...

佐賀県支部 医療機関(歯科医院)のマーケティング戦略の実際と提言

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

佐賀県支部 医療機関(歯科医院)のマーケティング戦略の実際と提言
佐賀県支部
医療機関(歯科医院)のマーケティング戦略の実際と提言
歯科医院業界は、厳しい経済環境にある。今やコンビニエンスストアの数よりも多いと言われる歯科医
院は、一部のドクターでさえ、ワーキングプアになると言われるほどである。一方でこの環境下でも、積
極果敢にさまざまな施策を繰り出し、好業績を上げている医院も存在している。経営の 2 極化が進んでい
る歯科医師業界において、佐賀県内の実態を調査するとともに、経営パフォーマンスを向上させるための
提言をまとめた。以下、概略である。
第 1 章では、歯科医院を取り巻く経済的な外部環境について調査した。厳しいと言われる業界の外部的
な実態を、さまざまなデータを見て掌握した。
第 2 章では、歯科医院の経営に立ちはだかる経営障壁を調査した。具体的には、医療訴訟問題と経営の
2 極化現象について報告している。
第 3 章では、
実態調査をアンケートと訪問によるヒアリング手法により実施した。
アンケート調査では、
意図するほどのサンプルが収集できなかった。この原因については報告書内で仮説立てをしているが、今
後の大きな課題ということにもなろう。ヒアリング調査に関しては、佐賀県内外の歯科医院に協力いただ
いた。ヒアリングによって、今回の調査に関する仮説などの裏付けが、大きく進展したと言える。
第 4 章では、これらの調査を踏まえて、歯科医院の今後の経営パフォーマンス向上のため、コンサルタ
ントとしての視点から提言している。医療施設の中でも、歯科医院の業界は、企業経営に近い感覚と施策
が必要であると考えている。現に、経営に対して企業経営的感覚と手法を取り入れている歯科医院は、パ
フォーマンスが高い傾向が浮き彫りとなった。
医療という枠を超えた経営感覚が必要である。
具体的には、
数字の羅列だけではない経営計画書の策定と PDCA、スタッフの人材育成や教育プランの策定と実行、規制
内でのマーケティング戦略施策の立案と実行などがあげられる。報告書では、この点に関してまとめ、提
言している。
中小企業診断士として、今後歯科医院も含めた医療業界への関与は避けられないと考える。守られた医
療業界も、今や胡座をかいた経営では成り立たない時代である。すなわち、患者を顧客と想定した、経営
感覚と手法の導入が避けられない。特に歯科医院は、2 極化と淘汰の時代を生き残るためにも、マーケテ
ィング戦略の立案と市場投下が求められている。そこに、プロの経営コンサルタントしての知識やスキル
の需要が存在している。佐賀県内外おいても、歯科医院業界における我々中小企業診断士の、経営価値創
造支援が求められており、期待されているのである。
Fly UP