...

クリート - シマノ

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

クリート - シマノ
SI-42V0E-001
安全の為に必ずお守りください
警告
SPD-SLペダルは解除をしようと意図した場合のみ、解除される
ビンディングのバネ力調整
シューズの裏側から、クリートを図の順に取付け仮止めします。
詳しくはシューズの取扱い説明書をご覧ください。
PD-R540
SPD-SLペダル
ご注意:
ように設計されています。転倒した際に、自然に解除される設計
クリートの取付けは、付属のクリート取付ボルトとクリートワッシャーを
ご使用ください。
これ以外のクリート取付ボルトを使用した場合は、クリートの取付け
部を破損する恐れがあります。
ではありません。意図しないときに解除すると、バランスを崩して
転倒し安全上問題がある為です。
SPD-SL対応シューズを使用してください。
クリートの取付け
ご使用方法
を使用し
クリートは、シマノ純正クリート
(SM-SH10 / SM-SH11)
体カバーの交換方法
バネ力の調整は、ペダル後部のアジャストボルトで行ないます。このとき、
クリートを解除方向にしてバネ力の調整をしてください。
両ペダルのバネ力が等しくなるように、インジケーターの位置およびアジャ
ストボルトの段階数で確認してください。
バネ力はアジャストボルト1回転で4 段階に切り替わり、3 回転まで回ります。
ペダルの体カバーが摩耗した場合は、下記のように別売りの体カバーと
交換してください。
体カバー
2.5mm アレンキー
4mmアレンキ ー
シューズに確実に固定してください。
ペダルとクリート
(シューズ)の装着・解除のメカニズムを使用前に
理解してください。
クリートの種類と使用方法
弱
クリート取付ボルト
クリートワッシャー
クリートの種類
アジャストボルト
ブレーキをかけ片足を地面につけて、クリートのペダルへの装着・
最初は平地を走行し、クリートのペダルへの装着・解除に充分慣
SM-SH10
インジケーター
SM-SH11
ご注意:
(オプション)
広い
れてください。
体カバーは消耗品です。体カバーの一部がペダル体と同一面に
なる前に、新しい体カバーに交換してください。
もし交換しないまま乗り続けると、ペダル体を傷付けます。
11
H
-S
M
S
解除を繰り返し練習し、充分に足を慣らしてから走行してください。
強
狭い
クリート
弱
強
ペダルのクリート固定力を、自分に最適な強さに調整してから走行
してください。
低速走行あるいは、停車する可能性がある場合(Uターン、交差点
SM-SH11
SM-SH10
付近、登り坂、見通しの悪いカーブ等)は、いつでも足を地面に
着けるように、事前にペダルからクリートを解除してください。
固定モード
セルフアライニングモード
雨天時など、湿った地面を走行する場合は、ペダルのクリート固定
シューズとペダルは固定されます。
遊びはありません。
装着時に左右方向の遊びがあ
ります。
力を通常より弱くしてください。
インジケーターが最強または最弱を示したら、それ以上ボルトを回さないで
ください。
ご注意:
クリート位置の調整
本来の脱着性能を維持するために、クリートおよびビンディング部
不意にクリートが外れることを防ぐためにも、バネ力の調整を行っ
てください。
1. クリート位置は、前後15mm、左右 5mmの範囲
に付着した泥などは取除いてください。
バネ力にばらつきがあると左右で脱着の感覚が違うため、クリート
の脱着が難しくなる恐れがあります。バネ力は左右とも、同じよう
に調整してください。
で調整が可能です。
クリートの仮止め後、片足づつ脱着を繰り返しな
がら調整を行い、自分に最適なクリート位置を決定
してください。
クリートが摩耗していないかどうか定期的にチェックしてください。
摩耗している場合はクリートを取替えて、走行前に必らずペダルの
クリート固定力を調整してください。クリートを交換しないで乗り続
SM-SH11
2. クリート位置の決定後、4mmアレンキーでクリート
けると、ペダルからシューズが外れなかったり、予期せずに外れた
夜間を走行する際は必ずリフレクターを取付けてください。リフレク
ターが損傷していたり汚れたままで乗車しないでください。自転車
装着方法
が確認されにくく危険です。
ペダルのビンディングに、クリートをななめうしろ方向から押し込みます。
締付トルク:
5∼6N・m {50∼ 60kgf・cm}
クリートは消耗品ですので、定期的に交換が必要です。
摩耗し解除が重く感じ始めたり、軽く感じ始めたら、早目に新しいクリートと
交換してください。
守ってください。またその際、シマノ純正部品の使用をお勧めし
クランクへの取付け
ます。
15mmスパナを使用し、クランクにペダルを取付けます。右ペダルは右
ボルトまたはナット等が緩んだり、製品が破損すると、突然に転倒
ネジ、左ペダルは左ネジとなっています。
して怪我をする場合があります。
別売リフレクター
(SM-PD58)
がございます。自転車専門店にお問合せくだ
さい。
クリートの黄色
(SM-SH11)
または赤色
(SM-SH10)
の部分
前方:クリートの下地の黒色が見えるようになったら
交換します。
取扱い説明書はよくお読みになった後、大切に保管してください。
ります。
ご注意:
リフレクターの取付け(別売品)
が摩耗したら新しいクリートに交換してください。
不明な点については自転車専門店にご相談ください。
解除方法
刻印に注意
R: 右ペダル
L: 左ペダル
後方: 図の A 部まで摩耗したら交換します。
クリート
L
上記を厳守していただかないと、ペダルからシューズが外れな
軸ユニットのメンテナンス
回転部分に異常のある場合は、調整が必要です。自転車専門店にご相談
ください。
クリートの交換
製品を取付ける時は、必ず取扱い説明書等に示している指示を
かったり、予期せずに外れたりして転倒し、重傷を負うことがあ
万が一、スプリングプレートからアジャストボルトが抜けてしまった
場合、分解・組立が必要となります。自転車専門店にご相談くだ
さい。
取付ボルトを確実に締付け固定します。
りして転倒し、重傷を負うことがあります。
体カバー
ペダル体
後方
かかとを外側にひねった場合のみ解除できます。
前方
15
使用上の注意:
15mmスパナ
乗車前には締結部にガタ及び緩みの無いことを確認してください。
(BB-FC, FC-PD)
締付トルク:
35∼ 55N・m {350∼ 550kgf・cm}
乗車時のペダリングに異常を感じた時は再度点検をお願いします。
A部
通常の使用において自然に生じた摩耗および品質の劣化は保証い
たしません。
ご注意:
6mmアレンキーでは充分な締付トルクが確保できません。必ず
15mmスパナを使用してください。
ご注意:
製品改良のため、仕様の一部を予告なく変更することがあります。
片足を地面につけ、繰り返し装着・解除の練習を行い、自分に最適な
クリート固定力にセットしてください。
堺市堺区老松町3丁77番地 〒590-8577
Fly UP