル録音。
無効
L チャンネルと R チャンネルのステレオ録音。R チャンネルが 20dB 減衰されます。
13 LINE2
Stereo
14
D.Mono
15
Mono
16 D.IN
Stereo
17
D.Mono
L チャンネルだけのステレオ録音。
• L チャンネル入力が L と R 両方のチャンネルに録音されます。
18
Mono
L チャンネルのモノラル録音。
L チャンネルだけのステレオ録音。
• L チャンネル入力が L と R 両方のチャンネルに録音されます。
L チャンネルのモノラル録音。
無効
L チャンネルと R チャンネルのステレオ録音。
19
録音時間チャート
すべての時間はおおよその録音時間です。各メディアのメーカーや製品により多少の誤差があります。
録音時間
ステレオチャンネル
設定
PCM-24 (96kHz)
PCM-24 (48kHz)
PCM-24 (44.1kHz)
PCM-16 (96kHz)
PCM-16 (48kHz)
PCM-16 (44.1kHz)
MP3-320
MP3-256
MP3-192
MP3-128
MP3-64
ビットレート
4608kbps
2304kbps
2117kbps
3072kbps
1536kbps
1411kbps
320kbps
256kbps
192kbps
128kbps
64kbps
1GB
0:30
0:59
1:04
0:44
1:29
1:37
7:07
8:53
11:51
17:47
35:33
2GB
0:59
1:59
2:09
1:29
2:58
3:13
14:13
17:47
23:42
35:33
71:07
録音時間(時:分)
4GB
8GB
1:59
3:57
3:57
7:54
4:18
8:36
2:58
5:56
5:56
11:51
6:27
12:54
28:27
56:56
35:33
71:07
47:24
94:49
71:07
142:13
142:13
284:27
16GB
7:54
15:48
17:12
11:51
23:42
25:48
113:47
142:13
189:38
284:27
568:53
32GB
15:48
31:36
34:24
23:42
47:24
51:36
227:33
284:27
379:16
568:53
1137:47
1GB
0:59
1:59
2:09
1:29
2:58
3:13
14:13
17:47
23:42
35:33
71:07
2GB
1:59
3:57
4:18
2:58
5:56
6:27
28:27
35:33
47:24
71:07
142:13
録音時間(時:分)
4GB
8GB
3:57
7:54
7:54
15:48
8:36
17:12
5:56
11:51
11:51
23:42
12:54
25:48
56:56
113:47
71:07
142:13
94:49
189:38
142:13
284:27
284:27
568:53
16GB
15:48
31:36
34:24
23:42
47:24
51:36
227:33
284:27
379:16
568:53
1137:47
32GB
31:36
63:13
68:48
47:24
94:49
103:12
455:07
568:53
758:31
1137:47
2275:33
モノラルチャンネル
設定
PCM-24 (96kHz)
PCM-24 (48kHz)
PCM-24 (44.1kHz)
PCM-16 (96kHz)
PCM-16 (48kHz)
PCM-16 (44.1kHz)
MP3-320
MP3-256
MP3-192
MP3-128
MP3-64
20
ビットレート
2304kbps
1152kbps
1058kbps
1536kbps
768kbps
705kbps
160kbps
128kbps
96kbps
64kbps
32kbps
録音レベルコントロール
本体のREC LEVELつまみを使用して、
録音時の録音レベルを設定できます。
– 手動での録音レベルコントロール
“Level Cont.”メニューで“Manual”に設定されているときは、
本体前面
の REC LEVEL つまみで調整します。最適な録音レベルは、レベルメー
ターが 0 dB に最も近い状態です。0 dB を超えないように調整してくだ
さい。
暗号化録音
プリセットメニューの“Encrypt Rec”を“On”に設定すると、SD カードに
記録されるファイルが暗号化されます。
暗号化は、プリセットメニューの“Passcode”に設定した 0000 ~ 9999 の
パスコードをもとに行われます。
暗号化録音したファイルを再生する際は正しいパスコードの入力が必要で
す。(v P.26)
暗号化録音したファイルの拡張子は、プリセットメニューの“Rec Format”
の設定内容に応じて、WAV 形式は .WAS、MP3 形式は .MPS になります。
暗号化録音したファイルを PC で再生する場合は DMP Mark Editor をご
利用ください。
– ALC(自動レベルコントロール)
入力レベルの変化に応じて、録音レベルを自動で設定します。ALC が設定
されていると、REC LEVEL つまみは機能しません。プリセットメニュー
の“Level Cont.”で“ALC”に設定します。(v P.47)
21
録音位置がプリセットメニューの“Skip Back”で設定した時間だけ戻
り、再生が開始されます。
リテイク録音
PMD661MK II はファイルの任意の位置から上書き録音を行うリテイク録
音機能を搭載しています。
録音データ(Take1)
現在の位置 SkipBack 設定時間だけ戻る
– 録音中のリテイク録音操作
1. REC ボタンを押すと、録音が開始されます。
録音データ(Take1)
通常の録音
現在の位置
2. REC PAUSE ボタンを押すと、録音が一時停止されます。
4. 再生をモニターしながら、リテイク録音を開始する位置を探します。
• 再生を一時停止するには 1/3/ENTER ボタンを押します。
• 再生位置を検索するには SKIP BACK、8 または 9 ボタンを押
します。
• PITCH – または PITCH + ボタンによる再生スピードの変更が可能
です。
録音データ(Take1)
リテイク開始位置を探す
REC PAUSE ボタンを押し、リテイク開始位置を決定します。
3. SKIP BACK ボタンを押して、リテイク録音状態にします。
録音データ(Take1)不要データ(Take1)
リテイク開始位置
22
5. REC ボタンを押してリテイク録音を開始します。
不要データ(Take1)が消去され、Take2 が上書きされます。
再生データ(Take1)
リテイク開始位置を探す
REC PAUSE ボタンを押し、リテイク開始位置を決定します。
録音データ(Take1)
Take2
リテイク録音 現在の位置
• Take2 の録 音 開 始 時に、0.5 秒またはプリセットメニュ ーの
“PreRecord”にて設定された時間だけプリレコードされます。
– 再生中のリテイク録音操作
1. 8 または 9 ボタンを押して、再生したいファイルを選択します。
2. 1/3/ENTER ボタンを押すと、再生が開始されます。
再生データ(Take1)不要データ(Take1)
リテイク開始位置
4. REC ボタンを押してリテイク録音を開始します。
不要データ(Take1)が消去され、Take2 が上書きされます。
再生データ(Take1)
現在の位置
3. 再生音をモニターしながら、リテイク録音を開始する位置を探します。
• 再生を一時停止するには 1/3/ENTER ボタンを押します。
• 再生位置を検索するには SKIP BACK、8 または 9 ボタンを押
します。
• PITCH – または PITCH + ボタンによる再生スピードの変更が可能
です。
再生データ(Take1)
Take2
リテイク録音
現在の位置
• Take2 の録 音 開 始 時に、0.5 秒またはプリセットメニュ ーの
“PreRecord”にて設定された時間だけプリレコードされます。
23
基本的な再生操作
注意:
ヘッドホンをお使いになるときは、音量を上げすぎないように注意して
ください。
接続図
再生手順
LINE
OUT
1. POWER スライドスイッチをスライドさせると電源が入ります。
2. 8 または 9 ボタンを押して、再生したいファイルを選択します。
アンプ
LINE
IN
3. 1/3/ENTER ボタンを押すと再生が開始されます。
• 選択したファイルが暗号化録音したファイルの場合は、正しいパス
コードの入力が必要です。(v P.26)
• 暗号化録音したファイルの拡張子は、WAV 形式は .WAS、MP3 形
式は .MPS です。
• 誤ったパスコードを入力した場合、ファイルは再生されません。
PHONES
ヘッドホン
24
4. もう一度 1/3/ENTER ボタンを押すと再生が一時停止されます。
5. STOP ボタンを押すと、再生が停止されます。
ファイル一覧からのアクセス
再生したいファイルの選択方法は、2 通りあります。停止状態で 8 または
9 ボタンを使用してファイルを選択するか、メニュー一覧の“File List”
からファイルを選択します。
直前に再生したファイルを再生するには 1/3/ENTER ボタンを押し、
停止状態にするには、もう一度 STOP ボタンを押します。停止状態で
1/3/ENTER ボタンを押すと最初のオーディオファイルの頭から再生
されます。
注記:
ファイル一 覧の表 示 方 法( ソート順 )をプリセットメニュ ーの“File
Sort”で設定できます。(v P.52)
“Alphabet”に設定するとファイルは
記号、数字、アルファベットの順序でソートされます。“Time/Date”に
設定するとオーディオファイルの作成順にソートされます。
1. 停止状態で
(F2: LIST) ボタンを押します。
ファイル一覧が表示されます。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押してオーディオファイルを選択し
ます。1/3/ENTER ボタンを押すと、操作メニューが表示されます。
• 選択したファイルが暗号化録音したファイルの場合は、正しいパス
