...

魚の性転換1 - AMSL 阿嘉島臨海研究所

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

魚の性転換1 - AMSL 阿嘉島臨海研究所
アムスルだより
No. 127
2014年
Akajima Marine Science Laboratory
5月10日
阿嘉島臨海研究所
〒901-3311 沖縄県島尻郡座間味村字阿嘉179
ホームページもご覧下さい。http://www.amsl.or.jp
TEL:098-987-2304
FAX:098-987-2875
E-mail:[email protected]
をもっていて、この細胞が青い光を反射
するためです。そして、ルリスズメダイ
は、状況に応じて虹色素胞の厚みを変化
させることで色合いを変えることができ
ます。そういえば、同じるり色でも普通
の時とおびえている時や寝ている時では
●しっぽの色がポイント
-魚の性転換 1:ルリスズメダイ-
今年のゴールデンウィークはずっと梅
雨らしい日が続きました。中には水着で
海水浴をしていた人もいましたが、海水
温はおおよそ 22℃台でしたから、かなり
冷たかったのではないでしょうか。それ
でも海の中では、いくつかの魚たちが繁
殖中で岩に産み付けた卵を守ったりして
いますから、そうした生き物の様子や、
色鮮やかな姿を見ることができただろう
と思います。今回は、そのカラフルな魚
の一つのルリスズメダイについてお話し
しましょう。
慶良間の浅場で泳いでルリスズメダイ
を見たことのない人は、まずいないでし
ょう。それくらい普通に生息している種
..
類です。その名の通り、鮮やかなるり 色
をしたスズメダイの仲間ですが、実は青
色の色素をもっているのではありません。
自然界には、青い色素をもった生物はほ
とんどいないのです。では、ルリスズメ
ダイはどうしてるり色をしているのかと
にじしきそほう
いうと、体表に “虹色素胞”という細胞
ずいぶん色が違います。
海で 1 個体だけで泳いでいるルリスズ
メダイを見ることはまずありません。た
いていは 5~6 個体、多いときにはもっと
多くの個体が同じ場所で暮らしています。
るり色に輝くルリスズメたちの集団はと
てもきれいで見飽きませんが、じっと見
ていると、おや?模様の違う個体がまざ
っています。とてもそっくりですが、し
っぽが青いものと透明なものがいます。
知っている人も多いと思いますが、これ
はオスとメスの違いなのです。しっぽの
青いのがオス(冒頭の写真)、透明なも
のがメス(写真 1)
です。群れをつくる
魚はたくさんいます
が、このルリスズメ
はんしょく
ダイの群れは 繁 殖 のための集団なので、
必ずオスとメスが混ざっているのです。
そうしてオスとメスの区別に注意して見
ていると、また不思議なことに気がつき
ます。それは、メスに比べてオスの数が
ずいぶんと少ないのです。5~6 個体の集
団では、オスは 1 個体だけで、残りはす
べてメスです。これはどういうことでし
ょうか。どこかに集団に入っていないオ
スがいたり、オスだけの集団があるので
しょうか。実は、そうではありません。
ルリスズメダイは、もともとはすべてメ
....
スとして暮らしていて、やがて状況に応
..
じて そのうちのいくつかだけがオスに変
せい てんかん
わる、つまり性 転換 する魚なのです。そ
して、その‘状況’というのは、先ほど
書いた集団の中で、一番大きな個体にな
った時です。ルリスズメダイの集団は、
そもそも 1 個体のオスと複数のメスでで
い っ ぷ た さ い
きた、繁殖のためのもので(一夫多妻 制
といいます)、その中でオスが一番大き
いのですが、もしそのオスがいなくなっ
てしまったら、次に大きいメスが 1 番大
きい個体になるので、この個体の尻尾が
だんだん青くなってオスに性転換するわ
けです。
どうしてこんな不思議なことをするの
でしょうか。その理由は、ルリスズメダ
イが、なるだけたくさんの子孫を残そう
としていることと、一夫多妻という繁殖
の仕組みのためと考えられています。ど
ういうことかというと、一夫多妻の仕組
みの中では、もしも小さなオスがいたと
しても、ほかの大きなオスにいじめられ
たりじゃまをされたりして、大きな集団
を守って多くのメスに繁殖させることが
できず、たくさんの子孫を残すことがで
きないかもしれません。それならば、小
さい時はメスとして大きなオスに守られ
ながら子孫を残し、大きくなった時にオ
スに変わって多くのメスと繁殖するのが、
一生を考えた時には、より多くの子孫を
残すのに良い方法だと考えられるのです。
海の中には、ルリスズメダイのように
メスからオスに性転換をする魚がたくさ
んいます。ほとんどが一夫多妻の仕組み
をもった種類です。進化の歴史の中でう
まく生き抜くためには、違う種類のもの
でも同じような方法を選ぶようになるの
でしょう。
● 阿嘉島の海より
ゴールデンウィークも終わり、一時観
光客でにぎわっていた阿嘉島も少し落ち
着いた感じです。今年の沖縄のゴールデ
ンウィークはあまり天候に恵まれず、5 月
5 日には早々と梅雨入りとなってしまいま
した。これは沖縄では平年より 4 日早い
梅雨入りだそうです。
そして、阿嘉島ではこれからサンゴの
産卵シーズンが始まります。5 月 15 日に
は満月を迎えますが、悪天候が続いたせ
いか、海水温がなかなか上がらず、5 月上
旬でも 23℃に達していない状況です。サ
ンゴの卵もまだ白いままで、成熟してい
ません。2006 年にもちょうど同じような
時期に満月となりましたが、この年は、5
月に入ってから海水温は 25℃を超えてい
たものの、サンゴの一斉産卵は 6 月でし
た。このようなことを考えると、今年の
サンゴの産卵のメインは 6 月ということ
になりそうです。
Fly UP