...

第 38 回産業技術フォーラム 11 月 8 日

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

第 38 回産業技術フォーラム 11 月 8 日
平成 25 年度の鶴岡高専地域共同テクノセンター活動も、おかげ様で無事すべての行事を終了いたしまし
た。
「テクノセンターニュース vol.16」は平成 25 年度下半期の活動を中心にご紹介しております。平成
26 年度も皆様に少しでも役立てるような活動を行って参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。
「産業技術フォーラム」は、各界で研究実績を積まれてきた研究者・技術者による専門分野の最先端情
報を企業・市民の方に解りやすく解説する講座で、鶴岡高専技術振興会と共催しております。
●第 38 回産業技術フォーラム
11 月 8 日(金)開催
酒田産業会館にて、エネルギー変換工学を専門とし、主に風力発電などの再生可能エネルギーの
研究に従事している足利工業大学 学長の牛山 泉氏をお迎えし、「風力発電が世界を救う~小型風
力発電から洋上大規模発電まで~」をご講演いただきました。
福島原子力発電所の事故以降、導入が期待されている再生可能エネルギー。その中でも大きな伸
びを示している風力発電について、小型風力発電から大型の洋上風力発電まで、様々な例を挙げな
がら、国内外の動向や将来展望をお話頂きました。
●第 39 回産業技術フォーラム
12 月 9 日(月)開催
庄内産業振興センターにて、「電気自動車とこれからの社会」と題し、慶應義塾大学名誉教授の
清水 浩氏にご講演頂きました。
本講演では、「地球温暖化」のメカニズムから、なぜ電気自動車が必要なのかを、参加者に赤外
線を感じる体験を交えながらご説明頂いたり、これから必要な電気自動車の条件や電気自動車を普
及させるための条件を、現在までに試作した電気自動車の動画や様々なデータ資料を基に、解りや
すくご説明頂きました。
電気自動車を使用する側、造る側、環境問題に携わっている方、様々な参加者がいる中で、大変
貴重な興味深いお話をして頂き、講演後には約 30 分に渡り、活発な質疑応答が交わされました。
11 月 7 日(木)に夢メッセみやぎ(仙台市)において、「ビジネス
マッチ東北 2013」が開催されました。東北地区信用金庫協会、東北経
済連合会などの主催で、東北地域におけるビジネスマッチングの創出
を目的として 2006 年から開催しており、8 回目となる今回は、400 を
超える過去最大の出展数となりました。
本校は、企画出展エリアにブースを設
置し、機械工学科の田中浩研究室が「電解砥流制御技術を用いた刃
先研磨加工による工具の寿命向上技術」について、パネル展示とビ
デオ映像紹介、工具サンプル展示を行いました。
また、会場内の特設コーナーにて、同研究のプレゼンテーション
も行い、多くの来場者に研究を PR することができました。
「出前講座」は、社員教育や技術改善等のご相談をいただいた会社に、鶴岡高専教職員が出向いて行う
講座で、鶴岡高専技術振興会と共催しております。
●10 月 30 日(水)~31 日(木)開催
本校の機械実習工場にて、教育研究技術支援センターの佐藤大
輔技術職員、木村英人技術職員が出前講座を行いました。今回は、
秋山鉄工(株)様より普通旋盤加工の基本講座の依頼を受け、技能
検定2級取得に向けてのスキルアップのため、加工歴の浅い旋盤
加工者に切削の段取り、安全作業を含めた基本を講習しました。
●3 月 18 日(火)開催
水澤化学工業(株)水沢工業にて、
「プラスチック材料の改質と評
価~プラスチック添加剤、ポリマーブレンドに見られる研究事例
を中心に~」と題し、物質工学科の佐藤司准教授が出前講座を行
いました。添加剤を含むプラスチックや高分子複合材料の研究事
例について現在研究中の内容も交えながらお話しました。質疑応
答も活発に行われ、今後の産学連携に繋がる講座となりました。
平成 26 年度も「出前講座」「技術相談」承ります
鶴岡工業高等専門学校では、来年度も引き続き「技術相談」
「出前講座」を無料で承ります!
「出前講座」は、高専教職員が会社に伺い、出前授業を行います。企業の人材育成や社員教育とし
てもぜひご活用下さい。「技術相談」は技術的課題の解決や各種調査研究、学術情報の交換・提供
など何でも結構です。鶴岡高専の専門教職員が対応いたしますので、どうぞご利用ください。
<出前講座受付>
鶴岡高専技術振興会事務局(庄内産業振興センター内)
TEL : 0235-23-2200(平日 8:45~17:45)
H P : http://www.shonai-sansin.or.jp/TKGS/Demae/demae.html
<技術相談受付>
鶴岡工業高等専門学校 企画室(産学連携コーディネーター)
※平成 26 年 4 月より総務課 企画・連携係となります。
Mail : [email protected](24 時間)
TEL : 0235-25-9453(平日 8:30~17:00)
http://www.tsuruoka-nct.ac.jp/ctc/kenkyu-gijyutu/gijutu/
3 月 6 日(木)
に鶴岡駅前マリカ東館 3 階の庄内産業振興センター
研修室において、鶴岡高専産学連携研究発表会(主催:鶴岡高専、
共催:鶴岡高専技術振興会、後援:山形県・鶴岡市・酒田市)を開