コードの入力が必要です。(v P.26)
• 暗号化録音したファイルの拡張子は、WAV 形式は .WAS、MP3 形
式は .MPS です。
• 誤ったパスコードを入力した場合、ファイルは再生されません。
“Play”を選 択します。
3. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
1/3/ENTER ボタンを押すと再生が開始されます。
• 再生中に STOP ボタンを押すと、ファイル一覧に戻ります。
フォルダ一覧メニューを使うと、別のフォルダ内のファイルを選択でき
ます。(v P.62)
25
検索
再生ポーズ中に 8 または 9 ボタンを押し続けると、再生音なしで高速
検索ができます。 最初の 4 秒間は 10 倍速検索、その後ボタンを離すまでは
140 倍速で検索されます。ボタンから手を離すとレコーダーは再生ポーズ
状態に戻ります。
9 ボタンを押したままでファイルの最後まで検索すると、次のファイルに
移動して順方向の検索が継続されます。
8 ボタンを押したままで、ファイルの先頭まで検索すると前のファイルに
移動して逆方向の検索が継続されます。
再生中に 8 ボタンを押し続けると、2 倍速で“巻き戻し”、逆方向の音入り
検索ができます。 再生中に 9 ボタンを押し続けると、2 倍速で“早送り”
し、順方向の音入り検索ができます。 ボタンから手を離すと通常の順方向
の再生に戻ります。
スキップバック
再生中または再生ポーズ中に SKIP BACK ボタンを押すと、現在の再生点ま
たは再生ポーズ点からプリセットメニューの“Skip Back”で設定した時間
間隔で戻ります。(v P.48)
録音ポーズ中にこのボタンを押すとリテイク録音状態になります。
パスコード入力
プリセットメニューの“Menu Lock”と“Passcode”の設定、および暗号化
録音されたファイルの再生の際には、0000 ~ 9999 のパスコードの入力が
必要です。
これらの設定や再生を開始すると、ディスプレイにパスコード入力画面が
表示され、カーソル選択されている文字が点滅します。工場出荷状態では
“0000”が表示されます。
1. 文字を変更するには PITCH + または PITCH – ボタンを押します。
• PITCH + ボタンを押すたびに数 値が 0 ~ 9 の間で大きくなり、
PITCH – ボタンを押すたびに数値が 0 ~ 9 の間で小さくなります。
• カーソルを移動する場合は 8 または 9 ボタンを押します。
2. パスコードを確定するには、1/3/ENTER ボタンを押すか、または最後
の文字にカーソルがある状態で 9 ボタンを押します。
• STOP ボタンを押すと入力をキャンセルできます。
26
注記:
パスコードを忘れた場合は、本機を工場出荷状態に戻すことで、”0000”
に変更できます。(v P.67)
その他の機能
外部マイクロホン
‒ マイクロホン入力のアッテネータ
マイクロホン入力のアッテネータが搭載されているため、感度の異なる
色々なマイクに直接対応できます。
• 0dB :マイクの減衰なし。
• –6dB :M IC ジャ ックに接 続した外 部マイクロホンの入 力を 6dB
減衰。
• –12dB:M IC ジャックに接続した外部マイクロホンの入力を 12dB
減衰。
• –18dB:M IC ジャックに接続した外部マイクロホンの入力を 18dB
減衰。
プリセットメニューの“Mic Atten.”で設定します。(v P.48)
おすすめのマイクロホン
感度が高く録音品質の高いプロ用コンデンサマイクロホンをおすすめしま
す。ただし、コンデンサマイクロホンは、本機の外部マイクロホン電源また
は別の電源が必要となります。
ダイナミックマイクロホンを使用できますが、使用状態によっては最適な録
音オーディオ品質が得られないことがあります。
使用条件に適したマイクロホンを選ぶには、販売店にご相談ください。 使
用目的に適したマイクロホンの性能と特性をご説明いたします。
‒ 外部マイクロホン電源
外 部マイクロホンとしてコンデンサマイクロホンを接 続した場 合、
PHANTOM/MIC/LINE スライドスイッチを ON にすると、+48V の電
源がマイクロホンに供給されます。
ON : コンデンサマイクロホンに +48V 電源が供給されます。
OFF: 外部マイクロホン用電源は供給されません。
27
プリレコーディング
“Pre Record”メニューを“On”にし、本体を録音ポーズ状態にすると、本体
は常にオーディオ入力の録音ファイルを 2 秒間だけ内蔵メモリーに保持す
ることができます。録音が開始されると、まず開始した 2 秒前の録音ファイ
ルを SD カードに保存し、その後すぐ継続して録音ファイルを保存します。
プリセットメニューの“PreRecord”で設定します。(v P.47)
オーディオフィルタ
ローカットフィルタ
録音中にオーディオ入力の低音域をカットします。
“Low Cut”が“On”に設定されていると、屋外録音で発生する風切り音など
の雑音を低減します。
プリセットメニューの“Low Cut”で設定します。(v P.48)
ハイカットフィルタ
録音中にオーディオ入力の高音域をカットします。
“High Cut”が“On”に設定されていると、周囲の高周波ノイズを低減しま
す。プリセットメニューの“High Cut”で設定します。(v P.48)
28
サイレントスキップ
サイレントスキップは、無音状態になると録音を自動的に一時停止し、入力
音を検知すると録音を自動的に再開します。
プリセットメニューの“Silent Skip”で以下の設定ができます。
• サイレントスキップの On/Off 設定
• 無音と判定するレベルを ‒60dB、
‒54dB、
‒38dB、
‒20dB の中から設定
プリセットメニューの“Silent Skip”で設定します。(v P.48)
マニュアルトラック
プリセットメニューの“Manual Track”が“On”に設定されている場合、
録音中に FUNCTION ボタンを押し、表示部に“TR”が表示され、その後
(F1: TR) ボタンを押すと、オーディオファイルがその時点で新規作成されま
す。(手動トラック追加機能)
カードの処理速度またはオーディオファイルのサイズなどにより、再生中に
わずかな音切れが発生することがあります。
オートトラック
プリセットメニューの“Auto Track”が“On”に設定されている場合、録音
を開始すると指定された録音時間間隔で新しいオーディオファイルが自動
的に開始されます。
• オートトラックは 1 分、5 分、10 分、15 分、30 分または 1 時間、2 時間、
6 時間、8 時間、12 時間、24 時間ごとにファイルが増えるように設定でき
ます。
• オートトラックを利用すれば、録音の特定箇所を簡単に検索できます。
例えば、1 分ごとに新規ファイルが増えるように録音された場合。
• ファイル番号と時間の関係上、再生中に特定の移動したい箇所をより簡
単に検索できます。
• 再生中にファイル 003 を選べば、録音の約 3 分目を再生できます。
• 約 10 分目の箇所を再生するには、ファイル 010 を選択すれば再生でき
ます。
ファイル番号
録音時間
#
分:秒
001.....................................0:00 – 0:59
002.....................................1:00 – 1:59
003.....................................2:00 – 2:59
セグメントのコピー
コピーしたいファイルの始点から終点までを指定し、指定部分(セグメント)
を「強調表示」させ、元のファイルを損なうことなく新しいファイル上に貼り
付けることができます。
1. 再生中に F1 表示が“COPY”と表示されているとき、コピーしたいファ
イルの開始点で
(F1: COPY) ボタンを押します。
“Set as IN?”
(開始点に設定しますか ?)と表示されます。
2. 1/3/ENTER ボタンを押すと開始点が保存されます。表示部に“IN-”
が点滅し、開始点が保存されたことを示し、ファイルの再生が再開され
ます。
カードの処理速度またはオーディオファイルのサイズなどにより、再生中に
わずかな音切れが発生することがあります。
プリセットメニューの“Auto Track”で設定します。(v P.47)
注記:
録音したファイルの容量が 4GB に達すると、自動的に新しいオーディオ
ファイルが始まります。
29
3. コピーしたいファイルの終了点まで再生を続けるか、コピー範囲が長い
ときは 8 または 9 ボタンを使って希望のコピー範囲を定めます。
4. コピーしたいファイルの終了点に達したなら
(F1: COPY) ボタン
を押します。
ファイル分割
ファイル分割機能により、目的の位置でファイルを分割できます。
1. 再生中に、F1 表示が“DIV”と表示されるまで FUNCTION ボタンを押し
ます。次に、
(F1: DIV) ボタンを押します。
• 表示部に“Divide?”と表示されます。
• このとき分 割を中 止し再 生を一 時 停 止するには、
“No”を選び、
1/3/ENTER ボタンを押します。
“Set as OUT?”
(終了点に設定しますか ?)と表示されます。
5. 1/3/ENTER ボタンを押すと終了点が保存されます。
“Copy Segment?””が表示されます。
6. 1/3/ENTER ボタンを押すと、コピー処理が開始されます。
表示部に“Executing...”
(実行中)と表示されます。コピー処理が終了
し表示部に“Completed”が 1 秒間表示された後に、新しいファイルを
現在のファイルとして停止状態に戻ります。
注記:
•コピー領域が 2 ファイル以上にまたがるときは、指定したセグメント
を 1 ファイルに連結してコピーします。
•異なる“Rec Format”または“Rec Channel”設定のファイルにまたが
るときは、コピーできません。
•コピーができる範囲は最大 80 分です。
30
“Yes”を選んで、1/3/ENTER ボタンを押しま
2. 分割を開始するには、
す。
表示部に“Executing...”
(実行中)と表示されます。 分割処理が終了し
表示部に“Completed”が 1 秒間表示された後に、分割されたファイル
の 2 つ目のファイルの開始点で停止状態になります。
注記:
•分割した後、1 つ目のファイル名の末尾に“_A”が追加されます。(例:
元ファイル名が”aaa.mp3”とすると、分割後の 1 つ目のファイル名は”
aaa_A.mp3”となります。)
•分割後の 2 つ目のファイル名の末尾には“_B”が追加されます。
•ファイル名の文字数が拡張子を含め既に 63 文字以上である場合、ファ
イル分割はできません。 表示部に“Long Title”と表示され、1/3/
ENTER ボタンが押された位置で再生ポーズ状態になります。
マークの検索
マーキング
録音または再生中に、手動または自動でマークを追加することができます。
このマーキング情報は MP3 ファイルの ID3 タグ(Ver 2) として保存される
か、または WAVE ファイルにチャンクとして追加されます。マーキングす
ることで、録音内容の特定箇所を簡単に検索できます。
• 再生中マークの位置を簡単に検索できます。
• 1 つのファイルに追加できるマークは最大 30 個です。
• マーキングでは、番号は 1 から始まる連続したマーク番号が付けられま
す。
• 録音中または再生中に
(F2: MARK) ボタンを押すと、手動でマーク
を追加できます。
再生ポーズ中または再生中に、F1 表示および F2 表示に“MK–”と“MK+”が
(F1: MK–) また
表示されるまで FUNCTION ボタンを押します。次に、
(F2: MK+) ボタンを押して、検索したいマークを選びます。選択さ
は
れたマークの位置で一時停止状態になります。再生を開始するには、1/3/
ENTER ボタンを押します。
ピッチ調整
ピッチ調整により、再生速度(ピッチ)を –40% から +20% の範囲で変更で
きます。
手動マーキング
録音中または再生中に、F2 表示が“MARK”と表示されるまで FUNCTION
(F2: MARK) ボタンを押して、手動でマークを
ボタンを押します。次に
追加します。
自動マーキング
“Auto Mark”
メニューで、
自動マーキング機能を設定できます。(v P.47)
•“Auto Mark”が“On”のとき、本機が録音ポーズから録音再開されると、
マークが追加されます。
•“Auto Mark”が“On”のとき、無音状態を 3 秒以上録音し、その後再び入
力音を検知したときにマークが追加されます。
再生中に、PITCH +ボタンを押すごとに、再生速度が5%ずつ速くなります。
再生速度は +20% まで速くできます。PITCH – ボタンを押すごとに、再生
速度が 5% ずつ遅くなります。再生速度は –40% まで遅くできます。
自動マーキングメニューで以下の設定ができます。
• 自動マーキングの On/Off 設定
• 無音と判定するレベルを ‒60dB、‒54dB、‒38dB、‒20dB の中から設定
プリセットメニューの“Auto Mark”で設定します。(v P.47)
31
補足機能
キーロック
KEY LOCK スイッチを矢印方向にスライドさせると、キーロックが設定さ
れます。キーロック状態ではプリセットメニューで設定した内容に応じた
キーロック状態を録音、再生、または停止状態で保ちます。
録音中および録音ポーズ中は、POWER スライドスイッチは常に無効となり
ます。
注記:
•プリセットメニューの“Key Lock”が“All”に設定されていると、別売
品のワイヤードリモート装置 RC600PMD だけが有効となります。
•プリセットメニューの“Key Lock”が“Partial”に設定されていると、本
体の REC、REC PAUSE、および STOP ボタンと RC600PMD が有効と
なります。
プリセットメニューの“Key Lock”で設定します。(v P.48)
32
• キーロック中に無効となっているキーを押すと“Key Locked”が 1 秒間
表示されます。
RC600PMD には以下のボタンおよび表示があります。
リモート接続
a
本機では別売のワイヤードリモート装置 RC600PMD を使用できます。 RC600PMD(別売)はマイクロホンに取り付けて使うインタビュー用リ
モート装置です。
RC600PMD は、1.5m コ ー ド に 4 端 子 ミ ニ プ ラ グ が 付 い て い ま す。
RC600PMD を使用するときは、メニューでの設定は必要ありません。
REMOTE
RC600PMD
b
c
d
aインジケータ
•(緑)スタンバイまたは停止状態のとき点灯
•(赤)録音中に点灯
•(赤の点滅)録音ポーズ中に点滅
•(オレンジ色)録音または録音ポーズ中にピークレベルを超える信号が
入力されると、0.5 秒間点滅してから赤に戻ります。
bこのボタンを押すと、録音を一時停止します。
cこのボタンを押すと、録音を開始 / 再開します。また手動でファイルを
新しく追加します。
dこのボタンを押すと、録音中または再生中にマークを追加します。
33
プラグタイプ (1/8”T-R-R-S ミニプラグ )
リモート機能の拡張
下図の回路を組んだリモート装置を使用すると、リモートコントロール機能
として PLAY と FF、REW スイッチの操作ができます。
ø3.5/4P (TMP-B66)
2 3
4
1
回路図
R1
1k
R2
3.9k
S1
S2
R3
6.8k
S3
R4
11k
S4
R5
15k
R6
30k
S5
R7
470k
S6
R8
220
R9
220
S7
4
3
2
1
REC PLAY REW REC MARK
PAUSE
FF
SKIP
BACK
注記:
•PLAY スイッチを閉じている間は再生し、開けると同時にスキップ
バックし、一時停止状態になります。
•抵抗誤差:5% 以内
•外部電圧は加えないでください。誤動作が起きる場合があります。
•直接回路に接触しないように、回路は絶縁してください。 静電気は誤
動作の原因となりますので、回路を静電気から保護する構造にしてく
ださい。
•本機の操作と同時に回路のスイッチを操作しないでください。
•本回路の使用による、いかなる損害あるいは特許ならびにその他の権
利の侵害に対して、弊社は一切の責任を負いません。
•本内容は、弊社または第三者の特許またはその他の権利を認めるもの
ではありません。
•本回路図の一部または全体を転載あるいは複製することは、厳重に禁
じられています。
34
1:
2:
3:
4:
チップ
リング
リング
スリーブ(接地)
表示について
DISPLAY ボタンを押すごとに、情報の表示内容が変更されます。停止、録音、再生の各状態に応じて
表示内容が異なります。
停止状態の場合
q総残量
SD カードの残り容量
合計残り時間
入力ソース
総ファイル数
F1 表示
F2 表示
w現在の時刻 / 日付
現在の時刻
現在の日付
e録音セットアップ
入力ソース
録音形式
量子化数
ALC 表示
プリセット番号表示
録音チャンネル
MP3 ビットレート
サンプリング周波数
AUTO TRACK 表示
q総残量(最初の表示)
35
録音状態の場合
q録音時間
SD カードの残り容量
録音時間
ファイル名
F1 表示
入力ソース
F2 表示
w総残量
合計残り時間
e録音レベル
オーディオ入力レベル
r録音セットアップ
入力ソース
録音形式
量子化数
ALC 表示
q録音時間(最初の表示)
36
プリセット番号表示
録音チャンネル
MP3 ビットレート
サンプリング周波数
AUTO TRACK 表示
再生状態の場合
q経過時間
ファイル上の現在位置
経過時間
ファイル名
F1 表示
F2 表示
w残り時間
残り時間
e出力レベル
オーディオ出力レベル
rファイル情報
作成時間
録音チャンネル
MP3 ビットレート
サンプリング周波数
量子化数
q経過時間(最初の表示)
37
USB モード
PMD661MKII は SD カードに直接録音できます。
録音した内容は、PMD661MK II から取り出した SD カードをパソコンで直
接読み込むか、PMD661MK II とパソコンを USB ケーブルで接続すること
により、デスクトップパソコンまたはノートパソコンに転送することができ
ます。
一般的な MP3 圧縮形式で録音されたオーディオは、イントラネットまたは
インターネット経由で直接ファイル共有することができます。
パソコンとの互換性
パソコンで以下のことができます。
• オーディオファイルの記録および保存
• オーディオファイルの再生
• パソコンでご使用のドライブにオーディオファイルを保存
38
USB ポートへの接続方法
PMD661MK II に挿入した SD カードは、接続したパソコンでは外付けデバ
イスとして認識されます。
1. パソコンの電源を入れます。
2. レコーダーに SD カードを挿入します。
3. レコーダーの電源を入れます。
4. 停止状態で、レコーダーとパソコンを USB ケーブルで接続します。
• USB ポートに USB ケーブルが接続されると本機の表示部に以下の
メッセージが表示されます。
• レコーダーに挿入された SD カードは、接続されたパソコンではリ
ムーバブルデバイスとして認識されます。
注記:
•パソコンでは、以下のオペレーティングシステム(OS)を使用している
か確認してください。
Windows XP、Vista、7、MAC OS 10
•USB バスパワーが作動します。
•POWER スライドスイッチ以外のボタンは機能しません。
注意:
•USB モードのときは、SD カードを取り外さないでください。データが
壊れ、SD カードが損傷することがあります。
•録音および再生中にレコーダーとパソコンを USB ケーブルで接続し
ないでください。 USB バスパワーの状態によってレコーダーの電源
が切れるか停止します。
ファイル構造図
MPGLANG1 という名前のフォルダ(ディレクトリ)がパソコン上に表示さ
れます。MPGLANG1 フォルダ内のファイルは aaaaa001 から始まり、最
高aaaaa999まで録音したファイル番号が付きます。
(“aaaaa”はプリセッ
トメニューの“Machine ID”設定値に応じて変わります。)
“Machine ID”の初期設定は 1 です。ファイルの拡張子は、録音の設定と
してプリセットメニューの“Rec Format”設定内容に応じて .MP3 または
.WAV になります。
ルート
MPGLANG1
1001.MP3
1002.MP3
1003.MP3
パソコンでファイル名やファイル構造を変更すると、PMD661MK II での
ファイル認識および再生ができなくなります。
マシン ID
オーディオファイルにはマシン ID 情報があります。この情報はファイル
名に含まれています。例えば、マシン ID が“1”であれば、最初のファイル
は“1001.WAV”または“1001.MP3”となります。プリセットメニューの
“Machine ID”で設定します。(v P.50)
39
メニュー
メニュー構造
1
2
3
4
5
6
Presets ............................................................................................................................ Preset-1.......................1 Select
Display.............................................................................. 01 Brightness
Preset-2
2 Edit.......................... 01
Time/Date
02 Timer
Preset-3
3 Rename
02
Utility................................. 1 Record Timer
03 LED
03
Language
2 Play Timer1
04 Time Form
04
F/W Version
3 Play Timer2
05 Date Form
05
4 Play Timer3
06 File Sort
06
5 Load Settings
07 Default
07
6 Save Settings
08
7 Card Check
09
8 Card Formats
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
40
Input
Rec Format
Rec Channel
Sample Rate
PreRecord
Level Cont.
Auto Track
Auto Mark
Silent Skip
Mic Atten.