催いたしました。
このイベントは、本校教職員と共同研究、技術相談、特別講義等
を通して本校と関わりの深い地元企業研究者・技術者による合同研
究発表を行うことで、高専シーズの発信、企業ニーズとのマッチン
グの機会として、地域の産学連携・相互協力が活発に行われることを目的としています。今回は、
3 名の鶴岡高専教員と庄内地区の企業 3 社が発表し、60 名程の多くの方にご参加いただきました。
終了後の情報交換会でも活発な意見交換・情報交換が行われ、今後の更なる連携に期待できる会と
なりました。
発 表 者
題
目
鶴岡高専 機械工学科
教授 當摩 栄路
21 世紀型 品質工学手法(パラメータ設計)の実践的活用法
~小型ロケット(イプシロン)とMTシステム~
鶴岡高専 制御情報工学科
准教授 安田 新
赤外発光ダイオードの開発とその応用
鶴岡高専 機械工学科
教授 末永 文厚
エネルギーマネジメント
-施設のエネルギー診断と家庭の省エネ-
株式会社佐藤鉄工所
エンジニアリング室
スズモト株式会社
品質保証部 菅原
齋藤
鋭二
輝弥
氏
氏
グッドファーマー技研株式会社
代表取締役社長 大川 好久 氏
軽量廉価のトレーラー補助脚開発
射出成形に依る車載用熱硬化性樹脂プーリーの製作
マイクロバブル、ナノバブルの今後の展開について
次世代自動車の基盤技術となる電気・電子回路やその制御、電池や電磁気に関する技術、組込み
システムの開発と情報ネットワークの活用等について学ぶ研修を(公財)庄内地域産業振興セン
ターとの連携により実施しており、鶴岡高専からは各分野の教員・職員が講師として派遣されてい
ます。
【次世代自動車産業技術者養成講座】
講
座 名
担 当 教 員
開 催 日 程
受講者
組込みシステム講座
電気電子工学科
教授
佐藤 淳
9/9~10/7
5回
8名
自動車部品の加工技術講座
機械工学科
教授
田中 浩
9/17~10/15 5 回
18 名
自動車の電動化と電子制御技術
物質工学科
教授
電気電子工学科 教授
教育研究技術支援センター
佐藤貴哉
神田和也
一条和洋
10/2~30
5回
7名
軽量化を支える自動車部品
-プラスチック化学から表面処理まで
物質工学科
電気電子工学科
准教授 佐藤 司
准教授 宝賀 剛
11/6~27
4回
10 名
【職業能力開発講座】
講 座 名
シーケンス制御基礎講座
担 当 教 員
電気電子工学科 准教授 保科紳一郎
教育研究技術支援センター
鈴木大介
開 催 日 程
11/6~27
4回
受講者
5名
鶴岡高専技術振興会(会長・榎本政規鶴岡市長)が、平成 24 年度より鶴岡工業高等専門学校に
おける学術研究活動や地域連携(地域貢献)活動等において特に顕著な業績をあげた学生、学生団
体に鶴岡高専技術振興会会長賞を贈り、今後の学業推奨を図ることを目的に設置したものです。
第 2 回目の平成 25 年度は、鶴岡高専校長・鶴岡高専地域共同テクノセンター長の推薦に基づき
以下 2 団体に決定し、3 月 18 日(火)鶴岡市役所庁議室において表彰式を行いました。
【表彰者】
◆学術研究活動において、特に顕著な業績を挙げた学生又は学生団体
○鶴岡工業高等専門学校物質工学科 4年 NIMS リサーチアシスタントチーム
(推薦理由:NIMS(
(独)物質・材料研究機構)で初となる高専生を対象とした短期リサーチア
シスタントとして参加し、積極的な姿勢、科学技術への探求心、組織的な連携が高く評価され、
本校の第 2 回 GREEN 拠点賞・特別表彰受賞の大きな原動力となった。
)
◆産学連携活動及び地域連携(地域貢献)活動において、特に顕著な業績を挙げた学生又は学生団体
○鶴岡工業高等専門学校 地域支援サークル
(推薦理由:ペットボトルキャップ回収、校内の除雪、地域福祉、被災者支援、地域興し等の補
助ボランティアを行っており、エコキャップ回収運動に対し感謝状が授与された。学生が自発
的に組織を結成し積極的に参加している。
)
平成26年度から新体制になります
本校は、新たな 50 年に向けて、研究する高専、地域に貢献する高専、国際通用性を有するエン
ジニアを育成する高専をビジョンに掲げ、今まで以上に発展していきたいと考えております。また、
これまでの国際交流の活性化、飛島の家電修理ボランティア活動等に加え、地域企業の支援を得て、
キャリア教育・CO-OP 教育を展開しております。
これらの活動をより展開しやすくするために、平成 26 年度より「地域共同テクノセンター」を
「地域連携センター」と名称変更し、センター内に地域連携部門(産官学連携及び科学技術教育)
と、人材育成部門(CO-OP 教育及びキャリア支援)の 2 部門を設置致します。
このような活動に対して、鶴岡高専技術振興会を始めとする地域内外の多くの関係団体・企業か
ら教育研究活動活性化のための研究助成を頂いており、これら多くの関係団体・企業からのご支
援・ご協力に対して心から厚く御礼申し上げると共に、今後も変わらぬご厚誼を宜しくお願い申し
上げます。
編集・発行
鶴岡高専地域共同テクノセンター
〒997-8511 鶴岡市井岡字沢田 104
Tel:0235(25)9453
E-mail:[email protected]
鶴岡高専技術振興会((公財)庄内地域産業振興センター 内)
〒997-0015 鶴岡市末広町 3 番 1 号
Tel:0235(23)2200
E-mail:[email protected]
Fly UP