Low Cut
High Cut
Skip Back
Key Lock
Battery
Auto Power Off
Beep
Encrypt Rec
Menu Lock
Passcode
SP Mute
Play Mode
Machine ID
Preset Default
トップメニュー
メニュー項目と機能説明
#
1. 停止状態で
(F1: MENU) ボタンを押します。
• メニュー一覧が表示されます。
• 選択した項目が強調表示されます。
• 一番最初の項目を選択した状態で PITCH + ボタンを押すと、最後の
項目にジャンプします。
• 一番最後の項目を選択した状態で PITCH – ボタンを押すと、最初の
項目にジャンプします。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して設定項目を選択します。
3. 1/3/ENTER ボタンを押すと、選択した項目を確定または実行します。
表示
説明
1
Presets
プリセットメニューが実行されます。
2
Display
表示メニューが実行されます。
3
Time/Date
現在の時刻と日付を設定します。
4
Utility
ユーティリティメニューが実行されます。
5
Language
表示部の言語を選択します。
6
F/W Version
ファームウェアのバージョンが表示されます。
メニューの設定保護
プリセットメニュ ーの“Menu Lock”を“On”に設 定すると、トップメ
ニュー以下の項目を選択した際にパスコードが必要になり、設定内容を保護
することができます。
パスコードは、プリセットメニュ ーの“Passcode”に設 定した 0000 ~
9999 の数字です。(v P.26)
41
プリセットメニュー
4. 1/3/ENTER ボタンを押すと、選択したプリセット番号が確定されま
す。
プリセットメニューでは、録音入力、録音形式、再生モードなどのレコーダー
に関する詳細なプリセット設定を最大 3 つまで保存することができます。
プリセットメニューには 20 項目のメニュー項目があり、3 つのプリセット
(Preset‒1、
‒2、‒3)をお好みの条件で設定できます。
プリセットメニューを設定するときは、まずプリセット番号を選択します。
• 次に操作メニューが表示されます。
•“Select”を選んで
/3/ENTER ボタンを押すと、選択したプリ
(F1: MENU) ボタンを押します。
1. 停止状態で
“Presets”を選択します。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
セットの設定が保存されます。
•“Edit”を選んで 1/3/ENTER ボタンを押すと、選択したプリセット
の設定を変更できます。
•“Rename”を選んで 1/3/ENTER ボタンを押すと、選択したプリ
セットの名前を変更できます。
1/3/ENTER ボタンを押します。
操作メニューの機能
3. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、Preset‒1、2、または 3 (名称
変更している場合は目的のプリセット)の中から 1 つ選択します。
42
#
表示
説明
1
Select
選択したプリセットの設定を保存します。
2
Edit
選択したプリセットの設定を変更します。
3
Rename
選択したプリセットの名前を変更します。
プリセットの名称変更
5. プリセットの名前を変更します。
(F1: MENU) ボタンを押します。
1. 停止状態で
“Presets”を選択します。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
テキストを挿入あるいは削除することで、プリセット名を変更します。
8 または 9 ボタンで、テキストを挿入および削除する箇所にカー
ソルを移動します。
3. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、Preset‒1、2、または 3(名称
文字の変更
PITCH +またはPITCH –ボタンを押して、変更したい文字を選びます。
1/3/ENTER ボタンを押して確定します。
変更している場合は目的のプリセット)の中から 1 つ選択します。
1/3/ENTER ボタンを押して、選択したプリセット番号を確定します。
4. PITCH + または PITCH – ボタンを押して“Rename”を選び、1/3/
ENTER ボタンを押して確定します。
文字の挿入
(F1: INS) ボタンを押します。強調表示された文字の左側に新しい
文字が挿入され、その後挿入した文字が強調表示されます。
文字の削除
(F2: DEL) ボタンを押すと選択した文字が削除されます。
6. 変更を保存するには 1/3/ENTER ボタンを押します。
変更を保存せずに前のページに戻るには、プリセット名称の最初の文字
が強調表示されているときに、8 ボタンを押します。
注記:
•プリセット名の最後の文字にスペースを入力した場合、変更した名前
にはスペースが入りません。
•プリセット名の長さは最大 8 文字までです。 9 文字目を入力しても、
削除されます。
•挿入できる文字は次のとおりです。A B C D E F G H I J K L M N O
PQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuv
w x y z ( スペース ) ! “ # $ % & ’( ) + , – . ; = @ [ ] ^ _ ` { } ~ 0 1 2
3456789
43
プリセットメニュー一覧
#
表示
設定内容
1
Input
INT MIC / MIC/LINE / LINE2 / D.IN
2
Rec Format
MP3-320 / MP3-256 / MP3-192 / MP3-128 / MP3-64 / PCM-16 / PCM-24
3
Rec Channel
Stereo / Mono / D.Mono
4
Sample Rate
44.1k / 48k / 96k
5
PreRecord
On/Off
6
Level Cont.
Manual / ALC
7
Auto Track
Off / 1min / 5min / 10min / 15min / 30min / 1hour / 2hour / 6hour / 8hour / 12hour / 24hour
8
Auto Mark
Off / –60dB / –54dB / –38dB / –20dB
9
Silent Skip
Off / –60dB / –54dB / –38dB / –20dB
10 Mic Atten.
0dB / –6dB / –12dB / –18dB
11 Low Cut
On/Off
12 High Cut
On/Off
13 Skip Back
0.5sec / 1sec / 1.5sec / 2sec / 2.5sec / 3sec / 3.5sec / 4sec/ 4.5sec / 5sec / 5.5sec / 6sec / 6.5sec / 7sec / 7.5sec /
8sec / 8.5sec / 9sec / 9.5sec / 10sec / 15sec / 20sec / 25sec / 30sec / 35sec / 40sec / 45sec / 50sec / 55sec/ 60sec
14 Key Lock
All / Partial
15 Battery
Alkaline / Ni-MH
16 Auto Power Off
Off / 5m / 15m / 30m / 60m
17 Beep
On/Off
18 Encrypt Rec
On/Off
19 Menu Lock
On/Off
20 Passcode
4 桁の数字
21 SP Mute
On/Off
22 Play Mode
Single / Cont.
23 MachineID
最大 8 桁の ASCII コード
24 Preset Default
44
デフォルト(初期設定)値一覧表
#
表示
Preset-1
Preset-2
Preset-3
1
Input
INT MIC
INT MIC
INT MIC
2
Rec Format
MP3-128
MP3-320
PCM-24
3
Rec Channel
Stereo
Stereo
Stereo
4
Sample Rate
44.1k
44.1k
96k
5
PreRecord
On
Off
Off
6
Level Cont.
ALC
Manual
Manual
7
Auto Track
Off
Off
Off
8
Auto Mark
Off
Off
Off
9
Silent Skip
Off
Off
Off
10 Mic Atten.
0dB
0dB
0dB
11 Low Cut
On
Off
Off
12 High Cut
On
Off
Off
13 Skip Back
3sec
3sec
3sec
14 Key Lock
All
All
All
15 Battery
Alkaline
Alkaline
Alkaline
16 Auto Power Off
15m
15m
15m
17 Beep
On
On
On
18 Encrypt Rec
Off
Off
Off
19 Menu Lock
Off
Off
Off
20 Passcode
0000
0000
0000
21 SP Mute
Off
Off
Off
22 Play Mode
Cont.
Cont.
Cont.
23 MachineID
1
1
1
24 Preset Default
ミーティング圧縮
音楽圧縮
最高品質非圧縮
45
編集モードの基本操作
2) Rec Format ( 録音形式 )
1. プリセットの操作メニューで、PITCH + または PITCH – ボタンを押し
て“Edit”を選び、次に 1/3/ENTER ボタンを押します。
• プリセットメニュー一覧が表示されます。
2.
PITCH +またはPITCH –ボタンを押してプリセット項目を選択します。
次に 8 または 9 ボタンを押して、目的の設定値を選択します。
3. プリセットの変更が終了したら、
(F1: EXIT) ボタンを押します。
•“Store?”が表示されます。
4.
変更を保存するには、
“Yes”を選んで 1/3/ENTER ボタンを押しま
す。変更を保存せずにメニューモードを終了するには、
“No”を選んで
1/3/ENTER ボタンを押します。
1) Input(入力)
“Input”メニューで録音するオーディオ入力を選択します。
設定値
説明
INT MIC
内蔵ステレオマイクロホン
MIC/LINE
外部マイクロホン(MIC/LINE ジャック)
LINE2
ラインレベル入力(LINE 2 ジャック)
D.IN
デジタル入力
46
“Rec Format”では、オーディオ録音形式として MP3 圧縮または高品質
PCM を選 択できます。 また、MP3 ではビットレート (320, 256, 192,
128 または 64 kbps) を選択でき、PCM では量子化ビット数 (16 ビットま
たは 24 ビット ) を選択できます。
設定値
説明
MP3-320 / MP3-256 (MP3)
/ MP3-192 / MP3モノラル : 160, 128, 96, 64, 32kbps
128 / MP3-64
ステレオ : 320, 256, 192, 128, 64kbps
PCM-16 / PCM-24
(PCM)
量子化ビット数: 16 ビット、24 ビット
3) Rec Channel(録音チャンネル)
“Rec channel”では録音チャンネルを選択します。ステレオ 2 チャンネル、
モノラル 1 チャンネル、またはデュアルモノによるステレオ 2 チャンネルの
中から選択できます。
設定値
説明
Stereo
ステレオ 2 チャンネルオーディオファイル
Mono
モノラルオーディオファイル
D.Mono
ステレオ 2 チャンネルオーディオファイル
L( 左 )チャンネル入 力が L( 左 )と R( 右 )両 方の
チャンネルに録音されます。
4) Sample Rate(サンプリング周波数)
“Sample Rate”では、録音時のサンプリング周波数を選択できます。
設定値
説明
7) Auto Track(オートトラック)
“Auto Track”では、オートトラック機能を設定できます。また新しいト
ラックを自動的に追加するときの時間間隔を選択できます。
設定値
説明
44.1k
PCM と MP3 用サンプリング周波数
48k
PCM と MP3 用サンプリング周波数
Off
オートトラック機能をオフにします。
96k
PCM 用サンプリング周波数
1min / 5min / 10min
/ 15min / 30min /
1hour / 2hour / 6hour
/ 8hour / 12hour /
24hour
オートトラック機能をオンにし、新しいファイルを
追加するときの時間間隔を設定します。
5) PreRecord(プリレコーディング)
“PreRecord”では、プリレコーディング機能を設定できます。
設定値
説明
On
プリレコーディング機能をオンします。
Off
プリレコーディング機能をオフします。
6) Level Cont.(録音レベル調整)
“Level Cont.”では、録音レベル調整を手動にするか自動にするかを選択で
きます。
設定値
説明
Manual
手動レベル調整
ALC
自動レベル調整
8) Auto Mark(自動マーキング)
“Auto Mark”メニューでは、自動マーキング機能をオンにして無音判定レ
ベルを設定したり、この機能をオフにすることができます。入力レベルが 3
秒以上プリセット値(–60、–54、–38、–20 dB)を満たさない状態になると、
その区間は無音と認識され、その区間の最後に自動的にマークが追加されま
す。
設定値
説明
Off
自動マーキング機能をオフにします。
–60dB / –54dB /
–38dB / –20dB
自動マーキング機能をオンにし、無音判定レベル
を設定します。
47
9) Silent Skip(サイレントスキップ)
12)High Cut(高音域カット)
“Silent Skip”メニューでは、サイレントスキップ機能をオンにして無音判 “High Cut”により、高音域カット機能を設定できます。
定レベルを設定したり、この機能をオフにすることができます。サイレン
設定値
説明
トスキップ機能をオンにすると、入力レベルが 3 秒以上プリセット値(–60、
Off
ハイカットフィルタをオフします。
–54、–38、–20 dB)を満たさない状態になると、録音が自動的に一時停止さ
On
ハイカットフィルタをオンします。
れます。
設定値
Off
説明
サイレントスキップ機能をオフにします。
–60dB / –54dB / –38dB
サイレントスキップ機能をオンにし、無音判定レ
/
ベルを設定します。
–20dB
10)Mic Atten.(マイク減衰)
“Mic Atten.”により、マイクロホン減衰レベルを選択できます。
設定値
13)Skip Back(スキップバック)
“Skip Back”では、スキップバックの時間を 0.5 秒から 60 秒までの範囲で
設定できます。
設定値
0.5sec / 1sec / 1.5sec / 2sec / 2.5sec / 3sec / 3.5sec / 4sec/ 4.5sec
/ 5sec / 5.5sec / 6sec / 6.5sec / 7sec / 7.5sec / 8sec / 8.5sec /
9sec / 9.5sec / 10sec / 15sec / 20sec / 25sec / 30sec / 35sec /
40sec / 45sec / 50sec / 55sec/ 60sec
説明
0dB
マイクロホン減衰機能をオフします。
–6dB / –12dB / –18dB
マイクロホン減衰レベルを設定します。
14)Key Lock(キーロック)
録音、再生、または停止状態で、このメニューで設定した内容に応じてキー
操作を無効とします。
11)Low Cut(低音域カット)
設定値
“Low Cut”により、低音域カット機能を設定できます。
設定値
説明
Off
ローカットフィルタをオフします。
On
ローカットフィルタをオンします。
48
説明
All
すべてのボタンが無効となります。
Partial
REC、REC PAUSE、STOP ボタンを除く、すべてのボ
タンが無効となります。
15)Battery(電池)
17)Beep(アラーム音)
“Battery”では、電池の種類を設定します。本機を電池でお使いになる場合
は、単三形アルカリ電池または単三形ニッケル水素電池 4 本で使用できま
す。この“Battery”設定にしたがって、電池の残量および "Low Battery"
が表示されます。実際に装着された電池と異なる設定をすると、電池の状態
が正しく表示されなくなります。
設定値
説明
Alkaline
アルカリ電池に設定します。
Ni-MH
ニッケル水素電池に設定します。
16)Auto Power Off(オートパワーオフ)
本機が停止状態または再生ポーズ中に長時間何も操作されなかったときは、
電池寿命を維持するために電源を自動的にオフするように設定できます。
設定値
Off
説明
“Beep”により、アラーム音を設定できます。この機能をオンにすると、電池
残量が少なくなったり、SD カードに録音の空き容量がなくなったときに、ア
ラーム音で警告します。
設定値
説明
On
アラーム音をオンにします。
Off
アラーム音をオフにします。
18)Encrypt Rec(録音ファイルの暗号化)
“Encrypt Rec”により暗号化録音を設定できます。この機能をオンにする
と、録音したファイルは暗号化されます。
設定値
説明
On
暗号化録音をオンにします。
Off
暗号化録音をオフにします。
オートパワーオフ機能をオフにします。
5m / 15m / 30m / オートパワーオフ機能をオンにし、この機能が働くま
60m
での時間を設定します。
19)Menu Lock(メニュー設定の保護)
“Menu Lock”により、トップメニュー以下の設定項目をパスワードで保護
することができます。
設定値
説明
On
パスワードによる保護が有効になります。
Off
パスワードによる保護が無効になります。
49
20)Passcode(パスコード)
23)MachineID(マシン ID)
暗号化録音を行う際の暗号化キーです。また、
“Menu Lock”がオンの場合
はパスワードとしても使用します。
オーディオファイルにはマシン ID 情報があります。この情報はファイル名
に含まれています。例えば、マシン ID が“aaaaa”であれば、最初のファイル
は“aaaaa001.wav”または“aaaaa001.mp3”となります。
マシン ID 設定は 3 つのプリセットすべてに適用されます。
設定値
0000 ~ 9999 の 4 桁の数字(初期値は 0000)
1. プリセットメニュ ーで、PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
21)SP Mute(スピーカー消音)
“SP Mute”により、スピーカーの消音機能を設定できます。
“SP Mute”が On に設定されていると、録音中の音はスピーカーから出力さ
れません。Off に設定されていると、録音中の音がスピーカーから出力されま
す。ただし、
内蔵マイクロホンの音を録音しているときは、
出力されません。
設定値
説明
On
スピーカーの消音機能をオンにします。
Off
スピーカーの消音機能をオフにします。
22)Play Mode(再生モード)
“Play Mode”では、1 ファイル再生モードと連続再生モードを選択できま
す。
設定値
説明
Single
1 ファイル再生モード
Cont.
連続再生モード
“MachineID”を選択します。1/3/ENTER ボタンを押して確定しま
す。
2. マシン ID 名称を変更します。
“プリセットの名称変更”の手順をご覧ください。(v P. 43)
3. 1/3/ENTER ボタンを押してトップメニューを表示し、
(F1: EXIT)
ボタンを押して変更を保存します。
注記:
•マシン ID の最後の文字にスペースを入力した場合、変更した ID には
スペースが入りません。
•文字数が 8 文字を超える場合、新しく文字を追加すると最後の文字が
削除されます。
24)Preset Default(プリセットデフォルト)
“Preset Default”では、選択したプリセット番号の設定内容をデフォルト
(初期設定)に戻します。(v P.45)
1. プリセットメニュ ーで、PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
“Preset Default”を選択します。1/3/ENTER ボタンを押して確定
します。
2.“Default?”メッセージ表示中に“Yes”を選び、次に
1/3/ENTER ボ
タンを押します。プリセットの設定内容が初期状態に戻り、メモリーへ
書き込まれます。
50
4. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、表示メニューから目的の
表示メニュー
Brightness、Timer、LED、Time Form、Date Form、File Sort などの表示メ
ニューに関する設定を保存できます。
項目を選択します。設定内容を選択するには、8 または 9 ボタン
を押します。
5. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、他の表示メニュー項目を選
択します。
1. 停止状態で
• メニュー一覧が表示されます。
• 選択した項目が強調表示されます。
• 一番最初の項目を選択した状態で PITCH + ボタンを押すと、最後の
項目にジャンプします。
• 一番最後の項目を選択した状態で PITCH – ボタンを押すと、最初の
項目にジャンプします。
“Display”を選択します。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
3. 1/3/ENTER ボタンを押します。
• 選択した項目の番号が点滅します。
• 選択した項目の設定内容が強調表示されます。
• 表示メニューモード中に STOP ボタンを押すと、停止状態に戻りま
す。
(F1: EXIT) ボタンを押
表示メニューの変更を終了し保存するには、
します。STOP ボタンを押すと、変更を保存せずにメニューモードを終
了します。
(F1: MENU) ボタンを押します。
“Store?”表示中に“Yes”を選んで 1/3/ENTER
6. 変更を保存するには、
ボタンを押します。変更を保存せずにトップメニューに戻るには、
“No”
を選んで 1/3/ENTER ボタンを押します。
表示メニュー一覧
#
表示
1
Brightness
2
Timer
3
LED
4
設定内容
初期設定値
1 〜 8
5
Off/30sec/60sec/90sec
Off
On/Off
On
Time Form
12H/24H
12H
5
Date Form
M/D/Y(月/日/年)
、D/M/Y(日/月/
年)
M/D/Y
6
File Sort
7
Default
Alphabet, Time/Date
(アルファベット順/日付順)
--
Time/Date
--
* 欧州向けの“Date Form”の工場出荷設定は“D/M/Y”です。
51
1) 明るさ
4) 時間表示形式
“Brightness”により、OLED(有機発光ダイオード)表示部の明るさを調整
できます。
設定値
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8
“Time Form”により、現在の時刻表示を AM/PM 表示である 12 時間表示
(12H) にするか、24 時間表示 (24H) にするかを設定できます。
説明
(暗)1 – 8(明)
設定値
説明
12H
12 時間表示(12:00AM – 11:59PM)
24H
24 時間表示(00:00 – 23:59)
2) タイマー
“Timer”によりタイマー機能を設定できます。またこの機能が働くまでの時
間を設定できます。
タイマー機能がオンのとき、あらかじめ設定された時間(30、60、または 90
秒)の間ボタンが操作されなければ、表示の一部が自動的に消えます。この
機能をオンにすると、電池の寿命を伸ばすことができます。
設定値
説明
Off
タイマー機能をオフします。
30sec/60sec/90sec
タイマー機能をオンにし、タイマー時間を設定し
ます。
“LED”により、すべての LED インジケータを点灯させるか消灯させるかを
設定できます。
説明
On
LED を点灯させます。
Off
LED を消灯させます。
52
設定値
説明
M/D/Y
月/日/年
D/M/Y
日/月/年
6) ファイルソート
“File Sort”により、ファイル一覧の表示方法(ソート順)をアルファベット
順(Alphabet)にするか、日付順(Time/Date)にするかを選択できます。
3) LED
設定値
5) 日付表示形式
“Date Form”により、日付の表示順を月/日/年 (M/D/Y) にするか、日/
月/年 (D/M/Y) にするかを設定できます。
設定値
説明
Alphabet
ファイルがアルファベット順に表示されます。
Time/Date
ファイルが日付順に表示されます。
7) デフォルト
“Default”により、表示メニューの設定内容をデフォルト(初期設定)値に戻
します。初期設定値は、
“表示メニュー一覧”をご覧ください。
(F1: MENU) ボタンを押します。
1. 停止状態で
2. PITCH +またはPITCH –ボタンを押して、“Display”を選択します。
1/3/ENTER ボタンを押して確定します。
3. PITCH + または PITCH – ボタンを押して“Default”を選択します。
ユーティリティメニュー
“Utility”メニューでは、録音タイマーおよび再生タイマーの設定、設定デー
タのロード機能およびセーブ機能、SD カードのフォーマットとカードの書
き込み性能のチェックができます。
(F1: MENU) ボタンを押します。
1. 停止状態で
“Utility”を選択します。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
1/3/ENTER ボタンを押して実行します。
4.“Default?”メッセージ表示中に“Yes”を選んで 1/3/ENTER ボタン
を押すと、プリセットメニューの設定内容が初期状態に戻り、メモリー
へ書き込まれます。
3. 1/3/ENTER ボタンを押します。
• ユーティリティメニューモード中に STOP ボタンを押すと、停止状
態に戻ります。
4. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、ユーティリティメニューか
ら目的の項目を選択します。1/3/ENTER ボタンを押すと、選択した
メニュー項目が表示されます。
53
ユーティリティメニュー一覧
1) 録音タイマー
#
表示
説明
1
Record Timer
録音開始時刻と録音時間を設定します。
2
Play Timer 1
再生 1 の開始時刻を設定します。
3
Play Timer 2
再生 2 の開始時刻を設定します。
4
Play Timer 3
再生 3 の開始時刻を設定します。
5
Load Settings
SD カードから設定データをロードします。
6
Save Settings
SD カードに設定データを保存します。
7
Card Check
SD カードの書き込み性能をチェックします。
8
Card Format
すべてのファイルを削除します。
“Record Timer”により、録音開始時刻と録音時間を設定できます。
1. ユーティリティメニューから“Record Timer”を選びます。
• 停止状態で
(F1: MENU) ボタンを押します。
•“Utility”が表示されるまで PITCH + または PITCH – ボタンを押し、
1/3/ENTER ボタンを押します。
•“Record Timer”が表示されるまで PITCH + または PITCH – ボタ
ンを押し、1/3/ENTER ボタンを押します。
2. 録音タイマーをオンまたはオフに設定します。
• PITCH + または PITCH – を押して、
“On”または“Off”が強調表示
されるようにします。録音タイマー機能をオンにするには、8 ま
たは 9 ボタンを押して“On”を強調表示させます。録音タイマー
機能をオフにするには、8 または 9 ボタンを押して“Off”を強
調表示させます。
• PITCH + または PITCH – ボタンを押して次の項目に移動します。
選択した項目が強調表示されます。
54
3. 録音開始時刻を設定します。
4.
2/3/4)再生タイマー (1/2/3)
• “Start Time” が強調表示されているときに、1/3/ENTER ボタ “Play Timer”により、再生開始時刻と再生するファイルの名前を設定でき
ンを押します。
ます。
• 設定項目を選択するには、8 または 9 ボタンを押します。
• 設定値を選択するには、PITCH +またはPITCH –ボタンを押します。 1. ユーティリティメニューから“Play Timer 1 (2, 3)”を選びます。
(F1: MENU) ボタンを押します。
• 停止状態で
• 時刻設定を終了するには、ENTER ボタンを押します。
•“Utility”が表示されるまで PITCH + または PITCH – ボタンを押し、
録音時間を設定します。
1/3/ENTER ボタンを押します。
• “Duration” が強調表示されているときに、1/3/ENTER ボタン
• PITCH + または PITCH – ボタンを押して“Play Timer 1 ( または 2
を押します。
か 3)”を表示させ、1/3/ENTER ボタンを押します。
• 時間と分を選択するには、8 または 9 ボタンを押します。
• 時間が強調表示されているときに PITCH + または PITCH – ボタン
を押し、時間を 000 から 999 の範囲で選びます。
• 分が強調表示されているときに PITCH + または PITCH – ボタンを
押し、分を 00 から 59 の範囲で選びます。
5. 変更を保存します。
•
(F1: EXIT) ボタンを押すと、
“Store?”が表示されます。変更を
保存しユーティリティメニューに戻るには、
“Yes”を選びます。変
更を保存せずにユーティリティメニューに戻るには、
“No”
を選びま
す。
• 設定中に、変更を保存せずに停止状態に戻るには、STOP ボタンを押
します。
• タイマーが設定されると、表示部に“T”が表示されます。
2. 再生タイマーを設定します。
• PITCH + または PITCH – を押して、
“Everyday”、
“Weekday”、ま
たは“Weekend”が強調表示されるようにします。
• 月曜日から金曜日まで毎日再生する設定にするには、
“Weekday”
が強調表示されるまで 8 または 9 ボタンを押します。
• 土曜日と日曜日に再生する設定にするには、
“Weekend”が強調表
示されるまで 8 または 9 ボタンを押します。
• PITCH + または PITCH – ボタンを押して次の項目に移動します。
選択した項目が強調表示されます。
“T”表示
55
3. 再生開始時刻を設定します。
5) 設定データのロード機能
•“Start Time”が強調表示されているときに、1/3/ENTER ボタン “Load Settings”により、SD カードから本 機にすべてのプリセットメ
を押します。
ニューの設定データをロードすることができます。
• 8 または 9 ボタンを押して、AM/PM、時間、分を選びます。
設定データのロードを行うには、設定データの保存機能によりプリセット内
• 設定項目を選択するには、8 または 9 ボタンを押します。
容を保存した SD カードを使用します。
• 設定値を選択するには、PITCH +またはPITCH –ボタンを押します。 この機能は、特に複数の PMD661MKII を同じプリセットメニュー設定にす
• 時刻設定を終了するには、ENTER ボタンを押します。
るときに便利です。
4. ファイルを選択します。
•“File Name”が強調表示されているときに、1/3/ENTER ボタンを
押します。
PMD661MKII
設定データの保存
• ファイル一覧が表示されます。
• PITCH + または PITCH – ボタンを押して、再生したいファイルを選
SD カード
びます。1/3/ENTER ボタンを押します。
5. 変更を保存します。
•
保存しユーティリティメニューに戻るには、
“Yes”を選びます。変
更を保存せずにユーティリティメニューに戻るには、
“No”
を選びま
す。
• 設定中に、変更を保存せずに停止状態に戻るには、STOP ボタンを押
します。
56
設定データのロード
(F1: EXIT) ボタンを押すと、
“Store?”が表示されます。変更を
PMD661MKII
(F1: MENU) ボタンを押します。
1. 停止状態で
“Utility”を選択します。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
1/3/ENTER ボタンを押して確定します。
“Load Settings”を選択し
3. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
ます。
4. 1/3/ENTER ボタンを押します。“Load?”メッセージが表示されま
す。
• ロードをキャンセルして停止状態に戻るには、STOP ボタンを押し
ます。
5.“Load?”メッセージの表示 中に“Yes”を選び、1/3/ENTER ボタ
ンを押すと、プリセット設定データをテキスト形式で SD カードから
PMD661MKII にロードします。
ロ ー ド さ れ る フ ァ イ ル は、SD カ ー ド 内 の ル ー ト フ ォ ル ダ に あ
る“661preset2.txt”で す。 プ リ セ ッ ト 設 定 デ ー タ の ロ ー ド 中
は“Executing...”と表 示されます。 データのロードが終 了すると
“Completed”が 1 秒間表示され、停止状態に戻ります。
6) 設定データの保存(セーブ)機能
“Save Settings”により、すべてのプリセットメニューの設定データを SD
カードに保存します。
保存した設定データを PMD661MK II にロードするには設定データのロー
ド機能を使用します。
(F1: MENU) ボタンを押します。
1. 停止状態で
“Utility”を選択します。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
1/3/ENTER ボタンを押して確定します。
“Save
3. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
Settings”を選択し
ます。
4. 1/3/ENTER ボタンを押します。“Save?”メッセージが表示されま
す。
• STOP ボタンを押すと、保存を取り消して停止状態に戻ります。
5.“Save?”メッセージの表示中に“Yes”を選び、1/3/ENTER ボタンを
押すと、プリセット設定データをテキスト形式で PMD661MK II から
SD カードに保存します。
出 力 さ れ る フ ァ イ ル は、SD カ ー ド 内 の ル ー ト フ ォ ル ダ に あ る
“661preset2.txt”で す。 プ リ セ ッ ト 設 定 デ ー タ の 出 力 中 は
“Executing...”と 表 示 さ れ ま す。 デ ー タ の 出 力 が 終 了 す る と
“Completed”が 1 秒間表示され、停止状態に戻ります。
57
7) SD カードのチェック
661preset2.txt ファイルの形式
ご使用の SD カードの書き込み性能をチェックし、結果を下記のとおり表示
します。
表示
説明
=
0D0Ah
=
0D0Ah
Play Mode
Name
Input
...
=
0D0Ah
...
=
[Display]
0D0A0D0A h
固定値
0D0Ah
0D0Ah
File Sort
...
...
...
58
0D0Ah
0D0Ah
...
Brightness
フォー マット中は“Executing...”と表示されます。
SD カードのフォーマットが完了すると、
“Completed”が 1 秒間表示さ
れてから停止状態になります。
0D0A0D0A h
固定値
...
•“Card Format?”メッセージが表示されます。
• STOP ボタンを押すと、SD カードのフォーマットを取り消して停止
状態に戻ります。
...
Play Mode
4.“Card Format?”メッセージの表 示 中に“Yes”を選 択して 1/3/
ENTER ボタンを押すと、SD カードがフォーマットされます。
=
...
“Card Format”を選択しま
3. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
す。1/3/ENTER ボタンを押します。
0D0Ah
Name
Input
0D0Ah
0D0Ah
=
[Preset-3]
...
1/3/ENTER ボタンを押します。
0D0A0D0A h
固定値
...
(F1: MENU) ボタンを押します。
1. 停止状態で
“Utility”を選択します。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、
=
[Preset-2]
Play Mode
8) SD カードのフォーマット
0D0Ah
Input
...
注記:
•カードチェック中は、電源をオフにしたり SD カード挿入部のドアを開
けたりしないでください。カードやデータを破損する可能性がありま
す。また、チェック中は AC アダプタのご使用を推奨いたします。
•チェック結果は参考のための情報であり、動作を保証するものではあ
りません。
固定値
...
録音中の書き込みトラブルが予測されます。他の SD
カードの使用を推奨いたします。
ブレーク
...
Poor
設定値
Name
...
問題なく録音可能です。
区切り文字
[Preset-1]
...
Good
項目
0D0A0D0A h
[Common]
固定値
0D0Ah
Machine ID
=
0D0Ah
Version
=
0D0Ah
ファイル一覧メニュー
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、アクセスしたいファイルを
選びます。1/3/ENTER ボタンを押すと、操作メニューが表示されま
す。
MPGLANG1 または他フォルダ内の MP3 形式と WAVE 形式のファイル名
を一覧表にして表示できます。このファイル一覧を使って、選択したファイ
ルの再生、名称変更、削除をしたり、ファイル情報を確認したりできます。
1. 停止状態で
(F2: LIST) ボタンを押します。
• ファイル一覧メニューモード中に STOP ボタンを押すと、停止状態
に戻ります。
• ファイル一覧が表示されます。
• 選択したファイルが強調表示されます。
• 一番最初のファイルを選択した状態で PITCH + ボタンを押すと、
最後のファイルにジャンプします。
• 一番最後のファイルを選択した状態で PITCH – ボタンを押すと、
最初のファイルにジャンプします。
• フォルダ一覧を表示するには、8 ボタンを押します。
ファイル一覧の操作メニュー
#
表示
説明
1
Play
ファイルを再生します。
2
Information
ファイル情報を表示します。
3
Rename
ファイル名を変更します。
4
Delete
ファイルを削除します。
5
Copy
別のフォルダにファイルをコピーします。
6
Move
現在のフォルダから別のフォルダにファイルを移
動します。
7
Delete Marks
選択したファイルから全マークを削除します。
59
1) 再生
“Play”により、選択したファイルを再生できます。
2) ファイル情報
“Information”により、選択したファイルの情報を表示できます。
1. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、ファイル一覧メニューの
1. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、ファイル一覧メニューの
2. 1/3/ENTER ボタンを押すと再生が開始されます。
2. 1/3/ENTER ボタンを押すと情報が表示されます。
“Play”を選択します。
• STOP ボタンを押すと、再生を停止し、ファイル一覧に戻ります。
“Information”を選択します。
• ファイル一覧メニューに戻るには、8 ボタンを押します。
• STOP ボタンを押すと停止状態に戻ります。
60
3) ファイル名の変更
“Rename”により、選択したファイルの名前を変更できます。
1. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、ファイル一覧メニューの
“Rename”を選択します。
4) フォルダの削除
“Delete”では、選択したファイルを削除できます。
1. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、ファイル一覧メニューの
“Delete”を選択します。1/3/ENTER ボタンを押します。
•“File Delete?”が表示されます。
•“Yes”を選んで、1/3/ENTER ボタンを押すと、ファイルが削除さ
2. 1/3/ENTER ボタンを押すと名称変更ウィンドウが表示されます。
3. ファイル名を変更します。
“プリセットの名称変更”をご覧ください。(v P. 43)
4. 変更を保存するには 1/3/ENTER ボタンを押します。
変更を保存せずに前の画面に戻るには、ファイル名の最初の文字が強調
表示されているときに、8 ボタンを押します。
注記:
•ファイル名の最後の文字にスペースを入力した場合、変更した名前に
はスペースが入りません。
•文字数が 60 文字を超える場合、新しく文字を追加すると最後の文字が
削除されます。
れます。
•“No”を選んで 1/3/ENTER ボタンを押すと、ファイル一 覧メ
ニューに戻ります。
• STOP ボタンを押すと停止状態に戻ります。
5) ファイルのコピー
“Copy”により、選択したファイルを別のフォルダにコピーできます。
1. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、ファイル一覧メニューの
“Copy”を選択します。1/3/ENTER ボタンを押します。
• フォルダ一覧が表示されます。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、コピー先のフォルダを選び
ます。1/3/ENTER ボタンを押します。
• コピーが開始されます。コピー中は、
“Executing…”が表示されま
す。
• STOP ボタンを押すと停止状態に戻ります。
61
6) ファイルの移動
“Move”により、選択したファイルを現在のフォルダから別のフォルダに
移動できます。
1. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、ファイル一覧メニューの
“Move”を選択します。1/3/ENTER ボタンを押します。
• フォルダ一覧が表示されます。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、移動先のフォルダを選びま
フォルダ一覧メニュー
フォルダ一覧メニューでは、フォルダ名の一覧を表示できます。また、選択
したフォルダを現在のディレクトリに設定したり、フォルダ名の変更、フォ
ルダの削除、新しいフォルダの作成ができます。
1.“LIST”でファイル一覧を表示した状態で、8 ボタンを押します。
す。1/3/ENTER ボタンを押します。
• 移動が開始されます。移動中は、
“Executing…”が表示されます。
• STOP ボタンを押すと停止状態に戻ります。
7) マークの削除
“Delete Marks”により、選択したファイル中のすべてのマークを削除でき
ます。
1. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、ファイル一覧メニューの
“Delete Marks”を選択します。1/3/ENTER ボタンを押します。
•“MARK Delete?”が表示されます。
•“Yes”を選んで、1/3/ENTER ボタンを押すと、マークが削除され
ます。
•“No”を選んで 1/3/ENTER ボタンを押すと、ファイル一 覧メ
ニューに戻ります。
• STOP ボタンを押すと停止状態に戻ります。
62
• フォルダ一覧が表示されます。
• 選択したフォルダが強調表示されます。
• 一番最初のフォルダを選択した状態で PITCH + ボタンを押すと、
最後のフォルダにジャンプします。
• 一番最後のフォルダを選択した状態で PITCH – ボタンを押すと、
最初のフォルダにジャンプします。
2. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、アクセスしたいフォルダを
選びます。1/3/ENTER ボタンまたは
(F1: MENU) ボタンを押す
と、操作メニューが表示されます。
1) フォルダの選択
“Select”により、選択したフォルダを現在のフォルダに設定できます。
1. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、フォルダ一覧メニューの
“Select”を選択します。
• 8 または
(F1: EXIT) ボタンを押すと、フォルダ一覧に戻りま
す。
• フォルダ一覧メニューモード中に STOP ボタンを押すと、停止状態
に戻ります。
2. 1/3/ENTER ボタンを押して、選んだフォルダを現在のフォルダに設
定します。
3. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、目的の項目を選択します。
1/3/ENTER ボタンを押して選んだ項目を表示するか、実行します。
フォルダ一覧の操作メニュー
#
表示
2) フォルダの作成
“Make Folder”により、新しいフォルダを作ることができます。
説明
1
Select
選択したフォルダを現在のフォルダに設定します。
2
Make Folder
新しいフォルダを作ります。
3
Rename
選択したフォルダの名前を変更します。
4
Delete
選択したフォルダを削除します。
1. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、フォルダ一覧メニューの
“Make Folder”を選択します。 1/3/ENTER ボタンを押します。
•“NewFolder”という名前のフォルダが作られます。
• フォルダ一覧が表示され、新しいフォルダが強調表示されます。
注記:
•既に“NewFolder”がある場合、
“Already Exists”メッセージが 1 秒間
表示されます。
•フォルダ数が既に 32 個あるときは、
“Full Folder”メッセージが 1 秒間
表示されます。
63
3) フォルダ名の変更
1. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、フォルダ一覧メニューの
“Rename”を選択します。
2.
3. フォルダ名を変更します。
1/3/ENTER ボタンを押すと名称変更ウィンドウが表示されます。
“プリセットの名称変更”の手順をご覧ください。(v P. 43)
4. 1/3/ENTER ボタンを押すとフォルダ一覧メニューに戻ります。
変更を保存せずに前の画面に戻るには、フォルダ名の最初の文字が強調
表示されているときに、8 ボタンを押します。
注記:
•フォルダ名の最後の文字にスペースを入力した場合、変更した名前に
はスペースが入りません。
•文字数が 32 文字を超える場合、新しく文字を追加すると最後の文字が
削除されます。
64
4) フォルダの削除
“Delete”により、選択したフォルダを削除できます。
1. PITCH + または PITCH – ボタンを押して、フォルダ一覧メニューの
“Delete”を選択します。1/3/ENTER ボタンを押します。
•“Delete?”が表示されます。
• フォルダを削除するには、
“Yes”を選んで 1/3/ENTER ボタンを
押します。
•“No”を選んで 1/3/ENTER ボタンを押すと、フォルダ一 覧メ
ニューに戻ります。
• STOP ボタンを押すと停止状態に戻ります。
注記:
SD カードにある最後のフォルダを削除することはできません。フォル
ダが最後の一つであった場合、
“Can not…”が 1 秒間表示されます。
故障かなと思ったら
故障かなと思ったら、販売店および技術サービス部門にご相談なさる前に、
以下の項目をご確認ください。ご自分で簡単に解決できる問題もあります。
以下の項目を確認しても正常に動作しない場合は、販売店にご相談くださ
い。
ノイズが大きすぎる。
PMD661MKII の電源が入らない。
パソコンで再生すると音が悪い。
• 新しい電池を入れてください。
• AC アダプターの接続状態を確認してください。
PMD661MKII の電源が入った後、自然に切れる。
• 新しい電池を入れてください。
録音されているようだが、再生すると音が出ない。
• 入力設定を確認してください。
(例えば、LINE 入力が選択されていて、LINE IN ジャックへの接続がされて
いないと、
本機は無音状態で録音されます。この場合再生はされません。
)
ヘッドホンまたは内部スピーカーから音が再生されない。
• HP/SPK VOL つまみの調整を確認してください。
• 別のオーディオファイルまたは SD カードで確認してください。
録音ができない。
• 最大 999 ファイルまで録音されていないか確認してください。
• 本機が SD カードを認識するか確認してください。
マイクロホン入力からの信号がない。
• 入力設定を確認してください。
• 録音レベルの設定を確認してください。
• ご使用のマイクロホンに外部マイクロホン電源が必要でないか確認して
• ケーブルの接続状態を確認してください。必要ならケーブルを交換して
ください。
• 適正なゲインレベルであるか確認してください。
• パソコンのサウンドカードの品質とプログラムを確認してください。
• 周波数変換プログラム * を確認してください。
* PMD661MK II ではサンプリング周波数 48kHz でオーディオファイル
を録音できます。パソコンのプログラムによってはオーディオファイル
を 44.1kHz に変換するものがあります(サンプルレートコンバータを使
用)。 高品質なサンプルレートコンバータを使用してください。
パソコンでファイルを読み取れない。
• パソコンのプログラムの機能を確認してください。再生および編集プロ
グラムによっては MP3 または Broadcast Wave(.wav)形式に対応し
ていないものもあります。
• 暗号化録音されたファイルをパソコンで再生する場合は、DMP Mark
Editor をご使用ください。
本機の動作が不安定なときは、電源を切り、AC アダプターの接続を外し、電
池を取り出して、マイクロプロセッサをリセットしてください。
お手入れとメンテナンス
柔らかい布を、水に溶かした中性洗剤で軽く湿らせて使用してください。
頻繁に使用するメディアカードは時折再フォーマットして、何回も上書きさ
れることによる問題を避けてください。
ください。
65
エラーメッセージ
エラー処理の詳細
エラー表示
説明
No Card
SD カードが挿入されていない、または SD カードが検出されない。
Unformat
SD カードの初期化の失敗、または FAT16、FAT32 以外のフォーマット。
Full Card
SD カードの残り容量が数キロバイト以下。
Full 999
SD カードのトラック数が最大の 999 に達した。
Full MARK
現在のファイルに追加されたマークの数が最大の 30 個に達している。
No File
トラックファイルが検出されない。
Key Locked
Key Lock 状態で何かのボタンを操作した。
Card Locked
SD カードへの書き込み禁止。
VBR
VBR ファイルが順送りされている、または巻き戻されている。
Can not...
無効な操作。
Need DC IN
DC 入力がない。
Low Battery(点滅)
バッテリ電圧が低い。
Low Battery
バッテリ電圧の維持のため自動で電源オフ。
No PresetFile
プリセット設定ファイルが見つからない。
ErrPresetFile
プリセット設定のファイル内容にエラーが発生。
ErrUpdateFile
バージョンアップファイルまたはファイルシステムが正常に機能しない。
Door Open
SD カード挿入部のカバーが開いている。
Err Format
MP3 または PCM のファイル形式にエラーが発生。
Already Exists
同じファイル名が存在している。
Limit 80m
コピーしたセグメントの指定範囲時間が 80 分を超えている。
Long Title
ファイル名が 64 バイトを超えている。
Err Card
SD カードまたはファイルの処理エラー。
Err RTC
RTC 処理エラー。
Err SRAM
スタティック RAM エラー。
Err FlashROM
フラッシュ ROM エラー。
Need Update
更新が完了していない。
Unmatched
プリセット設定が正しくない。
Passcode Fail
WAS、MPS ファイルの再生時のパスコードが正しくない、または“Menu Lock”解除時のパスコードが正しくない。
66
工場出荷状態へ戻す
メニューの設定やパスコードなどを工場出荷時の状態に戻すには、次の手順
で操作してください。
1. DISPLAY ボタンと REC PAUSE ボタンを同時に押しながら、POWER
スライドスイッチを On にします。 このとき、表 示 部にサービスメ
ニュー一覧が表示されます。
“Factory Default?”
2. PITCH + ボタンおよび PITCH – ボタンを押して、
を選択します。このとき、選択したメニューがハイライト表示されま
す。
3. 1/3/ENTER ボタンを押すと、表示部に“Dafault?”が表示されます。
“YES”を選択します。
4.“Dafault?”が表示中に、8 ボタンを押して、
5. 1/3/ENTER ボタンを押すと、表示部に“Executing…”が点滅表示さ
れます。
• 工場出荷状態への設定が完了すると、表示部に“Completed”が 1 秒
間表示され、サービスメニューに戻ります。
• 工場出荷状態へ戻した場合、
“Date Form”のデフォルト設定は US
向けの設定となります。出荷先に応じた設定が必要です。
“Date Form”
US
: M/D/Y(月 / 日 / 年)
Europe: D/M/Y(日 / 月 / 年)
6. POWER スライドスイッチを OFF にします。
67
仕様
デジタルオーディオシステム
システム................................................................. ソリッドステートレコーダー
使用可能メディア...................................................................SD/SDHC カード
録音形式
MP3......................................................................... MPEG1 LayerIII 圧縮
WAV................................................................. 16/24 ビットリニア PCM
録音 MP3 ビットレート....................................320/256/192/128/64 kbps
サンプリング周波数................................................................44.1/48/96 kHz
チャンネル数.............................................................2(ステレオ)/1(モノラル)
オーディオ特性
周波数特性............................................................. 20 Hz - 24 kHz(± 1 dB)
S/N 比 IEC-A 加重
MIC....................................................................................................65 dB
LINE...................................................................................................85 dB
全高調波ひずみ(0 VU 時)
MIC.................................................................................................... 0.08%
LINE................................................................................................... 0.02%
ダイナミックレンジ...................................................................................85 dB
入力
External MIC
タイプ......................................................................XLR ステレオジャック
入力感度..............................................................1.2 mVrms/4.2 kohms
LINE
タイプ......................................................................XLR ステレオジャック
入力感度...................................................................... 0 dBu/4.2 kohms
LINE2
タイプ....................................................................... ステレオミニジャック
入力感度............................................................. 500 mVrms/20 kohms
出力
LINE
タイプ..................................................................... RCA ステレオジャック
標準レベル......................................................................2.0 V/10 kohms
ヘッドホン
タイプ.............................................................................. ステレオジャック
標準レベル..................................................................... 16 mW/32 ohms
68
スピーカー
標準レベル..................................................................... 450 mW/8 ohms
全般
消費電力
録音 / 再生時.......................................................................... 4.2 W(DC)
電池寿命(アルカリ電池)......................................................5 時間(通常)
外部マイクロホン電源................................................48V, 10mA(最大)
電源
交流アダプター...........................付属の DA620PMD に含まれています。
バッテリー......................................... 4 本の単三形アルカリ乾電池または
4 本の単三形ニッケル水素電池
内臓時計のバックアップ用電池................. 専用の一次リチウム電池一個
動作環境条件
動作温度..................................................................................... 0 〜 40℃
動作湿度................................................................... 25 〜 85%(無結露)
保管温度................................................................................. –20 〜 60℃
寸法・重量
幅....................................................................................................... 93 mm
高さ.................................................................................................165 mm
奥行................................................................................................... 36 mm
重量(電池なし)................................................................................. 410 g
付属アクセサリー
オーディオケーブル(RCA – ステレオミニジャック)
USB ケーブル(ミニ B タイプ – A タイプ )
AC アダプタ (DA620PMD)
取扱説明書
CD-ROM
キャリーストラップ
SD カード
• 仕様は予告なく変更になることがあります。
• 本機を使用できるのは日本国内のみで、外国では使用できません。
• 本機は国内仕様です。
必ず AC100V のコンセントに電源プラグを差し込んでご使
用ください。AC100V 以外の電源には絶対に接続しないで
ください。
保証・アフターサービスについて
1. この商品には保証書を別途添付してあります。
保証書は「販売店・お買い上げ日」をご確認の上、販売店からお受け取り
いただき、よくお読みの上、大切に保存してください。
2. 保証期間はお買い上げ日より 1 年間です。
お買い上げ販売店、または弊社営業所で保証書記載事項に基づき「無料
修理」いたします。
3. 保証期間経過後の修理。
修理によって機能が維持できる場合は、お客様のご要望により有料修理
致します。
4. 弊社はこの製品の補修用性能部品を製造打切後最低 8 年間保有してい
ます。
5. 補修用部品の詳細・ご贈答・ご転居等アフターサービスについての不明
な点は、お買い上げ販売店または弊社営業所・サービスセンターに遠慮
なくご相談ください。
6. 修理を依頼される際には、お手数ですがもう一度 62 ページ「故障かなと
思ったら」
をご参照の上よくお調べください。それでも直らないときには、
必ず電源プラグを抜いてから、
お買い上げの販売店にご連絡ください。
ご連絡いただきたい内容
1)品名
Handheld Solid State Recorder
2)品番
PMD661MKII
3)お買上げ日 年 月 日
4)故障の状況(できるだけ具体的に)
5)ご住所
6)お名前
7)電話番号
69
3520 10188 00AM
Fly UP